光彦「エスポワール…ですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「…哀君…哀君…あ、あっ、いく〜ん!!!」

ツイート

1 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:26:44.08 ID:UImCniHX0

コナン「ああ。博士の紹介で俺たちもその船に乗れることになったからよ」

歩美「いろんな人が来るんだって!」

元太「うまいもんとかあんのか!?」

灰原「どうでしょうね」

コナン「まあそういうことだから、今日の23:00に港に来てくれ」

光彦「わかりました!」



4 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:29:48.09 ID:UImCniHX0

〜光彦宅〜

光彦「どんな船なのか楽しみですねぇ…」

光彦「まだ時間もありますし、安価一個下に電話しましょう」


安価一個下

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 21:31:21.48 ID:ecOo5A8io

カイジ

7 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:34:58.25 ID:UImCniHX0

光彦「もしもし?」

カイジ「なんだ、光彦じゃねえか。どうしたんだ?」

光彦「聞いてくださいよぉ!僕、エスポワールっていう船に乗れることになったんです!」

カイジ「何だお前もそうなのか。俺もその船に乗るんだよ」

光彦「そうなんですか?誰かに呼ばれたんですか?」

カイジ「…まあ、な。お前も…その、そういう事情なのか?」

光彦「?まあ、事情はありますけど…」

カイジ「…そうか。じゃ、お互いに希望を残そうぜ。じゃな」

光彦「は、はい…」ピッ


8 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:36:01.00 ID:UImCniHX0

光彦「何だったんでしょうか…」

光彦「あ、そろそろ行かないと遅れちゃいますね。行きましょう」



9 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:38:23.66 ID:UImCniHX0

〜23:00 港〜

光彦「約束だとここの筈ですが…あの人たちは?」

「…?おい、ボスの言ってた…」

「!間違いない」

光彦「?」

「円谷光彦様ですね?」

光彦「え?は、はい」

「お待ちしておりました。どうぞこちらへ」

光彦「(黒服だ…そんなにすごい人が来るんですかね?)」



10 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:39:27.34 ID:UImCniHX0

〜エスポワール ホール〜

「しばらくお待ちください」

光彦「はい…」

ザワザワザワザワ…

光彦「いろんな人がいますね…でも、あまり豪華な服じゃない?」

光彦「!あ、あれは安価一個下じゃないですか!それに安価二個下も!」


安価一個下、二個下(光彦と親しい人で)

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 21:42:28.89 ID:qO2DYUcmo

博士

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 21:49:58.79 ID:lOdDqpHso

元太

13 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:52:06.13 ID:UImCniHX0

光彦「阿笠博士に元太君!」

阿笠「む?おお、光彦君じゃないか!」

元太「おせーぞ光彦!」

光彦「他の皆さんは?」

阿笠「…今はトイレに行っとるわい」

光彦「そうなんですか…」

元太「おい博士!まだ始まんねえのかよ!」

阿笠「もう少しの辛抱じゃ…」

15 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:55:23.54 ID:UImCniHX0

光彦「(カイジさんはどこに…)」キョロキョロ

カイジ「…」

光彦「あ!カイジさん!」

カイジ「お、光彦…」

光彦「それにしてもたくさん人がいますねぇ」

カイジ「まあ、こんだけ金に困ってる奴がいるってことさ」

光彦「え?お金に困ってる?」

カイジ「…なあ、さっきから思ってたんだが。お前この船の目的を知ってるよな?」

光彦「いえ…僕は知り合いの人が招待してくれたんですよ」

カイジ「何!?お、お前に借金はないのか!?」

光彦「あるわけないじゃないですか!」

16 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 21:59:22.48 ID:UImCniHX0

カイジ「ど、どういうことなんだ一体?」

光彦「あの、この船の目的って?」

カイジ「それはな…」

??「えー、皆さんお待たせしました!」

光彦「…え?歩美ちゃん?」

歩美「今回はこの船、エスポワールにお越しいただき、誠にありがとうございました!」

カイジ「女の子…?」

17 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:01:37.61 ID:UImCniHX0

歩美「皆さんがこの船にお越しいただいた理由は一つ…みなさんの借金の返済です」

カイジ「!」

歩美「ですがその前に一つ…皆さんに言っておきたいことがあります」

光彦「?」

18 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:04:45.17 ID:UImCniHX0

歩美「ここで行われる"ゲーム"に勝てない人…その方々は申し訳ございませんが、借金を返済することはできません」

カイジ「!な、何!?」

歩美「ですがご安心ください。こちらである仕事を用意させていただきます」

光彦「仕事?」

歩美「それでは準備の方を…」

「ふざけんな…」

歩美「?」

「ふざけんな!」

「そ、そうだそうだ!!」

「無責任じゃないか!!」

19 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:07:15.51 ID:UImCniHX0

「金よこせ!!」「ふざけんじゃねえ!!」「クソガキが!!」

カイジ「そ…そうだ!!」

光彦「い、一体どうなってるんですか…」

元太「?」

阿笠「…」

「「「「「金よこせ!金よこせ!金よこせ!金よこせ!金よこせ!」」」」」

歩美「…」

20 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:09:06.10 ID:UImCniHX0


歩美「Fuck You…ぶち殺すぞ………ゴミめら………!」

「「「「「!!?」」」」」



21 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:14:15.56 ID:UImCniHX0

歩美「甘えを捨てろ」

歩美「個人でもそうなのだ。大人は質問に答えたりしない。それが基本だ」

歩美「おまえたちはその基本をはきちがえているから、今朽ち果ててこんな船にいるのだ」

歩美「無論中には 答える大人もいる」

歩美「しかしそれは答える側にとって、都合のいい内容だからそうしているのであって…」

歩美「そんなものを信用するってことは、つまりのせられているってことだ」

歩美「なぜそれがわからない……?なぜ………そのことに気付かない…?」

「な、なんでそんな無責任なんだよ!」

歩美「FUCK YOU!!ぶち殺すぞゴミめら!!」

「「「「「!!?」」」」」


22 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:16:47.72 ID:UImCniHX0

歩美「質問すれば返ってくるのが当たり前かッ? あぁん?」

歩美「お前達は皆、まるで幼児の様にこの世を自分中心に、求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれる…」

歩美「臆面も無くまだそんな風に考えてやがる」

歩美「甘えるな! 世間はお前らのお母さんではないッ!」

歩美「お前らはシャバで甘えに甘え、負けに負けてここにいる折り紙つきのクズだ」

歩美「クズには元来権利など何も無い。 船の中でも…外でもだ…!」

23 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:20:48.16 ID:UImCniHX0

歩美「勝ちもせず生きようとすることがそもそも論外なのだ…負けた時の処遇なんてそんな話はもうやめろ…」

歩美「それが無意味なことはもう話した…これ以上は泣き言に等しい。泣き言で人生が開けるか…!」

歩美「そうじゃない。おまえらが今することはそうじゃないだろ…!」

歩美「語ってどうする…?いくら語ったって状況は何も変わらない…」

歩美「今言葉は不要だ…今おまえらが成すべきことはただ勝つこと…勝つことだ…!」

「ひっぐ…えっぐ…」「そ、んなぁ…」「うぅっ…」


24 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:23:28.70 ID:UImCniHX0

歩美「今宵はクズを集めた最終戦…ここでまた負ける様な奴、そんな奴の運命など私はもう知らん」

歩美「本ッ当に知らん。そんな奴はもうどうでもいい」

歩美「勝つことが全てだ! 勝たなきゃゴミだ!!」

「「「「「…」」」」」」

歩美「…さて、では今回のゲームを教えよう」

歩美「その名は…安価一個下だ」


安価一個下(できればカイジ本編に出てくるようなやつで)

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/24(土) 22:24:32.12 ID:8ntTSUe+0

一条

27 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:27:24.48 ID:UImCniHX0

歩美「呼んできなさい!」

「来い!」

一条「は、離せ!俺は一条だぞ!!」

カイジ「!い、一条!!」

歩美「久しぶりだね、一条さん」

一条「て、てめええ!!!」

歩美「まあまあそんなに怒んないでよ。次に生意気な口きいたら殺すよ?」

一条「!く、くそ…」

カイジ「そいつが何なんだよ!?」

28 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:29:50.78 ID:UImCniHX0

歩美「このゲームはね、一人の人間を使ってやるの」

歩美「だから題名はその使われる人間の名前…一条ってことだよ」

カイジ「本題に入りやがれ!一体そいつで何をするんだ!!」

歩美「せっかちだなぁ。わかったよ」

歩美「この人を使って安価一個下をするの」


安価一個下

29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/24(土) 22:31:29.98 ID:2Iiw4oa80

Eカード

32 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:37:47.14 ID:UImCniHX0

歩美「みんなには"Eカード"っていうのをやってもらうよ」

カイジ「Eカードだと!?」

歩美「ああ、あなたは知ってるよね。伊藤開司」

カイジ「!お、おれの名前を…」

歩美「今までのEカードはさ…ちょっとつまらなかったんだよねー」

歩美「確かにおもしろかったよ。ちょっとずつ近づく絶望に震えながらの勝負っていうのはね」

歩美「でも、耳か眼だけが死んでおしまいっていうのはつまらないよ」

歩美「そこで…この人のすべての感覚器官に装置をとりつけるよ!」

カイジ「!?」

35 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:41:39.16 ID:UImCniHX0

歩美「あ、でもそれだけじゃおもしろくないなー…!そうだ!カイジ!」

カイジ「!」

歩美「あなたがこの男にやられた"血のマニキュア"…それもおまけしちゃうよ!」

一条「!!」

歩美「よし!じゃあお願い!」

「はい」

一条「ま、待ってくれ…っ!!!いやだ…っ!!いやだあああ…っ!!!!」

歩美「うっさいなあ。早くやっちゃって」

「動くな!!」

一条「いやだあ〜!!!」ぐにゃあああ〜…



37 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:45:56.67 ID:UImCniHX0

歩美「はい!かんせー!」

一条「もご…もごっ…」ピクッ…ピクッ…

カイジ「…なんだ」

カイジ「何なんだ…!この涙は…!」ボロボロ

光彦「耳、目、鼻、口、足と手のすべての指に何かの装置が…」

歩美「Eカードの説明はそこにいる伊藤開司から聞いてね。まあルール自体は簡単だよ」

カイジ「…待て…どうやってここにいる全員に利益が生まれるんだ?」

歩美「それを今から言うよ」

39 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:49:17.61 ID:UImCniHX0

歩美「ここにいる全員が一回ずつ、私とEカードをするんだ」

「え?」

歩美「ちなみに出すカードは他の全員と相談していいよ。決めたあと、私と勝負すればいい」

カイジ「…(ここに入る際、俺たちは何もされてないしもらってもいない…)」

カイジ「(利根川がやったような腕時計のトリックは使えない)」

40 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:51:14.45 ID:UImCniHX0

歩美「私が賭けるのはお金。みんなが賭けるのはその装置の針が進む距離」

歩美「距離が多いほど、私からたくさんお金を取れるよ」

「!」「それって…」「でも…」

歩美「まあ好きにしていいよ。自分の欲に勝つか負けるかだからね」

歩美「他に質問は?」

光彦「…あの」

カイジ「!光彦!」

歩美「何?」

41 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:52:24.70 ID:UImCniHX0

光彦「もし…もしですけど、その人の装置が全部作動しきったら?」

歩美「あ、そうだった。その場合はね…安価一個下だね」


安価一個下

42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/24(土) 22:52:47.81 ID:2Iiw4oa8o

脳死

43 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:56:04.57 ID:UImCniHX0

歩美「まあ、ショックに耐えられるほどの人はいないだろうね」

歩美「脳死ってことで臓器を売るから、みんなに数パーセント臓器分のお金が入るよ」

「え!?」「マジかよ!」

一条「!!んー!んー!!!」ジタバタ

カイジ「狂ってやがる…」

元太「なあ、まだ始まんねえのか?」

阿笠「まだ待つんじゃ」

光彦「そんな…」

44 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 22:57:08.73 ID:UImCniHX0

歩美「じゃあ、準備するから適当に順番とか決めてて」



47 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:00:57.44 ID:UImCniHX0

ルール補足
・賭けることができる場所(目、耳、口、指)、及び距離は無制限
・賭けに負けた人は無条件で地下行(勤務期間は賭けた距離に比例)
・棄権した場合、勝負をする権利を誰かに譲ることができる
・勝ち取った金は分配してもよい

49 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:02:20.41 ID:UImCniHX0

「どうする?」

「勝てば借金返せるんだぜ?」

「それならいいかも…」

カイジ「クソッ…こいつら…」

光彦「…」

阿笠「…」

元太「腹減ったー」

50 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:04:57.16 ID:UImCniHX0

「でも、今まで散々負けてきた俺たちだぜ…」

「勝てる確証ねえ…」

「それに、負けたら地下行…」

阿笠「…それなら、こういうのはどうじゃ?」

「なんだ爺さん?」

阿笠「相手は小学生…逆にわしらのような頭を使う者どもは勝てる確証はない」

「ってことは…」

阿笠「うむ、この少年…光彦君にすべてを託したらどうじゃ?」

光彦「…え?」

52 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:07:26.09 ID:UImCniHX0

「で、でもよお…」

「俺たちがやった方がいいかも…」

阿笠「相手は小学生とはいえ、頭が利く。そんな者に勝負をするなんて無理じゃろう?」

「…」

阿笠「反論はあるかの?」

カイジ「じ、爺さん!そいつはまだガキだぞ!」

阿笠「ガキだから何じゃ?頭が弱いとでも?」

カイジ「そうじゃねえ…荷が重すぎるだろ」

阿笠「じゃが光彦君じゃからのう…」

光彦「え?」

54 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:09:00.86 ID:UImCniHX0

阿笠「どうじゃ?」

カイジ「…俺は別にいいが」

光彦「無理ですよぉ!僕が勝てる確証もないのに!」

阿笠「ほっほっほ!安心せい!君なら勝てるぞい!」

光彦「そんなぁ…」

「行って来い!」

「絶対勝てよ!」

光彦「う、うう…」



55 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:11:27.34 ID:UImCniHX0

歩美「…へえ。光彦君が相手か」

光彦「お、お手やわらかに…」

歩美「じゃあはじめよっか。まずどっちが先に"皇帝"か、"奴隷"かを決めるよ」



光彦「僕は…安価一個下ですね」


安価一個下

56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 23:12:28.59 ID:qO2DYUcmo

奴隷

57 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:15:42.04 ID:UImCniHX0

光彦「奴隷です」

歩美「私が皇帝ね」



歩美「まず、そっちは何を賭ける?」

光彦「(最初は無難にした方がいいですね)足の指一本、5cmで」

歩美「それならこっちは十万円だよ」

58 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:19:27.15 ID:UImCniHX0

補足
・足の指の最高距離…10cm(これを超えると足の指一本終了)
・手の指の最高距離…10cm(これを超えると手の指一本終了)
・目の最高距離…15cm(これを超えると目一個終了)
・鼻の最高距離…10cm(これを超えると鼻終了)
・口の最高距離…10cm(これを超えると口終了)
・耳の最高距離…15cm(これを超えると耳一個終了)

59 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:20:41.25 ID:UImCniHX0

歩美「じゃあ皇帝の歩美が出すよ…」

歩美「…これね」

光彦「僕は…(安価一個下にしよう)」


安価一個下

60 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:21:33.73 ID:LZNCMA8hO

奴隷

61 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:24:07.01 ID:UImCniHX0

光彦「これです」

歩美「…オープン」

62 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:24:59.00 ID:UImCniHX0

光彦…奴隷

歩美…皇帝


光彦の勝ち

63 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:27:14.82 ID:UImCniHX0

光彦「!」

歩美「すごいね。最初から奴隷出す人久しぶりだよ」

歩美「はい、これね」十万円

光彦「うわっ!」

歩美「あっはっは!たったの十万円だよ?」

光彦「…もらいます」

歩美「これでこのターンの光彦君の勝ちが決まったから、一回休みにしよう。準備ができたら来てね」

光彦「はい」



64 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:29:42.32 ID:UImCniHX0

「やるじゃねえかよ!」

「ガキのくせに!」

光彦「え、いや…えっへっへ!」

阿笠「流石光彦君じゃのう」

カイジ「光彦…こいつは素質があるのか?」

阿笠「次は光彦くんは皇帝じゃ!有利なはずじゃから、作戦をもう一度たてよう!」

光彦「はい!」

阿笠「まずはのう…」



65 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:32:40.25 ID:UImCniHX0

歩美「話は終わった?」

光彦「はい…」

歩美「…じゃあ始めようか。私が奴隷で、光彦君が皇帝だよ」

歩美「何を賭ける?」

光彦「(勝負に行ってもいいはず!)足、手の全ての指を5cmずつで」

歩美「…大きな勝負にでたね。それなら五百万円だよ」

光彦「(勝てるはず!)」

66 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:33:42.63 ID:UImCniHX0

光彦「僕が先ですね(僕が出すのは…安価一個下だ)」


安価一個下

67 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 23:37:28.57 ID:mBinfwjx0

市民

68 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:38:10.40 ID:UImCniHX0

歩美「…これね」

歩美「オープン」

69 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:38:48.50 ID:UImCniHX0

光彦…市民

歩美…市民


引き分け

70 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:41:44.91 ID:UImCniHX0

光彦「引き分け…」

歩美「次は何を賭ける?」

光彦「同じものにします」

歩美「さっきと同じね」

光彦「(こういうのは長引かせると負ける…なら、ここで出す!皇帝だ!)」

71 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:43:59.82 ID:UImCniHX0

光彦「これで」

歩美「…」

光彦「?(みんなの方を見た?)」

歩美「私はこれ」

歩美「…オープン」

72 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:46:00.02 ID:UImCniHX0

光彦…皇帝

歩美…奴隷


歩美の勝ち

74 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:49:50.24 ID:UImCniHX0

光彦「!!」

歩美「あっはっはっは…じゃあ、スタート」ニタァ

ウィイイイイイイン!!

一条「!!!ん゛ー!!!ん゛ー!!ああああああああ!!!」ジタバタ

イイイン…

一条「…っ…もがっ…あああああ…っ」ボロボロ

歩美「あっはっはっは!!!さいっこぉ!!あっひゃっひゃっひゃ!!!」

光彦「ひ、ひい…!!!」

歩美「はぁ〜あ!これで次の勝負だね。準備ができたらきてね」



76 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:53:23.63 ID:UImCniHX0

「まじかよ…」

「つかえねえ…」

光彦「うう…」

カイジ「安心しろ。まだ負けたわけじゃない」

阿笠「そうじゃ!安心せい!」

元太「そうだぞ!」

光彦「僕は…僕は…」

阿笠「計画をたてよう。落ち着くんじゃ!!」



78 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:58:23.40 ID:UImCniHX0

三ターン目で光彦っ…!阿笠博士の計画で勝負に挑むっ…!

一回目は様子見っ…二回目も様子見っ…三回目も様子見っ…そして、四回目で奴隷を出すっ…崖っぷち未満っ…!

歩美「…これね」

光彦「!(またみんなの方を…!でも、何を見てるんだ!?)」

光彦「これです!(この奴隷で逆転だ!!)」

歩美「オープン」

が……

79 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/24(土) 23:59:18.21 ID:UImCniHX0

光彦…奴隷

歩美…市民


歩美の勝ち



駄目っ……!

81 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:02:13.07 ID:sH3zzQeZ0

光彦「!!!」

歩美「ひゃっはぁあああ〜!!!!スタァ〜トォ!!!!」ニタァ

ウィイイイイイイイイイン!!!

一条「ん゛ーーーー!!!!っがあああああああ!!!」ジタバタ

ィイイイイン…

歩美「これでどこでも、あと1cmで器官破壊に到達…あっはっはっはっは!!!」

光彦「や、やだ…いやだ…!!!」

歩美「ひゃっひゃっひゃっひゃ!!!その顔もいいねぇ!!!光彦くん!!!」

歩美「最後の相談してきたらぁ!!?無駄だろうけどねぇ!!?」



82 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:04:31.77 ID:sH3zzQeZ0

「ふざけんなよてめええ!!!!」

「もうあとがねえじゃねえかよお!!!」

光彦「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」ブツブツ

カイジ「光彦!!!正気になれ!!」

光彦「でも…もう後が…!!!」

阿笠「大丈夫じゃよ!わしがついとるわい!!」

元太「そうだぞ!だから心配すんな!!!」

光彦「みんな…」

83 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:10:49.73 ID:sH3zzQeZ0

カイジ「しっかし、何でこうもこっちの手が分かるんだ?利根川の時みたいな手はない」

カイジ「相手がこっちの手を察するのは無理だ…」

光彦「阿笠博士。作戦は僕たちだけで考えましたよね?」

阿笠「そうじゃ。元太君もいっしょに考えたのう」

元太「よくわかんなかったぜ…」

阿笠「じゃからこっちの作戦がばれることはないんじゃ…」

光彦「…(歩美ちゃんがみんなを見たとき、誰かがサインをしているような動きはなかった)」

光彦「(みんな背が高いから一発でわかる…それならどうやって?)」

85 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:18:41.63 ID:sH3zzQeZ0

光彦「(それに、誰かが裏切る可能性を考えて二回目の時作戦を無視した…それなのに何で?)」

光彦「(歩美ちゃんの、目線…!そうだ!あの目線は!!)」

光彦「そうか…そんな可能性考えてなかった…」

カイジ「?」

86 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:20:01.81 ID:sH3zzQeZ0

阿笠「どうしたんじゃ?」

光彦「いえ、何でもないですよ…あれ?博士、眼鏡が汚れてますよ?」

阿笠「む?本当かの?」フキフキ

光彦「…あ、取れました」

阿笠「ほっほっほ。それならいいぞい」

光彦「作戦をたてましょう」



87 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:22:20.83 ID:sH3zzQeZ0

歩美「もういいの?作戦会議は」

光彦「…必要ありません」

歩美「ふーん」

光彦「提案があります」

歩美「?何?」

光彦「この勝負…僕が奴隷をやります」

歩美「…え?」

88 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:27:53.99 ID:sH3zzQeZ0

光彦「どうですか?そっちにとっても条件がいいはずです」

歩美「…」チラ

??「…」コク

歩美「…わかったよ。それで勝負しよう」

光彦「わかりました」

歩美「で?何を賭けるの?」

光彦「歩美ちゃん。もうこちらは賭けるものが少ししかありません。そこでどうでしょうか?」


光彦「次の勝負、このゲームの名前を"円谷"にして勝負をするのは」

歩美「!?な…!?」

89 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:30:49.45 ID:sH3zzQeZ0

カイジ「!ま、待て光彦!!」

光彦「僕の全部の器官の全ての距離を賭けて、同じ勝負をしませんか?」

歩美「…(こいつ…どこからそんな自信が?あいつからのサインもない)」

歩美「…」

光彦「恐いですか?」

歩美「!!こ、恐いわけないでしょう!!」

光彦「じゃあやりましょう。ね?」

歩美「いいわよ!!後悔しなさい!!!」

90 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:32:38.02 ID:sH3zzQeZ0

歩美「その気持ちに応えて、こっちはみんなの借金を返せる金を賭けるわ!!」

「!!」「マジかよ!!」「か、勝ってくれ…!!」

光彦「わかりました。それでは始めましょう」

91 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:35:24.40 ID:sH3zzQeZ0

歩美「(アンタの顔を絶望に歪ませてやるわ…アンタは絶対に勝てない!!)」チラ

??「…」クイッ

歩美「(アイツのサインは簡単に見破れない…なぜなら、"サイン"とは言いにくいものだから)」

歩美「(むしろ答えそのまんまね…どう考えても、あいつに勝ち目はない)」

歩美「(さあ見せなさい!アンタの手を!!)」

92 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:38:00.24 ID:sH3zzQeZ0

光彦「…」シュッシュッシュッ…

歩美「?(何?何であいつカードをシャッフルしてるの?…ま、どうせ攪乱の為でしょ)」

光彦「…」バンッ!

歩美「!?(カードを裏にした!?)」ビクッ

光彦「…歩美ちゃん。あなたにカードを選ばせてあげます」

歩美「え?」

光彦「どうですか?」

歩美「(こ、こいつ…!!まさかサインがばれたの!!?)」

93 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:40:22.56 ID:sH3zzQeZ0

歩美「(わかるの…?)」チラ

??「…チッ」フルフル

歩美「!!(くそ!完全に安全な道がない…!!)」

光彦「どうしました?選んでください」

歩美「…(ここで挑発に乗るのもあれだが…癪だ!!選んでやる!!)」

光彦「わかりました」サッ

歩美「え?」

94 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:42:45.38 ID:sH3zzQeZ0

  □
□□ □□


歩美「(…何よ…この一番前のカード…!)」

光彦「どうぞ」

歩美「(引っかけ…?でも、こいつにそんな度胸があるわけない…!)」

光彦「早くしてくださいよ」

歩美「!!?チッ!!!わかってるわよ!!!(どうしたら…)」

95 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:46:05.97 ID:sH3zzQeZ0

歩美「(そうよ。それならこの他のカードを)」

歩美「…(いやいやダメだ!こんなに簡単にできるわけない!!)」

歩美「(だが真ん中を選ぶなど出来ない!!…)」

光彦「怖気づいたんですか?情けない人ですねえ」

歩美「あ゛!!!?」

光彦「早く選んでくださいよ」

歩美「こ、この糞野郎があああ…!!!!選んでやるわよ!!!!」

歩美「アンタみたいな蛆虫にこの私を誤魔化せない!!」バッ!

歩美「この前のカードにしてやる!!」

光彦「…わかりました」

96 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:47:42.91 ID:sH3zzQeZ0

光彦「ではこのカードが僕のカードです。さあ、自分のカードを選んでください」

歩美「…(あとはこっちのカードを選べばいい。だが…出すのは安価一個下だ!)」


安価一個下

97 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/25(日) 00:48:36.55 ID:DVIR/JB1o

市民

98 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:52:06.17 ID:sH3zzQeZ0

歩美「これよ!!(市民なら負けることはない!!私にカードを選ばせたことを後悔しなさい!!)」

歩美「オープン!」

99 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:56:42.71 ID:sH3zzQeZ0

光彦…市民

歩美…市民


引き分け

100 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 00:58:51.91 ID:sH3zzQeZ0

歩美「チッ…」

光彦「…」

歩美「次はどうすんの?」

光彦「全く同じ条件で。続行です」

歩美「ふん!後悔するがいいわ」


しかし歩美っ…!この時すでに光彦の手のひらの上っ…!

101 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:05:15.95 ID:sH3zzQeZ0

歩美「さあ!さっさとカードをおきなさいよ!!」

歩美「(カードを切って前に置く直前…こいつの手を読む!)」チラ

??「…」コク

歩美「(こいつの手が読めればもう関係ない!カードを置く寸前に手を読む!)」

光彦「…」シュッシュッシュッ

歩美「(さっきと同じように後ろから見やすい…さっきあいつの言葉に戸惑ってこの方法を忘れてたわ)」

歩美「(さあ、来なさい!)」チラ

102 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:09:37.28 ID:sH3zzQeZ0

??「…」クイッ

光彦「…」バンッ!

歩美「…(右から奴隷、市民、市民、市民か)」

歩美「(今度はどこを前に出すのかな…あっはっはっは!)」

光彦「どうぞ」

103 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:12:19.11 ID:sH3zzQeZ0

歩美「(だけど、こいつの奴隷を殺したんじゃおもしろくない…私の皇帝で止めを刺す!!)」

歩美「(選ぶのは市民!)これよ!」

光彦「わかりました」

歩美「(今度こそ息の根を止めてやるわ!!)これで終わりだよぉ!!!」

歩美「さあ、オープン!」


歩美…皇帝

104 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:14:05.70 ID:sH3zzQeZ0

歩美「あっはっはっは!アンタの市民はこれで終わり!!アンタの負けよ!!」

光彦「…歩美ちゃん」

歩美「あっはっはっはっは!!」

光彦「僕の勝ちです」

歩美「あっひゃっひゃっひゃ!!何言ってんの…」


光彦…奴隷

105 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:15:34.63 ID:sH3zzQeZ0

歩美「…」

歩美「…は?」

光彦「僕の勝ちです。歩美ちゃん」

歩美「…う、そよ」

歩美「だ、だって…さっき…!!」

光彦「阿笠博士のサインですか?」

歩美「!!」

109 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:18:42.54 ID:sH3zzQeZ0

阿笠「…チッ」

カイジ「!?どういうことだ!?」

光彦「答えは、博士の眼鏡ですよ」

カイジ「おい!眼鏡よこせ!!」ガッ

阿笠「あっ!!」

カイジ「…!何だこれ!?急に鏡みたいに反射しやがった!!」

阿笠「くっ…くそぉ」

光彦「こういうことですよ」

110 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:23:37.41 ID:sH3zzQeZ0

光彦「僕の手は歩美ちゃんからは見えない。でもみんなの方からは見える」

光彦「そこで、阿笠博士が僕の手を歩美ちゃんに教えていたんですよ。その眼鏡でね」

カイジ「どういうことだ?」

光彦「その眼鏡、ある一定の角度で像を反射するんですよ」

カイジ「それがさっきの反射っていうことか…」

光彦「ええ。それで僕の手を歩美ちゃんに反射させて送っていたんです」

光彦「最初に僕が勝てたのは、少しでも歩美ちゃんが怪しいという印象を薄めるためでしょう」

111 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:28:03.05 ID:sH3zzQeZ0

カイジ「それなら何でさっき勝てたんだ?いくら伏せててもばれるだろ」

光彦「いえ。逆にばれたからこそ勝てたんです」

カイジ「ばれてたから勝てた?」

光彦「さっき博士に眼鏡を拭いてもらったのは、像を反射しているのか、どのような反射をするのかを見るためでした」

光彦「おそらく見やすくするためだったんでしょうね。像がそのまま歩美ちゃんに届くようになっていました」

カイジ「つまり…逆向きとかじゃなくて、俺たちから見えるのと同じように見えるってことか?」

光彦「はい。その通りです」

112 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:34:15.21 ID:sH3zzQeZ0

光彦「もしそのまま見えていたら、歩美ちゃんは"左が○○"という印象を与えます」

光彦「でも、僕から見たら"左が○○"ですけど、歩美ちゃんから見たら"右が○○"なんです」

光彦「それを間違う事を期待したんです」

光彦「そこで、カードを伏せるとき僕は奴隷を端に置きました。おそらくこれにつられると思ってね」

カイジ「でも、それに引っかからなかったら?」

光彦「正直これは賭けでした。もし歩美ちゃんが引っかからなかったら、僕の負けでしたね」

光彦「何とか助かりました」

歩美「…わ、たしが…まけ、た…」

阿笠「…」

113 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:36:18.70 ID:sH3zzQeZ0

??「素晴らしいっ…!」

光彦「!?」

??「まさかここまでやるとは…素晴らしいっ…!」

光彦「この声…まさか…!」

歩美「こ、コナン君…!」

115 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:38:33.10 ID:sH3zzQeZ0

コナン「お前たちも讃えろっ…!早く…!」

黒服「おめでとう………!」

黒服「Congratulations!」

黒服「おめでとう………!」

黒服「Congratulations!」

光彦「…こ、これは一体?」

118 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:44:13.46 ID:sH3zzQeZ0

コナン「兵藤会長を組織で潰してっ…残るはワシズだけと思っていたっ…!」

コナン「だが、まだいたっ…!強敵っ…!」

??「過度の興奮は毒よ。工藤君」

光彦「灰原さんまで…」

コナン「光彦君…君は素晴らしい…この絶望から這い出し、勝利をおさめた…」

コナン「素晴らしい…!」ニタァ

光彦「!」ゾクッ

120 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:48:29.19 ID:sH3zzQeZ0

歩美「こ、コナンくん…」

コナン「…」

歩美「も、もう一回チャンスを頂戴!私、頑張るから…!」

コナン「おめーらっ…!」

コナン「制裁っ!」

歩美「!!」

コナン「地下行だ!お前のような部下はいらんっ…!」

歩美「い、いやああ!!!あんな所行きたくない!!!!」

黒服「こい!」

歩美「た、助けて…!灰原さん!!」

灰原「…」

歩美「…い、いやぁ…いやああああああああ!!!」ぐにゃああ〜



121 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:51:50.62 ID:sH3zzQeZ0

光彦「歩美ちゃんはどうなったんですか!?」

コナン「そうだな…力仕事もできなさそうだし…」

コナン「…くっくっくっ」ニタァ

光彦「!」

コナン「お前もだ阿笠っ…!お前も地下行っ…!」

阿笠「ま、待ってくれい!わしも力仕事は…!!」

コナン「…くっくっくっ」ニタァ

阿笠「!ま、まさか!!い、いやじゃああ!!」

阿笠「助けてくれい!哀くん!!」

灰原「…」

阿笠「い、いやじゃ…!!いやじゃああああああああ!!!」ぐにゃああ〜



122 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:56:25.09 ID:sH3zzQeZ0

コナン「さて…光彦君…」

光彦「!」

コナン「君は勝ったことでそいつらの借金を返済…返済だ」

コナン「…君は、それだけ。何も手に入っていない…」

光彦「…」

コナン「それではつまらないっ…なら、またやってみないかね?」

光彦「ど、どういうことですか?」

コナン「他にも多くのゲームがある…この船だけでない…」

コナン「君はそんなゲームを楽しめるっ…!俺もうれしいっ…!」

123 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 01:57:25.72 ID:sH3zzQeZ0

コナン「やるかね…?」

光彦「…僕は…」

1.やる 2.やらない


安価一個下

124 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/25(日) 02:01:01.27 ID:pWKXfWQMo

やる

126 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:04:45.67 ID:sH3zzQeZ0

光彦「…やります」

コナン「…くっくっくっくっ」

光彦「?」

コナン「くっかっかっかっ…ひっきっきっきっきっ…!」

コナン「極楽っ…!歓喜っ…!天国っ…!楽しいっ…!」

カイジ「こいつ…狂ってやがる…!」

127 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:06:40.70 ID:sH3zzQeZ0

コナン「わかったっ…!それではこちらで準備をしておこうっ…!それまでしばし待て!」

灰原「出来たら呼ぶわ。それまで日常生活を送ってなさい」

光彦「どういうことですか?」

ボーーーー…

128 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:07:33.95 ID:sH3zzQeZ0

コナン「船が着く…また、会おう。光彦君」

光彦「…」



129 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:11:51.35 ID:sH3zzQeZ0

〜エピローグ〜

エスポワールのゲームが終わった。

みんなは借金を返済し、自由だと街に駆け出して行った。

カイジ「お疲れさん。光彦」

光彦「はい…」

カイジ「…あいつ、お前の知り合いか?」

光彦「はい…僕の同級生であり、少年探偵団の一員です」

カイジ「そうなのか…」

光彦「でも、僕は逃げません。ゲームで勝って、みんなを止めます」

カイジ「…よし!しゃあねえな。俺も手伝うぜ」

光彦「え!?」

カイジ「一人より二人だろ?な」

光彦「カイジさん…」

130 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:13:08.60 ID:sH3zzQeZ0

カイジ「そんじゃ、今日は休もうぜ!行くぞ!」

光彦「はい!」

僕たちは勝たなければいけない。

彼とのゲームに。



〜エスポワール編 了〜

131 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:13:46.24 ID:sH3zzQeZ0

お目汚し、失礼しました。

135 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:23:28.11 ID:sH3zzQeZ0

トリック

最初
 光彦が出すカードを選ぶ
→阿笠博士が眼鏡で光彦が出すカードを反射
→歩美が博士の眼鏡に写っている像を確認

最後
 光彦がカードをシャッフル
→光彦は右から"奴隷、市民、市民、市民"と見えるようにカードを置く
→阿笠博士が光彦のカードを反射(一回目の時は光彦の言葉に戸惑って阿笠博士に指示できなかった)
→歩美に右から"奴隷、市民、市民、市民"という像が届く
→ここで歩美は"右から一番目が奴隷"という印象を受けた
→しかしそれは光彦から見ればの話で、歩美から見たら逆である。


  阿


  光
□□□□
 歩

137 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 02:25:48.79 ID:sH3zzQeZ0

次回の安価とります

次回、光彦たちがやるゲーム
1.チンチロ 2.沼 3.麻雀 4.その他(希望があれば)

安価二個下

138 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 02:32:56.98 ID:FpAUEfFTo

1だな
班長枠見たい

139 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/25(日) 02:34:40.99 ID:DVIR/JB1o

チンチロで

146 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:02:10.03 ID:/KEBUR250

〜翌日 学校〜

光彦「…(歩美ちゃんと博士は行方知れず…コナン君と元太君と灰原さんはいつも通りに接してきます)」

光彦「(僕は思ったより、大きな敵に立ち向かっているのかもしれません)」

光彦「…」

147 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:05:27.14 ID:/KEBUR250

光彦「もう帰りましょうか」ガタッ

??「…」パシュッ!

ブスッ!

光彦「う!…ぁ…」バタッ

コナン「ひっきっきっきっ…!さあ始まりだっ…!ゲームの始まりっ…!」腕時計型麻酔銃

灰原「…」



148 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:10:06.98 ID:/KEBUR250

〜地下王国 E班室〜

光彦「…う…こ、ここは?」

カイジ「!起きたか光彦!」

光彦「カイジさん!あの、ここはいったい…」

カイジ「ここは地下帝国だ」

光彦「地下、帝国…」

カイジ「ああ。ここで働く奴もまた、借金がある人間ばかりだ」

光彦「…」

149 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:13:15.18 ID:/KEBUR250

「作業時間だ!」

カイジ「よし、それじゃあ行くぞ」

光彦「どこにですか?」

カイジ「俺についてこい。そこで穴を掘る作業だ」



150 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:17:28.61 ID:/KEBUR250

〜数時間後〜

光彦「ひぃ…ひぃ…」ヒョロヒョロ

「おら!さぼってんじゃねえ!!」ドガッ!

光彦「ぴぎいいいいい!!!」

カイジ「おい、大丈夫か!?」

光彦「な、何とか…」

「あと三時間で終わりだ!手を休めるんじゃない!」

光彦「そ、そんなぁ…」



151 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:21:02.40 ID:/KEBUR250

「よぉし!作業終わりだ!!」

光彦「お…お…わった…」ピクピク

カイジ「おいおい大丈夫か?ほら、手出せ」サッ

光彦「あ、ありがとうございます…」ガッ

カイジ「まあ最初はこんなもんだ。徐々に慣れていくからよ」

光彦「こ、これを…ですか…」



152 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:24:43.13 ID:/KEBUR250

光彦「つ、疲れた…もう動けない…」

??「…」

光彦「!あ、あれは安価一個下!」


安価一個下

153 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage ] 投稿日:2013/08/25(日) 14:25:09.91 ID:6dDq0AWso

はっとり

154 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:29:13.14 ID:/KEBUR250

光彦「服部さん!」

服部「ん?おお、光彦やないか!」

カイジ「何だ、こいつも知り合いなのか」

服部「わしは高校生探偵の服部平次や。よろしくな」

カイジ「?そんな奴がどうしてこんなところに?」

服部「…まあいろんな事情があったんや」

光彦「…」

155 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:35:57.54 ID:/KEBUR250

服部「それにしても、お前みたいな坊主がこんなところにおるとはのぉ」

光彦「…事情があるんですよ」

服部「そか。まあそこらはしょうがないで」

カイジ「そういや、ここの班長って誰なんだ?」

服部「ん?なんやお前知らへんのかい」

カイジ「俺は仕事は知ってても、班長は違かったからよ」

服部「!まさかお前がカイジか!?」

カイジ「あ、ああ…そうだ」

服部「いやー聞いたで!利根川、大槻、一条、村岡…他にも多くの幹部を滅ぼした男やとのぉ!」

カイジ「そうか…」

156 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:37:10.77 ID:/KEBUR250

光彦「今の班長っていったい?」

カイジ「そうだ。それを知りたいんだ」

服部「ん?それは…」

ザッ…ザッ…

157 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:39:28.50 ID:/KEBUR250

??「注目…!」

光彦「!こ、この声は…!」

「班チョーだ!」「給料だ!!」「班チョー!」

服部「あいつや」

光彦「元太君!」

158 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:43:22.97 ID:/KEBUR250

元太「光彦くんは今回が初給料です。苦しい労働の末の初給料…」

元太「みんなも覚えがある通りこれは大変嬉しいことです………!拍手っ……!」

パチパチパチパチ…!

カイジ「お前の同級生だったか?」

光彦「…はい」

159 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:47:23.06 ID:/KEBUR250

元太「はい、君の初任給の3500ペリカだ」

光彦「ペリカ?」

カイジ「ここでの通貨だ。レートとしては、1円=10ペリカだ」

光彦「こ、これだけ働いて350円くらい…」

元太「安心しなさい。借金は着実に返済されていっている」

光彦「僕には借金がないんですが…」

160 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:50:06.11 ID:/KEBUR250

元太「では光彦君…何を買うかね?」

光彦「買う…とは?」

元太「これを使えば嗜好品が買える…息抜きの為のものさ」

光彦「何があるんですか?」

元太「酒、タバコ、柿ピー、焼き鳥、うな重…いろいろさ」

光彦「…」

元太「さあ、何を買う?」


161 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:52:52.19 ID:/KEBUR250

光彦「柿ピーで…」

元太「フフ……」

光彦「?」

元太「へただなあ光彦くん。へたっぴさ………!」

光彦「ど、どういうことですか?」

元太「欲望の解放のさせ方がへた…光彦君が本当に欲しいのは…こっち(うな重)……!」

光彦「!」

162 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 14:55:50.83 ID:/KEBUR250

元太「これを下のレンジでチンして…ホッカホッカしてさ……冷えたビールで飲りたい……!だろ…?」

光彦「僕たち未成年ですよ!」

元太「だけど……それはあまりに値が張るから…こっちの……しょぼい柿ピーでごまかそうって言うんだ…」

元太「光彦くん、ダメなんだよ……!そういうのが実にダメ…!」

元太「せっかく冷えたビールでスカッとしようって時に…その妥協は傷ましすぎる……!」

163 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:00:15.40 ID:/KEBUR250

元太「ここには…この食以外他に快楽などない……ゆえにその誘惑は強烈…!一度知ったらもう抗えない……!」

元太「特に…初日から崩れるような奴にはな……!結局のところ………ちょっと一回ってのが大甘なのよ……!」

元太「その一回がこの底辺の………さらに底辺…底の底へ転がり落ちる最初の一歩…入り口……!」

元太「カカカ………フォフォフォ………」

光彦「…」

カイジ「(まるで大槻みてえなやつだ…班長になれるわけだぜ)」

服部「…」

164 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:04:30.76 ID:/KEBUR250

元太「まあ、これっぽっちのペリカの積み重ねじゃいい思いなどできない…だから、ここであるゲームがある」

カイジ「!ま、まさか!」

元太「君がよく知るゲーム"チンチロ"さ!」

光彦「チンチロ?」

服部「3つのサイコロで戦うゲームや。今からルール教えたる」



165 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:07:10.97 ID:/KEBUR250

光彦「なるほど…そういうルールなんですか」

元太「光彦君…きみのことは会長から伺っている」

光彦「!」

元太「これにもし君が勝てれば、君は更なるステップへ進める。もし負ければ…永遠の地下帝国ライフだ」

光彦「そ、そんな…」

元太「どうする?君の自由だ…」

光彦「…」

カイジ「光彦…」

167 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:09:43.56 ID:/KEBUR250

光彦「僕の答えは決まっています。やります!」

元太「カカカ…フォフォフォ…」



168 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:11:50.03 ID:/KEBUR250

元太「最初の親は班長特権で俺だ。勝負をするのは光彦君だけかな?」

カイジ「待て!俺もやる!」

平次「わしもやるで」

元太「うむ。では始めよう」


順番:元太→平次→カイジ→光彦

170 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:14:41.67 ID:/KEBUR250

元太「では俺から…」ピュッ…

結果…4,4,6

元太「まあいい滑り出しだ…よしとしよう」

元太「順番は時計回りにしよう。それでは平次君」

171 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:17:49.86 ID:/KEBUR250

平次「よっしゃ、こいや!」ピュッ…

結果…3,3,4

平次「何でや!」

元太「次はカイジくんだ」

172 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:19:31.57 ID:/KEBUR250

カイジ「…」ピュッ…

結果…1,1,5

カイジ「くそ…」

元太「さて、次は君だ。光彦君」

174 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:21:05.05 ID:/KEBUR250

光彦「お願いです…!」ピュッ…

結果…3,3,3

光彦「!」

元太「ほぉ…やるじゃないか。全員の賭けたペリカの2倍が君のものだ」



175 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:22:32.22 ID:/KEBUR250

カイジ「やるじゃねえか!」

光彦「はい、なんとか…」

服部「流石やのぉ!」

カイジ「とにかくこの調子を保て。そうすりゃ勝てる!」

光彦「はい!」



176 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:24:44.52 ID:/KEBUR250

元太「さて…そろそろ本気を出すかな」

カイジ「(本気…ってことは、イカサマか!?)」

光彦「…」

元太「さて、始めよう」

177 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:27:52.36 ID:/KEBUR250

元太「…」

元太「よし…」ピュッ

結果…5,5,5

カイジ「!!(まさか456サイコロか!?)」

元太「カカカ…」

178 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:29:07.94 ID:/KEBUR250

カイジ「(こいつがサイコロを懐におさめる所…そこを抑える!!)」

元太「では次の番だ…平次君」

カイジ「(!そのまま渡しやがった!!それじゃあサイコロが服部に…!)」

元太「カイジくん…俺は大槻ほど馬鹿じゃない」

元太「簡単に俺に勝つことはできない…カカカ…」

179 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:30:48.94 ID:/KEBUR250

平次「よっしゃ…」

カイジ「ま、待て服部!そのサイコロ見せろ!!」

平次「?あ、ああ…」

カイジ「(これは456サイコロのはず…!)」


カイジ「…え?」

服部「普通のサイコロや。さっきと何か変わったところもないで」

180 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:33:12.25 ID:/KEBUR250

カイジ「ば、馬鹿な…!!」

元太「カカカ…フォフォフォ…」

カイジ「一体どうやって…あのゴゾロは!?」

元太「あれは俺の実力さ…カカカ…!」

カイジ「クソッ…!」

181 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:36:32.96 ID:/KEBUR250

しかし…その後…

元太「よし来た!4,5,6だ!」

カイジ「何!?」

カイジ「(サイコロはそのまま服部に渡している!それなのにどうやって!?)」

元太の続く快勝っ…!

182 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:39:01.38 ID:/KEBUR250



元太「カカカ…フォフォフォ…!!」

カイジ「くそ…ちくしょう…っ」ボロボロ

光彦「うぅ…」

服部「…」

元太「ふう、今日は疲れた。もう寝るとしよう、諸君。決着は明日つけようか、光彦君」

光彦「…」

元太「カカカ…フォフォフォ…その顔…いい顔だっ…!」

183 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:39:53.03 ID:/KEBUR250

元太「それでは就寝だ…」



184 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:45:39.35 ID:/KEBUR250

カイジ「畜生!どうなってんだ!!」

光彦「…」

カイジ「あいつが456サイコロを使ったのは確実!!なのに何でサイコロが変わっている!?」

光彦「…カイジさん、今は様子を見ましょう」

カイジ「んなこと言っても、決着は明日だぞ?」

光彦「カイジさん…前回、どうやって凌いだんですか?」

カイジ「ん?まあ、1しかないサイコロを使ったり、俺の味方と組んだり…」

185 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:48:25.69 ID:/KEBUR250

光彦「そのサイコロって準備できますか?」

カイジ「出来るが…やる気か?」

光彦「いえ。所持金がない僕たちでは意味があまりないです。なので他の人に協力を…」

カイジ「んなこと言ってもなぁ、だいたいの奴らが班長の取り巻きだぞ?」

カイジ「頼むのは無理だと思うが…」

光彦「いえ、協力してくれる人がいます」

カイジ「?誰だ?」

186 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 15:50:13.89 ID:/KEBUR250

光彦「昨日の敵は今日の友…ですよ」

カイジ「…!ま、まさかお前!?」

光彦「一か八かです」


〜チンチロ編前半 了〜

197 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:10:54.48 ID:/KEBUR250

〜翌日〜

元太「カカカ…来たか…」

光彦「…」

元太「君たちの残金もわずか…もう終わりっ…!」

光彦「お金はありますよ」バッ

1800万ペリカ

元太「!!(こ、こいつ…俺と同じ額を…!)」

198 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:12:46.96 ID:/KEBUR250

元太「馬鹿な!?どうやってこんな額を!?」

光彦「昨日の敵は今日の友…ですよ」

??「…」ザッ

元太「!お、おめえ…!!裏切りやがったな!!」

歩美「裏切ってなんかない。私はもう切られた身よ」

光彦「…」

カイジ「…(あん時は驚いたぜ)」



199 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:15:05.82 ID:/KEBUR250

〜地下帝国 A班〜

カイジ「話によるとここにいるらしいな」

光彦「…」キョロキョロ

歩美「…」

光彦「!歩美ちゃん!!」

歩美「!!」ビクッ!

歩美「…何の用よ。はっ。笑いに来たの?」

光彦「違います」

200 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:16:43.68 ID:/KEBUR250

光彦「歩美ちゃん…今あなたにお願いがあります」

歩美「…」

光彦「僕にできるだけのペリカをください!」

カイジ「!」

歩美「…お断りよ」

光彦「お願いします!」土下座

歩美「…元太に勝つってんでしょ?」

光彦「はい…」

201 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:21:26.07 ID:/KEBUR250

歩美「無理ね。いくらペリカがあっても、あいつに勝つのは無理」

カイジ「イカサマか?」

歩美「ええ。あんな勝ち、どう考えてもイカサマのせいにしか思えないし」

光彦「…大体、イカサマの手口は見えています」

歩美「え?」

光彦「でもこっちが何も準備をしない限り勝つことは不可能です…その為にはまず、ペリカが必要なんです」

歩美「言っておくけど、あいつに挑発は聞かないわいよ?あのうな重頭じゃ挑発の内容も理解できないわ」

光彦「安心してください。策はあります」

歩美「そもそも、初チンチロだったアンタが元太に勝てるわけないでしょ…」

カイジ「俺がいる。その辺は安心しろ」

歩美「…」

202 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:22:40.48 ID:/KEBUR250

歩美「じゃあ聞かせてよ…アンタの"策"」

光彦「わかりました…」



歩美「…」

光彦「どうですか?」

203 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:25:26.15 ID:/KEBUR250

歩美「…」

歩美「…できなくはないけど…できるっていう確証はないわ」

光彦「あの時の策もそうでしたよ?」

歩美「…はぁ。わかった」ドサッ

1800万ペリカ

歩美「それが私の出せる全ペリカ」

光彦「こ、こんな大量のペリカどうやって…」

歩美「ここにいる男は馬鹿ばっかだからねぇ。一回誘惑すればイチコロ」

カイジ「(こいつ…こんな歳で…)」

204 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:28:21.92 ID:/KEBUR250

歩美「その代わり…負けたらわかってんでしょうね?」

歩美「一生ペリカを私に貢いで、私の分以上働きなさい」

光彦「はい。約束します」

歩美「…何でアンタはそこまで自信があんのよ」

光彦「自信なんてありません。でも、勝たなきゃいけないんです!」

歩美「…」

歩美「いいじゃない。私も賭けてやるわ。アンタの勝ちに」

歩美「絶対に勝ちなさいよ。いいわね?」

光彦「はい!」



205 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:31:24.58 ID:/KEBUR250

〜今〜

光彦「僕は絶対に勝ちます…あなたに!」

元太「カカカ…おもしろいっ!やってみろ!」

元太「今回のメンツは昨日と同じでいいな?」

光彦「…はい。それで構いません」

元太「さあ、始めようか…」

206 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:33:42.28 ID:/KEBUR250

元太「じゃあ親の俺からだ」

光彦「待ってください」

元太「?何だ?」

光彦「今回の勝負…僕の持っているペリカをすべて賭けます」

元太「!?」

光彦「どうですか?」

元太「い、いいのかね?一回ですべてが終わるんだぞ?」

光彦「もちろん」

元太「…」チラ

??「…」コク

元太「…いいだろう。ではやってやる」

207 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:37:19.73 ID:/KEBUR250

光彦「(今回は短期決戦…それでやるしかない!)」

元太「こっちもすべて賭けよう。1800万ペリカだ」

カイジ「(今の所は計画通り…だが、ここからだ)」

元太「カカカ…腕が鳴るわっ…!」

元太「じゃあ投げるぞ」


順番:元太→服部→カイジ→光彦

209 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:42:52.98 ID:/KEBUR250

元太「(一発で終わらせてやる…この456サイコロで!)」

元太「(馬鹿な奴だ…俺の強さが本物だと思ってるのか?馬鹿が…)」

元太「(俺の周りにいる奴らは俺の取り巻き。イカサマが他の連中にばれることはない)」

元太「(てめえを一発で殺して、そのペリカでうな重ライフを送ってやる…!)」

元太「おらぁっ!!」ビュッ…

210 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:46:57.25 ID:/KEBUR250

一回目結果…5,5,6

元太「チッ…!(やべえ…うな重の魅力にビビっちまった)」

元太「今度はやってやるぜ!!いくぞ…」

光彦「やってください」

??「おっと」ドガッ

元太「うわぁっ!」ビュッ…

結果…ションベン

211 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:49:28.58 ID:/KEBUR250

「ションベンだ!」「班長の負けだ!」

元太「お、おいてめえ!何で俺を…あ!」

阿笠「…」

元太「博士…!?」

カイジ「おい…このサイコロ、変じゃねえか?」

元太「!」

光彦「本当ですねぇ…どう見ても面が4,5,6しかないですよ」

「ほ、本当だ!!」「班長のイカサマだ!!」

元太「く…くっ…!!」

212 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:52:43.64 ID:/KEBUR250

元太「の…ノーカウントだ…!」

カイジ「何!?」

元太「ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!」

光彦「…」

元太「ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!」

「ふざけんな!!」「どう見てもションベンじゃねえか!」「そもそもイカサマじゃねえか!!」

213 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 21:56:37.41 ID:/KEBUR250

元太「ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!ノーカウントっ……!」

光彦「…わかりました。イカサマの手はありにします」

元太「!ほ、本当か!?」

光彦「ええ。いいですよ。…でも、その代わり条件があります」

元太「何だ!?」

光彦「たとえ、他の人がどのような手を出しても…僕に最後までわたるようにしてください」

元太「ああいいとも!いいとも!」

カイジ「…」

服部「じゃあ最後に普通のサイコロでもう一回投げろや、元太」

元太「ああ…」ビュッ…

結果…4,4,5

214 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:01:44.19 ID:/KEBUR250

元太「次は平次君だ…」

平次「よっしゃ!やったるで!」

元太「(くっくっく…カカカ…イカサマをするのは俺だけじゃない…光彦)」

平次「…えーと、じゃあこうか」スッ

234サイコロ

元太「(そいつも俺の部下!しかも234サイコロ持ちだ!)」

平次「(まあ焦ったで…あないな状況でイカサマがばれるとはのぉ。じゃが、心配はご無用や!)」

平次「(わしの234サイコロが全てを決めるで!)」ビュッ…

結果…2,2,2

平次「…来たで!!ニゾロや!!」

カイジ「!あのサイコロも…!!」

光彦「…」

215 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:05:01.13 ID:/KEBUR250

平次「まあまあ、ええやないか…"イカサマもあり"なんやろ?」

カイジ「…」

光彦「…つまり、イカサマのサイコロもありだということですね?」

平次「まあそうなるのぉ…」

カイジ「…その言葉を待ってたぜ!」

平次「な、なんやと!?」

カイジ「これで終わりだ!!」ビュッ…

結果…1,1,1

216 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:10:08.16 ID:/KEBUR250

平次「な、なにいいいいいいい!!!?」

元太「なああ!!!?」

カイジ「どうやら予習が足りねえようだな…俺は前回このサイコロで乗り切ったんだよ!」

元太「馬鹿もーんっ……!通るかっ…!こんなもん…!」

カイジ「ん?イカサマサイコロもありって言ったじゃねえかよ」

元太「なんだっ…!この賽はっ……!6面全部[・]…![・]じゃねえかっ……!」

元太「通るかっ…!こんなもん……!」

217 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:12:34.92 ID:/KEBUR250

光彦「僕たちの勝ちです…元太君、そして服部さん」

元太「!ま、まさか…こいつの存在も!?」

平次「…」

光彦「おかしかったんですよ…そのまま渡していたのに、サイコロが変わっているなんて」

光彦「だから僕は、味方を増やしたんです」

元太「…味方…!」

元太「それが…こいつら!?」

歩美「まんまと引っかかったわね。うな重頭」

阿笠「ほっほっほ」

218 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:14:06.20 ID:/KEBUR250

元太「だ、だが怪しいサインはなかった!!どうやって…!」

光彦「これですよ」サッ

探偵バッジ

元太「!」

光彦「博士には元太君に、歩美ちゃんには服部さんについてもらったんです」



219 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:16:44.27 ID:/KEBUR250

元太「おらぁっ!!」ビュッ…

阿笠『456サイコロじゃ』

光彦「そのまま待機です(焦って失敗するはず…)」

元太「チッ…!(やべえ…うな重の魅力にビビっちまった)」

元太「今度はやってやるぜ!!いくぞ…」

光彦「やってください」

阿笠『了解』

阿笠「おっと」ドガッ

元太「うわぁっ!」ビュッ…



220 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:20:56.59 ID:/KEBUR250

平次「(わしの234サイコロが全てを決めるで!)」ビュッ…

歩美『思ってた通り…234サイコロね』

光彦「大丈夫です。234より、他の役になる可能性の方が高いです」

歩美『ちょっと、危険じゃない…』

結果…2,2,2

光彦「ね?」

歩美『…』



221 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:25:51.89 ID:/KEBUR250

光彦「これも正直賭けでしたが…確率に賭けてよかったです」

元太「そ、そんな馬鹿な…!俺のイカサマが…!!」

「この野郎!!」「俺のペリカ返せ!!」「イカサマ師が!!」

元太「何を言うっ…!俺のイカサマは言うなら商売だ……!ただ奪ってるわけではない……!」

元太「おまえらだってテキトーに楽しかったはずだ……楽しませてやったんだから…」

元太「これくらいの金を俺が得るのは当然だっ……!なんら問題ないっ……!」

平次「チッ…」




222 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:28:34.91 ID:/KEBUR250

カイジ「まあ、何を言おうが俺たちの勝ちだ。金はもらうぜ」

元太「ぐわわわ…くうう!」

光彦「…勝ちましたね。二人とも」

歩美「…」

阿笠「ほっほっほ」

歩美「アンタ…一体何者なの?」

光彦「え?み、光彦ですよぉ!」

歩美「…はぁ」

??「ククク…流石だっ…!」

光彦「!!」

224 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:31:24.79 ID:/KEBUR250

コナン「素晴らしいっ…!この勝利っ…!予想通りっ…!」

灰原「…」

歩美「こ、コナン君…哀ちゃん…」

阿笠「…」

コナン「カイジ君との素晴らしいコンビネーションっ…!知略っ…!」

コナン「そこにいるうな重頭など簡単すぎたかな?」

元太「こ、コナン…!助けてくれ!俺は勝てる!」

コナン「バーローっ…!」

元太「!?」

225 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:34:51.41 ID:/KEBUR250

コナン「お前のような、ただ肥え太り…ばれるようなイカサマしか使えない豚などいらんっ…!」

コナン「制裁っ!」

黒服「来い!」

元太「は、離せよぉ!俺はもっとうな重くいてえんだよ!!」

コナン「お前は班長から降格っ…!新入り以下の扱いだっ…!嗜好品など二度と味わえないと思えっ…!」

元太「そ、そんなぁ!!…は、灰原!!助けてくれよ!!同じ少年探偵団だろ!?」

灰原「…」

元太「…い、いやだ…いやだあああああああああ!!!!」ぐにゃああ〜



226 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:38:59.14 ID:/KEBUR250

コナン「くっくっくっ…!君は本当に素晴らしいっ…!」

光彦「…」

コナン「カイジ君と同等…いや、それ以上か?」

コナン「まあ何にせよ…まだゲームはある…」

カイジ「Eカードにチンチロ…次はいったい…」

コナン「面白かったのはあの二人と組んだことだっ…!まさか敵と組むとはっ…!」

歩美「…」

阿笠「…」

コナン「次はこんなに薄暗い舞台じゃない…明るい舞台でやろうじゃないかっ…!」

灰原「あなた達二人はもう自由よ。表の世界に戻りなさい」

歩美「え?」

阿笠「なんじゃと!?」

227 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:40:06.86 ID:/KEBUR250

コナン「次のゲーム…楽しみにしているぞっ…!くっくっくっ…!」

灰原「…」



228 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:45:39.49 ID:/KEBUR250

〜エピローグ〜

地下帝国を出た僕たちは、束の間の休息を得た。

カイジ「ううっ…キンキンに冷えてやがるっ…!」

光彦「あ、ありがてぇっ…涙が出るっ…犯罪的だ…うますぎる…」

歩美「何オレンジジュース飲みながら言ってんのよ…」

阿笠「染みこんできやがる…体に…ぐっ…溶けそうだ…本当にやりかねない…ビール一本のために…強盗だって…」

歩美「はぁ…ま、美味いのは本当だけどね」

カイジ「次は一体何が待っているんだ…」

歩美「碌なものがないわよ。下手したら命を落とすかもしれないものかも」

阿笠「気が重いのぉ」

光彦「…でも、僕たちはやらなければいけません」


229 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:48:16.01 ID:/KEBUR250

光彦「勝って、コナン君達を止めます!」

カイジ「…へへっ」

歩美「…乗りかかった船。やってやるわよ」

阿笠「ほっほっほ!」

光彦「よし!次に向けてじゃんじゃん飲みますよ!!」

カイジ「よっしゃ!爺さんのおごりな!!」

歩美「マジ!?飲む飲む!!」

阿笠「そ、それはないじゃろう!!!」

「「「「あっはっはっは!!」」」」



〜チンチロ編 了〜

230 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:49:20.53 ID:/KEBUR250

お目汚し、失礼しました。


231 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/25(日) 22:49:53.71 ID:/KEBUR250

次回の安価とります。

1.沼 2.麻雀(決着がつきます) 3.その他(希望があれば)

安価二個下

232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage ] 投稿日:2013/08/25(日) 22:52:32.67 ID:jHAzLYuPo

1で

233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 22:52:55.30 ID:65I/73l00

1

240 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:03:42.57 ID:PXhYE6+90

〜数日後〜

光彦「あれから数日経ちましたね」

カイジ「だが連絡もねえ…まだ準備にかかってるのか?」

歩美「…」

阿笠「どうしたんじゃ?歩美ちゃん」

歩美「コナン君たちがこれほどの期間をかける…もしかしたら、もしかしたらだけど…」

光彦「何か心当たりが?」

241 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:07:06.48 ID:PXhYE6+90

歩美「…"沼"かもしれない」

カイジ「!"沼"だと!?」

??「御名答…」

光彦「!この声…服部さん!」

服部「あん時は世話になったのぉ…光彦」

カイジ「何の用だ?」

服部「工藤…やなかった、コナンが呼んどる。ついてこいや」

歩美「…」



242 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:11:11.26 ID:PXhYE6+90

〜裏カジノ〜

服部「ここや」

歩美「やっぱり…沼なのね」

光彦「沼ってなんですか?」

歩美「難攻不落のパチンコ台よ…」

光彦「パチンコ台?」

カイジ「とんでもねえイカサマ台だ…あれを攻略するのにどれほどの手間がかかったか」

阿笠「兵藤亡き後、あれを沼を攻略できたのはコナン君だけじゃ」

光彦「!」

歩美「店側の接待だったんだけどね。堕とすのに困難なのは目に見えてるわ」

服部「とりあえず入るで」

243 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:14:27.93 ID:PXhYE6+90

〜裏カジノ店内〜

ガヤガヤガヤ…

光彦「すごい人の数ですね」

服部「ここにいるほとんどの奴が人生の破綻者や。もう後もないような奴等がのぉ」

服部「本題に入るで。こっちや」

244 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:18:39.76 ID:PXhYE6+90

〜沼前〜

ガシューー…ウィイイイイイン!

光彦「!!な、何ですかあのマシンは!?」

服部「あれが沼…このカジノの大目玉や!!」

歩美「いつ見ても…おぞましいわね」

阿笠「…」

カイジ「相変わらず怨念が渦巻いてやがる…」

「お、おい!あのガキ、沼に向かったぞ!!」「やる気か!?」

光彦「元太君!?」

245 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:21:44.22 ID:PXhYE6+90

元太「俺は勝つ俺は勝つ俺は勝つ俺は勝つ…」ブツブツ

服部「ほー。5000万はもっとるのぉ」

元太「2500発5枚!」

「どうぞ」2500発バッキーカード×5

元太「俺は勝つ俺は勝つ俺は勝つ俺は勝つ…」ブツブツ

246 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:25:12.19 ID:PXhYE6+90

??「ククク………醜すぎる……!あんな男が勝つわけがない。醜い男は必ず失敗する」

光彦「え?」

??「どうでもいい…あんな奴のことは…!」

光彦「こ、小林先生!?」

小林「紛れ込んでいるじゃないか一匹……名うてのギャンブラーがうちに……!」

247 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:30:08.05 ID:PXhYE6+90

光彦「な、何で…何で小林先生まで…」

小林「私は少年探偵団の顧問…それならこの組織に入っていても不思議じゃない」

光彦「…」

小林「さて、始まるぞ。元少年探偵団の薄汚い豚の最後の戦いが…」

元太「やってやる…やってやる!!!」

ウィイイイイイイイン!

光彦「始まった…」

服部「さて、何回ジャックポットのチャンスが生まれることやら…」

カイジ「…」



248 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:35:27.77 ID:PXhYE6+90

〜残り2500発〜

元太「うう…ううううううう…!」

光彦「(どういうことですか!?さっきから一回もジャックポットのチャンスが生まれない!)」

小林「ククク…頭が弱い豚はこれだから面白い…」

歩美「…」

ピロリロピロリロ

光彦「!ジャックポットのチャンスだ!!」

元太「!!!は、入れ!!!!入れええええええええ!!!」

…ガゴン!

カイジ「!一回目の穴に入った!」

元太「!!!!い、いけええええ!!最後までえええええ!!!」



249 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:39:04.52 ID:PXhYE6+90

小林「…ククク」

…ガゴン!

カイジ「あ、あぁ…駄目だった…」

元太「う、うああああああ…うううううう…」

小林「さて…あと何回チャンスがあるかな?」



250 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:46:36.01 ID:PXhYE6+90

〜残り100発〜

元太「あああああ…うううううう…」

カイジ「だめだ…精神が滅茶苦茶だ…」

ピロリロピロリロ

光彦「!」

元太「!!は、入ってくれええええええ!!!!」

…ガゴン!

カイジ「一回目成功だ!」

251 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:50:31.88 ID:PXhYE6+90

…ガゴン!

光彦「!!!入った!!!」

小林「…」

元太「い、いけええええええ!!!!!はいれええええええええ!!!!!!」



252 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:55:16.94 ID:PXhYE6+90

小林「…ククク…ゲームオーバーだ」

…ガゴン!

カイジ「!」

元太「…」

光彦「失敗…」

元太「…あ…あぁああああ…あああああああああ」

253 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 14:58:45.06 ID:PXhYE6+90

元太「この糞台が!!!!!イカサマだ!!!!!!」ガンガン!!

小林「抑えろ」

「はっ!」

「お客様!!おやめください!!!」

元太「離せよおおおお!!!俺の5000万返せよおおおおお!!!!」

小林「汚い……野良豚の素性など……!」



254 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:03:28.58 ID:PXhYE6+90

小林「さて…これが沼です」

光彦「…」

小林「会長からあなた方のことは伺っております…この沼をやらせろと」

小林「沼の資金はこちらで用意しましょう。額は1億です」

カイジ「!1億だと!?」

小林「そちらには経験者のカイジ様が…その点を考慮して」

光彦「…どうですか?」

カイジ「こいつらのことだ。おそらく手を少し変えてあるだろう」

歩美「まあそうでしょうね」

小林「いかがなさいますか?」

カイジ「…」

255 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:08:11.26 ID:PXhYE6+90

服部「それでええで」

カイジ「!は、服部!」

服部「安心せい。こっちにも金がある」

光彦「こっちにも…ということは?」

服部「ああ。俺は今回お前らの仲間っちゅーわけや」

歩美「何?」

阿笠「ほー」

カイジ「信じられねえな…お前は前回俺らを」

服部「信じるも信じないもお前ら次第や。でもな…前回元太と組んで負けた俺や…」

服部「『光彦たちを呼べ』っていう命令が最後の命令やと思うで」

カイジ「…」

256 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:12:37.15 ID:PXhYE6+90

光彦「…信じましょう」

歩美「え?」

カイジ「お、おい光彦!!」

光彦「今服部さんは『俺は今回お前らの仲間』と言いました。これは宣言です」

光彦「コナン君だったらこのような宣言を守るはず。これは嘘じゃありません」

カイジ「で、でもな…」

光彦「それに…昨日の敵は今日の友です」

服部「…ええんか?そないに信用しても」

光彦「コナン君と戦うのに必要なのは力、運…それだけじゃない」

光彦「信頼です!」

服部「!」

257 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:16:25.03 ID:PXhYE6+90

服部「…まさか、お前がこないに馬鹿やとはのぉ。あいつがお前を狙う理由がわかったで」

服部「よっしゃ!お前が俺を信頼するなら、俺もお前を信頼しようやないか!」

カイジ「ちょ、ちょっと待てよ!俺達の気持ちも…」

歩美「…いいんじゃない?そいつは私と同じ負け犬」

歩美「信頼されるしか存在意義がないわ」

阿笠「わしも同感じゃ」

カイジ「お前らまで…」

光彦「どうしますか?カイジさん」

カイジ「…」

カイジ「チッ。わかったよ。俺も信頼してやろうじゃねえか」

258 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:22:05.46 ID:PXhYE6+90

服部「よっしゃ!満場一致やな!」

光彦「これからもよろしくお願いします。服部さん!」

服部「おう!」

小林「…」

カイジ「まずは休むところを探そう」

服部「それなら俺のアパートや。行くで」



259 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:25:40.59 ID:PXhYE6+90

服部「ここや」

カイジ「汚ねえな…おっちゃんがいた所みてえだ」

服部「住めば都や。さあ、くつろいでや!」

光彦「それで、これからどうするんですか?」

カイジ「服部。あのカジノの立地条件、上の階の状況はわかるか?」

服部「ああ。前回カイジがやったのと同じや。あれほど玉が入らないのはやっぱり傾いてるからやな」

服部「上の階は空き部屋や。無人、警戒されてる様子も無い」

カイジ「なるほど…まずはそこを利用しなきゃな」

260 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:29:51.35 ID:PXhYE6+90

カイジ「あのバーとかは?」

服部「それはそこにいる爺さんから聞いてや」

光彦「え?」

阿笠「まあ、わしがちょっといじったしのぉ」

カイジ「それを早く言えよ!」

阿笠「すまんすまん…」

歩美「で?どういじったのよクソジジイ」

261 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:34:43.13 ID:PXhYE6+90

阿笠「まずバーじゃが、あれは手を加えとらん。そこに関しての心配は無用じゃ」

阿笠「じゃが問題はクルーンじゃ…わしはあれの改造に携わってなかったんじゃ」

カイジ「何!?」

阿笠「哀君が指揮をしてたからのぉ…すまん」

光彦「まずはクルーンの謎を解かなきゃ駄目っていうことですか…」

カイジ「そうだ、玉はどうなんだ?」

阿笠「そうじゃった!パチンコ玉が厄介なんじゃよ…」

カイジ「どういうことだ?」

262 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:38:37.15 ID:PXhYE6+90

阿笠「あのパチンコ玉…全てアルミ製になったんじゃ」

カイジ「!」

服部「ちゅーことは…磁石で弄るのはもう無理」

歩美「多分沼をやる前の磁気センサーもあるでしょうね。そこは何とか誤魔化せるでしょうけど」

カイジ「チッ…そこが駄目なんじゃきついな」

歩美「まずは一回細工した方がいいんじゃないの?」

カイジ「そうだな。じゃあ今夜忍び込もう」

263 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:42:36.23 ID:PXhYE6+90

カイジ「そういや服部、お前の資金はどれぐらいなんだ?」

服部「ああ、ちょっと待っといてや…これや!」5000万

カイジ「これぐらいあれば2回できる…まずは様子見の5000万を明日使おう」

カイジ「それじゃあ夜になったら行こう」



264 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:48:56.87 ID:PXhYE6+90

〜深夜 裏カジノ上の階〜

カイジ「服部。じゃああそこに水槽を置いてくれ」

服部「よっしゃ」

カイジ「よし!じゃあせーので入れるぞ!せーの!」

ドッシャアアアアアアア!



265 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:52:58.02 ID:PXhYE6+90

カイジ「よし。これで傾斜の面はいいだろう。服部、この時間帯は誰もいないんだな?」

服部「せや。安心して忍び込めるで」

カイジ「それじゃあ忍び込むぞ」



266 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 15:57:42.02 ID:PXhYE6+90

〜裏カジノオフィス〜

カイジ「まずはバーを調べよう。爺さん、頼む」

阿笠「了解じゃ!」



阿笠「…ふむ。やはり前と変化はない。大丈夫じゃ」

267 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:02:13.54 ID:PXhYE6+90

カイジ「光彦。パチンコ玉を見てくれ」

光彦「了解です」



カイジ「その様子じゃアルミだな…台と座ってる奴の距離は遠いから、アルミ程度じゃ反応しにくい」

カイジ「磁石の方は一旦考えを止めておこう」

268 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:03:48.74 ID:PXhYE6+90

カイジ「あとは明日の勝負次第だ」

光彦「…」



269 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:05:53.74 ID:PXhYE6+90

〜翌日 裏カジノ〜

小林「おや…いらっしゃいませ」

光彦「…」

小林「バッキーカードはいかがなさいますか?」

光彦「2500発を5枚で」

小林「…はい、5000万円ですね。どうぞ」

光彦「…(この勝負で何か掴まなきゃ…!)」



270 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:08:37.46 ID:PXhYE6+90

〜残り8000発〜

ピロリロピロリロ

光彦「!来た!」

小林「(来るのが早い…傾斜を直した?)」

小林「(それならこっちも…)」ピッ

ガガガガガ…

…ガコン!

光彦「あ!」

小林「(さあどうする?)」

271 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:11:24.61 ID:PXhYE6+90

ピロリロピロリロ

小林「何!?」

小林「(こいつ…どれだけ運がいいんだ…)」

…ガコン!

小林「!」

…ガコン!

小林「く…運がいい…!」

光彦「いけ!!」

小林「(だが、残念)」ポチッ

…クイン…ガコン!

光彦「!」

小林「(たった一発で、しかも最後のクルーンを制覇など…夢のまた夢)」

272 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:13:46.13 ID:PXhYE6+90

〜終了〜

ウィイイイイイン…

光彦「…」

小林「ククク…お疲れ様です」

小林「残りのお金で成功できなかったら…ククク…!」



273 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:17:28.78 ID:PXhYE6+90

〜服部のアパート〜

カイジ「クソ!このままじゃ無理だ!」

服部「にしてもあれほど入らないとはのぉ…」

阿笠「おかしくないとは言っても、やはり先代のものじゃからのう」

阿笠「バーを変更したら怪しまれる…打つ手はないかのう」

歩美「いっそのこと磁気が使えたらね」

光彦「…」

カイジ「それにしても、やっぱり最後のクルーンの時はおかしかったな。玉の軌道がおかしい」

服部「あそこにも何か仕込んどるんやろうなぁ」

カイジ「そして、この傾斜を戻す装置も…」

274 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:19:34.99 ID:PXhYE6+90

カイジ「多分最後のクルーンも穴がある。それのせいもあって玉が入らないんだろうな」

光彦「とにかく、その装置を探してみましょう」



275 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:22:09.42 ID:PXhYE6+90

〜裏カジノオフィス〜

カイジ「…おそらくこれだな」

服部「こっちにもスイッチがあったで」

阿笠「それを壊してみよう。借してくれ」



阿笠「…よし。これで傾斜、最後のクルーンも作動せんじゃろう」

カイジ「だが問題は玉だ…あれがチマチマはいったんじゃ結局攻略できねえ…!」

服部「うーん…」

276 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:23:44.70 ID:PXhYE6+90

歩美「いっそのこと、玉が全部変わったらねえ…」

光彦「…!それですよ!」

歩美「え!?」

光彦「カイジさん。探してほしいものがあるんです」

カイジ「探してほしいもの…って何だ?」

光彦「このオフィスに磁気を調べるのがないかを」

カイジ「磁気を調べるものか。わかった」



277 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:27:23.51 ID:PXhYE6+90

カイジ「ねえな。それがどうかしたのか?」

光彦「それならこの方法が使えます」

カイジ「何だよこの方法って…」

光彦「博士。今から言うものを手配できますか?」

阿笠「なんじゃ?」

光彦「それはですね…」



278 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 16:29:57.68 ID:PXhYE6+90

阿笠「ふむ…知り合いに頼めばできるぞい」

光彦「それでは、それをここのパチンコ玉と同じ数だけ作ってください」

阿笠「了解じゃ」

光彦「勝負は…次でつける」


〜沼前半 了〜

285 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:03:37.24 ID:PXhYE6+90

〜翌日〜

光彦「磁石の準備はいいですね?」

服部「安心せいや。俺が運んだる」

光彦「お願いします」

カイジ「でも、出来るのか…」

光彦「出来ます。僕を信じてください!」

カイジ「…よし、信じるぜ!」

歩美「絶対勝ちなさいよ」

阿笠「頼むぞい!」

光彦「はい!」



286 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:07:54.33 ID:PXhYE6+90

〜沼前〜

小林「…おや、いらっしゃいませ」

光彦「いいですか?」

小林「当カジノは誰でもウェルカム。どうぞお気になさらず、ご自由にお楽しみください」

光彦「この一億で…2500発を10枚」

小林「ほう…1億を使い切るとは、それが最後ということですか?」

光彦「ええ。これで、最後です」

小林「ククク…我々は……その姿を心から…応援するものです…!」



287 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:11:10.61 ID:PXhYE6+90

〜スタート〜

光彦「…」ガシャ

ウィイイイイン!!

「お、おい!昨日の奴だ!!」「またやる気だ!!」

小林「何度やっても無駄…この沼は落とせない」

カイジ「よし!応援に行くぜ!」

「よし!行くぞ!!」「俺も行くぜ!!」

小林「!」

288 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:13:17.00 ID:PXhYE6+90

「「やっちまえー!!!」」「もっとだー!!」」

小林「ふっ…ここまで観客が増えるとは…終わりが楽しみだ」

服部「…(今や)」スッ

光彦「…(缶のすり替え成功。勝負はこれから…)」

小林「…」

ピロリロピロリロ

小林「!!な、何!!?(まだ100発もいってないぞ!?なのに何故!?)」

小林「(そもそも磁石を持っているとしても、あの玉を操作できるはずがない…!)」

289 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:18:12.66 ID:PXhYE6+90

ピロリロピロリロピロリロピロリロ…

小林「な…一発だけじゃない…!?何発も!」

ゴロゴロ…

小林「くっ…!(まるでカイジが突破した時のよう…!どうなっているんだ)」

小林「とりあえず傾斜をつけて…」ピッ

小林「…?な、何故傾かない!?」ピッ ピッ

服部「おやおや?どないしたんや?」

小林「!(こ、こいつら…このスイッチを!)」

服部「大人しく見たってや。なあ?」

小林「く…」



290 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:23:10.95 ID:PXhYE6+90

〜残り6000発〜

ガゴンガゴンガゴン…

「す、すげえ!!何個も入りすぎたせいで、どんどんクルーンが埋まっていく!」

「このままだと一番下のクルーンまで満杯になる!!」

小林「(どうやって操作しているかがわかれば!)」

小林「…ちょっと待てよ?」

小林「おい!今日沼を整備したやつは!?」

「は、はい!私です!」

小林「お前、玉の方も見たか?」

「い、いえ…同じ玉に見えたので」

小林「…なるほどな」



291 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:27:34.92 ID:PXhYE6+90

小林「おい!一回止めろ!!」

光彦「!」

カイジ「なんだ!今いいところなんだ!」

小林「ククク…なるほど、お前達が仕込んだのはそういうことか」

阿笠「何が言いたいんじゃ?」

小林「お前達がこの台には何もしていない…変えたのはこの玉だ!」

服部「!」

小林「残念だったな…私達はこういうものを持っているんだ」

カイジ「!あれは、玉の大きさを測るやつじゃねえか!」

小林「これにもし、ぴったり入らなければ…その時点でお客様の不正が発覚!ゲームオーバーです!」

光彦「…」

小林「これで終わり…」カチャ

292 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:31:12.45 ID:PXhYE6+90

小林「…え?」

カイジ「同じ大きさだな」

小林「な、ならば…!おい!あれもってこい!」

「はい!」

小林「これは量りだ。もちろん、玉の重さは憶えている」

小林「もし、重さが違かったら…その時点でお客様の不正が発覚!ゲームオーバーです!」

光彦「…」

小林「今度こそ終わり…」カチャ

293 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:34:43.24 ID:PXhYE6+90

小林「…何故だ」

カイジ「同じ重さだな」

小林「そんな馬鹿な!?何故…」

カイジ「光彦、続行だ」

光彦「はい」

小林「(どういうことだ!?同じ重さ?それならどうやって…)」

「小林様…」

小林「…」



294 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:37:54.86 ID:PXhYE6+90

〜残り1000発〜

「も、もうクルーンが一杯になるぜ!」

服部「もう諦めたらどうや?」

小林「…(…な〜んてな!)」

小林「(それも予想済み!あらかじめクルーンにアルミ反応用の磁石を仕込んである!)」

小林「(味方が他にいないお前達はここで終わりだ!!!)」

小林「チェックメイトだ!」ピッ

295 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:41:34.58 ID:PXhYE6+90

光彦「僕たちの勝ちです」

小林「…え?」

小林「くっ、な、何故だ!?」ピッ ピッ

服部「クルーンを気にする必要はない!!光彦!心置きなくぶち込んだれや!!」

光彦「了解です!!」

小林「や、やめろ…止めてくれ…!!」

小林「くそ!!!動け!!!動きなさいよおおおおおお!!!!」ポチポチポチポチ

光彦「スイッチで機械は動けなくても、僕たちはスイッチなしで動ける!!!」

光彦「それがあなた達と僕たちの差です!」

小林「くそおおおおおおおおおお!!!!!」

296 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:45:00.61 ID:PXhYE6+90

ゴロゴロゴロ…

歩美「あともう少し!」

阿笠「入れ!!!」

カイジ「吐け!吐き出せ! お前が飲み込んだ、夢、希望、絶望、涙!全部吐き出せ!」

服部「やったれええええええ!!!!」

297 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:46:04.88 ID:PXhYE6+90





ガゴン






298 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:49:16.00 ID:PXhYE6+90

小林「…」

カイジ「!!」

服部「入った…入ったで…」

歩美「よっしゃ!!」

阿笠「ほっほっほ!!」

沼「Congratulations」

プシューーーーーー!!!!!!

299 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:54:15.36 ID:PXhYE6+90

カイジ「沼が…あの時みたいに息を吐き出した…」

ガガガ…ジャアアアアアアアアアアアア!!!

服部「来たで!あの玉全部拾うんや!!」

歩美「一個も逃さないわよ!!」

阿笠「よ、ほっ!とっ!」

小林「…お、わった…このカジノも…私も…」

カイジ「…」



300 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 21:58:52.78 ID:PXhYE6+90

カイジ「やったな。光彦」

歩美「まさかこんな計画が通るとは、ね」

阿笠「今回は準備万端で挑めたからのぉ!」

光彦「そうですね」

服部「一番頑張ったのは光彦やで!」

光彦「え、えへへ!そうですかぁ〜?」

「「「「「「はっはっはっは!」」」」」」

小林「…」

301 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:02:14.05 ID:PXhYE6+90

小林「どうやったのよ…どうやって…」

光彦「幸いだったのが、沼と基本的に攻略が変わらないことでした」

カイジ「一度制覇した俺のアドバイスが役立てたな」

光彦「問題は玉でした…これが今回の勝負の鍵でした」

小林「どういうことよ…」

光彦「これ、アルミ製じゃないんです」

小林「え?」

光彦「普通のパチンコ玉と同じなんですよ」

小林「な…何?」

302 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:06:54.58 ID:PXhYE6+90

小林「そんな馬鹿な!だったらさっきの検査が通らないはず!!」

光彦「味方に博士がいて助かりました…彼の友人に頼んで、特殊なパチンコ玉を作ってもらったんです」

光彦「"見た目、重さがこのカジノのパチンコ玉と全く同じ普通のパチンコ玉"をね」

光彦「この店には磁気を調べるものがなかった…それで、重さを誤魔化す方法を選んだんです」

光彦「そこまで誤魔化すほどの時間がありませんでしたからね」

小林「磁力操作は…あの缶か…」

光彦「ええ。パチンコ玉だとばれないことを祈っての計画でしたけどね」

光彦「パチンコ玉じゃないとわかっているなら、磁石入り缶を使っても反応しないから意味がないと思う」

光彦「それを利用しました」

小林「そ、そんな…そんな子供騙しのような手に…騙された…」

小林「この私が!!この私が!!っ…この、わたし、がぁっ…!」

光彦「小林先生…」

303 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:09:49.19 ID:PXhYE6+90

コナン「くっくっくっ…!くっくっくっ…!!!」

光彦「!」

コナン「素晴らしいっ…!素晴らしいという言葉ですらっ…!君には程遠いっ…!」

コナン「人間国宝っ…!くっくっくっ…!!」

灰原「…」

小林「こ、コナン君…」

コナン「…」

小林「わ、私…これで終わりじゃないわよね?」

コナン「…」

小林「頂点に上り詰めるために、あなた達の我が侭を我慢したのに…!ね、ねえ!」

コナン「バーローっ…!!」

小林「!」

304 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:12:19.64 ID:PXhYE6+90

コナン「お前のような教え子を救おうともせず…自尊心を守ろうともしないっ…!」

コナン「そんな中途半端なお前が頂点に上り詰めるなどと抜かすなっ…!」

コナン「制裁っ!」

「来い!」

小林「い、いやよ…!私は、頂点に上り詰める女!!教師ぐらいじゃ終わらない!!」

小林「そ、そうだ灰原さん!!私を助けて!ね?少年探偵団でしょう!?」

灰原「…」

小林「…ふざけないでよ…」

小林「ふざけんなクソガキ!!!私を離せ!!!!殺すぞ!!!!」

小林「離してよ…いや…いやああああああああ!!!!」ぐにゃああ〜



305 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:15:57.52 ID:PXhYE6+90

コナン「くっくっくっ…!」

光彦「コナン君…」

コナン「何だね?」

光彦「決着はいつ着くんですか?」

コナン「何故そのようなことを聞く?」

光彦「これ以上…僕の大切な人を傷つけたくありません」

光彦「決着はいつなんですか?」

コナン「そうだな…」

1.次で決着 2.まさ先


安価一個下

306 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/26(月) 22:17:26.47 ID:8esSLBCqO

2

308 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:20:13.57 ID:PXhYE6+90

コナン「まだ先…もう少し待て」

光彦「そんな…」

コナン「安心したまえ。次が終わったら俺と決着をつけよう」

光彦「本当ですか?」

コナン「ああ…当然だ」

灰原「次の準備ができたら呼ぶわ。それまで待ってて」

コナン「また会おう…光彦くんっ…!」



309 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:24:12.84 ID:PXhYE6+90

〜エピローグ〜

光彦「まだ勝負が続くんですね…」

歩美「小林が終わったからには、次はNo.2ね」

阿笠「ふむ…次は心してかかったほうがいいのぉ」

服部「安心せいや。ここまで来たからにはいけるで」

カイジ「ああ。お前を信じてるぜ」

光彦「みんな…」

歩美「さ、飲みに行くわよ!」

阿笠「今度は誰のおごりじゃ?」

カイジ「爺さんに決まってんだろ」

阿笠「えぇ!?」

310 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:25:17.36 ID:PXhYE6+90

光彦「じゃあ行きますか!」

歩美「じゃんじゃん飲むわよ!」

カイジ「よっしゃ!」

服部「わしの飲みっぷり、見てろや!」

阿笠「そ、そんなぁ!」




〜沼 了〜

311 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 22:27:15.95 ID:PXhYE6+90

お目汚し、失礼しました。
次回は麻雀以外になったので、他の安価とります。

1.姫と奴隷 2.限定じゃんけん 3.鉄骨渡り


安価二個下

312 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/26(月) 22:29:29.03 ID:Quq4HZp/O

1

313 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/26(月) 22:30:08.14 ID:2ckxa9/So

1

319 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:32:23.36 ID:PXhYE6+90

〜数日後〜

光彦「…」

歩美「どうしたの?」

光彦「次の勝負…必ず相手は少年探偵団の誰かですよね」

歩美「まあ、そうね」

光彦「残る少年探偵団はコナン君、灰原さん…この二人です」

光彦「最後がコナン君となると…」

歩美「…哀ちゃんでしょうね」

光彦「…」

歩美「でもやるしかないわよ。アンタの決めたことなんでしょう?」

光彦「…はい」

歩美「はぁ…そりゃ、惚れた女っていうのはわかるけどさ」

光彦「!?」

320 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:35:16.20 ID:PXhYE6+90

歩美「いくらそんな相手だって、勝たなきゃ意味ないでしょうが」

光彦「…」

歩美「しゃきっとしなさいよ!そんなんじゃやってけないわよ!」

光彦「…はい」

光彦「僕、頑張ります!」

歩美「…ふん。それでいいのよ」

光彦「ありがとうございます!歩美ちゃん!」

歩美「な、べ、別にそういうつもりじゃ…」

光彦「?」

コナン「くっくっくっ…!仲睦まじいようでっ…!」

灰原「…」

光彦「!」

321 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:36:02.68 ID:PXhYE6+90

コナン「次の勝負の場が決まった…ついてこい」

歩美「…」



322 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:38:20.91 ID:PXhYE6+90

〜???〜

灰原「じゃ、私は行くわ」

コナン「ああ」

光彦「…」

コナン「この先…光彦君一人で行ってもらう」

歩美「え!?」

コナン「安心しろ…罠といえるものはない…」

光彦「…」

光彦「行きます」

コナン「…くっくっくっ…!それでこそ…!」

歩美「…」

光彦「戻ってきます。待っててください」

歩美「…ねえ」

光彦「?」

歩美「…戻ってきなさいよ」

光彦「!はい!」

323 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:39:12.71 ID:PXhYE6+90

コナン「さあ、進むがいい…!」

光彦「…」

光彦「(僕は、勝つ!)」ザッザッ…



324 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:42:20.65 ID:PXhYE6+90

光彦「…?真っ暗で何も見えませんね…」

コナン「諸君っ…!始まりだっ…!」

「「「「「「「「「ワーーーー!!!!」」」」」」」」

バッ!

光彦「!」

コナン「これから始まるのは…『姫と奴隷』!」

光彦「姫と奴隷?」

歩美「光彦!!」

光彦「!歩美ちゃん!」

カイジ「大丈夫か!?」

服部「光彦!」

阿笠「光彦君!」

光彦「みんな…それに、この人たちは!?」

325 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:44:48.71 ID:PXhYE6+90

コナン「さあ、今回の選択を教えようっ…!」

コナン「まず1番っ…!」

バッ!

コナン「荒れ狂う猛獣っ…!」

寅「グルル…」

光彦「ひっ!」

326 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:46:00.71 ID:PXhYE6+90

コナン「続く2番っ…!」

バッ!

コナン「群れる番犬っ…!」

犬「グルル…」「ガルルルル…!!」「ワン!!」

光彦「うわあぁっ!!」

327 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:46:55.71 ID:PXhYE6+90

コナン「そして…3番っ…!」

バッ!

コナン「囚われた憐れな姫っ…!」

灰原「…」

光彦「灰原さん!」

328 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:49:58.10 ID:PXhYE6+90

コナン「今回のチャレンジャーにどのような運命が待っているのかっ…!」

コナン「それでは、スタートっ…!くっくっくっ…!!!」



光彦「ど、どうしたらいいんですか…」

光彦「目の前に3つのボタンがありますね…左、中、右…と書いてあります」

光彦「…どれかを選べばどれかの扉が開くということか」


  1番 2番 3番


     ボタン
     光彦

329 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:52:25.42 ID:PXhYE6+90

コナン「さあ、ここでヒントタイムっ…!三人の人間がヒントを伝えるっ…!」

コナン「この三人だっ…!」

バッ! バッ! バッ!

元太「…」

小林「…」

灰原「…」

光彦「!みんな!?」

コナン「それでは、左の豚からだ…」

330 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:54:46.72 ID:PXhYE6+90

元太「な、なあ光彦!俺は本当のことを言うぜ!信じてくれよ!」

光彦「…」

元太「お、おれとお前の仲だ!お前を友達じゃないなんて思ったことはない!」

元太「小林先生が本当のことを言うわけない!ましてや、今コナンの味方の灰原もそうだ!!」

元太「だから教えてやる!答えは『左』だ!」

元太「信じてくれ!な!?」

光彦「…」

コナン「次はこの女…」

331 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/26(月) 23:57:47.68 ID:PXhYE6+90

小林「光彦くん…私、コナン君から言われたことを考え直したわ」

光彦「え?」

小林「私は教師…あなたを裏切ったことがどれほど罪深いことだったか…」

小林「だから、もう嘘なんて言わないわ!答えは『中』よ!」

光彦「…本当ですか?」

小林「ええ!もちろん!だって私は少年探偵団の顧問だもの!」

光彦「…」

コナン「では最後だ…」

332 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:01:18.17 ID:tY9mvCTe0

灰原「…」

光彦「灰原さん…」

灰原「いい?自分が"正しい"と思った答えよ。それを選びなさい」

光彦「"正しい"答え…」

灰原「私を信じるなんて出来ないと思う…でも、信じて」

光彦「…」

灰原「私はあなたを信じる。あなたの選びたいものを選びなさい」

コナン「それでは、ヒントは終了だ」

333 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:02:27.77 ID:tY9mvCTe0

光彦「…どれかが、正解」

光彦「僕は…これだ!」


1.左 2.中 3.右

安価一個下

334 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 00:10:17.49 ID:xDI0jgrko

そうか、3か

335 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:11:43.18 ID:tY9mvCTe0

光彦「これだ!」ポチッ!



ガチャ

336 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:13:23.11 ID:tY9mvCTe0

灰原「正解よ」

「「「「「「「ワーーーー!!!!」」」」」」

コナン「素晴らしいっ…!正解っ…!」

灰原「どうして3番だと思ったの?」

光彦「理由はほかにもありましたけど…やっぱり…」

灰原「やっぱり?」

光彦「灰原さんが僕を信じてくれたからです!」

灰原「…」

灰原「うん、そっか」

338 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:17:11.20 ID:tY9mvCTe0

コナン「素晴らしいっ…!自分を信じた人間を信じるっ…!だが…」

コナン「バーローっ…!それは甘すぎるっ…!不確かでっ…脆いっ…!」

光彦「…」

灰原「…」

コナン「しかし、勝ったことは事実…君の勝ちだ」

元太「ふざけんな!!!何でおれを選ばないんだよ!!!」

小林「何でよ!!!ちょっとでも改心したのに!!!!」

コナン「制裁っ…!」

「来い!」

元太「お前なんか人でなしだあ!!!最低だああああ!!!!」

小林「地獄におちろおお!!!!!死んじまえええええええ!!!!」



339 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:20:02.32 ID:tY9mvCTe0

コナン「さて光彦君…これで前座は終わりだ」

コナン「次は俺との勝負っ…!」

光彦「…」

光彦「僕は勝ちます。絶対に」

コナン「くっくっくっ…!面白いっ…!愉快っ…!」

コナン「次の勝負で君の信頼…見せてもらおう!!!」

光彦「僕たちの力で、勝ちます!!!」



340 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:22:42.94 ID:tY9mvCTe0

〜エピローグ〜

カイジ「よくやった!」

服部「よかったで!」

阿笠「流石じゃ!」

歩美「…帰ってくるのが遅いわよ、馬鹿」

光彦「はい…すいません」

歩美「ふん」

カイジ「いよいよ…次で最後だな」

光彦「ええ…最後です」

阿笠「次ですべてが決まるんじゃな…」

服部「でも相手はあのコナンや。相当厳しい勝負になるで」

光彦「わかってます…でも…」

歩美「勝つんでしょ?」

光彦「はい!」

341 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:24:53.74 ID:tY9mvCTe0

光彦「みなさん…」

歩美「何?」

カイジ「どうした?」

阿笠「何じゃ?」

服部「何や?」

光彦「絶対に勝ちましょう!!」

歩美「当たり前じゃない」

カイジ「おう!」

阿笠「ほっほっほ!」

服部「よっしゃ!」

光彦「(終わりにしましょう…コナン君!)」


〜姫と奴隷 了〜

342 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 00:25:27.01 ID:tY9mvCTe0

お目汚し、失礼しました。
投稿は午後2:00くらいになります。

345 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 03:30:50.68 ID:XoJdQriVo

>>210
1回目で出目6で終わりじゃないの?

346 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 03:32:31.46 ID:XoJdQriVo

>>220
234って出目なしじゃないの?

349 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 11:03:10.52 ID:b0i2mfvo0

>>345 >>346
すいません、そこは完全にルール忘れてました…

347 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 09:15:56.05 ID:hFwUwGLEo

何で3だったんだろ分からん

350 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 11:28:17.82 ID:b0i2mfvo0

>>347
信頼が鍵になっていた今までの勝負(最初以外)。
光彦を信じると言った灰原が正解。
他にも理由はありますが。

351 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 11:59:41.58 ID:eARmvpzOo

>>290
玉は排出口で詰まってるってこと?
二重の傾斜もなかったのに

352 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 12:02:55.52 ID:b0i2mfvo0

>>351
そこはうまく>>264あたりで調節したということで…(すいません)

362 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:03:24.53 ID:b0i2mfvo0

今回は麻雀です。
AA(麻雀牌)を使うSSになるので投稿が遅くなりますがご容赦ください。

363 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:06:52.96 ID:b0i2mfvo0

〜数日後〜

光彦「…いよいよ、今日で最後です」

歩美「コナン君から来た招待状…あそこに書かれてるのは私たちのアジトよ」

阿笠「多分大勢の客も来るじゃろう」

カイジ「…」

服部「まあ、いつも通りにやればええんや。な?」

光彦「はい」

光彦「僕は絶対に勝たなければなりません。たとえ相手がコナン君だろうと…」

光彦「みなさん、絶対に勝ちましょう!」

歩美「…ええ!」

阿笠「もちろんじゃ!」

カイジ「おう!」

服部「やったるで!」

光彦「では、行きましょう!」



364 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:09:46.08 ID:b0i2mfvo0

〜アジト〜

光彦「…ここですね」

歩美「…」

コナン「くっくっくっ…!くっくっくっ…!!!」

光彦「コナン君!」

灰原「…」

歩美「哀ちゃん…」

コナン「この時を待っていたっ…!お前をこの俺の手で殺せるっ…!決着の日を……っ!」

コナン「俺はお前を滅ぼすっ…!光彦ぉ!!!」

光彦「僕は勝ちます!絶対に!!」

コナン「くっくっくっくっ…くーっくっくっくっ!!!!!」

灰原「こっちよ。ついてきなさい」



365 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:16:40.59 ID:b0i2mfvo0

〜???〜

「「「「「「「「ワーーーーーーー!!!」」」」」」」」

光彦「!」

コナン「ここが俺とお前の決着の場…お前の最後の闘いの場だっ…!」

光彦「一体何をするんですか?」

コナン「よくぞ聞いてくれた…その名は…『江戸川麻雀』っ…!!」

光彦「『江戸川麻雀』…?」

コナン「知略っ…先見の明っ…!これほど人間の格を知れるゲームはあるまいっ…!」

光彦「…」

コナン「まずお前にはパートナーを決めてもらう…」

光彦「パートナー?」

コナン「俺たち二人VSお前たち二人…チーム戦だ」

コナン「さあ決めろ!誰と組む!?」

光彦「僕は…」

1.歩美 2.カイジ 3.阿笠 4.服部


安価一個下

366 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 14:18:44.78 ID:6wweaARYo

3


367 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:22:00.73 ID:b0i2mfvo0

光彦「博士!お願いします!」

阿笠「わしに任せるんじゃ!」

コナン「決まったようだな…それではルールを教えよう」

368 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:25:54.38 ID:b0i2mfvo0

・持ち点一人100000点
・クイタンあり
・赤ドラなし
・箱割れなし
・ダブロン・トリロンあり
・勝負は半荘2回
・半荘2回終了後、チームの合計点数が高い方が勝ち
・それ以外は基本的に麻雀と同じルール

369 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:29:05.99 ID:b0i2mfvo0

コナン「もし俺たちが負けたら…俺たちはこの組織を解体する」

光彦「も、もし僕たちが負けたら…?」

コナン「全員仲良く…地下帝国暮らしっ…!くっくっくっ…!」

光彦「…」

灰原「そこの三人は観客席に行ってもらうわ。通しをされると困るからね」

灰原「それじゃあ始めるわよ」



370 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:32:08.06 ID:b0i2mfvo0

コナン「それでは親を決めよう…」



東(親)…コナン 南…灰原 西…阿笠 北…光彦

コナン「決まったな。では卓につけ」



371 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:34:33.97 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 東一局 親:コナン〜

コナン「そらっ…!」サイコロ

コナン「博士の山からだな…」

光彦「…(山に細工するのは不可能…博士の山は博士がつくったものですからね)」

コナン「…よし、配り終わったな」

372 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:42:36.75 ID:b0i2mfvo0

ちょっとAAじゃ難しいんで、キャラクターの台詞から想像してください。申し訳ございません…。

373 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:44:15.81 ID:b0i2mfvo0

光彦「…(そこそこ…かな。もう一枚北が来れば役牌になる)」

光彦「(博士の方は…)」

阿笠「(悪い手じゃ…)」

光彦「(ここは見にはいった方がいいですかね…)」

374 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:49:09.80 ID:b0i2mfvo0

〜六巡後〜

光彦「!(北!これで役牌…でも、コナン君の表情が怪しい…ここはダマテンで行くか)」

光彦「(僕の捨牌からして、1索4索待ちは想像できないはず!ここは先手必勝!)」

灰原「…(混一色、役牌…これを和了るにはどうしたらいいか…)」

灰原「(光彦君の表情からして、彼はもうテンパってる…勝負に出るのはまだ早いわね)」

灰原「(…工藤君に任せるしかないわね)」

コナン「くっくっくっ…!」

光彦「な、何がおかしいんですか?」

コナン「いや…堅いなと思っただけだ…」

光彦「(聴牌がばれた?…でも、これは読めない)」

阿笠「(さっぱりじゃのう…)」

375 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:54:59.71 ID:b0i2mfvo0

コナン「それでは…俺もいくかっ…!リーチ!」5索

光彦「!」

灰原「(リーチっていうことは…なるほどね)」

光彦「(リーチしたなら和了牌じゃない限り必ず捨てる!あの捨牌からして染め手だ!)」

光彦「(萬子がこない限り大丈夫だ!)」

コナン「くっくっくっ…!」

灰原「…」北

光彦「!(カンか!?…ダメだ。裏ドラが危ない)」

阿笠「うむ…」西

光彦「…(5索。コナン君の河にあるから絶対に安牌!)」5索

コナン「…くっくっくっ…くっくっくっ…!!」

光彦「?(何だ、この笑いは…)」

376 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 14:59:32.03 ID:b0i2mfvo0

コナン「一発ツモっ…!!!」

光彦「!(一発ツモ…!なんていう豪運だ!)」

光彦「手は一体…」

バタッ

コナン「立直、一発、自模、混一色、一気通貫、役牌2…ドラ、裏ドラなし。倍満」

光彦「!」

コナン「8000オールっ…!!」ニタァ

阿笠「ぬうっ!?」

灰原「相変わらずね」

光彦「うう…(最初から大打撃…)」

377 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:02:12.69 ID:b0i2mfvo0

光彦「(よく見たら1索が飲み込まれてる…待ちは必然的に4索しかなかったわけか…)」

コナン「ドラが一個でも乗ればなぁ…くっくっくっ…!」

コナン「それでは気を取り直して次だ」


コナン…124000
灰原…92000
阿笠…92000
光彦…92000

378 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:03:53.25 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 東一局 親:コナン〜

コナン「そらっ…!」ビュッ

コナン「次の山は俺の山…」

光彦「(コナン君が積んだ山…あっちが有利になるかもしれない)」

379 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:07:07.01 ID:b0i2mfvo0

光彦「…(う…ゴミ手。博士にすべてを託すしかないかも)」

阿笠「(うむ、鳴けば役牌になるのぉ。速攻でいくか)」

灰原「(タンヤオぐらいね…速攻でいこうかしら)」

コナン「…」

380 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:14:52.44 ID:b0i2mfvo0

〜八巡後〜

光彦「…(相も変わらずゴミ手…和了りは諦めましょう)」

阿笠「(ほっほっほ。聴牌じゃわい。リーチするべきか…)」

阿笠「よし!リーチじゃ!」4萬

光彦「!博士!」

阿笠「わしの見せどころじゃわい!」

コナン「…」

灰原「(…さて、頼むわよ。工藤君)」

光彦「(とりあえず、安牌にしましょう)」九萬

コナン「…」チラ 七萬

灰原「チー」 北

381 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:15:56.59 ID:b0i2mfvo0

阿笠「…一発じゃないか」1索

光彦「…(二萬か…一萬が三枚死んでるし、三萬が全て死んでる。これは安牌かな?)」二萬

阿笠「あ、それロンじゃ」

光彦「あ…」

阿笠「役牌…ドラ、裏ドラなしじゃな。2600じゃ」

光彦「シャンポン…(読めないわけですね)」

コナン…124000
灰原…92000
阿笠…94600
光彦…89400

382 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:17:24.59 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 東二局 親:灰原〜

灰原「…」ビュッ!

灰原「博士の山ね」

光彦「(これからは速攻でもいいから和了らないと…)」

383 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:19:49.35 ID:b0i2mfvo0

光彦「…(!タンピン三色のイーシャンテン!…この点差だし、リーチをかけよう)」

阿笠「(うむ…国士無双なんてねらえないのぉ)」

灰原「(役牌、ドラ2…テンパったら…)」

コナン「くっくっくっ…!」

灰原「…(あっちは大丈夫そうね)」

384 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:26:41.77 ID:b0i2mfvo0

〜五巡後〜

光彦「!リーチ!(二萬、五萬、八萬の三面待ち!この捨牌からわかるわけない!)」東

灰原「…」チラ」

コナン「…」コク

灰原「カン!」

光彦「!(ま、まさか…!)」

灰原「…ツモ」

光彦「そ、そんな!」

灰原「嶺上開花、自模、役牌2、ドラ5…倍満。24000」

光彦「責任払い…」


コナン…124000
灰原…117000
阿笠…94600
光彦…64400

385 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:28:58.68 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 東二局 親:灰原〜

灰原「…」ビュッ

灰原「光彦君の山からね」

光彦「(だめだ…何でこんなに和了られてしまうんだ…!)」

光彦「(嶺上開花なんてねらってできる役じゃない…一体何で…)」

387 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:32:06.54 ID:b0i2mfvo0

光彦「…(…タンヤオの手。博士がいい手じゃない限り、博士に鳴かせてもらいましょう)」

阿笠「…(いい手じゃない…光彦君に鳴かせてあげよう)」

灰原「(駄目ね。工藤君の手しだい)」

コナン「…」

388 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:35:02.70 ID:b0i2mfvo0



光彦「チー」

光彦「ポン」

灰原「(…こんなに鳴かせるっていうことは…)」チラ

コナン「…」フルフル

灰原「(今回は和了らせるっていうことか。工藤君の手も悪いみたいだし)」

光彦「!ツモ!タンヤオ。300,500」


コナン…123700
灰原…116500
阿笠…94300
光彦…65500


389 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:37:34.94 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 東三局 親:阿笠〜

阿笠「ほれ!」ビュッ

阿笠「哀君の山からじゃ」

光彦「(ガン牌?でも見た目は普通だ…それならどうやって?)」

390 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:39:26.67 ID:b0i2mfvo0

光彦「…(タンヤオになれそうな手…ドラは1)」

阿笠「ふむ…(七対子かのぉ?)」

灰原「(一盃口、平和…それに行けそうね)」

コナン「…」

391 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:45:16.54 ID:b0i2mfvo0

〜十巡後〜

阿笠「ほっほっほ!リーチじゃ!」西

光彦「…(あの捨て方…変則的ですね)」西

コナン「(さあ、どうする?)くっくっくっ…」五萬

光彦「!(あれを鳴けたら聴牌!でも、八萬は博士に振りこまないとは限らない)」

光彦「(もしかしたらコナン君達に振るかもしれない)…ポン!」八萬

コナン「…」

光彦「よ、よかった…!」

コナン「…くっきっきっきっ!」ニタァ


392 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:46:35.62 ID:b0i2mfvo0

コナン「ツモだぁ!」

光彦「!」

コナン「三暗刻、三色同刻、ツモ…満貫。4000,2000」

光彦「な…」


コナン…132000
灰原…115000
阿笠…90600
光彦…62400


393 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:48:43.03 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 東四局 親:光彦〜

光彦「う、うう…(ここで流れを変えないと…)」ビュッ!

光彦「…博士の山からです」

光彦「(ここは連荘でもして、逆転の機会を稼ぐ!)」

394 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:53:25.85 ID:b0i2mfvo0

光彦「…(やった…これからのツモがいいと四暗刻!)」

阿笠「(どうやら光彦君の手がいいようじゃな…援護にまわるとするかのう)」

灰原「(あの表情…下手したら役満かもね)」

光彦「絶対に和了らなきゃ…」

コナン「く…くっくっくっ…ひっきっきっきっ…!!!」

光彦「!」

コナン「まさか…そこで逆転の女神がほほ笑むとはなぁ…!」

コナン「しかも四暗刻ときたものだ!」

光彦「!!?(ぼ、僕の手が読まれてる!!?)」

コナン「くっくっくっ…!!!ひっきっきっきっ…!!!」

395 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 15:58:06.51 ID:b0i2mfvo0

〜三巡後〜

光彦「…!(来た!しかも単騎待ちだからロンでもツモでもダブル役満!)」

光彦「(ここはダマテン…)」

コナン「…残念だが、その手は枯れている」

光彦「え?」

コナン「リーチっ…!」四萬

光彦「!(い、いや!まだ可能性は残されてる!それにブラフかもしれない!)」

光彦「絶対に和了ってみせる!」

灰原「…」四萬

阿笠「(…西か。河に二枚捨てられてるし…)」西

コナン「ロン!!!」

阿笠「ぬうっ!?」

396 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:02:45.39 ID:b0i2mfvo0

コナン「立直、役牌…裏ドラ3。満貫。8000っ…!」

阿笠「す、すまない光彦君…」

光彦「(…!僕の待ちの五萬がコナン君の所に暗刻だ!ま、まさかリーチをしたのは…これを見越していたから?)」

光彦「(一体どうやって僕の手を…)」


コナン…140000
灰原…115000
阿笠…82600
光彦…62400

397 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:13:22.79 ID:b0i2mfvo0

しかしコナン達の猛攻は止まらず…


〜半荘一回目 南一局 親:コナン〜

コナン「ツモ!混一色、一気通貫、立直、自模、役牌、ドラ3!三倍満!12000オール!」

コナン「ロン!立直、タンヤオ、三色同順、平和、一盃口、ドラ1に裏ドラ2!倍満!24000!」

灰原「ツモ。清一色、一気通貫、平和、自模、ドラ2。三倍満。12000,6000」


〜半荘一回目 南二局 親:灰原〜

灰原「ロン。役牌、ドラ3。満貫。12000」

灰原「ツモ。二盃口、平和、タンヤオ。満貫。4000オール」

灰原「ツモ。七対子、立直、一発、自模、ドラ2、裏ドラ2。倍満。8000オール」

光彦「…ツモ。対々子、役牌、ドラ2。満貫。2000,4000」

399 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:17:22.75 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 南三局 親:阿笠〜

灰原「ロン。タンヤオ、三色同順、一盃口、ドラ1。満貫。8000」


点差はつけられるばかりであった…

401 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:33:40.13 ID:b0i2mfvo0

〜半荘一回目 南四局 親:光彦〜

光彦「よし!これで逆転!!立直!!」西

コナン「ひっきっきっきっ…!!ツモ!」

光彦「!!」

コナン「…くっくっく…!ひっきっきっきっ…!!」

バッ!

コナン「四暗刻だぁ…!」ニタァ

光彦「そ、そんな…」


コナン…206000
灰原…171000
阿笠…6600
光彦…16400

403 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:40:02.27 ID:b0i2mfvo0

コナン「くっくっくっ…!どうした光彦君…?」

光彦「(おかしい…勝負をしようと思って切った手が当たり牌ばかりだ!)」

光彦「(しかも、あの二人の鳴きのせいで僕たちの和了りが消えてしまっている…)」

光彦「(どう考えてもガン牌!でもどうやって!?)」

阿笠「は、は…」

光彦「?」

阿笠「ハックション!!!」ブバッ!

光彦「うわぁあっ!!」

灰原「ちょっ、何するのよ!」

コナン「お、おれの眼鏡が!!!」

阿笠「す、すまんすまん…ほっほっほ…」

コナン「チッ…!今日の所はここまでだっ…!」

404 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:43:14.37 ID:b0i2mfvo0

光彦「?最後までやらないんですか?」

コナン「駄目だ!俺の眼鏡をこんなに汚しやがってっ…!」

光彦「(さっきまでもっとやりたそうにしていたのに、急にやめた?)」

阿笠「すまんのお…」

コナン「おい灰原!この眼鏡に異常はないか!?」

灰原「…まあ大丈夫よ。拭けば問題はないわ」

コナン「それならいい…」

光彦「?」

コナン「再戦は明日っ…!またここに来いっ…!」



405 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:46:54.16 ID:b0i2mfvo0

カイジ「大丈夫か光彦!?」

光彦「はい…でも、大分点差がついてしまいました」

歩美「何言ってんのよ!まだ負けが決まったわけじゃないでしょう!」

服部「せや!まだお前の力は引き出せるで!」

光彦「みんな…」

阿笠「しかし変な和了りじゃったのう…切らなければ和了れない手を切ったらロンされる…」

阿笠「ツモれると思ったら鳴きのせいでずらされるしのぉ」

光彦「何か怪しいことはありませんでしたか?」

カイジ「観客は普通だぜ。通しをやってる可能性はゼロ」

歩美「これに関しては保障できるわ。私たちの時みたいなサインもなかったし」

服部「観客のことは無視してもええで」

光彦「…」

406 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:50:50.92 ID:b0i2mfvo0

カイジ「…そういや、あのコナンっていうやつ変な動きしてたな」

光彦「変な動き?」

カイジ「いや、なんか眼鏡を何回も触ってたんだ…あいつ神経質なのか?」

光彦「…眼鏡を、触ってた…」



コナン「おい灰原!この眼鏡に異常はないか!?」

灰原「…まあ大丈夫よ。拭けば問題はないわ」

コナン「それならいい…」



光彦「…」

光彦「コナン君の眼鏡…そして、ガン牌…」

407 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:54:52.40 ID:b0i2mfvo0

光彦「…!」

歩美「!わかったの!?」

光彦「…なるほど…コナン君にしかできないトリックですね…」

服部「何や!トリックっちゅーのは!?」

光彦「その前に…カイジさん」

カイジ「何だ?」

光彦「ツバメ返しってできますか?」

カイジ「!ま、まさかお前…!」

光彦「あと、サイコロの目を操る方法も」

カイジ「…いいか?一夜で覚えられるかどうかはお前しだいだ」

カイジ「だから確実な方法とは言えない」

光彦「それでも、やるしかありません」

カイジ「…わかった。みっちり教え込んでやる!」

408 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 16:57:02.67 ID:b0i2mfvo0

光彦「博士!今からいうものを作れますか?」

阿笠「何じゃ?」

光彦「それは…」



阿笠「…なるほどのぉ。それがあるからあのイカサマが…」

光彦「二個作ってください。お願いします」

阿笠「任せるんじゃ!」

歩美「ちょっと!黙ってないで答えを言いなさいよ!」

服部「さっきから蚊帳の外やで!」

光彦「そうですね…では言います」



409 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 17:01:25.91 ID:b0i2mfvo0

光彦「…というわけです」

歩美「…ちょ、ちょっと待ってよ!」

服部「お前それは無茶やで!いくらあのコナンとはいえ、それはいくらなんでも…!」

光彦「でも、それはコナン君にしかできません」

歩美「で、でも…」

服部「…もしそうなら、あいつは頭がいいを通り越して化けもんやで…」

光彦「コナン君しかできないからこそ…です」

カイジ「よし光彦。これからみっちり特訓だ」

光彦「はい!」




〜江戸川麻雀前半 了〜

410 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 17:02:24.35 ID:b0i2mfvo0

お目汚し、失礼しました。後半は21:00から投稿します。
途中で思い至らぬ所が多々あり、申し訳ございませんでした。

415 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:05:48.58 ID:IdqvZLbW0

〜数か月前〜

コナン『おい灰原!聞いてくれ!』

灰原『何?何かあなたの好きな事件でも起きたの?』

コナン『バーロー!黒の組織のボスがわかったんだよ!』

灰原『!?な、何ですって!?』

コナン『鷲巣巌…昭和の怪物と言われた、現代社会の闇の王だ!』

灰原『確かに、彼なら日本警察から逃げおおせることができると思うけど…』

コナン『そしてこれを見てくれ。奴の会社、"共生"の記事だ』

灰原『「共生、薬物売買に関与か…」…!この薬物ってアポトキシン4869じゃない!』

コナン『ああ!お前が作ってた薬だよ!』

灰原『…でも、これからどうするの?』

コナン『安心しろ!あいつらは賭け事に関しては誠実だ。賭け事で勝って組織を解体させる!』

灰原『無茶よ!そんな運任せの方法なんて!』

コナン『だからよ、お前にもついてきてほしいんだ』

灰原『え?』

416 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:08:19.93 ID:IdqvZLbW0

コナン『お前なら背中を任せられる。頼む』

灰原『…』

灰原『…もう、あなたの頼みなんて断れるわけないじゃない』

コナン『!灰原!』

灰原『頑張りましょう。私達で』

コナン『おう!頑張ろうぜ灰原!!』

灰原『ええ!』



417 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:12:03.72 ID:IdqvZLbW0

利根川『ば、馬鹿な…!この私が…!カイジ以外に!!』

コナン『俺たちの勝ちだ、利根川!』



大槻『ぐ、こ、この俺が…!またしても…!』

コナン『はっ、最初から勝負は決まってたんだよ!』



一条『ま、また…俺は…兵藤以外に…』

コナン『…』



兵藤『ぐ…ぐううう…このわしがぁ…!』

コナン『くっくっくっ…!』




彼は闇に負けなかった。
…でも、飲み込まれていった。

418 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:17:51.13 ID:IdqvZLbW0

コナン『…ああ、あそこのカジノを拡大してくれ。…ああ、頼む』

灰原『工藤君…』

コナン『灰原か…クライアントの件はどうなった?』

灰原『お願い…お願いだから』

コナン『?』

灰原『お願いだからこんなことはやめて…!』

コナン『お前…俺のやっていることを悪だというのか?』

灰原『でも…』

コナン『いいか灰原。俺たちは組織を解体するためにここまでやったんだ。それがおかしいのか?』

灰原『何でこの組織を拡大させてるのよ!そんなことしたら元も子もないじゃない!』

コナン『鷲巣と戦う為にはこの組織を鷲巣の組織に匹敵するレベルにまで成長させなければならない』

コナン『あいつと会うためには立場が必要だ。それはわかってるはずだ』

灰原『だからってこんなこと許されないわよ!』

コナン『バーローっ…!』

灰原『!』

419 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:22:40.65 ID:IdqvZLbW0

コナン『俺がやっていることが間違っているのかっ…!?そんなわけないっ…!』

灰原『工藤君…』

コナン『それに、後が無い連中には助けになっている…その現実もある』

コナン『そのための犠牲は仕方あるまいっ…!』

灰原『…』

コナン『…!そうだ…少年探偵団の奴らも呼ぼう…』

灰原『え?』

コナン『あいつらと一緒に組織をぶっ壊してやる…だが、それだけでは面白くない』

コナン『光彦だ…あいつは頭も利くし、俺たちに賛同しないだろう…』

コナン『くっくっくっ…!くっくっくっ…!!』

灰原『…』


工藤君…どうして…あなたは…



420 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:26:10.79 ID:IdqvZLbW0

灰原「…」

コナン「おい、灰原」

灰原「…何?」

コナン「眼鏡の調整は終わったのか?」

灰原「ええ。汚れもないし、ちゃんと"作動"してるわよ」

コナン「全く…あのジジイ、余計なことをっ…!」

灰原「…」

コナン「あいつを倒したらこの地下帝国に一生…死ぬまで働かせる…」

コナン「地下帝国が、この組織を解体させる為の俺の国となるのだっ…!」

コナン「そうだろ?灰原」

灰原「…ええ」

コナン「くっくっくっ…!くっくっくっ…!!!」

421 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:27:17.86 ID:IdqvZLbW0

灰原「…(彼を止めることができるとしたら…光彦君。あなただけ)」

灰原「(彼を止めて…お願い)」



422 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:30:40.72 ID:IdqvZLbW0

〜翌日〜

カイジ「…光彦、あの技は出来るか?」

光彦「はい…大丈夫です」

カイジ「あの技を使うのは一回だけにしておけ。あの技は一回怪しまれるとばれる」

光彦「わかりました」

カイジ「サイコロも大丈夫だな?」

光彦「勿論です」

阿笠「眼鏡の準備も完了じゃ。二つできとるぞい!」

光彦「ありがとうございます」

423 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:33:11.12 ID:IdqvZLbW0

歩美「昨日は博士が相方だったけど、メンツはどうするの?」

服部「変えるか?」

光彦「うーん…」

1.変えない 2.変える(阿笠→歩美) 3.変える(阿笠→カイジ) 4.変える(阿笠→服部)


安価一個下

424 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 21:36:17.32 ID:KlhjNj4/o

4

425 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:37:55.28 ID:IdqvZLbW0

光彦「服部さん。お願いします」

服部「よっしゃ。あいつに負けん頭を見せたろやないか!」

光彦「はい!」

カイジ「それじゃあ行くぜ」

光彦「はい…」

歩美「さっさと勝つわよ」

阿笠「光彦君なら勝てるぞい」

服部「当たり前やん!」

光彦「行きましょう!」





426 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:40:54.28 ID:IdqvZLbW0

〜???〜

「「「「「「「ワーーーーー!!!!」」」」」」」

コナン「くっくっくっ…!よく来たなっ…!」

灰原「…」

光彦「コナン君…」

服部「工藤…」

コナン「前回の続き…ルールは同じだ」

コナン「さあ、席につけ…」

光彦「…」カチャ

コナン「…何だその眼鏡は?」

服部「お前と対等になれるアイテムや…コナン」

コナン「!(こいつら…いや、まさかな)」

427 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:43:00.76 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 東一局 親:コナン〜

コナン「今日がお前の最後の命日だっ…!」ビュッ!

コナン「…お前の山からだ、服部」

光彦「…(…やっぱり、そういうことでしたか)」

服部「(工藤にしかできへん事…やな)」

428 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:44:05.24 ID:IdqvZLbW0

光彦「…」

服部「…」

灰原「?(何か空気が違う…)」

コナン「(こいつら…全体の牌を見てやがる…!)」

429 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:49:00.27 ID:IdqvZLbW0

〜七巡後〜

光彦「リーチ!」

コナン「!(リーチ…だが、俺の和了りの方が早い!)リーチ!」

服部「はっ、目先の事に囚われるとはお前らしくないのぉ!ポン!」

コナン「!何!?」

光彦「…」2萬

コナン「(ま、待てよ…次の牌は…!)」

コナン「ぐ、ぐぅ…く…くそ!」北

光彦「ロンです!」

コナン「ぐうう…」

光彦「清一色、三暗刻、立直…裏ドラ2!三倍満!24000」

コナン「(やっぱり…こいつらぁっ…!)」


コナン…181000
灰原…171000
服部…6600
光彦…41400


431 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:51:41.24 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 東二局 親:灰原〜

灰原「…」ビュッ!

灰原「私の山からね」

灰原「(今の工藤君の振込…やっぱり…)」

432 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:53:57.67 ID:IdqvZLbW0

光彦「(混一色、一気通貫、ドラ2…イーシャンテン)」

服部「(こっちはゴミ手やな…光彦に和了らせるで)」

灰原「…(今日はまるで呪われてるみたいに…手が最悪)」

コナン「(くそ…灰原の分も作っておくべきだったかっ…)」

433 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 21:59:43.40 ID:IdqvZLbW0

〜九巡後〜

光彦「(よし!)リーチ!」

コナン「!」

服部「(よっしゃ…ええ感じやで)」

コナン「(鳴きずらしだ!)」2萬

灰原「チー」北

服部「(このままだと俺のところに当たり牌や…じゃが、それは予想済みや!)ポン!」

灰原「!」

服部「安牌や!」三萬

光彦「ツモ!」

光彦「混一色、一気通貫、立直、自模、ドラ2!倍満!4000,8000!」

灰原「(しまった…あっちも鳴きずらしを使うとは…)」


コナン…177000
灰原…163000
服部…2600
光彦…57400


434 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:00:54.66 ID:IdqvZLbW0

〜半荘2回目 東三局 親:服部〜

服部「そらっ!」ビュッ!

服部「光彦の山からや」

コナン「(次で和了らないと面倒だ…和了る!)」

435 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:02:59.14 ID:IdqvZLbW0

光彦「…」

服部「(ええで…)」

灰原「(ここは速攻…)」

コナン「(速攻だろうが、この局を変える)」

436 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:09:22.55 ID:IdqvZLbW0

〜十二巡後〜

光彦「リーチです!!」1萬

コナン「チッ…(だが…役牌聴牌っ…ここはダマテンっ…!)」発

服部「おっと、ロンや」

コナン「!!?」

服部「小三元、ドラ3、混一色…倍満。24000やで」

コナン「(しまった…光彦に気を取られ過ぎた…!)」


コナン…153000
灰原…163000
服部…27600
光彦…56400

437 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:10:51.31 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 東三局 親:服部〜

服部「いくで」ビュッ!

服部「お前の山からや、コナン」

灰原「(…この様子、私たちのイカサマがばれたようね)」

438 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:15:12.27 ID:IdqvZLbW0

〜六巡後〜

コナン「リーチ!」7索

灰原「…」1萬

服部「(鳴いても姉ちゃんに行くだけか…しゃーないのぉ)」三萬

光彦「ポン」九筒

コナン「チッ」南

灰原「…(ここは親流れ優先)」五萬

コナン「ロン。立直、タンヤオ、平和、ドラ2…満貫。8000」


コナン…161000
灰原…155000
服部…27600
光彦…56400




439 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:17:57.08 ID:IdqvZLbW0

〜半荘2回目 東四局 親:光彦〜

光彦「…」ビュッ!

光彦「服部さんの山からです」

灰原「(状況も悪くなるわけだわ…一人イカサマが二人イカサマに勝てるわけないもの)」

コナン「(いらつく…いらつくっ…!)」

440 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:24:55.85 ID:IdqvZLbW0

〜五巡後〜

服部「リーチや!」西

光彦「…」一萬

コナン「(?タンヤオ平和だけ?とりあえず安牌…)」東

光彦「!カン!」

コナン「!」

光彦「…ツモ」

光彦「四暗刻!48000!責任払いです」

コナン「!!(ま、まさか…リンシャン牌まで見たとは!!!)」


コナン…113000
灰原…155000
服部…26600
光彦…105400


441 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:26:14.69 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 東四局 親:光彦〜

光彦「…」ビュッ!

光彦「灰原さんの山からです」

灰原「(…本当に、彼はできるというの?)」

442 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:32:28.05 ID:IdqvZLbW0

〜三巡後〜

コナン「!(きたぞっ…!この国士で殺すっ…!)リーチ!」東

灰原「…(国士…か)」四萬

服部「!(テンパったけどまずいで…鳴きずらしができへん!)」

服部「(俺の和了り牌は姉ちゃんにとられる…その次の巡で工藤がツモるで!)」八筒

光彦「どうしたら…」八筒

コナン「さあ光彦っ…あともう少しで追撃完了っ…!四暗刻の仮を返すぜっ…!」二索

灰原「…(私は…私は…)」

コナン「(切れ…安牌だ!)」

光彦「灰原さん…」


灰原「…」西

コナン「…え?」

443 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:36:57.29 ID:IdqvZLbW0

服部「ろ、ロンや!」

服部「混一色、対々子、三暗刻、役牌、ドラ3…倍満で24000や!」

灰原「…」

コナン「何やってんだよ…何やってんだよ灰原ぁ!!!」

灰原「…」

コナン「チッ!一旦休憩だ!!」


コナン…112000
灰原…131000
服部…51600
光彦…105400



444 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:40:51.49 ID:IdqvZLbW0

灰原「…」

光彦「灰原さん…」

灰原「私…どうしたらいいの?」

光彦「え?」

灰原「教えて…」

光彦「それは簡単ですよ。灰原さんの思う通りに動けばいいんです」

灰原「…」

光彦「いいと思う事をやって、悪いと思う事はやらない。それでいいと思います」

灰原「いいと思う事をやって、悪いと思う事はやらない…」

光彦「はい」

灰原「…(今私がやっていることは…どっちなんだろう…)」



灰原『頑張りましょう。私達で』

コナン『おう!頑張ろうぜ灰原!!』



灰原「…」

445 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:44:07.15 ID:IdqvZLbW0

灰原「光彦君」

光彦「はい」

灰原「…私を、信じてくれる?」

光彦「勿論です」

光彦「だって、僕たち仲間じゃないですか!」

灰原「!」

光彦「ね?」

灰原「…(最初からわかってたわ…私がいいと思う事はこれだけなのよ)」

灰原「私と彼を止めてくれる?」

光彦「はい!」

446 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:47:49.01 ID:IdqvZLbW0

灰原「でも、さっきみたいな振込みはもう無理よ。次はもうないわ」

光彦「灰原さん…お願いがあるんです」

灰原「お願い?」

光彦「はい…」



灰原「…わかったわ。それなら私にもできる」

光彦「きっと、これからコナン君はもっと恐ろしい和了りを続けるはずです」

光彦「そのためにはこれしかないんです」

灰原「いいわ。それで彼を止められるなら」

光彦「お願いします!」

灰原「お願い。彼を止めて」



447 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:50:43.45 ID:IdqvZLbW0

コナン「頭は冷やしたか…」

灰原「…」

コナン「チッ…」

448 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 22:52:06.27 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 南一局 親:コナン〜

コナン「もう手加減はなしだっ…!」ビュッ!

コナン「俺の山だな…」

光彦「(ここからが勝負!覚悟を決めるんだ!)」

449 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:00:08.12 ID:IdqvZLbW0

〜五巡後〜

コナン「リーチ!」北

服部「(!あれは防げないで!)」

灰原「…」一萬

服部「くっ…」四索

光彦「…」五萬

コナン「一発ツモ!」

コナン「リーチ、一発、ツモ、タンヤオ、平和、一盃口、三色同順、ドラ2、裏ドラ1!三倍満12000オール!」

光彦「(早速きたか…)」


コナン…148000
灰原…119000
服部…39600
光彦…93400

450 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:10:09.86 ID:IdqvZLbW0

コナンの猛攻再びっ…!

コナン「ツモ!8000オール!」

コナン「ロン!24000!」

コナン「ツモ!4000オール!」

光彦「(もう止めないと…!)」

光彦「!来た!ツモ、4000,2000」

コナン「チッ…まあいい…」

再び点差は広がり始めた…


コナン…204000
灰原…105000
服部…25600
光彦…65400


451 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:11:35.82 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 南二局 親:灰原〜

灰原「…」ビュッ!

灰原「光彦君の山からね」

コナン「くっくっくっ…!」

452 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:15:10.77 ID:IdqvZLbW0

〜十三巡後〜

灰原「…(点差がひどい…光彦君達がいい手になるまで待たないと)」北

コナン「ロン」

灰原「!?」

コナン「対々和、ドラ3…8000」

灰原「(サインはなかったのに…)」

コナン「どうせ、こいつらがいい手になるまで時間稼ぎをしようと思ったんだろうが…」

灰原「…」

コナン「そんな計画見過ごさん。俺を虚仮にしやがって…バーローっ…!」

灰原「(光彦君…)」


コナン…212000
灰原…97000
服部…25600
光彦…65400

453 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:16:46.92 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 南三局 親:服部〜

服部「まだや…!」ビュッ!

服部「光彦の山からやな」

コナン「(くっくっくっ…もうあと二局しかないぜ…!)」


454 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:23:48.32 ID:IdqvZLbW0

〜五巡後〜

服部「!リーチや!」

光彦「…」北

コナン「(…灰原に鳴かせられるような手もない。ここは和了らせるか)」東

灰原「…」南

服部「ツモや!」

服部「立直、一発、ツモ、タンヤオ、平和、清一色…三倍満、12000オールや!」

コナン「それが最後の反撃だっ…!」


コナン…200000
灰原…85000
服部…61600
光彦…53400


455 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:25:14.91 ID:IdqvZLbW0

〜半荘二回目 南三局 親:服部〜

服部「まだいくで!」ビュッ!

服部「山はお前からや、コナン」

コナン「くっくっくっ…!」

456 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:33:43.84 ID:IdqvZLbW0

〜四巡後〜

コナン「リーチ!」西

灰原「!(鳴きずらしできないわ…)」一索

服部「チッ…!」八筒

光彦「…」五萬

コナン「一発ツモ!!!」

コナン「立直、一発、自模、タンヤオ、ドラ…2000,4000!」

コナン「くっくっくっ…くっくっくっ…!!!」

光彦「…」


コナン…208000
灰原…83000
服部…57600
光彦…51400



457 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:36:38.19 ID:IdqvZLbW0

コナン「くっくっくっ…!オーラスだぞっ…!光彦ぉっ…!」

光彦「…」

コナン「お前たちと俺たちの点差は…182000点差だ…」

コナン「もう諦めろっ…!くっくっくっくっ…!!!」

服部「光彦…」

灰原「(光彦君…)」

458 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:42:44.27 ID:IdqvZLbW0

〜オーラス〜

光彦「…」



カイジ『いいか光彦。自分が出したい目がある面を下にするんだ』

カイジ『そして、こうやって回転を加える』

カイジ『一回転半はこうやるんだ』



光彦「(出したい面を下にして…投げる!)」ビュッ!

カイジ「(いけ…光彦!)」

[・][‥]

光彦「(成功だ…)灰原さんの山からです」

カイジ「よし…!」

459 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:47:29.14 ID:IdqvZLbW0

光彦「…(…ここからが、最後の勝負)」



カイジ『いいか。この技はすべてのイカサマ技の中で最も難しい。だが、成功すれば最高の手になる』

カイジ『今回お前の席は客からみても死角だ。歩美によれば監視カメラのようなものはないようだ』

カイジ『この技が成功するかどうかはお前にかかる』



光彦「(僕にできるのか…こんな技が…)」


460 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:50:02.24 ID:IdqvZLbW0

歩美「光彦!!!」

光彦「!!!」

歩美「アンタなら行ける!!諦めんじゃないわよ!!!!」

歩美「私たちを信じるなら、私たちもアンタを信じるわ!!!」

阿笠「自分を信じるんじゃ!!!光彦君!!!!」

カイジ「お前ならいける!!!お前の力ならいける!!!!」

カイジ「お前の力を出し切れえええええ!!!!」

光彦「みんな…!」

461 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:53:12.35 ID:IdqvZLbW0

服部「せや!何を諦めとるんじゃ!」

服部「お前は一人やない!俺たちがついとるで!!!」

服部「俺たちをお前が変えたように、俺たちもお前を変えたる!!」

服部「男を見せんかい光彦!!!」

灰原「信じて…自分を!」

光彦「二人とも…」

コナン「くっくっくっ…!声援など、無意味っ…!」

光彦「…いえ、そんなことはありません!」

コナン「!」

光彦「僕は一人じゃない!みんなが僕の味方です!」

コナン「くだらないっ…!味方などっ…!!」

462 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:54:13.12 ID:IdqvZLbW0



カイジ『まずやることは、周囲の目を自分以外の所にそらすことだ』



光彦「…今です!」

灰原「!」

ガッ!!

コナン「!」

服部「!(来たで!!行け光彦!!!)」

463 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:55:23.79 ID:IdqvZLbW0



カイジ『次に、自分の前にある山を持つ!!』



光彦「!」ガッ!

464 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:56:24.49 ID:IdqvZLbW0



カイジ『山を自分の前に持ってくる!!』



ギュン!

465 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:57:18.46 ID:IdqvZLbW0



カイジ『山の上段を自分の手牌に乗せる!』



バッ!

466 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/27(火) 23:58:02.92 ID:IdqvZLbW0



カイジ『そしてできた山を前に戻す!!』



ギュン!

ガッ!

467 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:02:11.40 ID:sI/azn1U0

灰原「…ごめんなさい。ぶつかっちゃったわ」

コナン「チッ…さて光彦っ…!最後の局の始まりだっ…!」

コナン「俺の勝ちは決まっているがなっ…!」

光彦「…コナン君。一つ訂正があります」

コナン「?」

光彦「これはコナン君の勝ちじゃない…」

コナン「…!!!?ま、まさか!!!!?」

光彦「これは…」

コナン「そ、そんな…そんな馬鹿な!!!!?何故だ!!!!!?」


光彦「…僕の勝ちです」

468 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:05:56.37 ID:sI/azn1U0

光彦「ツモ!!!!」

光彦「天和、大四喜、四暗刻。トリプル役満。48000オール…」

服部「よっしゃあああああ!!!!」

灰原「…!!!!」

コナン「うそ、だ…こ、この…俺が…おれ、がぁっ…!!!!」


コナン…160000
灰原…35000
服部…9600
光彦…195400

結果:コナンチーム…195000
   光彦チーム…205000


光彦チームの勝ち

469 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:07:57.90 ID:sI/azn1U0

歩美「勝った…」

カイジ「勝ったぞ…」

阿笠「勝ったんじゃ…」

歩美「やったあああああああ!!!」

カイジ「よっしゃああああああ!!!!」

阿笠「ほっほっほっほっほっほ!!!!」

「「「「「「「「「ワーーーーーーーー!!!!」」」」」」」」

470 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:09:29.88 ID:sI/azn1U0

服部「よくやったのぉ光彦!!!お前は男の中の男じゃあああ!!!!」ガッ!

光彦「う、うわぁあ!!急に抱き着かないでくださいよぉ!!」

灰原「ふふふ…」

コナン「…」

471 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:13:15.74 ID:sI/azn1U0

コナン「…俺のイカサマを見破ったのは、昨日の時か」

光彦「…はい。博士がくしゃみをして、コナン君勝負をやめましたよね」

光彦「コナン君がこの勝負をそこまでして止める理由…それは一つです。イカサマに使う道具だったからでしょう」

コナン「…」

光彦「そう思った僕は、博士に頼んでコナン君と同じ眼鏡を作ってもらいました。今僕たちがかけているものです」

服部「まっさか、光彦の仮説が本当だったとはのぉ…」

光彦「でもそれしかありませんでした…コナン君がここまで牌を正確につかむのは」

光彦「"全ての牌に犯人追跡メガネ用発信機がついている"とね」

472 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:16:09.25 ID:sI/azn1U0

光彦「今日このメガネをつけて確信しました。全ての牌が丸わかりでした」

コナン「…チッ」

コナン「最後の和了り…あれはどういうことだ?」

コナン「灰原が卓を蹴った直前に見てたが、ゴミ手だったじゃねえか」

光彦「…ツバメ返しですよ」

コナン「!!」

光彦「正直、本番でいくとは思いませんでしたけどね…点差がまたつけられるだろうと思って会得しました」

コナン「…くっくっくっ…あっはっはっは!!!」

光彦「!」

コナン「光彦…お前天才だわ。俺を超えてるよ」

光彦「…」

473 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:17:58.03 ID:sI/azn1U0

コナン「あぁ〜あ…まさか、お前がここまでやるとは…信じられねえよ」

コナン「俺の組織はお前一人のせいでもうガタガタだよ」

光彦「…一人じゃありませんよ」

コナン「あ?」

光彦「みんながいたからです!」

474 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:19:16.84 ID:sI/azn1U0

歩美「よし!今日は飲むわよ!!!」

カイジ「よっしゃあ!!!爺さんのおごりな!!」

阿笠「もう勘弁してくれい!!」

服部「はっはっは!飲みまくるで!!!」

灰原「…」

コナン「…みんな、か」

475 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:23:30.28 ID:sI/azn1U0

灰原「工藤君…」

コナン「よせよ…俺はこんなに堕落しちまった。お前の気持ちを考えないで…」

コナン「鷲巣を倒すとか抜かしといて、俺は闇に飲まれてただけだった。光彦が現れるまで俺は怖かった」

コナン「俺を止めてくれ…いっつもそう思ってた」

灰原「…」

コナン「だからよ、もう俺の事はほっとけ…」

灰原「…本当に、馬鹿なんだから」

コナン「な、何!?」

灰原「私はあなたと仲間よ。少なくとも私はそう思ってる」

コナン「…そうだとしても、俺は」

476 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:26:52.01 ID:sI/azn1U0

灰原「もう無理しなくていいの。もう立ち止まっていいの」

コナン「え?」

灰原「あなたは頑張ったわ。闇に飲まれてまで戦ったじゃない」

灰原「黙って見てるだけだった私とは大違いよ」

コナン「…俺、は」

灰原「だから、ほら」サッ

灰原「帰りましょう。一緒に」

コナン「!」

477 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:28:18.75 ID:sI/azn1U0

コナン「ああ…帰ろう」

灰原「何泣いてんのよ」

コナン「な、泣いてねえよぉ!このバーローぉ!」

灰原「ふふふ…」

光彦「では行きましょう!二人とも!」

灰原「ええ!」

コナン「…おう!」

478 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:30:54.98 ID:sI/azn1U0

歩美「あ!コナン君!哀ちゃん!」

阿笠「ほっほっほ!やっと来おったか!」

服部「遅いで!」

カイジ「こいつらが最後だな?行くぜ!」

コナン「行くって…どこに」

歩美「飲みに行こう!じゃんじゃん飲みまくろう!」

阿笠「わしのおごりはもういいじゃろう…」

服部「何ほざいてんのや!爺さんがおごりの役割やろうが!」

カイジ「そうだそうだ!」

灰原「で、でも…」

コナン「俺たちはお前らに…」

479 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:32:56.61 ID:sI/azn1U0

歩美「それはこれ!さっさと行こう!」

阿笠「話を聞かんか!」

服部「俺と飲み比べや工藤!」

カイジ「お!それ俺も入る!」

コナン「お、おれ…俺っ…!」

灰原「…」

光彦「ほら!行きますよ!!」

480 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:33:48.90 ID:sI/azn1U0

コナン「…これが、仲間なんだな」

灰原「ええ。これが仲間よ」

コナン「…よし!飲みに行くか!」

灰原「そうね」

光彦「では行きましょう!」

481 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:37:06.89 ID:sI/azn1U0

コナン「博士のおごりだよな!」

阿笠「お前までやめい新一!」

灰原「いいじゃない。年長者なんだし」

阿笠「哀くんまで…」

カイジ「行くぜ!日が明けようが飲むんだからよ!」

歩美「よっしゃあああ!!行くわよおおお!!!」

服部「財布の中が空になるの覚悟しといてや!」

阿笠「そんなああ!!!!」

光彦「…楽しいです!」


こうして、僕たちの闘いは終わりました。



〜江戸川麻雀 了〜

486 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:42:36.02 ID:sI/azn1U0

〜エピローグ〜

あれから数日経ちました。

コナン君は組織を脱退、不正の証拠をFBIに持って行ったそうです。

FBIならコナン君の知り合いがいるそうですし、安心できるそうです。これであんな地獄が消えるといいですが…。

思ってみれば、あの船の勝負から全てが始まったんですね。そう考えると、長い日々だった気がします。

ちなみに、元太君と小林先生は地下帝国から解放され、二度とこんなことをはしないと改心をしました。

仲間が全員そろってこそ、僕たち少年探偵団ですから。


元太「よーし!少年探偵団、出動だー!」

「「「「「オー!」」」」」

さて、今日も少年探偵団出動です!



〜了〜

487 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 00:43:56.20 ID:sI/azn1U0

お目汚し、失礼しました。
こんな長編になるとは予想外でしたが、なんとかおさまったかな?
途中で見落としとか間違いがあって申し訳ございませんでした!ここまで見てくださり光栄です。
本当にありがとうございました。

495 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 01:47:39.93 ID:oGPUwV+Do

気が向いたら続編という感じで光彦VS鷲巣って感じの書いてほしいです

496 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/28(水) 01:54:42.72 ID:sI/azn1U0

>>495
了解しました。では光彦VS鷲巣で行きます。

499 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/29(木) 03:23:26.20 ID:Rd8o5AYD0

>>1です
諸事情があるので、金曜日の21:00からなら光彦VS鷲巣編を投稿できると思います。
※一回では終わりそうにないので、数回に分けての投稿になります。
新しいスレッドで投稿しますので、よろしくお願いします。
あと、今回の江戸川麻雀みたいな感じの書き方がちょっとあれかなって思った人はご意見をどうぞ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:竜宮レナ「圭一くんと付き合いたい」