阿笠「ほほ、時計型麻酔銃とワシの乳腺をリンクさせたぞい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「シナリオ通りだ」冬月「んなわけあるかいwwwwww」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:28:45.19 ID:pvCbjr9BI

阿笠「従来の時計型麻酔銃じゃと麻酔針が一発しか撃てなかったじゃろ?」


阿笠「ワシは乳の出が良いからこれなら数に限りなく母乳を発射できるという訳じゃ!」


コナン「本当かよ博士!?」


阿笠「ほほ、ワシの科学力を持ってすれば訳無いわい!」


コナン「おーっし!早速持って行くぜ!サンキュー、博士!」


阿笠「ほほ、悪用するんじゃないぞい。」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:30:34.35 ID:pvCbjr9BI

数日後
とある旅館



蘭「死体www死んどるwwwwwきゃぁぁああwwwwwww」

小五郎「なんだ今の声はwwwwwww」

コナン「らーーんwwwwww」

小五郎「どうしたwwwwらんwww」

蘭「お父さんwwwwあれwwww」

小五郎「なwwwんwwwだwwwとwww」

コナン「ネクストコナンズヒントwwwwww」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:34:11.85 ID:pvCbjr9BI

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


コナン「よぉし、謎が解けたぜ!後はいつも通りおっちゃんを眠らせて…」


コナン「ついでに博士の発明品の効き目を試すか!」

コナン「ねね、おじさんおじさん!」

小五郎「ん、なんだ小僧。」

コナン「えいっ。」

ぴゅっ…


阿笠「あはん///」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:37:22.34 ID:pvCbjr9BI

小五郎「うわっ、冷てえ!てめえこのガキゃ!」

コナン「あははは…ごめんなさい、(やべえ、まだ上手く使いこなせてねえな、量が少なかったか…。)」


コナン「もっと量を出さなきゃいけねえな、もう一度やるか!」

コナン「おじさん!」

小五郎「ああん?」

コナン「あっち!!UFOが!」

小五郎「へっ、なにがUFOだ!んなもんいるわけ…」

コナン「今だ!!」

ぴゅるぴゅるり〜〜〜

阿笠「わあああああああ!///」



いる?

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age] 投稿日:2013/06/25(火) 16:40:49.58 ID:pvCbjr9BI

小五郎「ぺっ、ぺっ!なんだこれ、ベタベタしやがる!こんのクソガキ!もう許さねえ!」

コナン「眠らないだと?!」

小五郎「この野郎、とっ捕まえてやる!!」

コナン「くそっ、させっかよ!!」

キュィィイイイン…(キック力増強シューズ)
シュゥゥゥウウ…(ボール射出ベルト)

コナン「いっけぇぇえ!!」

ドゴォォオオ!!

小五郎「ぐわああああ!!」バタン…

コナン「よし、おっちゃんが眠ったぜ!あとはおっちゃんの声にこの蝶ネクタイ型変声機を合わせれば事件は解決だ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:44:14.01 ID:pvCbjr9BI

後日
博士宅

阿笠「新一、ワシの発明品はどうじゃったかの。」

コナン「ああ博士、バッチリだったぜ!サンキューな!」

阿笠「ほほ、それはよかったわい。それでな新一、また新たな発明品が出来たんじゃ!」

コナン「マジかよ博士!どんな機械だ?」

阿笠「光彦くんが勃起したまま回転しだすスイッチじゃ!」

コナン「本当かよ博士!?」

阿笠「ほほ、ワシの科学力を持ってすれば訳無いわい!」

コナン「おーっし!早速持って行くぜ!サンキュー、博士!」

阿笠「ほほ、悪用するんじゃないぞい」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:48:03.86 ID:pvCbjr9BI

翌日
授業中

コナン「くっそ、かったりぃぜ」

先生「それじゃあ円谷君、この問題を前に出て解いてみてくれるかな?」

光彦「はいっ!」

元太「おい光彦、あんな難しい問題解けんのか?」

光彦「もちろんですよ!見ててくださいね、灰原さん!」

灰原「ええ、頑張ってね」

コナン「おっ、博士の発明品を試すチャンスじゃねえか!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:51:20.98 ID:pvCbjr9BI

光彦「ええと、この問題はですね…。」

コナン「今だ!!」
カチッ…

ムクムク…

光彦「おや??///」

ギュィィィイイン

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

歩美「いやぁ!!光彦くんが勃起しながら回転し始めたー!」

元太「わああ!どうしたんだ光彦!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:54:34.30 ID:pvCbjr9BI

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

コナン「くそっ、このままじゃみんなに被害が!」

コナン「みんな!急いで机の下に隠れるんだ!!」

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

歩美「いやぁ!光彦くん!!パパのより…」

元太「うわあ!落ち着け光彦!」

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 16:59:22.36 ID:pvCbjr9BI

灰原「工藤くん!このままじゃみんなが危ないわ!」

コナン「わーってるよ!」

コナン「くそっ、こうなったらこの時計型麻酔銃で光彦を眠らせるか!!」

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

コナン「んナロォ!!」

ぴゅるぴゅるり〜〜

阿笠「はああああああん!!///」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age] 投稿日:2013/06/25(火) 17:02:28.26 ID:pvCbjr9BI

プシャァァアアア!!

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

コナン「なに!!」

元太「うわぁ!光彦が母乳を撒き散らし始めた!」

歩美「やめて!光彦くん!」

コナン「くそっ、あまりの回転の早さに母乳を弾き返しやがる!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:05:31.16 ID:pvCbjr9BI

コナン「(考えろ、考えるんだ!)」

灰原「工藤君!円谷君の頭を蹴るのよ!」

コナン「ちっ、それしかねえか!」

キュィィイイン…(キック力増強シューズ)

コナン「いっけぇぇえ!」

ドゴォォオオ!!

光彦「ギャァァアアアア!!」バタッ…

歩美&元太「やったぁぁ!!」

コナン「これで一件落着だな、ん?何だこのスイッチ、ちゃんとOFFボタンついてんじゃねえか。」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:10:06.09 ID:pvCbjr9BI

放課後
光彦「はぁ…僕はなんであんなことをしてしまったんでしょう…。」

コナン「まあ元気だせよ光彦、幸い誰も怪我しなかったんだし気にするこたぁねえって!」

光彦「そう言ってくれると嬉しいです…。」

元太「おーいコナン!光彦!博士ん家に遊びに行こうぜ!」

コナン「おー、さあ光彦行こうぜ!」

光彦「いえ、僕はまだちょっと気分が…」

元太「なんだよ光彦、まだ授業中のこと気にしてんのかよ」

光彦「別にそういうわけじゃ…」

コナン「ったく、しょうがねえなあ」
カチッ…

ムクムク…
光彦「あああ…///」

ギュィィィイイン
光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

コナン「光彦も行きてえってよ」

元太「へへ、そうこなくっちゃだぜ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:09:54.26 ID:PLCi2gLC0

光彦は突っ立ったまま回転してたのか、勃起したナニを軸足にして回転してたのかどっちなんだ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:13:23.20 ID:pvCbjr9BI

>>35
ゼル伝リンクの回転斬りを想像してくれ


博士宅

元太&歩美「こんにちはー!」

阿笠「やあ、みんないらっしゃい。」

光彦「どうも…」

阿笠「どうしたんじゃ光彦くん、元気が無いぞい?」

光彦「いえ、なんでもないです…」

阿笠「ほほ、光彦くんが元気になるとっておきの発明品がちょうど昨日できての!」

コナン「ば、馬鹿!博士!」

阿笠「ほほ、どうしたんじゃコナンくん。」

コナン「実は…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

阿笠「なんと!ワシの母乳を弾き返したじゃと?!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:16:41.75 ID:pvCbjr9BI

コナン「ああ、大変だったんだよ。」

阿笠「ほほ、ワシひらめいたぞい!コナンくん、例のスイッチを貸しなさい。」

コナン「ん?ああ。」

阿笠「こうやってスイッチの対象をワシに設定すれば…ついでにOFFスイッチも取り除いておこうかの、ほほ。」

コナン「いったいどうするってんだ博士?」

阿笠「できたぞい!さあコナンくん、スイッチを押したら麻酔銃でワシに母乳をかけて欲しいんじゃ!ほほ。」

コナン「はあ?」

阿笠「ほほ。勃起しながら高速で回転してる時に自分の母乳を浴びる。さらにそれを自分で弾き返すとなったら何ともいやらしいじゃろ?」

コナン「なるほどな!わかったぜ!」

阿笠「ほほ。」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:20:52.64 ID:pvCbjr9BI

歩美「コナンくん、博士、2人で話し込んじゃってどうしたの?」

元太「なんだなんだ?何か始まんのか?」

コナン「いや…なんでもねえよ。ははは…。」

灰原「2人だけの秘密みたいね、私たちは外で遊びましょう。」

歩美「ふーん。じゃあ博士、コナンくん、またね。」

コナン「サンキュー灰原!」

灰原「あとは頑張ってね、探偵さん。」

光彦「…。」

灰原「さぁ、円谷君も行くわよ。」

光彦「あの、ぼ、僕も残ります!!」

コナン&阿笠「?!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:24:08.29 ID:pvCbjr9BI

コナン「バーロー!遊びじゃねえんだ!お前も外で遊んで来い!」

阿笠「そうじゃ光彦くん!君にはまだ早い世界じゃ!」

光彦「わかってます!遊びじゃないことも、僕には早すぎることも!」

光彦「で、でも!こんな僕にも何かできることがあるんじゃないでしょうか?!ひ弱な僕が加わってどうなるかを知りたいんです!!」

コナン「光彦…。」

灰原「これはもう折れるしかなさそうね、江戸川君。それじゃあ後は頼んだわよ。」

コナン「ああ!」

灰原「頑張ってね円谷君、あなたが思ってるほど生ぬるい世界じゃないわよ。」

光彦「はい!灰原さん!」

阿笠「ほほ。」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:27:13.23 ID:pvCbjr9BI

阿笠「ほほ、そうと決まればプラン変更じゃ!二人ともちょっと待っておれ!」

数時間後

阿笠「ほほ、できたぞい!ワシ、コナンくん、光彦くんそれぞれに対象を合わせた勃起しながら回転するスイッチじゃ!もちろんOFF機能はついてないぞい!ほほ。」

コナン「さすがだぜ博士!」

光彦「僕は何をすればいいんでしょう?」

コナン「バーロー!されるがままでいいんだよ!」

光彦「わかりました!」

阿笠「ほほ。」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:33:03.67 ID:pvCbjr9BI

コナン「よおし、いくぜおめえら!」
光彦「はい!」
阿笠「ほほ。」

コナン「いっけぇぇええ!」

カチッ…
ムクムク…

コナン「お??///」
阿笠「ほほ///」
光彦「ああ///」

ギュィィィイイン…
光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル
阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル
コナン「恋はwwwwスリルショックwwwwサーースペンスwwwww」パラパラパラパラ

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル
阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル
コナン「見えないwwww力頼りにwwww」パラパラパラパラ

小さくなっても頭脳は同じ
迷宮なしの名探偵
真実はいつもひとつ!



ありがとうございました

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:35:49.16 ID:pvCbjr9BI

少しだけ続き思いついたんだけど書いていい?

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:42:34.53 ID:pvCbjr9BI

ありがとう 少し遅くなるけど頑張る


ジン「ここか、俺たちを嗅ぎ回ってる奴がいるのは」

ウォッカ「間違いはずですぜ!」

ジン「始末したやつの顔なんざいちいち覚えてねえが、始末し損ねた上に俺たちの邪魔をしようとしてるんなら、生かしておく訳にはいかねえな…。」
カチャ…(銃弾を込める)

ウォッカ「へへ。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーwwwwほっほーwwww」グルグルグルグル

コナン「心の扉wwww閉ざさーーずにwwww」パラパラパラパラ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:48:30.52 ID:pvCbjr9BI

博士の庭

ジン「なんか騒がしくねえか」

ウォッカ「なにやら物音がしますね、いやらしいことでもしてるんじゃねえですかい?」

ジン「まさか、俺らを捕まえるための罠とかじゃねえだろうな。」

ウォッカ「まさか、いつも兄貴は用心深すぎるんですぜ。」

ジン「ならいいんだが…。いいか、一人残らず始末するんだぞ?」

ウォッカ「へへ。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーwwwwほっほーwwww」グルグルグルグル

コナン「強くwwww強くwwww」パラパラパラパラ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:54:03.90 ID:pvCbjr9BI

ジン「いくぞ!」
ウォッカ「へい!」
バンッ!!(ドアを蹴破る)

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル

コナン「ディスラブイズwwwwスリルショックwwwwサーースペンスwwwww」パラパラパラパラ

ジン「……。」
ウォッカ「…。」

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル

コナン「迷いをwwww青い風にwwww散らそうとしてもwwwww」パラパラパラパラ

ジン「なんだこれは…。」
ウォッカ「さあ…、あいつら勃起してますね…。」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 17:58:15.11 ID:pvCbjr9BI

ウォッカ「どうしますかい…兄貴?」

ジン「かまわん、殺せ!」
ウォッカ「へい!」
ズドンズドンズドンッ!!

バシュッバシュッバシュッ
ウォッカ「ぐぅっ!」
ジン「銃弾を跳ね返しやがった??!」


光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル

コナン「心のwwww扉wwww閉ざさーーずにwwwww」パラパラパラパラ

ジン「……。」
ウォッカ「…。」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:03:03.02 ID:pvCbjr9BI

ウォッカ「兄貴、どうします?」
ジン「ちっ…、おいっ!お前ら!」


光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル
阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル
コナン「強くwwww強くwwwww」パラパラパラパラ

ジン「……。」
ウォッカ「……。」

ジン「くそっ、こいつらを止める方法はねえのか!」

ウォッカ「兄貴!なんかスイッチみたいなのがありますぜ!」

ジン「それだ!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:09:28.17 ID:pvCbjr9BI

ウォッカ「へへ、止まれ!」

カチッ…

ムクムク…

ジン「あ?!///」

ウォッカ「あふっ///」

ギュィィィイイン…

ジン「ジントニックwwwwジントニックwwww」グルグルグルグル

ウォッカ「モスコミュールwwwwモスコミュールwwww」グルグルグルグル

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル

コナン「恋はwwwwスリルショックwwwwサーースペンスwwwww」パラパラパラパラ


もう思いつかない。終わらさせてください。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:13:36.10 ID:pvCbjr9BI

えー…

じゃあ回ってる奴らは修復不可能だから新キャラ安価
>>80

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:14:49.76 ID:t6ZiT2tV0

元太

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:16:02.22 ID:pvCbjr9BI

元太か、頑張る

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:20:20.08 ID:pvCbjr9BI

そのころ公園

元太「やべぇ、博士ん家におにぎり忘れた!」

歩美「もー、元太くんったらぁ」

灰原「どうりで今日は顔が丸いのね。」

元太「へへ、うっかりうっかり。ちょっと取って来るわ!」

灰原「ちょっと!今は博士達は…!」

歩美「行っちゃったね…。」

灰原「まあいいわ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:26:38.13 ID:pvCbjr9BI

元太「ふぅ、いけねえいけねえ。」
元太「ん、なんか騒がしいな。ドアも開きっぱだぞ?」
元太「おーい、博士ー!コナーン!光彦ー!」

元太「ん?」

ジン「ジントニックwwwwジントニックwwww」グルグルグルグル

ウォッカ「モスコミュールwwwwモスコミュールwwww」グルグルグルグル

光彦「ですよねーーwwwwですよねーーwwww」グルグルグルグル

阿笠「ほっほーーwwwwほっほーーwwww」グルグルグルグル

コナン「見えないwwww力頼りにwwwww」パラパラパラパラ


元太「な、なんだこりゃぁ!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:39:04.44 ID:pvCbjr9BI

回転してる奴ら省略するわ
グルグルグルグル…
パラパラパラパラ…

元太「みんな今日学校で光彦がやってたことと似たようなことしてんだな、流行ってんのか?」
グルグルグルグル…
パラパラパラパラ…

元太「おい、コナン!…ん??」
パラパラパラパラ…

元太「コ、コナンお毛毛が生えてるゥ!!」
元太「……。」
パラパラパラパラ…
元太「…♡」

俺は高校生探偵、工藤信一。阿笠博士の家に遊びにいって、博士の怪しげな発明品を目撃した。
勃起しながら回転することに夢中になっていたオレは、背後から近づいて来る、元太に気付かなかった。オレは元太に色々され、目が覚めたら…お尻が開発されてしまっていた!

見た目は子供、頭脳は大人、その名も
名探偵コナン!



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/25(火) 18:43:32.48 ID:pvCbjr9BI

綺麗に締められず申し訳ない。

見てくれた人ありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、あんたよこちんしてるわよ」