博士「コナン君をテクノブレイクさせる装置ができたぞい。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「出来たぞ新一!光彦ウォッチじゃ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 16:35:12.83 ID:JRK+eUQd0

光彦「流石ですね博士!さっそく使ってみます!」


博士「くれぐれも悪用するんじゃないぞー。」


光彦「わかってますとも!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 16:40:37.04 ID:JRK+eUQd0

元太「おい コナン!うな重食おうぜ!!」


コナン「おいおい。ここにはうな重なんてねーぞ?」


元太「おい、ふざけんなよコナン!」


歩美「元太くんやめようよー!」


哀「そうよ。怒鳴ったところでうな重は出てこないわ。」


コナン「そういえば光彦はどこだ?」


元太「確かにみてねーぞー?それよりうな重食いてえな!」


光彦「(ふふふふっ。今まで味わった苦しみを味わってもらいますよ!コナン君!)」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 16:44:59.29 ID:JRK+eUQd0

光彦「みなさんおはようございます!」スッ


歩美「おはよー!光彦君!」


哀「あら、ずいぶんと遅かったじゃない貴方にしては。」


元太「おはよーじゃねーよ!光彦!なにしてたんだよ!」


光彦「実はこんな物を持ってきたんですよ。」スチャッ


元太「なんだそれ?うな重か?」


光彦「違いますよ!」


コナン「(ん?なんだあれ…博士の装置か?)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 16:49:11.09 ID:JRK+eUQd0

光彦「コナン君…覚悟してください!」


コナン「やめろ光彦ぉぉぉおおおおおおおお!!!!」


光彦「うぉぉぉぉおおおおおおおあおおっ!!!!」


コナン「(ヤバイ!!!!!!)」
















ポチッ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 16:53:50.14 ID:JRK+eUQd0

光彦「う、うわぁああああああ!!!左手が言うことをききません!!!」ヌギヌギ


元太「お、おい!なにやってんだよ!」


歩美「キャー!!光彦君スボン下げないで!!!」


光彦「ちっ 違うんです!歩美ちゃん!右手が勝手に!!」シコシコシコシコ


哀「右手が勝手に動くとはいえしっかり勃ってるじゃない。」


コナン「み、光彦…お前…サウスポーだったのか。」


光彦「違うんです!!本当に勝手に動いてるんです!信じて下さい!!」シコシコシコシコ


コナン「ちくしょう。その装置貸せっ!はやく止めないと!」


光彦「はっ はい!」バシッシコシコシコシコ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:01:00.94 ID:JRK+eUQd0

元太「お、おいコナン。どうやるんだよ?」

哀「分かるの?江戸川君。」

歩美「光彦君信じられない。」

コナン「任せろって!ガキの頃機械は良くいじってたからよ!どれか一つが停止ボタンのはずだ!!」

コナン「(なんでボタンが何個もあるんだよ…ん?この射精寸止めってのは…)」

コナン「光彦!今助けてやるからなっ!!!!」

光彦「コナン君早く止めて下さい!もうイキそうです!」シコシコシコシコ











ポチッ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:09:08.89 ID:JRK+eUQd0

光彦「あぁぁぁぁぁぁ!!!イクッ!!イクッ!!イクッ!!あぁぁぁぁぁ!!!…あれ?イケません!!!」シコシコシコシコ

元太「お、おいコナンどうなってんだよ!」

哀「ちょっと江戸川君どうなってるの?円谷君オナニーやめないじゃない。」

歩美「光彦君サイテー…」

コナン「どうやら間違えちまったようだ。大丈夫だ!今度こそ助けてやるぞ!光彦!」

光彦「あぁぁあああ!!コナン君早くお願いします!」シコシコシコシコ

コナン「(ん?この倍速ってボタンは…?)」

コナン「光彦ぉぉぉおおおおおおおお!!!!今助けてやるからなっ!!!!」








ポチッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:14:54.19 ID:JRK+eUQd0

光彦「う、うわぁぁぁあああ!!手の速さがっ!!!なんとかさっきのインターバルで耐えてましたがっ…これはもうだめです!もうイキます!」シココココココココ

元太「おい!光彦やべーぞ!コナン!」

哀「ちょっとどうなってるのよっ!?」

歩美「光彦君殺す。」

コナン「い、いったいどうなっているんだー。」

光彦「コ、コナンくぅんっ…もう…もうダメです!!は、早くっ!!!」シココココココ

コナン「やばい!光彦に限界が近づいてる!早く停止ボタンを押さないと!ど、どれだろうー。」

コナン「(おっ?この博士ってボタンはいったい…)」

コナン「止まれ光彦ぉぉぉおおおおおおおお!!!!!!」

光彦「コナハァンくぅぅううううん!!はやくううううううう!!」シココココココココ








ポチッ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:21:32.33 ID:JRK+eUQd0

光彦「イッ…イクッ!!!イクッ!!!イグゥゥゥウウウウウ!!!!」ドビュルッ


コナン「光彦がついに自分の手を使ってみんなの目の前で激しく射精しやがったー!!」


元太「光彦何やってんだ!!これうな重にかけたらうまくなるか?」


哀「ついにやってしまったわね。」


歩美「いゃああああああああ!!光彦君なんて嫌い!!!」


コナン「おい光彦!しっかりしろ!光彦!!!…だ、ダメだ!動かないぞ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:25:59.90 ID:JRK+eUQd0

博士「わしじゃよ」


元太「うわぁ!博士じゃねーかよ!」


哀「あら、円谷君のチンコから博士の頭部が出てくるだなんて。」


歩美「ほんとだ!博士ー!」


コナン「博士!どうしたんだよ。そんな所から頭だけ出して。」


博士「どうしたもこうしたもないじゃろ。その装置によってわしはここに呼び寄せられたんじゃ。」


コナン「なんだよ。ボタンが多すぎてどれがどれだかわかんなかったぜ。」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:33:06.41 ID:JRK+eUQd0

歩美「博士!光彦君はどうなっちゃったの?」


博士「光彦君はもうダメじゃ。オナニーのやりすぎでテクノブレイクしてしまったんじゃよ。」


元太「テクノブレイク??なんだそれうな重か?」


歩美「なにそれ?」


哀「テクノブレイク…過度な自慰行為が原因で死んでしまうこと…つまり円谷君は短時間に何度もオナニーしたか、ものすごい過激なオナニーをしたのか…」


コナン「み、光彦…お前なんでそんな激しいオナニーを…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:36:29.06 ID:JRK+eUQd0

哀「博士。なぜ彼にあんな装置を与えたの?」


博士「彼が自分から欲しがったからじゃよ。コナン君に嫌がらせする装置をくれとな。」


哀「でも博士。円谷君は自分がテクノブレイクしたわ。」


博士「そこがなんじゃよ哀君。光彦君には一つ言い忘れておったんじゃ。この装置のボタンを最初に押した人物が…」


哀「テクノブレイクする。」


博士「そういうことじゃ。」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:43:07.72 ID:JRK+eUQd0

元太「なーんだ!そういうことかよ!」


コナン「元太…お前今の説明わかったのか?」


元太「当たり前だろ!」


コナン「ちょっとこの赤いボタン押してくれよ。うな重が出てくるらしいぜ。」


元太「マジかよ!!うな重ぅぅうううううううう!!!!」








ポチッ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:47:59.67 ID:JRK+eUQd0

元太「うひゃああああああああああああああ!!!!」ヌギヌギドゥルン


コナン「げ、元太!なにやってんだよお前!」


歩美「元太君まで!もうやめてええええええっ!」


哀「うな重なんて出るわけないじゃない。」


博士「ほっほっ。小学生なのにわしのよりでかいわい。」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:51:41.43 ID:JRK+eUQd0

元太「う、う、んぎもぢぃぃいいいいいいいいい!!!」シコシコシコシコ

コナン「やべぇ!元太がもうイキそうだぞ!!!!」

歩美「もういやあああああああ!!」


哀「あら、デカマラの癖に早漏なのね。」


博士「ほっほっ。わしより早漏じゃわい。」


コナン「くそっ!元太!今すぐイカせ…助けてやるからな!」


コナン「(えーっと。停止ボタンは…これだ!!)」

元太「コナン助けてえええええええええええええ!!!」

コナン「うぉおおおおおおおおおおお!!!元太ぁぁぁあああああ!!!いっけぇぇええええええ!!!」







ポチッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 17:56:37.21 ID:JRK+eUQd0

元太「う、うなっ、うな重ぅぅぅうううううううううう!!!」ドビュルルルルルー


コナン「イッたぁぁああああああ!!!」


歩美「少しかかっちゃった!もう無理いいいいい!」


哀「ま、当然の結果よね。」


博士「……」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:01:39.80 ID:JRK+eUQd0

光彦「僕ですよ。」


コナン「なっ…光彦!?」


歩美「いやぁぁぁぁぁ!!!光彦君いやぁぁぁぁぁ!!!」


哀「小嶋君のチンコから円谷君が!?」


博士「ほっほっ。こりゃわしも驚いたわい。」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:05:32.36 ID:JRK+eUQd0

光彦「一時はどうなる事かと思いましたよ。とてつもない刺激に本当に我を失ってしまうところだったんです。」


コナン「お前…死んでなかったのか!」


歩美「これは幻覚よ!きっとそうよ!」


哀「ところで博士は円谷君のチンコから出られたようね。」


博士「元太君がイッた瞬間に身体が出てきたわい。」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:11:26.28 ID:BgSi5jU/i

光彦「僕はね。今まで君に散々やられてきたんです。」ニュルドロン


コナン「光彦…ちがう!俺は違う!」


歩美「いやぁぁぁぁぁ!!!光彦君が元太君のチンコから出てきたぁ!!!!」


哀「円谷君…あなた何者なの…」


光彦「僕はこんな事もあろうかと暇さえあればオナニーをしてテクノブレイクに耐えられる体を手にいれたんですよ。」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:16:47.50 ID:JRK+eUQd0

歩美「いやぁぁぁぁぁ!!!もういやぁぁぁぁぁ!!!やめてえええええええ!!!」

コナン「歩美ちゃん落ち着くんだ!!いいか!この装置を見ろ!赤いボタンがあるだろ!?」

歩美「う、うん…」

コナン「このボタンを押せば幻覚が消えるんだ!さぁ押して!押すんだ!」

哀「ちょっと!江戸川君!何をする気!?」

光彦「や!やめてください!歩美ちゃんのそんな姿は見たくありません!」

博士「(歩美ちゃんのオナニー…)」ヌギヌギ

歩美「いやぁぁぁぁぁ!!!幻覚いやぁぁぁぁぁ!!」










ポチッ

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:21:45.20 ID:JRK+eUQd0

光彦「ぐぉうっ!?な、なんてことだ!」シコシコシコシコ


哀「円谷君がオナニーを!?」


歩美「消えないいいいいいいいい!」


コナン「かかったな!光彦め!」


博士「(装置の改良が必要じゃのう…)」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:25:18.29 ID:JRK+eUQd0

コナン「光彦…もう終わりにしようぜ。」


光彦「な、なにをするつもりですか!コナン君!私はテクノブレイクでは死にませんよ?」


コナン「(この超高速ボタン…俺の考えが間違ってなければ…)」


哀「どうするつもりなの。」


コナン「くらえ光彦!」







ポチッ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:29:26.71 ID:JRK+eUQd0

光彦「ぐぉぉぉおおおあっ!!!これはっ!!は、速すぎます!!!」シュココココココココココココッ!!!


哀「なんて速さなの…」


コナン「み、見ろ!光彦のチンコから煙が出てきたぞっ!」


博士「あまりの速さでチンコが高熱になったんじゃろ。」


光彦「ぅぉおおおおお!!き、気持ちいいけど!!熱いですぅうううううう!!!」シュココココココココココココッ!!!

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:32:33.61 ID:BgSi5jU/i

コナン「光彦はもうダメだ燃えちまう!」


哀「本当の終わりね…」


歩美「…」


博士「ほっほっ。火がつきおったわい。」


コナン「光彦が燃え始めたぞ!」


光彦「ぬぉああああああ!!!熱い!熱いですぅぅぅぅうううううううううう!!!」メラメラメラメラシコシコシコシコ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/09(月) 18:35:57.17 ID:JRK+eUQd0

光彦「熱いぎゅうううううううぅぅぅううううううううううんっ!!!!!」メラメラメラメラ


コナン「光彦が燃え尽きちまった。本当に終わったんだな。」


哀「彼なら仕方ないわ。」


博士「んふぅっ!!!(射精してしまったわい)」


コナン「これで事件は解決したぜ!」


米花町は今日も安心安全で平和な一日を送った。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:遊城十代「か、返せよ俺のデッキ…!!」タラヲ「もらったですぅ〜」