シンジ「カヲル君かっこいいよね!」アスカ「キモチワルイ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】「君と聞きたいライトミュージック」【安価】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 12:26:33.20 ID:o0/jLW1f0

シンジ「許せない…」

カヲル「どうしたんだい?シンジ君」

シンジ「カヲル君! アスカがヒドイんだ!」

カヲル「……またシンジ君を苛めたのか。あの毛唐リリン」

シンジ「ねえ。カヲル君の魅力を思い知らせて、アスカをメロメロにしてやってよ!!」

カヲル「え?」

シンジ「お願いだから」

カヲル(シンジきゅんにお願いされた!!)

カヲル「任せて。君の希望を叶えるために僕はいるんだ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 12:31:32.79 ID:o0/jLW1f0

その日の夜

アスカ『ぁ…もしもし、シンジ……』

シンジ「アスカ、今どこ? もうご飯できてるよ」

アスカ『ご、ごめんなさい。私今日……っ、ん、ヒカリの、とこに…ぁ、ぁん』

シンジ「?」

アスカ『泊ま、泊まるから…帰らない、から。ンぅ、ぁっ、食べて、て、ぁ、ひぅっ』

シンジ「…………分かった」

シンジ(なんだろ。ヘンなの)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 12:38:43.06 ID:o0/jLW1f0

翌日

アスカ「シンジ。これ、カヲ…渚から」

シンジ「カヲル君から? 何?」

アスカ「知らないわよ。ただ、渡しといてくれって命れ…言われただけだから」

シンジ「ふうん。ありがとう」

アスカ「じゃ、私寝るわ。疲れてるから、起こさないでね」

シンジ「うん」



ガサガサ

シンジ(ビデオディスクだ。何で僕に? 何かの映画かな?)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 12:47:19.69 ID:o0/jLW1f0

アスカ『んちゅ、ちゅ、ンむ、れろ、ちゅぷっ、ン』


シンジ「!?」


アスカ『ちゅぅぅ、ンっちゅ、んぷ、ふぁ』

カヲル『……そんなに僕の指が美味しいのかい?』

アスカ『ほぃひぃ…ちゅぱっ、ンぁ、ほぃひぃれふぅ……んんっ』

カヲル『…』

アスカ『ぁぁ、カヲルさま、カヲルさまぁ……』スリスリ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 12:53:43.96 ID:o0/jLW1f0

カヲル『もう一度言っておくけど、僕は君になんの興味もない。ただシンジ君に頼まれたから。それだけだ』

アスカ『わ、分かってます。それでもいいの、いいんです……』


シンジ「す…すごい」


アスカ『カヲルさまの玩具……ううん、玩具ですらないわ。勝手に縋りつくだけの哀れなメスなの』

カヲル『自分の立場は分かってるようだね』

アスカ『はい!』

カヲル『……』ゲシッ

アスカ『ひぃんッ』

ドサッ

アスカ『ぁ……ぁ、ぁへ……』



シンジ(カヲル君に蹴っ飛ばされても、怒るどころかヨダレ垂らしてイっちゃってる……あのアスカが!)

シンジ「やっぱりカヲル君は凄いや!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 12:59:59.59 ID:o0/jLW1f0

翌日

シンジ「カヲル君!!」

カヲル「やあシンジ君。ビデオは見てくれたかい?」

シンジ「うんっ。ありがとう、思ってた以上だった」

カヲル「君がそう言ってくれと嬉しい。あんなのに声をかけたかいがあったよ」

シンジ「そ、それでその……またお願いが」

カヲル「なんだい? 僕に叶えられることであれば何でも言って」

シンジ「今度は洞木さんって人を、アスカみたいにして欲しいんだ」

カヲル「え?」

シンジ「洞木さんはいい人なんだけど…アスカに色々吹きこまれて、よく知りもしないのにカヲル君のこと悪く思ってるみたいだから」

カヲル「僕はそんなことは気にしないけど」

シンジ「ダメだよ! カヲル君をバカにするなんて、絶対ダメ!」

カヲル「シンジ君……」ジーン

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 13:37:09.41 ID:o0/jLW1f0

キーンコーンカーンコーン

ヒカリ「起立。礼」

「「「「「さようなら」」」」」

ヒカリ(さてっと。今日もスーパー寄って、お弁当の準備頑張らなくっちゃ)



スーパー

ヒカリ「♪」

ヒカリ(好きな人のご飯考えるのって楽しいな。鈴原、明日も喜んで食べてくれるかな……)

カヲル「すみません」

ヒカリ「え、はい?」

カヲル「こんにちは。洞木ヒカリさんですよね」ニコ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 13:42:57.63 ID:o0/jLW1f0

翌日

ヒカリ「ごめんね鈴原…今日はお弁当ないの」

トウジ「ふぇっ!?」

ヒカリ「っていうか、もう作ってこないから。これ、責任取って今日のパン代」

ジャラ

ヒカリ「明日からはまた自分で用意してね。ホントにごめんなさい。それじゃ」

トウジ「い、いいんちょう……? なんや、急に……」

ヒカリ「碇君にも渡すものがあるの。はい」

シンジ「ディスク……これって」

ヒカリ「あの人に頼まれたの。碇君に渡せば分かるからって」

シンジ「う、うん。ありがとう」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 13:53:16.77 ID:o0/jLW1f0

ヒカリ『はぁ、はぁ、ん……かふぉるはまぁ……』

チュク……クチュゥゥ、チュパッ

ヒカリ『どうですか? あ、味は』

カヲル『マズいよ。君の唾液のせいで』

ヒカリ『ご……ごめんなさい、ごめんなさい……』

カヲル『この食材は、その鈴原君というリリンのために買ったものなんだね』

ヒカリ『はい……』

カヲル『好きな異性のために買ったそれを、初対面の男に口移しで食べさせている。それも全裸で。屈辱だとは思わないのかい?』



シンジ(えっ。洞木さんって、トウジのこと好きだったのか……じゃあ、トウジに悪いことしちゃったのかな)

シンジ(でも仕方ないよ。だって相手がカヲル君だし。カヲル君はもっとモテるべきなんだ!)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 14:03:01.13 ID:o0/jLW1f0

ヒカリ『屈辱だなんて! 私とっても、とっても幸せです!』

カヲル『…』

ヒカリ『こんな綺麗な人に、こんな……ン、ん』

クチュ、チュク、チュパッ

ヒカリ『ふぁ……く、くひうつひれぇ……ンぁ、ご奉仕ぃ、させていただけてぇ……とってもしあわせぇ……』

カヲル『そう。良かったね。でも、マズいしもう飽きたよ』バサ

ヒカリ『あっ』

カヲル『勿体無いから残りは君が食べるんだ。拾わずに、這いつくばって口だけで』

ヒカリ『は、はい』

カヲル『床も汚れたから、舐めて掃除しておいてね』

ヒカリ『はい!……ん、ちゅ、ペロ、レロッ』

カヲル『…………不潔だね』

ヒカリ『はひぃ……わ、わたし、フケツな女の子です……レロッ』



シンジ「わー」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 14:11:21.62 ID:o0/jLW1f0

翌日

シンジ「マヤさんって人がいるんだ。赤木リツコさんの後輩で、ネルフのオペーレーターの」

カヲル「そのリリンがどうかしたのかい? まさかまたシンジ君になにか」

シンジ「ううん。僕は何もされてないけど……ただ、なんていうか、レズっぽい人で」

カヲル「レズ。女性の同性愛者を指す俗語だね」

シンジ「それで、多分リツコさんの事が好きで、リツコさんもそれは知ってるみたいで」

カヲル「つまり?」

シンジ「つまり、あやしい二人なんだ。でも女の人同士なんておかしいよっ。ネルフにはカヲル君がいるのに」

カヲル「シンジ君に買いかぶられるのはこそばゆいね」

シンジ「カヲル君! あの二人を落としてカヲル君の奪い合いさせてやって!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「この事件、俺が解いたんっすよwwww」