ゾロ「よく見りゃ可愛い顔してるじゃねぇかウソップ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「解毒剤に必要なものを揃えて欲しいの」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:05:35.70 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「…は?いきなりなに言い出すんだよ」

ゾロ「鼻が高くてまつげが長くて…唇も分厚くて…」

ゾロ「よく見りゃ美形じゃねぇか」

ウソップ「いや気色悪いこと言ってんじゃねーよ!」

ゾロ「身体もこんなに引き締まってよ…」サワサワ

ウソップ「さ、触んな!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:10:34.69 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「あぁ…いい筋肉だぜ」

ウソップ「やめろよ気持ち悪いな!」

ゾロ「上半身裸でよ…いやらしい奴だな…」

ウソップ「そんな目で見んな!ちょっとおかしいぞお前!」

ゾロ「馬鹿野郎…おかしいのはお前だ」ギュッ

ウソップ「うわっ…」

ゾロ「自分の魅力に気付かねぇでこんな格好しやがってよ…誘ってんだろ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:15:13.66 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「お、おい…冗談だろ…?」

ゾロ「冗談?」

ウソップ「誰かに唆されたんだろ!?この辺でもうやめとけって!な!?」

ゾロ「…おれは冗談なんか言わねぇよ」チュッ

ウソップ「っ!?」ビクッ

ゾロ「…へへ。やっぱ可愛いなお前…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:20:26.57 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「……お前…今まで女に興味無さげだったのは…そういう奴だったからだってのかよ…」

ゾロ「関係ねぇよ…おれがこうなったのはお前のせいだ…」

ウソップ「お、おれがなにしたってんだ…」

ゾロ「お前よく俺を頼って抱き付いてくるじゃねぇか」

ウソップ「!?あ、あれはそういう意味で抱き付いてるんじゃ…!」

ゾロ「抱き付かれるたびによ…お前の体温とか息づかいとか…感じちまうんだよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:25:42.57 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「や、やめろ…お前がそんな奴だって知ってたら抱き付いたりなんか…」

ゾロ「でもお前は俺を頼りにしてくれてるだろ?」

ウソップ「そりゃ…お前みたいな化け物みてぇに強い奴が居たら…」

ゾロ「おれはお前のために修行してるようなもんなんだぜ」

ウソップ「……」

ゾロ「お前を守ってやりたいからさ…こんな風にな」ギュッ

ウソップ「抱き付くなよ…お前には悪いけどおれにはそんな趣味ねぇんだ…」

ゾロ「嘘つけ」

ウソップ「なっ…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:30:03.62 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「お前だって満更でもないんだろ?」

ウソップ「ふ、ふざけんな!おれは普通に女が好きだ!」

ゾロ「それは誰のことを言ってんだ?」

ウソップ「それは……」

ゾロ「うん?」

ウソップ「……ナミとかロビンのことも…意識するしよ…」

ゾロ「嘘だな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:35:06.68 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「ナミとは仲がいいみたいだが…お互いに姉弟ぐらいにしか思ってねぇはずだ」

ウソップ「う…」

ゾロ「ナミだってお前のことは意識してねぇと思うぜ。ルフィを除けばお前が一番歳の近い弟分みてぇなもんだからな」

ゾロ「ロビンの奴だって歳が離れすぎててお前のことを男として見たことはねぇはずだよ」

ウソップ「…どうせ俺は男として頼りねーよ」

ゾロ「馬鹿だな…だから俺が守ってやるってんだよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:40:03.08 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「女なんかどうでもいいじゃねぇか。少なくともおれはお前のこと意識してんだ」

ウソップ「やめてくれ…」

ゾロ「なぁウソップ。おれのことは嫌いか?」

ウソップ「…………」

ゾロ「どうなんだ?」

ウソップ「……嫌いでは…ねぇよ…仲間なんだから…」

ゾロ「おれはお前のこと…好きだぜ?」

ウソップ「うぅ…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:45:50.23 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「好きだ…」

ウソップ「待てって…やっぱりおかしいぜこんなの…」

ゾロ「…なんでそこまで拒むんだよ」

ウソップ「男同士なんて…普通じゃねぇよ」

ゾロ「おれ達は海賊だぜ。常識なんて糞くらえだ」

ゾロ「それとも…好きな奴でもいるのか?」

ウソップ「それは…」

ゾロ「まさかお前の村のお嬢様なんてことはねぇよな」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:51:05.35 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「あ、あいつはそんなんじゃねぇよ…カヤにはおれのお節介で構ってただけだ」

ゾロ「じゃああのゴースト女とかか?」

ウソップ「馬鹿言うなよ…あいつは敵だっただろ」

ゾロ「だがあの女はよくお前のことを愚痴ってたな…唯一の天敵だとかネガっ鼻だとか…」

ウソップ「そういやお前はあいつと一緒にいたんだよな…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 03:55:38.72 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「2年も一緒にいてあの女に欲情とかしなかったのかよ?」

ゾロ「ふん…そもそもあの女は嫌いだ。お前のことをべらべらよく話すもんだからよ」

ゾロ「おれの方がお前のことをよくわかってるってのに…」ギュッ

ウソップ「っ…」

ゾロ「なぁウソップ…あの女と戦ったとき…どんな会話してたんだ?変なことはされなかったか?」

ゾロ「あの女からその話をされるたびに…苛ついて仕方なかったんだ…」

ゾロ「これが嫉妬ってやつかな」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:00:10.58 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「……ゾロ…」

ゾロ「2年間ずっとお前に会うことだけを考えて強くなったんだ…少しは認めてくれよ…」

ウソップ「…………」

ゾロ「なぁウソップ…いいだろ?もう我慢なんて出来ねぇんだ」

ウソップ「そ、それは…さすがに…」

ゾロ「お前だって溜まるだろ?相手もいないで船旅してんだからよ」

ウソップ「お、おれは…たまに一人でしてるし…」

ゾロ「…へぇ」

ウソップ「……そんなこと聞くんじゃねぇよ…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:05:23.95 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「どんな風にしてんだ?」

ウソップ「き、聞くなって…」

ゾロ「知りてぇんだよ…」

ウソップ「うぅ……手で…してるよ…」

ゾロ「…くくく……」

ウソップ「笑うなよ…」

ゾロ「おれがしてやろうか?」

ウソップ「んなっ…!?ば、馬鹿やめろ…」

ゾロ「いいじゃねぇか…裸なんて今まで何度も見てきたろ」

ウソップ「そりゃ風呂場でだろ…?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:16:09.64 ID:yLHoZf8KO

ゾロ「おれはお前のこと全部知りたいんだ」

ウソップ「…………」

ゾロ「…な?ウソップ」

ウソップ「……みんなには内緒にしろよ…」

ゾロ「!…もちろん」

ウソップ「……服…全部脱いだほうがいいのか…?」

ゾロ「そうだな。おれも脱ぐか」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:19:39.55 ID:yLHoZf8KO

ウソップ「……脱いだぞ」

ゾロ「…………」ニヤッ

ウソップ「な、なんで笑うんだよっ…」

ゾロ「いや…下のほうもなかなか男らしく成長したじゃねぇか」

ウソップ「…………」

ゾロ「顔が赤いぜ」

ウソップ「……ほっとけよ」

ゾロ「恥ずかしがるお前も可愛いな…」

ウソップ「お前だって…そんなにたくましくなってるじゃねぇか…」

ゾロ「お前が見てくれてるだけでこんなになっちまうんだよ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:25:30.03 ID:yLHoZf8KO

………………
…………
……

ゾロ「…よし。本当にいいんだな…?」

ウソップ「…なんだよ。今さら怖じ気づいたのか?」

ゾロ「いや…無理やりするわけにもいかねぇだろ」

ウソップ「…おれとお前の関係はこれっきりだ。それを約束してくれるなら…好きにしてくれ」

ゾロ「ウソップ…」

ウソップ「…当たり前だけど…初めてだ…あんまり痛くしないでくれよ…」

ゾロ「…あぁ。約束だ…力抜けよ…」

ウソップ「……あぅっ…!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:29:39.21 ID:yLHoZf8KO

翌日

ブルック「ヨホホ〜皆さん起きてくださーい!」

サンジ「ふぁ…よく寝たぜ」

ウソップ「うーん…」

サンジ「おらウソップ。朝だ起きろ」

ゾロ「寝かしといてやれよ…疲れてんだよきっと」

サンジ「なんだマリモの癖に早起きたぁ珍しいな」

ゾロ「当たり前だ。おれはこいつのことをずっと守っていくんだと誓ったんだからな」


HAPPY END

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 04:32:10.00 ID:yLHoZf8KO

本番は気持ち悪くて書けねぇ
おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:澪「私は文芸部にいくから・・・」