アスカ「シンジの記憶が残らない部屋?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「特にやる事もないし、ハルヒでもからかうか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:22:28.78 ID:kNuGZI8Z0

ミサト「そーよー。この部屋で起こった出来事は、シンちゃんの記憶には残らないわ」

アスカ「どういう仕組よ……」

ミサト「使ってみる?」

アスカ「いい。バカシンジの記憶なんてどーでもいいし」



アスカ「シンジ。ちょっと来なさい」

シンジ「なんだよ、どこ行くのアスカ? わ、引っ張らないでよっ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:27:07.05 ID:kNuGZI8Z0

シンジ「本部にこんな部屋あったんだ……」

アスカ「ていっ」ゲシッ

シンジ「痛!? な、なに?」

アスカ「出るわよ。ほら早く」

シンジ「分けわかんないよ、アスカぁ……」

バタン

アスカ「……」

シンジ「あれ? えっと。ここ入ればいいの?」

アスカ「そうよ」

バタン

シンジ「本部にこんな部屋あったんだ……」

アスカ(ホントに忘れてる……!)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:32:09.15 ID:kNuGZI8Z0

シンジ「でさ、何で僕連れて来たの? そろそろ教えてよ」

アスカ「そうねえ。とりあえず、ちょうどベッドあるから座んなさい」

シンジ「? う、うん」

アスカ「んしょ」ギシッ

シンジ「……横に並んで座るとしゃべりづらくない?」

アスカ「そんな事ないわよ。あんたが他人と近づきたくないだけでしょ」

シンジ「でも椅子もあるのに」

アスカ「シンジ!」

シンジ「は、はいっ」

アスカ「キスしよっか?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:40:11.61 ID:kNuGZI8Z0

シンジ「へ?」

アスカ「キス。早くぅ、ほら」

シンジ「ど……どうしたのアスカ、なんかヘン」

アスカ「もうっ、まどろっこしいわね! どうせ覚えてないんだから―――」ガバッ

シンジ「ぅわ!?」

どさっ

アスカ「しーんじ」

チュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ…

シンジ「ンんんん……っ!?」

チュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ…

アスカ「ぷはぁ。はぁ……んふふ、シンジぃ」スリスリ

シンジ「」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:45:59.32 ID:kNuGZI8Z0

アスカ「ねぇ……今度はあんたからして……」スリスリ

シンジ「ア、アしゅかさん……??」

アスカ「キス。ちょうだい」

シンジ「…ンゴクッ」

アスカ「ぁ。ん……」



アスカ「♪〜」

ミサト「アスカ、妙に上機嫌ねえ。なんかあった?」

シンジ「いえ。僕には思い当たるようなことないですけど……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:54:56.52 ID:kNuGZI8Z0

アスカ「じゃね、シンジ。おやすみなさい、また明日」

シンジ「う……うん、おやすみ」

パタン

シンジ「なんなんだ」



アスカ「はふぅ……はぁぁ」

アスカ(想像してた以上に……ヤバいわ。特にあいつからされると……)

アスカ「はぁ」

アスカ(私、自分で感じてたよりバカシンジのこと好きなのかな)

アスカ(このまま後戻りできなくなっちゃうのも怖いけど……でも……)

アスカ「はぁぁ〜」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 16:57:59.22 ID:kNuGZI8Z0

ゲンドウ「ほう。シンジの記憶が失われる部屋、か」

リツコ「はい。完成したので一応、お耳に入れておこうと思いまして」

ゲンドウ「ふっ……」

冬月「面白いが赤木君、それが何の役に立つのかね?」

ゲンドウ「いいではないか、冬月。中々に興味深い代物だ」

冬月「碇?」

ゲンドウ「シンジを呼べ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 17:08:48.77 ID:kNuGZI8Z0

シンジ「なに?父さん。改まって話って」

ゲンドウ「そう身構えるな。大した用事ではない」

シンジ「……」

ゲンドウ「実はなシンジ。お前の母は生きている」

シンジ「え?」

ゲンドウ「エヴァンゲリオン初号機。そのコアには、人の形を失った状態で、だが確かにユイの魂が眠っているのだ」

シンジ「な……っ、なに言ってるんだよ! いきなり」

ゲンドウ「我らネルフのバックにはゼーレという組織があり、ユイはその幹部の血筋だ。つまりお前もな。ゼーレは使徒を全て殲滅した後、エヴァを使ってサードインパクト―――人の滅びではなく、人類全てを一体化させて新たな単体生命へと進化させるつもりでいる」

シンジ「? ? ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 17:09:46.59 ID:kNuGZI8Z0

ゲンドウ「それを人類補完計画という。私も表層的にはゼーレの補完に賛同する立場だが、狙いは他にある。奴らの裏をかき、初号機に人類の魂を集めユイと再会を果たす……それこそが私の真の目的だ」

シンジ「あ。あの、父さん。何がなんだか、僕にはさっぱり」

ゲンドウ「ふぅ。スッキリした。一度ぶちまけておきたくてな」

シンジ「ええと、勝手にスッキリされても……」

ゲンドウ「さあ、部屋から出ろシンジ」

バタン

シンジ「この部屋? ここに入ればいいの?父さん」

ゲンドウ「もういい。帰れ」

シンジ「……」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 17:24:56.44 ID:kNuGZI8Z0

シンジ「……」

アスカ「なによ。ぶすっとしちゃって」

シンジ「父さんが」

アスカ「まぁたパパ? 嫌ねえ、中学生にもなってパパパパ〜ってさ」

シンジ「そんな言い方しなくてもいいだろ」

アスカ「いい加減、もっと他のことに興味向けなさいって言ってるの」

シンジ「例えば?」

アスカ「例えば……お、女の子……とか。なんちゃって」

シンジ「なんちゃってって……アスカ、大丈夫?」

アスカ「うっさい! ほら着いたわよ。入った入った」

バタン

アスカ「……」

シンジ「入ったけど、この部屋がどうかし」

アスカ「しんじぃぃ♥」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 17:32:04.19 ID:kNuGZI8Z0

アスカ「ん〜〜」ギュゥゥ

シンジ「え、ちょ、アスカ!?」

アスカ「ぁぁ……シンジ……シンジ」ギュゥゥゥ

シンジ「あああっあの」

アスカ「……好き。やっぱ私、あんたのこと大好きみたい」

シンジ「!!???」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 17:38:14.67 ID:kNuGZI8Z0

レイ(あそこが、赤木博士の言っていた部屋……)

レイ(……? 電気が点いてる。誰かがいるの?)

レイ「…」スタスタ



アスカ「耳貸して」

シンジ「みっみみみ?」

アスカ「好きよ。好き、好き、好き好き好き、大好き」

シンジ「……ッ!」ドキドキドキ

アスカ「あんたは? 私のこと好き?嫌い?あの人形女と私だったらどっちが好き?」

シンジ「あ、あぅ、あ、アスカ、待って……んん!?」

アスカ「ン…、ちゅ、んちゅ、ん、ちゅぅ」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「光彦が存在しない世界だと!?」