【艦これ】日向「あー、暇だな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「土曜日か……不思議探索も中止で、暇な一日がやってきた」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:03:19.66 ID:xLMLdYdi0

【艦これ】日向「ああ、新しく入る五航戦姉妹か。よろしく頼む」
【艦これ】日向「もうこれ翔鶴に言わせろよ」

これらの続編で設定も引継ぎしてます。

今までは一気に書いて一気に貼っていましたが、今回は随時作りながら貼ります。
前にも増して意味の無いまったり展開で、ペースは一日少しずつのつもりです。

前作、前前作を読んでこのスレに到達した方は居たら是非報告下さい超歓迎します。
よろしくお願いします。

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:07:27.89 ID:xLMLdYdi0

提督「今日の秘書艦は瑞鶴だったな」

瑞鶴「時雨さんは出撃して訓練ですからね」

提督「近頃は資源の台所事情も苦しいからな。駆逐艦にも活躍して貰わねば」

瑞鶴「嫌味に聞こえます」

提督「負い目でもあるのか」

瑞鶴「まー否定はしません。総司令部に出す今週の収支報告書作るんで資料下さい」

提督「ほれ」

瑞鶴「どうも」


3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:08:23.47 ID:xLMLdYdi0

提督「ところで翔鶴は料理が上手いのか?」

瑞鶴「多分上手いんじゃないですかー。翔鶴ねぇの事だし」

提督「お前は?」

瑞鶴「それなりです」

提督「作っているのを見た事が無いぞ」

瑞鶴「必要が無いので」

提督「では後で何か作ってくれ」


4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:09:31.11 ID:xLMLdYdi0

瑞鶴「……はぁ?」

提督「……前から言いたかったが、お前、上官に対してその態度は無いだろう」

瑞鶴「提督さんが意味不明な事言うからじゃん」

提督「俺の話は理路整然、かのヒットラーが聞いて涙を流した程だ」

瑞鶴「全然面白くないです」

提督「貧乳にも冗談が分かるようレベルを落としたからな」


5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:10:08.17 ID:xLMLdYdi0

瑞鶴「最近妙にセクハラが酷いですけど。頭おかしくなったの?」

提督「お前らは俺の女だ、だから女に何をしようと俺の自由、という理屈だ」

瑞鶴「DV男そのままの思考ですね」

提督「海軍内暴力であるからNV男」

瑞鶴「面白くないです」


6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:10:56.33 ID:xLMLdYdi0

瑞鶴「大体、空母に胸の大きさを求めてどうするんですか」

提督「近頃俺の艦隊が何と呼ばれているか知っているか?」

瑞鶴「日向艦隊」

提督「そうではない」

瑞鶴「瑞鶴艦隊」


7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:11:42.92 ID:xLMLdYdi0

提督「驕るな馬鹿」

瑞鶴「正解ください」

提督「貧乳艦隊だ」

瑞鶴「どこの馬鹿がそんな馬鹿みたいな名前つけるんですか」

提督「俺だ」

瑞鶴「提督って願望と現実の区別つきます?」

提督「俺が望むのはいつだって現実だ」

瑞鶴「その望みは多分叶いませんよ」


8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:12:37.26 ID:xLMLdYdi0

提督「艦娘が女の形をしている以上どうしようもない」

瑞鶴「どうしようもないのは提督さんの方でーす」

提督「多少認めざるを得ない」

瑞鶴「大体、翔鶴ねぇだって胸は大きくないですよ」


9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:13:29.53 ID:xLMLdYdi0

提督「あれは清貧と言うべきものだ」

瑞鶴「じゃあ私の胸は?」

提督「第二飛行甲板」

瑞鶴「後でぶん殴ります」


10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:17:10.50 ID:xLMLdYdi0

提督「今は翔鶴だけの話をしているのではない。仕切り直すぞ」

瑞鶴「はいはい」

提督「先程も述べた通り我が艦隊の胸部サイズは全体的に慎ましい」

瑞鶴「……認めたく無いですが、事実ではありますね」

提督「何だその態度は。お前が足を引っ張っているんだ、もっと自覚して反省しろ」

瑞鶴「あんた会話する気無いでしょ」

提督「俺なりの愛だ」

瑞鶴「いりません」


11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 02:20:28.11 ID:xLMLdYdi0

提督「この状況を打開する方法を飛行甲板なりに考えて欲しい」

瑞鶴「提督さんの目をくり抜く」

提督「根本療法か。良い案だが実施した戦果を俺自身が確認出来なくなるので却下」

瑞鶴「提督さんの命を終わらせる」

提督「俺に構うな。泥沼の対症療法をしろ。自分の視野をもっと狭めろ」

瑞鶴「収支報告書作り終わったのでサインください」ボカッ

提督「あいたっ!!!」

瑞鶴「約束された当然の報いです」

24 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:43:23.11 ID:xLMLdYdi0

時雨「あ、木曾、丁度いいところで会った」

木曾「ん? 俺に何か用か?」

時雨「今度提督の誕生日だから皆にメッセージを書いて欲しいんだ」

木曾「メッセージぃ?」

時雨「提督誕生日おめでとう、とか。今までありがとう、とか」

時雨「昔の思い出話とか! 長くても良いよ!!」

木曾(提督との思い出、ねぇ……)


25 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:44:00.75 ID:xLMLdYdi0


〜〜
〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜


コンコン

木曾「おー、いるぜー」

提督「よっ」

木曾「おお、提督か」

提督「艤装の手入れ中だったか」

木曾「今終わった」

提督「それは丁度いい」


26 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:44:32.88 ID:xLMLdYdi0

木曾「まぁ適当に座ってくれ」

提督「邪魔するぞ」

木曾「で、俺に何か用なのか?」

提督「別に無いが」

木曾「……」

提督「……」


27 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:45:13.01 ID:xLMLdYdi0

木曾「……だったら来るな、とは言わねぇけどよ」

提督「嫌だったか?」

木曾「俺は良いけど……提督がつまんねぇだろ?」

提督「別に気にしない」

木曾「じゃあ……いいけどさ」


28 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:45:38.39 ID:xLMLdYdi0

提督「……」

木曾「……」

提督「……」

木曾「……」


29 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:46:18.45 ID:xLMLdYdi0

提督「……」

木曾「……」

提督「……」

木曾「……」

30 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:47:06.27 ID:xLMLdYdi0

木曾「……なぁ提督、やっぱ帰」提督「お前うどん好きか?」

木曾「……え?」

提督「基地の外へ食いに行くぞ」


31 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:47:36.77 ID:xLMLdYdi0

提督「温かいぶっかけ、特盛二つで」

店員「ウチの特盛かなり多いですけど、本当に食べられますか?」

提督「無論だ」

店員「りょーかいです。注文入りましたーっ! 特盛二つ!」

木曾「……提督との初めての外食がうどん屋」

提督「ん? 何か言ったか?」

木曾「なんでもねーよ」


32 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:48:06.36 ID:xLMLdYdi0

木曾「よく来る店なのか?」

提督「海軍御用達の格安うどん店だ」

木曾「格安……」

提督「不満か?」

木曾「……別に」


33 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:48:43.44 ID:xLMLdYdi0

提督「例えば、六万円のフルコースを千円で食すことが出来ればお得だろう」

木曾「……そうだな」

提督「格安というのは悪い意味ではないし、この店の味やステータスが劣るわけでは無い」

木曾「前から思ってたけどさ、アンタの例えって馬鹿みたいだ」

提督「不満があるならちゃんと言えよ」

木曾「だーから別に不満でもなんでもねぇ」

提督「……なら良いんだが」


34 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:49:31.90 ID:xLMLdYdi0

店員「特盛二つお待ち〜」

木曾「……は?」

提督「見ろ! 総計千グラム超の麺が織りなす小麦の饗宴!」

木曾「いや、食えねぇよこんなの」


35 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:50:08.71 ID:xLMLdYdi0

提督「モノは試しだ。とりあえず食ってみろ」

木曾「……」チュルチュル

木曾「!」

提督「どうだ」

木曾「……適度な濃さのダシが麺とよく絡んで食べやすい」

提督「それ即ち」

木曾「……」

木曾「これ最っ高にうめぇ!!!!!!」

提督「はっはっは」


36 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:50:36.09 ID:xLMLdYdi0

木曾「……!」ズーーーールルルルル

木曾「……」モニュモニュ

木曾「……!!」ズルルルルルル

木曾「……」モニュモニュモニュ


37 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:51:08.86 ID:xLMLdYdi0

提督「……」ニヤニヤ

木曾「ぬぅあにわわってんまよ」(何笑ってんだよ)

提督「お前、うどん似合わないな」

木曾「……ううせ」(うるせ)

提督「では俺も頂こう」


38 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:51:42.74 ID:xLMLdYdi0

木曾「結局全部食っちまった」

提督「美味かったな」

木曾「……ああ」

提督「しかもこれで一人五百円だ」

木曾「マジか!?」


39 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:52:43.87 ID:xLMLdYdi0

提督「まだ不満はあるか?」

木曾「……最初っから無い」

提督「ほー、そうか」

木曾「……しつこいんだよ」

提督「この後は少し行きたい場所があるのだが付き合ってくれるか?」

木曾「どうせ帰りもアンタの車なんだ。好きにしな」


40 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:58:02.78 ID:xLMLdYdi0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

木曾「行きたい場所って神社なのか?」

提督「ちょっと野暮用でな」

木曾「……」

提督「車で少し待っててくれ」

木曾「りょーかい」


41 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:58:44.85 ID:xLMLdYdi0

提督「待たせたな」

木曾「どんな用事だったんだ」

提督「秘密だ」

木曾「けっ」

提督「不満があれば言えよ」

木曾「……だから、無いつってんだろ!!!」

提督「なら良いんだが」


42 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:59:14.37 ID:xLMLdYdi0

提督「車に乗れ」

木曾「……」

提督「……」

木曾「……」


43 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 17:59:48.16 ID:xLMLdYdi0

提督「また食いに行こう」

木曾「……」

提督「……」

木曾「……」


44 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:00:17.02 ID:xLMLdYdi0

提督「……」

木曾「……」

提督「ちょっと遠回りするぞ」

木曾「……」


45 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:00:46.25 ID:xLMLdYdi0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

提督「着いた」

木曾「山の中じゃねぇか」

提督「少し歩く」

木曾「……」


46 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:02:42.75 ID:xLMLdYdi0

提督「ほら」

木曾「うわ……」

提督「ここからだと俺達の街が一望出来るんだ」

木曾「……港があんなに小さい」

提督「仕事をしたく無くなったらここへ来る。で、自らを奮い立たせて頑張る」

木曾「……提督も嫌になる時があるのか」

提督「時々な」


47 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:03:12.66 ID:xLMLdYdi0

提督「……」シュボ

木曾「……」

提督「……」フー

木曾「何やってんだ」

提督「見ての通り煙草だ」

木曾「アンタ、吸ってたんだな」

提督「司令部では吸わないからな。その反応は当然だ。他の奴には言うなよ」


48 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:03:45.92 ID:xLMLdYdi0

木曾「身体に悪いぞ」

提督「だな、一本吸うごとに五分寿命が縮むらしい」

木曾「何で吸うんだ」

提督「吸いたいからだ」

木曾「合理的じゃない」

提督「俺なりに合理的さ」

木曾「長生きしたくないのか」

提督「したいな」

木曾「ほら、合理的じゃない」

提督「楽しく生きる方が優先だ」

木曾「じゃあ長生きしたいなんて言うなよ」


49 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:04:16.49 ID:xLMLdYdi0

提督「少し差はあるが、二つとも大事だと言っちゃ駄目か?」

木曾「駄目だ」

提督「何故だ?」

木曾「……駄目なもんは駄目だ」

提督「参ったな。何とか見逃してくれないか」

木曾「……」

提督「俺には本当にどっちも大切なんだ」

木曾「アンタ、卑怯だぞ」

提督「人間はズルいんだよ」


50 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:04:50.97 ID:xLMLdYdi0

提督「……そうだ」

木曾「?」

提督「煙草を一本やるから見逃してくれ」

木曾「……寄越せ」

提督「契約成立だ。ほれ」

木曾「ライターもだ」

提督「はいはい」


51 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:05:28.86 ID:xLMLdYdi0

木曾「……つかねぇぞ」

提督「咥えて吸いながらでないと火はつかん」

木曾「……」シュボ

提督「吸い続けて肺に煙を入れろ」

木曾「……」スー

木曾「……」

木曾「……」ハー

提督「どうだ」

木曾「すげぇ不味いな」

提督「ははは!! 俺もそう思う」


52 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:05:55.06 ID:xLMLdYdi0

提督「普通最初はむせるのだが」

木曾「俺は機械だからな」

提督「成程」

木曾「煙草が人間の身体に悪そうなのはよく理解出来た」


53 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:06:22.82 ID:xLMLdYdi0

提督「火をくれ」

木曾「ああ」

提督「ライターはいらん」

木曾「?」


54 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:07:24.49 ID:xLMLdYdi0

提督「俺の方を向け」

木曾「……」

提督「煙草を咥えて吸え、それで先の火が強まる」

木曾「……」

提督「そのまま動くな」

木曾の口元に顔を近づけ、咥えた煙草の先同士を密着させる

木曾「……」

提督「……」

木曾「……」

提督「ほら火が着いた」

木曾「……」

提督「これがシガーキスって技だ」

木曾「……」

提督「……木曾、大丈夫か?」

木曾「……」

提督「おい火が」

木曾「……あっつ!!!!!!」

提督「どこまで吸ってんだ馬鹿、火傷するぞ」


55 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:08:01.77 ID:xLMLdYdi0

提督「お前、今日一日不満そうだったが……本当に何も無いのか」

木曾「……もういい」

提督「今回は本当に無いみたいだな」

木曾「……くそっ」

提督「さ、帰ろう」

木曾「……」


〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜
〜〜



56 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:08:42.31 ID:xLMLdYdi0

時雨「ねぇ木曾! ねぇってば!」

木曾「……ああ、わりぃ話聞いてなかった」

時雨「だから提督との思い出だよ。何かあるでしょ?」

木曾「メッセージに書くほどのは……無いな」

時雨「そっか、残念。じゃあカードだけ渡しておくから何か書いてね」

木曾「おう、わりぃな」


57 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:09:15.59 ID:xLMLdYdi0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コンコン

木曾「……どうぞー」

日向「木曾、邪魔するぞ」

木曾「……よぉ日向さん」

日向「実はお前の雷撃装備を私にも装着……煙草を吸っているのか?」

木曾「ああ」

日向「驚いたな」


58 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:10:03.44 ID:xLMLdYdi0

木曾「ほとんど吸わないし、吸っても部屋だし」

日向「引火には気をつけろよ」

木曾「ん〜」

日向「煙草なぞ、身体に悪いだけだと思うのだが」

木曾「煙草嫌いなんだっけ?」

日向「吸った事も無いが、健康にも悪い。合理的でない」

木曾「……はっ」

日向「?」

木曾「合理的なんだよ。俺なりに、だけどな」

日向「そうか」


59 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:11:00.39 ID:xLMLdYdi0

日向「木曾」

木曾「ん〜?」

日向「では煙草は……うまいのか?」

木曾「……」

木曾「すげぇ不味い」

日向「????」

日向「よく分からんぞ」


60 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/09(水) 18:12:24.60 ID:xLMLdYdi0


木曾「でも」


木曾「幸せな味なんだ」


木曾「……俺なりに」

70 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 01:46:38.25 ID:x8QTCIvU0

私の名は長月

皐月「あ、長月おはよう」

長月「……おはよう」

駆逐艦だ

文月「長月ちゃ〜ん、おはよ〜」

長月「……おはよう」

しかし、普通の駆逐艦ではない

時雨「長月、今日の出撃の事なんだけど」

長月「分かっている。旗艦は私、木曾は魚雷抜き、日向は主砲抜きで出撃だ」

皆から頼られる大人のエリート駆逐艦という奴だ


71 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 01:48:45.37 ID:x8QTCIvU0

漣「長月、すげぇです……」

翔鶴「長月さんおはようございます」

誰もが私を尊敬の眼差しで見つめる
正規空母ですら私に頭を下げる


提督「長月」

こいつは我々の上司であり、司令官であり、皆からは提督と呼ばれている

勿論私とはクールな仲だ

だから今日もクールに決めなくては

長月「提督! おはよう! 今日も私の活躍を見ていて」 提督「お前しばらく遠征な」

長月「……ん?」

提督「え・ん・せ・い」

長月「え゛ぇ!?」

クールに決めなくてはってえぇぇえぇぇぇえ遠征!?


72 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 01:52:10.47 ID:x8QTCIvU0

長月「な、何故だ司令官!?」

提督「正規空母の護衛だ」

長月「正規空母が私の護衛だろ!?」

提督「いや、逆」

時雨「もう! 魚雷も主砲もメイン武器なのに! 馬鹿な事言っちゃ駄目だよ」

文月「長月ちゃんがまた怒られてる〜」

漣「長月はマジで頭おかしいですから」

皐月「おい漣、本人の前でそんな事言うな!」

瑞鶴「おはよー皆、あ、長月さんちーっす」ナデナデ

長月「ば、馬鹿な」

……これは多分、何かの間違いだ

提督「よーし、作戦会議始めるぞー」

長月「ばかなーーー!?!??!?」


73 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 01:54:12.38 ID:x8QTCIvU0

提督「今回の遠征、囮機動部隊支援作戦の概要を説明する」

提督「南方で敵の大規模な攻勢の動きが見られる」

提督「中核となる敵機動部隊は極めて強力であり真っ向から衝突すれば損害は避けられん」

提督「そこで搦め手を狙う」

提督「陽動として空母を含んだ機動部隊で敵機動部隊を吊り上げ」

提督「その間にショートランド、ブインの連中が敵根拠地に突っ込む」

提督「今回俺達は他の基地のお手伝いという訳だ」

日向「予想される敵の戦力は?」

提督「正規空母6、超正規空母1、軽空母20、戦艦10、重巡40、以下多数」


74 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 01:56:04.51 ID:x8QTCIvU0

木曾「はっ、以下多数だとよ」

瑞鶴「ほーんと一体どこからそんなに生まれるやら」

翔鶴「提督、超正規空母とは何でしょう?」

提督「ヲ級が四倍ほど強くなったと認識してくれれば良い。見れば分かる」

提督「まぁお前達は見る事も無いだろうがな」

三隈「クマリンコ」


75 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 01:57:11.53 ID:x8QTCIvU0

提督「尚、これは現在の数値であり今後は更に増加する予定だ」

木曾「おいおいホントに勝てんのか!?」

提督「数が多いだけに補給艦もかなりの数に上る」

提督「これを潰して兵站面での勝利、そして敵の撤退を狙う」

日向「……」

提督「難しく考えるな。お前らは決められた日時に敵哨戒網を突破するだけで良い」

提督「敵機動部隊主力と真っ向からやり合うなんてこちらから願い下げだ」

漣「とても指揮官の発言とは思えねーです」


76 名前: ◆mZYQsYPte.[saga] 投稿日:2014/04/10(木) 01:59:43.42 ID:x8QTCIvU0

提督「航路限定装置の都合もあるから、派遣艦はいつも通り六隻」

提督「翔鶴、瑞鶴、皐月、文月、時雨、長月」

提督「今回はお前らに行ってもらう」

提督「敵の正規空母を三隻以上吊り上げろ。軽空母は正規空母0.5隻分と数える」

提督「目標を達成したら速攻で逃げ帰れ」

提督「合図はブインの司令部から送られる。その後の戦闘指揮は翔……瑞鶴に一任する」

瑞鶴「……えっ私!?」

提督「やり遂げて見せろ。以上」


77 名前: ◆mZYQsYPte.[saga] 投稿日:2014/04/10(木) 02:00:47.43 ID:x8QTCIvU0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

瑞鶴「遠征部隊、ただいま帰還しました」

提督「どうだった」

瑞鶴「……やり遂げました!」ブイ

提督「御苦労。聨合艦隊長官からも感謝の言葉を頂いた。作戦自体も成功だ」

瑞鶴「入電で敵が六隻全部正規空母、あ、でも内一隻が四倍くらい強そう……と言われた時はもうどうするかと」

提督「無事逃げ帰れて何よりだ」


78 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 02:07:51.64 ID:x8QTCIvU0

瑞鶴「別の海域に逃げるまでおいかけ回されて……ほんと勘弁して欲しいわよ」

翔鶴「駆逐艦の皆さんも防空戦で頑張ってくれました」

皐月「雲が近づいてきたと思ったら艦載機だったな」

文月「すごかったねぇ〜」

瑞鶴「提督さん、後で翔鶴ねぇの持ってた烈風改について話があります」

翔鶴「すいません提督。やはり隠し通す事は無理でした」

提督「……時雨、大丈夫だったか」

79 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 02:13:20.79 ID:x8QTCIvU0

私の名は長月

時雨「うん。長月の言う通り、艦戦や対空装備を多めに積んで行って正解だったね」

長月「に、任務の性格と目的を考慮すれば簡単に分かる事だ!」

クールで大人の頼れる駆逐艦だ

瑞鶴「長月さんは流石です」ナデナデ

長月「でへへ……って撫でるんじゃない!!!!」

翔鶴「まぁまぁ」

提督「わはは」


多分

85 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:15:59.55 ID:2YVWOgnq0

夜 いつもの飲み部屋

日向「君は私達に幸せになれ、とよく言う」

提督「うん」

日向「君自身は自分の幸せについて考えているのか」

提督「そうさなぁ」

提督「……考えた事も無かったかもしれん」


86 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:17:08.13 ID:2YVWOgnq0

日向「ふむ。想定の範囲内の回答だ」

提督「俺自身の幸せなど戦いが終わった後で考えれば良い」

日向「私達に考えさせる手前、その態度は良くないと思うぞ」

提督「……」


87 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:17:48.21 ID:2YVWOgnq0

日向「この機会に少し考えてみたらどうだ」

提督「……俺の幸せかぁ」

日向「軍人は戦いが終わったら単なる邪魔な存在になる」

提督「確かに平和な俗世に馴染めない、といった話は珍しくないからな」

日向「今の内に身の振り方を考える事も必要だ」


88 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:19:08.10 ID:2YVWOgnq0

提督「自分の将来……全く想像が出来んな」

日向「私は戦いが終わっても君と一緒に居たい」

日向「どうだ?」

提督「それは友人としてか?」

日向「伴侶としてだ」

提督「……嬉しいぞ」

日向「ヘタレな君にしては上出来な回答だ」

提督「低く見られたものだ」

日向「馬鹿。褒めてるんだよ」


89 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:19:47.15 ID:2YVWOgnq0

提督「お前と平和な時間を過ごすのも悪くないと思う」

日向「そうだろう」

提督「航路の平和が確保されれば気楽に外国へと足を運ぶことが出来る」

日向「どこか行きたい場所があるのか?」

提督「ああ、ミケランジェロのピエタが見たい」

日向「付き合おう」

提督「お前も彫刻が好きなのか?」

日向「まぁ似た様なものだ。私は君が好きなんだ」

提督「……今日は妙に積極的だな」


90 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:20:18.16 ID:2YVWOgnq0

日向「君に乳房を執拗に舐め回されて以来、考え方が少し変わってな」

提督「」ブッー

日向「私一人だけ愛せ、などとはもう言わん」

日向「私を一番愛せばいい」

日向「それだけで良い」


91 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:20:57.11 ID:2YVWOgnq0

提督「……」

日向「言葉に窮するのも想定内だ」

提督「……」

日向「なに、気を楽にしろ。これで事態はより簡単になった」

日向「お前の気持ちはどうあれ、私が君に一番愛されていると感じれば良いんだ」


92 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:21:35.75 ID:2YVWOgnq0

提督「……」

日向「そろそろ喋れよ。流石に度を越えて情けないぞ」

提督「……お前はそれで良いのか」

日向「良いさ」


93 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:22:13.04 ID:2YVWOgnq0

日向「この基地の他の艦娘の中でも」

日向「戦争が終われば君との暮らしを望む者が私以外にも居るだろう」

日向「まぁ私達が解体されないという前提の上でだが」

日向「そうなった時に君の身は一つ、艦娘は複数」

日向「誰もが君の独占を望めば困った事態になる」

日向「それは避けたい」

日向「……というか今既に困った事態なんだよな」


94 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:23:22.09 ID:2YVWOgnq0

提督「……お前の俺に対する気持ちはその程度なのか」

日向「ただ誇示するだけが愛情の表現方法でないと気付いたまでさ」

提督「煽っても無駄か」

日向「分かってくれて嬉しいよ」


95 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:24:01.10 ID:2YVWOgnq0

日向「暴走した私を止めようと説得していた時」

日向「君、死ぬ気だっただろう」

提督「……」

提督「説得できる自信があった」

日向「あーそうかい、ならそれで良い」


96 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:24:54.51 ID:2YVWOgnq0

日向「要はあの時のように、私の事を真剣に考えてくれれば良いんだ」

日向「あの時の君の言葉は気持ちが籠っていた。正直痺れたよ」

日向「少なくとも私と一緒に居る時位は、あの君で居て欲しいものだ」

提督「……今も俺なりに真剣なんだが」

日向「友人としての真剣さでは駄目だ」


97 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:25:24.30 ID:2YVWOgnq0

日向「いや……しかし、私と君は長い間友人だった」

日向「いきなり『そういう目で見ろ』と言うのも酷かもしれんな」

提督「そうだ、そうなんだ」

日向「ならば友人の概念自体を変えてしまえば良いのだ」


98 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:25:54.87 ID:2YVWOgnq0

提督「と、言うと?」

日向「別に友人として同衾すればいいし、口づけも当たり前の物にすればいい」

提督「」ブッー

日向「うぶな奴め」

提督「そんな友人があるか!」


99 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:26:46.79 ID:2YVWOgnq0

日向「君は私を説得する時に『艦娘は俺の女だ』と言っていなかったか?」

提督「……近い事は言ったな」

日向「君が今すぐ私を女として見れるのなら何も問題は無い」

提督「……」

日向「よし、決定だ。私と君は友人だ」

提督「横暴だ」


100 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:27:28.85 ID:2YVWOgnq0

日向「気にすることは無い。私と君は今まで通り友人だ」

日向「ただ関係が時々少しばかり卑猥になるだけさ」

日向「おい、君、試しに友人として口づけをしてみようか」

提督「……俺はもう帰る」

日向「何を言っている。夜はこれからだぞ」


101 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:28:09.29 ID:2YVWOgnq0

立ち去ろうとする俺を日向は力づくで押し倒す

提督「おい馬鹿! 何やってんだ!」

日向「友人への悪ふざけさ」

提督「くそっ!! 離れろ!!」

日向「無駄だよ。重さが人間大でも、人間とは力の質が違うんだ」

最後に日向は「機械だからな」と小さく呟いた
その一言が妙に引っかかり、一瞬抵抗する力を弱めてしまう

日向「隙あり」チュッ

提督「!?」


102 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:28:45.20 ID:2YVWOgnq0

日向「……何だ。ファーストキスというのは思いの外他愛ないんだな」

日向「流石の君も艦娘相手に口づけをしたのは初めてなんじゃないか?」

提督「……」


未だに状況が呑み込めていないのだが、もしかして俺は
襲われているのか?


103 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:29:36.51 ID:2YVWOgnq0

日向「次は友人として舌を入れてみよう」

提督「いや、おい日向ちょっん゛ん゛!?」

こちらの唇を貪るように吸い付いた後、日向の舌が口腔内に侵入してくる
噛み合わされた歯の隙間に舌をねじ込み、
人間であれば有り得ない程の力が加えられた事により閉じた門は無理矢理開かれる


104 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:30:04.73 ID:2YVWOgnq0

日向「……」

提督「…あ゛…!? ん゛む゛!?!?!」

目を閉じた日向の顔が目の前にある
日向の匂いをいつもより強く感じる
これだけ近いんだから当たり前か


105 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:31:22.90 ID:2YVWOgnq0

舌と舌が絡まる
先程とは一転して優しい舌使いに、息苦しくも自分の中の何かの昂ぶりを覚える

俺の身体を抑えていた彼女の両手も、今は俺の頬に優しく添えられている

そんな仕草をする彼女が無性に愛おしくなった


106 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 01:32:04.94 ID:2YVWOgnq0

日向「……!!」

腕を彼女の背中に回し抱きしめると口の中の彼女は一瞬止まった
が、またすぐに動きを再開させた

壊れないと分かっているので、絞め殺すつもりで抱きしめる力を強くする
強くするたびに彼女の息遣いが少しだけ荒くなる気がした

116 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:39:39.51 ID:2YVWOgnq0

日向「君とも長い付き合いだが、こんな風に朝を迎えるのは初めてだな」

提督「……やってしまった」

日向「君、舐められると弱いんだな。凄い声だったぞ」

提督「お前だって……何でもない。早く服を着ろ」

日向「もう少しだけ抱き締めていてくれ」

提督「……」


117 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:40:30.78 ID:2YVWOgnq0

日向「不思議だ。今は君と居ると前とは違った安心感がある」

提督「俺は震えている。ケダモノが近くに居るからな」

日向「そう軽口を叩く辺りも君らしいよ」

提督「……」

日向「大体、君だって途中から私の身体に夢中だったじゃないか」

日向「獣みたいに腰を振って」

日向「気持ち良かったのか?」

提督「……知らん」


118 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:41:31.55 ID:2YVWOgnq0

日向「褥を共にした後で、女への態度が変わる者と変わらない者が居ると聞く」

日向「君はどっちなんだろうな」

提督「……」

日向「おいおい、そろそろ機嫌を直してくれよ」

日向「もうウブなネンネでもないだろう」

日向「普通こうして喋りかけるのは君の役回りなんだからな」


119 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:42:48.07 ID:2YVWOgnq0

提督「……そうだな。覚悟はしていたつもりだった」

提督「兵器でなく女として扱う、とすればいつかは突き当たる事態だった」

提督「俺は目を逸らしていたのかな」

日向「……」

日向「君、重く考えすぎじゃないか?」

日向「私は別に昨夜の事を盾に君を脅してる訳じゃ無いんだぞ」

日向「もし他の艦娘に求められればすればいいし、君がしたくないのならしなければいい」

日向「どうせ偽物の子宮なんだ。子も出来ん。もっと気楽に射精しろ」

日向「ま、他の艦娘が私程に気前がいいかどうかは知らんがな」


120 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:43:40.68 ID:2YVWOgnq0

提督「退廃の極みだ」

日向「それが文明の果実だよ」

提督「……味は旨いな」

日向「あまり食べ過ぎると心が根腐れするぞ」

提督「もう腐っている。だから果実が旨いんだ」

日向「旨いと感じられるうちは大丈夫さ」

日向「腐れば何も感じない」


121 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:44:10.29 ID:2YVWOgnq0

提督「……」

提督「お前はどうなんだ」

日向「ん?」

提督「お前は、まだ旨いと感じるか?」

日向「果実に味を聞く馬鹿は初めてだ」

日向「そういうのは食べる奴に聞いてくれ」

提督「茶化すな」

日向「……茶化してなんかないさ」


122 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:45:32.20 ID:2YVWOgnq0

日向「私は果実そのもので、食べごろだった」

日向「旨いかどうか、味なんて私には分からんが君に自分を食べて欲しかった」

日向「それだけだ」

日向「食べられ排泄されて、種を散らすことが果実自身の正しい在り方だ」

提督「……正しい在り方、ねぇ」


123 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:46:24.81 ID:2YVWOgnq0

日向「あ、一つ付け加える」

日向「君は旨かったぞ」

提督「……しっかりと味が分かってるじゃないか、果実の癖に」

日向「もしかすると君が私にとっての果実だったのかもな」

提督「適当な事を言いやがって」

日向「立場によって見方が変わる、というだけの事だよ」

提督「その立場がフラフラしているから適当と言っている」

日向「あはは。違いない」


124 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:46:53.20 ID:2YVWOgnq0

日向「確かなのは私達二人がまだ旨いと感じられる事実だ」

提督「らしいな」

日向「愉快だ」

提督「……何がだ?」

日向「君と居ると些細な事でも楽しく思える」

日向「穏やかな気持ちになれる」

提督「……」


125 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:47:46.56 ID:2YVWOgnq0

日向「月並みな言葉にしてしまえばこれが『幸せ』なのかな」

日向「でも、そんな言葉に落とし込んでしまいたくない程私は満たされているよ」

日向「これだから言葉は信用できないんだ」

提督「……」

日向「全ては時と共に移ろい行く」

日向「我々を取り巻く環境、自分自身の記憶や気持ちだって例外じゃない」

日向「だから私は今が大切だ」

日向「その中でも君と穏やかで愉快な時間を過ごせる今が一番大切だ」

日向「君はどうだ?」


126 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:48:27.99 ID:2YVWOgnq0

提督「幸せだ」

日向「違うだろう」

提督「……」

日向「今は私の事だけ考えろ。建前なんて捨ててしまえ」

提督「……」

提督「俺を無視した日向に説教をされる日が来るとは考えもしなかった」

提督「……」

提督「さっき俺は、身分も職務も他の艦娘も何もかも全部放り出して」

提督「お前と二人で過ごしたい……と一瞬思ってしまった」

提督「悔しいけどな」


127 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/11(金) 12:50:31.00 ID:2YVWOgnq0

日向「それでいい」

日向「幸せなんていう訳のわからないモノより」

日向「一瞬でも君の心を染め上げられた事実の方が私には価値がある」

提督「……」

日向「それがお前にとっての幸せだ、と言われれば返す言葉も無いがな」

日向「さぁ今日も仕事だぞ。そろそろ私を離して服を着ろ」

日向「ご機嫌斜めのお姫様」

132 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 02:45:26.60 ID:Uy0tov2A0

元々イチャコラさせるだけのSSのつもりだったのに(言い訳)

自分の中では一応筋が通っているのですが、分かりにくい場所があったら申し訳ない

「成長」もテーマなので「あれ、こいつ言ってること変わってね?」とか「ん? なんぞ?」
とか多少矛盾する場所を見つけても流れでスルーして下さい
後から指摘してくれても全然おkです

艦娘は機械である、という前提の元話を進めて来ましたが
実は詳細な設定は考えてなかゲフンゲフン
ので、ここらで頭の中での設定というか、自分の中の前提をお話したいと思います


133 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 02:48:57.34 ID:Uy0tov2A0

人類は深海棲艦と軍事的な観点から戦争状態にあります
突如現れた彼らにより人類の海上ルートと海岸線は脅かされ、
空のルートを確保できない中小国家を中心に多くの被害が出ます
彼らは何故か海を好み、内陸深くまで侵入した例は未だありません

海軍による反撃を試みましたが、現存兵器では深海棲艦に対し有効打にならないことが判明

そんな中深海棲艦とほぼ時を同じくして地球上に新たな存在が誕生(人類が観測?)します
それが妖精です
彼らは人間に好意的であり深海棲艦を嫌悪していました
妖精の作った兵器は深海棲艦に対して有効という事が証明され、
利害の一致により人類と妖精は手を結び共同戦線を張ります


134 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 02:50:40.92 ID:Uy0tov2A0

共同戦線とは名ばかりで人類は妖精さんからの技術供与に頼りっぱなしな現状ですが、
性格的に『受け身で、興味のある事には全てを投げ出してとことん熱中する』
傾向にある妖精さんは組織の管理運用する立場に向いておらず、
人類は図らずも管理職的な役割を多く担い実権は人類側にあります

そして技術供与も完全な物でなく、ブラックボックスも多く存在します


135 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 02:54:20.95 ID:Uy0tov2A0

艦娘
彼女たちは人間でなく機械です
しかし身体をよくある鉄の部品や電子パーツで組み立てられているのではなく、
妖精謎超技術のナノマシン細胞により女性の肉体を模して構成されています
その為、耐久力、攻撃力など人間とは隔絶された差があります

また駆逐艦や戦艦など艦種の違いはナノマシン特性の違いによるものです
駆逐艦用のナノマシンとか、戦艦用のナノマシンとかです

妖精さんの職人気質なこだわりで戦闘に不必要な機能まで人間に模して作ってある為、唾液、粘膜、汗をかいたり、
食事から栄養を吸収し身体のナノマシンを修復したり、眠ったりもします
生活は人間とほぼ遜色無いです

記憶は脳を模したナノマシン集合体に保存されていて、心をどうやって形成しているかは不明
心の存在自体を疑問視する人達も居ます

艦娘は戦闘でも傷一つつきません
ノーダメージなわけでは無くナノマシンは損傷しています
ダメージ許容ラインを超えると全体がいきなり活動停止(轟沈)
活動停止=死


136 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 03:02:12.97 ID:Uy0tov2A0

入渠
ドッグ風呂は身体のナノマシンを補給したり修理したりの時間

艤装
以前紹介した通り小型化された旧軍のものを使用しています
燃料弾薬は艤装を動かすための物で、艦娘の為のものではありません
艤装が車、艦娘が運転手です

建造
聨合艦隊は既に揃えられており、撃沈された艦娘は即座に補充されます
同名艦でも記憶は共有されていない為、また白紙の状態で戻ってきます

同名艦が同じ艦隊に配備されることを妖精たちは極端に嫌がります
MAPでの艦娘ドロップはありません
どこかに建造した艦娘とその艤装を保管する大規模な倉庫があるとの噂です

139 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 09:54:40.78 ID:Uy0tov2A0

深海棲艦
一言で言えば敵
あまりにも艦娘に似過ぎている為、妖精の技術供与を疑う者も居る
妖精間の権力闘争、生存競争に人類が巻き込まれている可能性もあり
戦艦や空母など艦種的に大型になるにつれて知性を持つ模様

戦況
一進一退、むしろ若干不利である
何より物量が暴力的であり手を焼かされる
基本的に装備の性能はこちらが上だが徐々に敵の装備の性能も向上している


140 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 09:58:06.20 ID:Uy0tov2A0

羅針盤
航路限定装置とも呼ばれる
妖精の作った遅延防御兵器であり、艦娘や艤装以上にブラックボックスの塊
作った妖精自身ですら正確な制御不能という難物

異常な物量の深海棲艦に対抗する為、限定的な状況を作り出せる
物理破壊は不可能で広大な海に一定距離ごとに設置されており敵の侵攻ルートを特定できたり、双方に最高で6対6までの戦闘を強要する

正確な制御は出来ないが、機能をoffにすることも可
しかし基本的に物量が劣っているので人類側の利はほとんど無い
多少不便でも大規模反攻作戦時以外は常時稼働しておく方がマシ

物凄く懐かしく感じる単冠湾夜戦の時は航路限定装置が艦隊集結の為にoffだった
戦局は不利だが、羅針盤が機能する限り人類妖精連合が戦闘の主導権を握っているとも言える

超技術がありながら、それを小出しにする妖精に不信を感じるのは無理からぬ事だ
しかし彼らは気まぐれで職人気質という一見矛盾した性質を持つ存在
我々の常識で到底計り知れるものではない……


141 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 11:14:53.53 ID:Uy0tov2A0

穢れ
艦娘の皮膚が白色に変色させる原因
穢れの近くに居るだけで影響される(←提督はこれを障りと呼んだ)
体に溜まると一つの事に対して異常な執着を見せるようになる
全身が変色すれば深海棲艦に変化する

精神的に無防備な状態や弱った状態であると穢れに付け込まれやすい
人間には感染しない艦娘特有の精神病とも言える
完全に深海棲艦へと変化する前であれば対処の方法がある

深海棲艦は、艦娘側からすれば不浄の塊であり感染経路は彼らとの戦闘と考えられる


143 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 20:14:16.70 ID:Uy0tov2A0

横須賀鎮守府第四管区

横鎮の海上護衛担当海域を更に四つに割ったものの一つ
日向艦隊の正式名称は横須賀鎮守府第四管区担当艦隊もしくは分遣艦隊である

そして第四管区司令部が艦娘や提督の所属する一番身近な場所であり、司令部、ウチ、港、軍港などと呼称される
鎮守府と呼ぶ者は今のところ居ない
分遣艦隊である事を考慮すれば、航空戦艦1、正規空母2を擁し規模は決して小さくない
むしろ他から見れば正規空母取りすぎワロタである
上部組織は海上護衛総司令部で、非常時や大規模反攻時には聨合艦隊に組み込まれる

単冠での独断戦闘、第四管区軍港での主砲誤射等等、上層部からの覚えは良くない
最新装備を宮様パワーで取り寄せたり、
不祥事を揉み消す事も多いため海軍のクーデターが起こると提督の立場は危ういかもしれない

145 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 20:30:09.57 ID:Uy0tov2A0

補足で

・艦娘が入渠中、壊れた艤装も修理する
・小、中、大破すると艤装の攻撃力だけでなく、艦娘の身体能力がダメージと反比例して低下する

思いつく限りは以上です
あと日向さんのおっぱいは大きいです
支援ありがとうございます

146 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 21:56:57.99 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴(おかしい)

提督「よーし、では今日も張り切ってお仕事だ。解散」

日向「なぁ」

提督「どうした?」

日向「少し今日の出撃装備の事で相談がある。今大丈夫か?」

提督「ああ」

瑞鶴(最近あの二人……妙に体の距離が近い)


147 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 21:58:15.09 ID:Uy0tov2A0

日向「あ、階級章が外れかけてるぞ」

提督「ん」

日向「直してやる」

提督「いらん」

日向「遠慮するな」

提督「……」

日向「ほら、もう直った」

瑞鶴(私の中の電探が反応してる……なーんか怪しい)


148 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 21:59:01.37 ID:Uy0tov2A0

出撃班

日向「重雷装航空戦艦にしてみたぞ」

木曾「日向さん……雷撃値幾つだ?」

日向「12だ」

長月「それって甲標的装備しただけ!?」

木曾「相談された時も言ったけどさ、戦艦は丈夫さと砲撃が売りじゃないか」

木曾「なのに雷撃装備って……どうなんだ?」


149 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:00:04.53 ID:Uy0tov2A0

日向「私はもう戦艦ではなく航空戦艦だ」

日向「戦艦の常識にも、航空母艦の常識からも解き放たれた存在」

木曾「うーん、気持ちは分かるんだが……」

時雨「航空戦艦は対潜戦闘の時に役に立つよね」

三隈「クリマンコ」

瑞鶴「最近提督と日向さん、怪しくない?」ヒソヒソ

翔鶴「今は戦いに集中しなさい。味方圏内絶対に安全とは言えないのよ」

翔鶴「……後で話しましょう」


150 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:01:06.99 ID:Uy0tov2A0

帰港後

提督「日向!」

日向「……心配するな。連絡した通り単なる中破だ」

提督「整備員、第一ドッグで入渠だ」

日向「すまん」

整備妖精「あいあい!」

瑞鶴「私は小破です」

提督「瑞鶴は第二ドッグだ」

整備妖精B「ラジャー!」


151 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:02:11.27 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「……」

瑞鶴「提督さん、私と日向さんで態度違くない?」

提督「?」

瑞鶴「誰かがふざけた装備で出撃しなければ今日の損傷はありませんでした」

翔鶴「こら! 何言ってるの!」

提督「……その装備の許可を出したのは俺だ」


152 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:03:19.85 ID:Uy0tov2A0

提督「瑞鶴、お前の言うふざけた装備で出撃させた事は俺に非がある」

提督「責めるなら俺を責めろ」

提督「だが自分の損傷を誰か一人のせいにするのは止めろ」

提督「進軍、索敵、制空、砲撃、雷撃、撤退、全部チームで行う」

提督「お前の損傷はチームの損傷だ」


154 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:11:10.48 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「もし日向さんが主砲を積んでれば確実に倒せた筈の敵から余計な攻撃を食らった」

瑞鶴「変な装備をした日向さんのせいでチームが危険に晒されて、私も日向さんも損傷したんじゃん」

提督「お前が言っているのは結果論だ」

提督「それでも尚、損傷は日向個人でなく出撃班で責任を取るべき事柄だ」

提督「仲間を、日向一人を責めるなよ」

瑞鶴「……」

瑞鶴「なーんか気に食わない」


155 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:12:08.80 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「お風呂行ってきます」

翔鶴「……」

木曾「空の女王はご機嫌斜めだな」

長月「その二つ名かっこいいな! 私にもつけてくれ!」

木曾「緑の子供なんてどうだ」

長月「ムッキィィィィ」


156 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:14:03.55 ID:Uy0tov2A0

提督「翔鶴」

翔鶴「はい」

提督「少し執務室まで来てくれ」

翔鶴「艤装を外したらすぐ参ります」

提督「うん」


158 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:15:47.88 ID:Uy0tov2A0

執務室

翔鶴「私に何かお話でしょうか」

提督「……妙に五航戦姉妹の言葉に棘がある気がするが、何かあったのか」

翔鶴「何かあったのは提督の方だと思います」

提督「……」


159 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:16:47.95 ID:Uy0tov2A0

翔鶴「瑞鶴も気にしているようです」

提督「何も問題は無い」

翔鶴「そうですか」

提督「お前らは……」 翔鶴「提督に何も無いなら私達にも問題はありません」


161 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:19:20.25 ID:Uy0tov2A0

提督「……なら下がって良い」

翔鶴「……何かお困りの事があればいつでも私にお話し下さい」

翔鶴「失礼します」パタン


提督「……」

提督「もしかして俺は……何かとんでもない均衡を崩してしまったのか?」

提督「あー……くっそ……ままならん」


162 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:27:38.23 ID:Uy0tov2A0

入渠ドッグ

日向「あー、酷い目に遭ったな」

瑞鶴「……」

日向「開幕雷撃を出来るのは良いが、駆逐艦を小破させる程度なら使い道も無い」

日向「今日は長風呂になりそうだ」

瑞鶴「……少し考えれば分かる事じゃないですか」

瑞鶴「味方を危険に晒さないで下さい」


163 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:33:12.84 ID:Uy0tov2A0

日向「なんだ、怒っているのか」

瑞鶴「……日向さんのそういうヘラヘラした態度、嫌いです」

日向「これでも反省してる」

日向「お前には申し訳ない事をした」

日向「すまない」

瑞鶴「……もっと反省して下さい」


164 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:45:27.80 ID:Uy0tov2A0

日向「航空戦艦に改装してから火力が下がってしまってな」

日向「少し焦りすぎた」

日向「二度とこんなミスはしない」

日向「……実は出撃班全体の損傷がこの程度で済んで良かったと少し安心していた」

日向「責任を感じずにヘラヘラしていた訳では無いんだ」

瑞鶴「……」

日向「いや、これも私の言い訳だな。傷ついた君に対しては失礼な態度だ」

日向「あー」

日向「本当にすまん。重ねて詫びる。この借りは必ず返す」

瑞鶴「……」


165 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:48:34.83 ID:Uy0tov2A0

日向「提督は責めないでやってくれ」

日向「私が無理に頼み込んだんだ。非は私にある」

瑞鶴「……」

瑞鶴「……なによ。私が悪者みたいじゃない」ボソッ

日向「ん?」

瑞鶴「何も喋ってないです!!!!」


166 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 22:59:10.53 ID:Uy0tov2A0

日向「そういえば、お前と二人きりで喋るのは初めてだな」

瑞鶴「……ですね」

日向「すまんな。先輩らしく振る舞うのは面倒なんだ」

瑞鶴「……別にいいです」

日向「助かる」

瑞鶴「……面倒なら謝らないで下さい」ボソッ

日向「何か言ったか?」

瑞鶴「いえ」

日向「そうか」

瑞鶴「……耳鼻科に行ったほうがいいですよ」ボソッ

日向「風呂から出たら行ってみるよ」

瑞鶴「しっかり聞こえてるじゃないですか!!!!」



167 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:02:42.27 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「……日向さんってもっと無口な人だと思ってました」

日向「そうだなー」

日向「今は昔に比べて随分喋るようになったな」

瑞鶴「……いつからですか」

日向「お前に話す義理は無い」

瑞鶴「……」

日向「……すまん、冗談だぞ?」


168 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:07:55.35 ID:Uy0tov2A0

日向「あー、いつも慣れ親しんだ者としか話さないから妙にテンポが噛み合わんな」

日向「口下手なのは喋るようになった今も変わらないんだ」

日向「無口なのも口下手に起因してる」

日向「つい癖で適当にあしらってしまう」

瑞鶴「……」

日向「きっかけは単純さ」

日向「昔」

日向「提督に言われたんだよ」

日向「『何でお前は戦うんだ』と」

日向「色々考えるようになったのはそれからだ」


169 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:08:56.20 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「……私も似た様な事聞かれました」

瑞鶴「『お前、敵をどう思う』って質問から始まって何で戦うのか、とか」

日向「あいつは私達以外の艦娘にも似たような事を聞いてるのさ」

日向「お前はどう思った?」

瑞鶴「敵を倒すことが私達の使命なのに、この人何言ってるんだろう……って」


170 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:11:49.77 ID:Uy0tov2A0

日向「私よりマシだな」

日向「私は何も答えられなかった」

日向「使命がどうとか、考えた事も無かった」

瑞鶴「……」

日向「その分衝撃も大きかったんだろうな、と今しみじみ感じるよ」


171 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:23:58.14 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「日向さんは……今はどんな気持ちで敵と戦ってるんですか」

日向「さっき衝撃も大きかった、と言った手間悪いが」

日向「戦う時の気持ちは変わってないな」

日向「一振りの日本刀になり、何も考えず感じない」

日向「……つもりだ」


172 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:26:00.79 ID:Uy0tov2A0

日向「変化したのは気持ちと言うか……戦う事に目的と理由が出来た事だな」

日向「戦う理由は私自身が艦娘であるからで」

日向「戦う目的は私が提督と一緒に居たいからだ」

日向「艦娘である私が彼と一緒に居るには戦うしかない、と思っている」

瑞鶴「じゃあ他の鎮守府に転属になったらどうするんですか」

日向「一刻も早く戦争を終わらせて、提督の所へ戻れるようにするだけさ」


173 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:26:57.54 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「……提督さんの事好きなんですね」

日向「好きだとも。一時期は母港を破壊するほど好きだった」

瑞鶴「あはは……」

日向「おかしい……もっとウケが良いと思ったのだが……」

日向「そうか、お前は穢れについて知らないのか」

瑞鶴「ん? 何ですかそれ」

日向「何でも無いよ」


175 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:28:06.67 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「……私、日向さんが提督と一緒に色々隠すのも嫌いです」

日向「お前は愚直に感情を見せてくる」

日向「眩しいよ」

瑞鶴「ほら! そうやってすぐ煙に巻こうとする!」

日向「……そんなつもりは無いんだぞ?」


176 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:34:12.76 ID:Uy0tov2A0

日向「駄目だな……会話する自信が無くなってきたぞ」

日向「とにかく私が伝えたいのは、瑞鶴が可愛いという事だ」

瑞鶴「……はぁ?」

日向「翔鶴とは違った魅力がある」

日向「翔鶴が月ならお前が太陽だ」

瑞鶴「……」

瑞鶴「提督にも似た様なこと言われました」

日向「やっぱり皆可愛いと思っているのだな」


177 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:41:16.69 ID:Uy0tov2A0

瑞鶴「ほ、褒めて誤魔化さないで下さい!」

日向「本当の事を言ったまで」

瑞鶴「翔鶴ねぇは確かに可愛いですけど、私は別に……」

日向「おや、控え目だな。似合わんぞ」

日向「私は翔鶴よりお前の方が愛らしいと思うが」

瑞鶴「……そうですか?」

178 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/12(土) 23:54:48.26 ID:Uy0tov2A0


瑞鶴「姉さんより可愛いって、生まれて初めて言われました……」

日向「今回は嘘や冗談やお世辞じゃないぞ」

瑞鶴「……」

日向「自分の意見をしっかり持って男を振り回し、良い方向に導くのも良い女の役割の一つだ」

日向「加えてお前は素直だし、優しい」

日向「誰も文句はつけられん」

瑞鶴「……えへへ……そんなぁ……私が良い女だなんて……」

179 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:00:39.43 ID:oJ6drWHO0


日向「……翔鶴は良い女だが、駄目だ」

瑞鶴「そうなんですか?」

日向「確かに良い女には違いない」

日向「男を駄目にするタイプの『男から見た良い女』だからな」

日向「歴史によく出てくる傾国の美女という奴だ」




180 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:08:32.30 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「翔鶴ねぇを悪く言わないで下さい」

日向「ああ、すまん……つい熱くなって、少し私情を挟んでしまった」

日向「ともかく、私が言いたいのはお前が魅力的であるという客観的事実だ」

瑞鶴「……」

瑞鶴「……えぇ〜〜」クネクネ

日向「自信を持てよ瑞鶴、お前は姉より可愛い」

瑞鶴「……はい……ありがとうございます……」



182 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:11:31.13 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「……」

瑞鶴(私が翔鶴ねぇより可愛いって……)

瑞鶴(……)

瑞鶴(……ふへへ)

瑞鶴(どうしよ、凄い嬉しい……)

瑞鶴(……)

瑞鶴(って!!! 何でいつの間にか日向さんのペースで喋ってるのよ!!!)


日向「あー、湯が気持ちいいなぁ」

瑞鶴「日向さん!!」

日向「な、なんだ?」


183 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:13:21.36 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「日向さんは最近提督さんと何かあったでしょ!!!!」

日向「……そんな事か」

瑞鶴「誤魔化しても無駄です!!!」

日向「最近の私達は少しおかしかったのか?」

瑞鶴「何か前より仲が良くなりました! 体の距離が近くなりました!」

日向「へー、気付かなかった」

瑞鶴「正直に言って下さい! 私こういうの凄く気になるんです!!!」


184 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:19:00.27 ID:oJ6drWHO0

日向「少し二人で同衾してみただけさ」

瑞鶴「はぁ!? なんでそんな簡単に出来るんですか!?」

瑞鶴(ドウキンって何!?!?!?)

日向「まぁ……私の方から誘ったんだが」

瑞鶴「サイテーです!!」

瑞鶴(何か新しいゲーム!?)

日向「途中から彼もその気になって楽しんでたな」

瑞鶴「提督さんもサイテー!!!!」

瑞鶴(面白いゲームなんだ!! 間違いない!!)


185 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:23:55.72 ID:oJ6drWHO0

日向「……自分で言って今更恥ずかしくなってきたな」

瑞鶴「ほんと今更です!! もう遅いですからね!!!!」

瑞鶴(どうやら子供向けゲームみたいね!!!)


日向「……抜け駆けしたのは少しだけ悪いと思っているよ。後悔は無いがな」

瑞鶴「なんで事前に私達に言ってくれなかったんですか!!!!」

瑞鶴(そんな楽しい事ならみんなでやれば良いじゃない!!!)


日向「こればっかりは仲良しこよしで済ませないだろう……」

瑞鶴「みんなで一緒にやれば良かったじゃないですか!!!!!」

日向「……えっ」


186 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:27:32.57 ID:oJ6drWHO0

日向「いや、しかしだな、あれは基本的に二人で」

瑞鶴「そうやって二人だけで楽しもうとしてたんでしょ!」

日向「う、うん」

瑞鶴「日向さんと提督みたいに仲良くなれるなら……」

瑞鶴「みんなやりたいに決まってるじゃないですか!!!!」

日向「……」

日向「そうなのか?」

瑞鶴「そうです!!!」


187 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:29:47.59 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「日向さんは本当に卑怯です」

日向「……」

日向「そうだな」

瑞鶴「今度から私も混ぜて下さい」

日向「……」

日向「えっ」


188 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:34:39.34 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「嫌なんですか!?」

日向「……いや、君の事が嫌いな訳じゃ無いんだ」

日向「だが三人というのは流石の私も少し抵抗がある」

瑞鶴「……私が甘かったです日向さん」

瑞鶴「違いました」

日向「?? 何が違うんだ」

瑞鶴「四人です」

日向「……は?」

瑞鶴「私と翔鶴ねぇと日向さんと提督でやりましょう!!!!」

日向「え゛っ!?」

瑞鶴「そしたらもっと仲良くなれます!!!!」


189 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:38:37.21 ID:oJ6drWHO0

日向「た、確かに仲良くはなれるだろうが……」

日向「仲良くなりすぎると言うか……」

瑞鶴「何怖がってるんですか!!!! 駄目ですよ!!!」

瑞鶴「日向さんの口下手の原因が分かりました!!」

瑞鶴「新しい事を恐れてるんです!!!!」

日向「う、う〜ん」

日向「それは少し新しすぎないか……?」


190 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:47:48.36 ID:oJ6drWHO0

日向「んんんんん!?」

日向「瑞鶴は私の事が好きなのか?」

瑞鶴「ドッグに入るまで嫌いでしたけど、今は日向さんの為に何かしたいな、って!!」

日向「ううううう!?」

日向「ちょ、ちょっと混乱してきた」

瑞鶴「大丈夫です! 私がついてます!」

日向「ありがとう……」


191 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:51:51.60 ID:oJ6drWHO0

日向「君は……本当に四人でするつもりなのか?」

瑞鶴「はい! 順番にやれば行けます!!」

日向「……確かにそうだが……」

瑞鶴「こんな簡単な事も思いつかなかったんですか?」

日向「逆転の発想……というか君がこんな事を言いだすとは思わなかったんだ」

瑞鶴「何言ってるんですか!」

瑞鶴「同じ戦場で戦った仲間なのに水臭いですよ!!!」


193 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 00:58:29.27 ID:oJ6drWHO0

日向「……私は少し勘違いをしていたようだ」

日向「私達の絆は、私の考えるよりも遥かに深かったんだな……」

瑞鶴「今更何言ってるんですか」

日向「確かに四人ですれば皆が平等で誰も不平不満を言わない」

日向「……だが提督は良いと言ってくれるだろうか?」

瑞鶴「提督さん? 任せといてください! 私が説得してみせます!」

日向「……何だか肩の荷が一気に下りた気がするよ」

日向「自分の中では割り切っていたつもりだったが」

日向「やはり心のどこかで引け目があったんだろう」

日向「……ありがとう瑞鶴」

瑞鶴「……どういたしまして、日向さん」



195 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 01:01:42.72 ID:oJ6drWHO0


瑞鶴「さて! 話がまとまった所で私は風呂から出ます!」

日向「ああ、もう時間か」

瑞鶴「翔鶴ねぇや提督さんにも話しておきますね!」

日向「……任せた」

瑞鶴「任されました!」



196 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 01:08:13.87 ID:oJ6drWHO0

翔鶴「あら、瑞鶴。もうお風呂から上がったの?」

瑞鶴「あ、翔鶴ねぇ! 丁度良かった!」

翔鶴「やけに楽しそうね」

瑞鶴「うん! お風呂場で日向さんと沢山喋ったんだ!」

翔鶴「まぁ」

瑞鶴「何か私、今まで日向さんの事誤解してたみたい」

翔鶴「うんうん」

瑞鶴「あの人は単純に口下手で不器用なだけなんだよ」

翔鶴「へぇ〜」

瑞鶴「だから翔鶴ねぇ! 今度私と日向さんと提督の四人でドウキンしよ!」

翔鶴「」

212 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:43:01.12 ID:oJ6drWHO0

夜 呑み部屋

翔鶴「……何だ、そんな事だったんですか」

瑞鶴「そんな事って何よ!? 不潔です!!! ほんと有り得ない!!!」

日向「な、言っただろ。この女狐は私と君が関係を持ったところで変わりはしない」

提督「……また艦隊を巻き込んでの大問題に発展するかと思っていた」

提督「あー、良かった」


213 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:47:31.79 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「あー、良かった……じゃないです!!!」

瑞鶴「私、翔鶴ねぇに怒鳴られたんですからね!」

翔鶴「……公衆の面前で叫ぶように話すからです」

日向「おお怖い」ニヤニヤ

翔鶴「腹の黒い狸さんは笑わないで下さい」

翔鶴「そもそも貴女が瑞鶴に変な事を吹き込んだからでしょう」


214 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:48:30.36 ID:oJ6drWHO0

日向「妹のように少しは可愛げを見せて欲しいものだ」

翔鶴「貴女に見せる必要はありません」

提督「……まぁ言い争うな」

瑞鶴「自分で言って申し訳ないですけど」

瑞鶴「私の事はどうでもいいんです!」

瑞鶴「問題の根本は私の事じゃなくて提督さんの破廉恥行為でしょ!?」

瑞鶴「提督さん何やってるんですか!?」

瑞鶴「い、いやらしいです!!!」

提督「つい日向にムラッと」

瑞鶴「……はぁ!? ムラッとぉ!?」


215 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:49:11.34 ID:oJ6drWHO0

日向「……なぁ翔鶴、お前の妹私にくれないか」

翔鶴「駄目です」

日向「残念」

瑞鶴「信じられない……信じられない……信じられない!!!」

瑞鶴「みんな、どういう神経してんの!?」


216 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:49:48.84 ID:oJ6drWHO0

翔鶴「どういう神経をしているか……」

日向「と言われても」

提督「……ねぇ?」

瑞鶴「何でそんな落ち着いて居られるのかって聞いてるんです!」


217 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:50:54.77 ID:oJ6drWHO0

日向「君が言葉を知らないと気付かなかった私も悪いが」

日向「君は何故そこまでムキになるんだ?」

瑞鶴「何故って……」

瑞鶴「駄目だからですよ……そんなの……」

日向「少し突き放すような言い方になるかもしれないが」

日向「これは君には関係の無い事柄だ」


218 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:51:39.63 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「関係無い、って」

日向「君だから関係が無い、という訳じゃ無いぞ」

日向「翔鶴だって木曾だって関係が無い事だ」

日向「これは私と提督の問題だ」

提督「確かにな」


219 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:52:17.10 ID:oJ6drWHO0

日向「人間の貞操の倫理観など私達には関係の無い」

日向「身も蓋も無い言い方をすれば別に減るもんじゃない」

翔鶴「……下品です」

日向「と言う奴も居るがな」


220 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:53:19.47 ID:oJ6drWHO0

翔鶴「反論させていただきます」

翔鶴「日向さんと提督だけの問題ではありません」

翔鶴「御二方は組織の一員である自覚が足りませんよ」

翔鶴「貴方達はいつも、自分の行動が全体にどれ程影響を与えるかを考えていません」

翔鶴「加えて人間でないから貞操の倫理観は無視していい、など暴論極まります」

瑞鶴「そう! 私もこれが言いたかったんです!」

日向「むぅ……」

提督「確かにな」


221 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:54:27.01 ID:oJ6drWHO0

翔鶴「しかし」

瑞鶴「え、しかし?」

翔鶴「日向さんと提督が……同ゴホン! した程度の影響はさほど大きくありません」

翔鶴「現に今回も提督と日向さんの変化を気にかけていたのは私と瑞鶴だけです」

翔鶴「……提督も途中から合意したようですし」

翔鶴「日向さんの考え方は暴論極まると思いますが」

翔鶴「それを咎める権利は私にはありません」


222 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:56:11.18 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「でも翔鶴ねぇは提督さんのこと好きなんでしょ?」

瑞鶴「提督さんが日向さんとするの嫌じゃないの……?」

翔鶴「私が何故嫌だと感じるの?」

瑞鶴「だって、こういうのは普通好き同士がするんでしょ」

翔鶴「日向さんは普通じゃないわよ」

日向「おい」

瑞鶴「だとしても、これって特別な事じゃん」

瑞鶴「日向さんは今特別で」

瑞鶴「……翔鶴ねぇは特別じゃないって事じゃん」


223 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:58:11.15 ID:oJ6drWHO0

翔鶴「私はこれが特別だとは思わないわ」

翔鶴「それに」

翔鶴「私は特別に拘っていませんよ」

翔鶴「加えて私は提督を襲うほど愛情に飢えてはいません」

翔鶴「今でも提督に大切にされていると感じて十分に幸せです」

日向「精々自分の気持ちに何でもかんでも幸せと名をつけて満足すればいいさ」

翔鶴「何か言いたい事があるならハッキリおっしゃって下さい」

日向「別に。まだ『幸せ』という単語に固執してる奴に意見しただけだ」

日向「壁に幸せと書いた紙を貼って満足しとけ」

翔鶴「言葉に固執してはいません。端的に表現したらその言葉になっただけです」

日向「どうだか」

提督「お前ら喧嘩するなら外に出てからやれ」


224 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 22:59:30.45 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「日向さん! 翔鶴ねぇに突っかからないで!」

日向「……ごめん」

瑞鶴「私に謝ってどうすんの……」

瑞鶴「……翔鶴ねぇは本当に嫌じゃないの?」

翔鶴「そうねぇ……私はてっきり今回は提督が日向さんに脅されているのかと思って」

翔鶴「それだけが心配だったの」

日向「……」

翔鶴「でも合意の上で、私達以外の艦娘に影響は無いようだし」

翔鶴「この前みたいな判断ミスが今後無いなら私は別に気にならないわ」


225 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:00:34.96 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「……」

翔鶴「貴女は何が引っかかっているの?」

瑞鶴「……私も別にもういいわよ」

日向「嘘だな」

翔鶴「……」

瑞鶴「……嘘じゃないって」


226 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:01:21.26 ID:oJ6drWHO0

日向「君は自分自身の性格を少し把握すべきだ」

日向「誰が見てもまだ引っ掛かっているよ」

瑞鶴「……」

翔鶴「……」

提督「……」


227 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:01:58.69 ID:oJ6drWHO0

瑞鶴「私は……翔鶴ねぇみたに割り切れない」

瑞鶴「日向さんばっかり提督さんの特別になったみたいで……」

瑞鶴「……なんかずるいよ」


228 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:02:36.24 ID:oJ6drWHO0

日向「……」

翔鶴「……」

提督「……」

瑞鶴「……」


229 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:03:37.80 ID:oJ6drWHO0

日向「お前の妹私にくれよ。代わりに伊勢やるから」

翔鶴「嫌です」

提督「……」

日向「おい君! 黙ってないで何とか言ったらどうだ」

日向「瑞鶴が勇気を出して胸襟を開いてるんだ」

日向「相応の態度を示すべきだ」


230 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:04:17.85 ID:oJ6drWHO0

翔鶴「まさかそういう方向で思い詰めているとは……」

翔鶴「ごめんね、気が付かなくて……」

瑞鶴「……」

提督(何で日向はこんな偉そうなんだ……?)

提督(コイツにも原因の一端があるだろうに……)


231 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:05:00.05 ID:oJ6drWHO0

提督(とはいえ今は瑞鶴だ)

提督(これは我が艦隊のピンチだがチャンスでもある)

提督(皆を上手く掌握できれば今後の艦隊運用がより円滑に!)

提督(……とかじゃないよなぁ)

提督(瑞鶴の真摯な気持ちにどう応えてやるか、だよな)

提督(よし!)


232 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/13(日) 23:05:39.12 ID:oJ6drWHO0

提督「……瑞鶴」

瑞鶴「……」

提督「今晩一発やっとくか!」

日向「……!?」

翔鶴「……」ハァ

瑞鶴「……こんの……」

提督「ん?」

瑞鶴「馬鹿提督っっっ!!!!!!!!」グシャ

提督「パガッ!??!」

239 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:34:49.15 ID:hEBgjQYe0

提督「……はっ!?」

時雨「あ、気が付いた?」

提督「何で時雨が……」

時雨「物音がするんで起きたら僕の部屋の前で提督が寝てて」

時雨「いや、寝てるって言うか……気絶してて」

時雨「だから僕の部屋のベッドで寝かせてたんだ」


240 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:35:35.93 ID:hEBgjQYe0

提督「すまんな……」

時雨「別にお酒臭くはないけど」クンクン

提督「えーっと、昨日の夜は……」

提督「……」

提督「……ああ」

提督「思い出したくなかった……」

時雨「何かあったの?」クンクン


241 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:36:19.15 ID:hEBgjQYe0

提督「……今何時だ」

時雨「朝の四時だよ」クンクン

提督「四時か」

提督「寝る気分でもないし、朝風呂でもするか。小浴場なら空いているだろう」

時雨「僕も行っていい?」

提督「いいぞ」

時雨「やった!」


242 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:36:51.10 ID:hEBgjQYe0

提督(問題を解決できる適切な事を言ったと思ったのだが)

提督(……少し配慮が足りなかったかな)

時雨「おっ風呂〜♪ お風呂〜♪」

提督「……お前は気楽で良いな」ナデナデ

時雨「む、僕の事ちょっと馬鹿にしてるでしょ」

提督「羨ましいと思っただけさ」


243 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:37:29.59 ID:hEBgjQYe0

提督「あーどうしたものか」ヌギヌギ

時雨「何か悩んでるの?」ヌギヌギ

提督「ちょっとな」

時雨「よっ、と」ヒョイ

時雨「……」クンクン

時雨「提督のパンツ……くさい」クンクン

提督「……自分から嗅いどいて何言ってんだ」

提督「仕方ないだろ。お前らと違って体を構成する細胞が死んでいくんだから」

時雨「艦娘のパンツだって匂いはするんだよ? 僕の嗅いでみる?」

提督「せんわ、気持ち悪い」

時雨「あはは」


244 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:38:21.83 ID:hEBgjQYe0

提督「この時間帯の風呂は国民の血税で賄った無駄風呂だ」

提督「しっかりと味わおう」

提督「了解」

時雨「背中洗うよ」

提督「頼む」


245 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:39:01.53 ID:hEBgjQYe0

提督「……時雨」

時雨「どうしたの?」コネコネ

提督「そこは股間だ」

時雨「知ってるよ」モミモミ

時雨「あ、硬くなってきた♪」モミモミ


246 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:39:37.38 ID:hEBgjQYe0

提督「はぁ……同じ駆逐艦でも何故ここまで違いがあるのか」

時雨「そんな事言っても下半身は正直だよ」シコシコ

提督「言っておくがお前は普通じゃない」

提督「変態だ」

時雨「知ってるよ、それくらい」


247 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:40:13.80 ID:hEBgjQYe0

時雨「……」シコシコ

提督「何故こうなってしまったのか……」

時雨「提督が僕を開発したからじゃないか」シコシコ

提督「……人聞きが悪い事を言うな」


248 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:40:51.64 ID:hEBgjQYe0

時雨「本当の事じゃないか」シコシコ

時雨「提督が僕に無駄な事を考えさせるからだよ」シコシコ

提督「お前が男性器を触ってみたいと懇願した時」

提督「何としてでも断れば良かったか」

時雨「遅いか早いかの違いだったと思うよ〜」シコシコ


249 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:41:29.66 ID:hEBgjQYe0

提督「お前、以前俺が尻を揉むと怒ったよな?」

時雨「うん。だって仕事中じゃないか」シコシコ

時雨「提督だって仕事中に僕のスイッチが入ったら困るだろ?」シコシコ

提督「何度かあっただろうが」

時雨「そうだっけ? もう忘れたよ」シコシコ


250 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:42:23.81 ID:hEBgjQYe0

提督「もうそろそろかな?」

時雨「ほら提督、こっち向いて」

提督「……」クル

時雨「よく出来ました」

時雨「するの久し振りだね」

時雨「……」スンスン

時雨「うわ……提督のおちんちんくっさいよ……最悪だ……」

提督「お前が洗う前に触るからだろうが」

時雨「まぁ……そうなんだけどさ♪」


251 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:43:09.74 ID:hEBgjQYe0

時雨「いただきまーす」カプッ

時雨「……」レロレロ

時雨「……」ジュブジュブ

時雨「……」ピチャピチャ

時雨「……」レロレロ

時雨「……」ジュブジュブ

提督「……っ!」


252 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:43:41.52 ID:hEBgjQYe0

時雨「ひもひいいんら」(気持ちいいんだ)

提督「……まぁ……な」

時雨「はまんははまらもほむはよ」(我慢は身体の毒だよ)

提督「毒程……美味い……」

時雨「たひかにめ」(確かにね)


253 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:44:21.25 ID:hEBgjQYe0

時雨「……」レロレロ

時雨「……」

時雨「……」バボ

時雨「……」バボボボボボボボボボボ

提督「!!!!!!!!」ビクッ


255 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:44:51.90 ID:hEBgjQYe0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

時雨「……っはぁ! そろそろ提督も僕のを舐めてよ」

提督「いつも思うのだが、さっきのは何なんだ?」

時雨「気持ちいいでしょ? 無呼吸でおちんちんをバキュームし続けてるんだ」

提督「……長月が聞いたら失神しそうだ」

時雨「でも提督は凄いよ。最初の頃はこの技を出す前に射精してたじゃないか」

時雨「今じゃこの位じゃ射精しなくなった」

提督「褒めてもらって嬉しいよ……」


256 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:45:27.03 ID:hEBgjQYe0

時雨「椋鳥やろ! 椋鳥!」

提督「ああ」

時雨「やっとスイッチ入って来たじゃないか」

提督「お陰様でな」


257 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:46:03.45 ID:hEBgjQYe0

提督「どこか痛くないか?」

時雨「大丈夫だよ」

提督「……」ピチャ

時雨「あぁっ!! ……もう! 急に始めないでよ!」

提督「……」ジュル

提督「……」ピチャピチャ

時雨「はぁ……っ!! ふあぁ!!」


258 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:46:32.09 ID:hEBgjQYe0

提督「……」レロレロ

時雨「んっ……提督も……ハァハァ……大分僕の弱いところがぁぁ!!」

時雨「……分かって来たじゃないか……ひぅっ!!」


259 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:47:15.38 ID:hEBgjQYe0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

提督「……時雨」

時雨「……」ジュプジュプ

時雨「……ゕは。分かったよ」

時雨「さっきから僕の口の中で跳ね回ってたし」

提督「……早くしろ」

時雨「乱暴だなぁ」


260 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:48:12.09 ID:hEBgjQYe0

時雨「バック?」

提督「ああ」

時雨「……ほら」

提督「もっと腰上げろ」

時雨「……はい、どーぞ」

提督「……」ジュプ

時雨「うっ……」


261 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:48:54.69 ID:hEBgjQYe0

時雨「はぁ……どうだい……あぁ!!」

時雨「自分の……娘みたいな……見た目の……女の子を……ハァハァ」

時雨「犯す……!!! 気分は……?」

提督「……」

時雨「あんっ!!!」


262 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:49:31.09 ID:hEBgjQYe0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

時雨「っ……あぁッ!!!! はぁッ!!!」

時雨「んんっ、ぁっ……! あっあっあっ……あぁぁ……っひゃ!!」

時雨「あっ……そこっ! そこぉ……弱い……ぃ!!!」

時雨「駄目、あぁ、っうあぁ……!! 駄目っっ……!!

時雨「……くる……あぁ!! も、もうきちゃう……!!!」

時雨「ぁあ……ぁん! あぁぁ!! ……っっつ!!!」


263 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:50:08.78 ID:hEBgjQYe0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

時雨「ハァハァ……」

提督「はぁ……」

時雨「……提督……ハァハァ……」

提督「何だ?」

時雨「……気持ち……良かった?」

提督「……ああ」


264 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:51:25.02 ID:hEBgjQYe0

時雨「えへへ……」

時雨「提督……元気……無さそう……だったから」

時雨「でもこれで……元気……出たでしょ?」

提督「……実は昨日な」


265 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:52:20.82 ID:hEBgjQYe0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カポーン

時雨「ふーん……瑞鶴さんとそんな事があったんだ」

提督「お前は……俺がどう答えるべきだったと思う?」

時雨「僕は、提督は間違ってないと思うよ」

時雨「結局瑞鶴さんは自分もセックスして欲しいんだよ」

時雨「きっと言い方が直接過ぎたから、少し照れてるだけさ」

時雨「今日の夜辺りに襲ってみれば?」

時雨「それで上手く行くんじゃないかな」


266 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:53:37.39 ID:hEBgjQYe0

提督「……分かった」

時雨「参考になったかい?」

提督「俺が殴られたのはお前のせいだ」

時雨「えっ!? 何で僕なんだよ」

提督「うるさい! やっと分かった! 俺はお前に毒され過ぎていた!!」

時雨「人をまるで毒を持った何かみたいに扱わないでくれるかな」


267 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 03:54:17.73 ID:hEBgjQYe0

提督「心の根腐れ」

提督「もしかして俺はもう手遅れなんじゃ……」

提督「はぁ……」

時雨「まぁ元気出しなよ」

時雨「提督がみんなに嫌われても、提督のおちんちんの面倒くらいは僕が見てあげるから」

時雨「ね?」

277 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:23:24.01 ID:hEBgjQYe0

提督「時雨のせいで朝から疲れた」

提督「食堂へ行こう」

日向「……」

提督「お、日向、おはよう」

日向「……」

日向「……」プィ


278 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:24:13.15 ID:hEBgjQYe0

提督「無視された!?」

提督「いつ以来だろう……」

提督「というか何であいつは怒っているのだ?」

提督「ん?」

提督「……今度は瑞鶴か」


279 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:25:01.60 ID:hEBgjQYe0

提督「瑞鶴君! おはよう!」

瑞鶴「……」

提督「今日も出撃日和だな!!」

瑞鶴「……」

提督「……昨日は本当に済まなかった」

瑞鶴「……」

提督「俺も少し気が動転していてだな」

瑞鶴「……死ね」ボソッ

提督「……」

瑞鶴「……」スタスタ


280 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:26:00.09 ID:hEBgjQYe0

提督「……行ってしまった」

提督「……」

翔鶴「提督、おはようございます」

提督「……えっ」

翔鶴「昨日の御怪我はもう大丈夫ですか?」

提督「……」

翔鶴「あの……提督?」

提督「……翔鶴」

翔鶴「はい?」

提督「翔鶴っ!!!!!!」

翔鶴「????」


281 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:27:08.74 ID:hEBgjQYe0

提督「瑞鶴と日向が俺の事を無視するのだ!」

翔鶴「……何をおっしゃっているのですか? 無視されて当然です」

翔鶴「あ、日向さんはよく分かりません」

提督「……」

提督「……やはり昨日の発言は不味かったか?」

翔鶴「私が想定しうる中で一番最悪なものでした」

翔鶴「最悪過ぎて『まさか言わないだろう』と選択肢から消したり」

翔鶴「そんな想定をした自分自身に嫌悪を抱く程の最悪な言葉選びでした」

提督「……そんなにか?」

翔鶴「はい」


282 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:27:46.36 ID:hEBgjQYe0

翔鶴「はぁ……」

翔鶴「何故貴方はあんな言い方をするのですか」

提督「いや……暗い雰囲気を消し飛ばそうと思ってだな……」

翔鶴「自分に対する信頼を消し飛ばしてしまった、と?」

提督「……うまい」

翔鶴「……朝から私に溜息ばかりつかせないで下さい」

提督「……すまん」


283 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:28:30.63 ID:hEBgjQYe0

翔鶴「とにかく、無視されても謝り続けて下さいね」

提督「うむ……」

翔鶴「私の方からも瑞鶴を説得をしてみます」

翔鶴「その内、話す機会も生まれるでしょう」

提督「分かった」

翔鶴「私は艤装の整備もあるので、そろそろ食堂へ向かいます」

提督「……翔鶴」

翔鶴「はい?」


284 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:29:09.82 ID:hEBgjQYe0

提督「俺はお前の妹を無神経にも傷つけた」

提督「なのに……何故お前は俺の肩を持って、俺を助けてくれるんだ?」

翔鶴「……提督は本当に馬鹿ですね」

提督「……?」

翔鶴「私との約束をもうお忘れですか?」

提督「……」


285 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:32:11.75 ID:hEBgjQYe0

翔鶴「……別にいいですけど」

提督「……」

翔鶴「失礼します」

提督「待て」

翔鶴「……」

提督「傍に居てくれて……その、何だ……ありがとう」

翔鶴「……では」スタスタ


286 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:33:33.04 ID:hEBgjQYe0

提督「……」

提督「愛想を尽かされなくて良かった」

提督「俺も頑張らなくては」

提督「さぁーて! 気合、入れて、謝るぞ!」



287 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/14(月) 15:35:24.63 ID:hEBgjQYe0

翔鶴「……」スタスタ

翔鶴「……」ピタッ

翔鶴(覚えててくれたんだ……)

翔鶴(元は提督から言って来た事だし、当たり前だけれど)

翔鶴「……」

翔鶴「んふっ!」

翔鶴「……」スタスタ

翔鶴「……」スタスタ




木曾「な……何だったんだ今の……?」

292 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:46:27.39 ID:GX3m7KNe0

一回目

提督「ああ! 瑞鶴! 奇遇だな! 昼飯を一緒にどうだ?」

瑞鶴「……」スタスタ

提督「……本当に済まんかった!!! この通り!!!!」

瑞鶴「……」スタスタ


293 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:47:03.82 ID:GX3m7KNe0

二回目

提督「瑞鶴! 食事の間、少しで良いから話を聞いてくれ!!!」

瑞鶴「……」モグモグ

提督「本当に悪かった!!!!」

瑞鶴「……」モグモグ


294 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:47:33.00 ID:GX3m7KNe0

三回目

提督「出撃御苦労! 瑞鶴! ちょっと執務室で話がある」

瑞鶴「……」スタスタ

提督「……お話があるんだ」

瑞鶴「……」スタスタ

提督「お話……」

瑞鶴「……」スタスタ

翔鶴「……」


295 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:48:10.82 ID:GX3m7KNe0

四回目

ガラガラ

提督「瑞鶴!」

長月「うわっ!? 提督!??」

木曾「おい!! 今は俺達が大浴場を使う時間だぞ!!!」

瑞鶴「……」

提督「瑞鶴頼む! 話を聞いてくれ!」

瑞鶴「……」

木曾「出てけつってんだろうが!!!!!!」ゴン

提督「アガペッ!!!」


296 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:48:42.93 ID:GX3m7KNe0

五回目

提督「瑞鶴、俺と一緒に夕飯を食おう」

瑞鶴「……」モグモグ

提督「食わないか……?」

瑞鶴「……」モグモグ


297 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:49:38.83 ID:GX3m7KNe0

六回目

提督「……食事が終わったら執務室まで……」

瑞鶴「……」スタスタ

提督「来てくれないよな……」

瑞鶴「……」スタスタ

提督「おやすみ……」

瑞鶴「……」スタスタ


298 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:50:20.60 ID:GX3m7KNe0

コンコン

瑞鶴「……はい」

翔鶴「私です」

瑞鶴「……翔鶴ねぇか」

翔鶴「別の誰かだと思った?」

瑞鶴「……」

瑞鶴「とりあえず座りなよ」

翔鶴「ありがとう」


299 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:51:05.84 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「瑞鶴」

瑞鶴「ん?」

翔鶴「いい加減話くらい聞いてあげたら?」

瑞鶴「……」

翔鶴「あの人が馬鹿なのは今に始まった事じゃ無いでしょ?」

瑞鶴「だって……」


300 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:51:36.98 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「私も瑞鶴が正直な気持ちを、それも言いにくい事を言ったのに」

翔鶴「提督の対応が酷かったと思うわ」

瑞鶴「そうよ! ……酷すぎよ」

翔鶴「でも、瑞鶴は提督にどうして欲しいの?」

瑞鶴「……」

瑞鶴「翔鶴ねぇもそんな事聞くんだ」


301 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:52:11.83 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「別に提督の肩を持っているつもりも、貴女を責めるつもりも無いわ」

翔鶴「私個人が気になるの」

瑞鶴「……分かんない」

翔鶴「そう」

瑞鶴「……怒らないの?」

翔鶴「何で怒るの」


302 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:52:45.50 ID:GX3m7KNe0

瑞鶴「拗ねてるのに何も考えてないから」

翔鶴「この状況で正直に言った子を叱ったりしないわ」

瑞鶴「……」

翔鶴「それで、ここからは提督の肩を持ちます」

翔鶴「昨日のあの言葉は『暗い雰囲気を消し飛ばそうと思って』」

翔鶴「とのことよ」


303 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:53:40.00 ID:GX3m7KNe0

瑞鶴「……馬鹿じゃないの?」

翔鶴「私もそう思う」

瑞鶴「でも、提督っぽい」

翔鶴「……そうなのよねぇ」

瑞鶴「こんな事で少し安心しちゃう自分が情けない」

翔鶴「瑞鶴は優しいから」


304 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:54:24.28 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「参考になるかどうかは分からないけど、私の話をするわね」

翔鶴「以前提督に『お前は俺の傍に居てくれるか?』と聞かれて」

翔鶴「私は肯定した」

翔鶴「だから契約に基づいて……という訳じゃ無いけれど」

翔鶴「私は不安になる事が少なくなった」

瑞鶴「……」


305 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:55:09.97 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「私自身、聞かれる前から提督の傍に居たかったし、嫌われても居るつもりだったから」

翔鶴「結局、自分の気持ちの再確認する形になったけれど」

翔鶴「凄く嬉しかった」

翔鶴「自分の想いが一方通行じゃ無かったんだ、って思った」

翔鶴「一方通行でも良いと思っていたのに、その覚悟はあっさり消えちゃった」

翔鶴「多分、今はもう昔の気持ちには戻れない」


306 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:57:26.08 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「今は貴女しか居ないから遠慮せずに言うわね」

翔鶴「私は提督が日向さんを抱いたって、ちっとも構わない」

翔鶴「仮に他の艦娘や、人間の女性とだって構わない」

翔鶴「勿論、貴女だって構わないわ」

翔鶴「だって、もうそれくらいで私と提督の繋がりは消えないから」



307 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:58:16.03 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「心は本当に脆い物」

翔鶴「覚悟を決めたつもりでも簡単に揺らぐ」

翔鶴「嬉しいのに同時に怖くなったりする」

翔鶴「突然漠然とした不安に襲われる」

翔鶴「強くなったり弱くなったり絶え間なく動き続ける」

翔鶴「それでも、例え弱い時でも、気持ちを強く持って生きなければ幸せにはなれない」


308 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:58:43.74 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「自分を救えるのは自分自身とよく言うでしょ」

翔鶴「月並みな言葉だけれど貴女に送るわ」

翔鶴「もっと正確に言えば、自分の心を救えるのは自分自身が導き出した行いと」

翔鶴「その行いの延長線上にある他人との繋がりなんだと今は思う」

翔鶴「……もしかすると、これも明日には変わってるかもしれないけどね」


309 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 09:59:11.10 ID:GX3m7KNe0

瑞鶴「……」

翔鶴「もう……何で泣くのよ」

瑞鶴「分かんない……」

瑞鶴「なんか……自分が情けなくて、翔鶴ねぇが凄い羨ましくて」

瑞鶴「翔鶴ねぇが居てくれて嬉しくて、そんな強い翔鶴ねぇが妬ましくて」

瑞鶴「多分まだ色々あるけど……もう分かんない」


310 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 10:00:03.38 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「……」

翔鶴「私も、そんな貴女が本当に面倒で、意味が分からなくて……大好きよ」ギュッ

瑞鶴「私も……好き……」ギュッ

翔鶴「よしよし」

瑞鶴「……」


311 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 10:00:50.31 ID:GX3m7KNe0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翔鶴「瑞鶴」

瑞鶴「……ん」

翔鶴「明日、提督と話しなさい」

瑞鶴「……」

翔鶴「あの人は馬鹿だし最低だけれど」

翔鶴「私達に対して一生懸命よ」

瑞鶴「……うん」

翔鶴「……頑張ってね、私の妹」


312 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 10:02:32.85 ID:GX3m7KNe0

翔鶴「それともう一つお願いしていい?」

瑞鶴「何?」

翔鶴「私が駄目になった時は、貴女が私を励まして」

翔鶴「私は自信満々に見えるかもしれないけど、そんなの気のせい」

翔鶴「薄氷を踏むが如し、なんだから」

瑞鶴「……ぷっ、何でことわざ」

翔鶴「……使いたかったの」

瑞鶴「知ってます」


313 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 10:03:00.09 ID:GX3m7KNe0

瑞鶴「大丈夫だよ」

翔鶴「えっ?」

瑞鶴「姉さんの妹は凄い奴なんだから」

翔鶴「……そうね、今はとても頼りないけれど」

瑞鶴「へへっ……そこは将来性込みって事で」

翔鶴「はいはい」


314 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 10:03:38.07 ID:GX3m7KNe0

瑞鶴「姉さん」

翔鶴「何ですか」

瑞鶴「大好き」

翔鶴「知ってます」


瑞鶴「……知られていました」

瑞鶴「……」

瑞鶴「あはっ!」


315 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 10:04:09.63 ID:GX3m7KNe0


小休止

317 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:19:48.77 ID:GX3m7KNe0

提督「あー、どうしたものか……」

提督「……」トボトボ

日向「やっ」

提督「……日向か」

日向「不満か?」

提督「瑞鶴が良かった」

日向「艤装の航空甲板は似ているから、それで我慢してくれ」


318 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:20:27.89 ID:GX3m7KNe0

提督「はいはい」

日向「声をかけたのは酒への誘いだ」

提督「今日はそんな気分じゃないな」

日向「ま、そんな日もあるか」

提督「お前、今日の朝なんで俺を無視したんだ」

日向「瑞鶴の事を思うと無視する他無かった」

提督「どうせ詰まらん理由だとは思っていたが……」


319 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:21:12.75 ID:GX3m7KNe0

日向「詰まらなくて悪かったな」

提督「いいよ。慣れっこだ」

日向「……まぁいい。見逃してやる」

提督「で、無視する他無かった奴が何故俺を酒に誘う」

日向「姉としては君を許せないが、友人としては別さ」

提督「頭がおかしくなったのか?」

日向「前からだ」

提督「確かに」

日向「うるさい」ボカッ

提督「いって!!!」


320 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:21:45.34 ID:GX3m7KNe0

日向「人が下手に出ていれば調子に乗って」

提督「くくくっ……」

日向「……いけない場所を殴ってしまったか?」

提督「この感じ、良いな」

日向「うん?」

提督「気にするな」


321 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:22:22.87 ID:GX3m7KNe0

提督「お前、無駄に翔鶴につっかかるの止めろよ」

日向「……君からはどう見えている?」

提督「何がだ」

日向「あー、翔鶴と私の口論だ」

提督「お前が見苦しい」

日向「……」

日向「悔しいが認めよう」

提督「自分でも分かっているのか?」

日向「君、私がそれ程までに愚鈍だと思っていたのか?」

提督「らしくない、とは思っていた」


322 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:23:12.19 ID:GX3m7KNe0

日向「君だって目の前に急に壁が現れれば乗り越えようとするだろう」

提督「ふむ、壁というのは翔鶴な訳だ」

日向「まぁな」

提督「で、あの態度か」

日向「うむ」

提督「馬鹿かお前」

日向「……言わないでくれ」


323 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:23:52.76 ID:GX3m7KNe0

提督「見ていて言い掛かり甚だしい」

日向「うーむ……だが君だって分かるんじゃないか」

提督「分からんね」

日向「話を最後まで聞け。このお坊ちゃまが」

提督「俺が壁にもぶち当たった事の無い若造に見えるのか」

日向「うむ」

提督「じゃあな。おやすみ」

日向「勿論見えないさ」


324 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:24:34.96 ID:GX3m7KNe0

提督「士官学校は生き馬の目を抜く世界だぞ」

日向「でも君は」

提督「身分なんて伏せるに決まってるだろ」

日向「へぇ」

提督「顔見知りだった教官には寧ろ俺に辛く当たるよう言っておいた」

日向「何故だ?」

提督「俺が並では、依怙贔屓と身分に文句を言う輩がいるからだ。お前みたいな奴だな」

日向「むっ……」


325 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:25:15.35 ID:GX3m7KNe0

提督「出来る限り力は尽くしたよ。今こうしてお前と喋れるのも士官学校があってこそだ」

日向「……すまん」

提督「翔鶴にもそれ位素直に接してやれ」

日向「あいつの前に行くと、負けてたまるかと思ってしまうんだ」

提督「……」

日向「見上げてもまだ全体が見えない程に大きい」

提督「……」

日向「だから、せめて蹴るくらい許してくれ」


326 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:25:59.46 ID:GX3m7KNe0

提督「許せばいいのなら許すぞ」

日向「……」

提督「俺は優しいからな」

日向「違う、な」

提督「だろ」

日向「すまん」

提督「気にするな」


327 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:26:40.60 ID:GX3m7KNe0

提督「俺にもどれだけ努力しても勝てない奴らが居てな」

日向「へぇ」

提督「結局俺のハンモックナンバーが1番になる事は無かった」

日向「……君、1番を狙っていたのか?」

提督「生きるにはどうしても力が必要だ。自分の意思を通すには尚更な」

日向「……そうだな」

提督「だから、そいつらを前にすると胸が痛んだよ」

日向「……」

提督「俺もお前の気持ちが全く理解出来ない訳じゃ無いんだ」

提督「ま、お前ほど露骨じゃなかったけどな」


328 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:27:10.45 ID:GX3m7KNe0

日向「……君、手を出せ」

提督「?? 手か?」

日向「ああ」

提督「ほら」スッ

日向「……大きい手だな」サスサス

提督「はは! 何だそれは」

日向「……」チュッ

提督「!?」


329 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:28:03.56 ID:GX3m7KNe0

提督「おい! 馬鹿!! 天下の往来で何やってんだ!!」

日向「手の甲へのキスなんて欧米では珍しくも無いだろう」

提督「し、しかしだな……」

日向「別にこれ以上の事をする気は無い」

提督「当たり前だ!!」


330 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/15(火) 15:28:53.75 ID:GX3m7KNe0

日向「君の過去へ、私なりの餞別さ」

日向「私の傷を舐めてくれてありがとう」

日向「お陰で傷が治りそうだ」

提督「お前なら自力でも治せたよ」

日向「馬鹿、嫌味だよ」

提督「知ってるよ」

日向「ふん」

提督「わはは」

333 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:20:13.30 ID:944Rqssk0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

提督「瑞鶴」

瑞鶴「……はい」

提督「朝食が終わったら執務室まで来い」

瑞鶴「はい」


334 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:22:13.70 ID:944Rqssk0

翔鶴「……」モグ

日向「隣、いいか?」

翔鶴「はい」

日向「失礼するよ」

翔鶴「……」モグモグ

日向「今日は鮭だな」

翔鶴「……ええ」


335 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:22:44.34 ID:944Rqssk0

日向「……自分の事ながら食事を消化できる仕組みが未だに理解出来ん」

翔鶴「……そうですね」

日向「妖精さん恐るべし、だな」

翔鶴「……ええ」

日向「……」パク

翔鶴「……」モグモグ


336 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:23:12.27 ID:944Rqssk0

日向「ん……」

日向「この鮭味付けが薄くないか」

翔鶴「そうですか?」

日向「そこの醤油を取ってくれ」

翔鶴「あまり味付けを濃くしてはいけません」

日向「人間かお前は」

翔鶴「駄目です」

日向「……分かったよ」


337 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:23:48.38 ID:944Rqssk0

日向「……お前に対する私の今までの態度だが」

翔鶴「……」

日向「悪いとは思うが謝る気は無いからな」

翔鶴「……そうですか」

日向「……そうだ」


338 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:24:26.54 ID:944Rqssk0

日向「今日は瑞鶴と一緒に食べないんだな」

翔鶴「私が居ると不都合があります」

日向「そんな事無いだろう」

翔鶴「昨日提督の話を聞くよう説得をしました」

翔鶴「今の私は傍に居るだけで瑞鶴への圧力になってしまいます」

翔鶴「必要な事はもう全部言いましたから、事態が収束するまで見守るだけです」

日向「……御慧眼」

翔鶴「……どうも」


339 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:24:55.35 ID:944Rqssk0

日向「お前はやっぱり凄いな」

日向「私なら間違いなく一緒に飯を食っている」

翔鶴「……」

日向「瑞鶴の事を思えばこその振る舞いな訳だ」


340 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:25:30.43 ID:944Rqssk0

翔鶴「……どうぞ」コト

日向「ん? 醤油?」

翔鶴「お使いになるのでは?」

日向「……」

日向「いらん」


341 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:26:11.13 ID:944Rqssk0

翔鶴「……」

翔鶴「そうですか」

日向「味が濃いのは駄目なんだろう?」

翔鶴「……私には十分濃かったので」

日向「では、やはりいらん」

日向「多分君の味覚の方が正しい」

翔鶴「……そうですか」


342 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:26:41.56 ID:944Rqssk0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コンコン

瑞鶴「瑞鶴です」

提督「入れ」


343 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:27:09.66 ID:944Rqssk0

瑞鶴「失礼します」

提督「呼び立ててすまん」

瑞鶴「……いえ、私こそ何度も無視して申し訳ありません」

提督「気にするな」

瑞鶴「……」

提督「……」


344 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:27:40.03 ID:944Rqssk0

提督「な、何か飲むか」

瑞鶴「はっ、はい!」

提督「そうだよな! 食後の一杯は良い物だ!」

提督「ちょっと待てよ! コーヒーと紅茶どっちが良い!」

瑞鶴「コーヒーで!」

提督「分かった!」



345 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:28:17.32 ID:944Rqssk0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

瑞鶴「……」

提督「……」

瑞鶴「……」

提督「……」


346 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:28:50.22 ID:944Rqssk0

瑞鶴「あの、時雨さんは……」

提督「急な変更だが、出撃班に廻って貰った」

瑞鶴「じゃあ秘書艦は……」

提督「……お前だ」

瑞鶴「……」

提督「……」


347 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:29:42.19 ID:944Rqssk0

提督「……この前は済まなかった」

瑞鶴「……いえ」

提督「少し場を和ませようと思ってだな」

提督「気の利いたブリティッシュジョークを一発入れたつもりだった……」

瑞鶴「……馬鹿ですか?」

提督「……そう言われても仕方ない」

瑞鶴「でも、もういいです」

提督「もういい?」

瑞鶴「終わったことを言っても仕方ありませんから」

提督「……」


348 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:30:40.97 ID:944Rqssk0

瑞鶴「提督、聞いて下さい」

瑞鶴「……」

瑞鶴「私、提督が好きです」

瑞鶴「提督の特別になりたいです」

瑞鶴「どうすればいいですか」


349 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:31:07.35 ID:944Rqssk0

提督「真っ直ぐな言葉だな」

提督「……どうすればいい、か」

瑞鶴「……」

提督「特別であると感じるのは結局お前な訳だから、俺にそれは分からんよ」

瑞鶴「分からない……?」


350 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:31:57.98 ID:944Rqssk0

提督「仲睦まじく愛し合う男女の行き着く先は、極論してしまえば子を設ける事となる」

瑞鶴「……」

提督「それ以外の愛は人間の本能に抗い生産的でない行為と言える」

提督「例え美しかろうが動物としては無益」

提督「子孫を作る事は神話の時代から変わらぬ人間の条理だ」

瑞鶴「……」

提督「人間の、な」

瑞鶴「……」


351 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:32:30.60 ID:944Rqssk0

提督「お前らは俺の女だ」

提督「だが生物学的には人間では無い」

提督「子も出来ん」

提督「だから性行為は、お前達との関係の終着点ではない」

提督「俺個人の意見を言わせてもらえば、お前が前に言った『特別』でも何でもない」


352 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:33:17.77 ID:944Rqssk0

提督「お前たちが望むなら俺は性行為をしよう」

提督「俺自身には性欲もある。人を模した艦娘が相手なら別段苦痛な行為ではない」

提督「俺の体感だが、人間の女と遜色無いぞ」

提督「ただ、それだけだ」

提督「多分まだ行為をしたことが無いお前に判断は出来ないだろうが」

提督「確かに普段とは違った感覚を得ることは出来る」

提督「肌の触れ合う感覚、息遣い、理性の無い世界、官能の意味を理解出来るだろう」

提督「ただ、それだけだ」


353 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:34:09.94 ID:944Rqssk0

提督「そして何より」

提督「性行為をしたことで、日向が俺の中でより特別な存在へと変化はしていない」

提督「特別な事をしたつもりも無いからな」

瑞鶴「……」


354 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:38:05.05 ID:944Rqssk0

提督「だから、性行為をしてもお前の言う『特別』を感じさせてやれる確信は無い」

提督「俺にはお前の特別が分からん」

提督「無責任な言い方だが……お前が何に特別を感じるか俺は断片的にしか知らん」

提督「それと」

提督「俺にとってお前らは、勿論お前も、既に俺の中で特別な存在だぞ」

提督「……こんなもん気休めか」


355 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:38:34.21 ID:944Rqssk0

瑞鶴「分かった」

提督「……」

瑞鶴「……ねぇ提督」

提督「ん?」

瑞鶴「じゃあ、私じゃなくて……提督にとっての特別って何なの……?」


356 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:39:33.51 ID:944Rqssk0

提督「命を懸けるに値する存在である事だ」

瑞鶴「艦娘は皆特別?」

提督「ああ」

瑞鶴「その特別な艦娘が同時に危なくなったらどうするの」

提督「全員助ける」

瑞鶴「……艦娘三人を見捨てて四人が確実に助けられる状況ならどうするの」

提督「全員助ける」

瑞鶴「だから……」

瑞鶴「全員が無理な時はどうするのかって聞いてるの!!!!」

提督「そんな状況は無い」

瑞鶴「ふざけないで!!」


357 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:40:26.12 ID:944Rqssk0

瑞鶴「あんた何人も沈めてるんでしょ」

瑞鶴「なら分かる筈よ」

瑞鶴「それはただの理想論」

瑞鶴「結局助ける優先順位をつけるしかない時が来る……」

瑞鶴「あんたの特別は口先だけの戯言よ」


358 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:41:21.24 ID:944Rqssk0

提督「何度でも言う」

提督「俺の望みは夢は、俺の艦娘全員の未来とその幸福だ」

提督「以前の俺は一人だった」

提督「今は違う」

提督「翔鶴が、日向が居てくれる」

提督「あの二人が居てくれる」

提督「あいつらと一緒ならみんな守る事が出来る」


359 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:46:53.89 ID:944Rqssk0

瑞鶴「本当にそれが、貴方の望み?」

提督「ああ」

瑞鶴「……艦娘の未来と幸せを願うと、私に本当に誓える?」

提督「誓おう」

瑞鶴「……何で艦娘の事をこれ程気に掛けるの?」

提督「うん?」

瑞鶴「もっと楽な道だって選べたはずよ」

提督「お前には前に話しただろう」

提督「惚れた弱みってのは強いんだ。日向の笑顔を美しいと思った時点で道は決まっていた」

瑞鶴「……ほんと馬鹿ね」


360 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:47:43.82 ID:944Rqssk0

提督「馬鹿で結構。馬鹿でなければ乗り越えられなかった」

瑞鶴「……提督」

提督「どうした?」

瑞鶴「私、やっぱり納得できない」

瑞鶴「提督が私の事を既に特別扱いしてても、私は満足出来てない」

瑞鶴「それなら提督の中の特別の特別になりたい、それで私自身も満足したい」

提督「……」


361 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:48:52.86 ID:944Rqssk0

瑞鶴「今まで私は……特別って、提督との形での繋がりだと思ってた」

瑞鶴「日向さんとお酒を飲む行為だったり、姉さんの膝枕だったり」

瑞鶴「提督と私だけの、私は自分がそんな何かに憧れてるんだと思ってた」

瑞鶴「でも違った」

瑞鶴「日向さんも、姉さんも」

瑞鶴「もう形なんか関係なく提督と深く心で繋がってる」

瑞鶴「今なら分かる」


362 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:49:33.50 ID:944Rqssk0

瑞鶴「私がどうすれば満足するか、今なら分かる」

瑞鶴「私は、提督にとっての日向さんや姉さんみたいな存在になりたいんだ」

瑞鶴「二人みたいな提督との深い心での繋がりに憧れている」

瑞鶴「私は困った時には提督に助けて貰いたい」

瑞鶴「……だけじゃない」

瑞鶴「提督の隣で一緒に戦いたい」

瑞鶴「提督の頼りにされたい、提督を助けたい」


363 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:50:08.04 ID:944Rqssk0

瑞鶴「貴方は私が既に特別だと言う」

瑞鶴「きっと、私が困った時には助けてくれる」

瑞鶴「例え命を賭けてでも助けてくれる」

瑞鶴「でも駄目」

瑞鶴「欲張りな私はそれだけじゃ足りない」


364 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:50:36.10 ID:944Rqssk0

瑞鶴「無意識かもしれないけど、提督は姉さんと日向の名前を挙げた」

瑞鶴「私なりに考えた」

瑞鶴「二人と私の違いは何か、何で私は名前を挙げられないのか」


365 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:51:37.82 ID:944Rqssk0

瑞鶴「気が付いたよ」

瑞鶴「私、今まで自分の事ばかり考えてた」

瑞鶴「『提督の特別になりたい』って単に私が『提督の特別である自分』が欲しかっただけ」

瑞鶴「提督の事何も考えずに我儘言ってただけ」

瑞鶴「……ごめんなさい」


366 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:52:22.75 ID:944Rqssk0

瑞鶴「姉さんや日向さんは」

瑞鶴「自分のしたい事を提督とするだけじゃない」

瑞鶴「提督のしたい事をしてあげられる存在なんだ」

瑞鶴「今は心の底から、そう思う」


367 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:53:21.81 ID:944Rqssk0

瑞鶴「だから」

瑞鶴「私は提督の望み……夢に私自身を賭けてみようと思う」

瑞鶴「荒唐無稽でどうしようもなく馬鹿な夢だと思うけど」

瑞鶴「貴方の夢を叶えてあげたい」

瑞鶴「……察しの悪い私には、それ位しか提督が本当にしたい事が分からない」

瑞鶴「……」

瑞鶴「お願いがあります」

瑞鶴「私が提督さんと同じ夢を追う事を許して下さい」



368 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:54:43.20 ID:944Rqssk0

提督「……俺の呼び方だが」

瑞鶴「えっ?」

提督「今日はやけに『提督』が多かったじゃないか」

瑞鶴「……」

提督「最後の最後で、やっと『提督さん』が出て来た」

瑞鶴「……『提督さん』って呼び方、何だか子供っぽいから」


369 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:55:24.51 ID:944Rqssk0

提督「柔らかくて俺は好きだけどな」

瑞鶴「……そうなんですか」

提督「……ああ」


370 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:57:29.90 ID:944Rqssk0

提督「幾つか言う事がある」

瑞鶴「……」

提督「まず、日向は『俺のしたい事をしてくれる存在』なのか?」

提督「自分勝手にしたい事をしているだけに見えるが」

瑞鶴「……提督さんには見えないだけですよ」


371 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:58:08.09 ID:944Rqssk0

提督「狸の癖に猫のような行動をする奴だ」

提督「俺に飽きればすぐ捨てるだろうな」

瑞鶴「そんな事ありません」

提督「さぁ、どうかな」

提督「だが、あれはあれで可愛げのある奴だ」


372 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 22:59:20.41 ID:944Rqssk0

提督「翔鶴は……自分で言うと恥ずかしいが、本当に俺の事を想ってくれている」

瑞鶴「はい」

提督「だからこそ、二択の決断を迫られた時には他の艦娘でなく俺を選ぶ気がする」

瑞鶴「……かもしれません」


373 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:00:29.12 ID:944Rqssk0

提督「瑞鶴、俺の夢を一緒に追うと言ってくれたのはお前が初めてだ」

提督「本当に嬉しいぞ」

提督「お願いされるまでも無く、概ね良いが」

提督「お前がその気なら頼みたいことが」

提督「要は条件が一つある」

提督「もし俺と俺の夢が天秤に掛けられたとき、お前は迷わず俺の夢を選んでくれ」

提督「俺は死んでも後悔しない」

提督「一緒に夢を追うならば、お前にこそ、この願いを託したい」

提督「いいか?」

瑞鶴「はい、嫌です」

提督「ありがとう」


374 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:01:01.16 ID:944Rqssk0

提督「……」

提督「……ん?」

提督「今お前、嫌って言ったか?」

瑞鶴「はい」

瑞鶴「絶対に嫌です」

瑞鶴「その条件は呑めません」


375 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:02:23.21 ID:944Rqssk0

提督「はぁっ!? 何故だ!?」

提督「呑めよ!!」

提督「俺の他の言いつけは全て破ってもいい」

提督「後から気が変われば、俺への好意も一言『嘘でした』と済ませてもいい」

提督「頼むからこの条件だ」 瑞鶴「コラッ!」バキィ

提督「がっ!?」


376 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:03:26.27 ID:944Rqssk0

瑞鶴「自分の艦娘は提督にとって特別な存在なんでしょ」

瑞鶴「いくら何でも少しは私の気持ちを尊重しなさい!!」

瑞鶴「一言嘘でした……なんてするか!!!」

瑞鶴「冗談でも、例え話だとしても二度と言わないで!!!!!」

提督「……すまん」

瑞鶴「反省してください!」

瑞鶴「森を見て木を見ず、とはこの事よ!」

提督「逆では……」

瑞鶴「この場合正しい!」


377 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:04:29.52 ID:944Rqssk0

瑞鶴「……」

瑞鶴「天秤になんて掛けさせません」

瑞鶴「提督の夢は勿論叶えます。でも私は、提督さんも幸せにします」

瑞鶴「万が一掛ける事になっても、私は必ず両方とも救ってみせます!」

瑞鶴「それが馬鹿な私が信じる、馬鹿な提督の為に出来る事です」

瑞鶴「だから条件は呑めません!」


378 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:06:41.55 ID:944Rqssk0

提督「……」

提督「……瑞鶴、本当にありがとう」

提督「俺は確かに森を見て、木を見ていなかった……」

瑞鶴「……艦娘に殴られて反省するなんて」

瑞鶴「みっともないですよ」


379 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:07:41.10 ID:944Rqssk0

提督「……すまん」

瑞鶴「……私こそ」

瑞鶴「みっともないのは提督の専売特許でした」

提督「ふっ」

瑞鶴「私も提督と同じ夢、追いかけて良いですよね?」

提督「ああ、寧ろこちらからお願いする」

提督「こんな頼りない俺だが、よろしく頼む」

瑞鶴「……はい」


380 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:09:14.45 ID:944Rqssk0

瑞鶴「……」

瑞鶴「……あれ」ポロポロ

瑞鶴「おかしいな」

瑞鶴「あはは、安心したら涙が出てきて」

瑞鶴「どういう仕組みなんですかね、これ」

瑞鶴「あー、おっかしいなぁ」

瑞鶴「折角台詞も決まったのに……これじゃあ台無しです……」ポロポロ

瑞鶴「うぅ……」


381 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:09:52.87 ID:944Rqssk0

提督「……昔と比べて、随分と綺麗に泣けるようになったじゃないか」

瑞鶴「アレは……痛くて泣いたんです。理由が違います……」

提督「……そうだったな」

瑞鶴「提督は……いつも私を泣かせます」

提督「……そうだな」

瑞鶴「最低です……」

提督「……かもな」


382 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:10:21.94 ID:944Rqssk0

提督「……」

瑞鶴「……」

提督「……」

瑞鶴「……」


383 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:11:29.43 ID:944Rqssk0

提督「実は俺は、お前が苦手だった」

瑞鶴「……」

提督「姉の事で一々突っかかって来るし、口は悪いし」

瑞鶴「……」

提督「何より、お前の真っ直ぐさを恐れていた」

瑞鶴「……恐れていた?」

提督「抜身のナイフを警戒するのは当然の事だ」

瑞鶴「私はそんなに危険じゃありません!」


384 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:12:34.68 ID:944Rqssk0

提督「自分に手の届かないもの、既に失ってしまったものを心は拒絶する」

提督「お前の真っ直ぐさは、あの時の俺から見れば凶器に近かった」

提督「歳を食う毎に、自分の中の後悔や矛盾は増えていく」

提督「そんなモノがあれば、もう真っ直ぐだった頃には戻れん」

提督「眩しいものの近くには居られなくなる」

提督「自分の暗い部分を照らし出されてしまうからな」

提督「曝け出し、指摘されるのが怖くなるんだ」

提督「日向だって無意味に翔鶴に突っかかっている訳では無い」

提督「あいつなりに必死にやっている」


385 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:14:11.70 ID:944Rqssk0

瑞鶴「提督さんは……今はもう平気なの?」


提督「俺はもう開き直った」

提督「清濁併せ持つのが心の特性なんだろう、と」

提督「だったら恥ずかしがっても仕方あるまい」

提督「……と思えるようになった」

提督「皆のお陰でな」


386 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:15:07.44 ID:944Rqssk0

提督「それに、だ」

提督「俺が間違った道を選択した時、日向が間違いを指摘してくれた」

提督「俺の心が弱っていた時、翔鶴が傍で支えてくれた」

提督「そして今、困難な夢を実現させる為に、お前が俺を助けようとしている」

提督「……こんな良い奴らに囲まれていながら、ウジウジと日陰に居られる訳が無かろう」


瑞鶴「……そだね」


387 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:15:34.86 ID:944Rqssk0

提督「瑞鶴、ちょっとこっちへ来い」

瑞鶴「え?」

提督「いいから」


388 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:16:40.37 ID:944Rqssk0

瑞鶴「な、何するの……?」

提督「お前が望んだ事だ」

瑞鶴「……えっ?」

提督「こうする」ダキ


389 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:17:31.06 ID:944Rqssk0

瑞鶴「きゃっ!?」

提督「……」ギュ

瑞鶴「ちょ、待ってください! 心の準備が!! まだ昼だし!!」

瑞鶴「流石に執務室は不味いですって!!!」

提督「落ち着け」

瑞鶴「ていうか提督! 興味無さそうな振りして襲うなんて卑怯です!!」

提督「落ち着けと言っている」

瑞鶴「……」


390 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:18:07.65 ID:944Rqssk0

提督「別にお前とするつもりは無い」

瑞鶴「……じゃあ何で私は抱き締められているんですか」

提督「今日を境に……俺とお前の関係は変化するだろう」プルプル

提督「その前に少し……俺の事を知って欲しかった」プルプル

瑞鶴「……何で提督はプルプル震えてるんですか」

提督「全力で……抱き締めているからだ」プルプル

瑞鶴「……嘘ですよね?」


391 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:19:17.82 ID:944Rqssk0

提督「……嘘ではない」プルプル

提督「俺の……全力だ……」プルプル

瑞鶴「……全然痛くありません」

提督「……力を緩めるぞ」プルプル

提督「ふぅ……」

瑞鶴「……」


392 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:20:11.42 ID:944Rqssk0

提督「……嘘ではない」プルプル

提督「俺の……全力だ……」プルプル

瑞鶴「……全然痛くありません」

提督「……力を緩めるぞ」プルプル

提督「はぁ……」

瑞鶴「……」


394 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:21:04.24 ID:944Rqssk0

提督「見落としがちだが、俺の力じゃお前に勝てん」

提督「面白いだろう」

瑞鶴「……別に面白くありません」

提督「ははっ!! そうか!」


395 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:22:30.47 ID:944Rqssk0

提督「あとな」

瑞鶴「……」

提督「お前の匂いを覚えておきたかった」

瑞鶴「……」

提督「不思議な事に、艦娘は何故か一人一人違った匂いがするんだ」

提督「お前は……爽やかな感じだな」スンスン


396 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:23:55.79 ID:944Rqssk0

瑞鶴「……変態っぽいです」

提督「こんな人間なんだ」

瑞鶴「……私は提督さんの加齢臭を近くで嗅ぎ過ぎて……頭がくらくらします」

提督「俺はまだ加齢臭のする年齢じゃないぞ」


397 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:25:00.91 ID:944Rqssk0

瑞鶴「姉さんや日向さん、木曾さん達とは明らかに違う匂いがします」

提督「そうなのか」

瑞鶴「離れても匂います。なんかこう……男ぉ……って感じです」

提督「……すまん」


398 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:25:50.08 ID:944Rqssk0

瑞鶴「身だしなみには気を付けて下さい」

提督「……善処する」

瑞鶴「善処しちゃってください」

提督「突然抱き締めて済まなかったな」

瑞鶴「本当にびっくりしました」


399 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:26:49.87 ID:944Rqssk0

提督「そろそろ離れ」 瑞鶴「嫌です」

提督「……は?」

瑞鶴「……もうちょっとこうしてて下さい」

提督「いや、お前が不快な思いをするだけだぞ」

瑞鶴「……さっき嘘を吐きました」

提督「????」


400 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:27:33.74 ID:944Rqssk0

瑞鶴「……実は提督の匂い、言うほど嫌いじゃないです」

提督「……」

提督「……」ゾクゾク

瑞鶴「……今は提督さんに包まれてて……何か安心する」

提督「……」ゾクゾク


401 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:28:22.74 ID:944Rqssk0

瑞鶴「……提督さん」

提督「……何だ」

瑞鶴「……ちょっとやらしい気分になってるでしょ」

提督「……なってない」

瑞鶴「……ズボンが段々硬くなってるんだけど」

提督「………………すまん」


402 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:29:05.03 ID:944Rqssk0

瑞鶴「……別にいいよ」

提督「……」ゾクゾクゾクゾクゾク

瑞鶴「……また硬くなった」

提督「……」

瑞鶴「……初めてなので……優しくしてください」

提督「……」プチッ


403 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:29:37.01 ID:944Rqssk0

提督「……」

瑞鶴「……」

提督「瑞鶴……」

瑞鶴「提督さん……」


404 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:30:25.87 ID:944Rqssk0

長月「ん、執務室の前で何やってんだお前ら」

??「うわっ、長月!」

??「おい、押すんじゃない!」

??「皆さん駄目です! 聞こえてしまいます!」

??「あっ」

??「も、もうクマリンコ!!」


405 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:30:52.28 ID:944Rqssk0

ガチャ

ドタタタタ

木曾「いてて……」

日向「おい木曾、倒れ掛かって来るなよ」

木曾「だって長月が急によー」

翔鶴「……あははは」

時雨「痛いなぁもう」


406 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:31:35.19 ID:944Rqssk0

提督「お前ら居たのか」

日向「我々には構わず続きをやってくれ」

時雨「瑞鶴さん! ファイト!」

翔鶴「こ、こら時雨!! 少し気になってしまって……お、おほほほ」

三隈「クマ……」

木曾「皆大胆なんだな……全然知らなかったぜ」

長月「……何やってたんだお前ら……提督と瑞鶴も」


407 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:32:06.37 ID:944Rqssk0

提督「……」

瑞鶴「……」

日向「まぁそういう訳だから、ごゆっくり、な」

長月「お、おい私は提督に用があっ」

パタン


408 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:32:38.87 ID:944Rqssk0

提督「……見られてしまったな」

瑞鶴「……」

提督「……大丈夫か?」

瑞鶴「……」

瑞鶴「ムッキャァァアアアア!!!!!!!!!」

提督「のわっ!!!!」


409 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:34:03.13 ID:944Rqssk0

瑞鶴「キッシャァァァァァ!!!!!!!」

日向「うわっ! 瑞鶴が追いかけて来たぞ! エンガチョ!!」

時雨「きったぁ!!!!」

日向「助かる!」

木曾「とにかく今は逃げるぞ!!!」

三隈「クマリンコー!!!!!!」

翔鶴「瑞鶴! 落ち着いて!!! 瑞鶴ぅぅぅ!!!」

瑞鶴「キョワッ!! キョワァァァァア!!!!」

長月「何が起こっているんだ〜〜〜!?!?!?!?」


410 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/16(水) 23:34:40.59 ID:944Rqssk0

提督「瑞鶴……堕ちたか……」

提督「南無」

提督「……」

提督「仕事するか」

416 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:28:06.65 ID:ovd9q8bw0

瑞鶴「彩雲より入電、地点18-90にて艦影6、艦種……全て重巡」

日向「本土近海なのに馬鹿みたいな編成だな」

長月「ああ……手強い」

木曾「あいつらの拠点はハワイだろ? 羅針盤の力にも負けず、遠路遥々よくもまぁ」

三隈「逆に褒めて差し上げたい位ですわ」

瑞鶴「北北東に40ノットで移動中、直線上にあるのは……東京湾です」

翔鶴「確かにこれは、遠征艦隊の手には余る相手です」

日向「首都行きか」


417 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:29:36.15 ID:ovd9q8bw0

木曾「大体、第四管区はおかしいんだよ!」

長月「まーた始まった」

木曾「担当海域の面積同じだから平等、なんてこたぁねぇ」

木曾「首都防衛圏で見ると俺達の負担が大きいじゃないか!」

日向「期待されているんだよ、私達は」

長月「何の為に正規空母が二隻も配置されてると思ってる」

木曾「戦うのは別に良い、俺の仕事だからな」

木曾「でも理不尽なのは我慢ならねぇ!!!」


418 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:30:15.61 ID:ovd9q8bw0

瑞鶴「仕方ないですよ木曾さん」

翔鶴「提督の政治的な立場は弱いのですから」

瑞鶴「そゆことー」

木曾「……言っても仕方ないか」

長月「いつもこの結論に至るんだよな」


419 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:31:05.09 ID:ovd9q8bw0

日向「どうする? 見逃して次の第三管区の連中に相手をさせるか?」

長月「冗談か?」

木曾「別に、戦い自体は嫌いじゃねぇよ」

三隈「クマリンコ!」

瑞鶴「一回でも逃せば総司令部の連中が黙ってない」

翔鶴「提督と一緒に居るためには……」

日向「戦うしかない、な」


420 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:31:37.79 ID:ovd9q8bw0

翔鶴「攻撃隊、全機発艦」

瑞鶴「攻撃隊、発艦!」

日向「頼んだぞ、重巡は小さな戦艦だからな」

木曾「出来る限り減らしてくれよな」

長月「よーしお前ら! 艤装駆動、通話装置のチェックしろ!」

長月「砲戦になると声が完全に届かないからなー」

三隈「了解ですわ!」

421 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:33:57.25 ID:ovd9q8bwo

日向「あー、あー」

日向「よし」ピッ

日向「あー、第四管区司令部、聞こえるか」

オペレーター「はい、こちら第四管区司令部」

日向「こちら出撃班、旗艦日向、現在位置は第四管区22-73」

日向「島嶼防衛隊からの通報に該当すると思われる敵艦隊を瑞鶴偵察機が発見した」

日向「敵艦隊の現在位置は第四管区18-90、北西に向かって40ノットで移動中」

日向「艦種は通報通り重巡六隻」

日向「これより迎撃に移る。民間船に警報を出してくれ」

オペレーター「司令部了解」

日向「ありがとう。よろしく頼むぞ」



422 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:34:48.93 ID:ovd9q8bwo

日向「どうだ、問題無いか」

長月「お前以外、チェック完了だ」

日向「……五秒待て」

日向「……」カチャカチャ

日向「問題無い」

日向「行くぞ!!!」



423 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:35:41.54 ID:ovd9q8bwo

日向「第二戦速、こちらも40ノットだ」

日向「予想される進路に先回りして敵の頭を抑える」

日向「五航戦、随時報告を頼む」

翔鶴「了解!」

日向「遭遇したら瑞鶴、翔鶴は後方で待機、飛行甲板をやられるな」

日向「孤立しないように着いて来いよ」

日向「残りは砲雷撃戦に突入だ!」

「「「「「了解!!」」」」」



424 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:37:30.04 ID:ovd9q8bwo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

瑞鶴「偵察の彩雲より引き続き入電、敵、進路変わらず」

翔鶴「あと五分で攻撃隊が敵と接触します」

日向「進路計算……よし、18-50で迎え撃つぞ。引き続き第二戦速を維持せよ」

長月「了解!」

日向「あー、第四管区司令部、聞こえるか」

海戦は変わった

二次大戦において海戦の主役は巨大な戦艦から航空機へと移った

ミサイル兵器とその発達は

戦う相手との距離を次第に離し、科学の目でしか相手を捉えられない状況下での戦いに移行する

かと思われた



425 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:38:38.63 ID:ovd9q8bwo

深海棲艦は人類の従来の海上戦闘の常識を覆す存在だった

超小型、高速、高火力、加えて人類側の攻撃兵器は全く有効打足り得ない事実

故人をして、太平洋の海軍は三日で死滅した……とまで言わしめた

そんな中、妖精側からの技術給与により対抗兵器として艦娘が生まれる


426 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:40:23.55 ID:ovd9q8bwo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「攻撃隊から入電が来ました! 敵二隻撃沈、一隻小破、我損害二十余! 制空権確保!」

「良くやった! 回収して第二次攻撃隊の発艦準備だ」

「了解です!」

「ん! 敵艦見ゆ! 十時の方向!」

「良く見つけたちびっ子! 雷撃行くぜ!」

魚雷も我々の知る通常の物でない
水中で一本につき64本の子魚雷を放出し、若干ではあるが追尾機能と一部は近接信管を備えている



427 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:41:46.36 ID:ovd9q8bwo

「よっしゃぁ! 一隻撃沈!」

「いいぞ! 流石、重雷装艦の名は伊達じゃないな」

「流石だ魚雷馬鹿!」

「当ったり前よ! 後は任せたぜ、お二人さん」

「……ああ……待ちに待った砲撃戦だ」

「クマリンコ!」

艦娘

戦闘における彼女たちの役割は敵に有効打を加えうる艤装の火器管制と、海におけるそのプラットフォームになる事である

小型、高速の敵に対して従来の軍艦のような大型プラットフォームは無用の長物となった

妖精側から未だに遠距離無線誘導兵器の技術は開示されておらず、

資源問題や連戦障害を抱え、夜戦不可の航空機に比べ、砲雷撃は安定して敵を倒す最良の手段といえる



428 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:42:12.46 ID:ovd9q8bwo

敵の出した難題への一つの答え、砲撃を追求した完成形こそが、

敵と同様に小型で、より超高火力、より超重装甲の存在

「主砲一斉射……てぇ!!!!!」

戦艦である


429 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:44:00.26 ID:ovd9q8bwo

大型艦同士の砲撃戦は、今や壮大かつ厳粛な物では無い

両者とも海をまるでスケートリンクに見立て縦横無尽に走り回るため、

予測計算、弾道計算された射撃は精密射撃足り得ない

例え直撃しても、遠距離もしくは当たり所が悪ければ、異常に分厚い装甲を貫く攻撃足り得ない



その為、厚い装甲を持つ敵艦に対しては、彼らの匂いが感じられる程に肉薄し

「ガゥゥゥアァァァァァァ!!!!!!!」

「はぁぁぁぁああああ!!!!!」

時には組み合い殴り合い、どちらかが動かなくなるまで殺し合う

「クマァァァアアアア!!!!!」

「ギィィィィィ!!!!!!!!」



430 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:45:02.47 ID:ovd9q8bwo

人の科学が、歴史が、徐々に遠ざけてきた敵との距離は、特殊な状況下でゼロになる

「ガギォィィィイ!!!」

「ぐぅうぅぅぅ!!!!!!」

「いったいなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」

「お前がぁぁぁぁぁぁくたばれぇぇぇぇえ!!!!!」

「グゲッ!? ガッ……ガァァァァ!?」

「一隻撃沈!!!! 次だぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!!!!!!!!」


四散した敵の体液が顔にかかる

死に悶える敵の顔が脳裏から離れない

姿形が自分と似ていて本当に腹が立つ

今の敵に言葉は通じないが、砲撃戦の時であれば意思は通じる

この時間はそんな時間

分かっていても狂わずにはいられない

叫ばずには恐怖を殺しきれない

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!」

残酷な、私達の時間



431 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:46:26.98 ID:ovd9q8bwo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

総司令部長「今連絡が入りました……近海まで進出してきた敵艦隊は、日向艦隊が撃滅したようです」

総理大臣「そうか、良くやってくれた」

海軍大臣「またあの艦隊か、よく名前が出てくるものだ」

総司令部長「下っ端の第四管区だからな。汚れ役は目立つんだよ」

戦略資源管理省大臣(戦資大臣)「はははっ! 違いない!」

艦政本部長「日向艦隊の提督はとんでもない変態らしいですね」

総理大臣「そうなのか」

総司令部長「艦娘を自分の女だと公言しているそうだ」

戦資大臣「おっ! 私もその噂は聞いたことがあるぞ!」



432 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:47:44.89 ID:ovd9q8bwo

山内「皆さん」

山内「ここ一か月ほど、日本近海への深海棲艦進出頻度が異常に上昇しています」

山内「今日の会議も、その状況に対応するための会議の筈です」

山内「そんな中、今日も重巡六隻が侵入し、首都防衛圏内で撃退された」

戦資大臣「何も問題は無いじゃないか」

総司令部長「そんな事を心配していたのか?」

山内「……本当におめでたい人達だ」

海軍大臣「なにぃ!?」



433 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:49:06.95 ID:ovd9q8bwo

総司令部長「……若造、元老様のお気に入りだからと言って、調子に乗るなよ」

戦資大臣「もう二次大戦の頃とは違う!! 聨合艦隊なぞ最早お飾りに過ぎん!」

戦資大臣「この前のハワイ攻勢も失敗! 大失敗!」

戦資大臣「どうしてもと頼まれたから、私が必死になって他方面に働きかけてやったのに!」

戦資大臣「貴重な資源をバカバカ使いおって! 平時何年分の資源が無駄になったか!!」

戦資大臣「今日の本土防衛対策会議に何故お前が出席しているか理解出来ん!」



434 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:50:10.59 ID:ovd9q8bwo

山内「私はハワイ攻勢に反対でした」

戦資大臣「そんな言い訳が通るかぁ!!! 今はお前が聨合艦隊長官だろうがぁ!!!」

山内「……」

総理大臣「まぁまぁ、君達、落ち着きたまえ」

総理大臣「長官は一体何を恐れているのかね」

山内「本土近海にも敵艦隊が来る事はありました」

山内「それは最高でも水雷戦隊を基本とした弱小艦隊ばかりでした」

山内「ですが、ここ一か月ほどは大型艦が多数含まれた有力な艦隊が襲来しています」



435 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:50:48.86 ID:ovd9q8bwo

山内「第四管区では今まで弱小な敵に二線級の遠征艦隊で対応して来ました」

山内「弱小で無い敵には本隊を当てるしかありません」

山内「本隊には他に日々の任務が課されています。現状では負担が大きすぎます」

山内「首都防衛圏は絵に描いた餅です」


436 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:51:34.75 ID:ovd9q8bwo

総司令部長「負担が大きいからこそ、戦艦一隻と虎の子の正規空母を二隻配備している」

山内「……それは元老の指示だからでしょう」

海軍大臣「きさまぁ!!! 軍人の分際で政治家に愚弄するのか!!!」

山内「……」



437 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:52:09.73 ID:ovd9q8bwo

総司令部長「先の大戦では貴様ら軍人が暴走したから国民が割を食った」

海軍大臣「だからこそ、公正な選挙で選ばれた我々政治家が文民統制をしているのだ!」

戦資大臣「君、自分の立場分かってるのかな?」

山内「……自分は首都防衛体制の見直しの提言をしているだけであります」

総理大臣「長官、もういい」

山内「……」



438 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:53:21.01 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「長官、君は第四管区長の提督と同期だったね?」

山内「……はい」

総理大臣「凄いじゃないか、三十半ばで横須賀鎮守府第一管区長兼聨合艦隊長官なんて」

総理大臣「君も、君の同期も、私が噛みそうな位凄いよ」

山内「……」

総理大臣「通常の軍隊なら有り得ない昇進だよ」

山内「……」


439 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:53:55.13 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「ここは日本だ、普通なら有り得ない国だ」

総理大臣「この国で軍隊は国民の奴隷なんだ」

総理大臣「国民から見れば君達は国を、海を守ろうとする英雄だろうね」

総理大臣「海軍に入ってみて分かっただろう」

総理大臣「君達は英雄でも何でもないし、自由でもない」

総理大臣「単なる政治の道具だ」


440 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:54:43.28 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「残念だったね、海軍士官学校は難易度的に東京大学と同じくらい難しい」

総理大臣「君は士官学校で主席だったんだ、東大に入るくらい訳無かっただろうに」

総理大臣「君は若き正義感を燃やして、大学生が遊んでいる間にも訓練を重ねた」

総理大臣「人生の一番幸せな時間を無駄にして頑張った」

総理大臣「だけどこのザマ」


441 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:55:21.77 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「素直に僕の後輩になって幸せなキャンパスライフを楽しんでいれば」

総理大臣「ここに居る彼らのポストのどれかに将来居たかもしれないのに」

総理大臣「どぅふふふふふふ、可哀想だよ」

総理大臣「元老は京大派閥、東大派閥の私には関係無い」

総理大臣「第四管区分遣艦隊にはこれからも変わらず働いてもらう」

総理大臣「ただし、首都が守れなければ責任を取ってくれ」


442 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:55:47.69 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「宮様には流石に手が出せない」

総理大臣「宮様の艦娘に、でいいかな」

山内「……」

総理大臣「それが嫌だったら君達は少し立場を弁えて行動するんだ」

山内「……」


443 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:56:40.30 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「艦政本部長、研究の方はどうだ」

艦政本部長「妖精側と粘り強く交渉をしているのですが、彼らは本当に気まぐれでして」

総理大臣「そちらは期待していない。深海棲艦の研究だよ」

艦政本部長「ああ、はい、深海棲艦の方ですか」

艦政本部長「鹵獲した敵の調査は順調に進んでいます」

艦政本部長「やはりタービンなどの海上での動力源は特定出来ませんでした」


444 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:57:22.59 ID:ovd9q8bwo

海軍大臣「……やはり装備していないのではないか?」

総司令部長「ならばどうやって進むのだ」

海軍大臣「儂が知るか」

総理大臣「妖精の技術といい敵といい……分からない事が多すぎですよ」

艦政本部長「ですが、艦娘の深海棲化について詳しいデータが得られました」

戦資大臣「例の……あれか、穢れと呼ばれるものか」


445 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:58:03.68 ID:ovd9q8bwo

艦政本部長「はい。感染ルートは視覚からだと判明しました」

戦資大臣「艦娘に目を瞑って戦うよう徹底させるべきだ」

海軍大臣「ふははははは!!!!」

総理大臣「そうしたいのは山々ですが……無理ですよね」

山内「……」

艦政本部長「しかし、ルートが判明しただけでも大きな進歩です」

艦政本部長「対策が講じられます」


446 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 19:58:41.16 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「そうですね、引き続きお願いしますよ」

総司令部長「艦娘の原因不明の失踪が、深海棲艦化であると聞いた時は驚いた」

総司令部長「練度の高くなった艦娘が突然消えるのは看過できん」

総司令部長「ましてやそれが、敵として帰ってくるのだから」

海軍大臣「何故妖精はこんな不完全な兵器を作るのだ」

艦政本部長「彼ら曰く、『完全だ』との事です」

総理大臣「何か深い意味があるのですかねぇ」

戦資大臣「感覚の違いだろう。あいつらは意味不明だからな」



447 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:00:49.41 ID:ovd9q8bwo

艦政本部長「穢れの制御実験ですが、未だ成功していません」

総理大臣「くれぐれも秘匿には注意してくれよ」

総理大臣「何とかコントロール出来ないものかね」

艦政本部長「穢れが全身に回ると反射能力や身体機能の向上等は確認出来ています」

艦政本部長「その他にもデータとして確認できて居ませんが能力の向上が予想されます」

艦政本部長「詳しい事は更に実験を重ねて順次明らかにし、お伝えします」


海軍大臣「穢れは良いことづくめじゃないか!」

艦政本部長「深海棲化した艦娘は狂暴化し、情緒不安定で命令を受け付けません」

海軍大臣「使い物にならんじゃないか!!」

総理大臣「……だから改善の為に実験を繰り返しているんです」



448 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:01:28.17 ID:ovd9q8bwo

山内「……実験に協力した艦娘は」

山内「実験に協力した艦娘は、実験後に正しく処置され原隊に復帰しているのですか」

艦政本部長「それなら心配ありません」

艦政本部長「使う艦娘は倉庫の艦娘です」

山内「なっ!?」

山内「妖精との約束を反故にしているのか!!!!!」



449 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:02:56.52 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「反故にはしていないさ」

総理大臣「約束は『同名艦を重複して利用しない』という事で」

総理大臣「約束の中の利用は、戦闘での利用という意味だ」

総理大臣「実験利用は許容範囲内でしょう」

総理大臣「念のために秘匿していますがね」

艦政本部長「……穢れに対して非科学な対応が効果的である事は周知の事実です」

艦政本部長「ですが、現状で完全に深海棲艦化した艦娘を元に戻すことは不可能だ」

艦政本部長「……殺処分ですよ」


450 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:03:40.43 ID:ovd9q8bwo

山内「……」

山内「どいつもこいつも」

山内「好き勝手に考えて好き勝手な事ばかりしやがって!!!!!!!!」

総理大臣「落ち着きたまえ」

総理大臣「君は少し若すぎるよ」

総理大臣「物事は感情に囚われ短絡的に考えてはいけない。国益の為だ」

山内「何が殺処分だ!!!! 艦政本部長! お前は軍人だから艦娘と接するだろう!!」

山内「お前には彼女達が家畜と同じに見えるのか!?」


451 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:04:25.21 ID:ovd9q8bwo

総理大臣「では君には何に見えているんだ」

山内「ぐっ……」

海軍大臣「どうせ一緒に寝て情でも移ったんだろう」

総司令部長「確かに奴らは、人間の女より具合が良いからな」

山内「きっさまぁぁあああ!!!!」

総理大臣「まぁまぁ、落ち着きたまえ……衛兵! 来てくれ!」


452 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:05:17.41 ID:ovd9q8bwo

山内「国益などと嘯くな!!! お前らは自分の欲望のままに動いてるだけだ!!!」

総理大臣「山内君は本当に若いなぁ」

総理大臣「見ていて苛立つよ」

総理大臣「でも、君の苦しげな表情が見れて私は幸せだ」

総理大臣「辞めたいのなら長官を辞めてもらって結構」

総理大臣「もっと私達の考えに共感出来る人物にすげ替えるだけだから」

総理大臣「ということで、今日の会議はこれにて終了」

総理大臣「集まってくれて御苦労だった」


453 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:06:32.38 ID:ovd9q8bwo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山内「……」

長門「なんだ提督、帰っていたのか」

山内「……」

長門「会議で何か嫌な事でもあったのか」

山内「……お前には関係ない」

長門「あるさ、お前は私の指揮官だ」

山内「……」


454 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:07:44.59 ID:ovd9q8bwo

山内「お前らは……一体何なんだ……」

長門「……」

山内「何なんだよ……」

長門「……」ギュ

山内「……?」

長門「……分からん」

長門「お前が辛そうだと思ったら……身体が勝手に動いた」

山内「離れろ!!!!!! 俺に触るな!!!!」バッ

長門「……すまない」

山内「出て行け」

長門「……」

パタン


山内「くそっ!!!!」


455 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:08:39.82 ID:ovd9q8bwo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第四管区司令部 大浴場

日向「あー、よっこらせ」

瑞鶴「はー、よっこいしょー」

長月「……増えた」

木曾「増えたな」

翔鶴「ふぅ、でもいい湯ですね」

三隈「クマリンコ……」

時雨「あ、みんなお帰りなさい」


456 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:09:33.62 ID:ovd9q8bwo

曙「悪いわねー、いつもなら警備任務の一環として私達が対処するんだけど」

文月「さすがに駆逐艦四隻で重巡六隻は無理です〜」

漣「最近大型艦の襲撃多いですよね」

日向「確かになぁ」

瑞鶴「敵の攻勢かな?」

翔鶴「本当にそうなら厄介ね」


457 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:10:15.88 ID:ovd9q8bwo

長月「……今日は済まなかった」

皐月「どうしたんだ急に」

長月「私は……今日活躍出来なかった」

木曾「別にいいじゃねぇか気にすんな」

木曾「天分ってモンがあるんだよ」

木曾「駆逐艦のお前なら夜戦と雷撃戦じゃねーか」

木曾「今日はたまたま、そういう日じゃ無かったんだよ」


458 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:11:51.69 ID:ovd9q8bwo

日向「木曾、妙に長月に優しいじゃないか」

木曾「そうかぁ? いつも優しいだろ」

翔鶴「あはは……」

瑞鶴「そうですよ! 私達はチームなんですから!」

瑞鶴「気にしちゃ駄目です長月さん」

瑞鶴「私達の戦果はチームの戦果、つまり長月さんの戦果でもあるんです」ナデナデ


459 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:13:38.44 ID:ovd9q8bwo

長月「……瑞鶴……ありがとう」

時雨「あれ、今日は嫌がらないの?」

漣「早くいつものキレ芸を見せて下さいよ」

長月「嫌がるのを様式美みたいに言うな!!」

長月「……こいつ最近撫でるの上手なんだよ」

文月「瑞鶴〜! 文月にもやって〜!」

瑞鶴「はいどうぞ」ナデナデ


460 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:16:09.23 ID:ovd9q8bwo

日向「なぁ翔鶴」

翔鶴「何でしょう」

日向「瑞鶴は変わったな」

翔鶴「ええ、彼女はもう立派な大人です」

日向「いいなぁ。私も大人になりたいものだ」

翔鶴「日向さんも大人ですよ」

日向「……そうか?」

翔鶴「大人は完璧という意味ではないですから」

日向「言っている事は分かるが妙に腹が立つぞ」


461 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:16:41.16 ID:ovd9q8bwo

翔鶴「提督と私と日向さんと瑞鶴、本当に不思議な関係ですね」

日向「木曾も時雨も三隈もさ」

翔鶴「そうですね」

日向「将来的には遠征艦隊の連中も加わる」

翔鶴「そうなんでしょうか」

日向「私の勘だ」


463 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:18:30.81 ID:ovd9q8bwo

日向「何も考えていない時、私の心は穏やかだった」

翔鶴「はい」

日向「提督のせいで考えるようになって、お前に嫉妬して」

日向「自分に戸惑ったよ」

翔鶴「はい、知ってます」

日向「今はまた穏やかだ」

日向「穏やかと感じられるまでに成長した、って事かな」

翔鶴「はい」

日向「私、お前の事好きだぞ」

翔鶴「ありがとうございます」


464 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:19:23.16 ID:ovd9q8bwo

日向「今度ちょっと同衾してみようか」

翔鶴「……何故そうなるのですか」

日向「好奇心さ。快楽に戸惑うお前の顔を見てみたい」

翔鶴「……前から思っていたのですが」

日向「ん?」

翔鶴「日向さんは変な所で提督と似ています」

日向「ははっ!」

日向「私は航空スケベ戦艦、提督型二番艦の日向だからな」


465 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:20:14.64 ID:ovd9q8bwo

長月「なぁ日向」

日向「なんだ」

長月「ドウキンって何だ」

日向「……聞かなかったことにしろ」

長月「そう言われると余計気になる」

日向「ドウキンについては瑞鶴が専門家だ」

長月「分かった。聞いてみる」


466 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:20:59.03 ID:ovd9q8bwo

翔鶴「……航空スケベ戦艦さん。あまり大きな声で喋らないで下さい」

日向「刺激が強いか?」

日向「まー瑞鶴が詳しい説明はしないだろう」

翔鶴「私の予想なのですが、瑞鶴は『長月さんを子ども扱いするのは可哀想』と考えて」

翔鶴「素直に話してしまうのではないかと……」

日向「まさかそんな事」


467 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:26:44.46 ID:ovd9q8bwo

翔鶴「日向さん、ドッグへ行かなくて大丈夫なのですか」

日向「行くさ。この風呂の後に」

翔鶴「……お風呂の後にお風呂ですか」

日向「仲間と入る風呂は格別なんだ」

日向「と、思えるようになった」

翔鶴「……そうですか」


468 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:28:12.51 ID:ovd9q8bwo

木曾「うわっ!!!! 長月が鼻血出しながら失神してるぞ!!!!」

漣「しっかりするです長月!!! 湯船が汚れます!」

瑞鶴「ごめんなさい長月さん!!」

瑞鶴「意味を教えるだけで失神するなんて思わなくて……」


469 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/18(金) 20:28:38.41 ID:ovd9q8bwo

日向「……」

翔鶴「……」

日向「……御慧眼」

翔鶴「……どうも」

478 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:02:17.19 ID:iMcR+myzo

時雨「提督、お電話です」

提督「誰からだ」

時雨「山内様です」

提督「山内? ……分かった。繋いでくれ」

時雨「はい」


479 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:03:04.51 ID:iMcR+myzo

提督「もしもし」

山内「……俺だ」

提督「急に電話とはどうした」

山内「話がある。会いたい」

提督「……唐突だな」

山内「今日の夜、お前の司令部に行くが大丈夫か?」

提督「お前が来てくれるのであれば、構わん」

山内「では夜に」ブツッ

提督「切りやがった……」


480 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:03:39.60 ID:iMcR+myzo

提督「時雨」

時雨「はい」

提督「夜に聨合艦隊長官がこの基地を視察に来る」

提督「形だけ丁重に御出迎えするから艦娘、妖精、人間」

提督「とにかく司令部の関係者に徹底して伝えとけ」

提督「念のために寝泊まりする部屋も用意」

提督「他の上級士官が同行する大掛かりな視察なら、もっと手続きを踏むだろうし……」

提督「今回は非公式なものだろう。個室三つと、護衛が雑魚寝できる場所程度で良い」

提督「それ以上はしらん」

時雨「適当だなぁ……」

提督「仕方ないだろう。適当な電話だったんだ」


481 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:04:11.28 ID:iMcR+myzo

提督「食堂のおばちゃんに料理をお願いしたら……怒られるだろうなぁ」

提督「まぁ仕方ない。こちらも頼む」

提督「別に派手で無くていいぞ。カレーを多目に作って貰え」

時雨「長官が来るのにカレーで良いんですか?」

提督「だからカレーなんだ。長官様に下っ端の悲哀を見せつけてやれ」

提督「カレーの具が無いってのも面白いな」

時雨「提督、もう遊んでるでしょ。カレーは却下」


482 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:04:41.85 ID:iMcR+myzo

提督「山内は友達だからな」

時雨「電話の山内さんって何者なんだい?」

提督「今の聨合艦隊長官だよ」

時雨「うわっ……ごめん、知らずに普通に対応しちゃった」

提督「お前らは政治に関係無いからな。知らなくても別に良いさ」

時雨「良くないよ……でも聨合艦隊長官じゃなくて山内さんから、って報告受けたから」

提督「あいつ、もしかして単に友達として遊びに来るのか……?」

時雨「電話受けた人にも確認取ってみる。とりあえず準備はするよ?」

提督「頼む」


483 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:06:00.78 ID:iMcR+myzo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

午後七時を少し過ぎ、空は既に暗かった

山内「……」

長門「ここが第四管区司令部か、小さいな」

提督「全員、敬礼!」

車から降りた山内を第四管区司令部に所属する者達が総出で出迎える
日向、翔鶴、瑞鶴だけでなく警備任務で出撃している以外の者
警備を担当する兵隊
技術者である妖精達
楽隊は派手に軍艦マーチを鳴らし歓迎の意思を表現している


484 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:06:43.83 ID:iMcR+myzo

提督「聨合艦隊長官殿、横須賀鎮守府第四管区へようこそ」

時雨「秘書艦の時雨です。本日は司令部内を私がご案内致します」

山内「……案内?」

長門「何を言っているのだ」

提督「……は?」

山内「俺はお前と話をしに来ただけだぞ」

提督「……」


485 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:07:13.93 ID:iMcR+myzo

提督「……一先ず執務室の応接間へどうぞ」

時雨「私がご案内します」

山内「……」スタスタ

長門「……」スタスタ


486 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:08:34.72 ID:iMcR+myzo

提督「……」

日向「……視察じゃないなら私達の仕事は終わりか?」

提督「皆御苦労! 今日の視察は取りやめになった!」

提督「皆の歓迎を長官も非常に喜んでおられぞ! 夜勤がある者以外は解散だ!」


赤帽妖精「なんだー視察じゃないのかー」

緑帽妖精「でも何か面白かったねー」

赤帽妖精「ねー」

青帽妖精「長官喜んでくれたからお給料増えるかな?」

警備兵「あはは……多分増えないと思いますよ」

青帽妖精「えー、残念」


487 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:09:33.54 ID:iMcR+myzo

翔鶴「何か私にもお手伝いできることがありませんか?」

提督「視察ではないから特に無い筈だ」

翔鶴「では……私達はこれで失礼します」

瑞鶴「んじゃお先でーす」

日向「刀でも研ぐかな」

提督「……お前らちょっと待て」

提督「気が変わった。少しやって欲しい事がある」


488 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:10:04.84 ID:iMcR+myzo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

提督「お待たせしました」

時雨「提督、遅いですよ」

山内「……いや、大丈夫だ」

提督「しかし急な御来訪ですな」

提督「今日の朝、長官から第四管区へいらっしゃると電話を頂いて……驚きましたよ」

山内「……普通の喋り方に戻せ」

提督「助かる」


489 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:10:40.78 ID:iMcR+myzo

山内「何だったんだアレは」

提督「……? 出迎えの事か?」

提督「すまんな、もっと派手にやろうと思ったのだが時間が足りなくて」

山内「いや、あんな歓迎はせんでいい。過剰だ」

提督「過剰??? 過小の間違いだろう」

提督「お前はあの聨合艦隊長官なんだぞ」

提督「昔一緒に作った仮想戦記の主人公と同じ立場に居るんだ」

提督「……少し自覚が足りてないんじゃないか?」


490 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:11:06.86 ID:iMcR+myzo

山内「……」

山内「……聨合艦隊長官、か」

提督「やけに自嘲気味だな」

山内「ちょっとな」

提督「で、今日の話は何なんだ」

山内「首都防衛圏の話だ」

提督「空想の話なら電話で済ませば良かっただろう」

山内「……お前も空想だと思うか」


491 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:11:54.95 ID:iMcR+myzo

提督「当たり前だ。あんなもん、政府の国民に対する言い訳でしかない」

山内「……苦労をかける」

提督「下っ端だから言われれば働くが……ずっとこのままは好ましくないな」

山内「その辺を詰めて話したい」

提督「分かった。ところで飯は食ったか?」


492 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:12:21.86 ID:iMcR+myzo

山内「いや」

提督「そうか。では君は?」

長門「……」

提督「君は食べたか?」

長門「……」

山内「……おい、長門」

長門「君とは……私に質問しているのか?」

提督「ああ」

長門「……いや、まだだが」


493 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:12:57.70 ID:iMcR+myzo

提督「なら丁度いい」

提督「飯を食って酒でも飲みながら話そう」

提督「空想の話を真面目にやっては答えが出ん」

提督「場を変えよう」


494 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:13:53.68 ID:iMcR+myzo

飲み部屋

日向「お、来たな。丁度第一陣が焼けたぞ」

山内「何だこの部屋は」

提督「良いだろう。飲み部屋と呼んでいる」

山内「……お前の話に出てくる秘密の部屋か」

翔鶴「初めまして。翔鶴型一番艦の翔鶴と申します。以後お見知りおきを」

瑞鶴「長官、お久しぶりです」

山内「……初めまして翔鶴君。瑞鶴君、日向君は久しぶりだね」

日向「はい。お久しぶりです」


495 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:14:44.44 ID:iMcR+myzo

瑞鶴「あの、そちらの方は……」

山内「ああ、長門だ」

長門「……長門だ。よろしく頼む」

瑞鶴「やっぱり! 演習で見た時と格好が違いますけど長門さんだと思ってました!」

瑞鶴「その白の軍服、凄くカッコ良いです!」

長門「そ、そうか?」


496 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:16:45.80 ID:iMcR+myzo

時雨「じゃあ僕も……お邪魔しま〜す」

提督「お前は帰れ」

時雨「えぇ〜! 僕もお酒飲みたいよ!」

提督「お前はぜっっったいに駄目だ」

時雨「ちぇ、なら夜勤でもしとくよ」

提督「頼んだ」

497 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:18:57.31 ID:iMcR+myzo

提督「まぁ山内は食って飲め。これは先生が送ってくれた鮎だ」

山内「ほう……頂戴する」

山内「……」モグモグ

山内「美味いな」

提督「長門も」

長門「……ありがとう」

長門「……」モグ

長門「……美味い」


498 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:19:34.28 ID:iMcR+myzo

日向「まぁ長官、日本酒もあります。一献どうぞ」

山内「あ、これはどうも」

山内「……」グビ

山内「うまい。鮎と合うな」

日向「流石は長官。良い飲みっぷりです」


499 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:20:00.48 ID:iMcR+myzo

翔鶴「私からも一つ」

山内「どうもどうも」

山内「……」グビ

山内「ふむ」

翔鶴「お見事です」


500 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:20:26.71 ID:iMcR+myzo

瑞鶴「ま、ま、ま、かけつけ一杯」

山内「いただくよ」

山内「……」グビ

山内「ふう」

瑞鶴「いよっ! 大統領!」


501 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:21:32.62 ID:iMcR+myzo

提督「俺からも」

山内「おう」

山内「……」グビ

山内「……ふぅ」

提督「いいじゃないか」


502 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:21:59.54 ID:iMcR+myzo

日向「中国で客人の杯を乾かすのは無礼に相当するからな」

山内「いや日向君、ここは日本……」

日向「いぇいぇ」

山内「……」グビ

山内「……うむ」

日向「やりますね」


503 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:22:25.35 ID:iMcR+myzo

翔鶴「まぁまぁ」

山内「……」ゴク

山内「……くぅぅ」

翔鶴「素敵です」


504 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:22:56.94 ID:iMcR+myzo

瑞鶴「あらあら」

山内「……」ゴク

山内「……むぅぅ」

瑞鶴「かっこいい!」


505 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:23:23.49 ID:iMcR+myzo

提督「ほれほれ」

山内「……」ゴク

山内「……かぁぁ!!」

提督「長官になると違うなぁ」


506 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:23:49.84 ID:iMcR+myzo

日向「どれどれ」

山内「……」ゴク

山内「……んんん!」

日向「敵わんなぁ」


507 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:24:30.06 ID:iMcR+myzo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山内「だから!! 今の上層部は本当にゴミクズの集まりだ!!!!」

長門「お、おい……大丈夫か?」

山内「うるさいっ!!!!」

長門「……っ!」

山内「お前は黙っていろ!」

長門「……」


508 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:25:18.25 ID:iMcR+myzo

提督「なに八つ当たりしてんだ」

山内「お前には関係ないだろうが!」

山内「私の艦娘を私がどう扱おうと自由だろう!?」

提督「知るか。俺の前で乱暴をするな」

提督「目の前で傷つけられては酒が不味くなる」

提督「やるなら自分の司令部でやれ」


509 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:26:53.56 ID:iMcR+myzo

山内「……ちっ」

長門「……」

提督「で、そろそろ本題に入ろうか」

山内「……先日の本土防衛対策会議で首都防衛の話をした」

山内「私がした」

山内「現状で第四管区の負担が大きすぎる、絵に描いた餅であると」

山内「誰一人として俺の意見を聞き入れはしなかった!!!」

提督「……」


510 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:27:45.24 ID:iMcR+myzo

山内「何が聨合艦隊長官だ」

山内「今の日本で私にどれ程の力がある」

山内「あいつらから見れば、私はハワイ攻勢を失敗に導いた無能だ」

山内「意味があるのは役職の名称だけなんだ……」

山内「その名称も今はもう……」

提督「……辛そうだ」


511 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:28:37.48 ID:iMcR+myzo

山内「第一管区長だった頃は自信に満ち溢れていた」

山内「私が日本を変えられると自負していた」

山内「けれど……長官になった今明確に見えた……」

山内「自分が大きなシステムの一部に組み込まれていて」

山内「システムは私の意思と無関係に嫌な方向に動き続ける」

山内「先生が山に籠った理由が今なら分かる……」


512 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:30:01.14 ID:iMcR+myzo

提督「お前は本当に強い奴だったんだな」

山内「……あっ?」

提督「挫折をしたことが、無かったんだな」

提督「自分が大きなシステムの一部で、それが自分とは無関係に嫌な方向に動き続ける?」

提督「そんなもの……多感な中学生、賢い小学生でも知ってる歴史的な事実だ」

提督「ただ一部に組み込まれる事が嫌で」

提督「そのシステムの中で、少しでも自分の大切な物を守れるよう俺は、普通の奴らは必死になっているんだ」

提督「……分かったか馬鹿野郎」


513 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:30:38.40 ID:iMcR+myzo

提督「どうするんだ」

提督「お前は今ようやく気付いた」

提督「強すぎたお前はようやく気付く事が出来た」

提督「世界はお前の思う通りにはならない」

提督「ああ、もう、セカイなどと恥ずかしい事を言ってしまった」


514 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:31:05.89 ID:iMcR+myzo

山内「……」

山内「私は負けたことが無かった」

山内「勝ち続けてきた」

山内「勝って勝って勝って、聨合艦隊長官になった」

山内「……」

山内「……お前は」

山内「お前たちはこんな暗い絶望に耐えて来たのか」


515 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:31:34.69 ID:iMcR+myzo

提督「個人差はあるがな」

提督「お前の歳まで考えずに済んだ人間は人類の1%未満だと思うぞ」

提督「寧ろお前人類じゃないんじゃないか」

提督「わっはっは」

提督「で、何の話だっけ」


516 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:32:47.55 ID:iMcR+myzo

日向「何故彼まで酩酊状態なんだ」ヒソヒソ

翔鶴「気が付いたらもう」ヒソヒソ

瑞鶴「酔い潰すのは長官さんだけの予定でしょう?」ヒソヒソ

日向「ああ。……にしても両者酔っ払いだから会話が成立してないな」ヒソヒソ

瑞鶴「見苦しいですよね」ヒソヒソ

翔鶴「……こら」ヒソヒソ


517 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:33:53.35 ID:iMcR+myzo

山内「会議でお前の話が出ていた」

提督「俺の? 何故?」グビ

山内「第四管区長は艦娘を自分の女と公言する変態提督であると」

提督「」ブッー

日向「あっはっはっはっは!!!!!」

瑞鶴「提督さん! 凄いじゃないですか!! あはは!!」

翔鶴「……こら……っく! ……そん……ふふっ!!!」


518 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:34:31.73 ID:iMcR+myzo

提督「何故俺がそんないわれも無い称号を受けねばならん!?」

日向「いや、心当たりがありすぎるだろう」

瑞鶴「変態ってのは直球過ぎますよね」

翔鶴「大丈夫です。私達は提督の他の良い所も知っていますよ」

提督「お前ら、少しは否定しろ」


519 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:35:08.30 ID:iMcR+myzo

山内「私も否定できなくて話題を変えるしか無かった」

提督「お前も否定しろよ」

山内「事実だから仕方ない」

提督「可愛い艦娘に言われても多少腹が立つのに」

提督「人間に言われると尚腹が立つんだな」


520 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:37:03.30 ID:iMcR+myzo

長門「……」

瑞鶴「ひぃーっ、ひぃーっ面白い」

瑞鶴「あ、長門さん日本酒飲みます?」

長門「……瑞鶴」

瑞鶴「はい? 何ですか?」


521 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:37:50.52 ID:iMcR+myzo

長門「お前たちは……」

長門「お前たちは本当に艦娘か?」

山内「あぁ?」

瑞鶴「……ええ、艦娘ですよ」

長門「上手く言えないのだが……異常だ」

長門「普通の艦娘に見えない」

長門「見ていて胸がモヤモヤする」

瑞鶴「まぁ〜、そういう認識で良いと思いますよ」


522 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:38:51.21 ID:iMcR+myzo

日向「変態と異常、お似合いでいいじゃないか」

翔鶴「ですが確かに……この先転属になった時に困りますよね」

提督「心配すんな。お前らは俺の苗字に永久就職だ」

山内「お前苗字無いだろ」

瑞鶴「……」

瑞鶴「……ふひっ!!!」

日向「……ッ……ッ……ッッ!!!!!」バンバンバン

翔鶴「?????」

長門「……苗字が無いわけないだろう?」


523 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:39:49.54 ID:iMcR+myzo

瑞鶴「しかも提督さん、上手い事言ったと思ってドヤ顔してましたよね」

日向「……ッ!!? ……ッッ!!!!」バンバン

提督「だから今のはケッコンしよう、という意思のな……もういいよ……」

翔鶴「不束者ですが、よろしくお願い致します」

提督「あ、これはご丁寧にどうも」


524 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:40:26.31 ID:iMcR+myzo

長門(全然違う)

長門(目の前の艦娘とその指揮官の関係は、私と提督のものと全く違う)

長門(……何だこの感覚は)

長門(私でなく武蔵がMVPの戦功賞を取った時の感覚)

長門(……)

長門(羨ましい)

長門(私はこいつらを羨ましいと思っているのか?)


525 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:41:19.04 ID:iMcR+myzo

山内「そんな事より!」

山内「私は会議で! 首都防衛圏は絵に描いた餅であると言ったんだ!」

提督「それはさっきも言った」

山内「まず第四管区の負担が大きすぎる」

山内「そして残りの管区の戦力が貧弱すぎる」

山内「第二、第三管区など合わせて二個水雷戦隊しか揃えていない」

山内「仕事は商業船団の護衛が主だ」

山内「伝統と誇りある第一管区にも戦艦は長門しかいない!」

山内「ぬぅあ〜〜〜にが栄光の横須賀鎮守府だ」


526 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:42:13.24 ID:iMcR+myzo

提督「……おい、お前は間違っているぞ」

提督「第一管区と言えば武蔵が居る。重巡も、軽空母だって居るだろう」

山内「ふん」

山内「もうアテに出来ん」

山内「南方に送られるからな」

提督「……何を言っているんだ?」

山内「私は聨合艦隊長官だぞ!」

提督「いや、知っているが……」


527 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:43:14.66 ID:iMcR+myzo

山内「……南方でも敵侵攻が激しさを増しているのは知っているだろう」

山内「それを受けて、南方の基地への艦娘増派が閣議決定された」

山内「妖精の技術は亜細亜において日本が独占状態だ」

山内「政治家どもは艦娘によるシーレーン防衛を政治カードとしての利用を考えている」

山内「表向きは日本の動脈と静脈、つまり輸出入を止めない為の措置と言うさ」


528 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:48:51.14 ID:iMcR+myzo

山内「航空機による物資運搬はコスト面で圧倒的に、時に致命的な程に海運に劣る」

山内「故に日本へ繋がる諸外国のシーレーン防衛は確かに必要だ」

山内「だが見え透いてんだよ」

山内「その証拠が今のガダルカナル基地の建設だ」

山内「オーストラリアまで含めたシーレーンなんぞ守りきれる訳無いだろうに」


529 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:49:17.16 ID:iMcR+myzo

提督「……待て待て、何だそれは。何基地と言った」

山内「ガダルカナルだ!!!! あの餓島だよ!!!!!」

山内「基地同士の距離と、制海の問題を考えた時にあの島に行き当たったんだ!!」

提督「俺は全く聞いていないぞ」

山内「当たり前だ!!!! 上層部しか知らん話だ!!!」


530 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:50:55.03 ID:iMcR+myzo

山内「私だって大反対だ」

山内「だがもう動いているシステムは止められないんだよ」

提督「……」

山内「私に言わせればオーストラリア防衛など不要だ」

山内「ボーキサイトを確保するために一体何を失うつもりなんだ」

山内「仮に資源の為に守るにしてもオーストラリア北海岸全般じゃなくていい」

山内「北海岸の西部だけでいい。港はそれで確保できる」

山内「まぁ一部だけではオーストラリア政府が納得しないんだろうな」


531 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:51:55.79 ID:iMcR+myzo

山内「薄汚い政治利用の成果だよ」

山内「戦況を理解出来ていない政治家が!!!!!!!」

提督「……お前は何故もっと反対しない」

山内「もう遅いと言っている」

山内「基地もほぼ完成して妖精の陸上兵器は揚陸してある、後は艦娘の到着を待つだけだ」

山内「大体、私が反対したところで発言力が無いから意味も無い」


532 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:52:22.00 ID:iMcR+myzo

提督「マスコミに流そう」

提督「基地の本格稼働は絶対に避けるべきだ」

山内「無駄だ」

提督「何故だ!?」


533 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:53:53.42 ID:iMcR+myzo

山内「握り潰されるのがオチだ。仮に潰されなくても」

山内「海はもう国民にとって縁もゆかりも無い」

山内「一昔前の宇宙みたいな存在さ」

山内「みんな国益が大事だ」

山内「国益の為に艦娘が、つまりロボットや無人兵器が海でいくら消耗されようが興味も無いさ」

提督「……」


534 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:55:20.85 ID:iMcR+myzo

山内「宮、お前は聞いたことがあるか」

山内「世間で海軍の艦艇乗りは底辺職扱いなんだとよ」

山内「危険な海に出るのは社会不適合者の仕事だそうだ」

山内「時代は変わったな」

山内「戦艦の重厚長大な本能をくすぐる感覚は精神病と言われるのかな」

山内「子供たちが軍艦に憧れる事も無くなって行くんだろうか」

山内「聨合艦隊の戦いが……単なる前時代の海戦例として扱われる日が来るのだろうか」

山内「戦って散った英霊の、苦しみや祖国を想う心根が誰にも顧みられなくなるのか」

山内「……」

山内「私はそんなのは嫌だ」

山内「戦ったのは単なる鉄の塊じゃない」

山内「先人の意思の結晶体だ!! 困難な状況でも生きようとする日本人の決意そのものだ!!!」


535 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:55:51.41 ID:iMcR+myzo

山内「……」

山内「それも全部艦娘のせいだ」

山内「発達しすぎた科学が人から想像力を奪う」

山内「兵器だけの戦場が戦争から現実感を喪失させる」

山内「海軍の戦争は変わりすぎた」


536 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:56:44.78 ID:iMcR+myzo

山内「考えてみれば私だって前線で艦隊の指揮をした経験なぞ無い」

山内「再建された日本海軍に通常艦艇は小型なものしか残っていないし」

山内「それも戦闘用というよりも海域間の移動や人命救助が主な仕事だ」

山内「通常艦艇で戦場へ出たところで深海棲艦に太刀打ちも出来ん」

山内「先代の聨合艦隊長官の気持ちが今なら少し分かる」

山内「……陸ばかり見て頭がおかしくなりそうだ」


537 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:57:34.10 ID:iMcR+myzo

提督「なら重しを抱えて一人で海に沈んでろ」

山内「……」

提督「お前は反対しても無駄だったと言ったが……本当か?」

山内「……」

提督「まぁいい」

提督「俺が心配なのは自分の艦娘が無謀な戦闘で失われないか、という点のみだ」

提督「俺は俺の立場で、下っ端なりに意見を言わせてもらう」

山内「……」


538 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:59:11.03 ID:iMcR+myzo

提督「艦娘に八つ当たりするな。艦娘を逆恨みするな」

提督「人々の認識が変わるのは、時代が変わっていくのだから仕方の無い事だ」

提督「……俺だって先人の存在を忘れて欲しくないさ」

提督「だが、艦娘のせいじゃない」

提督「戦うため生み落された彼女たちに何の罪がある?」

山内「……」


539 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 19:59:47.07 ID:iMcR+myzo

提督「あとお前、今日何で長門を連れてきた」

山内「……護衛だ」

提督「本当は長門を俺の艦娘と会わせたかったんじゃないか」

山内「……」

提督「以前俺がお前の所を訪れた時、長門は居なかった」

提督「なのに今日は連れてきた」

提督「何故だ?」


540 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:00:33.64 ID:iMcR+myzo

山内「気まぐれだよ」

提督「……へぇ」

山内「……」

提督「更に俺が好き勝手に自分の意見を言わせてもらう」

提督「酔っているからな」

山内「……」


541 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:02:48.45 ID:iMcR+myzo

提督「お前は艦娘という存在をどう扱うべきか心の中で揺らいでいる」

提督「単なる兵器であると思い込もうとしているが出来ないでいる」

提督「艦娘を嫌いな筈なのに、好きで好きで仕方ない自分が存在している」


提督「今日の視察も、長門を連れてきたのも、その答えを求めての行為だ」

提督「自分だけ悩むのが嫌だから、長門にも悩んでもらおうという魂胆だ」

提督「中々の下衆だな」

瑞鶴(提督さんも似た様な事してた癖に……)


542 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:03:45.36 ID:iMcR+myzo

山内「……」

提督「図星だろう」

山内「……長門、帰るぞ」

長門「あ、ああ」

提督「待てよ」

山内「邪魔したな」


543 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:05:42.44 ID:iMcR+myzo

提督「待て待て、客人を手ぶらで帰しては俺も名折れだ」

提督「偉大なる変態提督のとして助言をくれてやる」

山内「……」

提督「一生後悔したくなかったら艦娘を大切にしとけ」

山内「……終わりか」

提督「ああ」

山内「じゃあな」


544 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:06:53.81 ID:iMcR+myzo

長門(……本当に帰るのか)

長門「では私もこれで」ペコッ

翔鶴「お気をつけて」

瑞鶴「長門さん、またね!」

日向「じゃあな」

提督「長門」

長門「……何だ」

提督「あいつは馬鹿だが助けてやってくれ」

提督「俺と同じで、弱ると途端に駄目になるタイプらしいから」


545 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:08:37.42 ID:iMcR+myzo

長門「……私には何も出来んよ」

瑞鶴「そんな事ありません」

長門「?」

瑞鶴「山内さんと長門さんは、とってもお似合いですから!」

瑞鶴「長門さんが助けてあげれば、きっと山内さんだって満更でもないです!」

長門「……そうかな?」

瑞鶴「そうです!」

長門「……ありがとう」

長門「では」


546 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:09:36.32 ID:iMcR+myzo

長門「……」スタスタ

山内「……早く来い」

長門「本当に帰るのか?」

山内「ああ」

長門「車はどうするんだ。乗って来たのはもう帰らせたぞ」

山内「……タクシーでも拾おう」

長門「そんな片意地を張らずとも……今から第四管区長にお願いすればいいだろう」


547 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:10:23.10 ID:iMcR+myzo

山内「……断る」

長門「はぁ……本当に仕方の無い奴だ」

長門「……」

長門「なら歩いて帰ろう」

山内「……我々の司令部まで何キロあると思っている」

長門「同じ横須賀だ。二時間もあれば着く。夜風に吹かれながら歩くのも悪くないさ」


548 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:11:45.13 ID:iMcR+myzo

山内「……何言ってんだお前」

長門「良いだろう? たまには戦艦の大散歩に付き合ってくれ」

長門「私はお前の士官学校時代の話が聞きたいんだ」

長門「何せ司令部に着くまで時間はたっぷりあるんだからな」

山内「……」

山内「……行くぞ。道は分かるか?」

長門「分かるさ」

山内「なら早くしろ」

長門「……ああ」


549 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:12:14.09 ID:iMcR+myzo

山内「……」スタスタ

長門「……」スタスタ

山内「……」スタスタ

長門「……」ギュ


550 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:13:04.86 ID:iMcR+myzo

山内「……何故私の手を握る」

長門「護衛の為だ」

山内「触るな!!!!」

長門「今日は月が出てない。闇夜で提督が道を間違ってはいけない」

山内「離せ!!!!」

長門「必要な措置だ」


551 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:13:48.60 ID:iMcR+myzo

山内「何を言っている!! さっさと離せ!」

長門「無駄だよ」

山内「触るなと言っているだろう!!!」

長門「提督の手はっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

山内「!?」ビク


552 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:14:54.68 ID:iMcR+myzo

長門「……提督の手は温かい」

山内「……は?」

長門「たまに触れた時、感じていた」

長門「お前の手は温かい」

山内「……」


553 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:15:21.50 ID:iMcR+myzo

長門「私の手はどうだ」

山内「……」

山内「……温かい」

長門「そうなのか」

長門「そうなのか……」ニコニコ


554 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:15:56.17 ID:iMcR+myzo

山内「……何を言っているんだ」

長門「自分でも分からん」

山内「……」

長門「お前だって自分の行動に一々理由付けをしている訳では無いだろう」

山内「……馬鹿な事を」


555 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 20:17:06.17 ID:iMcR+myzo

長門「提督」

山内「……何だ」

長門「戦艦同士の殴り合いなら私に任せておけ」

山内「……」

長門「私はそれが得意だ」

山内「……知っている」

長門「なら良いんだ」

山内「……早く歩け」

長門「ああ」

562 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:53:07.12 ID:iMcR+myzo

提督「あー、用意した部屋は無駄になったな」

日向「残りの鮎は私達で食べてしまおう」

瑞鶴「賛成です」

翔鶴「それにしても、長官さんは随分と裏表の無い方なのですね」



563 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:53:56.35 ID:iMcR+myzo

提督「そうだろう。権力者には珍しく腹が黒くないんだ」

提督「腹芸をする必要が無い程の実力者だったからな」

提督「上層部の妖怪どもの相手をするのはちと荷が重いか」

提督「まぁ向き不向きは誰だってあるだろうし」


564 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:54:56.51 ID:iMcR+myzo

日向「第一管区長として聨合艦隊長官を突き上げていた方が良かったのかもな」

提督「あるある。中隊長の時は有能だったが、師団長になるとてんで使えないパターン」

瑞鶴「へー、そんな事あるんですね」

翔鶴「長官さんも大変ですね……」


565 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:55:34.65 ID:iMcR+myzo

瑞鶴「大丈夫ですよ。長門さんが居ますし」

翔鶴「妙に不安なのよねぇ……」

日向「まだ解決した訳では無いからな」

提督「確かに今日は酒を飲んで艦娘の話をして終わってしまった」


566 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:56:20.79 ID:iMcR+myzo

提督「俺と山内の違いは気付いているか、いないかの違いしかない」

日向「何にだ?」

提督「日向の可愛さにだ」

日向「なっ……ば、馬鹿! 何を言っているんだ!」

瑞鶴「ちょっとー、ピンク色の何かが見えてますよー」

翔鶴「狸鍋って美味しいんでしょうか。気になりますね。作ってみましょうか」


567 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:57:49.05 ID:iMcR+myzo

日向「……」モジモジ

提督「艦娘が単なる兵器で無いという事実に、だ」

提督「天才閣下には精々苦しんでもらおう。俺も出来る限り助けるつもりだ」

提督「まぁ俺の所へ、しかも長門を連れて相談に来るくらいだから」

提督「あいつ自身も既に答えが見えかけているんじゃないか」

瑞鶴「確かに」


568 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:59:03.92 ID:iMcR+myzo

翔鶴「南方への艦娘派遣の件はどう思われますか」

提督「馬鹿な事をする。今でも手一杯だろうに」

提督「だが本土の防衛は陸上兵器に任せていいのかもな」

提督「陸上基地の妖精航空隊や一般人にも緊張感が出て良いだろう」

瑞鶴「軍人としての矜持は?」

提督「ははは!! 言うな!」


569 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/20(日) 23:59:46.86 ID:iMcR+myzo

翔鶴「私達も送られることになるのでしょうか」

瑞鶴「月を見ながら遠く離れた男の事を想い続ける翔鶴」

瑞鶴「横須賀に浮かぶ月もタウイタウイの月と同じはず」

瑞鶴「想いよ届け」

瑞鶴「あゝ、悲恋」

翔鶴「陳腐です」

瑞鶴「おあとがよろしいようで……」

570 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/21(月) 00:00:50.95 ID:lMk1P3gVo

日向「何にせよ、事態は我々が関与できる範囲を超えている」

日向「艦娘に出来るのは期待して待つ事だけだろう」

提督「間違いない」

提督「俺は少し先生に相談してみる」

瑞鶴「今度は何を企んでるの?」

提督「出来れば何とかしてガダルカナルから撤退させたい」

日向「可能なのか?」


571 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/21(月) 00:01:16.94 ID:lMk1P3gVo

提督「一応言うだけ言っても損はあるまい」

提督「今日はもう寝る。おやすみ」

日向「じゃあな」

翔鶴「おやすみなさい」

瑞鶴「お疲れ様です」

590 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:15:06.96 ID:EhIi8M6ao

先生「……また面倒な事になったのぉ」

コンコン

先生「なんじゃ」

メイド「ご主人様、お電話です」

先生「誰じゃ。今は人と話したい気分では無い」

メイド「横須賀鎮守府の瑞鶴様です」

先生「瑞鶴君? はて? 坊ちゃんと喧嘩でもしたのかな?」

先生「……」

先生「私の自室にまわせ」


591 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:16:21.04 ID:EhIi8M6ao

先生「もしもし、瑞鶴君、どうしたのかね」

提督「きゃぁ〜先生ぇ〜瑞鶴ですぅ〜」

先生「……久しぶりに人を殴りたくなったぞ、坊ちゃん」

提督「あれ、気付きましたか」

先生「こんな下品な声の三十代はお前しかおらん」

提督「突然の電話申し訳ありません。私の名前で電話しても出てくれそうに無かったので」

先生「ほっほっほ。儂の事がよく分かっておる。特別にさっきの茶番は許そう」


592 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:18:18.01 ID:EhIi8M6ao

先生「で、何の用じゃ」

提督「実はガダルカナルの事を」 先生「……」ガチャッ



提督「……あの爺さん切りやがった」



593 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:18:58.28 ID:EhIi8M6ao

先生「全く、何を考えている!」

先生「一般回線でかけてきおって!」

先生「盗聴されているのを知らんのか!」

コンコン

メイド「ご主人様……横須賀鎮守府の正規空母翔鶴型二番艦瑞鶴様からお電話です」

先生「ええい鬱陶しい!!!!」


594 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:19:33.19 ID:EhIi8M6ao

先生「もしもし!!!!!」

提督「突然お切りになるから驚きました。老衰ですか?」

先生「仮にそうなら二度目の電話に出られんわ!!!!!!」

提督「あまり叫ぶと口から出ますよ」

先生「何がじゃ!?」

提督「老水が」

先生「そんな水は無い!!!!!!!!!」


595 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:20:49.93 ID:EhIi8M6ao

先生「はぁ……」

提督「大丈夫ですか?」

先生「電話を切ってもいいかの?」

提督「あっ! もしかして今日は待ちに待った老衰の日!」

先生「それなら断りなく切っとるわ!!!!!!!!!!!!」

先生「というか待ちに待っておらんわ!!!!!!!!!!!!!!!!」

596 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:21:37.25 ID:EhIi8M6ao

先生「はぁはぁ……」

提督「今日お電話したのは他でもないガダルカナルについてのお話がしたかった」

先生「この回線は盗聴されておるぞ」

提督「構いません。悠長に先生のお宅へお邪魔する暇はありませんから」

先生「気を急くなよ。事を仕損じるぞ」

提督「行く間に先生が老衰されるのではと考えるだけで足がすくみます」

先生「……儂はお前への教育を仕損じていたようだな」

提督「あはは! 恐縮です」


598 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:26:40.78 ID:EhIi8M6ao

先生「はぁはぁ……はぁはぁ……」

提督「言えなくて残念です」

提督「どうも出来ん、と言いますがね先生」

提督「貴方ほどの人間になれば出来ないのは魂を冥府から呼び戻す事位ですよ」

提督「海千山千の大政治家と言われた貴方にはそれ程の力がおありだ」

提督「それとも何ですか」

提督「散々贅の限りを尽くして物質世界を堪能した癖に」

提督「まだ死ぬのが怖いんですか!?」

先生「儂は訳の分からん事を言う今のお前が一番怖い」


599 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:28:02.59 ID:EhIi8M6ao

先生「大体、海千山千の大政治家とは一体何じゃ。みっともない二つ名をつけおって」

提督「他の候補としては千変万化の大妖怪等がありますよ」

先生「お前、どこでガダルカナルの事を聞いた」

提督「こう見えても交友関係が広いのですよ」

先生「視察に来た聨合艦隊長官を見送りもせず徒歩で帰宅させた者が居る、とさっき報告を受けた」

提督「あの馬鹿歩いて帰ったのか……」


600 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:28:35.12 ID:EhIi8M6ao

先生「失態じゃな」

提督「……つい」

先生「馬鹿もん!!! 油断するな!!!!」

提督「……はい」

先生「上層部の妖怪どもはお前達の失敗を今か今かと待っておる」

先生「付け入る隙を見せるな!」

提督「……分かりました」


601 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:30:45.12 ID:EhIi8M6ao

提督「……ではこの電話も不味いのですか」

先生「この程度なら握りつぶせる」

提督「……」

602 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:36:08.19 ID:EhIi8M6ao

先生「……しかし今一番の問題はお前でなく長官の方だ」

提督「……何かあったのですか?」

先生「秘書艦と手を繋ぎながら、歩いて帰ったらしい」

提督「良くやった! ……と言ってやりたいですがね」

先生「儂もお前と同じじゃ」

先生「だが世の連中に行為の本当の意味など分かりはしない」

先生「心神喪失が精々じゃ」

先生「長官としての責任能力が問われるじゃろうな」


603 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:37:16.28 ID:EhIi8M6ao

先生「お前、昨日山内の秘書艦に何か余計な事を吹き込んだのか」

提督「……心当たりが無くも無いです」

先生「はぁ……」

提督「何とかなりませんか」

先生「もう色々と差し止めはした。だが少し儂の耳に入るのが遅かった」

先生「今回は妖怪どもの所まで届いているやもしれん」

提督「……」


604 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:38:27.02 ID:EhIi8M6ao

先生「ガダルカナルは完璧に無理じゃ」

先生「国家間の密約まで覆せるほど儂の影響力は強くない」

提督「……分かりました。失礼します」

先生「……すまん」

提督「……」

提督「何故謝るのですか」

先生「こんな世の中を作ってしまった」

先生「……お前達に辛い思いをさせてしまっている」


605 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:46:53.92 ID:EhIi8M6ao

提督「それこそ、先生の影響力に期待していない範囲ですよ」

提督「俺達こそ、いつもご迷惑をおかけします」

提督「悪いとは思いませんが、先生の御厚意にいつも感謝しています」


606 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:48:22.65 ID:EhIi8M6ao

提督「『開かれた道を進む先で起こる事は、我々の問題です』」

提督「……と俺は一人の艦娘に言われました」

提督「先生は俺の道を開いてくれました」

提督「それでいいんじゃないですかね」

提督「未だにお世話になる俺が言っても説得力無いって? あはは」

提督「……まぁ俺が言いたいのはそういう事です」

提督「では、また」ガチャッ


607 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 02:50:47.42 ID:EhIi8M6ao


先生「……」ツーツーツー

先生「……」ガチャッ

先生「はぁ」

先生「本当に生き辛い世の中じゃのぉ」

613 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:39:15.51 ID:EhIi8M6ao

提督「……」スタスタ

瑞鶴「あ、提督さん。おーっす」

提督「……瑞鶴」

瑞鶴「何か元気ないじゃん。どったの?」

提督「ガダルカナルは無理だと言われたよ」

瑞鶴「うん。まぁそうなるよ」

提督「……俺に出来る事は少ないな」

瑞鶴「かもしれないけどさ」

瑞鶴「私達の前で辛気臭い顔をしない事位は出来るでしょ?」


614 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:39:43.05 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「決まっちゃったものは仕方ないよ」

瑞鶴「出来る限り準備しよ?」

提督「……ああ」

瑞鶴「それはそうと」

瑞鶴「パパ〜、私新しい艦載機買って欲しいんだけど〜」

提督「誰がパパやねん」ビシ


615 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:40:12.99 ID:EhIi8M6ao

提督「お前昼飯食ったか?」

瑞鶴「ううん」

提督「なら何か食いに食堂へ……」

提督「……いや、作るか」

瑞鶴「え?」

提督「自炊をしてみよう」

瑞鶴「……本気で言ってる?」


616 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:40:42.37 ID:EhIi8M6ao

提督「何だ、出来ないのか」

瑞鶴「で、出来ない訳無いでしょ!?」

提督「前に作れると言ってたもんな」

瑞鶴(自炊なんてやった事無い!!!!!)

提督「何が得意なんだ?」

瑞鶴「お、オムライスとか上手だって言われます!」

提督「……オムライス?」


617 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:41:10.34 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(咄嗟に嘘が出ちゃったけどオムライスはマズい!?)

提督「凄いじゃないか! 俺は自炊ができないから凄さがよく分からんのだが!」

瑞鶴(……助かった……訳じゃ無いよね……)

提督「瑞鶴のオムライスか、楽しみだな」

瑞鶴「で、でも提督さん! 食材! 食材がありません!」

提督「心配しなくていい」

瑞鶴「え?」


618 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:41:38.54 ID:EhIi8M6ao

提督「俺専用のミニキッチンがあって食材は常に補充されている」

提督「勿論国税でな」

提督「いつもなら勿体無いから職員に配っているのだが、折角だし今日は使ってみよう」

提督「食材は丁度昨日補充されている筈だ」

瑞鶴(終わったーーーーーー!!!!!!)


619 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:42:07.25 ID:EhIi8M6ao

提督「着いて来い。場所を教える」

瑞鶴(いや、しかし)

瑞鶴(いやしかし、しかし、しかし)

瑞鶴(まだ終わったと言い切れない)

瑞鶴(所詮、作るのはオムライス!!!!)

瑞鶴(何となる……いや、何とかする!)


620 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:42:40.25 ID:EhIi8M6ao

提督「ここだ」

瑞鶴「うわ凄っ、調味料まで一式全部揃ってるじゃないですか!」

提督「そうなのか? よく分からん」


瑞鶴「……」

瑞鶴(行ける! この男なら騙せる!)

瑞鶴「じゃあ作りましょう!!」


621 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:43:11.13 ID:EhIi8M6ao

提督「まず何をすればいい」

提督「今日はお前が司令官だ」

瑞鶴「まず手を念入りに洗って下さい」

瑞鶴「衛生管理は大切です」

提督「ふむ確かにな」


622 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:43:38.03 ID:EhIi8M6ao

提督「洗ったぞ。次はどうする」

瑞鶴「……えーっと」

提督「?」

瑞鶴「とりあえず卵を焼きましょう!」

提督「ライスはどうするんだ? まだ炊いてすらいないだろう?」

瑞鶴「……」

瑞鶴「……ライスは食堂から貰ってきましょう!」


623 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:44:05.96 ID:EhIi8M6ao

提督「そうだな。悠長に炊き上がりを待つわけにもいかん」

瑞鶴「そ、そうですよ〜もう〜」

瑞鶴(……忘れてた)


624 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:44:33.12 ID:EhIi8M6ao

提督「貰って来たぞ!」

瑞鶴「はやっ!?」

提督「次はどうする」

瑞鶴「じゃあ、私が卵作るんで提督さんはライスをお願いします」

提督「分かった」


625 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:45:21.39 ID:EhIi8M6ao

提督「で、ライスをどうすれば良い?」

瑞鶴「フライパンに二人分のライスを入れて炒めて」

提督「うむ」

瑞鶴「ケチャップをかけて混ぜて」

提督「うむ」

瑞鶴「終わりです」

提督「……実に簡潔で分かりやすいのだが……簡潔すぎやしないか?」


626 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:45:55.02 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「えっ……そうですか?」

提督「俺の知っているオムライスには玉ねぎや鶏肉などが入っていた気がするんだが」

瑞鶴「あっ!!」

提督「……もしかして忘れていたのか?」

瑞鶴「……」


627 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:48:03.41 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「提督さん」

瑞鶴「それは鶏肉を多く得る事の出来た東南アジア風のオムライスですよ」

瑞鶴「私が作るのは砂漠の地方で愛されたオムライスですから」

瑞鶴「質素なんです」


628 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:48:30.03 ID:EhIi8M6ao

提督「……俺達が質素にする必要はあるのか?」

瑞鶴「わ、私が好きなんです。このオムライスの砂の味が」

提督「……砂の味?」

瑞鶴「そ、そういう情景が思い浮かぶ味という事です!」

提督「ふーむ」


629 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:48:57.40 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(……気付かれた?)

提督「地域によって具材が違うとは、オムライスも奥深いものなのだな」

瑞鶴(助かったー! 馬鹿で助かったー!)

提督「では早速取り掛かろう」


630 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:49:23.90 ID:EhIi8M6ao

提督「とりあえずライスをフライパンに入れて」

提督「……火をつける」

提督「うわっ」

提督「瑞鶴! 火が付いたぞ!」

提督「俺が火を付けたぞ!!」

瑞鶴「……コンロのスイッチは誰が押しても火が付くよう動作しますよ」

提督「いや〜、自分でやると感無量だな」


631 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:49:59.88 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「……」

瑞鶴(馬鹿の戯言に付き合ってる暇はない)

瑞鶴(私は私の仕事をしなきゃ)


提督「で、杓文字を使ってかき混ぜるわけだ」

提督「何故かき混ぜるかよく分からんが、かき混ぜれば料理人っぽいだろう」


632 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:50:31.90 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(卵……何個だ……)

瑞鶴(二人分の卵は何個必要だ……)

瑞鶴(考えろ瑞鶴)

瑞鶴(……)

瑞鶴(そうだッッ!!!!)


633 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:51:36.28 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「提督さん」

提督「ん? 何だ?」

瑞鶴「卵どれくらい使いたいですか?」

瑞鶴「人によって違うんです。今日は提督さんの好みに合わせますよ!」

瑞鶴(完璧!!! 完璧すぎる!! これで多かろうが少なかろうが)

瑞鶴(『提督さんに合わせたからテヘペロ♪』と言えば何でも許される!!!)

瑞鶴(さすが正規空母!!!! さすが姉さんより可愛い私!!!!)


634 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:52:03.80 ID:EhIi8M6ao

提督「う〜む、俺は料理に関して門外漢だからな」

提督「俺が余計な事を言って美味いオムライスの分量を狂わせても不味い」

提督「恥ずかしい話、卵何個使うかもよく分からん」

提督「今日の所は瑞鶴のおすすめで作ってくれ」

提督「お前の料理の腕が楽しみなんだ」


635 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:52:37.04 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(……)

瑞鶴(はい、私の完璧な計画終わったーーーーー!!!!!!!!!)

瑞鶴(ていうかこの人悪意持って私に料理作らせてんじゃない!?)

瑞鶴(ってくらい見事に私の退路を塞いでるんですけど〜!?)

瑞鶴(……まぁ私が嘘吐いてたんですけど)


636 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:53:04.53 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(ここはもう正直に言うしか……)

提督「みぃくに〜のよぉ〜もをま、も、る、べし♪」

瑞鶴(駄目だぁぁぁぁぁぁ)

瑞鶴(この人今、滅茶苦茶機嫌良いよ!!!)

瑞鶴(軍艦マーチをノリノリで歌ってるのなんて初めて見たよ!)


637 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:53:33.06 ID:EhIi8M6ao

提督「瑞鶴!」

瑞鶴「は、はい」

提督「料理というのは簡単で楽しいものだな」

提督「かき混ぜるだけなのに何故か高揚するぞ!」

提督「俺の前世は料理人だったのかもかな!」

提督「わはは!」

瑞鶴「あ、あはははは」


638 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:54:00.14 ID:EhIi8M6ao

提督「俺は誰かと一緒に料理をするのが初めてなんだ」

瑞鶴「……」

提督「お前と一緒に料理する事が出来て嬉しいぞ」

瑞鶴「……」

提督「ま、俺に出来るのは足を引っ張る事位だが」

提督「わはは!」


639 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:54:51.46 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(……作らなきゃ)

瑞鶴(私だって作れるんだから!)

瑞鶴「……卵は六個、多分それ位」

瑞鶴「フライパンに投入」

瑞鶴「混ぜる」

瑞鶴「……それで火を付ける」

瑞鶴「火力はMAX」

640 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:55:32.24 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(焦げないように見守らなきゃ)

瑞鶴「……」ジィー

瑞鶴「……」ジィー

瑞鶴「……」ジィー

瑞鶴「……」ジィー


提督「……」


641 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:56:10.96 ID:EhIi8M6ao

提督「瑞鶴、どのタイミングでケチャップを入れれば良い?」

瑞鶴「全体が炒められて来たなぁ〜って感じになったら、です」

提督「ならそろそろだな」

提督「ワレ、天佑ヲ確信シケチャップ投入ス」

瑞鶴「……」クス


642 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:56:42.54 ID:EhIi8M6ao

提督「お前今、ちょっとクスッと来ただろ」

瑞鶴「……別に来てません」

提督「間違いなく笑ったな」

瑞鶴「知りません」

提督「いや〜長かった。ようやく渾身の不謹慎ギリギリネタで笑わせる事が出来た」

瑞鶴「……悔しい」


643 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:57:09.19 ID:EhIi8M6ao

提督「それと」

瑞鶴「はい?」

提督「卵が焦げてるぞ」

瑞鶴「うわっ!?」


644 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:57:46.78 ID:EhIi8M6ao

提督「あと卵に調味料は入れないのか」

瑞鶴「い、入れるに決まってるじゃないですか!」

瑞鶴「塩コショウをほらほらほらほら」

提督「……入れ過ぎだと思うが」

瑞鶴「わ、私の生まれたキャラバンではこれくらい普通でした」

提督「……」


645 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:58:13.27 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴(駄目だ、卵の一面が完全に焦げた)

瑞鶴(ふわふわ感が無い)

瑞鶴(大失敗だ)

瑞鶴「……」グス


646 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:58:54.62 ID:EhIi8M6ao


提督「……」

提督「ライスは出来たぞ」


647 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:59:27.17 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「……こっちも出来ました」

提督「じゃあ包むか」

瑞鶴「……包めるわけないじゃないですか」

瑞鶴「こんなスクランブルエッグみたいなので」

瑞鶴「提督……私実は」 提督「食べるぞ」


648 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 18:59:57.87 ID:EhIi8M6ao

提督「話があるなら食べてから聞く」

瑞鶴「……」

提督「完成品は……オムライスというよりケチャップライスとスクランブルエッグだな」

瑞鶴「……」


649 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:00:49.10 ID:EhIi8M6ao

提督「ふむ」アム

瑞鶴「……」

提督「……」モグモグ

提督「赤いご飯の方は実に質素だ」

瑞鶴「……」

提督「成程、砂漠の民はこんな味が好みなのか」

瑞鶴「……」


650 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:01:15.09 ID:EhIi8M6ao

提督「さて卵だが」アム

瑞鶴「……」

提督「……」モグモグ

瑞鶴「……どう?」

提督「うまい」


651 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:01:44.09 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「うそっ」

瑞鶴「……」パク

瑞鶴「……」モグ

瑞鶴「しょっぱ!」


652 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:02:13.97 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「こんなの全然料理じゃ……」

提督「初めての割には大した成果さ」

瑞鶴「……気付いてたの」

提督「当たり前だ」

提督「俺も料理を出来ないが、それ故の勘の鋭さというのもある」


653 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:02:53.60 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「いつから気付いてたの」

提督「お前が砂の味とか言ってた辺りから」

瑞鶴「……最初じゃない」

提督「そうかもな」


654 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:03:21.43 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「意地悪」

提督「何がだ」

瑞鶴「どうせ困ってる私を見て面白がってたんでしょ」

提督「そんな事は無い」


655 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:05:08.92 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「じゃあ……どうして言ってくれなかったの」

提督「俺は楽しかったぞ。誰かと一緒に料理をするのは」

提督「お前は楽しくなかったのか?」

瑞鶴「……それどころじゃ無かった」

提督「ははっ! お前としては嘘を取り繕うのに必死だったわけか」

提督「それは残念だ。結果的に俺は少し意地悪だったかもしれんな」


656 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:06:01.22 ID:EhIi8M6ao

提督「だが料理がおいしいのは俺の正直な感想だぞ」

提督「俺が楽しく作ったものだし、お前は必死に作ってくれたものだ」

提督「そんなオムライスが不味い訳がない」

提督「多少不細工で大味だがな」


657 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:06:49.35 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「お店でこれが出てきたらどう思う?」

提督「客商売を止めるよう勧告する」

瑞鶴「……」クス

提督「流石に調理師免許を持った者がこれでは困るよ」


658 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:07:56.63 ID:EhIi8M6ao

提督「俺達は料理に関して素人なんだ」

提督「お前が今作を気に入らないのなら」

提督「また今度、二度目のオムライスに挑戦すればいいさ」

提督「そうだろ?」


瑞鶴「……うん」


659 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:13:15.24 ID:EhIi8M6ao

提督「作っている時、料理とは簡単なものだと思ったが」

提督「意外に奥が深そうだ」

提督「かき混ぜるのは楽しかったんだがな、楽しさが美味さと直結するわけでは無いらしい」

瑞鶴「……当たり前です。簡単に美味しく出来るなら料理屋さんは要りません」

提督「確かに」

660 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:13:53.25 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「さ、気合入れて食べましょう。残しちゃ勿体無いです」

提督「俺の言葉は少しは気慰めになったか?」

瑞鶴「そういう無粋な事聞く人嫌いです」


661 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:14:24.40 ID:EhIi8M6ao

瑞鶴「……そんなの見たら分かるでしょ」

瑞鶴「……」パク

瑞鶴「……」モグモグ

瑞鶴「くぅ〜、この卵の塩味がキツくておいし〜」


662 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/22(火) 19:16:25.75 ID:EhIi8M6ao

提督「ご自慢の卵の味を視覚的に表現してみろ」

瑞鶴「食べた瞬間、口と頭にどこまでも続くシルクロードが広がります」

提督「要するに過酷なんだな」

瑞鶴「はぁ、全く、提督さんの舌は文化的寛容が足りていません」

提督「文化的寛容ねぇ・……。海の男でもこの塩には戸惑ったぞ」

瑞鶴「海の男よりも塩気が多い、正規空母が作った本格的な塩の味です。まだまだって事ですよ、提督さん」

提督「わはは!! 馬鹿が!」

瑞鶴「んふふ!」

667 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/24(木) 02:50:51.11 ID:PAl0NwMno

>>1です
私事なのですが、都合により更新を終了します。
スレもHTML化を依頼します。
今まで支援してくれた方々には本当に感謝しています。

風呂敷を広げるだけ広げて畳む前に終わらせる事は残念ですが、一番書きたかったものはもう書けました。
自分で言うのも変ですが、ここまでスムーズに行くとは思いませんでした笑

三作目打ち切りエンドではなく、二作目の続きで長めのエピローグが終わったとお考えください。
そう見れば恐らく納得の終わりにも見えなくはない……はず?

本当に本当にありがとうございました。
では


673 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/24(木) 12:54:40.98 ID:PAl0NwMno

ではとか言いながらヌケヌケ出て来ます。

三隈に関してはスマン……。

付け加えなんだが、俺は皆から批評が貰いたい。
自分としては未完でもそれなりに書いたつもり、になっているので。

話のここが良かった悪かったとか(未完であることや、風呂敷広げて放置した事以外)
を挙げてくれれば是非参考にしたい。

どのキャラをどういう理由で一番好きだったとか、嫌いだったとかも聞きたい!

674 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 15:10:52.32 ID:KdemrrDL0

日向、あと瑞鶴かな

日向は朴訥さと武人の豪快さ、強キャラの中に時々見せる女の顔(嫉妬とか弱さ)がキャラクターとして非常に良かった。誰かが書いていたが、デレて開き直った両儀式というのには膝を打った。キンクリされたのが残念だ。

瑞鶴は他のSSでもそうだが、快活で意地っ張り、分かりやすいキャラクターだったな。

なにはともあれ、お疲れ様でした。

675 名前: ◆mZYQsYPte.[sage saga] 投稿日:2014/04/24(木) 16:27:50.38 ID:PAl0NwMno

>>674
空の境界の式は俺も好きだな。

日向さんはある意味提督の幼馴染的なポジションで、自分と提督の関係が変わる事は無いと考えていた。
でも五航戦が来てから妙にマルマルウマウマ

それが一作目の根本でもある。
二作目では自分を殺して翔鶴を許容した日向さんが限界を迎える。
三作目にして、彼女はようやく提督と折り合いをつける事が出来た。多少歪んではいるけど。

話の中で一番変わったのは日向さんだったのかも。
エロについてはアレだ、
貴方の中では武人であるように、俺の中では幼馴染としての日向さんが強いから、
必要以上に女的(差別意識は無い)な描写をする気になれなかった。

だから是非御自分でまとめてネットにupしてくれ、というか、して欲しい!


話を全部通して見て、誰が主人公だったか自分でもよく分からなくなるのだが、
提督と瑞鶴が主人公枠のつもり。

元々一作目の構想の段階では、
『提督の事を嫌いだった瑞鶴が段々提督の事好きになっていく話』にするつもりだった。
上記構想は翔鶴の魅力が強すぎて断念した、つもりだったけど終わり間近で何とかなったかな、と

瑞鶴の提督好きって保護者に対する好きと同じ気もするんですが……禁断でも良いですよね。艦娘ですし、お寿司

676 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 17:58:52.92 ID:F/WcFyqz0

続編とは言わんけど、これからも何か書く気があるのか教えて欲しい
ちょっと感想は後で

677 名前: ◆mZYQsYPte.[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 18:42:07.84 ID:z0bynrpS0

>>676
今の所ないです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「ねぇねぇおねいさぁんピーマン食べれる〜?」長門「……」