古泉「長門さんに告白されたのですが・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしキョンが人の心を読めるようになったら

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 04:31:32.46 ID:OFSrELdj0

キョン「何?」

古泉「先ほど呼び出されて、恋人になってほしいといわれたんです」

キョン「長門がそんなことをいったのか?」

古泉「はい」

キョン(どういうことだ、あいつは俺の事を好きなんじゃなかったのか?)

古泉「ですから、その・・・僕も男ですし、彼女のようなかわいらしい女性にそういう事を言われたら嬉しいもので」

キョン「あいつは人間じゃないんだぞ!?」

古泉「でも、あんなに可愛いんですよ?」

キョン「機関は何て言ってるんだ?問題あるだろ?」

古泉「いえ、機関もこの件に関しては黙認してくれるそうで」

キョン(ふざけやがって、絶対にそんなことはさせんぞ)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 04:31:40.00 ID:OFSrELdj0

キョン「おい長門、話があるんだが」

長門「何?」

キョン「お前、古泉に付き合ってほしいと言ったんだろ?」

長門「言った」

キョン「本気か?」

長門「そう」

キョン「・・・お前、古泉の事が好きなのか?」

長門「男女の恋愛に興味が湧いてきたので、一番手ごろな相手が古泉一樹だっただけ」

キョン「俺はどうなんだ?俺の事は好きなんだろ?」

長門「・・・」

キョン「古泉と付き合うのは止めろ、な?」

長門「・・・わかった」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 04:31:43.00 ID:OFSrELdj0

古泉「あの・・・この前の返事はOKです、こんな僕でよかったら」

長門「その話はなかったことにしてほしい」

古泉「どっどういう事ですか?」

長門「この前の告白はなかったことにして欲しい」

古泉「どうしてですか?」

長門「気が変わっただけ」

古泉「そんな・・・酷い・・・」

長門「・・・」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 04:31:44.00 ID:OFSrELdj0

長門「断ってきた」

キョン「そうか、よしよし」

長門「・・・」

キョン「ん、なんだ?」

長門「私は告白を反故にしてきた、それもあなたのため」

キョン「だからなんだ?」

長門「だから周りに気づかれない範囲で恋人として関係を築きたい」

キョン「それは無理だ、ハルヒに知られたら問題あるだろ?」

長門「しかし・・・」

キョン「ほら、今まで通りでいいだろ?」

長門「・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 04:31:47.00 ID:OFSrELdj0





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「料理を作るわ!」