和葉「誰としゃべってるん」アガサ「わしにもお迎えが来るようじゃ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:梨花「今週の分はこれでいいのですよ〜」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 22:52:55.36 ID:Zyf+d72V0

和葉「お迎え? どこから?」

アガサ「もちろん黄泉からじゃよ」

和葉「え? ちょっ、一大事やん!!」

アガサ「まあこれも仕方のないことじゃろう」

和葉「そんなこというても……いつ頃来るん?」

アガサ「今日中という話じゃな」

和葉「またえらく急やな。なんとか日にちずらせんの?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 22:57:23.02 ID:Zyf+d72V0

アガサ「うむ、交渉はしてみたが、無理みたいじゃの」

和葉「そんな……さびしくなるやん……」

アガサ「いいんじゃよ、そう言ってくれるだけでいいんじゃよ」

和葉「でも……」

アガサ「それより、めずらしいの。和葉くんが1人で来るなんてのぅ」

和葉「うん、蘭ちゃんの所に遊びに来たんよ。でも蘭ちゃんおらんの」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:03:13.02 ID:Zyf+d72V0

アガサ「アポなしで来るからじゃ……蘭君なら今頃ソマリアじゃよ」

和葉「またずいぶんと遠くにおるんやな」

アガサ「うむ、毛利探偵の所に殺人事件の調査依頼が来たらしくての」

和葉「そうなんか。海外羨ましいわぁ」

アガサ「ところでハトリ君はどうしたんじゃ?」

和葉「ああ、おらんよ」

アガサ「どうしたんじゃ?」

和葉「コナン君とハッテンがどうのって言ってハッテン言う所にいってもうた」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:08:08.06 ID:55sIV5J/0

アガサ「ほう、まさか新一とハトリ君がそういう関係じゃったとは」

和葉「ハッテンってなんなん?」

アガサ「うむ、一言でいうとブラックホール、かの」

和葉「ん??」

アガサ「宇宙の向こうにある神秘、じゃよ。人々をひきつけてやまない漆黒の穴じゃ」

和葉「ようわからんよ」

アガサ「ふむ、しかしうらやましいのぅ。わしも行きたかったわ」

和葉「ほんなら一緒に行こうか? 冥途の土産にうちとハッテンってとこいこ?」

アガサ「いや、遠慮しとく。おなごと行く場所ではないわい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:12:56.40 ID:4OCc1hE60

あら、ID変わった



和葉「そうなんか、残念や」

アガサ「ふむ、しかしお迎えが来るまで少々手持ち無沙汰じゃな」

和葉「何時ごろ博士は逝くん?」

アガサ「予定では16時くらいじゃな」

和葉「そっか、まだ結構時間あるんやね。そういえば哀ちゃんはどこへいったん?」

アガサ「哀クンなら少年探偵団のみんなと今頃沖縄じゃよ。キッド君が連れて行ってくれたようじゃな」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:15:56.29 ID:4OCc1hE60

和葉「はー、あいつもずいぶんと気前がええなぁ」

アガサ「まあ金は持っているんじゃないかの?」

和葉「世紀の怪盗やもんね」

アガサ「ところで和葉くん、いつまでここにおる気じゃ?」

和葉「うちもやることないし、ええよ。博士のこと看取ったる」

アガサ「そうか、それはありがたいのぅ」

和葉「でもな博士」

アガサ「何じゃ?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:20:17.63 ID:4OCc1hE60

和葉「なんで下半身裸なん?」

アガサ「おお、そうじゃった。妙にスースーすると思ったんじゃ」

和葉「そりゃ涼しいやろなぁ」

アガサ「今日も真夏日じゃし、和葉くんもやってみるかの?」

和葉「ぜったいいやや」

アガサ「残念じゃ。ハトリ君や新一は喜んでやっておったが」

和葉「ヘジみたいな変態と一緒にせんといて」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:24:12.17 ID:4OCc1hE60

アガサ「蘭君も普段はこの格好で買い物とかにいっとるぞ?」

和葉「え? そうなん?」

アガサ「うむ、じゃから和葉君も家の中で下半身裸になるくらい平気じゃろ」

和葉「……やっぱりいやや」

アガサ「みんなやっとるんじゃよ?」

和葉「……でも、うちには無理や……」

アガサ「残念じゃ。東京では常識なんじゃが」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:28:47.40 ID:4OCc1hE60

和葉「絶対うそやろ。お願いやから嘘や言うて」

アガサ「まあそれはのちのちわかるじゃろ」

和葉「で、博士は何をしとったん?」

アガサ「ああ、そうじゃったの。わしはのぅ」

和葉「うん、どないしたん?」

アガサ「尻子玉を探しておったんじゃ」

和葉「尻子玉?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:35:31.04 ID:+5BxyTUF0

アガサ「うむ、次の実験でどうしても必要じゃったから、鏡を使って探しておったんじゃが……そこに黄泉からの連絡じゃろ?」

和葉「ああ、なるほどな。まだ見つかってないん?」

アガサ「うむ、いささか体がかたくての。鏡を使ってるとはいえなかなかアナルをのぞけないんじゃ」

和葉「どうしても必要なん?」

アガサ「カレーライスの豚肉のようなものじゃの」

和葉「え? カレーには牛肉ちゃうん?」

アガサ「カレーには豚肉じゃろ、この売女」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:41:31.16 ID:+5BxyTUF0

和葉「うち、ずっと牛肉が常識やとおもっとったよ……」

アガサ「それは和葉くんの家だけじゃよ。どうせお好み焼きはおかずとかおもっとるんじゃろ」

和葉「それは普通のことやろ」

アガサ「ありえないじゃろ、この滋賀県民」

和葉「うち滋賀県民ちゃうよ!」

アガサ「同じようなもんじゃろ」

和葉「ちゃうよ、ぜんぜんちゃう!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:45:34.48 ID:+5BxyTUF0

アガサ「ひこにゃんひこにゃんいってればいいんじゃ」

和葉「ひこにゃんかわいいやん」

アガサ「ほれ、ひこにゃんの真似でもしとれ」

和葉「いやや! 何でうちがそんなこと」

アガサ「わし、生前最後の頼みじゃ……」

和葉「ううー。卑怯や……」

アガサ「頼む……わしに生前最後の思い出を」

和葉「にゃーにゃにゃにゃー///」てしてし

アガサ「実に浅はかじゃな。媚を売っているのが見えみえじゃ。あざといのぅ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:50:34.16 ID:BoNtVwpU0

和葉「真似しろいうたやん……」

アガサ「あーあ、和葉君のせいで滋賀県は関西から追い出されるんじゃろうなぁ」

和葉「うちのせい!? 滋賀が三重県みたいになってまうやん」

アガサ「三重は関西じゃないのか!」

和葉「ちゃうよ」

アガサ「ううむ……三重のご当地キャラは?」

和葉「……なんやろ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:55:08.07 ID:BoNtVwpU0

アガサ「あまてらすたん」

和葉「ちゃうやろ、きっと松坂牛タンとかや」

アガサ「伊勢ワンタン」

和葉「よつかいっちー」

アガサ「いがにん」

和葉「おかげぇさん」

アガサ「つ」

和葉「三重県すごいね」

アガサ「そうじゃな」

和葉「話進まんな」

アガサ「そうじゃな」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:58:23.60 ID:BoNtVwpU0

和葉「尻子玉どうしても必要なん?」

アガサ「うむ、必要なんじゃ」

和葉「なににつかうん?」

アガサ「わしの新しい発明が『平和的な爆弾』なんじゃが、ピタゴラスイッチ上どうしても必要なんじゃ」

和葉「そっか、なら探すの手伝ってあげようか」

アガサ「なに! いいのか!!」

和葉「だってそれ見つけないと完成しないんやろ。あかんよ、この世に未練残したら。化けて出ることになってまう」

アガサ「うむ、ありがたいのぅ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:04:28.51 ID:Zz4eFLy50

和葉「どうしたらええん?」

アガサ「じゃあわしのアナルに指を入れてくれんか?」

和葉「いやや」

アガサ「わしの生前最後のお願いじゃ」

和葉「うち最後のお願いや。それだけは堪忍して」

アガサ「でもそれじゃと見つけられんし」

和葉「ほんまに無理や」

アガサ「しかたないのぅ、じゃあ和葉君のアナルを見せてくれんか?」

和葉「はぁ!?」

アガサ「別にわしの尻子玉じゃなくてもいいわけじゃし、和葉君の尻子玉を拝借するわい」

和葉「い、いややいやや!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:09:30.96 ID:rEEOUrqC0

アガサ「わし、もうすぐ死ぬんじゃよ……最後に、わしの発明完成させたかったのぅ……
それに一度でいいからおなごのおめことアナルをみたかったのう。どうせ死んだら記憶も残らんのだし、
せめて生前に一度だけ。はぁぁぁ、無念じゃ。このままじゃ毎日和葉君の枕元に立つことになってしまいそうじゃのぅ……」

和葉「そ、そんなこというても……」

アガサ「たのむ、もう和葉君にしかこんなこと頼めんのじゃ!」

和葉「でも、うちそんな人前でアナル見せるなんて考えられへん……」

アガサ「そこを、そこをなんとか! 老いぼれの最後の頼みなんじゃ! この通りじゃ!!」がばぁ

和葉「そんな下半身裸のおっさんに土下座されても困る……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:13:28.10 ID:yAqdi+hO0

アガサ「頼む、見せてくれたらわしの遺産も黒の組織も哀クンも、全部和葉君に相続させる!」

和葉「いらんよ……」

アガサ「お、おねがいじゃぁぁぁ!!!」ぞぞぞぞぞぞぞ

和葉「や、やめてぇや! 土下座したまま迫ってこんといて!!」

和葉「ん? あれ、博士、お尻からなんか丸っこいもん見えとるで? 尻子玉ちゃう?」

アガサ「ん?」もぞもぞ。すぽん

和葉「ほら! 尻から水晶玉みたいの取れたやん! それが尻子玉やろ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:17:40.74 ID:yAqdi+hO0

アガサ「……」ぽい

アガサ「ちがったわい」

和葉「ぜったいそれ尻子玉やろ!」

アガサ「とにかく見せてくれ! たのむ!」

和葉「もう、無理なもんは無理なんや!!」

アガサ「そうか……」ふらふらふら

和葉「博士?」

アガサ「わし、死ぬ」

和葉「せやな、16時になったらお迎え来るな」

アガサ「いや、今死ぬ」

和葉「は?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:20:57.77 ID:yAqdi+hO0

アガサ「和葉君がオメコとアナルを見せてくれないと今死ぬ! ここで息止めて死んでやる!!」

和葉「ちょ! なにいうてん! 早まった真似したらあかん!!」

アガサ「ええい、止めてくれるな! わしは死ぬんじゃぁぁ!!」

和葉「あかんって! ほら、息しないとあかん! ちょっ、顔真っ赤になっとるから! 息せなあかんって!」

アガサ「……」ぷるぷるぷる

和葉「ああもうわかった! わかったから!」

アガサ「見せてくれるのか!?」

和葉「い、いやや」

アガサ「……」ぷるぷるぷる

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:25:58.41 ID:yAqdi+hO0

和葉「わかった、みせる! 見せる!」

アガサ「見せてくれるのか!!」

和葉「う、うぅぅ……」

アガサ「よし、それなら話は早い! そこに四つんばいになるんじゃ!」

和葉「ほんとに見せないとあかんの?」

アガサ「科学の未来のためじゃ!」

和葉「せ、せやけど……」

アガサ「勘違いするんじゃないぞ和葉君。わしは下心でオメコとアナルが見たいんじゃない。あくまで尻子玉を探すためじゃ」キリッ

和葉「ほんまに変なことせんって約束する?」

アガサ「大丈夫じゃ。わしを誰だとおもっとるんじゃ」

和葉「わ、わかった。アガサ博士やもんね。信じる……」

アガサ「うむ、では四つんばいになるんじゃ」

和葉「う、うん……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:29:38.18 ID:yAqdi+hO0

アガサ「うむ、スカートとはちょうどよいの。ではめくらせてもらうぞい」パサ

和葉「ひゃん!!」

アガサ「今日のパンツは……ほう、薄い桃色。桜色と言った方がいいかの。そして白い水玉入り。リボンだけは赤なんじゃな。生地は絹100パーセント」

和葉「か、解説はええから……」

アガサ「では御開帳といこうかの。一気にパンチーをひきずりおろすぞい」ガシ

和葉「う、うぅぅぅ〜〜〜……む、無理や! やっぱりむりやぁぁ!!!」ダッぶちぃ

アガサ「あっ、これ、動くんじゃない」

和葉「うちに触らんといてぇ!!」がん

アガサ「ごふぅ!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:33:12.44 ID:Bzgk0ZAV0

和葉「あ、ご、ごめん……でも、やっぱり、蘭ちゃんにも見せたことないんやもん。誰かに見せるなんてできへんよ……あれ、博士?」

アガサ「……」

和葉「なあ、冗談よしてぇや」ゆっさゆっさ

アガサ「……」

和葉「……」

アガサ「……」

和葉「やってもうた……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:36:33.71 ID:Bzgk0ZAV0

和葉「ど、どないしよ。とりあえずヘジに相談? む、むりや!
コナン君とハッテンにいる間は電話すんな言われとるし、蘭ちゃん、は海外や」

和葉「警察? 無理にきまっとるやん!」

和葉「せや! もしかしたら博士のお迎えが来たから死んだのかもしれん! 時間は……15時」

和葉「ちゃうやん……お迎えが来るのは16時やもん。やっぱりうちが殺したんやぁぁぁ」

和葉「は!! しかも16時になったらお迎えくる言うことは……逃げないとあかんやん!」

和葉「ど、どないしよ、死体隠したほうがええんかなぁ」

和葉「でも重そうやし。よし、こうなったら……とりあえず逃げる!」だっだっだ

ひらり

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:40:00.19 ID:Bzgk0ZAV0

そして

和葉「はぁ、はぁ、ここまでくれば大丈夫やろ……でもなんかスカートの中がスースーするわ。まさか」もぞもぞ

和葉「ない。なんでパンツないん」

和葉「きっと博士の家や。とりにもどらな……あかん、もう16時になるやん。お迎えがくるはずや」

和葉「でもどないしよ、うちのパンツが落ちとったらどうみてもうちが犯人やん」

和葉「あかん、もうどうしようもないわ」

和葉「ごめんな、みんな。うちもう捕まるんや」

和葉「うん……とりあえずパンツ買いにいこ」すたすたすた

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:46:22.93 ID:g+sg2N510

そのころ

アガサ「いたた、どうやら仮死状態になっていたようじゃな」

アガサ「はて、わしは直前まで誰かと話をしていたと思うんじゃが……さて」

アガサ「ううむ、まったく思い出せんわ。16時に誰かと約束をしている。直前まで誰かと話していた。尻子玉が何かに必要。うむむ、記憶が欠落しておるのぅ」

アガサ「む、そこに落ちているのは、さてはパンツじゃな!」

アガサ「どうやら女物じゃが、いったいだれの……」くんくん

アガサ「む、このどことなく感じる異国情緒ただよう香り……ハトリくんじゃな」にやり

アガサ「そうか、きっとわしは直前までハトリ君と話しておったんじゃな」

アガサ「とりあえずクラッチの部分は……おお、黄色く染みておるのぅ。ん、なんじゃろこのネバつく液体。ハトリ君め、さては我慢汁を垂れ流しておったな」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:48:33.45 ID:g+sg2N510

アガサ「まずい、想像したら興奮してきたわ。来客まで残り10分……一発抜けるかの」

アガサ「よし、こうしてはおれん! パンツをおかずにやってやるわい!!」

しこしこしこしこしこしこしこしこ

アガサ「ぬぅぅぅぅぅん! パンツを汚すわけにはいかんからな、精子が飛ばんように気をつけねば!!」

アガサ「来客まで残り30秒! いける! 間に合うぞぉぉぉ!!」

アガサ「フィニッシュじゃぁぁぁ!!」どっぴゅうぅぅぅぅぅ

アガサ「うぅ!?」

アガサ「うっ、うぅ……し、心臓が……そうか、思い出したわい、わしへの客は、
おむ、かえ……パンツの、持ち主は、ハトリ、くん……ではなく……ならば、尻子玉に……」バタリ

こうしてアガサ博士は力尽きた。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:53:47.93 ID:hauX1WDt0

和葉「結局戻ってきてもうた、博士生きかえっとらんかなぁ」

和葉「はかせー?」

和葉「あ、うちが逃げたときと体勢かわっとるやん! なんやー、生きとったんやん! にしてもこの部屋イカくさいわぁ」

和葉「換気せな」がらら

びゅおぉぉぉぉ

和葉「あかん! うちのパンツが風に……よかった、ドアに引っかかったわ」

和葉「先にひろっとこ」すたすた

どしぃぃん

和葉「きゃっ!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 00:58:14.69 ID:TWeiHezH0

和葉「なんや、なんでこんなところに水晶玉が落ちとるんや……ってこれ博士の尻子玉やん! きたな!!」

ひゅうう、どしん

尻子玉「いたっ!!」

和葉「尻子玉がしゃべった!?」

尻子玉「痛いのぅ、わしじゃよわし、アガサじゃよ」

和葉「え? ほんまに博士なん?」

尻子玉「そうじゃよ? ハトリ君に見えるかの?」

和葉「いや、博士にも見えんよ」

尻子玉「見る目がないのぅ、これじゃからおぼこはだめなんじゃ、このマンカス、売女」

和葉「……ひどい」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:04:15.30 ID:knuazknz0

尻子玉「せっかくわしが和葉君に会いにきたというのに……」

和葉「そもそも死んだんやないん?」

尻子玉「どうやら尻子玉にわずかながら魂が移っていたようじゃな」

和葉「ということは?」

尻子玉「うむ、おそらくあと数十分の命じゃ」

和葉「……よかったわ」

尻子玉「なにか言ったかの?」

和葉「いや、なにもいうてないよ」

尻子玉「そうかの。さて、ここでひとつお願いがあるんじゃがいいかの?」

和葉「なんなん?」

尻子玉「わしを思いっきり投げてくれんか?」

和葉「いやや、なんか触りたない」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:07:59.18 ID:iZqZ1UDX0

尻子玉「大丈夫じゃよ、綺麗なもんじゃ」

和葉「ぜったい汚いやん」

尻子玉「わし最後のお願いじゃ」

和葉「もうそれはええって」

尻子玉「さっき和葉くんに殴られたとき、痛かったのぅ」

和葉「あう……」

尻子玉「投げてくれんかの?」

和葉「うぅ……投げんと化けて出る?」

尻子玉「かもしれんの」

和葉「うぅ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:11:46.62 ID:iZqZ1UDX0

尻子玉「投げてくれんかの?」

和葉「しゃあないなぁ……」

尻子玉「うむ、最初から素直になればいいんじゃ」

和葉「なんかその態度腹立つわぁ」

尻子玉「ほれ、早く、早く投げるんじゃ」

和葉「どっちの方向になげたらええん?」

尻子玉「大阪じゃ」

和葉「間違いなく届かんよ?」

尻子玉「大丈夫じゃ、そこにあるスイッチを押してくれんか?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:14:57.60 ID:NCaACupI0

和葉「これ?」ぽち

和葉「なんのスイッチなん?」

尻子玉「光彦君の尻子玉が爆発するスイッチじゃ」

和葉「あらぁ……」

尻子玉「じゃがこれで大阪まで行けるはずじゃ!」

和葉「ほんま? まあもうなんでもええわ。飽きてきたし」

尻子玉「ほれ、はやくはやく」

和葉「ほな行くで!」

尻子玉「うむ」

和葉「えい!!」

びゅん

尻子玉「ほほーう」どっぴゅう

こうしてアガサ博士は大阪まで旅立った。いったいナニをしに大阪に行ったのかわからんけど。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:21:25.52 ID:knuazknz0

数日後

和葉「はぁ、だれも帰って来んなぁ。いい加減博士の家で遊ぶのも飽きてもうたよ。一通りの発明品で遊んでみたし……暇や暇やぁ!!」

和葉「だれか遊びに来ないかなぁ」

尻子玉「暇そうじゃな」ころころ

和葉「博士やん! 帰ってきたん? というか生きとったん?」

尻子玉「うむ、大阪でハトリ君と新一とともにハッテンしてきたんじゃ」

和葉「なんやヘジとコナン君と一緒やったんか。ええなぁ、うちもハッテン行ってみたかったわぁ」

尻子玉「和葉くんにはまだ早いのぅ」

和葉「そんなことないよ! うち大人やもん」

尻子玉「大人ならばこんなに用途不明のスイッチを押したりせん」

和葉「だって、暇やったんやもん……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:27:07.09 ID:PPLZYZks0

尻子玉「ああ、いったいどれほどの光彦君が犠牲になったのかのぅ」

和葉「え、これ光彦君が犠牲になるスイッチだったん?」

尻子玉「8割方」

和葉「悪いことしたなぁ、今度菓子折持って謝ってくるわ」

尻子玉「まあええじゃろ」

和葉「そんなもんかなぁ」

尻子玉「うむ、様式美じゃよ」

和葉「そうなんか」

尻子玉「そんなことよりわしをアナルに入れてくれんか? やっぱりこの格好じゃとアナルにいないと不安なんじゃ」

和葉「絶対嫌や!!!」

こうして光彦くんは世界から消えさったらしいで!

尻子玉「和葉くんは一体いつまでいる気なんじゃ……」

みんなもわけのわからんスイッチは押さんようにな!



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:28:29.82 ID:PPLZYZks0

くう疲。
だめだ、オチ思いつかんかったからこれで完。
やっぱり書きためないとぐだるね。

読んでくれた方、ありがとうございました。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/11(日) 01:29:08.20 ID:PPLZYZks0

それとID変わりまくりでごめんなさいね。なんでだろ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「あー、ハルヒからあげにして食いてぇ〜」