吹雪「変な艦娘と閉じ込められた…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アセム「水のないプール」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:05:50.41 ID:7nzACPy20

艦これの二次創作ネタに便乗するSSです。
元ネタを考えた方々には申し訳なく思っています

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:07:12.24 ID:7nzACPy20

吹雪「おーい!誰かー!出してーー!!」

吹雪「私、ここにいるよー!うわーん!!」

吹雪「はぁはぁ…駄目だ、扉があかない…」

吹雪「工廠で開発していたら、まさか外から鍵を掛けられちゃうなんて…不幸だよぉ!」

吹雪「しかも、よりによって一緒に閉じ込められたのが…」

電「ヤ゙ギゾバパンお゙い゙じい゙の゙です!」

木曽「キソソソソ!キソソソソッ!!」

雪風「しれぇ!しれぇ!」

潮「」

日向<瑞雲は…いらないのか?



吹雪「こんな人たちという…」


3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:08:14.99 ID:7nzACPy20

吹雪「なぜ貴方たちも工廠にいたのかよく分かりませんが」

吹雪「とにかく私たちはこの工廠から脱出しなくてはなりません」

吹雪「ここを上手く脱出して、私たちの実力を皆さんに知らしめてやりますよっ!」

電「な゙の゙です!」

木曽「早く脱出して、キラ付けやりたいでキソ」

雪風「しれぇ!」

潮「」

日向<ほう

吹雪「…やっぱりなんか不安なメンバーだ」


5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:10:04.66 ID:7nzACPy20

日向<…で?どうやって出るんだ

吹雪「えーと、とりあえず作戦はですね」

吹雪「ここは工廠ですし、主砲を造って扉をブチ抜こうという作戦で行きたいと思います」

木曽「主人公にしては脳筋で雑な作戦だキソね」

吹雪「よ、余計なお世話です」

吹雪「戦艦の日向さん、35.6cm砲でもいいんでとにかく破壊力のあるものの開発をお願いします!」

日向<出来たぞ

吹雪「早いですね…違う!これ瑞雲!破壊力はあんまり無い!!」

木曽「さすが日向キソ。瑞雲への想いは本物だキソ!」

日向<フ…これからは航空戦艦の時代だからな

吹雪「そんなの来ないから!絶対来ませんからねっ!いいから主砲つくってください!」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:13:06.43 ID:7nzACPy20

日向<仕方ない。作ろう

吹雪「しかしなんで主砲レシピで瑞雲が出来たのかなぁ…」

雪風「しれぇ!」

吹雪「え、何?雪風…瑞雲を貸せって?」

雪風「しれぇしれぇ!」ヒョイ

雪風「ぶーん!」

吹雪「遊ぶな!」

雪風「しれー!」バキッ

吹雪「せっかく作ったのに壊すな!!」


7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:15:23.37 ID:7nzACPy20

日向<ああ、私のかわいい瑞雲が

雪風「しれー…」

吹雪「って、元はと言えば日向さんがこんな余計なものつくったからでしょ…」

日向<余計なものとは失礼だな

日向<瑞雲は数で勝負するものだ…見ろ、この大量の瑞雲を

吹雪「ちょっと待って!!あんた何勝手に瑞雲を量産してんですか!?主砲造れって言いましたよね!」

日向<お前も瑞雲を積め

吹雪「何言ってんですか!?積めませんよ!」

日向<まぁ、そうなるな

吹雪「なんで喜んでるんですか!」

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:16:41.16 ID:7nzACPy20

吹雪「と、とにかく主砲を…」

吹雪「ってあれ!?それによく見たら資材があと10/10/10/10しかない!!」

吹雪「瑞雲にどんだけ資材を使ってるんですか日向さぁぁん!!」

日向<それは私ではない。あれだ

吹雪「え?」

電「ああああ!大゙型゙建゙造゙を゙じだら゙ま゙る゙ゆ゙が出でぎだな゙の゙です!」

吹雪「電ちゃーん!?」


9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:17:56.94 ID:7nzACPy20

吹雪「おぉい!大型建造なんて余計なことしてんじゃないよ!?」

電「はわわ!大゙型゙建゙造゙で大゙和゙が長゙門゙を゙出じで扉゙を゙ブヂ抜ぐ作゙戦゙だっ゙だの゙です!」

吹雪「それギャンブル過ぎぃ!」

木曽「キソソソ!これは傑作だキソ!」ゲラゲラ

吹雪「笑ってる場合じゃないよ!」

吹雪「あーもう、これどうすればいいの…完全に詰んだじゃない…」

??「困っているのか、駆逐艦よ」

吹雪「え?」

??「そこで諦めるというのは良いことだとは思わないな」

吹雪「は、誰?」

まるゆ「私だ」

吹雪「!?」

まるゆ「自分の力を超える者が現れたのなら、それに立ち向かうという努力をすればいい」

まるゆ「私はそのためなら、この身を削ることを厭わないさ。私は皆の司令官なんだから」

吹雪「な、何かイケメン出てきたー!!」

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:19:20.66 ID:7nzACPy20

電「ま゙る゙ゆ゙がど思っ゙だら゙ま゙る゙ゆ゙ざん゙だっ゙だの゙です!」

木曽「キッソー!こいつは驚きだキソ!凄い大物が出てきたでキソ」

吹雪「え!?まるゆとまるゆさんって何か違うの!?」

日向<ああ。まるゆさんとは、私と似たような性格で有名な人だ

吹雪「違う!見た目も雰囲気も何もかも違うから!」

日向<まぁそうなるな

吹雪「ていうかまるゆ1人出たくらいで、この状況が変わるわけないでしょ!早く脱出の方法を考え…」

まるゆ「それは聞き捨てならないな、駆逐艦」

吹雪「え?」

まるゆ「お前たち、この工廠から脱出したいのだろう?」

吹雪「まぁ、はい」

まるゆ「ならば私が、あの扉をこじ開けてみせようじゃないか」

吹雪「ええ!?出来るんですか!?!?」

まるゆ「当然だ。私はまるゆだぞ」

まるゆ「こんな大きな鉄扉くらい、どうということはない」

吹雪「…マジですか」

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:20:17.63 ID:7nzACPy20

まるゆ「行くぞ…」

吹雪「…」ゴクリ

まるゆ「…!」グッ

吹雪「!!」

まるゆ「…」グッグッ

吹雪「…?」

まるゆ「…」グッグッグッ

吹雪「…」

まるゆ「………」グイ-ッ

吹雪「………」

まるゆ「……………ふぅ」

まるゆ「潜水艦は肉弾戦よりも頭脳戦の方が得意でな」

吹雪「知ってたよ!」スパ-ン

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:21:40.25 ID:7nzACPy20

まるゆ「…人間に頬をぶたれたのは久しぶりだな」ヒリヒリ

日向<吹雪、まるゆさんになんてことを…

木曽「こ、こいつは暴徒だキソ…!内戦発生だキソ…」

電「吹雪は嫌゙い゙な゙の゙です!」バンッ

雪風「しへぇ!しへぇ!」ガブカブ

吹雪「え?何で私が悪いみたいになってんの?」

まるゆ「そうだ皆、吹雪を責めるのはやめたまえ」

吹雪「!?」

まるゆ「彼女はまだ若い。嗜みを知らぬような年頃の娘なんだ」

まるゆ「ならばやみくもに怒鳴るのではなく、親切に教えるのというのがマナーというものだろう」

まるゆ「吹雪は大切な仲間だ。仲間が傷つけられている姿は、私はあまり見たくはない」

木曽「…キソッ」

日向<まるゆさんがそうおっしゃるのであれば

吹雪「………」

まるゆ「で、どうやってここから出ようか?」

電「ア゙イ゙デア゙が無゙い゙の゙です」

吹雪「うーん、こうなったら結局ふりだしに戻って考えるしかなさそうな気が…」

潮「」ヌッ

吹雪「…ひっ!?」ビク-ッ


13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:24:11.52 ID:7nzACPy20

潮「」

吹雪「うわ…びっくりした…」

木曽「ん?何だこいつは?どっから湧いて来たでキソ」

潮「」

電「ごれ゙はゔじお゙ぢゃ゙ん゙な゙の゙です。一応最゙初゙がら゙い゙だ人゙な゙の゙です」

吹雪「あ…そういえばいましたね!」

まるゆ「こいつは驚きだな。この駆逐艦は気配を消すことが出来るのか」

日向<しかもずっと微動だにせず立ち続けているとはな

日向<もしかしたら、この駆逐艦の実力は瑞雲と互角かもしれない

吹雪「瑞雲と互角ってなんですか」

雪風「しれぇ?」

吹雪「で、潮ちゃん、一体どうかしたの…?」

潮「」ヒョイ

吹雪「ん…?資材10/10/10/10?」

潮「」カイハツ

吹雪「こ、これは!」


14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:25:21.93 ID:7nzACPy20

潮「」

吹雪「電探!」

潮「」コクコク

まるゆ「なるほど、こいつで外部と連絡を取り助けを呼ぶ作戦か」

木曽「おお!駆逐艦はキラ付けのお供くらいしか役に立たないと思ってたけど、こいつは出来る駆逐艦だキソ!」

吹雪「よし潮ちゃん、さっそくこれを使って助けを呼ぼう!」

潮「」モグモグ

吹雪「って喰うなーー!」スパ-ン

潮「」ペッ


15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:27:00.41 ID:7nzACPy20

吹雪「え!?何なの?電探って食べ物なの!?」

潮「」?

電「ふぶっきー、もうい゙い゙がら゙早゙ぐ電゙探゙を゙使゙ゔの゙です!」

吹雪「う、わかった」

吹雪「こちら吹雪です!誰か応答お願いします!」

漣『こちら第七駆逐隊。用件は』

吹雪「あっ漣ちゃん!助けて、私たち閉じ込められたの!」

漣『どこに』

吹雪「工廠!お願いだからここから出して!!」

漣『了解。こちら第七駆逐隊、すぐに工廠へ急行する』

吹雪「ほっ…」

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:29:35.71 ID:7nzACPy20

漣『着いたよ』

朧『助けに来たよ』

曙『この中にいるのね、あんたたち』

吹雪「そうだよ!だから早く助けてー!」

日向<助けてくれたら、私が丹精込めて作った瑞雲を君たちに15機ずつプレゼントしよう

朧『やる気なくすなぁ』

日向<まぁそんなこと言わずに

曙『んで…どうやって開くのこの扉?』

漣『解錠の方法がわかんない。情報求む』

吹雪「えっと…じゃあ、今から教えるね」


17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:32:49.72 ID:7nzACPy20

吹雪「扉の近くに暗証番号入力できる機械があるでしょ?」

漣『どれ?』

曙『漣が今いじってる、その機械じゃない?』

漣『あぁ、これか』ピピピ

吹雪「え!?それ、勝手に変な番号入力したら駄目なやつ!」

漣『え?』

漣『あ゙ーーーーー!?』デデ-ン

曙『さ、漣ーー!!』

吹雪「…その機械、変にいじったら、相手を不審者と見なしてプログラムが攻撃してくるのよ…」

まるゆ「うん。派手にやられたな、あれは」

潮「」


18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 22:33:55.75 ID:7nzACPy20

吹雪「完全に打つ手がなくなりました」

日向<まぁこうなるな

吹雪「どうしよ…」

どうやって脱出する?>>22

※この安価でSSを終わりにします

22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/28(金) 22:40:39.89 ID:ArhbBCFGO

衣笠さん参上

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:28:11.10 ID:7nzACPy20

衣笠「じゃん!衣笠さん参上!」

吹雪「!?」

木曽「な、なんだキソ!?乱入者キソ?」

衣笠「そうよー。オチを任されちゃったからね!」

衣笠「衣笠さんがいっちょ大きなことしちゃうって訳なの!」

日向<大きな事?

吹雪「な、何か嫌な予感しかしないんですが」

衣笠「大丈夫大丈夫!私のあだ名、何か知ってるでしょ?」

吹雪「アダ名?」

衣笠「私のアダ名は…」

衣笠「キノガッサ!」

吹雪「!?」


25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:30:11.66 ID:7nzACPy20

衣笠「マッハパンチ!!」バキィ

吹雪「うおぅ!?あの硬い鉄扉に穴が!」

電「す、ずごい゙破゙壊゙力゙な゙の゙です!」

まるゆ「なるほど、あの重巡は考えたな」

日向<はがねタイプにかくとうタイプは効果抜群…

木曽「相性というものを上手く利用したキソか!」

吹雪「それゲームが違うでしょ!」

衣笠「うおりゃー!衣笠アターック!!」ドカバキィ

吹雪「…でも、出れるならまあいっか」

日向<まぁそうなるな


26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:32:52.12 ID:7nzACPy20

吹雪「…完全に穴が空いた」

衣笠「ふんす!」

電「やったーな゙のです!」

木曽「キソソソソ!これで大潮をさらってキラ付け出来るキソ!」

日向<私も夕張に瑞雲を渡しに行かなくては

雪風「しれぇ!」

潮「」

まるゆ「ま、ハッピーエンド、ってとこか」

衣笠「どうよ!見た吹雪ちゃん、私の力!」ブンブン

吹雪「み、見てましたよ…とりあえず私の手を握って激しく振り回すのやめてください」

衣笠「とにかくこれでこのSSは終わりだね!楽しかったよ、ばいばーい!」

吹雪「…はぁ」


27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:34:09.79 ID:7nzACPy20

吹雪「扉が空いた途端、みんな早々に帰ってった」

吹雪「まぁいいや、無事に終わったんだし」

吹雪「私も部屋に帰ろっと」

吹雪「…」

吹雪「…あれ?」クラッ


28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:36:24.55 ID:7nzACPy20

吹雪「うっ!」バタッ

吹雪「あ、あれ?体が動かない!」

吹雪「これ麻痺してる!なんで!どうして!?」

吹雪「私も工廠から出たいのにっ…」

吹雪「ん?そういえば…?」

吹雪「衣笠…キノガッサ…」

吹雪「特性…キノコのほうし…麻痺…」

吹雪「ああ!?」

吹雪「握手されたあの時、麻痺しちゃったんだ私!!」

29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:39:00.92 ID:7nzACPy20

吹雪「な、なんとか動かないと…」

提督「あれ?工廠の扉こわれてるぞ」

吹雪「あっ司令官だ!おーい司令官!助けて!!」

提督「全く誰だよ…妖精さんに修理して貰わないと」

吹雪「駄目だ、麻痺したせいで提督に届くだけの声を出せない!」

提督「仕方ない、とりあえず応急処置だけしとくか…」トンカン

吹雪「待って待って!せっかく空いた穴を塞がないで!私ここにいるよー!」

提督「…ふぅ、これでよし」バタン

吹雪「おーーーーーい!!」

吹雪「やっぱり1人にしないでーーー!!」

おしまい

30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/28(金) 23:40:19.09 ID:7nzACPy20

終わりです
ちなみに元ネタは全部pixivにあるやつです


33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/28(金) 23:49:01.30 ID:7nzACPy20

一応書いときます
電→ナスは嫌いなのですを描いた人
木曾→白い艦これ
雪風→しれえ(鳴き声)
潮→うしおちゃん
日向→師匠

何度も言いますが、元ネタの方々さん本当にすみませんでした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:羽入「梨花、一緒にお風呂に入りましょうなのです」