リツコ「童貞のままではエヴァとのシンクロ率に限界がくるのよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋「あはははは妊娠したにょろ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/07/29(月) 21:33:30.74 ID:nBHbDC610

シンジ「そうなんですか?」

リツコ「そうよ、だからシンジくん早めに童貞を捨てておいて頂戴」

シンジ「え・・・でも」

リツコ「どうしたの?」

シンジ「相手がいるわけないじゃないですか」

リツコ「あなた、まさか私がセックスさせてくれるとか思って無いでしょうね?」

シンジ「・・・」

リツコ「私はそこまで面倒は見ないわ、あなたの周りには若い女の子がたくさんいるんだから、その子達にお願いしなさい、誰とはいわないけど」

シンジ「・・・はい」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:36:14.05 ID:nBHbDC610

シンジ「・・・あの、綾波」

レイ「何?」

シンジ「お願いがあるんだけど・・・」

レイ「別に構わないわ、言ってみて」

シンジ「セックスしてほしいんだけど」

レイ「・・・」

シンジ「これは冗談とかじゃなくて、エヴァのシンクロ率のために」

レイ「もう二度と話しかけないで」

シンジ「綾波・・・」

レイ「・・・」

シンジ「ごめん・・・」

レイ「・・・」

シンジ(無死かよ)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:37:46.37 ID:nBHbDC610

シンジ「はぁ・・・あれは流石にショックだな」

マヤ「どうしたのシンジくん」

シンジ「マヤさん・・・ちょっといやなことがありまして」

マヤ「人間生きてるといやなことなんて合うものよ」

シンジ「でもこれは特殊なケースというかなんというか」

マヤ「どうしたの?お姉さんにはなしてみなさい!」

シンジ「実はセックスしたいんですけど」

マヤ「不潔」

シンジ「いえ、これはエヴァのシンクロ率のために」

マヤ「・・・不潔」

シンジ「・・・」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:41:02.73 ID:nBHbDC610

シンジ「ただいま・・・」

ミサト「おかえりなさい」

シンジ「あれ、どうしているんですか?」

ミサト「今日の仕事は早く終わったのよ、その代わり明日出張だけどね」

シンジ「そうですか」

ミサト「久しぶりにシンジくんとの時間が取れたから、何か私にしてほしい事があったら言ってみて」

シンジ「でも・・・」

ミサト「遠慮しないの、それとも私じゃ頼りない?」

シンジ「・・・わかりました、ミサトさん、セックスさせてください!」

ミサト「・・・あのねシンジくん、私達は仲良くやってるわ、私達とアスカと三人で一緒にくらしてるけど、これって家族なのよ」

シンジ「はぁ」

ミサト「だから家族とはそういう行為はしないものよ、シンジくんもそういう事に興味がある年齢だろうけどね」

シンジ「ダメなんですか?」

ミサト「まぁ結論から言うとそうね、でもあなたの事を嫌いってわけじゃないのよ、私達は家族だから」

シンジ「はい・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:44:05.09 ID:nBHbDC610

翌日

アスカ「今日もミサトがいないから、何かご馳走食べない?」

シンジ「うん・・・」

アスカ「あんた元気ないけどどうしたの?」

シンジ「ちょっといろいろあってね」

アスカ「どんな悩み?」

シンジ「アスカに言える事じゃないよ」

アスカ「何よ、私に言えない悩みってなんなの?」

シンジ「そういう悩みだよ!」

アスカ「どういう悩みか言えって言ってるのよバカシンジ!」

シンジ「誰かとセックスしないといけないんだよ!でも誰もしてくれないんだよ!」

アスカ「・・・」

シンジ「アスカが言えっていったんだろ?」

アスカ「ごめん・・・でも、なんで私にはその事相談してくれなかったの?私ならその相談に乗ってもいいんだけど」

シンジ「え?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:45:33.28 ID:nBHbDC610

シンジ「それって、いいってこと?」

アスカ「そうよ」

シンジ「いいってことは、その・・・僕とエッチしてもいいってこと?」

アスカ「そうって言ってるでしょ!」

シンジ「セックスだよ?」

アスカ「わかってるわよ!何度も言わないでよはずかしイじゃない!」

シンジ(これってもしかして・・・)

アスカ「・・・ミサトもいないし、今からでもいいんだけど」

シンジ「・・・」

アスカ「今からしようっていってるのよ!返事しなさい!」

シンジ「うっうん、するよ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:47:39.67 ID:nBHbDC610

アスカ「・・・なにジロジロみてるのよ」

シンジ「アスカの裸みるの初めてだから・・・」

アスカ「・・・で?」

シンジ「え?」

アスカ「何か感想あるでしょ?」

シンジ「・・・とっても綺麗だよ」

アスカ「なっ何いうのよ!」

シンジ「だってそう思ったから・・・」

アスカ「・・・本当?」

シンジ「うん、アスカの裸とっても綺麗だよ」

アスカ「嬉しい・・・でも、他にいう事あるでしょ?」

シンジ「・・・うん、アスカって男の子だったんだね」

アスカ「そうよ、いや?」

シンジ「嫌じゃないよ、アスカは男でもアスカだし、どんな女の子よりも可愛いよ」

アスカ「シンジったら・・・じゃっじゃあ私の部屋のベッドでしましょう」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:54:35.41 ID:nBHbDC610

シンジ「アスカ・・・」

アスカ「何よ」

シンジ「勃起してるね」

アスカ「あんたも勃起してるじゃない!」

シンジ「ねぇ、舐めてもいい?」

アスカ「・・・いいわよ」

シンジ「じゃあ舐めるね」

アスカ「ちょっとまって、私も舐める!」

シンジ「じゃあ舐めっこしようか?」

アスカ「先にいったほうが罰ゲームだからね」

シンジ「負けないよ」

アスカ「私だって」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/29(月) 21:56:58.09 ID:nBHbDC610

リツコ「すごい・・・シンクロ率が前回より40%もあがってるわ」

マヤ「この数値なら次の使途との戦いが大分楽になります」

リツコ「・・・でも変ね、アスカのシンクロ率も高くなってるわ」

マヤ「どうしてでしょうか?」

リツコ「わからないけど、二人とも高い数値を出してる事は確かよ」

マヤ「そうですね」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ニキビは潰した方が早く治る」