アスカ「コネメガネのレズテクなんかに絶対負けない!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「sos団のやつに安価でメールする

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 22:49:47.75 ID:NrCd+w/d0

マリ「―――なぁんて言ってたのににゃあ」

アスカ「ァ……も、もっとぉ……マリぃ、もっと」

マリ「んっふふ、仰せのままに。姫」

8 名前:>>7[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:01:25.56 ID:NrCd+w/d0

3週間前

マリ「本日から本部でお世話になる真希波・マリ・イラストラスですっと。ヨロシク」

アスカ「げっ」

マリ「やっほー、アスカちゃん」

シンジ「アスカ、知り合いなの?」

アスカ「顔見知りってだけよ」

レイ「…」

11 名前:>>7 破延長かもだけどごちゃ混ぜ[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:07:55.77 ID:NrCd+w/d0

〜休憩所〜

シンジ「海外のNERVってどんな感じなの?」

マリ「んー、ショボい」

アスカ「ショボかないわよ。まあ当然、施設も広さも本部に比べたら見劣りするけど」

シンジ「へえ」

日向「―――シンジ君、少しいいかい? 葛城さんが呼んでる」

シンジ「あ、はい。ちょっと行ってくるね」

マリ「行ってらっしゃい」

スタスタ

アスカ「…」

マリ「相変わらずつれないにゃあ、アスカちゃん」

アスカ「ふん」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:14:58.79 ID:NrCd+w/d0

マリ「せっかくの再開なのに、そんな警戒しなくてもいいじゃん」

アスカ「あんたが支部でどんな『問題児』だったか知ってたら、誰だって警戒するわよ」

レイ「……?」

アスカ「エコヒイキ、気をつけなさいよ。こいつ、あっちじゃレズクイーンで有名だったんだから」

アスカ「誰かれ構わず手ぇ出して、タチ悪いったら」

マリ「構わずじゃないってば。気に入った、可愛い子だけ」

レイ「…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:26:14.80 ID:NrCd+w/d0

マヤ「ハーモニクステスト、準備整いました」

リツコ「―――シンクロスタート」

シンジ『…』

アスカ『…』

レイ『…』

ミサト「どう?」

マヤ「数値、3人とも安定しています。問題ありません」

マリ「……さっそく乗れると思ったのに、一人だけハブかぁ」

リツコ「急な話だったせいで、あなたのエヴァもスーツも調整中なの。三日後には間に合わせるから、それまで本部に慣れておいて」

マリ「はいよ」

アスカ『…』

レイ『…』

マリ「それにしても……二人ともすっごく美味しそう」ペロッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:31:56.23 ID:NrCd+w/d0

〜更衣室〜

アスカ「お先」

プシュッ



レイ「…」

プシュッ

レイ「?」

マリ「お、いたいた。これからシャワー?」

レイ「……何か用?」

マリ「そ。ちょいとばかり、レイちゃんとお喋りしたくてさ」

レイ「話すこと、ないわ」

マリ「クールだねぇ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:41:04.83 ID:NrCd+w/d0

マリ「さっきのアスカちゃんの話聞いた後で、私と二人っきり。ヤバ、とか思わないの?」

レイ「私には関係ないもの」

マリ「ふーん。ところでレイちゃん、好きな男の子とかいないのかにゃ」

レイ「…」

レイ(……碇君。碇君といると、ぽかぽかする)

マリ「おっ。その顔は、いるんだね」

レイ「……よく分からない」

マリ「そっか。どうせなら、好きな男がいたほうが燃えるんだけど」スッ

レイ「?」

マリ「……近づかれてもやっぱ警戒しない」

レイ「同性愛に興味、ないもの」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:51:57.47 ID:NrCd+w/d0

マリ「そっちが興味なくても、相手はあるかも知れないじゃん」

レイ「…」

マリ「こうやって……脚軽く撫でられても気にしない?」ツツ…

レイ「ええ」

マリ「レイちゃん、君、面白いね」

レイ「…」

マリ「そんじゃ、そのまま片づけ続けててよ。勝手に触っとくから」

レイ「そう」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/09(土) 23:56:01.74 ID:NrCd+w/d0

レイ「…」カチャカチャ

マリ「……んふふ」

サワサワ

レイ「…」

サワサワ…ツツ

レイ「…」

ツツ…クニュ

レイ「……ッ」ピクッ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 00:01:59.52 ID:uD+umwy80

マリ「今、少し感じた?」

レイ「……?」

マリ「キモチよくなるってこと」

レイ「……なってないわ」

マリ「ふぅん」

レイ「…」カチャカチャ

サワサワ

レイ「…」

ツツツ…ツッ

レイ「…ン、ゥ」

マリ「ほら。声、出てきたよ……?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 00:14:10.63 ID:uD+umwy80

レイ「……ゥ、ク」

レイ(なに? この感覚……初めての感じ)

レイ「ぁ…ンン……」

マリ「ふふ。一度声が漏れだしたら、もう止まんなくなるにゃ」

レイ「さ……触らないで」

マリ「なんで? 勝手にしてていいんじゃなかったっけ」

クニュニュッ

レイ「ぁっ!?」

サワサワ、サワワ

レイ「ヒ、ンァ……ンッ!…ぁ、ぁ」

マリ「いい声。んじゃ、そろそろ私も少しだけ本気出そっかな」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 00:27:59.50 ID:uD+umwy80

レイ「ンッ……ぁぁ、ヒッ」

レイ(熱い。力、入らない。どうして?)

レイ「ふァ、ァ、くっンぅ」

レイ(碇君じゃない人……女の人にされてるのに。こんな、気持ち良くされて)

レイ「あ! ンぁぁ、ヤ、ひンン!」

レイ(キモチヨク? 気持ち良くなっているの? 私)

マリ「レイちゃん。イったことってある?」

レイ「はぁ、はぁ……あ、イ?」

マリ「ま、その様子じゃ間違いなく初体験かにゃ。じゃ…………イっといで」

グニュッ!

レイ「―――!」

レイ「ふ…ぁぁ! ッーーーーーーーー!」ビクビクビク

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 00:37:50.96 ID:uD+umwy80

レイ「ハァ…ハァ、ハァ」

マリ「そういやシャワー浴びるとこだったっけ。立てる?」

レイ「ハァ、ハァ……ぁ」

マリ「こりゃ無理か。なら連れてってあげるから、一緒に浴びよ」

レイ「ヤ……めて、もう……」

マリ「やなこったい。ほい、行くよ」

ズルズル

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 00:54:05.19 ID:uD+umwy80

マリ「さ。濡れちゃうからヌギヌギしましょーねっと」

マリ「……おお、キレイなおっぱい」

レイ「く……っ」

マリ「そう睨まないでよ、レイちゃん―――」

レロッ

レイ「ッ!」ビクッ

マリ「可愛い乳首ちゃん」

レロッ、ペロッ

レイ「ヒぅ、ンッ」

マリ「ん。まだまだ敏感なまんまだね。あれだけバッチリイったばっかだから当然か」

レイ(イった……イク……? さっきの、あれ……)

マリ「またイってみたくない? 大人しくしてれば、もっともっと……沢山体験させてあげるよ」

レイ(また……あの、あれを……?)

マリ「おいで」


…パタン

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 01:10:17.51 ID:uD+umwy80

ザー

マリ「お湯まみれで光る女体。たまんないにゃあ」

レイ「…」

マリ「一つのシャワー室に二人って、これもエコってやつ?」

レイ「…」

マリ「……黙ってるけど、逃げもしない。いい子だね」

ギュッ

レイ「ぁ……っ」

マリ「どう? 女の子同士で抱き合うの。すべすべで柔らかくてさ、クセになっちゃわない?」

レイ「…………別に」

マリ「まーだそんな事言うかね。そんなレイちゃんを骨抜きにするには、何回くらいイカせればいいかにゃあ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 01:11:42.06 ID:uD+umwy80

ザー

マリ「ねぇレイちゃん。このシャワー室を出るまでに、何回くらいイっときたい……?」

レイ「…っ」ピク

マリ「お望みの数だけ絶頂させてあげるよ。ここで、いくらでも」

マリ「ま、答えても答えなくても……すぐに数なんて数えてらんなくなるんだけどさ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 01:16:59.69 ID:uD+umwy80

〜葛城家〜

シンジ「真希波って、話しやすくていい人だったね」

アスカ「どこが。上っ面だけよ」

シンジ「……なんでそんなに嫌ってるの?」

アスカ「あんたよりはあいつのことを知ってるからよ。不本意ながらね」

♪〜

シンジ「あ。真希波からだ」

アスカ「は!? このバカシンジ、なんで番号教えてんのよっ」

シンジ「なんでって……色々その方が便利だから。もしもし?」



シンジ「うん―――じゃ、また」

アスカ「…」

シンジ「真希波、明日から僕らと同じクラスに転入決まったって」

アスカ「へ。えええええええっっ!?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:毎日新聞「涼宮ハルヒは成績を落とさないためにフェラチオする」