阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルフィ「今度こそ……こいよウソップ…」ウソップ「…いいのか」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 04:23:01.10 ID:XmOFIyqDO

コナン「はあ?自分でやれよ」

阿笠「わしじゃ手が届かないんじゃよ」バタバタ

阿笠博士は、おもむろに麗しい尻をコナンに見せつけ自分の手が届かないことを見せた

コナン「バ、バーロー!!きたねえケツ見せんな!!」

阿笠「なっ!!そんな言い方ないじゃろ!!」

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 04:26:29.67 ID:XmOFIyqDO

阿笠「は、早く塗らんとわしの痔が悪化してしまうんじゃ!!」

コナン「んなもん!!知るか!!」

阿笠「じゃったら罰としてわしの発明没収するぞい!!」

コナン「ああ!博士のケツに薬塗るくらいならな!!」

コナンは博士の発明を全て返した

阿笠「仕方ないのう。別の人に頼むかのう」

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 04:31:15.88 ID:XmOFIyqDO

とある道路

元太「あっ!博士!奇遇だな!」

阿笠「おっ!元太君か!そうじゃ!!」

元太「?」

阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」ヌギッ

元太「は、博士!んなもん見せんな!!」

阿笠「た、頼む!うな重ご馳走するから!」

元太「い、いらねえよ!!!」

元太は逃げ出した

阿笠「あっ!こら!元太君!!」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 04:35:10.34 ID:XmOFIyqDO

とある道路2

歩美「あっ!博士!こんにちはー!」

阿笠「おう!歩美君。こんにちは……そうじゃ!」

歩美「?」


阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」ヌギッ

歩美「キャーーー!!!!!」

阿笠「こ、これ大声を出さんとくれ……恥ずかしいじゃろ」

歩美「いやーーー!!!」
歩美は逃げ出した

阿笠「あっ!これ!歩美君!!」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 04:41:42.56 ID:XmOFIyqDO

とある道路3

灰原「あら?博士じゃないの」

阿笠「おー!哀君か。いま買い物帰りかのぅ?」

灰原「ええ。そうよ」

阿笠「じゃったら……」

灰原「?」

阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」ヌギッ

灰原は一目散に逃げ出した

阿笠「変じゃのぅ?どこにいったんじゃ?」

阿笠「まっ、まさか!?黒の組織に誘拐されたのか!?」ピッポッパ

阿笠『し、新一〜!!哀君が組織に誘拐されたわい!!』

コナン『!!ホントか!?』

阿笠『ああ!わしがアナルを見せとる最中に誘拐されたようじゃわい!』ガチャ

電話は切られた

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 04:45:47.69 ID:XmOFIyqDO

警察署

高木「え〜!!変質者ですか!?」

目暮「ああ。さっき通報があったよ。どうやら小学生を中心に自分の尻を見せて決め台詞をいう老人らしい」

佐藤「こんな変質者に出会ったら、トラウマを植え付けられるわ」

目暮「よし。佐藤と高木で変質者を捕まえとくれ」

高木佐藤「了解!!」

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 04:54:00.63 ID:XmOFIyqDO

とある道路4

阿笠「あれ以来100人ぐらいに聞いても誰も塗っとくれんわい」

光彦「博士じゃないですか!こんにちは」

阿笠「おう、光彦君か。そうじゃ!」キラーン

光彦「?」

阿笠「わしのアナルに薬塗っとくれ」ヌギッ

光彦「ひっ!!い、嫌です!!」

逃げ出す光彦!

阿笠「逃がさんぞい!」ピシッ

光彦は麻酔銃でうたれ眠ってしまった。その後阿笠は光彦の鼻に痔の薬を塗った

阿笠「これでいいじゃろ。それ!」

阿笠は光彦の顔面に自分のアナルをつけた

アナル「う〜むうまいこと塗れんのう」

阿笠のあまりに強烈な臭いで光彦は死んでしまった

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 04:57:55.75 ID:XmOFIyqDO

しばらくして

高木「あっ!佐藤さん!人が倒れてます!!」

佐藤「ちょっと!!あれって光彦君じゃない!?」

光彦の死体は解剖の結果強烈な臭いを嗅いだ結果のショック死であると判断され、顔についていた物質から変質者との関連が有力視された

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 05:05:47.78 ID:XmOFIyqDO

とある道路5

小五郎「あ〜あ〜パチンコですっちまったな」


阿笠「おう、毛利君ではないか」

小五郎「あっ、これは阿笠博士。」

阿笠「毛利君すまんがちょっといいかのぅ?」

小五郎「何でしょうか?」

阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」ヌギッ

小五郎「ええ。いいですよ」

阿笠「おう!すまんのぅ毛利君。これが薬じゃ」

小五郎「どのへんですか?」

小五郎が阿笠のアナルに顔を近づけた

阿笠「」ブッ!

阿笠「すまんのぅ。毛利君」

小五郎「」

小五郎は阿笠の強烈な屁によって死んだ

阿笠「毛利君は眠ったようじゃのぅ。眠りの小五郎じゃから仕方ないのぅ。」

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 05:15:41.36 ID:XmOFIyqDO

とある道路6

ベルモット「どうしたの?ボス」

阿笠「ベルモットか。すまんのぅ」

ベルモット「任務かしら?」

阿笠「そうじゃ。」

ベルモット「誰に化ければいいのかしら?」

阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」ヌギッ

ベルモット「はあ?」

阿笠「わしのアナルに薬を塗っとくれ」

ベルモットは戸惑った。ボスの命令と人としての尊厳の間で。

その混乱の中ベルモットの出した結論は

ベルモット「おらぁ!!!」

バーボン「ひぎぃ!!」

車に乗っていたバーボンを頭から突っ込み自分は逃げた

阿笠「ま、待つんじゃ!!ベルモット!!バーボンは薬じゃないぞい!!」

阿笠「なっ!?」

阿笠は気づいた

阿笠「ズ、ズボンがはけんわい!!」

仕方ないので全裸で街を歩いた

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 05:21:50.19 ID:XmOFIyqDO

しばらくして

目暮「うむ。そうか」

白鳥「どうしたんですか?警部」

目暮「いま、街に下半身を露出した老人が徘徊していると通報がきた。例の変質殺人鬼との関係は不明だがおそらく同一犯だろう」

白鳥「わかりました。すぐいきます」

目暮「待て!変質殺人鬼は人質をどうやら自分の肛門につっこんでるらしい。」

白鳥「!!」

目暮「人質の安否が最優先だ」

白鳥「わかりました」

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 05:30:22.72 ID:XmOFIyqDO

とある道路7

高木「あっ!阿笠さん!」
阿笠「高木刑事か」

高木「この辺で下半身を露出している老人見ませんでしたか?」

阿笠「わしじゃよ!」

高木「ホ、ホントだ!?た、確かに露出している!!まさか!?あなたが犯人!?」

阿笠「違うぞい。わしには理由があるんじゃよ」

高木「理由?」

阿笠「ほれ」

阿笠は後ろを向いた

高木「ひ、人がつっこまれてる!?」

阿笠「いたずらでつっこまれてのぅ。すまんが抜いとくれ」

高木「わ、わかりました」

21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 13:19:05.68 ID:XmOFIyqDO

高木「ふぬぬぬぬ!!!!」

阿笠「ひぎいいい!!!」
高木刑事はバーボンを思いっきり引っ張った。しかし、バーボンが抜ける気配は全くしない。

阿笠「い、痛いぞい……」

高木「ダ、ダメです。抜けません」

コナン「何やってんだ?博士」

阿笠「おおう!新一か」

高木「新一?コナン君じゃなくて?」

阿笠「気にしたらいかんぞい」

高木「わ、わかりました」
阿笠「見とくれ。わしのアナルにバーボンがつっこまれてのぅ」

22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 13:26:48.04 ID:XmOFIyqDO

コナン「ったく。キック力増強シューズあるか?」

阿笠「あるぞい。ホレ」

コナン「ちょっと借りるぜ」

阿笠「な、何をする気じゃ?」

コナン「昔っから言うだろ。『押してもだめなら引いてみろ』つまり、引いてもダメなら押し込めばいいんだよ!!」キリキリ
阿笠「ま、まて!!待つんじゃ!!」

コナン「いっけえ!!!」
バーボン「!!?」

阿笠「ひぎいい!!!!」
コナンはバーボンのアナルを蹴った。
その結果、バーボンは、阿笠博士に完全に取り込まれた。

コナン「な、なんだこれ!?」

コナンが思いっきり蹴ったため、コナンの右足がバーボンのアナルに飲みこまれてしまった。
それは同時に博士のアナルにも飲み込まれたことも意味している

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 13:34:23.10 ID:XmOFIyqDO

コナン「ぬ、抜けねぇ!!」

高木「だ、大丈夫かい!?コナン君!!」

阿笠「心配するのは、わしの方じゃろ!!」

高木「す、すみません」

そのとき予期せぬことが

コナン「は、博士!?お、俺の体が!?」

コナンの体が急速に成長した。それと同時に着ていた服が破け全裸になった。

阿笠「ふ〜む。どうやら、わしのアナルかバーボンのアナルにアポトキシンの効果を消す物質が含まれていたようじゃな」
高木「アポトキシン?な、何をさっきから……も、もしかして、その顔は高校生探偵の……」

阿笠「新一!高木刑事の頭を蹴るんじゃ!?」

新一「OK!!」ドゴォ

高木「ウッ!!」ドピュ

高木刑事は気を失った

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 13:38:50.45 ID:XmOFIyqDO

新一「高木刑事をどうするんだ?」

阿笠「ふむ、記憶も無くしとると思うから、組織にバーボンとして働いてもらうかのぅ。色も黒いからばれんろ」

高木刑事は、阿笠博士のよんだジンに組織に連れていかれ、バーボンとして生きることになった。

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/01(木) 13:44:14.83 ID:XmOFIyqDO

翌日

目暮「なにぃ!?高木が行方不明!?」

千葉「は、はい。昨日、例の変質殺人鬼の聞き込みの後行方不明になったようです。」

佐藤「ま、まさか!?高木君は!?」

白鳥「殺された。よくて誘拐でしょうね」

佐藤「!!」

目暮「これで犠牲者は毛利君、光彦君に高木か。みんな1日も早く犯人を捕まえるぞ!!」

一同「了解!!」

27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 13:50:58.40 ID:XmOFIyqDO

とある道路8

阿笠「これは目暮警部!」
目暮「阿笠博士!む!全裸での徘徊は猥褻物陳列罪ですぞ」

阿笠「大丈夫だぞい。ほれ」

阿笠博士は確かに全裸だが、ネクタイをしていた

目暮「これは失礼。確かに全裸じゃありませんな」

新一「目暮警部!久しぶりです!」

目暮「おー!新一君か。いなくなったと思ったらそんなとこにいたのか。」

全裸ネクタイの新一が挨拶した

33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 19:01:41.64 ID:XmOFIyqDO

阿笠「すまんが、新一を抜いてくれんかのぅ」

目暮「お安いごようです」

しかし、目暮警部ですら新一の右足を抜けなかった

阿笠「無理なようじゃのう」

新一「発想を変えてみてはどうでしょう?」

阿笠「いい考えじゃな」

目暮「ふむ。なるほど」ヌギッ

目暮警部は、おもむろに脱ぎ始め、全裸になった

目暮「それ!!」ズボッ

新一「!!」

目暮警部は、新一の頭を自分のアナルに突っ込んだ

34 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/01(木) 19:09:02.83 ID:XmOFIyqDO

目暮「今まで事件に首ばっか突っ込んでた新一君もアナルに首をつっこむのは初めてだろう?」

新一は、ジタバタしている。

目暮「よいしょ〜」ヌポポ

目暮警部は、さらに新一を自分のアナルにいれた

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:09:32.05 ID:ajcGyAFDO

阿笠「ふむ、では、わしも挿れてみようかのう」ヌポポ

阿笠博士は、さらに新一をアナルに入れた

その結果、阿笠博士と目暮警部は、尻合わせの状態で、新一は左足だけ無事の状態になった

阿笠「本当の尻合いじゃのう」

目暮「そうですね」

39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:11:46.95 ID:ajcGyAFDO

元太「博士!何してんだよ?」

阿笠「元太君か」

目暮「見ての通りだよ」

元太「面白そう!俺もやるぞ」ヌギッ

元太は全裸になった

阿笠「では左足をつかいなさい」

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:15:50.01 ID:ajcGyAFDO

元太「あっ……あっ…」

阿笠「どうやら、子供には早すぎたようじゃのう」

元太のまだ未発達なアナルでは、左足はなかなか入らなかった

目暮「わしが手伝ってやろう」

目暮は、元太を押し込んだ

元太「や、やめろよ………警部」

阿笠「ほれ、しっかりせんかい」

阿笠博士も元太を押し込んだ

41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:20:04.57 ID:ajcGyAFDO

元太「くっ、くぅ!!」

元太に激痛が生じたがいつのまにか快楽も伴い始めた

目暮「だいぶよくなってきましたね」

阿笠「では、一気に押し込みますか」

二人は一気に押し込んだ

元太「アッー!!らめえええええ!!!!!」

阿笠「どうじゃ?感想は?」

元太「き、きもちいい……」

阿笠「それはよかったのぅ」

43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:23:38.35 ID:ajcGyAFDO

今、新一の右足を阿笠が、左足が元太が、そして上半身が目暮警部に突っ込まれた状態であった。
阿笠「うっ!!」

元太「どうしたんだ?博士」

阿笠「へ、屁が出そうじゃ」

目暮「別に気にしませんぞ」

阿笠「で、では思いっきりするぞい」バウッ!!

44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:27:38.25 ID:ajcGyAFDO

阿笠の屁は、昨日からケツになにかをつっこまれてたため、出るに出られなかった。
そのため、屁の量が少しずつ貯まっていき今一気に出された。

その結果、周囲に異臭と爆発が起きた

目暮「は、博士!元太君大丈夫ですか!?」

しかし、あったのは、反動でバラバラになった阿笠と爆発でバラバラになった元太と新一の姿だった。

目暮「こ、これはひどい!!」

46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:30:43.70 ID:ajcGyAFDO

佐藤「爆発が聞こえましたが大丈夫ですか!?」

目暮「おー!佐藤君」

佐藤「!!」

佐藤が見たのは、全裸になっている目暮警部だった。

佐藤「目暮警部!猥褻物陳列罪及び殺人容疑で逮捕します!」

目暮「えっ?」

目暮警部は、逮捕された

47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/05/02(金) 17:34:59.89 ID:ajcGyAFDO

その後、目暮警部は死刑になった。

春から夏は変質者が多い時期です。変質者にあったら、すぐに大声を出すか逃げましょう。
男だから大丈夫ではいけません。
何かあってからでは、取り返しのつかないことになります。

自分の身をしっかり守りましょう

48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/05/02(金) 17:38:42.31 ID:ajcGyAFDO

終わります

本当は、歩美ちゃんにアポトキシンと反対の効果のある薬を飲ませて、快楽の虜にするのを書きたかったのですが、なぜかこんなのになりました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンにドッキリを仕掛けたいと思います!」