光彦「元太君、君はなんなんですか」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「お悩み相談」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:00:12.34 ID:l76tYBPy0

元太「うな?」

光彦「とぼけないでくださいよ、そのうな重キチガイも演技なんでしょ?」

元太「うな重!」

光彦「またそうやって…いい加減正体を見せたらどうなんですか?」

元太「黙れ」

光彦「え?」

元太「お前が知る必要は無い、とっとと失せろ」

光彦「ちょっと…ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ガブッ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:03:57.41 ID:l76tYBPy0

翌日

コナン「みんなおはよ」

歩美「コナン君おはよう!」

灰原「今日はどんな光彦虐殺ショーを見せてくれるのか楽しみだわ」

元太「うな重!」

光彦「おはよーございますみなさん」

元太「よう光彦、昨日の夜のことだけどよ」

光彦「なんのことですか」

元太「ならいいんだけどよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:10:07.43 ID:l76tYBPy0

昼休み

灰原「今日も面白かったわね」

歩美「光彦君のケツにタバスコが入っていくなんて最高だったわ」

元太「うな重!」

コナン「でも光彦の様子なんか変だったな、元太なんか知らないか」

元太「俺は知らないぜ」





光彦(おかしいです…元太君…)

光彦(僕のケツの穴にタバスコが入っていくとき、元太君が笑っているように見えました)

光彦(笑い方も灰原さんや歩美ちゃんのような感じじゃなくてまるで悪役がするような感じ…)

光彦(まさか、元太君には何か秘密が…そしてそれが僕が虐殺されることに関係が…)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:11:51.00 ID:l76tYBPy0



光彦「元太君、君はなんなんですか」

元太「うな?」

光彦「とぼけないでくださいよ、そのうな重キチガイも演技なんでしょ?」

元太「うな重!」

光彦「またそうやって…いい加減正体を見せたらどうなんですか?」

元太「黙れ」

光彦「え?」

元太「お前が知る必要は無い、とっとと失せろ」

光彦「ちょっと…ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ガブッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:15:32.44 ID:l76tYBPy0

翌日

コナン「みんなおはよ」

歩美「コナン君おはよう!」

灰原「今日はどんな光彦虐殺ショーを見せてくれるのか楽しみだわ」

元太「うな重!」

光彦「おはよーございますみなさん」

元太「よう光彦、昨日の夜のことだけどよ」

光彦「なんのことですか」

元太「ならいいんだけどよ」

光彦(そうえば元太君にこんなこと言われるのもう30回目ですね)

光彦(でもどうして…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:22:18.80 ID:l76tYBPy0

阿笠「元太君がそんなことを」

光彦「はい、でも僕には覚えが無くて…」

阿笠「詳しく調べたいのでのう、そこにあるスイッチを押してくれ」

光彦「はい」ポチッ

光彦「う…」バタン

阿笠「元太君、君も記憶操作が甘いのう」

元太「悪いな博士」

阿笠「大丈夫じゃ、これで記憶の操作は完了したわい」

元太「ありがとな博士」

阿笠「ついでに彼が君のことで何か気付くたびに脳味噌が爆発するように仕掛けておいたわい」

元太「サンキュー博士」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:27:39.15 ID:l76tYBPy0

光彦「ここは」

コナン「どうした光彦、道端に寝そべって」

光彦「コナン君…」

コナン「何があったか知らないけど危ないぞ」

光彦「すいません…」

コナン「ところでお前、よく元太に何か聞かれてたよな、あれって何なんだ」

光彦「何の話ですか?」

コナン「とぼけるなよ、昨日のことがどうとか」

光彦「昨日のこと…うっ…」ドカン

コナン「光彦?おい光彦!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:30:45.04 ID:l76tYBPy0

阿笠「急に光彦君の脳味噌が爆発したとはのう…」

コナン「どうせ博士がやったんだろ?」

阿笠「ワシは知らんぞい」

コナン「ならいいんだけどよ、最近光彦と元太のやり取りが気になってさ」

阿笠「というと?」

コナン「かくかくしかじか」

阿笠「なるほどのう、ワシも色々調べておくわい」

コナン「頼むぜ博士」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:35:14.22 ID:l76tYBPy0

歩美「光彦君大丈夫?」

灰原「爆発の瞬間が見れなくて残念だわ」

コナン「調子はどうだ」

光彦「大丈夫です…脳味噌も復活したので」

元太「うな重!」

コナン(この事件、やっぱり何か裏がありそうだぜ)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:41:03.63 ID:l76tYBPy0

コナン「なあ元太」

元太「うな重?」

コナン「お前光彦に何かしただろ」

元太「うな?」

コナン「とぼけるんじゃねえ、博士も関わってるな、全てはいてもらうぜ」

元太「黙れ」

コナン「?」

元太「お前も食らえ」

コナン「その手には乗らないぜ」

元太「何?」

コナン「お前も俺と同じで博士の発明があるからな」

コナン「食らえキック力増強シューズ!」

元太「グフェ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:45:27.26 ID:l76tYBPy0

元太「…」

灰原「どうしたの江戸川君」

歩美「あ、元太君が…」

阿笠「何があったんじゃ」

コナン「とぼけるんじゃねえ、元太と博士が何かをしていたことはわかってるんだ」

コナン「さあ答えろ、答えねえと元太の命を奪う」

歩美「ちょっとコナン君何言ってるのよ!」

灰原「そうよ、何があったか知らないけどやりすぎよ」

阿笠「いいんじゃよ、全てを話そう」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 14:50:30.96 ID:l76tYBPy0

阿笠「単刀直入に言うわい、彼は元太君ではない」

全員「え?」

阿笠「彼の正体は…うっ…」バタン

コナン「博士!」

元太「お前はもう用済みだ、阿笠」

コナン「元太てめぇ!」

元太「言っただろ、俺は元太ではない」

元太「俺は、工藤新一だ」

全員「なんだって!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:00:28.23 ID:l76tYBPy0

コナン「何で俺が…」

新一「お前は阿笠が作った俺のクローンだ」

灰原「でもどうして…たとえ江戸川君がクローンだとしてもあなたは死んだはずよ…」

新一「あのとき俺は黒の組織に殺されたはずだった」

新一「だが阿笠に救われて一命を取り留めた」

新一「そのとき誓ったんだ、俺はあのお方の小学生時代の友達の嫁の母親の友人の孫、円谷光彦に復讐すると」

灰原「だから彼の虐殺ショーをしていたのね」

新一「ああ、阿笠に頼んで小学生型アンドロイドを作ってもらってそいつの中に入ってな」

灰原「それが小嶋くん…」

コナン「そんな…俺がクローン…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:10:00.67 ID:l76tYBPy0

コナン「全てお前の仕組んだ罠だったってことか」

新一「そうだ、俺が阿笠に頼みそれをお前が実行する、これで完璧だ」

灰原「許せないわ、子供の純粋な心をもてあそぶなんて…」

新一「なんとでも言え、もう直ぐお前らも阿笠と同じところへ行くんだからな」

コナン「何?」

新一「ま、歩美ちゃんはかわいいから特別に性奴隷にしてやるけど」

歩美「生かしてくれるの?やった!」

新一「さて、じゃ殺るか」

コナン「させねえ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:18:19.61 ID:l76tYBPy0

新一「お前に俺を止められるのか?所詮お前は俺、しかも俺の子供の頃の姿だ」

コナン「そんなの関係ねえ!お前を止められるのは俺だけだ!」

新一「やれるもんならやってみろ」

コナン(あいつが銃を撃ってきたと同時に麻酔銃を撃って相殺、その隙にキック力増強シューズで…)

新一「さらばだ、俺のクローン」バン

コナン「今だ!」プシュッ

新一「何?」

コナン「食らえ!」

新一「くっ…」

灰原「どうなったの?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:22:02.83 ID:l76tYBPy0

新一「残念だったな」

コナン「なんだと…」

新一「所詮お前は俺、自分の考えていることなんて簡単にわかる」

新一「じゃあな」

光彦「待ってください!」

コナン「光彦?バーロー!早く逃げろ!」

光彦「こうなったのも僕のせいです、彼は僕が止めます」

新一「ほう、やれるもんならやってみろ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:30:12.23 ID:l76tYBPy0

光彦「コナン君、後はよろしくお願いします」

コナン「え?」

新一「さぁ、さらばだ光彦」

光彦「甘いですね!」

新一「何?く…離せ!」

光彦「確認させてください、元太君の正体は…うっ…」

コナン「光彦?」

光彦「僕の脳は元太君の秘密に迫ろうとすると爆発するみたいですね、それを利用するんです」

コナン「何言ってるんだ!そんなことをしたら…」

光彦「僕には再生の能力があります、だから大丈夫です!」

コナン「無茶だ!お前の脳はまだ復活したばかりだ、そんな状態じゃうまく再生出来るわけが無い!」

光彦「コナン君、ありがとうございました」ドカン

新一「おいやめろ!グワッ…」

コナン「光彦?おい光彦!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:34:36.73 ID:l76tYBPy0

灰原「今よ江戸川君!」

コナン「ああ…わかってるぜ…頼むぞキック力増強シューズ!」

新一「何をする…」

コナン「さらばだ、俺」

新一「やめろ…ぎゃぁぁぁぁ」

灰原「やったわね…」

コナン「ああ、やったぜ…光彦…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 15:37:23.20 ID:l76tYBPy0

コナン『光彦が蘇ることはなかった』

コナン『同じ場所、それも脳を短期間で2度も破壊したんだ、無理は無い』

コナン『俺は二度とこんな悲劇が起きないことを誓った』





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「マリが現れて、ぶっちゃけアスカって用済みだよね」