シンジ…


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マスオ「ネットカフェ……?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:27:53.69 ID:zVSGz7Hy0

入っても…いい?

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:30:23.69 ID:zVSGz7Hy0

シンジ「ア、アスカ!?どうしたの?こんな時間に?」アセアセ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:31:24.23 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「ダメなの…?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:32:45.02 ID:zVSGz7Hy0

シンジ「ま、待って今明かりつけるから」
アスカ「暗いままでいいから…入ってもいい?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:35:27.07 ID:zVSGz7Hy0

シンジ「えっ!?真っ暗だよ?」アセアセ

アスカ「真っ暗の方がいいから…」

シンジ(いつものアスカじゃないみたいだ…ど、どうしよう)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:37:42.88 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「入るよ…」

ふすまがゆっくり開いていく。

シンジ「う、うん、ど、どうしたの?アスカ?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:39:48.00 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「ごめん…寝てたよね…?」

シンジ「あ、いや音楽聞いてたから、大丈夫だよ」ドキドキ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:42:55.31 ID:zVSGz7Hy0

シンジ(なんか、目が慣れてきたな。アスカのシルエットがわかって!?え!?えぇぇぇ???ま、まさか何も着てない!?)ドキドキドキドキ

アスカ「シンジ…ごめんあっち向いてくれる?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:45:08.34 ID:zVSGz7Hy0

シンジ「う、うん」ドキドキドキドキ
(ヤバい!ヤバい!落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:48:26.37 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「…ベッドにいい?」

シンジ「ふぁい!!いいでふ」(ヤバい声がうらがえった!おまけに僕のエントリープラグが)アセアセ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:52:22.38 ID:zVSGz7Hy0

アスカの重さでベッドが沈んでくる。
アスカから体温も伝わってくる。

シンジ「あ、あしゅかどうしたの?」バクンバクンバクン(僕の心臓が破裂しそうだ)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 22:56:01.50 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「うん…なんかね、ひとりで居たくなかったから…迷惑だった…よね?」

シンジ「しょんなことないれす、
あしゅかが好きなだけ居てもいいよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:01:19.30 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「ありがとうシンジ」ギュッ

アスカが背中にくっついてくる。アスカの心臓の鼓動と僕の心臓の鼓動が重なる

静かに深呼吸をしてから
シンジ「アスカ…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:05:16.62 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「ねえ…シンジ、私が壊れちゃったら…どうする?誰も私のこと見てくれなくなるのかな…シンジも見てくれなくなるのかな」グスッ

シンジ「アスカ…」


シンジ「そんな事…ないよ、僕が…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:08:38.14 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「僕が…?」グスッグス

シンジ「アスカを守るから…」


クルッと体を回してアスカを正面から抱きしめるギュウ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:11:42.23 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「ありがとう…シンジ」

シンジは何も言わずにアスカを抱きしめた

シンジの部屋の中では時計の針の音、2人の心臓の鼓動が鳴り響く

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:15:22.45 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「シンジって温かい…今日は、このままで寝てくれる…?」


シンジ「う、うん」ドキドキ(沈まれ沈まれ沈まれ沈まれ沈まれ沈まれ沈まれ沈まれ沈まれ僕のエントリープラグ沈まれ)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:19:25.21 ID:zVSGz7Hy0

アスカの匂いがする
柔らかい匂い
アスカの体温が心地良い


シンジ(アスカってこんなに華奢だったっけ?アスカってこんなに可愛かったっけ?)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:24:24.05 ID:zVSGz7Hy0

シンジ「ア、アスカ、もう、がま…!?」

アスカ「…」スースー

シンジの胸に抱かれて安心した顔で寝息を立てるアスカ


シンジ「は、はは」アセアセ
(今、何かしたらこの寝顔はもう見ること出来なくなるよね…)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:28:27.50 ID:zVSGz7Hy0

シンジ(僕も寝よう…寝れるかな…)

時計の音、シンジの心音が響く部屋、そして可愛い寝息を立てるアスカ

悶々悶々悶々悶々悶々悶々悶…々…も…ん…も…ん…

スースースースー

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:31:18.09 ID:zVSGz7Hy0

スースースースー

カチコチカチコチ

スースースースー


カチコチカチコチ







「起きろぉおおお!!!!!」


びぐっ!!!!!
シンジ「うわああ!!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:34:13.38 ID:zVSGz7Hy0

アスカ「バカシンジ!!!いつまで寝てるのよ!!!もうこんな時間だって!!!」


シンジ「!!!?え!?えぇぇぇ???ヤバい寝坊した!!急いで朝ご飯作るから!!!!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:37:36.64 ID:zVSGz7Hy0

バタバタバタバタ

慌ただしく台所に走っていくシンジ


アスカ「もう…バカね、ありがとうシンジ」




また、彼らの日常が始まる




終わり

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:38:23.90 ID:zVSGz7Hy0

下手なSSですいませんでした<(_ _)>

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/08(金) 23:42:41.97 ID:zVSGz7Hy0

少し刺激的な日常を書いたつもりなんだが、SSって難しいですね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、セ・リーグCSファイナル第四戦が始まるよ」