アセム「汚いこと… だと……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしも、朝倉と長門の役割が逆だったら。

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:37:43.02 ID:7X8E9og60

凪沙「いい匂い…」

楚方「おっはよ〜! 今日もおいしそうだね!」

パパコック「ありがとうね。たくさん食べてきなよ」

鈴子「おはようございます」

パパコック「おはよう! 知恵理ちゃん、ピーマン抜いといたよ」

知恵理「あ… がと……」ウトウト

アセム「ここの子たちは朝からずいぶん食べるんだな」

フリット「年寄りにはキツいメニューよ…」

パパコック「すいませんね。若い子が多いもんで」

パパコック(……)

パパコック(この人たち、なんで普通に居座ってるんだろう……?)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:38:46.22 ID:7X8E9og60

——数日前——

ツバサ「今日からLASの訓練のため、外部から専任の教官たちに来ていただく事になりました」

楚方「どんな人なの?」

ツバサ「二人ともベテランのパイロットで、腕は確かよ」

鈴子「それは心強いですね」

恵(今度戦闘になったら、ボクも頑張らないと)

ツバサ「00のファンでもあるから、握手会で皆も会ったことあるかもしれないわね」

智恵理「まさか……」

アセム「最高が似合う最高の俺が、立派なスーパーパイロットにしてやるぜ!」

凪沙「智恵理、良かったね。知ってる人で」

智恵理「……むしろ最悪だわ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:41:10.16 ID:7X8E9og60

アセム「00の子たちは今ダンスのレッスン中だ」

フリット「今日は戦闘訓練はない」

アセム「ついでに言うと、芸能禁止区域での活動もないから、基本俺たちにお呼びがかかることはない」

フリット「しかし油断はならんぞ。現に熱海星では脱衣所を襲撃されているからな」

アセム「だからこうして風呂場を警備しているんじゃないか」

フリット「ああ…… ここの朝風呂は気分がいいな」

アセム「全くだ。シャンプーが女物しかないことを除けば最高だぜ」ガシガシ

フリット「もうディーヴァに帰りたくないのう……」

アセム「そろそろダンスのレッスンが終わるぞ。早く出よう」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:42:01.88 ID:7X8E9og60

凪沙「あれ、フリットさんたち… まさか」

フリット「いい湯だったぞ」

アセム「レッスンは終わったのかい」

凪沙「そうです。早く逃げた方がいいですよ! もうすぐ智恵理が来」

智恵理「あーっ!!」

凪沙(遅かった……)

智恵理「二人とも! ここのお風呂入らないでっていつも言ってるでしょ!」

アセム「よしよし、智恵理は今日も元気だなぁ」

フリット「ここにいるだけで若返るようだわ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:44:53.27 ID:7X8E9og60




凪沙「さっきはすみません、智恵理も総選挙前で気が気でないみたいなんです」

フリット「あれほど人気でもか」

アセム「いかんなぁ、ハートが強くなければスーパーパイロットになれないぞ」

鈴子「誰もなりたくないと思います」

楚方「そなたもやだぁ…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:45:37.43 ID:7X8E9og60

フリット「しかし、あまり刺激してディーヴァに追い返されても困る」

アセム「そうだな。しばらくおとなしくしてるとするか。戻ったらナトーラ艦長もうるさいし」

凪沙「二人ともディーヴァで一体何したんですか……」

アセム「俺たちの活動は全て愛でできているんだよ!」

楚方「おっちゃん何言ってんの?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:48:46.47 ID:7X8E9og60

——ラ・グラミス——

ゼハート「なぁ、アセムよ…」

アセム『なんだい?』

ゼハート「お前はここ数日、毎日のように秋葉星から通信してくるな」

アセム『いいだろ。毎日あの子たちと一緒にいられるぞ』

ゼハート「正直な所、わたしはアイドルオタク属性がないので羨ましくない」

アセム『ホントのこと言うとヒマなんだ。戦闘訓練もあるにはあるけど、本業じゃないしな』

ゼハート「しばらくしたら、総選挙とやらで忙しくなるんだろう」

アセム『よく知ってるじゃないか』

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:49:55.59 ID:7X8E9og60

ゼハート「フラムが詳しいのだ…… エデンの文化に興味があるというから、何かと思えばこれだ」

アセム『なんだったらこっちに招待するぞ』

ゼハート「そんなくだらん用事にさける人材はないと言ったろ!」

アセム『人手不足のヴェイガンは大変だな。こっちは… ん?』

ゼハート「なんだ」

アセム『誰か帰ってきたみたいだ。じゃあまたな!』

ゼハート「二度とかけてこなくていいぞ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:51:14.22 ID:7X8E9og60

凪沙「お帰り! 今練習してたの。智恵理も一緒にどう?」

智恵理「ごめん、疲れてるから……」

凪沙「そう…」

智恵理「私も凪沙と同じ。本当は総選挙なんて嫌なの」

智恵理「汚いことまでして、順位をあげるなんて…」

アセム「汚いこと… だと……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:53:41.74 ID:7X8E9og60

—— イテザスター ——

アセム「うおおおおおおおお!!!! お義父さん!」

マックス「その呼び方はよせと言ったろ! いい加減にしろ!」

アセム「智恵理が! 俺たちの智恵理がついに枕営業に手を出したんだ!」

マックス「落ち着け変態! 健全なアニメでそんなことをするわけがないだろう」

アセム「……冷静に考えてみればそうだな」

フリット「そうなると一体何をしたのだ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 21:58:05.40 ID:7X8E9og60

マックス「心当たりはないな。智恵理の行動はすべて監視しているが」

アセム「年頃の娘をいちいち観察してるから嫌われるんじゃないか」

マックス「嫌われてなどいない! 大体その年まで息子の前に顔も出さなかった男が言うな!」

フリット「そうだぞ! 多少構いすぎたくらいでキオがわたしと距離をおくわけないだろう!」

アセム「いや、あんたに言ったんじゃない! 話をこじらすな!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:01:16.74 ID:7X8E9og60

マックス「しかし気になるな。どうしてそう思ったのだ?」

アセム「今日は休日でな、どこかへ遊びに行っていたらしいんだが、帰ってきたらずいぶん落ち込んでたんだ」

マックス「それはおかしいな。今日、智恵理は元執事の男に会っていたんだ」

マックス「わたしからのビデオメッセージを見ているはず。それで落ち込むわけがない」

アセム「……そのビデオ、確認させてくれないか」

・ アイタカッター イェス!!

アセム「やはり原因はあなたか」

マックス「冗談はやめてくれ。わたしは智恵理を支援すると言ってるじゃないか」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:04:42.78 ID:7X8E9og60

——ディーヴァ——

ナトーラ「あの二人がいないと、ここも静かでいいわね」

セリック「ああ、いっそ向こうで引き取ってくれれば……」

 ガラッ

キオ「艦長! セリックさん! 爺ちゃんが」

ナトーラ「」ビキッ

キオ「爺ちゃんがディーヴァのモビルスーツ隊を送ってほしいって」

ナトーラ「……一応聞いておくわ。今度は何?」

キオ「0048の総選挙会場を守るって言うんです」

セリック「艦長、ここはやはり」

ナトーラ「DGTOの妨害、という線でごまかすしかないわね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:06:49.57 ID:7X8E9og60

——当日——

フリット「なぁ、アセム……」

アセム「なんだい父さん」

フリット「なぜ、会場の警備がわしらだけなのだろうな……」

アセム「今日は総選挙で、戦闘班もみんな会場内にいるからな」

フリット「そうではない。何故モビルスーツ隊は二機だけなのか…」

アセム「ゼハートめ、『行けたら行く』だと……」

フリット「!? 敵機が来る! とにかく二機で守りきるぞ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:07:32.64 ID:7X8E9og60

——ラ・グラミス——

フラム「あの、ゼハート様?」

ゼハート「なんだ」

フラム「本当に加勢しなくて良かったのでしょうか」

ゼハート「むしろDGTOに加勢したいくらいだ」

フラム「そんなこと言ってる場合じゃないですよ。情報によると、今回は切り札が…」

ゼハート「知っているさ。そのくらいしないと、二人とも懲りないからな」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:09:20.71 ID:7X8E9og60




アセム「……意外となんとかなるもんじゃないか……」

フリット「空中戦はダークハウンド、地上からの迎撃はこのダブルバレット」

フリット「急ごしらえだが、AGE-1に取り付けてみてもそこそこ使えるものだ」

—— 5 ——

アセム「DESの機体はすばしっこいわりに武装が大した事ないからな、踏み込んでいける」

—— 4 ——

フリット「それにしても、なんだ? このカウントダウンは……?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:10:39.39 ID:7X8E9og60

アセム「おかしいぞ、急に敵の増援が途絶えた。何か仕掛ける気だ!」

—— 2 ——

アセム「おい、3がなかったぞ… こいつはまさか…」

—— 1 ——

アセム「ワルプルギスの夜か!!」

フリット「DGTOめ、そんなものまで用意していたとは!」

アセム「だが俺たちにだって頼れる仲間がいるんだ! 頼むぞ、まどか!」

まどか「わかってる! 行くよ、ほむらちゃん!」

ほむら「か、会場を守るためなんだから……」プルプル

マミ「一度戦った相手よ。恐れることはないわ!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:13:07.44 ID:7X8E9og60

——ラ・グラミス——

アセム「ゼハートはいるかあぁああ!!」

ゼハート「まぁそう慌てるな。総選挙は楽しめたか?」

アセム「お前、ワルプルギスの夜が来ることを知っていたな」

ゼハート「よしてくれ。こう見えても一応行こうとはしたんだぞ」

フラム(絶対ウソだ……)

アセム「全く、何とか追い払えたからいいものの」

まどか「でもDESが撤退してからは普通に観られてよかったよ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:15:55.82 ID:7X8E9og60

マミ「フラムさんも来ればよかったのに」

フラム「行きたかったんだけどね…… みんな誰に投票したの?」

アセム「俺たちは智恵理に4000票だ」

ゼハート「相変わらずまるでダメな大人だな…」

アセム「ビシディアンの全員で応援したんだ。合計でそのくらい入ったっておかしくないだろう」

マミ「……あの、アセムさん。さっきここへ来る途中に聞いた時も思ったんだけど……」

まどか「そういうことするから智恵理ちゃんに嫌われるんだよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:19:32.36 ID:7X8E9og60

アセム「俺は嫌われてなどいない! 変な言いがかりはやめろ!」

マミ(智恵理さんのお父さんから何も学んでいないわね……)

まどか「そんなに言うなら、本人に直接聞いてみたら? 4000票入れた事もちゃんと話して」

ほむら「鹿目さん、そんな煽ったら……」

アセム「よし、帰ったら早速やってやろうじゃないか」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:22:13.84 ID:7X8E9og60

—— 早速やってみた結果 ——

ナトーラ「あの二人、無事に総選挙の会場を守り抜いたみたいね」

キオ「良かった!」

セリック「その調子で、しばらくむこうにいてくれれば……」

 フシュー

アセム「よぅお前ら! 長い事あけてすまなかったな」

フリット「今帰ったぞ〜」

セリック「」チッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:23:06.73 ID:7X8E9og60

アセム「久々の我が家は落ち着くなぁ」

ナトーラ「あなたはバロノークに帰りなさいよ! どうしてこっちに!」

アセム「ここは俺たちの家だからさ」

キノコ「そうだな。おかえり、アセム」

フリット「秋葉星土産にガンプラ焼買ってきたぞ。お茶にしよう」

キオ「ありがとうじいちゃん! でもなんで急に帰ってきたの?」

アセム「」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:25:44.97 ID:7X8E9og60

キオ「……どっちかというと、『帰らないといけなくなった』んだよね?」

フリット「それはアセムがだな……」

アセム「なんだ父さん! まるで俺のせいみたいに!」

フリット「わたしはおとなしくしていようと言っただろう!」

ナトーラ「……また謝りに行かないと……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:28:08.11 ID:7X8E9og60





鈴子「天候のコントロールが奪われているかもしれません!」

楚方「秋葉星、どうなっちゃうの……?」

凪沙「街が破壊されていく… みんなで過ごした秋葉星が……」

凪沙「こんなの… いやあぁーーっ!!!」

智恵理「凪沙! 脱出して!」

凪沙「! 間に合わな…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:30:18.85 ID:7X8E9og60

 カチッ

凪沙「あれ? わたし、どうして……?」

ほむら「遅れてごめんね。助けに来たよ!」

まどか「セリーの操縦って、意外と簡単なんだね」

彼方「三人とも、来てくれたんだ!」

マミ「有人機は捕獲すればいいのね? 任せて!」

まどか「嵐の中の決戦か… やなこと思い出すなぁ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:33:15.24 ID:7X8E9og60

ツバサ「敵の指揮系統に乱れが出ているわ。反撃に出るわよ!」

彼方「了解!」

智恵理「どうして急に?」

アセム「宇宙戦はお手の物だからな! 旗艦はビシディアンがいただいてくぜ!」

フリット「幾度となく握手会を邪魔されたのだ。今日という今日は粛正してやる!」

智恵理(味方になると頼れる……!)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:35:44.16 ID:7X8E9og60

キオ「秋葉星は無事守られたみたいですね」

ナトーラ「その功績が認められて、あの二人も別のポジションに復帰が許されたそうよ」

キオ「よかった…… でも、またしばらく父さんには会えないんだ…」

アセム「まあそう落ち込むな、キオ」

キオ「父さん!?」

フリット「ガンプラ焼きでも食うかい?」

ナトーラ「総司令も… どうして……?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:37:36.41 ID:7X8E9og60

アセム「あの後、剥がしのバイトをさせてもらっていたんだが」

フリット「それをこのバカが…」

アセム「言っても離れてくれなかったんだ。あれは仕方ないじゃないか!」

ナトーラ「どうしてこの人たちはこう……」



握手会って剥がしの人と触れ合うイベントに見えるけどどうなんだろう おわり

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 22:41:11.57 ID:7X8E9og60

読んでくれた人、ありがとう

そのうち懲りずに00スレ立てるからまた会おう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カヲル「僕が…レイくんと暮らす…」