ミサト「シンジくん、今夜セックスさせてあげようか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「私は今から142分と45秒後にレイプされる」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:00:40.37 ID:+1C3n0VZ0

リツコ「どうだったの?」

ミサト「減給六ヶ月よ」

リツコ「あら、意外と軽いのね」

ミサト「でもシンジくんと一緒に暮らせなくなっちゃったのよ・・・」

リツコ「あんな事すれば当たり前よ、降格されなかっただけでもあり難く思う事ね」

ミサト「シンジくん、これから伊吹二尉一緒に住むらしいけど大丈夫かしら」

リツコ「え、マヤと?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:04:55.99 ID:+1C3n0VZ0

マヤ「葛城三佐、減給とは大変でしたね」

ミサト「う・・うん」

マヤ「シンジ君のことは私にまかせてください、立派に大人の男性にしてみせます」

リツコ「どういう意味?」

マヤ「私気づいたんです、男の人は苦手だけシンジくんは平気、ならシンジくんを理想の夫に育てるのも悪くないって」

ミサト「あなた何を考えてるの?」

マヤ「幸せな家庭を考えてます」

リツコ(シンジくんが危険だわ、碇司令にこの事は伝えておいた方がいいかも・・・)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:09:15.98 ID:+1C3n0VZ0

マヤ「今日がここからシンジくんの部屋よ」

シンジ(綺麗に片付けてある、いかにも女性の部屋って感じだな)

マヤ「じゃあ、あなたの椅子はここ、私はここね、いつも一緒にご飯たべようね」

シンジ「マヤさん、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いします」

マヤ「迷惑だなんてそんな・・・、それに私のことはマヤさんじゃなくてマヤって呼んで」

シンジ「え?」

マヤ「ほら、もっと家族みたいに親しくなりたいのよ、だからマヤって呼んで」

シンジ「は・・・はい」

マヤ「じゃああなたのご飯今から作るからちょっと待っててね」

シンジ(親しくなりたいとかいいながら、僕のことはあなたって言うのか・・・)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:12:28.40 ID:+1C3n0VZ0

ゲンドウ「君たちは私の息子を何だと思ってるんだ?」

マヤ「すみません・・・」

ゲンドウ「あいつも男だが、まだ子供なのだ。親としてはあまり歓迎する出来事ではないな」


冬月「避妊はちゃんとしたのかね?」

マヤ「はい、一応は・・・」

冬月「ならもういい、下がりなさい」

ゲンドウ「減給六ヶ月だ、あとの事は後ほど言い渡す」

マヤ「・・・はい」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:15:02.84 ID:+1C3n0VZ0

日向「やぁシンジくん、今度は僕が君と一緒に住む事になったんだ、よろしくね」

シンジ「お世話になります」

日向「遠慮しないでくつろいでくれよ、さぁ今夜は何が食べたい?」

シンジ「え、今から作るんですか?」

日向「そんなわけないだろ、外食しに行くんだよ、焼肉がいい?それともステーキ?」

シンジ「じゃあラーメンで」

日向「遠慮する事ないって、とにかく出かけようか」

シンジ「はい」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:17:44.74 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「今日はご馳走さまでした」

日向「僕はいつも外食しているからね、男の一人暮らしだとどうしても料理をさぼりがちになるから」

シンジ「じゃあ今度僕が何か作りましょうか?」

日向「本当かい?いや、嬉しいね是非お願いしたいよ」

シンジ「はい、それじゃそろそろ僕寝ますんで」

日向「おやすみ」



日向「もしもし・・・葛城さん、今シンジくんが寝室に入りました、ええ、監視の目も無いので今なら大丈夫です」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:21:18.77 ID:+1C3n0VZ0

ゲンドウ「君はどうしても降格されたいみたいだな」

ミサト「すみません・・・」

冬月「君の替わりは今の所いないのでそういうわけにもいかんのでな」

ミサト「はい・・・」

ゲンドウ「減給9ヶ月だ、日向二尉、君は減給6ヶ月だ」

日向「はい・・・」

冬月「葛城三佐、君は作戦関係以外では碇の息子には近づかないようにしてくれたまえ」

ミサト「はい・・・心がけます」

ゲンドウ「心がけるではなくて、決して近づくな!」

ミサト「・・・はい」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:25:15.33 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「はぁ・・・寝てる間に急にミサトさんが来るからびっくりしたな」

青葉「よぅシンジくん、大変だったね」

シンジ「青葉さん」

青葉「いや、男としたら羨ましいな、このこの!」

シンジ「青葉さん知ってるんですか?」

青葉「ああ、次は俺と一緒に住むんだよ、よろしくな」

シンジ「よろしくお願いします」

青葉「荷物はこれだけか、よし今から俺の部屋に行こうか、男同士仲良くしようぜ」

シンジ「はい」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:27:45.96 ID:+1C3n0VZ0

青葉「それで、葛城さんやマヤちゃんはどうだった?」

シンジ「どうって言われても・・・」

青葉「ほら、もっとどんな感じだったとか、どんな事されたとかあるだろ?」

シンジ「2人とも一方的に何かしてきたので、僕はされるがままでした」

青葉「へぇ・・・ねぇ、シンジくんってチンチン大きいの?」

シンジ「え、普通だと思いますけど」

青葉「ちょっと見せてくれよ、いいだろ?」

シンジ「でも・・・」

青葉「ほら、男同士だろ、気にするなよ、な?」

シンジ「青葉さん、鼻息が荒いですよ!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:30:39.95 ID:+1C3n0VZ0

碇「降格だ」

冬月「ごくろうだったな、青葉三尉」

青葉「申し訳ありません・・・」

碇「ああ、合わせて減給9ヶ月だ」

青葉「え!?」

碇「どうした、なんならネルフを辞めてももらってもかまわないんだぞ」

青葉「いえ、そんな事は・・・」

碇「息子を傷物にされてこの程度ですませるんだ、感謝されたいくらいだ」

冬月「碇の気が変わらないうちに早く帰りたまえ」

青葉「はい・・・」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:33:50.95 ID:+1C3n0VZ0

リツコ「というわけで、次は私があなたの保護者になります」

シンジ「はい、よろしくお願いします」

リツコ「といっても、私は仕事が忙しいからほとんど家にいないけどね」

シンジ「そうなんですか?」

リツコ「そうよ、まぁあなたくらいの年齢なら一人で居る方が気楽と思うからその方がいいかもね」

シンジ「そうですね・・・」

リツコ(あら、今の仕草碇司令にそっくりね・・・)


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:36:32.13 ID:+1C3n0VZ0

リツコ「どう、私が料理できるって以外だった?」

シンジ「いえ、とても美味しいです」

リツコ「そう、それは良かったわ」

シンジ「最近よく一緒に食事しますけど、仕事の方はいいんですか?」

リツコ「あら、シンジくんは私と一緒にご飯食べるの嫌なの?」

シンジ「そう言うわけじゃないですよ、前に忙しくて家にほとんどいないって言ってたから」

リツコ「時間ってのは作ろうと思えば作れるものなのよ」

シンジ「そうなんですか?」

リツコ「ええ、でも疲れが溜まってるのよ、だからシンジくんマッサージしてくれないかしら?」

シンジ「僕で良ければマッサージしますよ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:38:32.99 ID:+1C3n0VZ0

リツコ「シンジくん、マッサージ上手いわね」

シンジ「そうですか?」

リツコ「でも揉むのは上手いけど、コツがわかってないみたいね、もうちょっと下がいいわ」

シンジ「え、ここですか?」

リツコ「もっと下よ」

シンジ「でもこの下はお尻ですよ」

リツコ「お尻も疲れてるのよ、早くお願いね」

シンジ「わ、わかりました」

リツコ「ああ、いいわ・・・ねぇ、ミサトと私のお尻どっちが好き?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:44:19.53 ID:+1C3n0VZ0

冬月「今回君を読んだのはわかるね?」

リツコ「いえ、わかりませんわ」

冬月「碇の息子に手を出しただろ」

リツコ「そんな事はしておりません」

冬月「まぁ事が続いたので、君には悪いが君の部屋に監視カメラを設置させてもらったよ」

リツコ「そうですか」

冬月「一応碇はまだこの事を知らない、私としては今の体勢を意地するために穏便に収めたいのだが」

リツコ「カメラを見たのならご存知でしょう、私は手をまったく出していません」

冬月「君がそういう風に誘導していただろ!」

リツコ「あら、副指令ご自信が映像をチェックされたのですか?」

冬月「当たり前だ、部下達の失態を多くのものに知られるわけにはいかんからな」

リツコ「それでは私とエヴァ初号機パイロットの間には何も無かった、こういう事になって当然ですね」

冬月「なんだと・・・貴様、白を切るつもりか!」

リツコ「おやなんの事でしょう?何事も無かったようなので私は失礼致します」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:48:00.84 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「リツコさんが急に出張になるなんてびっくりしたな、いつ帰ってくるんだろ」

加持「よぅシンジくん、引越しの準備を手伝いにきたよ」

シンジ「加持さん!引越しって誰のですか?」

アスカ「あんたの引越しに決まってるでしょ!」

シンジ「でも僕はリツコさんと一緒に・・・」

加持「りっちゃんは長期出張だから君を一人にしておくわけにはいかないから俺が保護者になったわけさ」

アスカ「あーやだ、折角加持さんと2人っきりで暮らしていたのにあんたとまた暮らさないといけないなんて」

加持「アスカはこう言ってるけど、昨夜この事を話したら大はしゃぎだったんだぞ」

アスカ「ちょっ加持さんそんな事言わないで!」

シンジ「ははは、僕も嬉しいよ。加持さん、アスカ、よろしくお願いします」

加持「よろしくな」

アスカ「よっ・・・よろしく」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 11:57:37.15 ID:+1C3n0VZ0

加持「ただいま」

アスカ「加持さんおかえりなさーい」

シンジ「おかえりなさい」

加持「ただいま、いやいや、急ににぎやかになったから、家に帰ってきたという実感が凄くわくな」

アスカ「ねぇ、今日遅かったけど仕事だったの?」

加持「いや、葛城の奴がよりを戻そうとしつこかったんだよ」

アスカ「え、ミサトとまた付き合うの?」

加持「そんなわけないだろ、今の俺達には世界を守るという重大な使命があるんだ、それどころじゃないさ」

シンジ「ミサトさん元気でした?最近まったく顔を合わせないので心配だったんです」

加持「とても元気だよ、君の事も根掘り葉掘り聞かれたよ」

アスカ「とにかくミサトとよりを戻しちゃだめだからね!」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:01:20.61 ID:+1C3n0VZ0

加持「・・・って事があってな、ほんと大学の頃のミサとは本当にキスが下手だったな」

アスカ「加持さんはキス上手だったの?」

加持「ああ、キスにはちょっと自信があってな、まぁコツさえつかめば簡単なんだが」

アスカ「ねぇ、そのコツ教えて欲しいんだけど・・・」

加持「いいだろ、シンジくんちょっと来てくれ」

シンジ「え、何ですか?」

加持「これが大人のキスって奴さ」チュッ ジュルジュルベロベロ

シンジ「!?」

アスカ「ちょっちょっと何してるのよ!」

加持「冗談だよはははは、それにしてもシンジくんの唇や舌軟らかいな、もう一度してもいいかい?」

アスカ「だっダメー!」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:14:14.54 ID:+1C3n0VZ0

ゲンドウ「弐号機のパイロットのこちらで引き取って欲しいだと?」

加持「はい、流石に2人の面倒は私一人では難しいもので」

冬月「どうして弐号機なんだ?」

加持「アスカはやっぱり女の子なので、年頃の女の子が男と一緒に住むのには色々と問題がありまして」

ゲンドウ「いいだろう、弐号機パイロットはこちらで面倒をみる、冬月、誰か適当に見繕ってくれ」

冬月「わかった、私の方でやっておこう」

ゲンドウ「引き続き息子を頼むぞ」

加持「はい、任せてください」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:18:52.39 ID:+1C3n0VZ0

冬月「一週間も気づかなかったとは、我々の落ち度だな」

ゲンドウ「仕方ない、奴は監査部の人間だ。そうそう尻尾は出すような奴じゃない」

冬月「しかし、通報が隣部屋の住人からというのは情けない」

ゲンドウ「監視カメラや隠しマイクにはダミーの情報は流せても、実際の声は誤魔化しようがないからな」

冬月「奴の所持品からは学校の女子の制服や、ネルフ女性職員の制服もあったらしい」

ゲンドウ「シンジのカウンセリングはしばらくかかりそうか?」

冬月「今のところ異常は見られないらしいが、長期的に検査するべきだろう」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:24:18.34 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「びっくりしたよ、アスカが居なくなったとたん加持さん豹変するんだもんな」

綾波「ここにいたのね、病室にいないから探したわよ」

シンジ「綾波、お見舞いに来たんだね。でも僕別に入院するような怪我とかしてないんだけど」

綾波「そう・・・それなら今日退院してもらうわ」

シンジ「そうなの?やっと家に戻れる。加持さん心配してると思うし」

綾波「加持リョウジはもういないわ」

シンジ「え、そうなの?」

綾波「あなたは私と一緒に住む事になったの。荷物はもう私の部屋に届いてる」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:27:30.13 ID:+1C3n0VZ0

綾波「私と一緒に暮らせて嬉しい?」

シンジ「え・・・う、うん。嬉しいよ」

綾波「そう、・・・入って」

シンジ「お邪魔します」

カヲル「やぁ、待ちくたびれたよ」

シンジ「カヲルくん!どうしてここに?」

カヲル「何を言ってるんだい、今日から僕達三人でここに暮らすんだよ」

シンジ「え、そうなの?」

カヲル「そうだよ、君と一緒に住めるなんて僕は嬉しいよ、君は嬉しいかい?」

シンジ「うん、すっごく嬉しいよ。また一緒にお風呂入ろうね!」

カヲル「シンジくんったら、今日からいつでも好きなだけ一緒に入れるよ」

綾波「・・・」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:30:03.68 ID:+1C3n0VZ0

綾波「卵買ってくるの忘れた」

カヲル「なら僕が買ってくるよ」

綾波「お願い」

カヲル「それじゃ行こうかシンジくん」

シンジ「え、僕も行くの?でも綾波一人じゃ料理大変じゃ・・・」

カヲル「そんな事ないさ、それよりも僕とのデートは嫌かい?」

シンジ「嫌なわけないじゃないか」

カヲル「なら早く出かけようか」

シンジ「うん、それじゃ綾波後はお願いね」

綾波「・・・」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:32:39.81 ID:+1C3n0VZ0

綾波「ベッドは二つしかない」

カヲル「ベッドは今日届くと思ったんだけど、明日になりそうだね」

シンジ「いいよ、布団はあるから床で寝るよ」

綾波「それなら私のベッドで・・・」

カヲル「ダメだよシンジくん、ここの床は冷たいからね、そうだ、僕のベッドで一緒に寝ようか」

シンジ「え、いいの?」

カヲル「いいに決まってるだろ、むしろ大歓迎さ」

シンジ「カヲルくんったら、はははは」

綾波「・・・」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:36:05.84 ID:+1C3n0VZ0

ゲンドウ「フィフスチルドレンがシンジにおかしな事をしているだと?」

綾波「そうよ、お尻を触ったりキスを迫ったりしているわ」

ゲンドウ「それは本当なのか?」

綾波「ほ・・・本当です」

冬月「まぁ本当だとしても取るに足らないことだろ」

ゲンドウ「ああ、同年代の男同士のスキンシップみたいなものだな」

冬月「それでは今回は様子見という事でいいだろ」

ゲンドウ「ああ、同じ年代のお前達を一緒に住まわせて正解だと私は思っているよ」

綾波「でも・・・」

冬月「尻を触るくらい別にかまわんだろ、君は他人と一緒に暮らすことになれてないだけだ、そのうち慣れてくるだろ」

綾波「・・・はい」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:39:52.38 ID:+1C3n0VZ0

ギュッ

シンジ「綾波のその雑巾しぼる仕草って、なんかお母さんって感じがする」

綾波「そ・・・そう?」

カヲル「一応箒で全部掃いたよ。あとは掃除機も買ってこないといけないね」

シンジ「あっ、今の箒を肩に担ぐ仕草カッコいい!」

カヲル「そ・・・そうかい?」

シンジ「もう一回やってよ」

カヲル「恥ずかしいよ・・・」

シンジ「やってってば」

カヲル「こ・・・こう?」

シンジ「カヲルくんかっこいいよ!」

綾波「・・・」

ギュッ  ギュッ ギュッ

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:46:35.21 ID:+1C3n0VZ0

ゲンドウ「夜な夜な2人の部屋から切なげな声が聞こえるだと?」

綾波「はい」

冬月「ふーむ、監視カメラやマイクは今回は設置していないからな」

綾波(今は嘘だけどいずれ本当になるかもしれない、私が今している事は後におこるであろう事故を防ぐための予防策)

ゲンドウ「冬月、シンジのカウンセリングの結果はどうだ?」

冬月「最近はとても明るくストレスはきわめて低いそうだ、シンクロ率も良好だな」

ゲンドウ「そうか・・・レイ、異常を伝えてくれた事は感謝するが、今回はお前の勘違いだ」

冬月「だな、もし事が起こっていたとしても彼に不満がないのならそうしてやるべきだ」

綾波「でっでも!」

ゲンドウ「いいか、レイ。シンジは最近心に深い傷を負うような事が何度も起こってたんだよ、だからお前達と暮らすのはシンジにとって心の治療になるんだ」

冬月「こうして結果として出ているからな、今日はもう下がりなさい」

綾波「・・・はい」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:49:53.25 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「あれ、今人から呼ばれたような・・・」

ミサト「私よシンジくん、こっちに来て」

シンジ「ミサトさん、どうしたんですか!?」

ミサト「名前を呼ばないで、黙ってこっちにきて」

シンジ「はい、わかりました」

ミサト「久しぶりシンジくん、ああこの感触懐かしいわ」ギュッ

シンジ「どっどうしたんですか?最近姿をあまり見せないし」

ミサト「本当はすぐにでもあなたに会いたかったのよ、最近監視の目が緩んでこうして直に触れる事ができたわけ」

シンジ「監視?僕監視されてるんですか?」

ミサト「私も監視さえてるのよ・・・いけない、誰かくる!それじゃシンジくんまた後でね」

シンジ「あっはい・・・行っちゃった」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:52:03.06 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「ミサトさん何だったんだろ」

マヤ「シンジくん!」

シンジ「マヤさん、やっと僕と口を聞いてくれた」

マヤ「ごめんね、本当はシンジ君と一杯お話したかったんだけど、とある理由で出来なかったのよ」

シンジ「何かあったんですか?」

マヤ「ちょっと私達の愛を邪魔する2人がいてね」

シンジ「・・・はぁ」

マヤ「!?誰かくる!それじゃまた後で、あなた」

シンジ「は・・はい」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:55:14.84 ID:+1C3n0VZ0

青葉「あの・・・シンジくん・・・元気?」

シンジ「青葉さんお久しぶりです」

青葉「その・・・この前はごめん」

シンジ「別に気にしてませんよ、引越しの事ですよね?」

青葉「え?いや、そうじゃなくて・・・前の晩にさ・・・」

シンジ「?」

青葉「気にしてないの?なら、良かったらまた一緒に・・・誰か来る!」

シンジ「え、また?」

青葉「それじゃシンジくん、また後でな」

シンジ「はぁ・・・」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 12:58:32.22 ID:+1C3n0VZ0

リツコ「・・・」

シンジ「リツコさん?」

リツコ「動かないで、喋らないで!」

シンジ「えっ?」

リツコ「この服に着替えて、ネルフ職員の服よ」

シンジ「どうしてですか?」

リツコ「いいから着替えて!外に白いワンボックスカーが停まってるからそれに乗るのよ」

シンジ「どこかに出かけるんですか?」

リツコ「ええ、ネルフブータン支部よ、今の私の職場よ」

シンジ「そんなとこにもネルフの支部があったんだ・・・」

リツコ「いそいで・・・いけない、誰か来たわ。シンジくん、次のチャンスがきたらまた来るから」

シンジ「は・・・はい」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 13:03:43.60 ID:+1C3n0VZ0

加持「シンジくん、今誰と話してた?」

シンジ「加持さん?久しぶりです、病院に入院したけど、僕元気ですから安心してください」

加持「病院?そうか・・・病院にいたわけか、それよりも今は時間が無い」

シンジ「どうしたんですか?」

加持「ちょっとわけあって、今の俺はネルフの人間ではなくなってしまった、だから今は潜入中ってわけさ」

シンジ「何かあったんですか?」

加持「ちょっとな、ん、それはネルフ職員の制服じゃないか」

シンジ「はい、さっきリツコさんが僕にって」

加持「君にはいろんな服を着てもらって楽しんだが、男性制服はやったことなかったな・・・今ちょっと時間が・・・誰か来た!それじゃ後で!」

シンジ「はぁ・・・」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 13:10:58.77 ID:+1C3n0VZ0

アスカ「やっと見つけたわ!どういう事よ!」

シンジ「突然そんな事言われても・・・」

アスカ「どうやらファーストとフィフスと一緒に暮らしてるらしいじゃない」

シンジ「うん、何かそうなったね」

アスカ「そうなったね、じゃないわよ!どうして私がそれに入ってないのよ!」

シンジ「僕にそういわれても・・・」

アスカ「加持さんの家を急に追い出されたと思ったら、ずっとネルフの施設にいたのよ!消灯時間とか決まってるなんて病院にいるみたいよ!」

シンジ「そうなんだ」

アスカ「そうなんだ・・・じゃないわよ!私も一緒に住むからあんたは碇司令に掛け合いなさい」

シンジ「え、僕が?・・・今のままがいいなぁ」

アスカ「何か言った?」

シンジ「いや、何もいってないよ・・・」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 13:14:30.53 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「今日はいろんな人に会ったなぁ・・・綾波とカヲルくんのシンクロテストまだ終わらないかなぁ」

ミサト「シンジくん、ここに居たのね、ほらギュッてしてあげるからほらギュッて」

マヤ「葛城三佐、シンジくんと会ったらダメじゃなかったんですか?」

ミサト「あなた事シンジくんに近づかないで!」

リツコ「マヤ、いいところにいたわ、シンジくんをこの布袋に入れるのを手伝いなさい!」

加持「りっちゃんそれは強引だろ、こういう時はお姫様抱っこして堂々とだな」

青葉「シンジくん、今日一緒に食事でも・・・おわっ、みなさんどうしたんですか!」

アスカ「うるさーい、みんなどいて、シンジに話があるんだから!」

ゲンドウ「・・・」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/01(木) 13:19:34.83 ID:+1C3n0VZ0

シンジ「みんな落ち着いて・・・・父さん?」

ゲンドウ「騒がしいので来て見ればこう言う状態だったんだな」

ミサト「司令、これはですね・・・2人の愛が偉大すぎたんです!」

マヤ「お義父さん、私達の仲を認めてください!」

リツコ「シンジくんは慰謝料としてブータン支部まで持って行くわ」

加持「今の俺はゼーレ直轄の人間です、ですからシンジくんとの時間を認めてもらわないと後々大変な事になりますよ」

青葉「司令、俺はただ、シンジくんと食事をしようと思っただけですよ、今度はちゃんと清いお付き合いから始めますから安心してください」

アスカ「碇司令、何で私はシンジ達と一緒じゃないんですか!?私も入れて四人にしてください!」

ゲンドウ「わかった、シンジとは私が一緒に暮らす。お前達はシンジに近づくな」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ新一。飲むと>>5する薬じゃ」