提督「ジュウコンするって事を当日まで黙っていたら」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「逆に、国木田の財布はバリバリであって欲しいのだが」

ツイート

1 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:42:58.18 ID:Py5Vt41po


大和「…それで、これはどういうことですか、提督?」

提督「いや、見ての通り…だけど」

大和「…おかしいですね、大和には皆指輪を着けているように見えます」

提督「そうだね」

大和「……ケッコンは大和だけとするのでは無かったのですか!?」

提督「え?いや…戦力増強の為に、99の娘には皆――」

大和「どういう事ですかぁ!?」ガシッ

提督「ぐえっ!?」

大和「大和という物がありながらなぜこんな事をするのですか!?」ガックンガックン

提督「ちょ、頭シェイクするのやめて、落ち着こう」

大和「落ち着いていられませんよ!まさか提督がこんな浮気症だったなんて!」

提督「いや、だからさ、俺の話も聞いてくれ」

3 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:44:51.59 ID:Py5Vt41po


加賀「…そうですよ、大和」

大和「加賀さん…?」

加賀「先程から、見苦しいです」

大和「な…、だったら、加賀さんは良いんですか!?」

加賀「勿論、少し複雑な想いはあります」

大和「だったら――」

加賀「ですが、私は提督にちゃんとジュウコンの旨を聞きましたから」

大和「そうだったんですか!?」

加賀「ええ」

大和「……その上で受けたのですか?」

加賀「はい、最初は私も何言ってんだこの浮気野郎と思いましたが」

4 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:46:25.42 ID:Py5Vt41po



加賀「『加賀、俺も辛いんだ、本当は君だけを見ていたいのに』」

加賀「『…提督』」

加賀「『でも、俺の中では君が一番だから……って、加賀なら言わなくてもわかってくれるだろうけどさ』」

加賀「『…ええ、勿論よ』」

加賀「この後、激しく情愛を燃やし―」

提督「ストーップ!何捏造してんだおい!そんな事言ってねーぞ!」

加賀「…違ったかしら?」

提督「全然違うだろ!」

加賀「おかしいわね…」

提督「…おかしいのはお前の記憶だ…」

大和「……………そんな…」

提督「だからお前も本気にするなよ!」

5 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:47:21.80 ID:Py5Vt41po


瑞鶴「相変わらず必死ねー、加賀さん?」

加賀「…瑞鶴」

翔鶴「…こ、こら…瑞鶴…」

瑞鶴「頭の中身だけはいつまでたっても幼…ああ、若々しいみたいで、羨ましいわー」

加賀「…何が言いたいの?」

瑞鶴「べっつにー、言われてもない発言を捏造までしなきゃいけないなんて、大変だなーって」

加賀「………あ?」

翔鶴「ず、瑞鶴!」

瑞鶴「ふふーん、いやいや、そんな睨まないでくださいよー」

加賀「…………殺す」

提督「落ち着けって加賀、弓は味方に向けて構える物じゃない」

7 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:49:11.00 ID:Py5Vt41po


加賀「……というか、よく考えたら貴女だって立場変わらないじゃない」

瑞鶴「ま、そういうと思ったわよ…でもね」

瑞鶴「これを聞いても、まだそんな事が言えるのかなー?」

加賀「…?」

瑞鶴「…ふっふーん♪」カチッ

『……わかったよ、言う、言うから』

『…俺が一番好きなのは、瑞鶴だから』

『……だから、この指輪を受け取ってくれ』

『…これでいいか?』

加賀「……………な…」

大和「………な、な、なっ!?こ、これは――」

8 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:50:14.24 ID:Py5Vt41po



翔鶴「……どういうことかしら、瑞鶴?」ガシッ

瑞鶴「…へ?しょ、翔鶴ねぇ?」

翔鶴「どういうことかしら、瑞鶴?」

瑞鶴「いやあの、目怖い…」

翔鶴「どういうことかしら、瑞鶴?」ギュゥゥゥ

瑞鶴「…か、肩に手、食い込んでるって…」

提督「…あーいや、これは言わされただけだ」

瑞鶴「ちょっと、提督さん!?」

加賀「…言わされた?」

提督「おう、何か言ってくれたら受け取るって」

提督「……つーか、言ってくれなきゃ受け取らないって」

9 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:50:45.78 ID:Py5Vt41po



翔鶴「……そうなの?」

瑞鶴「………はい」

大和「……」ホッ

加賀「………ふっ、あははは…」

加賀「…捏造より質悪い事してるわね、貴女」

加賀「ねぇ、瑞鶴さん?ああ…私も羨ましいわ、そんな物を誇れる面の皮の厚さが」

加賀「挙句の果てに言った本人に真実をバラされるなんて…」

加賀「…………滑稽、ね」フッ

瑞鶴「…………うー……」

翔鶴(………別に加賀さんの立場が良くなった訳じゃないのに何でそんなに偉そうなんでしょう…)

加賀「…何か言った?」

翔鶴「い、いえっ!何も!あははは…」

10 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:51:30.53 ID:Py5Vt41po



大和「……って、本題を忘れないでださい!」

大和「今は提督が、何で皆に指輪を渡したのかという事を聞いているんです!」

提督「ああ、だから説明するって言ってるだろ、あのな――」

北上「そーそー、焦らない焦らないーっと」

提督「…北上、ちょっと黙っててくれ、お前が会話に介入すると終わらなくなりそうだ」

北上「そんなに邪険にしないでよー、てーとくー」

北上「アタシが一番最初に指輪、貰ったのにさー」

加賀「………一番最初…?」

大和「それは本当なんですかっ!?」

提督「近い、大和、近いから」

11 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:52:18.05 ID:Py5Vt41po



北上「うむうむ、本当だよー」

提督「レベル99になったのが一番早かっただけだって」

北上「いやいや!それが愛でしょ!」

北上「アタシってば提督に一番使われてる娘だからねー!」

提督「変な言い方するな!」

北上「…てへっ」

提督「というより、渡したのは確かほぼ2人同時だったろ」

北上「……あっれー?そうだっけなー?」

提督「…だよな、大井?」

大井「……そうね」

瑞鶴「…うわっ!?…居たんだ」

大井「…居たわよ」

13 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:53:13.72 ID:Py5Vt41po



加賀「……こう言っては何だけど、意外ね」

大井「意外?」

加賀「ええ、貴女はレz……ごほん、提督に興味が無いのかと思っていたけれど」

大井「あら、そんな事は無いわよ」

大井「…一応、信頼はしていたわ…でもね」ガシッ

提督「…へ?」

大井「ねぇ?何で約束を破ったのかしら?」

大井「言ったわよね、裏切ったら沈めるって」

大井「ねえ、何で裏切ったの?」

大井「私と北上さん以外に手を出したら許さないって言ったじゃない?」

14 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:54:16.16 ID:Py5Vt41po



北上「お、大井っちー?」

大井「北上さん、北上さんも許せないわよね?」

北上「あ、いやー…ち、ちっとやりすぎじゃないかねー…?」

大井「うふふ、北上さんったらやっぱり優しい」

大井「…それに引き換え…」

大井「ねえ、何でずっと黙ってるの?答えてよ」ギュゥゥゥ

大和「ちょ、ちょっと!それじゃ提督が喋られませんよ!というか窒息してしまいますから!」

提督「……ごほっ、ごほっ……あー…死ぬかと思った」

大井「私は殺す気でしたよ?」

大井「だって約束を破ったらいけないじゃないですか」

大井「そんなの許されない、許されていいはずがありません」

15 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:55:25.44 ID:Py5Vt41po



提督「…あのな、お前らは勘違いしてる」

大井「勘違い?勘違いってなんですか?そうやって口先で誤魔化そうとするんですか?」

提督「だーかーらー!良いか!俺は別にお前らに恋愛感情だとかそういうのを持ってケッコンカッコカリを申し込んだ訳じゃない!」

大井「…………は?」

提督「だいたい上層部が悪いんだ…こんな誤解されて当然のシステム名にしやがって…」

大和「…あの、提督、…どういう、ことでしょうか…?」

提督「…このシステムの主な効果はな、お前らを今までよりも遥かに高い練度に引き上げられるようになるって事なんだよ」

提督「効果の媒体となるのがその指輪ってだけで…」

提督「…書類やらなんやらは完全に開発部の遊びだ」

提督「……なんでこんなもんにしたんだっつーの…ただの装備とかにしてくれりゃあ良いのに…」

16 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:56:20.59 ID:Py5Vt41po


加賀「……つまり」

加賀「…提督は、ただその効果のためだけに私達にケッコンカッコカリを申し込んだ、と?」

提督「…そうだ」

提督「というか北上、お前には最初にそう伝えたろ!?」

北上「んー?あれー、そだっけー?」

提督「…北上てめえ……」

瑞鶴「…でも提督さん、だったら何で私達には最初からそう言わなかったの?」

提督「いや…北上の次に大井に渡したらさ」

提督「……さっきみたいに、物凄い事になったもんで」

提督「こりゃ何も言わずにとりあえず受け取って貰うだけで良いか、と」

大井「……だ、だったらむしろ訂正して下さいよ!」

大井「そしたら私だって変な勘違いしなかったのに…」

提督「あの場で『いや、そういう感情をお前に向けたことはない』とか言ったら殺されそうな空気だったじゃねーか!」

大井「………確かに」

北上(…否定しないんだ…)

17 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:57:03.41 ID:Py5Vt41po



加賀「………はぁ」

加賀「…何と言えばいいか…気が抜けた気分です」

瑞鶴「……私も」

加賀「ああ、そんな理由で渡されたとも知らずに自作自演していたどこかの娘はとても可哀想ですね」

瑞鶴「…はぁ!?何よ、そっちこそアホみたいな妄想してたくせに!」

翔鶴「ま、まぁまぁ2人とも…」

瑞鶴「…そうだ、そういえば翔鶴ねぇも指輪貰ってるけど、どんな感じで貰ったの?」

翔鶴「え?どんな感じって、別に普通に…」

加賀「逃げるつもりかしら?」

翔鶴「い、いえ…そのような…」

瑞鶴「皆話してるんだから話そうよ、翔鶴ねぇ」

翔鶴「え、あの、瑞鶴…壁に追いやるのは…やめて、ね?」

加賀「ほら、さっさと話しなさい」

翔鶴「……か、加賀さんまでそんな…」

18 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:57:57.91 ID:Py5Vt41po


大和「………良いのですか?あれ」

提督「…翔鶴には悪いが、俺から矛先が逸れるのは大歓迎だ」

大和「……酷いお方ですね」クスッ

大和「…そういえば、大和はまだ指輪を貰っておりませんが…」

提督「………ああ、そうだったか、すまん」

提督「…ほら、この封筒の中に書類と一緒に入ってる」

大和「ありがとうございます…では、早速着けてみますね」

提督「あ、いや、待て、それは一度自室に帰ってから」

大和「………?」ガサガサ

大和「…あの、入れる物をを間違えておられませんか?」

大和「指輪、2つ入ってますけれど……後、書類の他に…手紙が…」

大和「…って、提督?どこへ行かれるのですか!?提督ー!」

19 名前: ◆z5EwvA1BT6[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:58:28.27 ID:Py5Vt41po

終わり
ガチ修羅場なんて書けぬよ
依頼出してくる



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたのペニスをフェラすることはできない」