コナン「博士…何で…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさお「ひ、ひ、人を轢いちまったってヴぁ…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:54:59.75 ID:ivBspBLL0

博士「…」

〜数日前〜

目暮「くそっ!待てっ…!」

白鳥「ダメです、見失いました!」

目暮「逃したか…しかし、殺人は防げた!一刻も早く、被害者を病院へ運ぶんだ!」

部下「はっ!」

白鳥「この数日間で、立て続けに起きてますね。しかし、何故こんな事が…。」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:06.00 ID:ivBspBLL0

・・・…

蘭「あっつーい!夏が来たって感じだねー!」

平次「毎年こんな調子で気温が上昇したら、たまらんで〜。」

毛利「その暑い中、わざわざお前の東京見物に付き合ってんだろーが!」

平次「そやから、このボウズと二人でえぇ言うたやんけ」

蘭「ホントに仲良しなんだねー、二人とも!」

コナン「ハハ…」

毛利「ん?あそこにパトカーが沢山止まってるな。事件か?」

平次「ちょい行ってみよか。姉ちゃん、悪いけどジュースでも買ってきてくれへんか?」

蘭「うん、ちょうど喉乾いてたし、買って来るね!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:08.00 ID:ivBspBLL0

「おや、目暮警部ではありませんかー!」


目暮「まーた君か、毛利君!」

毛利「はい!私、毛利小五郎、事件が起きれば真っ先に飛んできますので!」

目暮「ふん、事件が起きて君が来るんじゃない、君が居る所に事件が起きるんだ。」

毛利「またまたー、警部はご冗談がお上手ですなー!」

白鳥「おや、コナンくん、久しぶりだね。家族でお出かけかい?」

コナン「うん、平次兄ちゃんが大阪から遊びに来たから、観光案内してるんだ!」

平次「今まで落ち着いて観光出来ひんかったからな、ちょうど夏休みやし、遊びに来たんや。そやけど、まぁた事件が起きてしもうたみたいやなぁ。」

毛利「それで、警部殿、どんな事件が起きたんですか?

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:10.00 ID:ivBspBLL0

目暮「被害者は四人。第一被害者の名前は、工藤茂樹。高校生だ。三日前、バイトを終え、自宅に向かって帰る姿が最後の目撃情報だ。翌日、バイト先にも来ず連絡もとれない彼を心配した店長が、自宅で血まみれの彼を見つけた。」

平次(おい、工藤やなんて、縁起悪いの〜)ヒソヒソ

コナン(バーロォ、工藤なんて名字、何処にでもあんじゃねーか。)ヒソヒソ

平次「凶器は?」

白鳥「毒物だよ。それもかなり強い…ね。毒物を調べようとしたが、何故か反応が起きず、一体どんな形なのかすら分からない。しかし、尋常ではない量の血を吐いていた。」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:11.00 ID:ivBspBLL0

次「…おい、工藤…」

コナン「…」

白鳥「第二の被害者は、工藤健、17歳。サッカー部の主将で、夜にランニングをする習慣があったそうだ。二日前の夜10時頃、親にランニングに行くと伝え、そのまま帰らなかった。心配したご両親が探しに行き、近所の公園で大量の血を吐いて倒れている彼を見つけた。」

平次「ど…同一犯の仕業か!?」

白鳥「分からない。しかし、大量の吐血、工藤という名字、そして、何のそ反応にも引っ掛からない毒物からして、我々は同一犯の線で捜査をしている。」

平次(おい、工藤…お前…)

コナン(…バーロォ、ぐ、偶然だよ…)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:13.00 ID:ivBspBLL0

毛利「して、三人目の被害者は?」

白鳥「…工藤信二、高校生です。」

平次コナン「なっ…!」

白鳥「彼は、二人目の被害者と同様、サッカー部に所属していました。また、彼は大変頭が切れ、優等生だったそうです。彼もまた、友達と遊ぶと伝え、還らぬ人となりました。」

コナン「ふ、ふざけんな…!」

平次「ほんま、ふざけとるな。で、おたくらがここに居はるいうことは、ここでも同一犯による犯行が?」

目暮「あぁ、しかし、殺人だけは防げた。」

平次「!ホ、ホンマか!?何でこの近辺で犯行があるって分かったんや?!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:14.00 ID:ivBspBLL0

目暮「…工藤新一だよ。」

コナン「!?」

平次「く、工藤と犯行現場がどう関係するんや…」

白鳥「第一被害者の犯行現場から、第二、第三と、工藤新一の家に向かっているんだよ。」

目暮「工藤という名字を聞いた時、工藤くんを思い出してな。身近に工藤くんという子が居れば、犯行現場が彼の家に伸びていることはすぐに気付く。」

平次「なっ…」

白鳥「そして、第四の被害者は…阿笠博士だ。」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:15.00 ID:ivBspBLL0

コナン「お、おい…嘘だろ…」

白鳥「何とか被害を避けることは出来たが…博士は今、病院で治療を受けている。コナンくん。」

コナン「……っ…」

白鳥「博士に伝言を頼まれたよ。君に伝えてくれと。そして、意識を失った。」

平次「なんて言ったんや!?」

白鳥「…その伝言が、どういう意味かは分からない。」

平次「もったいぶんなや!はよ言わんかい!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:16.00 ID:ivBspBLL0

白鳥「………ウォッカ、蘭くん、哀くん………そして……」

コナン、平次「……!!」











白鳥「光彦くん…と。」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:19.00 ID:ivBspBLL0

コナン「な、何で光彦が…!」

平次「光彦っちゅーんは、お前の同級やったな。何か関係性があるんか…?」

目暮「それだけではない。工藤くんの居場所を突き止めようとしたが、見つからないんだ。」

コナン(まぁ、そうだろうな…)

平次「あいつは今どっかで事件の捜査しとるんちゃうんかな〜。」

目暮「私が言いたいのはそういうことではない!彼の出生記録、写真、戸籍…すべてが無いんだ!」

コナン「!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:21.00 ID:ivBspBLL0

目暮「そして、光彦くんだが…彼もまた、行方が分からない。」

平次「おいおい、ヤバいんとちゃうか?ウォッカ、光彦…残るは…」

コナン「蘭…!」ダッ


平次「お、おい!俺も行くで!」

毛利「警部殿!私も蘭を探しに行きます!」

目暮警部「頼む、毛利君。我々は、哀くんを保護しに行く!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:24.00 ID:ivBspBLL0

コナン(どこだっ…蘭っ…!)

平次「工藤!待てぇーや!何の手掛かりもなしに捜すのは無理があるで!

コナン「バーロォ!!それでも捜さなきゃ、蘭が危ねぇんだぞ!黒ずくめの奴等も、油断出来ねぇ!」

平次「そやから、まずは…!?」

コナン「どうした、服部!」

平次「あれ、光彦っちゅーヤツやないか?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:26.00 ID:ivBspBLL0

コナン「!おい!光彦!」

平次「聞こえんのか…何や、工場に入って行くで?」

コナン「あそこはもう廃屋になってる…後つけるぞ!」

……

光彦「…」

平次「何や…一人で何する気や?」

コナン「!誰か来るぞ!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:29.00 ID:ivBspBLL0

光彦「…どういうつもりです?僕をこんなところに呼び出すなんて…」

?「どういうつもりも何も、分かってきたんでしょ?」

平次「薄暗ぉて、よぉ見えへんな…誰や?」

コナン(あれは…!)

光彦「もちろん分かってますよ。何もかも。あなたは僕を警戒し、一度たりとも隙を見せなかった。」

?「今起きてる一連の事件…あなたの仕業なんでしょ?…円谷くん。」

光彦「…さすがですね、灰原さん。」ニヤリ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:30.00 ID:ivBspBLL0

光彦「それとも、シェリー…とでも呼んだ方が良いですか?」

灰原「あら、そのくだらないコードネームは捨てたのよ。お返しするわ。」

光彦「…いつから気付いた?」

灰原「…組織に追われている身としては、転校先の学校くらい、調べるわ」

光彦「ほう…なるほどね…」

平次(…どういう意味や?)

灰原「工藤くんがあの学校へ転校する直前、もう一人転校生が居たわ。季節外れの、ね…。」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:31.00 ID:ivBspBLL0

灰原「何故、あんな時期に転校なんかしたのかしら?」

光彦「…簡単な事さ、工藤新一を始末するためさ。」

ガンッ
コナン「ぐぁっ!」
平次「くっ!」

ウォッカ「ネズミ二匹取っ捕まえましたぜ」

光彦「縛れ」

灰原「工藤くん!?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:32.00 ID:ivBspBLL0

光彦「灰原さん、あなたは何も分かってない。何故、あんなあからさまな方法で事件を起こしたのかを。」

灰原「…えぇ、分からなかったわ。今まであんなにも証拠を残さなかった組織が、今回に限り、証拠を残すなんて…。」

光彦「…もう、終わらせたかったんですよ。」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:38.00 ID:ivBspBLL0

光彦「シェリー…いや、灰原さん。組織にあなたが所属していた時、何故自由な振る舞いが出来た?」

光彦「あなたが作った新薬、あれを飲んで逃げるあなたを、何故誰も追わなかった?」

灰原「それは…」

光彦「気付いていたハズです。組織から逃れるのは不可能だと。
…まぁ、薬を飲んで死んだと思ったあなたの体が縮んだのは、正直驚きましたがね…神に感謝しました。」

灰原「だけど…!あなたたちは私を追って来たじゃない!殺そうとしたでしょ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:39.00 ID:ivBspBLL0

光彦「……ウォッカ。」

ウォッカ「はい。」

ドサッ

灰原「…ジン!」

ジン「…シェリー…」

光彦「僕の命令も聞かず、あなたを探し、追い続けた男…いや、ゴミてす。確かにジンはあなたを殺そうとした。しかし、それはジンの、あなたに対する愛情ですよ。」

灰原「…どういう事…」

光彦「このゴミは、私の手の届かない場所へ、あなたを逃がそうとした。私に捕まれば、あなたがどうなるか知っていたから。しかし、常にあなたの側には僕が居た。中々チャンスがなかったようですね…」

ジン「シェリー…すまない、助けられなかった…」

光彦「ウォッカ、殺れ」

ウォッカ「…アニキ、すんません…」

パァンっ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:40.00 ID:ivBspBLL0

灰原「…い、いやぁぁぁぁ…!!」

コナン「…くっ、み、光彦…てめぇ…」

平次「う…いてて、歪みに歪んだ愛情っちゅーことかい…」

光彦「あぁ、コナンくん、君にもプレゼントがあるんですよ。受け取ってもらえますか?」

コナン「…プレゼント?」

ウォッカ「ほらよ」
ドサッ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:41.00 ID:ivBspBLL0

蘭「……」

コナン「ら、蘭!」

平次「…おい、ボウズ…この姉ちゃんに何したんや…!何で、こんな姿に…」

光彦「罰ですよ。」

コナン「あ…あ…ら、蘭…」

光彦「一つ目の罰。それは、あなたが生きてたからです、コナンくん。だから、両手の人差し指をちぎった。」

コナン「蘭…蘭…!蘭!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:42.00 ID:ivBspBLL0

光彦「二つ目の罰。あなたのせいで灰原さんは組織を裏切った。直接でなくとも、きっかけはあなたです。だから、髪の毛を引きちぎった。」

平次「人間のする事やない…」

光彦「三つ目の罰は、灰原さんとあなたが出会った。
だから、足首を切り落とした。」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:43.00 ID:ivBspBLL0

コナン「…やめろ……もう……やめてくれ……」

光彦「四つ目の罰。灰原さんは、徐々にあなたに惹かれていった。だから、両目を抉りとった。」

灰原「…ひ、ひどい…」

光彦「最後の罰。灰原さんは、完全に、あなたに心を奪われた!だから!どうしたと思いますか?フフフ」

コナン「………」

平次「…殺したんか…?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:45.00 ID:ivBspBLL0

光彦「そんな訳ないでしょ、もったいない。そんな鬼畜に見えますか?」

光彦「犯したんですよ、彼女を。そして、性器をぐちゃぐちゃに切り裂いた。楽しかったですよォー!『新一!新一ー!』って叫んで、来るはずもないアナタを信じて!アハハハハッ!愉快だぁ!」

コナン「てめぇ…殺してやる!」

光彦「まぁまぁ、そう怒らずに…さぁ、イッツ ショー タイム!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:46.00 ID:ivBspBLL0

灰原「やめて…来ないで…」ガタガタ

コナン「灰原!逃げろ!」

平次「無理や!完全に怯えて、動けるはずない!」

光彦「さぁ、灰原さん…一緒に幸せになりましょうよ…フフフフフフフフ」

灰原「た、助けて!工藤くん!」

コナン「灰原!」

光彦「…あなたも…アナたモこナンくん二たすけヲモトメルノカァーっ!!!!」

パァンッ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:47.00 ID:ivBspBLL0

コナン「ぐぁっ…!」

光彦「消えろ…!苦しみながら…!」

パァンパァン !

コナン「ぅ…ぁ…」

光彦「最後はやはり、頭に…ね…」

パァン

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:51.00 ID:ivBspBLL0

コナン「…!は、服部……!」

服部「……」

光彦「おやおや、コナンくんを庇うなんて、泣けるねー。しかし、もう庇う者が居なくなった。コナンくん、さようなら。」

バンッ!

目暮「光彦くん、逮捕する!」

光彦「…そうか、もう終わりですか…灰原さん、お元気で。」

灰原「工藤くんっ!」

コナン「…大丈夫だ…まだ生きてる…」

〜数日後、病院〜
コナン「なぁ、博士、何で光彦は俺の正体や転校先まで知ってたんだろうな…」

阿笠「あぁ、儂が喋ったからじゃよ。」

コナン「な!?何でだ!?」

阿笠「儂の哀くんを奪う君が憎くてな…」

コナン「博士…何で…」

阿笠「…」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:52.00 ID:ivBspBLL0

くぅ〜疲w

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/09(金) 20:55:54.00 ID:ivBspBLL0

こういうスレでの光彦の立ち位置が不憫でならない…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シルバー「ポケモン?否ッ!!」