シンジ「今日から一人暮らしだ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS: 涼宮ハルヒが大学生になったんだってさ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 03:51:10.75 ID:BeqMID6K0

シンジ「やっと自由が……」

ピンポーン
ピンポーン

アスカ「バカシンジー。遊びに来てやったわよー!」ガンガンガン

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 03:55:29.04 ID:BeqMID6K0

シンジ「アスカ、ひょっとして手伝いに来てくれたの?」

アスカ「え、違うわよなんで私が。うわ、まだ片づいてないじゃない」

シンジ「そりゃ…今日引っ越したばっかなんだし」

アスカ「ふーん。ま、あんたがグズなのは今更よね。とりあえずご飯」

シンジ「へ?」

アスカ「お腹すいた」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:00:06.94 ID:BeqMID6K0

シンジ「ど、どうぞ」コト

アスカ「ん」

シンジ「まだ道具も全部出してないし、そんなのしか作れなくてごめん」

アスカ「……」モグモグ

シンジ(ホントなにしに来たんだ)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:04:44.61 ID:BeqMID6K0

シンジ「うんしょ、うんしょ」

アスカ「へえー。あんたこんな本持ってたんだ。ふむふむ」

シンジ「アスカぁ……そこ座り込まれたら邪魔だからちょっとどいててよ」

アスカ「お風呂」

シンジ「なに?急に」

アスカ「お風呂わかしといて。そろそろ入るから」

シンジ「…」

アスカ「あー、やだシャツに埃ついちゃったじゃない!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:09:03.53 ID:BeqMID6K0

シンジ「お風呂の用意できたよ」

アスカ「はーい」

シンジ「でも、アスカの着替えなんてないけど」

アスカ「大丈夫よ持ってきてるから」

シンジ「わざわざ!?」

アスカ「で、こっちが汚れ物ね。洗濯しといて」

シンジ「僕が!?」

アスカ「んじゃ入ってくるから」スタスタ

シンジ(新築なのに、自分より先に使われちゃった…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:16:22.36 ID:BeqMID6K0

アスカ「またね」バタン

シンジ(はぁ、やっと帰ってった……なんだったんだ)

シンジ(家事してた人間が急にいなくなったから、困ってるのかな。今日くらい仕方ないか)

ゴチャゴチャ

シンジ「よし。今度こそこれ片づけないと」



翌日

ピンポーン
ピンポーン

アスカ「シーンジー。また来てやったから開けなさーい」ドンドン

シンジ「…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:25:44.09 ID:BeqMID6K0

シンジ「って感じで、もう一週間毎日」

トウジ「なんやそら」

シンジ「なんだろう」

トウジ「いくらなんでも舐められすぎやで! センセ」

シンジ「そ、そうなのかな」

ケンスケ「シンジはお人好しだからな」

トウジ「しめるときはビシッ!としめなあかんで」

ケンスケ「そうそ。引越し後まで家事やらせに来るなんてあんまりだろ」

シンジ「うん……やっぱりそうだよね。今日言ってみるよ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:33:01.92 ID:BeqMID6K0

アスカ「お邪魔しまぁすっと……なに突っ立ってんのよ」

シンジ「アスカ。あのさ」

アスカ「ん?」

シンジ「その…もう同居してるわけじゃないだし…自分のことは自分でしてくれないかな……?」

アスカ「……」

シンジ「遊びに来てくれるのは嬉しいけど、線引はしておきたい、っていうか……」

アスカ「なるほど。もう家政夫じゃないんだから対価が欲しいってわけね」

シンジ「元々家政夫じゃないし、家政夫さんだって対価はあるんじゃないかな」

シンジ「いや、っていうかさ、そういう話じゃなくて。アスカはアスカで自炊するとか」

チュッ

シンジ「!!!??」

アスカ「はい、お駄賃」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:42:26.47 ID:BeqMID6K0

シンジ「い、い、今…っ」

アスカ「バーカ。キス初めてじゃないのに驚きすぎ」

アスカ「まぁあの時はあんた、息苦しかっただけみたいだったけど」

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「今のも、ドサクサすぎてよく分からなかった?」

シンジ「え?」

ガシッ

シンジ「え」

ちゅぅぅぅぅぅぅ、ちゅっ

アスカ「はぁ……今度はハッキリくっきりでしょ?」

シンジ「あぅ、ぁ ///」

アスカ「シンジ。私、今夜は魚が食べたい」

シンジ「ふ、ふぁい」フラフラ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 04:47:27.88 ID:BeqMID6K0

ケンスケ「結局、惣流の件はあれからどうなったんだ?」

シンジ「件って?」

ケンスケ「ほら、先週言ってたろ。引っ越したのに働かされるって話」

シンジ「あ…うん」

トウジ「きっちり断り入れられたんか?」

シンジ「な、なんとか」

シンジ(嘘ついてごめん! でも、対価もらって流されちゃってるなんて言えないし…!)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 05:01:41.57 ID:BeqMID6K0

バタン

シンジ「……いらっしゃい」

アスカ「…」

シンジ「アス、んんっ」

チュッ チュゥゥゥ〜〜 チュチュッ チュッ

シンジ(やぁらかい。抱きしめてるだけなのにキモチイイ。女の子の、アスカの身体ってすごいや)

シンジ「はぁぁ…」

アスカ「今晩のメニューは?」

シンジ「ビ、ビーフストロガノフ作ったんだ。こないだアスカ、食べたいって言ってたから」

アスカ「よろしい。じゃ、用意して」

シンジ「うん」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/09(日) 05:06:58.60 ID:BeqMID6K0

シンジ「―――このままじゃダメだ!」

シンジ(ずるずるずるずる、いいように使われるばっかりで。何のための一人暮らしなんだか!)

シンジ(明日。明日こそきっぱり断ち切ろう)



翌日

ニュル ニュルン チュププッ レロレロレロッ

シンジ(しっ舌が、あぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜…)

アスカ「ぷはぁ。ん……こういうキスって案外難しいのね」

シンジ「」

アスカ「ねぇシンジ。ご飯の後にアイスも食べたいんだけど」

シンジ「か…買ってきまふぅ…」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:チョン「長門、キムサハムニダ」