ハルヒ「この中に宇宙人未来人がいたら〜」キョン「なにいうとん?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「いけ光彦!『がまんじる』だ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 08:55:14.87 ID:KHuzPduS0

キョン「さっきのホンマなんか?」

ハルヒ「何が?」

キョン「宇宙人がなんや言うとったやん、あんた」

ハルヒ「なによ、あんた宇宙人?」

キョン「ちゃうけど…」

ハルヒ「だったら話しかけないでちょうだい。時間の無駄よ」

キョン「なんやぁバリ冷たいやんけ…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:00:43.27 ID:KHuzPduS0

ハルヒ「…つまんない」はぁ…

キョン「なんや、バリため息ついとーで君」

ハルヒ「話しかけないで」

キョン「ああすんまへんな」

ハルヒ「…」

キョン「…なんであんた、コロコロ髪型変えとるん?」

ハルヒ「!」

キョン「あんたそないことしたら宇宙人が気づいてるくれるとでも思っとるん?」

ハルヒ「いつから気付いてたの」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:01:53.49 ID:KHuzPduS0

一応神戸弁のつもりでやってます
なにか至らぬことあったら指摘お願いします

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:04:52.81 ID:KHuzPduS0

キョン「おはようさん」

ハルヒ「おはよう」

キョン「そろそろ暑うなるなぁ、髪でも切ってさっぱりし」

キョン「あんた早速切ってるやんか!」

キョン「早いなぁ、昨日自分がごちゃごちゃ言ってもうたせいか?」

ハルヒ「別に関係ないわよ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:12:28.97 ID:KHuzPduS0

谷口「よくあんだけ長い間話するなー」

キョン「?何がやねん」

谷口「ハルヒだよ」

国木田「キョンは変な女の子ばっかり好きになるからねえ」

キョン「アホ」

朝倉「でも一人ぼっちは寂しいから、仲良くしてあげてね」

キョン「なんで自分が…貧乏くじ引いてもうたかなあ」

朝倉「よろしくね♪」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:15:04.64 ID:KHuzPduS0

キョン「席替えがあったのはええけどな」

キョン「なんであんたが後ろにおんねん」

ハルヒ「知らないわよ」

ハルヒ「それより、なんかいい感じの部活ないの?」

キョン「知らんわいやそんなん自分でさがしい?」

ハルヒ「どこも面白くないのよ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:26:48.77 ID:KHuzPduS0

ハルヒ「…そうよ!」

キョン「ぁいたっ!?」

キョン「ッツ…なにしよんねん!」

ハルヒ「ないんだったら、作ればいいだけの話なのよ!」

キョン「何がやねん」

ハルヒ「部活よ!部活!」

キョン「おー、ええやんけ」

キョン「そやったらしゃんと座って、授業受けような〜」  

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:38:11.61 ID:KHuzPduS0

屋上・入口

ハルヒ「アンタ、手伝いなさいよ!」

キョン「?なんで俺がそんなバリしんどいことせないかんのよ」

ハルヒ「部室確保しなきゃいけないわね、また放課後よ!」

キョン「なに一人で言っとん・・・もうおらん」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:40:14.47 ID:KHuzPduS0

放課後・文芸部室

キョン「なんやここ」

ハルヒ「文芸部室、私たちの部室にするのよ!」

キョン「ホンマかいな、文芸部ゆうたらつまらん部活ちゃうんけ」

ハルヒ「ここを本拠地にするのよ!」

キョン「そうゆう事かいな」

キョン「そやったら、文芸部はどうするん?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:43:08.73 ID:KHuzPduS0

ハルヒ「知らないわよそんなの、OKもらっただけだし」

キョン「それアカン奴ちゃうんかい、後で文芸部員に挨拶回りー」

ハルヒ「あの子一人だけよ」

キョン「ほんまかいなそれ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:45:44.35 ID:KHuzPduS0

長門「・・・・」

キョン「ずっとおったんかい、めっちゃ本読んどるやんけ」

キョン「にしてもめっちゃ影薄いやん、…自分らに気付いてないんとちゃうか?」

長門「気づいている」

キョン「だったら返事くらいしようや…」

ハルヒ「あんた、名前は?」

長門「長門有希」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:49:37.91 ID:KHuzPduS0

翌日・文芸部室

キョン「長門、今何よんどるん?」

長門「SF」

ハルヒ「新入部員を連れてきたわ!」

朝比奈「な、なんでうち連れてこられたん・・・・?」

キョン「!?」

ハルヒ「気にしちゃだめよ、そんな事」ガチャ

朝比奈「な、なんで鍵閉めるん!?」

ハルヒ「新入部員の朝比奈みくるちゃんよ、仲良くしなさい」

キョン「ここにきてついに自分の同類やんけ…」

長門「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:54:07.52 ID:KHuzPduS0

長門宅

キョン「めっちゃええとこ住んどるやん、親御さんはどうしたん?」

長門「いない、一人暮らしだから」

キョン「男あげてええんかいな、怖いお父さんに怒られるのややで」

長門「大丈夫」

キョン「そうかい…まあええわ」


長門「…本題に入る」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 09:59:48.47 ID:KHuzPduS0

キョン「せやな、すんまへん。さぁ、話を聞ききましょか」

長門「…情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない」

キョン「前置きはええからはよ言いや、理解はするけどな」

長門「そう。では聞いて」

長門「この銀河を統括する情報統合思念体によって作られた
   対有機生命体用ヒューマノイドインターフェイス。それが私」

キョン「今日部室で読んどったSF小説のはなしかいな」

長門「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 10:07:35.28 ID:KHuzPduS0

キョン「…」

長門「信じて」

キョン「ゆうてもなぁ…そないなこといわれても今一つピンとこ―へん」

長門「ではもう一度説明する」


長門「・・・・ということ」

キョン「君めっちゃ説明下手やん、さっぱり分からんわ」

長門「ではもう一度キョン「もうええもうええ!」



キョン「…信じてええねんな?」

長門「…」コクッ

キョン「頭いとうなってきてもうた・・・」」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 10:41:22.90 ID:KHuzPduS0

再開します
翌日・下駄箱

キョン「ああめっちゃ眠い…、んん?」

キョン「なんやこれ」

放課後誰もいなくなったら、1年5組の教室に来て」

キョン「………おお」

キョン「自分にラブレターなんて、見る目あるやんかい」

キョン「……ドッキリやといややなぁ」

放課後

キョン(バリ楽しみやわー、誰もおらへんオチが怖いけど)

ガラララッ ピシャ

朝倉「・・・来てくれないのかと思ったわ」

キョン「あんな手紙やったらな、来ただけマシやと思うで」

朝倉「意外な相手で驚いてる?」

キョン「驚いとるわ、まさかあんたやったとは・・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 10:47:45.02 ID:KHuzPduS0

朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見るわ」

キョン「え」

ビュン

キョン「うわわ!俺のネクタイが・・・・」

朝倉「命の心配はしないでいいのかな?」

キョン「(これアカン奴や、さっさと逃げな)」

キョン「な、体がうごかへん・・・」

朝倉「この空間は私の制御下よ」


キョン「アカンアカンアカンて!朝倉落ち着き!な?」

朝倉「私はいたって冷静よ?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 10:56:47.43 ID:KHuzPduS0

ドーン!!

長門「させない」

朝倉「!?」

キョン「長門!?助けに来てくれよったんかい・・・・・」

――――――――――――――――――
キョン「これやから体張るのはいややっていっとうねん…」

朝倉「じゃあね、涼宮さんとお幸せに」

キョン別に俺ら付き合っとうやないんやけどな…」

長門「もうすぐ空間の再構築が行われる」

キョン「SFはホンマようわからへんなぁ…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 11:00:30.11 ID:KHuzPduS0

北高・教室

キョン「・・・君、大丈夫かいな?」

長門「あ、メガネ・・・・・」

キョン「ふふっ」

長門「?」

キョン「外した方がにあっとうで」

長門「……そう」

谷口「WAWAWA忘れ物〜…あ」

長門・キョン・谷口「・・・・・」

谷口「お幸せにいいいいいいいいいいいい!!!」

キョン「こらまてアホ!勘違いしとるで!」

長門「…面白い人…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 11:10:15.58 ID:KHuzPduS0

翌日・文芸部室

朝比奈「お茶入ったで」

キョン「お、ありがとうちょうど喉かわいとってん」ズズッ

長門「・・・・」ズズッ

朝比奈「・・・・・どない?」

キョン「あー、上手いと思うで」

長門「・・・・」

ハルヒ「普通においしいわよみくるちゃん」

キョン「長門どないしよったんや」

長門「・・・・」プルプル

朝比奈「長門はんが引いたみたいやね」

キョン「なにいれよったん朝比奈さん」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 11:11:19.30 ID:KHuzPduS0

朝比奈「ひとつだけ味の違うお茶を入れてみたんよ」

ハルヒ「わ、有希顔真っ赤じゃない!、大丈夫?」

キョン「めっちゃ恐い女やね君…」

長門「・・・・」プルプル

朝比奈「ふふっ♪」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 11:21:11.44 ID:KHuzPduS0

次の日
ハルヒ「キョン!聞いた!?この時期に転校生よ転校生!」

キョン「ああ聞いたで、この時期に珍しいなぁ」

ハルヒ「これはもうアタシの興味をそそりまくりよ!絶対勧誘するわ!」

キョン「アカン、ちょっと待ちいな」

ハルヒ「なに?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 11:26:18.00 ID:KHuzPduS0

キョン「ええか?この時期に転校しはったってことは、何かしらのわけがあると思うんよ」

ハルヒ「そうでしょ!?だから勧誘するんじゃない!」

キョン「そういうとこがあかんいうとんねん。人には言えへん事情があったらどない…」

ハルヒ「いってくるわ!」

キョン「まてダボ!……人の話聞かへんなぁ 」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/13(日) 11:38:10.56 ID:KHuzPduS0

すいません騙し騙し書いてたのですが当分書けません、本当に申し訳ない
神戸人の代行お願いします



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アカギ「ククク…ZIPでPON!ね…」