綾波レイ「碇君。胸を大きくするために、揉んで欲しいの」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン・日向「声が同じ!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 01:12:50.65 ID:jLler+8X0

シンジ「むね……!? 急になに言ってんだよ綾波っ」

レイ「大きいほうが碇君の好みだと思って。違うの?」

シンジ「い、いやその。違うってわけじゃないけど……そうじゃなくて!」

シンジ(第一、今でも充分おおきいと思う、し……)

レイ「?」フルン

シンジ「ゴク……ムリ! 僕にはムリだよ!」



レイ(碇君、行ってしまった)

カヲル「やあ。こんにちはレイ」

レイ「フィフス……ちょうどいいところに。碇君のために協力して欲しいの」

カヲル「シンジ君のため? 僕にできることなら、なんなりと」

レイ「豊胸のために、私の胸を揉んで。大きくなれば碇君はきっと喜んでくれるわ」

カヲル「分かった」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 02:16:03.62 ID:DQlZHAif0

もみもみもみもみ

レイ「…」

もみもみもみもみ

レイ「…」

もみもみもみもみ……くにゅっ

レイ「……ン」

もみもみもみもみ、むにむにむにむに

レイ「……ぅ……ん」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 02:17:41.91 ID:DQlZHAif0

カヲル「感じたなら、声を我慢しないで。レイ」

レイ「性的な官能のことなら、感じてなんていないわ」

カヲル「いいかい? 胸を弄られて大きくなるとしたら、女性ホルモンの分泌が原因だ」

カヲル「だから、素直に快楽を呼び覚ましてしまったほうがおそらく効果が高い」

レイ「…」

カヲル「シンジ君のためだよ」

レイ(碇君のため……)

もみもみもみもみ

レイ「…ぁ、ぁ……ふぁ、ぁっ」

カヲル「そう、そうやって受け入れて。官能に心を解放するんだ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 02:29:03.04 ID:DQlZHAif0

レイ「く………ぁぁ……」

カヲル「その調子だよ。けれどまだ、躊躇いがあるね」

カヲル「仕方ない……もう少し、君に与える刺激を強くしてあげる」

ぐにゅ

レイ「!? ああっん!」

カヲル「驚いたかい? 君は以前、わずかだけ体験したはずだよ。『侵食』してるんだ」

レイ「や…やめっ」

カヲル「大丈夫。僕は現状、ネルフの一員だからね……快楽をもたらす以上の侵食はしないよ」

ぐにゅっ

レイ「ひぃう!」

カヲル「さあ、続きをしよう」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 02:45:28.32 ID:DQlZHAif0

もにゅもにゅもにゅ

レイ「あ! んぁう! イヤ、あはぁ!」

カヲル「綾波レイ…君でもそんな声が出せるんだね。こうして、侵食されながら胸をもまれるだけで」

もにゅもにゅもにゅ

レイ「ひぅ! あぁ! あぁんン!」

カヲル「キモチいいかい? 人ならざる者だけが生み出せる、心を閉ざしても抗うことのできない快楽だよ」

カヲル「そう……どうせ無意味なのだから、抵抗するのはやめて」

レイ「ああっ! だめっ、ぁ、ああぁ!!」

カヲル「心身を委ねるんだ。今以上に美しくなって、シンジ君に見てもらうために」

レイ(いかりく……ため……)

レイ「あ〜〜〜〜〜〜〜〜……」

レイ「きもひ、ぃぃ、ああああ!!」

カヲル「そうして蕩けるといい。僕も、応えて今からは本気でしてあげる」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 02:53:20.29 ID:DQlZHAif0

むぎゅっ

レイ「イッッ!?」

ぐにっ

レイ「あ、あ゛!!?」

にゅむんっ

レイ「っーーーー!!?」

カヲル「どうだい? ひとつ弄られる度に、リリンが通常味わう絶頂より、遥かに鮮烈な甘さが身を包むはずだよ」

にゅむっ、にゅむっ

レイ「ぁ―――ッ!ぁ―――ッ!」ガクガク

カヲル「君の精神はどれだけ耐えられるだろう……綾波レイ」

カヲル「もう僕の言葉も聞こえないかな? ごめんね。シンジ君を幸せにする役割は僕のものだ」

レイ「」ビクッビクッビクッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 03:05:32.68 ID:DQlZHAif0

―――
――


レイ「ぅ…?」

カヲル「おはよう、レイ。君はしばらく気絶してたんだよ」

レイ「わたし……どうして。気絶……?」

カヲル「……」

レイ「……」

レイ『ひぅ! あぁ! あぁんン!』

レイ「!!!」

カヲル「思い出したかい?」

レイ『きもひ、ぃぃ、ああああ!!』

レイ『あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!』

レイ「…」

レイ「…ハァ、ハァ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 03:19:04.71 ID:DQlZHAif0

レイ「ふぃ、フィフス……」

カヲル「ここにいるよ。レイ」

レイ「さっきの、ぁぁ……ハァ、つ、続き…ハァ」

カヲル「何の為に?」

レイ「なん、の……? それは……い、碇くん……に」

カヲル「本当に? 素直に言わないなら、今後二度とさっきのようなことはしてあげないよ」

レイ「ぃ…イヤっ、碇くっ、碇……ああ、私、どうして」

カヲル「言うんだ。綾波レイ」

レイ「キ―――キモチヨク! キモチよくなりたいのっ。だからお願い、もう一度!!」

カヲル「……」

レイ「フィフス。私を弄って……お願いします」

カヲル「いいよ、おいでレイ」

カヲル「朝までには、外に出ても僕しか目に映らないように君を変えてあげる」

レイ「……もう……カヲル……♥」

カヲル(そう。シンジ君には僕がいればいいんだ。今度こそ、誰にも邪魔はさせない)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/12(金) 03:27:50.75 ID:DQlZHAif0

区切りがいい気がするから完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド「ここに3つの札束があるじゃろ?」