朝倉「キョン君はここが弱いのかな〜?」キョン「う…あああ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ハァ…ハァ…ハァハァ…ンクッ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:22:49.03 ID:1qtpAPl20

みたいなのお願いします!

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:29:16.80 ID:1qtpAPl20

長門「…何してるの」

朝倉「あ、長門さん。ちょっとこのへんた…キョン君の耳かきを」

キョン「そ、そこだ…もっとやってくれ涼子…」ハアハア

朝倉「涼子って呼ぶな!あといちいちあえがないで!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:35:53.45 ID:1qtpAPl20

〜耳かき終了〜

朝倉「ハイ終わり。もう夜も遅いし帰ってくれる?」

キョン「いやまだだ、まだ耳の奥でカリッと音がする。」

長門「放っておくと大変なことになる…(そもそもなんでこの家に・・・?)」

朝倉「それくらい自分で獲りなさい、というか膝から離れて変態!」

キョン「いやだいやだ!このむっちりとした膝の上で耳かきを続行しない限り離れん!」

朝倉「子供か!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:41:32.90 ID:1qtpAPl20

〜今度こそ終了〜

朝倉「はい、夕食(おでん)ができましたよ長門さん」

長門「…ダシがきいてる…」

朝倉「今日は味噌おでんにしてみたんですよ〜、それで…」


朝倉「なんでまだキョン君いるの」

キョン「え」

朝倉「え」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:45:58.30 ID:1qtpAPl20

キョン「そりゃだれだって朝倉の夕食は食いたい、ましてや今回はまたとないチャンスだったからな、ハンペンもらうぞ」

朝倉「それ食べたら帰ってよ…本当に…」

キョン「まあそういうな……ん、これはうまい!」

朝倉「?」

キョン「うまいぞ朝倉、お前はいい嫁さんになるな!」

朝倉「!」キュン・・・・



朝倉「なんてなると思った?変態のキョン君」

長門「……」←完食

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:52:13.47 ID:1qtpAPl20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キョン「朝倉、風呂湧いてるか?」

朝倉「湧いてるけど…何あなたまさか入ってくつもり!?」

キョン「いかんのか?」

朝倉「いかんに決まってるでしょう!それに」

キョン「朝倉」

キョン「今日、誰もいない教室で倒れたお前を保健室まで連れていき、その後この家まで連れて行ったのは誰だ?」

朝倉「!!」

朝倉「……どうぞ、ご勝手に…」ハア・・・

キョン「朝倉、一緒にはいらそげふっ!」バキッ

朝倉「早く入って帰れ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 20:58:29.14 ID:1qtpAPl20

キョン「ふ〜入った入った…」プラーン

朝倉「せめて下はいてから来なさい!」

キョン「まあそうカリカr朝倉「さあ帰りなさい!速く!」

バタン!!

朝倉「ふう〜っ・・・・もう寝ましょ」
〜〜〜寝室〜〜〜

朝倉「最悪な日だったわ…」

朝倉「おやすみなさ〜い……」

朝倉「………」

朝倉「………」ピクピク

ゴン・・・・ゴンゴン・・・・・・・ゴン!!

朝倉「出てきなさい!ベットの下にいるでしょ!」

キョン「なぜばれた!?」

朝倉「さっきから頭ごんごんぶつけてきたら分かるわよ!というかどうやってきた変態!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:02:39.42 ID:1qtpAPl20

長門「私が彼をあなたのベッド下に転送した」

朝倉「長門さん!?なんで…」

長門「彼の熱意に押された…彼の額を見てほしい」

朝倉「…?うわっ!血出てる!何をしたのよキョン君!」

長門「地面がコンクリートにもかかわらず頭をぶつけながら懇願してきた」

キョン「うぇっへっへっへ」

朝倉「うわあ・・・・うわあ・・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:11:17.76 ID:1qtpAPl20

朝倉「ねえもう本当に帰って・・・・、明日も委員の仕事があるから・・・」
キョン「頼む!何もしないから!この通り!ドゲザッ

朝倉「土下座なんてしてもダメ!第一女の子の家にとまろうなんて」

キョン「泊めないと明日から學校で『朝倉は男子Kと寝たらしい』て言いふらすぞ!」

朝倉「土下座しながら脅迫してくるな!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:16:07.00 ID:1qtpAPl20

朝倉「・・・・・ハア〜」

朝倉「・・・・本当になにもしないって約束できる?」

キョン「ああ!ナニもしないぞ!ハルヒに誓ってもいい!」

朝倉「・・・しょうがないわね、向こうの部屋にお布団有るからそれつかつてリビングで」

キョン「しかしこのベットの下狭いな・・・・」ガタガタ

朝倉「ごめんなさいやっぱり帰って」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:22:10.03 ID:1qtpAPl20

〜〜〜〜〜〜翌朝〜〜〜〜〜〜

朝倉「・・・・一睡もできなかつた・・・・・」

朝倉「ベッドしたにいるキョン君・・・・もとい変態はゴンゴンゴンゴンうるさいし『まだ起きてるか?」とか言ってくるし・・・・」

朝倉「長門さんも長門さんでさっきまでずっとこっちを隙間から覗いてたし・・・・」

朝倉「 ハア・・・・・」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:29:07.85 ID:1qtpAPl20

朝倉「早く朝食作らなきゃ・・・あとお弁当も・・・・」モゾモゾ

朝倉「・・・・・」チラッ

キョン「ん〜〜・・・いいぞ朝倉・・・・」スー・・・

朝倉「寝顔は可愛いのに・・・・」クスッ

キョン「そこだ朝倉・・・・おお・・・」

朝倉「(どんな夢見てるかは想像したくないわね・・・・)」


朝倉「・・・・さて・・・・」

朝倉「一気に3人前、作っちゃいましょっ!」


fin

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:31:56.65 ID:1qtpAPl20

くう疲

この前は辛気臭い終わり方したので今回はギャグでいってみました!

キャラ崩壊してなかったか?

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:34:35.43 ID:1qtpAPl20

もう少し書いていい?

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:43:59.96 ID:1qtpAPl20

〜〜〜〜〜長門宅〜〜〜〜〜
長門「・・・・最近・・・・」モグモグ

キョン「?どうした?」モグモグ

長門「朝倉涼子がおかしい」モグモグ

キョン「そうか・・・・俺もそう感じていたところだ」


朝倉「いや何ナチュラルに食卓に参加してるのキョン君」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:49:37.65 ID:1qtpAPl20

長門「最近食物の摂取量が通常より多くなったり・・・・・」

朝倉「ぎくっ!」

キョン「かといって今茶碗には雀の涙といっていいくらいの米しかない・・・・」

朝倉「ぎくっ!」

キョン「朝倉、お前まさか・・・・・」

長門「・・・・・ふとつた!」

朝倉「だってだってえええええ!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 21:54:35.87 ID:1qtpAPl20

朝倉「だってだって、食欲の秋よ?」

朝倉「混ぜご飯に栗ご飯、食後には柿・・・・」

朝倉「堪能していたら・・・・その・・・」

キョン「太ったわけか」

朝倉「いわないでええええええ!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:02:32.05 ID:1qtpAPl20

キョン「それで、今日は押さえるために、その少量の白米か、それだけか」

朝倉「・・・・・」

長門「急激に摂取量を減らすと、ダイエットはまちがいなく失敗する・・・・そう書いてあった」

キョン「いいか朝倉、よく聞け」

朝倉「?」

キョン「ダイエットするということは、お前の個性を1つ失うことになる」

キョン「そう、そのむっちりしたカラダだ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:09:34.39 ID:1qtpAPl20

朝倉「えっ・・・・それってただ肥ってるていいたいんじゃ・・・」

キョン「ハア!?」

長門「・・・・」ペラッペラ

朝倉「な、何よ・・・・二人とも取り乱して・・・・・」

キョン「・・・・長門、こいつもまた、『細身至上主義』だったようだ・・・・」

朝倉「いやそんな至上主義初耳なんだけど」

長門「憤りを通り越して憐れみを感じる」

朝倉「(・・・・・早く食べ終わってゆっくりしたい・・・)」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:16:28.60 ID:1qtpAPl20

キョン「最近の女は病的なまでに細すぎる!」

朝倉「まあ否定はできないけど」

キョン「しかし、朝倉は違う!恐らくむっちり系の理想といっていい体をしている!」

朝倉「はあ・・・・(目が血走ってる・・・・)」

キョン「まずその太股!前に顔をうずめた時はこの世の楽園かと思ったぞ!」

朝倉「ちょ!そんな記憶ないないんだけど!・・・・まさか!」

キョン「この前の保健室の時に少s」

朝倉「帰れ変質者!!」

バタン!!

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:24:43.49 ID:1qtpAPl20

朝倉「何が至上主義よもう・・・」

長門「・・・・・」

朝倉「あ、長門さん食べ終わったんですね、じゃあデザート出します」

長門「・・・・柿、貴女の分は」

朝倉「え?あ、私はそのう、セーブ中で・・・・・」

長門「そう・・・・」パクッ

朝倉「・・・・・」

長門「・・・・・・」

朝倉「・・・・・」

長門「・・・・・何?」

朝倉「え、いや、おいしそーだなぁって思っちゃったりして・・・・」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:32:03.34 ID:1qtpAPl20

長門「・・・・」

長門「・・・・・柿」

朝倉「え?」

長門「もういらない、あげる」

朝倉「いいんですか!?じゃあ遠慮なく♪」パク

朝倉「ん〜〜おいし〜〜〜・・・ハッ!」

長門「・・・・・」ニヤニヤ

朝倉「長門さんハメましたね!?」

長門「セーブ失敗」

朝倉「もおおおおおおおお!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:37:12.90 ID:1qtpAPl20

朝倉「そんなに私のダイエットを邪魔したいんですか・・・・?ハア・・・」

長門「・・・・朝倉涼子」

朝倉「?」

長門「あなたの言う通り。私と言う個体と彼は、それを望んでいない」

長門「理由は一つ、彼の言うように、貴女の個性を奪う」

朝倉「・・・・」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:42:15.02 ID:1qtpAPl20

長門「人には人それぞれの魅力がある」

長門「彼はそれを貴女に伝えようとした」

長門「・・・・今度彼にあったら謝罪するべき」

朝倉「・・・・・・・・・はい」

ピンポーンピンポーン

朝倉「?誰かしら・・・・」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:48:34.47 ID:1qtpAPl20

キョン「よう」

朝倉「キョン君・・・・・その・・・・さっきは・・・・」

朝倉「・・・・ごめんなさい・・・・」

キョン「・・・・・・・」

朝倉「私の事であれだけ熱くいってくれたんだよね?」

キョン「まあな、いや俺もさっきの件についてはその・・・すまない、デリカシーが少しなかった」

朝倉「うんそれ今更だと思うの」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:54:24.79 ID:1qtpAPl20

朝倉「・・・・私、もうダイエットは止める事にするね」

キョン「本当か?・・・・良かった」

朝倉「ありがとうキョン君・・・・」



朝倉「で、その袋に入ってるバニーガール服と編みタイツは何」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 22:57:46.17 ID:1qtpAPl20

キョン「これか?ハルヒからかりてきたんだ、特に編みタイツはお前の太股をより」

朝倉「ごめんなさいもう帰って」バタン


fin

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:01:52.95 ID:1qtpAPl20

はいおしまいです

またネタができたら後日たてようかなと思います

誰か書いてくださいもっと見たいんです


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:09:42.04 ID:w3ARG6bJ0

ドンドン

キョン「朝倉」

朝倉「帰ってってば」

キョン「これ、ドアに提げとくぞ?」

朝倉「やめてよ!」

キョン「郵便受けに……ぬっ、ギリギリだな」

朝倉「入れるな!!」

キョン「じゃあどうすればいいんだ」

朝倉「持って帰って」

キョン「……」

ピンポーン

朝倉「……なによ」

キョン「ただいま」

朝倉「……自分の家に帰れ!!!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:18:03.15 ID:w3ARG6bJ0

朝倉「……だいたい、そんなもの着せてどうしようっていうの」

キョン「別にどうということはない」

朝倉「かっこつけてないでちゃんと言って」

キョン「言っていいのか?まずは×××を△△△△してだな」

朝倉「やっぱやめて!!!」

キョン「我儘はよくないぞ朝倉」

朝倉「……ちっ」

キョン「だが俺はお前の我儘を聞いてやった。つまり?」

朝倉「え?」

キョン「朝倉、お前も俺の我儘を聞いてこそおあいこってもんだろう」

朝倉「はあ……?」

キョン「さあ着ろ」

朝倉「……」

キョン「そして俺を家に入れてくれ」

朝倉「……わ、分かったわよ。もう」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:27:40.68 ID:w3ARG6bJ0

朝倉「さっさとその袋を郵便受けに入れて」

キョン「ん?どういうことだ朝倉」

朝倉「あなたの我儘は聞いてあげる。そのバニーさんは着てあげるわ」

キョン「うん。ちなみに青だ。朝倉にピッタリだと思わないか?」

朝倉「知らないわよそんなもん……で、私が聞く我儘はそれだけ。貴方は私の我儘をひとつ聞いた。じゃあ私が聞くべき我儘もひとつだけ、ということにならない?」

キョン「なっ……お前!謀ったな!!」

朝倉「それでこそおあいこ、でしょ?」

キョン「ぐぬぬ……!」

朝倉「そういうことだからキョンくん、今日はもう帰ってね。おやすみなさい」

キョン「よくもだましたアアアア!!だましてくれたなアアアアア!!」

朝倉「だましてません♪」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:36:28.43 ID:w3ARG6bJ0

〜〜〜〜翌朝〜〜〜〜

キョン「おはよう朝倉」

朝倉「なんでいるのよ……しかも私のぶんの朝ごはん食べてるし」

長門「……」モグモグ

朝倉「長門さん……あなた?」

長門「チャイムが鳴ったので玄関の戸を開けた。それだけ」

朝倉「……もういいわ」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:38:06.54 ID:w3ARG6bJ0

キョン「それにしても朝倉、律儀にちゃんと着たんだな」

朝倉「っ、それ、長門さんから聞いたの?」

キョン「いや聞いたというかなんというか、なあ」

朝倉「?」

長門「情報提供はした」

キョン「ありがとな長門。おかげで昨日の夜は」

朝倉「……はっ?!」

長門「でもサイズがジャストではなかった」

キョン「何を言うか長門、それが食い込んでて良かったんじゃないか」

長門「それは盲点」

キョン「なんのために下からのアングルを多めに指定したと思っているんだ」

朝倉「…………は、はぁっ?!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:43:37.67 ID:w3ARG6bJ0

朝倉「ね、ねえキョンくん携帯見せてくれない?」

キョン「なんだ朝倉。パスワードつきの隠しフォルダには何も入っていないぞ」

朝倉「見せなさい」

キョン「見たけりゃ勝手に取ればいい。ズボンのポケットに入ってるから」

朝倉「まったくもう」ゴソゴソ

キョン「ひィンッ」

朝倉「?!へ、へんな声出さないでよ!!」

キョン「しかし朝倉そんなところを触られるとだなあ」

朝倉「ひっ?!な、なにさわらせたのよあなた……?!」

キョン「なにかかたいものに触れなかったか?」

朝倉「ま、まさか……!!」

キョン「――それが俺の携帯だ」

朝倉「……」

ガスッ

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/01(火) 23:48:53.10 ID:w3ARG6bJ0

キョン「……的確に股間を穿ったいい蹴りだ」

朝倉「ちょっと気持よさそうにしないで気持ち悪い」

キョン「気持ちいいんだから仕方ないだろう」

朝倉「気持ちわる……おえぇ」

キョン「どうした朝倉!まさかにんしn……」

ゲスッ

キョン「はウッ」

朝倉「そこつぶしちゃえば誰かを妊娠させることもできないのよね?」

キョン「たまらん……」

朝倉「ほんっと気持ち悪い……」

長門「朝倉涼子、もち米の備蓄がない」

朝倉「赤飯は炊かなくていいの!!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/02(水) 00:02:54.25 ID:/fDXzSEj0

朝倉「もう……朝ごはん食べる時間なくなっちゃったじゃない。そろそろ学校行かないと」

キョン「うまかったぞサラダとか」

朝倉「ああそう……」

キョン「さあ学校だ。今日も朝倉の後ろ姿を視界に入れる作業が始まる」

朝倉「授業中なにしてるのよ」

キョン「つむじを見る。毛先を見る。その香りを想像する」

朝倉「……席替えまだかしら」

キョン「どうせ俺の席はあのままさ。ハルヒ様様だな」

朝倉「長門さん私また強行派になりたい」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/02(水) 00:14:19.69 ID:/fDXzSEj0

キョン「よいせっと」

朝倉「ずいぶん大荷物ね」

キョン「ああ、ちょっと長門から受け取ったものがあってな」

朝倉「家具もまともにないどころかさいきんものが減っている気すらするこの家にそんなに渡せるものがあったかしら……」

キョン「長門のことだから異空間とかそういうの使ってるんじゃないか?」

朝倉「情報統合思念体をドラえもんか何かと勘違いしてるの?」

キョン「ドラえもんにバニースーツ着せてなにが楽しいんだ」

朝倉「いやだから例え話で、ね?あっそうだ携帯渡しなさい真っ二つに折るから」

キョン「だからパスワードつきの隠しフォルダには何も入っとらんと言っているだろう!」

朝倉「空のフォルダになんでパスワードがついてるのよ!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/02(水) 00:25:57.06 ID:/fDXzSEj0

朝倉「で、結局なにを受け取ったの?」

キョン「それは答えられんな。プラアイバシーというもんがある」

朝倉「でもそれ長門さんのなんでしょう?情報統合思念体にプライバシーなんてないのよ」

キョン「長門の所有物だといつ言った?」

朝倉「え?ちがうの?」

キョン「だがそうか、情報統合思念体にプライバシーなどない……そうか、ならば言おう」

朝倉「え?」

キョン「ここは天下の往来で人通りも多いが気にするまい、なにせお前は情報統合思念体だ。いいかこの鞄の中には朝倉のぱn」

朝倉「わああああああああああああー!!!!!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/02(水) 00:36:26.93 ID:/fDXzSEj0

朝倉「は、え、ちょっとやだ、そ……それ本当なの……?!」

キョン「本当だとも。何なら鞄を開けて実物を出そうかここは天下の往来だが」

朝倉「やめなさいって!!……ああもう、最悪……さいきん減った気がする下着はこういう……」

キョン「ちなみに昨晩お前が着たバニースーツも回収済みだ」

朝倉「なっ長門さん……!あなた何してくれてんのよ……!!」

キョン「長門なら日直だとかで先に行ったぞ?」

朝倉「こんなときだけ真面目に……!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/02(水) 00:40:04.66 ID:/fDXzSEj0

眠いので続きはまかせた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「・・・(また、赤点か・・・)」