ハルヒ「もうちょっと奥にっ……あっ、違うもうちょっとだけ右……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「おい、ハルヒ!」

ツイート

1 名前:ハルヒはキョンの嫁</b> ◇UBgxfb/oXY<b>[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:28:13.66 ID:ayCxzeb70

スカッ
キョン「あっ」
ハルヒ「あっ」
キョン「……」
ハルヒ「……ヘタクソ」

コィーン
キョン「…」
ハルヒ「……あっ、ちょっと奥すぎ……でもないか‥…」
キョン「…」
ハルヒ「んで……もーちょい……右、右……あっ……あっ、あー」

スカッ
キョン「…」
ハルヒ「……はぁ……ダメね」
キョン「…」
ハルヒ「ほらなにぼーっとしてんのよ! もう一回! もーいっかい!」
キョン「…」

3 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:32:10.41 ID:ayCxzeb70


スカッ
キョン「…」
ハルヒ「……はぁ……ダメね」
キョン「…」
ハルヒ「ほらなにぼーっとしてんのよ! もう一回! もーいっかい!」
キョン「…」


コイーン
キョン「…」
ハルヒ「今度は左側に引っ掛けてみてから……」
キョン「あ、こうか、おぉ……こうだな……」
ハルヒ「一回で取ろうとするから失敗するのよ。だからそうやって……」

スカーッ
キョン「…」
ハルヒ「……あれ」
キョン「かすりもしなかったな」
ハルヒ「……もーいっ」
キョン「もういいだろ! 勘弁してくれ!」
ハルヒ「ここまで来て諦めるって言うの? 許さないわよ、そんなのは!」コイーン
キョン「おおおぉ……俺の100円が、ちょっ、せめて勝手に金を入れるのはやめてくれ!」


4 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:34:05.53 ID:ayCxzeb70


【数時間前】

ナンデモアリノー タノシイエキー
キョン「貯金箱?」
ハルヒ「そ、貯金箱。貯金箱が欲しいのよ」
キョン「へぇ、そうか。買えよ」
ハルヒ「買うわよ。買うけど、買いたいのがないの」
キョン「買いたいものがあるけど、買いたくないので、買いたいものを探しているということか」
ハルヒ「いやそうじゃなくて、買いたいけど買いたくないのばっかりで買いたいから買いたい――」

キョン「あぁ、わかった。つまり欲しいデザインの貯金箱がないってことだな」
ハルヒ「あんたの理解力、どうなってるのよ!?」
キョン「最初からそう言えよ」
ハルヒ「そう言ってたわよこの鳥頭! ハッチポ○チステーションの再放送、終わっちゃったじゃない!」
キョン「いかん、また見逃した。グッチさんが外人の真似をしているトコまでは覚えているんだが」
ハルヒ「だいたい毎週そんな感じじゃない! って、どうでもいいわ! 貯金箱!」


5 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:35:08.45 ID:ayCxzeb70


キョン「貯金箱か……俺はいらないな」
ハルヒ「うん、聞いてないわよ。でもなんで?」
キョン「買うじゃん」
ハルヒ「買うわね」
キョン「小銭を入れるだろ?」
ハルヒ「入れるわ」
キョン「するとこう……開けたくなるんだ……すぐにな」
ハルヒ「うわあ」

キョン「いや、なんとなく貯金できるときもあるんだぞ?」
キョン「しかしだんだん……高額な硬貨からなくなっていって」
ハルヒ「…」
キョン「最後は一円と五円玉ばっかりしか残っていないんだ。怖いだろ」
ハルヒ「怖いわね。あんたが大人になったときの貯蓄額が」
キョン「そういう話はやめろ!」

6 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:36:11.14 ID:ayCxzeb70



ハルヒ「でね、さっきいいのを見つけたのよ」
キョン「ん?」
ハルヒ「これこれ。なんかね、ゲーセンの景品なんだって」
キョン「プライズか……フィギュアとかじゃなく、貯金箱もあるんだな」
ハルヒ「ねー。景品で可愛いのないかなーって、探してみたらあるもんなのね」
キョン「あぁ、お前のせいか……」
ハルヒ「?」

キョン「なんだ、携帯の充電が少ないな」
ハルヒ「んー、テレビ観たりしてたし、こんなもんじゃないかしら?」
キョン「あ、そろそろピタ○ラスイッチが」
ハルヒ「もういいわよ! なにここ、託児所?」

7 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:37:09.76 ID:ayCxzeb70


オトーサンスイッチ オジイチャンモカッッッ!!!
ハルヒ「…」
キョン「…」
ハルヒ「あれ、作ってみようかしら」
キョン「親父にやらせるのか」
ハルヒ「なに言ってるの。キョンがやるのに決まってるじゃない」
キョン「あれ? 俺ハルヒのお父さんだっけ??」

ハルヒ「キョンくんすいっち、や!」ポチー
キョン「ヤ行かよ。選択肢あんまねえな」
ハルヒ「や!」
キョン「え、えー……」モゾモゾ
ハルヒ「? ……?……あ、焼き討ち?」
キョン「なんでだよ。怖いわ」
ハルヒ「焼畑農業?」
キョン「そうだとしたら俺の表現力とおまえの認識力は異常だ」
ハルヒ「じゃあなによ! わかんないわよ!」
キョン「野球だよ。ほら、三塁線ギリギリのバントをファールゾーンに切れるまで見送る選手の――」
ハルヒ「あんたやっぱりバカだわ」

8 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:37:55.23 ID:ayCxzeb70



ハルヒ「えーと……」
キョン「ぐぬぬ」ピュイーッ
ハルヒ「ゆ……ゆ……」
キョン「ぐぬぅ」ピュー
ハルヒ「ゆっくりしていってね!」
キョン「最近みないな……いやそうじゃなくて、指笛だ」

ハルヒ「いい齢して指なんか咥えて……ばっちいわね」
キョン「おまえがやれっていうからやったんだぞ」
ハルヒ「でも上手かったわよ。なんで?」
キョン「さあ? やってみたらできた」
ハルヒ「あむ」スィー
キョン「ぜんっぜんできてないな……」
ハルヒ「…」フヒィー


9 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:39:38.73 ID:ayCxzeb70


ハルヒ「キョンくんすいっち、よ!」
キョン「よ……よ、ょ……」
ハルヒ「…」
キョン「……なにも思いつかん……」
ハルヒ「ボキャブラリー少ないわね〜」

ハルヒ「よっ」ポフッ
キョン「?」
ハルヒ「よっ、よー」モゾモゾ
キョン「なんだよ? ……あ、寄り倒しか。はいはいはっけよいはっけよい」
ハルヒ「よ・り・か・か・り! 寄り掛かりよ!」
キョン「お・も・い・ど・け! 重いから寄りかかってくるな!」
ハルヒ「なっ、重くないわよ! むしろ軽いわよ! いや、どうでもいいわ! 貯金箱の話はどこに行ったの!?」
キョン「結構ノリノリだったじゃないか」


10 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:41:30.11 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「というわけで、今からゲームセンターへ行きます」
キョン「おい、そういえば俺達以外のSOS団団員はどこへ行った」
ハルヒ「さあ?」
キョン「さあって」
ハルヒ「あ、有希。ほら、外」
キョン「ん?」

ハルヒ「何やってるんだろ……スコップ?」
キョン「あれは……ドラム缶?」
ハルヒ「あんなところに穴なんか開けて……何かな?」
キョン「あのドラム缶、何か入ってないか?」
ハルヒ「よく見えないわね。んー……あれは……」
キョン「……古泉……」

ハルヒ「み、みんな、みんなちょっと今日は用事があるみたいね!」
キョン「そうだな、お、おう! そうだそうだ! これは仕方ない! 二人で出かけようすぐ出かけよう!」
ハルヒ「そういえばみくるちゃんは――」
キョン「生徒会! 生徒会の仕事だ! 多分! 生徒会に入っていなくても、多分そうだ!」


12 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:42:46.90 ID:ayCxzeb70

【ちょっと前】

ハルヒ「うーん……あ、あった!」
ハルヒ「キョンほら、あったわよ! って、あいつどこに?」キョロキョロ
モウイッカイアソベルドン!
キョン「うぉぉ」ポコポコ
ハルヒ「」

ハルヒ「ちょっとキョン、あんたなにやってんのよ」
キョン「あっ、こら邪魔だ! カッ!が出来ないだろカッ!が!」
ハルヒ「知らないわよ! なによあんた、ブレザー脱いでまで……」
キョン「男はな、どんな状況でも全力投球するのが――」
ハルヒ「あ、ミスしてる」
キョン「あっ」

キョン「あとすこしだったのに」
ハルヒ「一人で来た時にやりなさいよ」
キョン「なんかその、それは……寂しい」
ハルヒ「いくじなし」
モウニドトアソブナドン!
キョン「!? おい、なんか今凄く酷いことを言われた気が」
ハルヒ「気のせい気のせい、ほら、貯金箱見つけたから、こっちこっち!」グィグィ



13 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:44:37.91 ID:ayCxzeb70

キョン「これか。んー、思ってたよりなんか小さいんだな」
ハルヒ「そう? こんなもんじゃない?」
キョン「よし」
ハルヒ「ん」
キョン「……?」
ハルヒ「?」

キョン「ほら」
ハルヒ「なによ」
キョン「なにって……貯金箱」
ハルヒ「I know」
キョン「えっ? 何故に英語?」
ハルヒ「ほら、早く。早く取りなさいよ」
キョン「俺がかよ」
ハルヒ「当たり前じゃない! じゃあなんであんたを連れて来たのよ! ほらお金」
キョン「仕方ないな……俺も得意じゃないぞ」
ハルヒ「お金出して!」
キョン「それも俺が出すのかよ! なんだこれは! ただのカツアゲじゃないか!」


14 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:46:04.81 ID:ayCxzeb70

>>1に戻る】

キョン「あぁぁ……ま、またミスった」
ハルヒ「あーもー、使えないわねぇ」
キョン「なあ、俺にも感情あるって知ってるか?」
ハルヒ「よし! 攻守交代よ!」
キョン「はぁ?」

ハルヒ「だからー、あたしが操作するから、あんたがアシストしてね!」
キョン「あぁそういう……なあ、これさ」
ハルヒ「なによ」
キョン「一人でやったほうが上手くできるんじゃないか?」
ハルヒ「何言ってるのよ! わんふぉーおーる、おーるふぉーわんよ!」
キョン「二人しかいねえよ。そもそも俺は強制的にやらされているわけだが」
ハルヒ「んもー、そんなのどうだっていいわよ。クレーンゲームの協力プレイは基本中の基本よ!」


15 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:47:26.67 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「わかったわよ、今度はあたしのお金で」コイーン
キョン「当たり前だ」
ハルヒ「そのかわり取れなかったら許さないから」
キョン「あれ? 協力の精神は何処に?」

キョン「もうちょい前に……あ、いや奥に」
キョン「で横に……あぁ、右か……そうそう」
キョン「あ、ちょっと行き過ぎてるな」
ハルヒ「ああああああ!!!」スカー
キョン「!? なっ、大声出すなよなんだなんだ!」
ハルヒ「ヘッタクソ! ヘッタクソだわキョン! なにあんた、どんだけ説明が下手なのよ!?」
キョン「そ、そうは言われてもだな、なんか難しいぞこれは」
ハルヒ「もー、やっぱりだめ! あんたこっち! あたしそっち!」
キョン「わかった、わかったよ、すまんすまん……」
ハルヒ「あたし教える! あんた操作する! お金、出す! あたし、喜ぶ!」
キョン「ちょっと待てこら」


16 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 00:48:40.72 ID:ayCxzeb70

コイーン
スカー
コイーン
スカー
ハルヒ「…」
キョン「…」
ハルヒ「…」
キョン「もしかして俺達って……ド下手――」
ハルヒ「言わないで。辛くなるから」
キョン「…」

キョン「もうこれ、店員さんに言って落ちやすくしてもらったほうが」
ハルヒ「ダメよ。ほら、張り紙……ここはそういうの、一切しないって」
キョン「えっ、」

キョン「こういうのはなんというか、幾らか遊んでいたら動かしてくれるもんだと」
ハルヒ「ダメみたい」
キョン「……ちょっとハルヒ、店員さんに動かしてくれーって念じてみろ」
ハルヒ「は? なにそれ、無駄よ無駄! だってほら書いてるし」
キョン「あぁもう、決め付けはよくないぞ! というかなぜ今そんなおとなしいんだ」
ハルヒ「はいはい、いいからほら! 次、次!」

18 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:00:02.29 ID:ayCxzeb70

コイーン
ハルヒ「…」
キョン「…」
スカッ
ハルヒ「><」
キョン「><」
コイーン……

ハルヒ「あ、両替しなきゃ」
キョン「おいおい、幾ら使ったんだ」
ハルヒ「えーと……」
キョン「俺も小銭なくなってるな……両替しなきゃ」
ハルヒ「両替機は……あ、あっちか」
キョン「俺ちょっとトイレに行ってくるわ」

キョン「ふぅ……ん? あれ、ハルヒまだ戻ってないのか」
ハルヒ「」
キョン「うわっ! び、びっくりさせるなよ! 居るなら居るって――」
ハルヒ「」
キョン「なんだおい……どうした」
ハルヒ「……両替機じゃなかった……メ、メダルが……大量に」
キョン「うわあ」

19 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:09:56.99 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「……これ、ここに入れちゃったらマズいかしら」
キョン「まずいなそれは」
ハルヒ「…」
キョン「とりあえず、店員さんに言って返金を――」
ハルヒ「ダメなの。こういうのって、増やしたメダルも返金してもわからないから……ダメ……なの……」
キョン「…」
ハルヒ「……ダメよ、ダメダメ……」
キョン「おいやめろ、悲しい」

キョン「うーん、仕方ない。じゃあほら、半分払ってやるよ。だから一旦それで遊ぼう」
ハルヒ「え? でも」
キョン「いいから。というか、ちょっと一回違うので遊びたい。恐らくこれは負のループに入っているぞ」
ハルヒ「そうね、わかった。じゃあちょっと違うので遊びましょ!」
キョン「そら、カバン忘れるなよ」
ハルヒ「とりあえずメダル持ちなさいよ! 重い!」
キョン「うわ! おまっ、これ……せ、千円札じゃないな!? 幾ら両替しに――」
ハルヒ「半分払うって、言ったわよね」ニコォ
キョン「……後日払います……」

20 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:27:21.82 ID:ayCxzeb70

キョン「アイス食うか?」
ハルヒ「うん。えっとね、プリンのがあったらそれがいいわ」
キョン「プリンかー。俺もプリン食いたいから、別のにしてくれよ」
ハルヒ「あんたが違うのにしなさいよ!」
キョン「俺が買ってやるのに何故……」
ハルヒ「じゃあバニラ! で、持つトコがコーンのやつね!」

キョン「もうちょいそっちに座れよ」
ハルヒ「やだ、せまい」
キョン「こっちも狭いと。じゃあせめてカバンを下に置け」
ハルヒ「汚れるからやだ〜」
キョン「いやさっき足元に置いてただろ。……まあいいや」
ハルヒ「ねーちょっと、プリンのちょーだいよ」
キョン「ほら」
ハルヒ「あむっ……んー、いまいちね」
キョン「なっ……ハルヒのもちょっと食わせてくれよ」
ハルヒ「え? もうコーンしか残ってないわよ? それでもいいなら、ど〜ぞ!」
キョン「なんてことだ……」

キョン「…」
ハルヒ「…」
キョン「メダル、凄い増えたな」
ハルヒ「うぅ、さっきから小さい子供の眼差しが痛いわ……」
キョン「ちょっとあげて、あとはまた今度遊びにこようか」
ハルヒ「そーしましょうか。じゃあ、メダル預けてくるわね。キョンはさっさと仕事に戻る! はい、行けー!」

21 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:37:10.76 ID:ayCxzeb70

キョン「!」
ハルヒ「おまたせー。ん?」
ハルヒ「!!」
キョン「ない! ないぞ! 貯金箱がない!」
ハルヒ「!!!」

キョン「……俺達がメダルで遊んでいる間に、誰かが……」
ハルヒ「」
キョン「……おっ、店員さん」
店員「あ、これなくなってますね。補充しときますね、頑張ってくださいね〜♪」ガララ
ハルヒ「」
キョン「おーい、ハルヒ。生きてるか〜?」
ハルヒ「」
キョン「……死んでる……」

ハルヒ「ちみちみ動かしたのに……元の位置に……」
キョン「しかも最初のと色が違うな」
ハルヒ「いや色はこっちのが好きだからいいけど……よくないわよ!」
キョン「きちっと元の位置だな、うーん。こういうのがあるから、難しいよなあ」


23 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:42:25.90 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」
キョン「ため息ながいな。カバのあくびみたい」
ハルヒ「バカに言われたくないわよぉぉぉぉぉぉぉぉ……」
キョン「しかしなんだ、俺も心が……」

ハルヒ「…」
キョン「どうするんだ。もう帰るか」
ハルヒ「…」
キョン「多分今日はもうダメだ。また明日にでも出直して――」
ハルヒ「嫌よ! もー決めた今決めたすぐ決めたわ! これ取るまで、今日は帰らない!」
キョン「なっ」
ハルヒ「キョンも帰さないから! ほらやるわよ!」
キョン「あーぁ意地になってるな……仕方ないな。でも次からは本気でやるぞ?」
ハルヒ「最初っから本気も本気よ! ほら、お金お金!」
キョン「えっ、やっぱり俺の金でやるの?」

24 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:47:43.60 ID:ayCxzeb70

コイーン
スカッ
ハルヒ「」
キョン「」

コイーン
スカッ
ハルヒ「><」
キョン「><」

コイーン
スカッ
ハルヒ「にしこり」
キョン「にしこり」

コイーン
キョン「うぅ……取れなすぎて、一瞬妙な顔になった気が……」
ハルヒ「でもあとちょっとよ! ほら、かなり手前まで出てきたわ!」
キョン「これは奥からちょん、っと引っ掛けたほうがいいのか?」
ハルヒ「待って待って! 多分右隅から手前に」
モドリー
キョン「( ∵ )」
ハルヒ「( ∵ )」

25 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 01:56:19.33 ID:ayCxzeb70

キョン「大変だ……もう、100円あと一枚しかないぞ」
ハルヒ「うぅ……」
キョン「もうほんとにほんとの最後だぞ……どうするんだ」
ハルヒ「ギリギリ取れそうなのに……」

キョン「これで取れなかったら諦めるんだな。また今度、一緒に来てやるから」
ハルヒ「待って! あたしがやる!」
キョン「? いいけど、俺の指示じゃ下手ってお前が」
ハルヒ「最後だから! ほらもうこうなったら願掛け! こうやって」モゾモゾ

キョン「……狭い」
ハルヒ「ミスしたらキョンのせい、だからね!」モゾモゾ
キョン「あぁもう、そこで動くな。顎に頭が当たって痛い……二人羽織みたいだな」
ハルヒ「いい? レバー、動かすわよ!」
キョン「おぅ、もうなんでもいい。最後だから集中して……」


26 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 02:04:48.32 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「もぅ……ちょい、奥にっ……」
キョン「いや、このへんだ」クッ
ハルヒ「! ちょっと、何勝手に」
キョン「ずっと操作してた俺を信じてみろって、ほら次」

キョン「あっ、ちょっと行き過ぎ――」
ハルヒ「ここっ!」ピタッ
キョン「うわ、マズイだろ! 奥に行き過ぎて」
ハルヒ「ここでいいの! 横からみると、ちょっとだけ傾いてたから」
キョン「うぉぉ……だ、大丈夫か……」

ウィーン……
キョン「…」
ハルヒ「…」




コトンッ

ハルヒ「!」
キョン「!!」

27 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 02:11:58.95 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「!!!!」
キョン「やったぞハルヒ! 落ちた!」
ハルヒ「とれた! とれたわ! キョンとれた!」ピョンピョン  ゴンッ
キョン「アゴッ!」

キョン「し、舌噛んだ……」
ハルヒ「やったやった! うーん! 良かった〜♪」
キョン「……まあいいか」
ハルヒ「キョン! ほら、貯金箱!」ニコニコ
キョン「わかったわかった。はは、よかったなハルヒ」
ハルヒ「キョンも頑張ったわね! うんうん、褒めてあげるわ!」
キョン「はいはいどうも。ほら帰るぞ、中々恥ずかしいこれは」

ハルヒ「あ」
キョン「うわぁ……ちょっと小銭で重かった財布がこんなペラッペラに……ん? どうした?」
ハルヒ「ほら、あの子」
キョン「? あ、さっきメダルのトコにいた……なんか指咥えて、こっち観てるな」
ハルヒ「ちょっと行ってくるわ! キョン、先に外に行ってていいわよ!」タタタッ……

ハルヒ「おまたせ」
キョン「? 遅かったな。……あれ、貯金箱は?」
ハルヒ「……あのね……あれ、あげちゃったわ」
キョン「はぁ!?」

28 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 02:19:04.07 ID:ayCxzeb70

キョン「なっ、さっきの子供か!」
ハルヒ「うん」
キョン「お前そんな、なんでもかんでも他人にやるなよ! それにあれ、あんなに頑張って」
ハルヒ「怒ってる? そりゃ怒るわよね……ごめん」

キョン「……理由は。別に俺はかまわん、あれはハルヒのモノだし……でもちょっと怒ってるっちゃあ怒ってるぞ」
ハルヒ「さっきの子供もね。あの貯金箱欲しかったんですって」
キョン「だからって知らない子供にあげるのは」
ハルヒ「届かないのよ」
キョン「?」
ハルヒ「だから、ほら。子供の身長じゃ、クレーンマシーンに届かないの」
キョン「あ……そうか」
ハルヒ「だからね、欲しいけど遊べないから……ずっと観てたんだって。あたし達のこと」
キョン「…」
ハルヒ「知らない子供にあげるのはいけないかもしれないけど……それ知ってて、持って帰るのはあたしはちょっと……」

キョン「なんだよ珍しい。いつものハルヒなら、自分で頑張りなさい! とか言って、帰ってくるのに」
ハルヒ「だってほら、あたしもあれ……自分一人で頑張ったわけじゃないし、また今度とりにくればいいしね」
キョン「……ここで俺の金だぞって言うのも、野暮か……まあいいさ。そりゃそうだ、また来ればいいな」
ハルヒ「怒ってない?」
キョン「怒ってないさ。むしろなんかちょっといいことしたみたいで、気分がいいな。自己満かもしれんが」
ハルヒ「可愛そうだなから、今度何かプレゼントしてあげるわよ。さ、帰りましょ!」

29 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 02:25:33.73 ID:ayCxzeb70

【翌日】

キョン「おいハルヒ、ちょっと」
ハルヒ「? なによ」
キョン「これ」スッ
ハルヒ「! 貯金箱!」

ハルヒ「え? なんで? あんたまさか、学校抜けて取りに行ってたの!?」
キョン「いやいや、ずっと居たよ学校に。というかさっきまでずっと一緒に居たろうが」
ハルヒ「じゃあなんで? あ、これ……最初取ろうとしてたやつとおんなじ色……」
キョン「俺らが離れた隙にな、朝比奈さんが来てたんだとよ」

ハルヒ「え?みくるちゃんが?」
キョン「ハルヒ、俺にあの貯金箱教える前に、朝比奈さんにも相談してたんだってな」
ハルヒ「そうね。ちょっとだけ話してたわ」
キョン「で、昨日。俺達がクレーンから離れているときに朝比奈さんが来て、これ……一回で取ったんだってよ」
ハルヒ「一回で……」
キョン「何も言うな。それは俺もちょっと悔しかったわ……でさっきすれ違ってな。俺から渡してくれってさ」
ハルヒ「…」
キョン「ほらよ。ハルヒにプレゼントだ」
ハルヒ「あ、ありがと。って、みくるちゃんに言わないとね」
キョン「そうだな。……うん、良かったな」

30 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[] 投稿日:2014/09/24(水) 02:30:42.71 ID:ayCxzeb70

ハルヒ「でもこれ、はい」
キョン「え?」
ハルヒ「キョンにプレゼント!」
キョン「いやお前、これは朝比奈がお前の為に」

ハルヒ「だってこれ、あたしの気に入った色じゃないもの!」
キョン「お前……」
ハルヒ「だ、か、ら! ほら、行くわよ!」
キョン「なっ」
ハルヒ「あたしのと、みくるちゃんのお返しも! 今日は昨日よりもっと頑張らないといけないわね!」
キョン「あ、そういう……やれやれ」
ハルヒ「あとはこうなったら、有希のと、古泉君のと……」
キョン「はいストップ、その辺にしとこう」

キョン「昨日の今日だからな。あんまりお金ないぞ」
ハルヒ「無理しない範囲でね! でもほら、協力してやればいいじゃん。昨日取ったときみたいに!」
キョン「またアゴに頭突きされるのか……」
ハルヒ「ほらほら、早く行かないと! また誰かに取られるかも!」グィー
キョン「わかったわかった。なあでも、その前に何か食べに行かないか? なんか腹減って腹減って――」







                                                  終わり。

31 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY[sage] 投稿日:2014/09/24(水) 02:32:24.56 ID:ayCxzeb70

このSSは、「協力プレイ」「指を咥える」「プレゼント」の3つのお題から作りました
久しぶりに頑張って書いたけど、楽しかったです!

ではまたー!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「愛想なしの君が笑った」