【艦これ】カセットプレイヤーの回想


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「床オナ気持ちい!超気持ちい!!」

ツイート

1 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:36:34.69 ID:Wn1ubebS0

初ssです。

*シリアス
*轟沈ネタあり

駄作上等。
十数レスでおわります(多聞)。

2 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:37:04.24 ID:Wn1ubebS0








録音テープ1───捕虜への尋問







3 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:37:36.88 ID:Wn1ubebS0



バッシャーンッ!!!


『カハ…ッ』


「起床時間だ」


『貴様…ッ』ゲホッ


「おはよう。私はお前の大嫌いな、"提督"さまだ」



4 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:38:17.36 ID:Wn1ubebS0


「さっきのは海水だ。浴び慣れているものだろう、そんな嫌な顔をするな」


『殺…セ』


「口を開けばそれだな」ハァ

「辛いだろう、苦しいだろう。しかしお前はその苦しみから逃れる術を、知っている筈だ」

「ただ私の質問に答えてくれるだけでいい、それでお前は楽になれる」


『貴様ニ話スコトナド何モ無イ…ッ!!』ギリッ


「強情だな」

「一体誰に、どう唆されたのか、ひどく気になるものだ」



5 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:39:09.56 ID:Wn1ubebS0




バヂィッ!!



『ガあ゛ァッ!?』ガクンッ


「これで何回目だろう。お前は中々口を割ってくれないな」


『…ッ!!』


「お前をそこまで辛抱強くさせるモノは一体なんだろう」

「いつか解放されると思う"希望"か。それとも、こんな理不尽なことは有り得ないと思う"逃避"か」

「…こんな状況であっても、いつか救いが来ると、本気で思っているのか」


『黙レ…』


「みんなそうだ」ペタ


『……ッ!!!』


「死ぬ直前までそうなのだ」


6 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:39:49.23 ID:Wn1ubebS0



『……』


「皮肉なモノよ」

「お前はとても、とても強く、私達を憎んでいるのに」

「そんなお前は、"私達によく似ている"」


『黙レ…黙レ黙レ黙レッ!!!』ガチャガチャガチャッ!!!


「間違ってはいまい」

「現にお前は、まだ死んでない」

「いつだって首を掻き切れるよう、片腕だけは拘束していないのに」

「いつだって舌を噛み切れるよう、口だって自由にしてあるのに」

「ふむ。はて、何故だろう? 何故お前はまだ死んでいない?」


『……ッ』


7 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:40:57.84 ID:Wn1ubebS0


「そうだ」

「お前はいつだって死ねるのに死ななかった」

「お前は死ぬコトに恐怖を感じた」

「だからこそ、ありもしない希望を見据えて、きっと救われると信じて、苦痛をただ耐え忍んでいた」

「…ふふ。まるで、"私達"の映し鏡だ」


『黙…レ…っ』




「私達は、同じだ」


『呆ケルナ…ッ! 人間風情ガァ!』

『貴様ラノヨウナ屑ト、我々深海棲艦ヲ一緒ニスルナ…ッ!』


「…違うな。そんな事を聴きたいんじゃない」


8 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:41:40.44 ID:Wn1ubebS0




バヂィッ!!



『───ッウ゛ァあ゛…ッ!!?』ガクガクッ


「感傷的は大いに結構」

「だがお前はまず、私の質問に答えなければならない」

「…もう一度よく考えてくれ。お前はいま、なにをすべきなのかを、な」



ブツン


9 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:43:03.91 ID:Wn1ubebS0







録音テープ2───尋問中







10 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:44:19.08 ID:Wn1ubebS0


「まだ生きているのか」


『……』フーッ


「往生際の悪いことだ。もう諦めてはどうだ」


『……』


「何か喋れ」ゲシッ


『グゥッ…!!』


「唸り声じゃ分からない。言語を喋ってくれ」




『──ロ』


「何だって? もう一度頼む、よく聞こえなかった」


『…地獄ニ、堕チロ』


「……」ブンッ



バギィッ!!


11 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:45:15.60 ID:Wn1ubebS0



『──あ゛ァ゛ッ…!?』ドシャァ


「はぁ」

「それが肉体的にも精神的にも、疲弊しきっているはずのお前が」

「限界の底まで頑張って、やっと絞り出した文句なのか」



「…とんだ期待ハズレだ」


12 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:46:05.61 ID:Wn1ubebS0



『……』ガチガチ


「私を見ろ、深海棲艦」


『……』


「こっちを見ろ」


『…』ビク


「…こ っ ち を 見 ろ」グイッ


『……ゥ』


「地獄に堕ちろ、か」

「そんな分かりきった事を、今更お前はわざわざ宣うつもりなのか」


『…』ブルブル


「…笑わせるな」ガゴッ!


『!!』ビクゥ



13 名前: ◆aNVlJMpxbA[sage saga] 投稿日:2014/06/22(日) 18:46:43.81 ID:Wn1ubebS0


「安心しろ私達以下の。そう、お前の言う"屑"以下の脳味噌にも、ちゃんと理解できるよう、懇切丁寧に教えてやる」


「戦争という行為に走った時点で、私達は全員地獄行きだ」

「敵味方など関係無い」

「私達は皆揃って地獄に堕ちる」

「皆仲良く、この"いのち"が尽きても」

「ずっと、ずっーと、私達は一緒だ」


『…』ガタガタ





「ああ、"おれ"達はずっと一緒だ」


「…おれが死ねば、また彼女に」



ブツン

17 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:06:34.55 ID:Wn1ubebS0






録音テープ3───艦娘の定時記録から抜粋






18 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:07:11.00 ID:Wn1ubebS0


「ヴァイタルチェックに異常なし」

「反抗的な態度は消失、尋問の効果は高いと思われる」

「依然として、有益な情報はなし」


「今日はあの男ではないのかと尋ねられた」


「その通りだと答えると、捕虜は妙な顔をした」

「落ち着きを見せない様子で、ずっと扉を眺めていた」

「…?」


19 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:08:04.23 ID:Wn1ubebS0



「―――何にせよ」

「過度の尋問は自白の"芽"を潰す恐れがある」

「まさか提督が、それを見誤ることはないであろうが…」


「必要事項を提督に申請───out」



ブツン


20 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:09:40.21 ID:Wn1ubebS0







録音テープ4───捕虜と提督について、艦娘達の会話







21 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:10:45.42 ID:Wn1ubebS0


「お疲れ様です」


「ああ、貴女でしたか」フゥ


「…大丈夫ですか?」


「"捕虜の経過報告"」

「…いい気分にはなりませんね。仕事ゆえに、仕方ありませんけど」


「はは…そうです、よね」


22 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:11:24.11 ID:Wn1ubebS0



「―――意見を求められました」


「え?」


「"お前の意見を聞かせてくれ。全てを聴き出したら、奴をどう処分すればいい"、と」

「"どう処分して欲しい"、と」


「……」


「…貴女は、どう思いますか」


「…分かりません」


「私も同じです」

「あの人の問いに、何と答えればいいのか。何と答えるのが正解なのか」

「妙なものでした。あの人の人間性は知っている筈なのに」

「…あの人が、時々分からなくなる」



23 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:12:20.68 ID:Wn1ubebS0


「…分かります、その気持ち」

「あの人は捕虜を、これからどうするんでしょう…」


「…いつも通り、でしょうね」



「情報を吐くまで、ずっと」



ブツン

28 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:34:21.63 ID:Wn1ubebS0






録音テープ5―――捕虜の自白






29 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:35:12.44 ID:Wn1ubebS0


バッシャーン!!


『ゥグ…っ』


「お前が此処に来て、もう数日経つ」カランッ

「私としては、尋問の手を緩めたつもりはなかったのだが」


『……』ゲホッゴホッ


「なのにお前は口を割らない。大したものだ」

「お前の仲間は、お前のような仲間を持てて、さぞ幸福だろう」


『…』


「だが、私達としてはそうではない」

「お前が仲間を想うほど、私は不幸になる」



30 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:37:04.10 ID:Wn1ubebS0


『……』ピクッ


「お前の魂胆は分かっている」

「お前が今、私に出来る最大の反抗は、"私の質問に何も喋らないこと"」


『……』ギロ


「そう睨むな」


スタスタ

ストンッ


「はぁ…」コシカケ


「どうやら、今までの尋問は全て無駄だったようだ」


『…?』


「お前の仲間を想う、その気持ちを崩すことは不可能に近い」

「このままでは、お前は絶対に口を割らない」

「私だって、お前と同じことをするはずだからな」


31 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:40:13.86 ID:Wn1ubebS0


【手錠を外す音】



『…何ノ、真似ダ』


「お前への尋問を中止する」


『ナン…ッ!?』


「いままで世話になった。今日でお別れだ」

「よかったな、もう忌々しい私の顔を拝まずに済む」

「…まあ、お前の処分については、随時報告する」スタスタ




『―――ナノカ』


「む?」ピタッ


『…ワタシヲ見逃シタトシテ、貴様ハ…』

『貴様ハ、ワタシ達ノ仲間ニ、マタ同ジコトヲ繰リ返スツモリナノカ』ケホッ


32 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:41:14.31 ID:Wn1ubebS0


「そうなるな」


『何故ダ…』

『ソノ連鎖ガ、イッタイ何ヲ生ム…?』


「お前の疑問も確かだ」

「ハッキリと言わせてもらおう。この連鎖は、何も生みはしない」



「元より、私はもう、何かを生み出す気はない」


33 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:45:33.01 ID:Wn1ubebS0


『…? ドウイウ…』


「私は、この戦争を終わらせたいのだ」


『……』


「信念も、思想も何もない。ただ双方が犠牲を払い、大切な"もの"を失うだけ」

「そんな意味のない戦争を、私はもう、終わらせたいのだ」




「私とて、誰かが死ぬのは怖い」

「誰かが死んで、誰かが哀しむのが怖い」

「私も二度と、そんな哀しみを味わいたくはない」


34 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:46:46.12 ID:Wn1ubebS0


『…本当ニ』



『本当ニ、コノ戦イヲ終ワラセテクレルノカ』


「…お前の為ではない」

「だが、お前と少しだけでも分かり合うことが出来ればと」

「お前の中に、少しでもこの戦争を終わらせたいと願う心があるのならばと」

「そう思っただけだ」




『……』


「もういいか。私はこれで失礼す――」


35 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:48:54.79 ID:Wn1ubebS0


『―――待テ』


「…?」



『…ソノ海域ノ配備戦力ハ、知ッテイル』


「…ほう」ニィ


『…オマエヲ、信ジテモ、イイノダナ?』


「それは、お前次第だ」


『……』フゥー


36 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:51:34.16 ID:Wn1ubebS0






『ワタシノ、仲間達ハ―――』




ブツン

38 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:52:54.79 ID:Wn1ubebS0






録音テープ6───尋問終了





40 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:55:21.44 ID:Wn1ubebS0


「よく頑張った」パチパチ

「お前は仲間を売ったが、正しい行いをしたのだ。恥じることはない」


『……』ギュ


「よく話してくれた、ありがとう」

「お前はもう自由になるべきだ」


『……』




「だが、このままお前を仲間の元に帰せば」

「お前はきっと、仲間から糾弾されてしまうな」


『…っ』


「実に非条理だ。お前はここまで頑張ったのに、それなのに」

「仲間から裏切り者と罵られ、また苦しむ事になるのは」

「実に、非条理だ」


『……』


41 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 19:57:28.45 ID:Wn1ubebS0


「お前は何も間違ってない」

「だから、人の言葉に寄り添えばいい」

「お前の"提督"は、何と言った?」ペタ


『……ゥぁ…』グスッ

『ウ、ぁアァ…』ポロポロ


「……ふふ」



「それでいいのだ」



ブツン

45 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:30:11.35 ID:Wn1ubebS0






録音テープ7───艦娘のブリーフィング記録。(日付は尋問終了後)






46 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:31:28.51 ID:Wn1ubebS0


「提督の尋問の結果、捕虜が自白した」

「偵察部隊の推算とも一致。虚偽の有無は杞憂に終わる」

「準備が出来次第、実戦部隊は本作戦を開始。私達は迅雷を以てこれを撃滅する」

「情報が多い分、作戦の進行も早まるだろう」


「捕虜の部屋からは、もう何も聞こえなくなった」

「捕虜も、何処かへ消えてしまった」


47 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:32:49.15 ID:Wn1ubebS0



『"お前たちの関知しないことだ"』

『"細かい事は私に任せて、気にせずお前達は全力で頑張ってくれ"』


「優しい微笑みを浮かべて、提督はそう言った」

「いつもと変わらないその表情に、私達は安心して任務に臨む」

48 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:35:38.84 ID:Wn1ubebS0


「提督が私達を笑顔でおくりだす」


「普段と何も変わらない、いつもと同じことだった」



「…提督のその目から、何も読み取れなかったのも」

「いつものことだった」



ブツン

49 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:38:11.18 ID:Wn1ubebS0






録音テープ8―――艦娘の日記記録。(日付は作戦終了数日後)






50 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:40:41.66 ID:Wn1ubebS0


「提督は一人になると、桟橋から海を眺めていた」

「そしていつも、決まった時間に、落ちる日に向かって左手をかざしていた」


「何かの、験担ぎのようなものなのだろう」


「気にかかったのは、雨の日ですら、傘も差さずに、それを行っていたことだった」




「慌てて傘を差し出すと、びしょびしょになっていた提督は、少し驚いたような顔をして」

「"世話をかけて済まない"と、笑ってみせていた」


「提督の顔を流れるものが、雨なのか涙なのかは分からなかった」


「…提督はいつもそうだった」


51 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:46:44.86 ID:Wn1ubebS0


「私達を笑顔で見守って」

「私達が何か悩んでいれば、誰よりも早く気づいてくれて」

「私達が泣いていれば、泣き止むまで一緒にいてくれて」

「私達の相談には、まるで自分のことであるかのように思ってくれて」


「ずっと、私達とともに戦ってくれている」


「否定しようのない、まさに理想の存在」


52 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 20:49:15.70 ID:Wn1ubebS0


「…だから、たまに不安になる」

「不安、懐疑と言ってもいいかもしれない」


「提督は」

「何故、私達を大切に想ってくれているのだろうか」

「その裏には、なにか理由があるのではないか」


「…時々、そう考えてしまう自分が嫌になる」




「…私達は、提督のことを信頼こそすれ」


「提督のことを、私達は何も知らないのかも」



ブツン

53 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:02:19.82 ID:Wn1ubebS0






録音テープ9―――???????(日付不明)






54 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:03:49.01 ID:Wn1ubebS0


「……」


「あれから、月日が経った」

「だが君は、もう帰ってこない」


「ともに幾度となく戦火に身を焦がした」

「そんな君は、もうどこにもいない」


「此処には活気が戻った」

「その中に君は、もういない」


55 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:05:16.72 ID:Wn1ubebS0


「願わくば、君とともに逝きたかった」

「だがおれは、逝き遅れてしまった」


「いま、おれと君を繋ぐものは」

「この錆びついた、金属の輪っかだけ」


56 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:06:18.74 ID:Wn1ubebS0

「……」

「そうだな」



「おれはまだ死ぬわけにはいかない」


「君の無念を海の藻屑にはしない為に」


「おれが、君を愛したままの"おれ"である為に」


57 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:08:15.43 ID:Wn1ubebS0


「…たとえ、どれだけ遠く離れていようとも」



「おれは常に、君とある」



ブツン


―――【記録終了】

58 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:10:15.81 ID:Wn1ubebS0


―――【巻き戻し音】

―――【録音開始】


59 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga] 投稿日:2014/06/22(日) 21:12:39.35 ID:Wn1ubebS0

「おれ達は愛するものを失った」


「だが、その恨みと復讐の矛先は深海棲艦――――目先の相対敵ではない」



「おれ達が消し去るべきは」



「…おれから彼女を奪った、この戦争そのものだ」

ガチャッ


―――【録音終了】

60 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga sage] 投稿日:2014/06/22(日) 21:15:52.12 ID:Wn1ubebS0

おわり

変な方向に狂った提督を表現したかった。
どっかの潜入ゲーの影響受けすぎだってハッキリわかんだね。

読み返したら意味不明な箇所ばっかじゃないか…(呆れ)
十数レスとか大嘘やんけ。

長々お付き合い頂きありがとうございました。

摩耶様撫でてきます


64 名前: ◆aNVlJMpxbA[saga sage] 投稿日:2014/06/22(日) 22:19:55.90 ID:Wn1ubebS0

拷問シーンの他バージョンとかネタには事欠きませんが、それはまたいつぞやの機会に…

依頼出してきます



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンのチンコ激写したら1万円よ!!!」