長門「抱いて」ハルヒ「いいわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:次元「怪盗キッドって坊主が、俺達と同じお宝を狙ってるらしいぜ」

ツイート

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 04:30:45.48 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「はぁあ…暇ねぇ」

長門「…」ペラ

ハルヒ「みんな遅いし…」

長門「…」

ハルヒ「…ねぇ有希、面白い事ないのー」ガッタンガッタン

長門「…」パタン

ハルヒ「お?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 04:34:05.50 ID:xlwLnJhZO

長門「…」トテトテ

ハルヒ「なに、なんかしてくれるの?」ワクワク

長門「…三日前に」

ハルヒ「ん?」

長門「私の身体に変化があった」

ハルヒ「なによ、お腹でも痛いの?」

長門「…」フルフル

ハルヒ「?」

長門「…鼻を一回押して」

ハルヒ「…はぁ?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 04:38:58.47 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ(…はっ!これはきっと有希なりに私を楽しませようとしてるのね!だったら団長として乗らないわけにはいかないわ!)

ハルヒ「…鼻を押せばいいのね?」

長門「…」コク

ハルヒ「…えい」ツン

長門「…」ガクン

ハルヒ「わっ!?」

長門「…」ガクガク

ハルヒ「ちょ、ちょっと!?有希!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 04:44:40.46 ID:xlwLnJhZO

長門「…」ガク…ガク………

長門「…」シーン

ハルヒ「…有希?」

長門「…」スッ…

長門「…ハルヒさん」

ハルヒ「ぅえ!?」

長門「今日は二人きりなんですね…」

ハルヒ(ま、待った待った!これ誰!?有希こんなキャラじゃないでしょ!キャラ崩壊はダメってば!あ、演技?演技なの?だとしても顔赤らめたり目キラキラさせちゃダメでしょー!)

長門「…あのぅ」モジモジ

ハルヒ(ぐっ…不覚にもかわいい…)「な、なに?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 04:50:56.45 ID:xlwLnJhZO

長門「お茶、飲みますか…?」ニコ…

ハルヒ「」ズキューーーーーン

長門「…?どうかしましたか…?」

ハルヒ「いや…ちょっと鼻血がね…」ダクダク

長門「はい、ティッシュ…」

ハルヒ(くあぁなによこのかわいい生き物は!あー撫でたい抱きしめたいたまんないぃぃぃ)

ハルヒ「…」チラ

長門「…?」ニコ

ハルヒ(ダメよダメダメこのままじゃ死ぬ!やばい心臓やばいわよナニコレ死因は萌え死です、とかなりかねないわ!)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 04:56:27.60 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「…はっ」

ハルヒ(…鼻を押してこうなったんだからもっかい押したらなおるんじゃ…)

ハルヒ「有希、ちょっとこっち」

長門「はい」トテトテ

ハルヒ「…」ガシッ

長門「! …」

ハルヒ(…なんで目をつむるかな!き、キスするんじゃないのよ!うー…この有希も捨て難いけど…!)

ハルヒ「えーい!」ツン

長門「」ガクン

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:01:02.29 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ「…ゆ…有希?」

長門「何」

ハルヒ「はぁあ…なおったみたいね…」

長門「今のが身体に起きた変化」

ハルヒ「いやいやいや」

長門「一種の多重人格のよう」

ハルヒ「え…なんで?病気?」

長門「身体に不調はない」(…あなたが原因、とは言えない)

ハルヒ「むー…あ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:06:18.51 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「多重ってことはたくさんあるの?」

長門「そのよう。今の人格が一番でやすい」

ハルヒ「くじ引きじゃないんだから…」

ハルヒ「病院行ってみた?」

長門「(情報統合ryに)診てもらった。そのうち治る」

ハルヒ「ふーん…」

長門「…押す?」

ハルヒ「えぁ!?ベ、別に押したいなんて思ってないわよ!」

長門「…そう」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:11:36.99 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「…」ソワソワ

長門「…」ペラ…

ハルヒ「…」ウズウズ

長門「…」

ハルヒ「…」チラチラ

長門「…」パタン ガタ トテトテ

長門「…」ツイ

ハルヒ「な、何」

長門「…あなたが押さないなら私が押す」ズズイッ

ハルヒ(か、顔近いっ!わ、わー、くちびるが!目つむるべきなの!?)

ツン

ハルヒ「…え?鼻?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:16:06.77 ID:xlwLnJhZO

長門「」ガクン

ハルヒ「おぉ」ワクワク

長門「…」

長門「あー…」ノビー

ハルヒ「…有希?」

長門「…あぁ?あたしのことは姐さんと呼びな」

ハルヒ「へ?」

長門「わかったら返事ィ!」

ハルヒ「は、はいっ!」ビックゥ

長門「ったく、相変わらずしけたとこだよ。涼宮、茶」

ハルヒ(怖ー!)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:23:01.63 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「お、お待たせしましたっ」サッ

長門「ん」ズズーッ

ハルヒ(こ、この有希には早いとこご退場願わないと…)

長門「…おぃ、誰が下がっていいって言った?」

ハルヒ「ひ」

長門「お前カワイイ顔してるからな、気に入ってんだ。膝に座んな」

ハルヒ「…」ビクビク… チョコン

長門「あっはっは、何小さくなってんだぃ。あたしの事嫌いか?」グイッ

ハルヒ「ひゃ、あの、嫌いとかでは…」(こ、怖い…けど、かっこいい、かも)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:30:11.51 ID:xlwLnJhZO

長門「んー?」ググイッ

ハルヒ「わ…」(ち、近いっ)

長門「綺麗な肌してんなぁ」ス…

ハルヒ「…ーっ」ゾクゾク

ハルヒ(ダメ!いろいろ限界!)ツン

長門「」ガクン



ハルヒ「…怖かった」

長門「…その割には顔が紅潮している」

ハルヒ「う、うるさいわね!他にはどんなのがあんのよ!」

長門「押してみてのお楽しみ」

ハルヒ「うぐっ…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:39:40.07 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「…」ジー

長門「何」

ハルヒ「いや…なんか楽しそうね」

長門「気のせい」

ハルヒ「…まぁいいわ、押してみるわよ。いい暇つぶしになるわ」

長門「それでこそあなた」

長門「…」スッ

ハルヒ「女は度胸!とぅ!」ツン

長門「」ガクン

ハルヒ「…」

長門「…あら、ごきげんよう」

ハルヒ(誰だー!)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 05:50:46.53 ID:xlwLnJhZO

長門「まったく、埃臭いとこねぇ。あなた、メイドの一人や二人雇ったらどうかしら」

ハルヒ「う、うるさいわね!いっつもここにいるでしょうが!」

長門「あーら、誰が好き好んでこんなところにいるものですか。横暴な団長さんがいらっしゃるから仕 方 な く 来てるだけですことよ」

ハルヒ「最初に来てるくせによく言うわ!文句があるなら自分で雑巾でもかけなさいよ!」

ハルヒ長門「うー…」バチバチバチ

長門「ふん、もういいですわ」ガタ

ハルヒ「な、なによ」

長門「ティータイムにしますわ。紅茶のセットもあったはずでしょう」

ハルヒ「あたしはやんないわよ」

長門「元から期待してませんわ」

ハルヒ長門「ふん!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 06:06:34.13 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ「…なんでわざわざお湯沸かしてんのよ?ポットあるじゃない」

長門「…渋味やエグ味が出るからですわ。沸騰直後から数十秒のお湯だと風味のバランスよく抽出できますの」

ハルヒ「へぇ…」



ハルヒ「え、鍋に茶葉入れるの?」

長門「こうして抽出したあとにポットにうつします。そうすれば最後まで一定の濃さで飲めますから。ティーポットでいれると日本は軟水ですから美味しさが損なわれていきますの」

ハルヒ「…」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 06:07:57.96 ID:xlwLnJhZO



長門「…どうかしら」

ハルヒ「…美味しい」

長門「ま、当然ですわね」ズズーッ…

ハルヒ「…手間がかかるのね、意外に」

長門「そうね、適当にもできますけど美味しいものには少しは手間がかかりますわ」

ハルヒ「…なんでわざわざ私に手間かけていれてくれたのよ」

長門「…さぁ?」ズズー…

ハルヒ「…」ズズー…

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 06:13:26.72 ID:xlwLnJhZO

長門「…お疲れさま」

ハルヒ「なによ今の!ホンット疲れたわ!…まぁ、紅茶は美味しかったけど…」ボソボソ

長門「…ツンデレ同士では話が進まない」

ハルヒ「え?」ズズーッ

長門「なんでもない」

ハルヒ「…ふー。まったく、みんないつになったら来るのかしら」

長門「さぁ」

ハルヒ「押さざるをえないじゃない…」

長門「…別にネットサーフィンしていてもかまわない」

ハルヒ「飽きたの!暇なの!」

長門「押したいなら押したいと素直に」

ハルヒ「うぅうるさい!」ツン

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 06:25:53.34 ID:xlwLnJhZO

長門「」ガクン

ハルヒ「有希」

長門「…は、はい」

ハルヒ(…これは…最初にでた有希かしら?)

長門「…涼宮さん…?」

ハルヒ「やっぱり」

長門「?」

……

長門「じゃあ…ここにします」ペチ パタパタ

ハルヒ「…」ジー

長門「…あの、涼宮さんの番ですよ…?」

ハルヒ「…」ジー

長門「…そ、そんなに見つめないで下さい…」カアァ…

ハルヒ(くぁあ萌ゆる!たまらん!有希ずっとこのままにしとこうかしら!)

長門「ちょっとおトイレに…あっ」コケッ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 06:37:22.19 ID:xlwLnJhZO

長門「きゃ…」グラッ

ハルヒ「あ、危ない!」



長門「鼻が痛い」

ハルヒ「あぁこけて戻るなんて!そんなとこがかわいいんだけど!なんなのよもぉおお!」ムキー

長門「…」

ハルヒ「…ん?どうしたの有希」

長門「…」フイ

ハルヒ「?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:03:27.52 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ「有希ーなんで拗ねてるのよー」クイクイ

長門「別に拗ねていない」ペラ

ハルヒ「ねー」ツンツン

長門「…」ペラ

ハルヒ(…もしかして他の人格がかわいいって言ってるからかしら?)

ハルヒ「…ゆーきっ」ギュ

長門「…」

ハルヒ「…有希は有希のまんまが一番かわいいわよ」

ハルヒ「他の有希も珍しくて面白いけど」

長門「…」

ハルヒ「やっぱりいつもの有希じゃないと」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:06:46.16 ID:xlwLnJhZO

長門「…そう」

ハルヒ「うん」スリスリ

長門「…」

ハルヒ「あれ、照れた?」

長門「…照れてない」

ハルヒ「へへ」スリスリ

長門「…押す?」

ハルヒ「そうね、暇だし押そうかしら」

長門「…」スッ

ハルヒ(…やっぱかわいいわ)「えい」ツン

長門「」ガクン

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:20:40.04 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ「…有k」

長門「いやーおおきに!はぁーやっぱ自分で身体動かせるんはええなぁ!」

ハルヒ「なんでやねん」

長門「タイミング間違ーとるで」

ハルヒ「…」

長門「なんやぁその顔?たまにはウチかて喋りたいときもあるわ」

ハルヒ「違和感がすごいわ」

長門「そのうち慣れるやろ。小腹すいたな、購買いかへん?」

ハルヒ「却下。そんなに有希が喋ってるとこ誰かに見られたらどうすんの」

長門「ええやん、へぇ長門って意外とお喋りさんやねんなぁみたいな。明日から友達増えるかもやで?」

ハルヒ「だーっダメなものはダメ!お茶飲んで我慢しなさい!」

長門「さっきから茶ー飲みっぱなしでたぽたぽや」

ハルヒ「…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:27:40.78 ID:xlwLnJhZO

長門「なぁーお腹すいたー」

ハルヒ「…」

長門「ちょっとーハルちん」

ハルヒ「…」

長門「これじゃキャラ入れ代わっとるやんかーなーハルちーん」

ハルヒ「うっさい!ハルちん禁止!」

長門「えーよーじゃあ一人で行ってくるから」ガチャ テテテッ

ハルヒ「!」ギョッ

ハルヒ「ちょ、待ちなさいっ!無表情作っとかないと」ダッ

みくる「す、涼宮さんっ、今ながなが長門さんがっ…すごい…笑顔で走っていきましたぁ…」

ハルヒ「ああもう…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:39:30.12 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「とりあえず!みくるちゃんは部室で待機!そして今のはただの見間違い!いいわねっ!」ダッ

みくる「ふぁい…」



ハルヒ「ついたっ!」ダダダッ ガラッ!

長門「おばちゃーん焼きそばパンとメロンパンとプリンとミルクー」

ハルヒ「どこが小腹かっ」スパーン

長門「おフっ!あ、ハルハル」

ハルヒ「ハルハルも禁止!ほら早く部室に帰るわよ!」ガシッ

長門「やーだーパン買うてないもんーハルぴーのアホー」ズルズル

ハルヒ「だーわかったわかったパン買ったら帰るわよ!いいわね!そしてハルぴーも禁止!」

長門「やったー」

ハルヒ「なんでこういう時だけ無表情になるのよ…」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:50:10.36 ID:xlwLnJhZO

おばちゃん「はい、二人とも元気だねぇ」ガサッ

長門「なぁ聞いた!?ウチ生まれて初めて元気っ娘認定された!」

ハルヒ「はいはい、部室戻るわよ」

長門「…」ニヤリ

ハルヒ「え?あ!待ちなさいコラー!」



長門「いやーやっぱ屋上で買い食いってええなぁ」ハムハム

ハルヒ「有ー希ー…」ガチャ

長門「あら、ハールーダビットソン」モキュモキュ

ハルヒ「それも禁止!みくるちゃん待ってるんだから早く帰るわよ!」

長門「さっき校内放送で呼び出しかかってたで」アムアム

ハルヒ「あ、そう…じゃなくて!」

長門「わかったわかった、これ食べたらなー」ガサガサ

ハルヒ「…まったく」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 15:57:36.70 ID:xlwLnJhZO

長門「ふぅ…」ケプ

ハルヒ「よくそんなに食べれるわね…」

長門「もともとウチよく食べるで?はー、なかなかにええ眺めやなー」

ハルヒ「…そうね」

長門「…いっつもウチを連れ出してくれてありがとな、こうでもせんと毎日毎日家と学校の往復だけや」

ハルヒ「え…」

長門「不思議探索も楽しみにしとるんよ。まぁ500年もやるのはごめんやけど」ニヘラ

ハルヒ「?」

長門「…隙あり!」ダッシュ

ハルヒ「甘い」ガシッ ツン

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 16:06:04.55 ID:xlwLnJhZO

長門「…お腹がたぷたぷ」

ハルヒ「水分とりまくりだからね…」

長門「…」

ハルヒ「…なに嬉しそうにしてんのよ、楽しかったの?」

長門「…」コク

ハルヒ「…ま、私もつまらなくはなかったわ」

ハルヒ「しっかしみんないつになったら来るのよ!もう5時よ!?」

長門「わからない」

ハルヒ「はぁ…しょうがないわね…」ツン

長門「」ガクン

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 16:27:57.30 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ「…お、今回はうるさくなさそうね」

長門「…」

ハルヒ「…?」

長門「…」

ハルヒ「有希?」

長門「何」

ハルヒ「…あれ?私押したわよね?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 16:29:50.74 ID:xlwLnJhZO

長門「…」コク

ハルヒ「…変わってないじゃない」

長門「私はさっきの主人格とは別」

ハルヒ「そう…なの…?」

長門「そう」トテテ

ハルヒ「?」

長門「…」ギュゥ

ハルヒ「!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 16:38:27.70 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「な、ゆ、有希」

長門「…」スリスリ

ハルヒ(…たまらん!)

ハルヒ「え…えと…普段の有希とあんまり変わらないわね」

長門「…」コク

ハルヒ「ちょっと…近い…わよ」ドキドキ

長門「ダメ?」ズイ

ハルヒ「ダメじゃ…ないけど」

長門「…」ググッ

ハルヒ「きゃ…」ドサッ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 16:48:17.53 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「わ…」

長門「…」トサッ

ハルヒ「…」

ハルヒ(…あったかい…)

長門「…」ハム

ハルヒ「ひゃ!?」

長門「…」チュー

ハルヒ(…だ、ダメダメ!首…)

ハルヒ「…っは…ぁ…」

長門「好き」

ハルヒ「ふぇ…」

長門「…」スリスリ

ハルヒ「…」ハァ…ハァ…

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 17:02:23.10 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「あのね…有希…」

長門「…これはあなたが望んだ事」

ハルヒ「え…」

長門「…」ペロ

ハルヒ(くぅ…)キュンキュン

長門「気持ちいい?」

ハルヒ「…」…コク

長門「…」スル…

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 17:26:12.05 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ(頭が…)

長門「…」ググッ…

ハルヒ「まままってきすはおんにゃのこどうしだし」

長門「…嫌?」

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」フルフル…

長門「…」ググッ

みくる「遅くなりましたぁ…みっ!?」

ハルヒ長門「」

みくる「し、失礼しましたぁ!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 17:53:03.86 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

ハルヒ「…」

みくる「…あの…お茶いれましょうか?」

ハルヒ長門「もうたぷたぷ」

みくる「ふぇ…」


ハルヒ「…さっきのは事故だから。有希がこけたからあんな事になっただけだからね」

みくる「は、はいっ」

長門「…」

ハルヒ(…はっ!そういえば有希の鼻押してな…)

長門「…」ペト

ハルヒ(やっぱりー!)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:03:51.17 ID:xlwLnJhZO

みくる「な、長門さん…」

長門「…」ペター

ハルヒ(ま、まずいわ!早く押さなきゃ…!)バッ

長門「…」ヒョイ

ハルヒ「!」

ハルヒ「くっ…」バババッ

長門「…」ヒョヒョヒョイ

ハルヒ「よ、避けるなんてずるいわよ!」

長門「知らない」

みくる「け、喧嘩はダメですよぅ」

ハルヒ「…」ジリジリ

長門「…」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:17:20.18 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「このっ…」ブンッ

長門「…」ヒョイ ギュウ

ハルヒ「ーっ!」カアァ…

ハルヒ「待ちなさーいっ!」

長門「いや」トテテッ

みくる「…」



キョン「…なんだこれは」

ハルヒ「…」ゼー…ゼー…

長門「…」ギュー

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 23:00:51.51 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「今日は解散!」

長門「…」ペター

ハルヒ「もうわかったわよ…好きにして」

長門「…」

ハルヒ「…とみせかけて」ブンッ!

長門「…」スカッ

ハルヒ「うにゃああぁあ!」

長門「…」ピッタリ

みくる「大丈夫なんでしょうか…」

古泉「涼宮さんの思いつきでしょうから大丈夫でしょう。神人の報告も来ていませんし」

長門「…」ムニ

ハルヒ「わぁあ!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 23:11:59.42 ID:xlwLnJhZO

次の日、放課後―

ハルヒ「…みんな揃ってるわねー…」ガチャ

長門「…」ズルズルズル

キョン「長門足ひきずってるぞ」

古泉「昨日はお楽しみだったようですね」

ハルヒ「ば、バカ言わないで!有希が家までついてくるから仕方なくよ!」

みくる「でも涼宮さん楽しそうです」

ハルヒ「これは有希がっ…」

ハルヒ(…鼻を押したら人格変わるから、なんて言ったら頭おかしいと思われるわね…)

長門「…」ツンツン

ハルヒ「…」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 23:18:11.41 ID:xlwLnJhZO

ピンポンパンポーン

「…の古泉一樹君、職員室まで来て下さい」

古泉「おや」

ガチャ

谷口「おーいキョン、なんか職員室に呼ばれてたぞー」

キョン「ん」

鶴屋さん「みくるーっ、ちょっとくるっさー」

みくる「ふぇ」

ゾロゾロ バタン

長門「二人きり」

ハルヒ「なんでよもー!」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 23:26:49.20 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ(…なんとかして鼻押さないと)

長門「…」フニフニ

ハルヒ「…」ムズムズ…

長門「…」ギュー…

ハルヒ(な、何か方法… ! )
ハルヒ「…ねぇ有希、もっといいことしたくない?」

長門「…」

長門「抱いて」

ハルヒ「いいわよ!」

ハルヒ(…危なく鼻血ふくとこだったわ)

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 23:40:56.45 ID:xlwLnJhZO

ハルヒ「…最初はキスからよ」

長門「…」コク

長門「…」スッ…

ハルヒ(ホント綺麗な顔よね…騙したみたいで悪いけど…)スッ

長門「…」グイ

ハルヒ「ふむっ!?」

ハルヒ「んーっ!んーんー!んぅ…」



長門「…美味」

ハルヒ「…」クテー

長門「続き」グッ…

ハルヒ「ふぇ…」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 23:50:23.30 ID:xlwLnJhZO

長門「…」ググッ

ハルヒ「ま、待って待って!抱いてって言ったんだから有希が受けよ!」

長門「あなたがそんな言葉を知っているなんて意外」

ハルヒ「うぇ」ギクッ

長門「…」ドサッ…

ハルヒ「…」オオイカブサリッ

長門「…」

ハルヒ「…顔動かしちゃダメよ」グッ

ハルヒ「…ごめんっ!」ツン

長門「…」ガクン

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 00:03:13.78 ID:xlwLnJhZO

長門「…」

長門「まだ続ける?」

ハルヒ「え?あ、すぐどくから!」ササッ

長門「…」

ハルヒ「えーと、その」

長門「柔らかかった」

ハルヒ「う…」ズズー…

長門「唇、乳房、ふともも、その他諸々」

ハルヒ「」ブーッ

長門「…」

ハルヒ「…そ、その他って?」

長門「昨晩あなたが寝ている間にnむぐ」

ハルヒ「みなまでいわなくてよろしい」ガシ

長門「…」コク

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 00:25:45.01 ID:VAr4LcdUO

ハルヒ「…ねぇ有希、多重人格ってそんなにはっきり記憶があるもんなの?」

長門「…」コク

ハルヒ「…」

長門「…」

ハルヒ「だいたい鼻押して人格変わるなんて聞いた事ないわ…」

長門「…」

ハルヒ「…ねぇ」

長門「何」

ハルヒ「…まさか演技とかじゃ…」

長門「…」

ハルヒ「今笑ったわよね!?見たわよ!やっぱ演技だったのね!くぁああぁあ!バカ有希!」

長門「気のせい」

ハルヒ「あぁあ私の素直な気持ちを返せぇええ!!」

長門「…」トテテ

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 00:31:37.29 ID:VAr4LcdUO

ハルヒ「だいたい最初に気付くべきだったんだわ…あんなのどう考えてもおかしいじゃない…」ワナワナ

長門「…」

ハルヒ「なによ関西弁喋る有希って…姐御有希って…」

ハルヒ「…!」キッ

長門「…許してほしい…」

ハルヒ「ふぐっ…」

長門「涼宮さん…」ウルウル

ハルヒ「だぁあもぉー!」

長門「…」ペラ…

fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「長門さん、頭からウサギが生えていますよ?」