ハルヒ「若い体を持て余すのは止めるわ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「かがみんの携帯が置きっぱなし……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/11/02(土) 04:38:48.40 ID:fjliIm8J0

キョン「何だ突然?」

ハルヒ「だから、恋人作って恋愛するってことよ」

キョン「何?」

ハルヒ「とりあえずは、団員同士でカップルを作ろうと思うのよ」

キョン「どうしてそうなるんだ?」

ハルヒ「そりゃ仲良し同士で付き合ったほうがいいでしょ?私はくじ引き作るからキョンはみんなを集め手着て頂戴」

キョン「くじ引きで決めるつもりなのか?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:43:10.24 ID:fjliIm8J0

ハルヒ「みんな集まったわね」

古泉「…あの、本気ですか?」

ハルヒ「本気よ」

長門「人数的に一人余る」

ハルヒ「そういうときもあるわ」

みくる「あの…付き合うと言われても、どういうことをすればいいんですか?」

ハルヒ「セックスよ!」

キョン「おい、お前今回ばかりは強引すぎるぞ」

ハルヒ「いいのよ、ほらさっさとくじを引く、男はこっち、女はこっちよ」

長門「わかった」

古泉「…仕方ありません」

みくる「…どうしよう」

キョン「ええい!」

ハルヒ「最後は私ね、おりゃ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:44:53.41 ID:fjliIm8J0

長門「…私は3番」

キョン「俺は1番だな」

古泉「僕は2番ですね」

みくる「キョンくん、よろしくおねがいします、私も1番です」

キョン「朝比奈さんなんですか?よっよろしくおねがいします」

みくる「はっはい!」

ハルヒ「…」

キョン「お前は何番なんだ?」

ハルヒ「2番よ」

古泉「あの…よろしくおねがいします」

ハルヒ「…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:49:01.84 ID:fjliIm8J0

一週間後

キョン「朝比奈さん、明日どこ行きましょうか」

みくる「キョン君が行きたい場所でいいですよ」

キョン「俺が行きたい場所っていったら、またあそこですけどいいんですか?」

みくる「キョンくんエッチなんだから」

キョン「すみません、朝比奈さんが魅力的なのがいけないんです」

みくる「うふふっ」

ハルヒ「…」

古泉「あの、僕たちはどうします?」

ハルヒ「え?」

古泉「明日の休日ですよ」

ハルヒ「どこでもいいわよ、古泉君が決めて」

古泉「はい…この前のようなところはお気に召しませんか?あまり楽しそうにしてませんでしたが」

ハルヒ「そういうわけじゃないけど…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:51:29.96 ID:fjliIm8J0

古泉「あの二人はすでにセックスをしてるみたいですね」

ハルヒ「そうね」

古泉「僕達もしませんか?」

ハルヒ「…」

古泉「一応そういう予定だったんですよね?」

ハルヒ「予定は予定よ」

古泉「しかし、一応それが目的の一つなのですから、実行しないわけには」

ハルヒ「…」

古泉「涼宮さん!」

ハルヒ「わかったわよ、すればいいでしょすれば!明日はセックスするわよ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:53:05.90 ID:fjliIm8J0

ハルヒ「キスとかしなくていいから、早く終わらせて!」

古泉「痛いですか?」

ハルヒ「痛いわよ」

古泉「休憩しますか?」

ハルヒ「我慢するからさっさと終わらせて!」

古泉「…」

ハルヒ「ああもう、セックスの何がいいのかしら…」

古泉「…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:55:18.46 ID:fjliIm8J0

みくる「日曜日は楽しかったね」

キョン「はい、またあそこ行きたいですね」

みくる「あそこって、あのお店?それともホテル?」

キョン「おっお店ですよ!」

みくる「私はあのホテル気に入ったけどなぁ」

キョン「え?」

みくる「また行こうか?」

キョン「はい!」

ハルヒ「…」

古泉「…涼宮さん」

ハルヒ「何よ!」

古泉「いえ、なんでもありません…」

ハルヒ「カップル終了!今からもう一回くじ引きするわよ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:56:59.24 ID:fjliIm8J0

キョン「おい、急になんだよ」

ハルヒ「もうセックスも済ませたことだし、別のカップリングを試してみるのよ」

みくる「もう少し待ってもらえませんか?」

ハルヒ「何よ、文句あるの?」

みくる「でも…」

ハルヒ「ほら、男がこっち、女がこっちよ!今回は私が先に引くから、おりゃ!」

キョン「…わかったよ」

長門「…」

みくる「お願い、当たって!」

古泉「…」

ハルヒ「みんな引いたわね?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 04:58:39.68 ID:fjliIm8J0

ハルヒ「私は2番よ!」

長門「私は1番」

みくる「私は3番ですね、ってことは余りかぁ」

キョン「俺は1番だな、長門よろしくたのむ」

ハルヒ「…」

古泉「あの…」

ハルヒ「何よ」

古泉「またお願いします」

ハルヒ「…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 05:03:00.84 ID:fjliIm8J0

一週間後

キョン「長門おはよう」

長門「おはよう」

チュッ

ハルヒ「ちょっと、廊下で何やってるのよ」

キョン「おはようのキスだよ、見てわからないのか?」

ハルヒ「人前でみっともないと思わないの?」

キョン「人前って誰もいないだろ」

長門「一応周りの目は気にしている」

ハルヒ「私が見てるわよ!」

キョン「お前が見ててもいいいだろ、俺たちの関係は知ってるんだし」

ハルヒ「…」

長門「あなたも古泉一樹とするべき」

ハルヒ「うっうるさいわね!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 05:05:57.71 ID:fjliIm8J0

ハルヒ「古泉君!」

古泉「おはようございます」

ハルヒ「キスするわよ!」

古泉「え、本当ですか?」

ハルヒ「…」

がちっ

古泉「痛っ!すみません、歯があたったんですが」

ハルヒ「はい終わり、それじゃ放課後ね」

古泉「…はぁ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 05:08:19.48 ID:fjliIm8J0

長門「卵焼きを食べて欲しい」

キョン「うまい、お前料理もできたんだな」

長門「さまざまなレシピを集め、その中から最良のものを選び出し実行すれば簡単」

ハルヒ「…何で昼休みに有希がいるのよ」

長門「彼と一緒にご飯を食べるため」

キョン「恋人とはそういうものだからな」

ハルヒ「…」

長門「次は唐揚げを食べて」

キョン「うまそうだな」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 05:15:41.05 ID:fjliIm8J0

日曜日

古泉「あの楽しくないですか?」

ハルヒ「楽しいわよ!」

古泉「でもいつも楽しくなさそうなもので」

ハルヒ「男がそんなこと聞いちゃだめでしょ!」

古泉「すみません…」

ハルヒ「あっキョン!」

古泉「あ?」

キョン「お前らもデートか?」

長門「奇遇」

みくる「今日は雨が降りそうですから気を付けた方がいいですよ」

ハルヒ「ちょっと、何でみくるちゃんがいるのよ?」

キョン「最近は三人で遊ぶことにしてるんだ」

みくる「そうなんです」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/02(土) 05:23:20.14 ID:fjliIm8J0

長門は爆発した





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉にレイプされた…」