シンジ「ミサトさんがお酒やめないなら僕はこの家から出て行きます」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、妊娠しちゃった・・・どうしよう?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 00:52:02.93 ID:Aak9LUMt0

コンコン

シンジ「ミサトさん、朝ですよ起きてください」 コンコン

ミサト「がー、がー…」

シンジ「相変わらずうるさいイビキだなぁ…ミサトさん」 コンコン

シンジ「ミサトさん」 コンコンコンコン

シンジ「…もう、いい加減自分で起きられるようになってくれないかな…
     ミサトさん、開けますよ」

ガラッ

シンジ「うぅっ!?」

シンジ「くっさ!!!」

シンジ「これはまさか……」

ミサト「がー、がー」

シンジ「やっぱり……寝ゲロしてる…」

ミサト「がー、がー」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:01:42.30 ID:Aak9LUMt0

シンジ「うぅっ…またこのシーツ僕が洗わなきゃいけないのか…」

ミサト「がー、がー」

シンジ「昨日僕が作った夕食ほとんど出てる…
     くそっ、朝から嫌なもの見ちゃったよ…」

ガラッ

アスカ「ふわぁ…ぁ」

シンジ「あ、おはようアスカ」

アスカ「んー。
     あたしシャワー浴びてくるからご飯並べといて」

シンジ「う、うん…」

アスカ「なに、またミサトが起きないわけ?
     もういい加減蹴りでも…臭っ!!」

アスカ「な、なによこの臭い!まさか!?」

シンジ「ご覧の通りだよ…」

ミサト「がー、がー」 ゲロマミレ

アスカ「うっ……あ、あたしやっぱり今日朝ご飯いらない…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:08:26.65 ID:Aak9LUMt0

シンジ「まあ、そんなわけだから…今日ちょっと遅刻していくよ…はぁ」

アスカ「もう!いい加減放っておきなさいよ
     だからミサトいつまで経っても懲りないのよ」

シンジ「そうは言っても…こんな汚物放置したまま学校なんて気になって行けないよ」

ミサト「がー、がー」

アスカ「い、言っとくけどそのシーツとあたしのもの一緒に洗わないでよ!?」

シンジ「わかってるよ…」

ミサト「がー、がー」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:15:59.31 ID:Aak9LUMt0

・・・2時間後

ミサト「ほんっとごめん!」

シンジ「いいですよもう…」

ミサト「いやー、今日有給だからって昨夜飲み過ぎちゃったわタハハ」

シンジ「もうお願いだから飲み過ぎないようにしてくださいね」

ミサト「わかってるってー、まかせんしゃい」

シンジ「…布団はなんとか無事でしたけど、枕は中まで染みちゃってたので捨てましたから。
     シーツと枕カバーは乾いたら自分で取り込ん…」

プシュ!

シンジ「!?」

ミサト「ぷはー」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:21:25.49 ID:Aak9LUMt0

シンジ「な!?言ったそばから何飲んでるんですか!」

ミサト「飲みすぎた次の日は迎え酒って言ってね、これが一番効くのよん」 ゴクゴク

シンジ「や、やめてください!」

ミサト「酔い覚ましの為のお酒なんだってばー
    ノーカン、ノーカン、これ1本だけだから」 ゴクゴク

ミサト「ぷっはー!」

シンジ「もう!知りませんからね僕!学校行ってきます!」

プシュン



・・・翌朝・・・


ミサト「がー、がー」 ゲロマミレ

シンジ「……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:28:11.65 ID:Aak9LUMt0

ミサト「がー、がー」 ゲロマミレ

シンジ「……」

アスカ「…どうすんのよアンタ、今日も学校遅刻していくわけ?」

シンジ「…いや、いいよ、もう」

アスカ「だから最初っから放っておきなさいて言ってたじゃない」

アスカ「さ、学校行くわよ」

シンジ「いや、僕は今日休むよ…」

アスカ「は?」

シンジ「引っ越すよ」

アスカ「はぁ!?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:31:29.22 ID:Aak9LUMt0

アスカ「な、なに言ってんのよ?」

シンジ「昨日も言ったじゃないか、家にこんな汚物あったら気になって仕方ないよ」

アスカ「だからってなんでアンタが引っ越すのよ!?
     放っておけばミサトが自分で掃除するわよ」

シンジ「しないよ、絶対。
     ミサトさんはそのままゲロまみれの布団を使い続ける人だ」

シンジ「ゲロのある場所で生活なんて出来ないよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:40:06.68 ID:Aak9LUMt0

アスカ「引っ越すったって、どこに行くつもりなのよ」

ミサト「がー、がー」 ゲロマミレ

シンジ「ネルフの宿舎でも用意してもらうよ…
     できなかったら野宿でもいい…僕はもうここにいたくないんだ…」

アスカ「ちょ、ちょっと早まるんじゃないわよ!
     安心しなさい!あたしが今夜ビシッ!!と言ってやるから!」

シンジ「無理だと思うけど……
     ミサトさんに酒飲むなだなんて、息するなって言ってるようなもんだよ」

アスカ「いいから!今日はとりあえず学校行くわよ!
     帰ってきたらミサトが自分で片付けてるかもしれないし」

シンジ(それは絶対無いよ…)

ミサト「がー、がー」 ゲロマミレ

アスカ「行きましょ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 01:54:05.41 ID:Aak9LUMt0

…帰宅、ドアの前…

シンジ「…なんかドア開けるのが怖いよ」

アスカ「大丈夫だってば、さすがのミサトだってゲロ放置なんてしないわよ」

プシュン

シンジ「ただい…うっ!」

アスカ「こ、この臭い…!」

シンジ「だ、だから言ったじゃないか……」

アスカ「け、けどなんだってミサトの部屋に留まらず
     玄関で既にこの臭いなのよっ……」

シンジ「ミ、ミサトさん…部屋の戸が開けっ放しだ…
     とりあえず仕事には行けたみたいだけど…」

アスカ「うぐっ…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 02:02:38.04 ID:Aak9LUMt0

・・・居間・・・

シンジ「…ゲロシャツをこんな場所に放置して…家中臭うわけだよ…」

シンジ「何時に起きたか知らないけど…よっぽど急いでたみたいだね」

アスカ「うぅっ…あたしももらいゲロしそう…」

プシュン

アスカ「あ!ミ、ミサトが帰ってきたわよ!」

アスカ「ちょっとミサ…」

ミサト「シンジくん!!」

シンジ「ミサトさん…」

ミサト「どうして朝起こしてくれなかったのよ!!?」

シンジ「え?」

ミサト「おかげで散々怒られちゃったのよ!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/16(火) 02:10:39.35 ID:Aak9LUMt0

寝る



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネ夫「安価でのび太をいじめる」