青葉「艦娘による市民への暴行事件」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ヒトラー「人類補完計画だと!?……なんと愚かなっ!」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:56:25.52 ID:XsDVusOmO

エロ
胸糞もあるかも

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:13:07.66 ID:6NILwhWbO

青葉新聞2014年10月1日付朝刊より抜粋
艦娘による市民への暴行事件の詳細

事件の概要
2014年9月30日午後8時ごろ、横須賀に駐留する軍属でいずれも艦娘の戦艦M、正規空母S、正規空母Hの3名が
鎮守府内で借りたレンタカーで、横浜のの商店街で買い物をしていた12歳の男子小学生に声をかけ、拉致した疑い。
小学生は主犯のMに「お姉さん達と火遊びしない?」と声をかけられ、すぐに車に押し込まれた。
その後近くの海岸に連れて行かれた小学生は3人に代わる代わるに強姦され、負傷した。

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:26:10.69 ID:6NILwhWbO

犯行時刻横浜商店街

陸奥「ねえボク、ちょっといい?」

少年「?どうしたんですか?お姉さん」

陸奥「ンフ。ね?ほらこんな時間でも可愛い男の子まだいたでしょ?」ヒソヒソ

飛龍「ホントだ…さすが陸奥さん。ねえ君、おうちはどこ?お母さんとお父さんは近くにいないの?」

少年「ぼくのうちはすぐ近くです。お父さんもお母さんも今日は仕事でまだ帰ってきてません」

蒼龍「ねえまずいですって陸奥さんってば」ヒソヒソ

陸奥「なに大丈夫だって」ヒソヒソ

飛龍「ふーん、そうなんだー。でもこんな時間に子供が一人で出歩いたら危ないんだぞー」

少年「でもお腹空いてご飯食べたいから」

飛龍「ああ、なるほどそれでお財布持って商店街に来たんだね。何買おうと思ってたの?お弁当?」

蒼龍「飛龍もなに親しげに話しかけてるわけ!?」

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:34:21.20 ID:6NILwhWbO

飛龍「あはは、蒼龍そんな大きな声出さないでよ。この子が怖がっちゃうでしょ」ナデナデ

少年「えっと…お姉さんたちは」

飛龍「ああごめんごめん。お姉さん達はね、艦娘なんだ」

蒼龍「飛龍!」

少年「えっ!すごい!」

飛龍「ふふーん、そうでしょー」

少年「うわー!すごいなー!かっこいいなー!お姉さんたちはなんていう種類なの!?」

陸奥「クスッ。お姉さんは戦艦。そっちの可愛い二人は正規空母よ」

少年「戦艦!」

陸奥「あら可愛い、やっぱり戦艦に反応しちゃう?まあ仕方ないわよね。男の子だもんね」クスクス

飛龍「むっ。狡いです陸奥さん」

陸奥「フフ。そうは言ってもねぇ」

蒼龍「もー。仕方ない二人」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:43:37.62 ID:6NILwhWbO

飛龍「そんなこと言って、蒼龍だってこういう子好きなくせに。しってんだからね?」ニヤニヤ

蒼龍「なっ…!きょ、興味ありません!」

飛龍「だって!聞いた?君!そっちの子君のこと興味ないって!酷い言い草だよねー」ギューッ

少年「えっと…」

蒼龍「あ、いや、そういうことじゃなくて!」アワアワ

陸奥「フフ。なんのことかさっぱり分かってない感じ。いいわねぇ」

少年「?」

陸奥「ねえボク。お父さんとお母さんは何時くらいに帰ってくるの?」

少年「わかんない。でも今日のうちには帰って来ないと思う。いつも帰ってくる前に寝ちゃうから」

蒼龍「そうなんだ……寂しいね」ナデナデ

少年「ん…」モゾッ

飛龍「あれ、照れた?」

少年「…」

飛龍「うつむいちゃった。目線合わせて谷間見せつけながら頭撫でるなんてやるねー蒼龍」

蒼龍「わ、私はそんなつもりは…」

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:50:57.23 ID:6NILwhWbO

陸奥「そっか、両親は帰ってこないのか」

蒼龍「あの、陸奥さん?もう帰りません?」

陸奥「ねえボク。だったら、いつもご飯食べたら寂しいね?」

少年「…」

陸奥「良かったら今日はお姉さんたちが一緒に遊んであげようか」

少年「えっ?」

蒼龍「ちょ!」

飛龍「いいね。君、ゲームとか持ってる?お姉さん妖怪ウオッチ?とかいうの持ってるよー」

少年「えっ!お姉さん妖怪ウォッチやるの!?好きな妖怪なに?」

飛龍「う?うん、やるよー、やるやる。好きな妖怪はピカチュウかなー」

少年「え?ピカチュウはポケモンじゃないの?」

飛龍「あっ。……クリア後の隠しダンジョンにいるんだよ!隠しキャラで!知らなかったでしょ!」

陸奥「ちょっといきあたりばったり過ぎない?」

飛龍「大丈夫大丈夫」ヒソヒソ

蒼龍「…」

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 01:00:25.98 ID:6NILwhWbO

少年「…」ジー

飛龍「あれ?なんか疑われてる?」

陸奥「まったく。いくら小さい子相手でもあんまり馬鹿にして自尊心傷付けちゃダメよ?男の子なんだから」

飛龍「ごめんなさーい」

陸奥「だからこういう時は、こうやって誘うのよ」

陸奥「ねえボク。遊びとは言ってもね、ゲームとかはお姉さんたちあんまりよく知らないの。嘘ついてごめんね?」

少年「…」

陸奥「でも、その代わりにもっと楽しい遊び方教えてあげるから、それで許してくれないかな?」

少年「もっと楽しい……?」

陸奥「そ。楽しくて、気持ちいい……火遊び。お姉さんたちと、してみない?」

少年「……お姉さん、なんだか怖い…」

陸奥「あらあら、そんなことないわよ?」

少年「…」

陸奥「飛龍、あっち回んなさい」

飛龍「了解」

蒼龍「二人共」

陸奥「蒼龍はどうするの?邪魔するならこっちにも考えがあるけれど」

蒼龍「…」

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 01:12:02.76 ID:6NILwhWbO

飛龍「私知ってるよ、陸奥さん。蒼龍は良い子ぶってるけど私よりよっぽど変態だから」

飛龍「いざ始めちゃえばどうせ我慢できなくなって加わってくるって」

陸奥「そう。ならいいわ。先に車に乗ってなさい」

蒼龍「けど」

陸奥「乗れ」

少年「ヒッ!?」ビクッ

蒼龍「…はい」

陸奥「良い子ね。ほら、ボクもおいで?お姉さんたちと楽しいことしよ?」

少年「や、やだ。お母さんたちが知らない人に付いてっちゃいけないって」

陸奥「そう」

陸奥「なら無理やりね」グイッ

少年「わああ…ムグッ!?」

飛龍「とりあえず騒がれたら面倒なんで口塞いどきましたー」

陸奥「ナイス飛龍。そしたら車出すわよ。人の全然居ない取っておきのスポットがあるのよ」

陸奥「そこに付いたら、火遊び始めましょうね」クスクス

飛龍「よろしくお願いします陸奥さん。蒼龍、楽しみだねー」

蒼龍「なにがよ。最低」

飛龍「もー。蒼龍ったらそうやって拗ねちゃって」

飛龍「いい子ちゃんぶってられんのも今のうちだけだぞー」クスッ

少年「むー!?むー!?」ジタバタ

陸奥「あらあら、今日の獲物は生きがいいわね」

陸奥「美味しそ」ペロリ

29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 23:40:56.20 ID:uI4QUevAO

三人の女に声を掛けられ、立ち止まった事を少年は後悔していた。
親にはあれほど知らない人間に着いていくなと言われていたというのに、それでも彼が立ち止まってしまったのは、その三人の女達が皆驚くほどに美人だったからだ。

「じゃあ飛龍、現場に着くまでこの子のことお願いね?」

驚くような怪力でもってあっさりと少年をワンボックスの後部座席に引きずり込み、そう言って運転席の方へ移動した女は先程自分を戦艦の艦娘だと言っていた。
陸奥と呼ばれていたその恐らくリーダー格の女は、すらりと引き締まった長身の身体を惜しげもなく露出しており、革のような素材でできた超ミニのスカートからは先ほどの会話の間もチラチラと眩い色の下着が覗いていた。

少年はようやく気付いた。あれも罠だったのだろう。いつか図鑑で見た食虫植物のことを思い出す。
綺麗な見た目で虫を誘き寄せ、食べる恐ろしい植物だ。

最初に話しかけられた時は優しそうで美人なお姉さんにしか見えなかった陸奥だが、今はその綺麗さがとても恐ろしい物に感じられて少年の不安を駆り立てる。
運転席の扉が開き、閉められた。陸奥の楽しそうな笑い声が彼の耳に届き、少ししてゆっくりと車が動き始めた。

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:03:03.37 ID:FdwZQ0N8O

「ここからどれくらいなんですか?」

後部座席には少年の他に二人の女が座っている。車の発進からすぐに口を開いたのは先ほど飛龍と呼ばれていたショートカットの女だ。
こちらも陸奥ほどではないがミニスカートを履いており、むっちりとした白い太ももを露わにして気にする素振りもない。
彼女は車に乗り込む前から左手で少年の口を塞いでおり、こんな状況にも拘らず少年はその柔らかさと暖かさにどぎまぎしてしまう。

「そうね。大体20分ってとこかしら」

「えー!結構遠いですー!先に味見してていい?」

「駄目。人に運転させといてズルいわよそれ」

「だって誘ったの陸奥さんじゃないですか」

そう言ってぶー垂れた飛龍は少年ほ口を塞ぐために必然彼に身体を密着させる姿勢となっており、それはつまり後ろからに抱き締めているような格好になっているということだ。
そのため車が揺れるたび彼の背中に柔らかい何かが当たり、癖のある髪から花のような匂いが弾け、その都度幼い心臓は鼓動を早める羽目になる。
これから自分はどうなるのだろうという不安に混じって、得体の知れない期待感のようなものを僅かに感じ、少年は自身の感情に戸惑いを覚えた。

32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:14:45.98 ID:FdwZQ0N8O

「ってわけで一番槍行っきまーす」

「えっ?」

「あっ!もう…蒼龍止めてよ!」

「…」

「あー駄目駄目。蒼龍ったら拗ねて不貞寝しちゃってますもん」

「どうせ狸寝入りで実は起きてるでしょ!あーもう!あんたらなんか連れて来るんじゃなかった!」

「えーひどいなー。確かに蒼龍はたぬきっぽいけど」

「そういうあんただって狐みたいじゃん」

「なにをー!」

「ああもう!二航戦同士で喧嘩しない!飛龍がどうしてもって言うから連れて来たんだからね!」

「えへへ、感謝してますって」

「陸奥さん、そう言いながら飛龍この子の服剥ぎ取ってます」

「もう飛龍とは来ないわ」

「まあまあ♪味見だけですからって」

「しょうがないわねぇ」

「やった!ボスの許可が出たことだし早速……」

「……やれやれ」

33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:37:23.45 ID:FdwZQ0N8O

諦めたような陸奥の声を最後に、飛龍が少年の顔を見た。
先ほど「狐みたい」と蒼龍と呼ばれてた最後の女に評されたその顔は
厭らしそうに目を細め舌なめずりする酷薄そうな笑みを形作っており、少年の視点からは確かに狐のように見えた。

「まずはこのジャンパー脱いじゃおっか」

夜は肌寒くなってきたということで、最近母親に買ってもらった外出用の新しいジャンパーがいつの間にかジッパーを全て降ろされていた。
片手で器用に少年のジャンパーを脱がしていき、飛龍が嬉しそうな声をあげる。

「陸奥さん、この子白いですね。肌もすべすべ。流石10代前半は違います」

「でしょ。声変わりもまだだから女の子みたいに透き通った声だし、かと言って精通もしっかりして手しっかり男の子だし」

運転席から得意げな声が返ってくる。

「この年代でしか味わえない味よ?病みつきになるから」

「流石火遊びの達人は違いますねぇ。ね?蒼龍」

「知らない」

「うーん、まだ駄目みたいです」

「もういいから見せつけたげなさい。現場に着いてもこれじゃ興醒めだから」

「分かりました!それじゃあ作戦時開始前にしっかり蒼龍のスイッチも入れときますんで!」

「あ、もう口塞がなくても大丈夫よ。高速入ったし、ガラスは全部スモーク掛かってるしね」

「はーい」

陸奥の指示を受け、飛龍が少年の口から手を離す。ようやく拘束を解かれ、大きく息を吸い込もうとして軽く咳き込んだ少年に向かって飛龍が軽い感じで謝罪した。

「あはは、ごめんごめん。息苦しかった?それとも陸奥さんの運転荒くて酔った?」

「一言多いわよ」

35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:55:43.27 ID:FdwZQ0N8O

「さてと」

咳が収まり、ようやく人心地ついた少年に対し、飛龍が再び擦り寄った。
但し、今度は口を塞ぐどころではなく、無理やりに肩を掴み、そのまま座席に押し付け組み伏せる。

「ひっ!」

少年の口から悲鳴が漏れる。その声を堪能するかのように目を閉じ、身体を震わせて悦に入る飛龍。

「ん〜。いいわぁこれ」

「もうここまで来たらあんまり口うるさい事言わないけど、せめて痛くするのは止めてあげなよ?」

「なにそれ、振り?」

見かねたように溜め息を吐きつつ窘める蒼龍に対し、可笑しそうに返事を返す飛龍。
なんの躊躇いもなく、今度は少年のジーンズのジッパーに手をかける。

「ま、味見だし服を脱がせる楽しみまで全部奪ったら流石に陸奥さんに怒られそうだし」

逃れようとする少年の動きは全て片手で制しながら、飛龍がのんびりとした口調で言う。

「やだ!恥ずかしいよ!止めてよお姉さん!」

「さて、君のおちんちんはどんな感じかな?」

必死に暴れる少年の抵抗を意に介さず、ズボンのチャックの隙間から無慈悲に彼の息子が露出させられる。

「おっほ!可愛いカタツムリ。ほら見てみて蒼龍」

「た、確かに可愛いけど……って、ちがくて!可哀想じゃない!」

「ぐぬぬ、こっちからじゃ見えないじゃない」

36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 01:09:49.81 ID:FdwZQ0N8O

小学生の未熟なペニスを見て、嬉しそうにはしゃぐ飛龍。
無関心を装いつつ興味を隠しきれずチラチラと伺うように覗く蒼龍。
二人の美少女にマジマジと自分の恥ずかしい部分を観察されるという非日常的な体験に、少年の下腹部に急速に熱が集まる。

「あれ、大っきくなってきた?陸奥さん!まだ私達何にもしてないのに大っきくなってきました!」

「いちいち言わないでいいから」

「でも全然細ーい。短いし、皮も被ったまんまだし、可愛いー」

嘲るとも違う、馬鹿にするのとも少し違う口調で飛龍が笑いながら言う。
それで無償に恥ずかしくなり、少年は叫ぶのを止め顔を真っ赤にして俯き黙りこくった。

「もっと刺激したらちょっとくらい頭出てくるかな?えい、つんっ!」

「あうっ!」

言うが早いか、少年の亀頭を指で軽く小突くように突付く飛龍。
柔らかい指がまだ刺激を知らない敏感な少年自身に初めての衝撃を与えた。

37 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 01:19:00.30 ID:FdwZQ0N8O

「うわっ!すっごいビクってなった!おもしろーい」

「あうっ!あっ!あんっ!」

飛龍が面白がって更に何度も強く突付く。
その度に頭の中が真っ白になったような刺激を受け、少年は弾かれたように仰け反る羽目になる。
しかしその衝撃も飛龍に抑え付けられ身動き出来ない体勢では大きな抵抗にはならず、傍目にはぴくりと身じろぎした程度にしか見えなかっただろう。

「ほら蒼龍。きこえる?気持ち良さそうな声!あんっ!だって、女の子みたいだね」

「やめてよぉ……」

「えっ?何か言った?聞こえない」

「ひっう!?あっ!あああっ!」

少年の懇願に対する飛龍の返答は、亀頭と皮の間に指を突っ込んで指を捏ね繰り回すという行動で返ってきた。
強すぎる刺激に少年の意識が混濁し始める。

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 01:29:02.30 ID:FdwZQ0N8O

「あはは、可愛いなー。ほら、休憩する?」

「はぁっ!はぁっ!あふっ!」

少年の意識がシャットダウンされる寸前、見計らったように飛龍が指一本による凌辱を中止した。
全力で100mを走った時以上に疲労していることに気付き、少年は荒い息を吐く。
いつの間にか汗が額にべったりと広がっている。熱い。息苦しい。今までに感じたことがない疲労感と気
だるさが身体を支配する。

「ふーっ」

「はあああっ!?」

そこに突然息を吹き掛けられ、再び少年の意識は混乱する。
彼のペニスのすぐ近くに飛龍の形の良い唇があり、その唇から吐き出される湿った空気が亀頭を包んだ。
くすぐるような生温い風が身を切る暴風よりも幼い身体を蝕んでいく。

39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 01:47:25.70 ID:FdwZQ0N8O

「見た?蒼龍。私今、触って無いよ?ふーってした。ふーってしただけでこうやって悶絶してるわけ」

勝ち誇った声で蒼龍に話しかける飛龍。

「…」

話しかけたところで、存ぜぬ感ぜぬを決め込もうとしてこちらも知らず知らずのうちに食い入るように少年の痴態を見ていた蒼龍の様子に気付き、飛龍は内心ほくそ笑んだ。

「お、お姉さん、お願い。もう。お願いだからもう……」

「ああごめんごめん」

もう止めてよ。そう言葉を継ごうとした少年の言葉を遮って飛龍が言葉を繋ぐ。
一瞬許しの気配を感じ、ホッと顔を緩めた少年の顔に、影が差した。

「えっ?」

戸惑う少年の鼻先に飛龍の尻がずしりと伸し掛かり、視界が真っ暗になった。

「それじゃ、もうそろそろ限界っぽいし1回目、ぴゅっぴゅさせちゃいましょうかー」

その声が発せられると同時、露出した少年のペニスに湿った風が届き飛龍の口が何処にあるのかを彼に知らせた。

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 01:58:46.18 ID:FdwZQ0N8O

「べー。んべー……ペッ!」

真っ暗な柔らかい闇に包まれ見動き出来ずにいた少年の元に、下品とも言える飛龍の声が届いた。
続いてペニスに吐きかけられるような生暖かい液体の感触。

「分かる?今ね、お姉さん君のおちんちんによだれかけてるの。ヌルヌルにテカってていやらしいよ?」

「あっ、ちょっと!いろんな意味で汚いわよ!」

「へへーん早い者勝ちですー」

「ったく……あと5分で着くからね」

「げっ!嘘!?もうそれだけ!?」

「遊びすぎ」

不満そうな陸奥の声に、焦ったような飛龍の声。
もうすぐこの人に玩具にされている時間も終わるのだと自分に言い聞かせ、息苦しさに耐える少年。
だがその考えが甘かったのだと、彼はすぐに思い知らされる。

飛龍の涎でぬるぬるに湿った少年のペニスに、包み込むようにそっと優しく柔らかい手が添えられた。

41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 02:06:39.87 ID:FdwZQ0N8O

「んふ」

心底楽しそうな声と同時に、その手がゆっくりと……そして次第に早く上下してゆく。

「あっ……!あ、あ、あ、ああああ……!」

「シコシコシコシコー♪」

激しくリズミカルに飛龍が少年のペニスを扱く。扱く。扱く。

「あああああああ!あああああ!いやああああ!」

「ほらほら頑張れー。おちんちん頑張れー」

「やだあああああ!なにこれええええ!!」

「ほら頑張れー。このままじゃお姉ちゃんのお手々に負けちゃうぞー。おちんちん頑張れー」

「ああああああああ!!」

「はい頑張れー。シコシコー。シコシコシコー」

「ひうッ!!」

「シコシコシコー……あっ」

42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 02:21:04.88 ID:FdwZQ0N8O

小馬鹿にしたような言葉を繰り返しながら少年のペニスを扱いていた飛龍だが、それも長くは続かなかった。

「あっちゃー。もう暴発しちゃったか。ま、弱々しいお子様おちんちんじゃこんなもんか」

「ぜえ…!はぁ…!」

勢い良く吹き出した少年の精子を顔に浴び、飛龍が頬に付いた白濁液を舌でこそぎ取って嗤った。

「ところで、君って多分まだ童貞だよね?良かったねー。こんな弱虫おちんちんじゃ初エッチの時女の子に嫌われちゃってたぞ?」

次に指に付着した精子を丁寧に舐め取っていく。

「んー。でも濃いなぁ。ほんと君は幸せ者だ」

舐め終わった指の臭いをクンクンと嗅いで、最後に告げる。

「君の弱虫おちんちんが将来好きな人を幻滅させて振られちゃったりしないように、今からお姉ちゃん達が鍛えてあげるから」

その言葉と

「着いたわよ」

彼らがこれから起こる事件の犯行現場に到着したのは、ほぼ同時のことだった。

43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 02:22:37.46 ID:FdwZQ0N8O

地の文むずい。
エロssにかこつけてこのスレは練習に使うかな。
眠いんで寝る。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンって好きな人いるの…?」