マリ「今日は乳の日だよ。ネルフのわんこ君」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:刹那「……」ヒイロ「……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:20:19.51 ID:lDOLaYWR0

シンジ「ン……ぅ」

マリ「起きた?」

シンジ「え。真希波……?なにやって」

マリ「夜這い」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:25:39.12 ID:lDOLaYWR0

シンジ「よ、よばっ」

マリ「動くな」

マリ「……ふふ。こーして寝てるわんこ君の上に座ってると、ホントに夜這いに来たみたいだにゃ」

マリ「さらにこうして、前にかがめば―――」

タプン

シンジ「!」

マリ「もっかい言うけど、動いちゃダメだよ」

シンジ(む……むね、近)

マリ「今さ。暗くて分かんないだろうけど、シャツしか着てないんだ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:34:28.06 ID:lDOLaYWR0

マリ「明るくして見れば、トンがってるとこで丸バレなんだけど」

タユユン

シンジ「……」ゴクッ

マリ「もうちょいかがむね。そのままじっとして……」

ふにっ

シンジ「!?」

シンジ(鼻先に、当た……っ)

ふにっ
スリ、スリ…

シンジ「ま……ぅぁ」

シンジ(おっぱい。おっぱい。おっぱいが!)

マリ「柔らかい? それ感じながら話そ」

シンジ「な、なに、を?」

むにぃ

シンジ(うわぁぁぁぁ)

マリ「ん……今日は何の日か、知ってる?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:41:20.23 ID:lDOLaYWR0

シンジ「え、あの……なんだっけ、えっと」

シンジ「あ! 父の日、父の日だよね」

マリ「そ。乳の日だよ。わんこ君が、この街のおっぱいをどれでも好きにしていい日」

シンジ「へ…………?」

マリ「私のとこにも来てくれるの、楽しみに待ってるにゃ」

マリ「それじゃ、ね」ギュッ

むにゅ〜〜〜っ

シンジ「んむぅぅぅ!?」

マリ「ふぅ。ばいびー」

スタスタ ガラガラパタン

シンジ「…………♥」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:46:49.32 ID:lDOLaYWR0

朝―――

シンジ(はぁ。なんだったんだろ、夜のあれ。夢……じゃないよな?)

シンジ(乳の日とか、へんな冗談言いにわざわざ来たのか)

ミサト「おっはよーシンちゃん」

シンジ「おはようございます。今日は早いんですね」

ミサト「ま、たまには自分で起きなくっちゃね、保護者として」

フルン

シンジ「……」ドキッ

アスカ「ふぁ……はよ〜……」

シンジ「あ。お、おはよう、アスカ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:52:14.66 ID:lDOLaYWR0

シンジ(アスカも、相変わらずだらしないカッコして……)

シンジ「……」

アスカ「ん?なにちらちら盗み見てんのよ」

シンジ「えっ。べ……見てないよ! 別に、アスカなんて」

アスカ「ムキになっちゃって、それじゃ余計バレバレよ。このスケベ」

シンジ「見てないって!」

ミサト「まぁまぁ、アスカ。しょーがないわよー今日は。乳の日なんだから」

シンジ「!?」

アスカ「ふん」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 03:57:40.06 ID:lDOLaYWR0

ミサト「シンジ君、本日の予定は?」

シンジ「一応、父さんに会いに行ってみようかなって。会ってもらえないかも知れないけど……」

ミサト「え」

アスカ「バカシンジ、あんた……ファザコンとは思ってたけど、そこまで……?」

ミサト「司令のおっぱいの何が楽しいのかしら……」

シンジ「違うよ! 父の日だから」

ミサト「乳の日でしょ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:09:48.24 ID:lDOLaYWR0

シンジ「そうですよ、だから―――」

シンジ(噛み合わない。まさか、ホントに―――)

ミサト「まどろっこしいわねえ。シーンジ君、手、貸して」

シンジ「? はい」

むにゅん

シンジ「わぁ!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:10:06.00 ID:lDOLaYWR0

ミサト「どう? これがオトナのおっぱいの感触よ」

むにぃぃ

シンジ「あ、あぅ、あ、ミミミサトさん……」

ミサト「今朝も見てたでしょ……? シンジ君の好きにしていいのよ。それが乳の日」

ミサト「指から力抜いて。手、重ねて動かしてあげるから、ね?」

ニュム、ムニ、ムニ、ムニ

シンジ(やわらかい! やわらかっ、やわらかいやわらかぃぃっ)

アスカ「…………チッ」

ミサト「さて。やっと話が通じたみたいだし、ご飯にしましょっか」

シンジ「」

ミサト「シンジ君?」

シンジ「ぁ……用意……してきまふ」フラフラ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:18:57.24 ID:lDOLaYWR0

ミサト「それではオネーサンは、哀しき休日出勤に行ってきます」

アスカ「誰がオネーサンよ」

シンジ「行ってらっしゃい」

パタン



ジャー

シンジ(真希波。ミサトさん。なんか……まだ感触が残ってる気が)

シンジ(……乳の日って、スゴい)ドキドキ

アスカ「スケベバカシンジ。エロいこと考えてるでしょ」

シンジ「っ!」

アスカ「ほら図星。さっきのミサトのおっぱいの感触でも反芻してんじゃないの?」

シンジ(う。アスカ、鋭い)

アスカ「……ほら図星」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:26:22.03 ID:lDOLaYWR0

アスカ「ほんっと、男って」

シンジ「ア、アスカには関係ないだろ!」

アスカ「あるわよ。あんたみたいなスケベにそんな権利があるんじゃ、何されるか分かんないじゃない」

シンジ「そんな、無理になんてなにもしないよ」

アスカ「でもそれはそれで、魅力がないって無視されてるみたいでムカつくのよね」

シンジ「……ワガママ」

ジャー

シンジ「そんな色々考えなくても、僕、これ洗い終わったらでかけ―――」

アスカ「……」ギュゥ

シンジ「!?」

アスカ「なにビビってんの。いいから、洗い物してなさいよ」

ギュゥゥ

シンジ(あ……背中に、むにって……)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:34:31.92 ID:lDOLaYWR0

シンジ(アスカ。アスカのがっ!)

シンジ「……・」ドキドキ

アスカ「……」

くにゅ

シンジ「はぅ!?」

シンジ「え……っ!? アスカ、どこ触ってんだよ!」

アスカ「なによ。おっきくなってないじゃない」

くに、くに

シンジ「う、ぁぅっ……! ちょっと、や、やめてよ」

アスカ「私じゃ、胸が触れてもなんともないわけ……?」

シンジ「そんなわけじゃ……どきどき……してるし。ぁっ」

くに、くに

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:46:29.62 ID:lDOLaYWR0

シンジ「男だって緊張とか、色々あるんだって、ば!……ぅく」

アスカ「やっと固くなってきた」

シンジ「ねぇ、もういいだろ!? 離してよっ」

アスカ「ダメよ。今のは手で直接しただけで、胸は負けたままなんて」

シンジ「どこの勝ち負けだよ……」

スルッ

シンジ「!? な、なにするの?」

アスカ「シャツめくっただけでしょ。男が背中くらいで騒ぐな! いいからあんたはお皿洗ってなさい」

シンジ「アスカが邪魔してるんじゃないか。さっきから全然、洗うどころじゃ―――」

スルッ

シンジ「!」

アスカ「今のは私のシャツ……後ろ向いたらコロスわよ」

むにゅんっ

シンジ「ちょ!!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 04:55:16.42 ID:lDOLaYWR0

シンジ(これ、直―――!!?)

むにょ、にゅむっ、くにゅ

シンジ(柔らかさも、先のとこも分かっちゃう! あああっ)

シンジ「アスカ! ダメだって、マズいよ!」

アスカ「なんでマズいのよ。いいじゃない、乳の日なんだから」

ギュッ

シンジ「ンぁ!?」

アスカ「ふふん……今度はガッチガチになってる」

シンジ「ダ……メだって、あすかぁ」

アスカ「ウソ。嬉しいくせに。素直に嬉しいって言いなさいよ」

アスカ「ほら」スリスリ

むにゅっむにゅっ

シンジ「あぁぁぁぁぁぁ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 05:04:16.32 ID:lDOLaYWR0

シンジ(おっぱいおっぱいがっ、いっつも目に入ってた、アスカのあのおっぱい!)

シンジ(それに前、くにくにされて……このままじゃ僕っ)

シンジ「分かったよ認める!嬉しい! すっごく嬉しいから、もう!」

くにっ

シンジ「はっくぅ……だから、そんなされたら、出ちゃ……っ」

アスカ「ふーん。もうイキそうなんだ? ま、そこまでサービスする事ないからしゅーりょーね」

シンジ「ハァ、ハァ」

アスカ「でも最後に、一瞬だけ見せたげる」グィ

シンジ「え―――」

プルルン

シンジ「!!!」

シンジ「……っ」ドプ、ドプッドプ

シンジ(出……出ちゃった)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 05:05:22.07 ID:lDOLaYWR0

アスカ「はい、お終い」



シンジ「…………行ってきます」

パタン

シンジ「はぁ……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 05:11:18.68 ID:lDOLaYWR0

シンジ「……」

シンジ(頭、ぽーっとする。でも、何買うか考えないと)

シンジ(父の日のプレゼント……父……乳……おっぱい……)

シンジ(真希波……ミサトさん……アスカ……おっぱい)

シンジ(おっぱい……おっぱい、おっぱい、おっぱい)

シンジ「はっ」

シンジ(何考えてんだ、僕)

シンジ「……」

シンジ(とりあえず、レールに座ってアレが収まるの待とう)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 05:26:59.56 ID:lDOLaYWR0

デパート―――

店員「最近ですと、40代50代の方でもこうした明るめの柄物を買う方も―――」

シンジ「あ、でも、父さんは多分落ち着いた色の方が」

店員「そうですか。ではえっと……こちらに並んでる品であればどれも無難だと思いますよ」

シンジ(結局ハンカチ一枚じゃ、お店の人に聞くこともなかったかな。迷惑だったかも)

シンジ(でも外したくないし……)

シンジ(父さんが欲しい物ってさっぱり分かんないけど、ハンカチだったら誰でも使うよな)

店員「どうですか?」タユン

シンジ(……この人、かなり胸ある……って、違う! それこそ失礼だって!)

マナ「あ! シンジぃ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 05:31:50.43 ID:lDOLaYWR0

シンジ「あれ。マナ」

マナ「わー! こんなとこでシンジに会えるなんてラッキー」

店員「あら、彼女さんですか? 素敵な方ですね」

シンジ「え。いや、彼女ってわけじゃないですけど……」

マナ「一応元カノだよね」

シンジ「はは……あ、このハンカチでお願いします」

店員「はい。プレゼント用にお包みしますね」スタスタ

シンジ「……」

マナ「あの人のおっぱいが気になるの?」

シンジ「ブッ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/16(日) 05:39:54.69 ID:lDOLaYWR0

シンジ「マナ?いきなりなに言って……」

マナ「だって見てたし、今日乳の日でしょ」

マナ「第3新東京市にあるおっぱいならシンジの自由なんだから」

シンジ「それは真希波から聞いたけど……言葉の綾みたいなもんだろ」

マナ「違うってば。シンジ、言いにくいなら私が言ってきてあげるね!」

シンジ「へっ!?」

マナ「だーいじょうぶ。その代わり、ちゃんと私のことも、ね?♥」

シンジ「マ―――」

マナ「……」タッタッタ

シンジ「マナ! お願いだから止まって!」

マナ「〜」

店員「〜」

シンジ「ぁぁぁぁぁぁ……」

マナ「シンジー! おっけーだって。こっちおいで」

シンジ「!!!!??」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「放課後ティータイム?」