シンジ「あれ?なんで猫が居るんだろ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ新一、歩美ちゃんがゲロ吐きそうになるスイッチじゃ」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:01:04.58 ID:nY5adECao


シンジ「赤毛の猫だ…」

猫「ニャー」トトト…

シンジ「こっち来た…よしよし…」

猫「ニャッ!!」シャッ!

シンジ「痛っ!」

猫「フゥー!」

シンジ「怒ってるみたいだ、触るなって…」

猫「ニャー!ニャー!」

シンジ「何か言いたいのかな…」



リツコ「シンジ君」

シンジ「あ、リツコさん…」

シンジ「あの、ネルフであの猫飼うんですか?」


リツコ「その猫ね…」フゥ〜

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:02:01.28 ID:nY5adECao

リツコ「アスカよ」

シンジ「へ?」

リツコ「その猫は、式波・アスカ・ラングレー大尉なの」

シンジ「ははは、変な名前ですね」

猫「ニャッ!!」バリッ!

シンジ「痛っ!!」

シンジ「確かにこの狂暴さは似てますけど…」

リツコ「だから、それアスカなのよ」スパ〜

シンジ「……?」

シンジ「全然意味が分かりませんけど」

リツコ「簡単に言うと、安全にビーストモードを発動させるために、
     極秘で開発していたエントリープラグの実験中、
     システムがコントロール不能になり、アスカの身体が消失したわ…」

シンジ Σ「えぇぇぇ!!!?」

リツコ「いえ、消失と言うより、変身してしまったと言った方が正解ね」

シンジ「じゃ…この猫がアスカ本人…?」

猫アスカ「ニャーニャー」

シンジ「ア、アスカ……なんて変わり果てた姿に……くっ…」

猫アスカ「ニャ〜」スリスリ

シンジ「そうかそうか…分かって欲しかったんだな…」ナデナデ

猫アスカ「ニャー…ゴロゴロ…」


3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:02:52.07 ID:nY5adECao

━━━━━━

シンジ「それで…アスカは元に戻れるんですか?」

リツコ「今のところ無理ね」

リツコ「変身の原因が不明のうえ、システムが焼け焦げて復旧の目処も立ってないわ」

リツコ「しばらくはその姿のままね」

シンジ「そ、そんな…」

リツコ「幸いこちらの話は通じるみたいだし、連れて帰っても良いわよ」

リツコ「ミサトにはさっき説明しておいたわ」


シンジ「……」

猫アスカ「ニャア〜」

シンジ「わかりました…とりあえず連れて帰ります…おいでアスカ…」

猫アスカ「ニャ〜」トトト…


4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:03:58.43 ID:nY5adECao

━━━━━━━

シンジ「ただいま…」

猫アスカ「ニャア〜」

ペンペン「くわ〜」

ペンペン Σ「くわっ!!」

猫「ニャー」

ペンペン「くわわっくわっ!!」バタバタ

猫アスカ「ニャア」スリスリ

ペンペン「くわ〜…」

シンジ「ペンペン?アスカがわかるのかい?」

ペンペン「くわっくわっ!」バタバタ

シンジ「そうか…ペンペンにはわかるんだ…」

猫アスカ「フニャァ〜ニャ〜」

シンジ「どうしたんだい?お腹すいたの?」

猫アスカ「ニャッ」

シンジ「何を食べさせたら良いんだろう…」

シンジ「とりあえず煮干しかな?」

シンジ「はい、アスカお食べ」

猫アスカ「フニャ!!」バシッ!

シンジ「違うのか…まさかハンバーグとか?」

猫アスカ「ニャン!」

シンジ「なんとなく伝わるけど、そうなのか…わかったよアスカ、すぐ作るから…」

シンジ「一応猫だからネギ系は使えないな…」


5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:05:27.56 ID:nY5adECao

━━━━━━

シンジ「出来たよアスカ、お食べ」

猫アスカ「ニャーゴロゴロ…」ムシャムシャ

シンジ「美味しそうに食べてるや…ふふっ」


プシュー タダイマー ピシャー

シンジ「ミサトさんお帰りなさい、ってなんです?その大荷物?」

ミサト「猫がウチに来たからね〜、猫トイレとか猫砂とか猫餌とかね♪」

猫アスカ「フニャー!!ニャーニャー!!」

ミサト「何この子?怒ってるの?」

シンジ「多分 猫扱いするな! と言ってるんだと思います・・・」

ミサト「あらそう・・・やっぱり人間の習慣で生活したいのね・・アスカ」

猫アスカ「ニャッ!」

━━━━━━

ミサト「ご飯あげたの?」

シンジ「はい、ハンバーグが食べたそうだったので」



猫アスカ 「!?」

トン・・・ テテテテテテ

猫アスカ「ニャーニャー!!」カリカリ



ミサト「もしかしてあの子、おトイレしたいんじゃないの?」

シンジ「そうかもですね、ドア開けてみます・・・」

カチャ  ササッ!

猫アスカ「ニャァ〜〜〜!!!!」

シンジ「あ、ゴメン蓋開けなきゃね・・・」パカ

猫アスカ「・・・・・・」

シンジ「・・・・・・」

猫アスカ「シャァーー!!!!」

シンジ「あわわ!!ご、ごめん!!」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:06:26.21 ID:nY5adECao

━━━━━━

猫アスカ「〜♪」

プルプル・・・

猫アスカ「・・・」カラッ・・・

カラカラカラカラ

猫アスカ「ニャァァァ!!」カラカラカラカラ

シンジ ガチャ「どうしたのアスカ!!」

シンジ「ああっ!!ダメだよアスカ〜!!トイレットペーパーそんなにしちゃぁ!!」

猫アスカ「ニャァ〜〜・・・」

ミサト「ここは任せて」

シンジ「あ、はい・・・」

━━━━━━
その後トイレは、アスカ用にペーパーを切った物を置くようにした。
自分でちゃんと流せるようなので、安心した。
ドアは仕方が無いので、半開きで取りあえず凌ぐ。
その内猫扉を作ってあげなきゃ・・・

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:07:23.64 ID:nY5adECao

シンジ「お風呂はどうしようか・・・」

猫アスカ「ニャ」

シンジ「入るの?」

猫「ウニャ!」

シンジ「ミサトさーん!アスカがお風呂に入りたいって言ってますよ!」



ミサト「zzz」


シンジ「寝てるし・・・」



シンジ「ねぇアスカ、僕が入れてあげても良いかな?」


猫アスカ「・・・」

猫アスカ「ニャ・・・」トトト・・・チラッ トトト・・・

シンジ「来いって事か・・・」

シンジ「考えてみたら、今だって裸みたいなもんだよな、
     気にする必要まるで無いじゃないか・・・」

シンジ「あ!猫用シャンプーが欲しいよ!」

シンジ「そいえば、ミサトさんが買ってきた中に無いかな・・・」


シンジ「あった♪」


シンジ「アスカ!今お風呂に入れてあげるよ!」


8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:08:39.63 ID:nY5adECao

━━━━━━

シンジ「どう?大丈夫?痒い所無いかい?」ワシャワシャ

猫アスカ「ニャァ」

シンジ「そうか、よかった」

━━━━━━
ゴォー
シンジ「ちゃんと乾かさないと風邪引いちゃうかも知れないからね・・・」
ゴォー
猫アスカ「ウニャ・・・」

シンジ「良し、乾いたよアスカ」

猫アスカ  ペロペロ

シンジ「毛づくろいしてると、ホントに猫らしいや」ニコ・・・

━━━━━━

シンジ「アスカ、一応アスカの部屋のドアは開けとくね、じゃおやすみ・・・」

猫アスカ「ニャ・・・」


━━━━━━

シンジ「アスカ・・・必ず元に戻してあげるよ・・・・・・グスッ」



猫アスカ  ムクッ

トトトトト・・・ ガリガリ ズスス・・・ スルリ

シンジ「zzz」

猫アスカ「・・・ニャァ・・・」 ゴロゴロ・・・

ゴロゴロ・・・zzz



シンジ「・・・ン?  アスカ・・・」

シンジ「一緒に寝てくれてたのか・・・」

シンジ「暖かいや・・・」・・・


zzzzz

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:09:59.91 ID:nY5adECao

シンジ「ミサトさん!!今日は朝から会議でしょ!!遅れますよ!!」

ミサト「ひゃぁ〜遅れる〜〜!!」バタバタ

シンジ「これかじりながら行って下さい!!! トマトジュースも!!!」

ミサト アング!「あいがおひんひあん」アングアング・・・

プシュー ピシャー

シンジ「・・・しょーがない大人だなぁ〜」

シンジ「仕事中はカッコいいのにね」

猫アスカ「ウニャ」

━━━━━━

シンジ「学校はさすがに無理だよなぁ・・・」

猫アスカ「ニャァ・・・」

シンジ「アスカ、家でゴロゴロしててよ、それしかないよ」;

シンジ「TVとか好きなの見れるし、イイよね?」

猫アスカ「ニャーニャー」

シンジ「ん?何だい?」

バリッ

シンジ「痛っ!!」

シンジ「なんだよお、痛いじゃないかぁ!!」

猫アスカ「ニャンィアニャァニャ!!」

シンジ「え?エコヒイキとイチャイチャしてんじゃないわよって・・・
     そんなの有る訳無いじゃないか・・・」




何故かアスカの言いたい事が、段々分かるようになってきた。
それは飼い主の妄想のような物なのかも知れないけど。
飼ってるんじゃない、れっきとした同居人だよ・・・


10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:11:18.23 ID:nY5adECao

━━━━━━

猫アスカ「ニャァアァ!」

シンジ「分かったよ、唐翌揚げが食べたいんだね」

シンジ「ただし、肥満にならないように、ササミの唐翌揚げだからね!」

猫アスカ「ニャゥ!」


ムシャムシャ ゴロゴロ


シンジ「アスカ・・・」ジワッ・・・


僕はその時、テーブルの上に乗って、旨そうに唐翌揚げを食べるアスカを見て、
ずっとアスカがこのままの姿で居るのかと思ったら、悲しくて仕方が無かったんだ。
アスカは僕の涙に気が付いたら、ふいと部屋に帰ってしまった・・・
きっと自分でも悲しくなったんだと思う、猫の姿になった自分を憐れんで涙する僕を見て・・・

━━━━━━

゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あああぁぁぁ・・・ ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あああぁぁぁ・・・

シンジ「使徒だ!!」

猫アスカ「ニャァァァ!!!!」

シンジ「行こうアスカ!!!!」

━━━━━━
猫の姿のままで、エヴァを操縦できるはずも無く、
やむなく発令所でミサトさんと居たようだ。
戦闘中相当興奮して暴れていたらしい・・・
青葉さんの顔が何故か絆創膏だらけになっていた。




11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:12:23.28 ID:nY5adECao

━━━━━━
シンジ「さぁ帰ろうアスカ・・・」

猫アスカ「ニャァ」トトト・・・

レイ「碇くん・・・」

シンジ「ん?どうしたの綾波?」

レイ「その猫・・・・・・弐号機の人なのね・・・」

シンジ「そ、そうだよ・・・」

猫アスカ ジィー

レイ「・・・・・・かわいい・・・・・・」

猫アスカ Σ「!?」





猫アスカ「・・・・・・」スリッ・・・



レイ「・・・」オソルオソル・・・

猫アスカ「シャァー!!」

レイ「!?」ビクッ!!


シンジ「撫でられるのは嫌なそうだよ・・・」

レイ「そう・・・なのね」シュン




12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:13:36.78 ID:nY5adECao

━━━━━━

シンジ「今日は何を食べようかな・・・」

猫アスカ「ニャ〜ゥ」

シンジ「パ、パスタはどうだろう・・・止めといた方が良いと思うよ」

シンジ「身体に悪いから、人間の食べ物は避けた方がいいよ・・・」

猫アスカ「ニャオゥニャニャア」

シンジ「でも・・・・・・」

シンジ「・・・わかったよ、ナポリタンの玉ねぎ抜きね・・・」

猫アスカ「ニャフ♪」

━━━━━━

シンジ「身体のサイズに合わせて細い麺で作ったよ、
     しっかり噛んで食べるんだよアスカ」

猫アスカ「ニャウニャウアギアギ♪」

シンジ(いつまでこのままなのかな・・・)


━━━━━━

シンジ「おやすみアスカ」ナデナデ

猫アスカ「ゴロゴロ♪」スリスリ

シンジ「・・・ねえアスカ・・・」

シンジ「もしそのままの姿がずっと続くなら・・・」

シンジ「僕のそばにずっといてくれる?」

猫アスカ   ガブッ!!

シンジ「痛っ!! なんだよもう〜〜〜・・・」



猫アスカ   ジッ・・・

猫アスカ「ニャオゥ・・・」

シンジ Σ「!?」


シンジ「・・・・・・・・・ウン・・・ウン・・・」ジワッ

シンジ「分かったよ、絶対元に戻ろうね・・・」ポロッ・・・


13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/24(日) 22:17:14.23 ID:nY5adECao

アスカは猫のままじゃ無く、人の姿に戻ってから、
人としてその言葉を聞きたいと言っていた。
胸が・・・締め付けられる・・・








本日ここまで(*_ _)ペコリ

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 09:42:15.40 ID:OtuLInbDO

━━━翌日 学校━━━

トウジ「センセ〜ここんとこ式波が居らんで活きが悪うなっとるな〜」

シンジ「べ、別に僕の元気は関係ないけどね…アスカはちょっと出向で他の支部に行ってるだけだし…」

ケンスケ「あれか!?新兵器のテストとかあるのかな!?」

シンジ「極秘だから詳しい事は何も知らないんだよ…」

トウジ「パイロットが知らん事もあるんやな…ま、どーでもええけど」


レイ「…」

━━━放課後━━━

レイ「碇くん…ちょっと」

シンジ「何?綾波」

レイ「これ」

シンジ「何だろ?クッション?手作りじゃないか!?」

レイ「あの子に…」

シンジ「アスカに?」

レイ「ええ」

シンジ「あ、ありがとう綾波…きっと喜ぶよ」

シンジ(綾波…手に絆創膏がたくさん……)



17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 10:04:56.77 ID:OtuLInbDO

━━━葛城邸━━━

シンジ「ただいま」

猫アスカ「ニャー」トトト…

シンジ「ほら、アスカ用のクッションだよ」

猫アスカ「ニャー?」

シンジ「綾波が作ってくれたんだ」

猫アスカ「ニャッ!?」

クンクン

猫アスカ「……」フンッ!

シンジ「ダメだよアスカ、そんな態度しちゃぁ」

シンジ「綾波は手にたくさんケガをしたのに、頑張って作ったんだよ」

猫アスカ「……」

シンジ「僕はご飯の仕度してくるから…」


猫アスカ「……」

猫アスカ「……」ポフッ

猫アスカ クァ〜… zzzzz…

シンジ「…寝てる」クスッ


22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 12:27:13.46 ID:OtuLInbDO

シンジ「ご飯だよ〜」

猫アスカ「」ピク


大きなあくびをし、思い切り伸びをしてから、
アスカはテーブルに飛び乗って来た。
今夜のオカズは棒々鶏、
味は薄めでアスカの身体を気遣おう。


シンジ「美味しいかい?」

猫アスカ「ニャフ」ムシャムシャ

シンジ「ふふっ」


28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 15:20:03.95 ID:OtuLInbDO

シンジ「はい、お水だよ」
猫アスカ「ニャッ」ピチャピチャ


猫にお茶やコーヒーは駄目だし、ジュースも論外、
なのでミネラルウォーターにしている、
硬水は泌尿器系に良くないから、軟水をチョイス、
僕だけジュースを飲むわけにも行かないので、
僕もミネラルウォーターを飲んでる。
お風呂の時、シャンプーは人間用を使えと言いたいらしいが、
猫の肌には洗浄力が強すぎて、荒れたりするから我慢して貰っている。
アスカはとても不満そうだ。



シンジ「あれ?毛が抜ける……時期かな?…年中夏だから分かんないよ…」

シンジ「ブラシ買わなきゃ…」




30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 16:38:26.07 ID:OtuLInbDO

━━━ペットショップ━━━

シンジ「ラバーブラシか、これなんか良さそうだな…」

シンジ「……」

シンジ「これも買っておこうかな…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「ただいまー」

シンジ「アスカ〜!ブラッシングしよう」

猫アスカ「ニャー」トトト…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「凄いや、たくさん抜けるよ!」ザッザッ…

猫アスカ「ニャア〜…ゴロゴロ…♪」

シンジ「気持ち良さそうだな〜」クスッ


シンジ「今日はこの辺で良いと思うよ、また明日やろう」ニコッ

猫アスカ「ニャア〜ン」



31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 18:55:48.47 ID:OtuLInbDO

シンジ「……」コソッ…


パタパタ

猫アスカ 「!」

パタパタ

猫アスカ「……」

パタパタ

猫アスカ「……」ピクッ

パタパタ

猫アスカ「……」ピクピク

パタパタ

猫アスカ「……」ウズウズ…

パタッ パタッ!

猫アスカ「ウニャッ!」バッ!

サッ彡

シンジ「ふふ〜ん」ニヤッ


猫「ウニャニャ〜…」ムカムカ

猫「ギャース!!!」バリバリバリ!

シンジ「うわあああああ!!」


シンジ「痛い痛い!ごめん!ごめんってば!!」

猫アスカ「ウニャアアアア!」バシッバシッ!

シンジ「ごめんアスカ!もうやらないから許してよ!」

ミサト「たっだいま〜♪ って、一体なんの騒ぎ!?」




35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/25(月) 21:43:13.93 ID:OtuLInbDO

シンジ「み、ミサトさん!助けてください〜」イテテ…

〜〜〜〜〜〜〜〜

ミサト「これはシンちゃんが悪いわ」

シンジ「はい…」ショボーン

シンジ「からかおうとした訳じゃ無いんですけど…運動不足解消とか考えたり……」チラッ

猫アスカ「 」ツーン

ミサト「とにかくアスカは、猫扱いされたのが面白く無かったみたいね〜」

猫アスカ「ニャッ!」

シンジ「ご、ごめん…アスカ…もうふざけないから、許してよ…」

猫アスカ「ウニャッ!」プイッ

ミサト「まあまあアスカ、そろそろ許してあげなさい、シンちゃんも悪気が有った訳じゃないし」

猫アスカ「ニャア〜………」

猫アスカ「 」プイッ トトト…

シンジ「あ、行っちゃった…」

ミサト「ふぅ…しょうがないわねぇ…」

36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 21:56:39.21 ID:+XPAmoSko

PCから書きます


━━━アスカの部屋━━━

ミサト「ねぇアスカ・・・シンちゃんは、本当にアスカの事が心配で、色々世話を焼いてくれるのよ?」

ミサト「今回もホントにアスカの身体を思ってやったことかもしれないし・・・」

猫アスカ「・・・ウニャァ・・・」

ミサト「だから、許してあげなさい、ねっ」ニコ

猫アスカ「・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ミサト「さぁ、シンちゃん!さっさとお風呂に入って休みなさい!」

シンジ「は〜い・・・」


ミサト「ふふっ・・・」


猫アスカ「ニャァ〜」トトト・・・

シンジ「あ、アスカ?お風呂入りたいの?」

猫アスカ「ニャ・・・」

シンジ「そっか、わかったよ」ニコ




ミサト「二人とも単純ねぇ〜」クスクス



38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 22:14:14.88 ID:+XPAmoSko

━━━翌日 NERV本部━━━

ミサト「ねぇリツコ、まだ実験システムの復旧終わらないの?」

リツコ「ええ・・・まだ掛かりそうだわ」

リツコ「ハードは大体出来上ってるんだけど・・・」.スパァ〜

リツコ「何故獣化したのか・・・まるで見当がつかないのよ・・・」



ミサト「そう言えば・・・」


アスカ『あ〜あ〜!ほ〜んと嫌んなっちゃうわ!!毎日毎日・・・なんでこんなにあたしだけ忙しいの!?』

アスカ『人間やってるのが嫌になってくるわ!!猫にでもなりたいわね!!』


ミサト「もしかして・・・」

ミサト「リツコ!人の願いが人の形状を作り上げるのに作用するとか有りえる?」

リツコ「勿論有りえるわ、現在私達の姿を形造るのが、無意識下の自我、要するにATフィールドのようなものよ」

リツコ「あの実験の時、アスカが猫になりたいと思ってたら、変身してもおかしくないわ」

ミサト「じゃぁ!!」

リツコ「ええ、またシステムが暴走状態になってる時、今度は人に戻りたいと願えば・・・」

ミサト「人に戻れる!」

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 22:27:06.82 ID:+XPAmoSko

━━━葛城邸━━━

シンジ「あはははは、この芸人面白いね〜」

トトトトト・・・  クルッ・・・

シンジ「アスカ?」

バッバッバッバッバッ!

猫アスカ「フニャニャァ・・・」カイカイ

シンジ「あ!もしかして耳が痒いのかい?」

猫アスカ「ニャァ〜ァ」バッバッ

シンジ「こりゃ耳ダニかも知れない!」

シンジ「アスカ!耳見せて!」


シンジ「あ・・・幸い数が少ないな・・・」

シンジ「ちょっと我慢してね・・・」チョイチョイ

シンジ「日本は年中夏だからダニは付きやすいんだね」チョイチョイ

シンジ「よし!綺麗になったよアスカ!」

猫アスカ「ニャン♪」

45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 07:54:46.71 ID:vy+WsSKDO

だんだん僕は猫アスカと暮らす日常に、幸せを感じ始めていた。
可愛い、とにかく可愛すぎる、
長い紅毛に映える碧眼、本当に美しい猫だ。

〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「さ、今日も綺麗にブラッシング出来たよ」

猫アスカ「ニャオ」ポフッ

シンジ「どういたしまして」ニコッ

シンジ「テレビでも見ようかな…」ポチッ

シンジ「……」

猫アスカ「…」トトト


最近僕がテレビを見てると、
アスカは膝の上に乗ってくる。
幸せなひとときの一つだ。

シンジ「……」ナデナデ

猫アスカ「ゴロゴロ…」


シンジ(可愛いなぁ…なんかこのままでも良い気がしてきたな…)ナデナデ

46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 08:28:25.82 ID:vy+WsSKDO

ミサト「シンジ君!朗報よ、アスカが元に戻れるわ!!」

シンジ「ほ、本当ですか!?」

ミサト「実験用エントリープラグの修理も終わったし、アスカが猫になった原因も掴めたの」

シンジ「そ、そうなんですか…」

シンジ「アスカ…元に戻れるってさ…ははっ」

猫アスカ「ニャア〜」

ミサト「明日、本部の実験室に行きましょう」

シンジ「…はい」

ミサト「…何かあまり嬉しそうじゃないけど…?」

シンジ「い、いえ!そんなはず無いじゃないですか!」

シンジ(そんなはず…無いよ…)チラッ

猫アスカ「…」キョトン

49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 11:55:43.46 ID:vy+WsSKDO

━━━シンジの部屋━━━

シンジ「猫のアスカは今日で最後か……何か寂しいなぁ…写真くらい残しとこうかな…」

トトト…

猫アスカ「ニャン」

シンジ「あ、アスカ…丁度良かった。ちょっとお願いがあるんだけど…」

猫アスカ「?」

シンジ「写真を撮らせてくれないかな…」

猫アスカ「……」


猫アスカ「ニャ…」

シンジ「ありがとうアスカ!」


そして僕達は1枚の写真を撮った、
アスカは僕の膝の上に座りカメラ目線だ、中々良く撮れてると思う。
背景が僕の部屋なので、ちょっと勿体無かった。


シンジ「なんか名残惜しいや」クスッ

猫アスカ「ニャア〜」

シンジ「猫姿、可愛かったよ…」

シンジ「じゃあ、おやすみ…アスカ…」


猫アスカ「ニャウ〜…」




50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 14:48:45.10 ID:vy+WsSKDO

━━━翌日 実験室━━━

リツコ「では始めるわ」

リツコ「アスカをエントリープラグに入れて頂戴」

シンジ「はい…」

猫アスカ「ニャア〜…」

シンジ「じゃあ、またね…」

ピョン!タタタ

シンジ「あ、アスカ!」

猫アスカ「ニャア〜ン」スリスリ…

シンジ「アスカ…」ナデナデ…

ミサト「アスカも名残惜しいのかしらね…」

シンジ「ダメだよ…ちゃんと入らないと…」

猫アスカ「……」タタタ ピョン!

リツコ「閉めるわよ」

プシュー ピチッ…

リツコ「意図的に暴走状態にするわ、数時間後に結果が出るわよ」

ミサト「アスカ聞こえる?」

猫アスカ『ニャー』

ミサト「システム稼働中、常に人に戻りたいと願いなさい!」

ミサト「そうすれば必ず戻れる!」

猫アスカ『ニャーニャー』

シンジ「……」


こうして作業は始まった、
猫から人に戻すために。
猫のアスカが人に戻るんだ…
なぜか無性に悲しくなってきた…

シンジ「うっ…」ジワッ

ダダダッ!

ミサト「シンジ君!!どこに行くの!?」

僕は実験室から逃げ出してしまった。

51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 15:17:52.96 ID:vy+WsSKDO

リツコ「どうしたのかしらね」

ミサト「たぶん猫のアスカに、情が湧いたのかもね…ずいぶん甲斐甲斐しく世話を焼いてたから…」

リツコ「そう…」


リツコ「そろそろビーストモードに移行するわ、一か八か…帰って来なさいアスカ…」

ミサト「……」


〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ(アスカ…アスカ…)

僕の脳裏には、猫アスカとの思い出が次々と映し出されていた。
全てが愛おしい記憶だ…


レイ「碇くん…」

シンジ「…綾波…」グスッ…

レイ「どうして…泣いているの?」

シンジ「…なんでも…ないよ…」ゴシゴシ

レイ「あの子が…居なくなるから?」

シンジ「……でも、アスカが人に戻れるんだ…」

レイ「そう……」

レイ「寂しいのね…」

シンジ「猫だったアスカは、ホントに可愛かったよ…」

シンジ「でも……」


レイ「わたしも…猫になりたい…」

シンジ「綾波…何を言うの?」

レイ「そうすれば…碇くんに可愛がって貰えるから…」

シンジ「綾波!?」


レイ「嘘……冗談よ」ニコッ


レイ「そろそろ…迎えに行ってあげて」

シンジ「う、うん…」


52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 15:29:12.31 ID:vy+WsSKDO

リツコ「プラグ深度がマイナスからプラスに上がって来たわ…」

ミサト「いよいよね…」


シンジ「あの…アスカは?」

ミサト「シンジ君!」

リツコ「もう少しで終わるわよ」

シンジ「……」

その内エントリープラグの唸りが止まった…
アスカは戻れたのだろうか?


バシュ〜ン… ゴボゴボ

リツコ「LCLの排水が始まったわ」

ミサト「アスカ…」ゴクリ

プシュー

リツコ「……」



53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 16:44:50.51 ID:vy+WsSKDO

━━━病室━━━

アスカ「ン…」

アスカ(ここは……病院のベッドの上?)

アスカ(そこに居るのは…バカシンジじゃない…眠りこけてるわ…)

アスカ「……ンジ…シンジ…」

シンジ「ん…んひぁ…?アスカ?」ゴシゴシ

アスカ「あたし…どうなったの…?」

アスカ「人に…戻ったの…?」

シンジ「う、うう…うん…一応…成功したっぽいよ?」

アスカ「何をキョドってんのよ、バカシンジ…」ピコッ

シンジ「うっ!//」

アスカ「あん?何しまりの無い顔してんのよ…」ピコッ

シンジ「いや、その…なんと言えば良いのか…///」

アスカ「おっかしいわねぇ〜…あたしの顔に何か付いてるわけぇ?」ピコッ ピコッ

シンジ「はうっ!(反則だ!これは反則だよアスカ!)///」

アスカ「よっ」ギシッ

シンジ「お、起きても大丈夫なの!?」

アスカ「大丈夫よ…あんたとは鍛え方が違うわ!」スタスタ

シンジ「どこ行くんだよ!」

アスカ「トイレよ!トイレ!言わせんな恥ずかしい!」フンッ

カラッ ピシャ

シンジ「行っちゃった…」

ミサト「シンチャン…シンチャン…」コソコソ

シンジ「ミサトさん…」

ミサト「アスカの様子どぉ?」

シンジ「あ、いや、まだ気が付いてない見たいですけど…そろそろ」

イヤアアアアアアアアア!!

シンジ「あ、気が付いた」

バタバタバタバタ ガラッ!

アスカ「ちょっとバカシンジ!?これなんなのよぉ!!!」ピコピコピコ

シンジ「それは……み、耳だと、思うよ?」ニヘ

アスカ「それにぃ!!」フリッ

アスカ「あたしのキュートなお尻に付いてるコレっ!!」フリッ フリッ

シンジ「そ、それは……し、尻尾だと、思うよ?」ニヘラ

アスカ「だああああああ!!?何なのよこれぇぇぇぇぇ!!?」ピコピコフリフリ


リツコ「せっかくの猫耳なんだから、逆に楽しんだらどう?」フッ

アスカ「もういやああぁぁ〜」ピコピコフリフリ


54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 16:49:46.82 ID:vy+WsSKDO


リツコ「まあ説明させてもらうわ」

アスカ「ちょっとこれ!何とかしてよ!」ピコピコフリフリ

リツコ「簡単に言うと、システム稼働中にあなたは人に戻りたいって願いの他に…」

リツコ「猫でも良いかもって、思ったはずよ?」

アスカ「あ……」

ミサト「思い当たるフシがあるのね…」

アスカ「確かに…あの時の楽しかった事とか考えたかもしれないわ…」

リツコ「ふ〜…やっぱりね」

リツコ「その中途半端な思いが、半人半獣の原因ね」

アスカ「いやあああああ!!」

シンジ「///」ニヘラニヘラ

アスカ「あ ん た は何ニヤついてんのよ!!」バキッ!

シンジ「痛っ!ちょっと待ってよ、落ち着いてよアスカ!」

アスカ「何よ!」フーッフーッ!

シンジ「それ……凄く可愛いと、思うよ///」

アスカ「なっ!!///」カァッ

アスカ「うっさいっ!!このボケシンジっ!バカシンジっ!エロシンジ〜っ!!」ドカッドカッ!!

シンジ「うわああ!!ごめん!ごめんってば!!」ヒィ!

アスカ「で!?治るのこれ!?」フリッ ピコッ

リツコ「実験プラグはまた破損したわ、無理矢理暴走状態にしたから…」

リツコ「修理に2週間は掛かるわね」

アスカ「それまでこのままって事!?」ワナワナ

リツコ「ええ」

アスカ「そんな……」ペタン

ミサト「でもホントに可愛いわよそれ?」

アスカ「何よあんたまで!バカミサト!!」ムキィー!


55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 17:05:12.76 ID:vy+WsSKDO

猫娘になってしまったアスカ、
最初はかなり落ち込んでいたが、
3日もたったら逆に楽しみ始めた。
何しろあの容姿に猫耳と尻尾だ、
その破壊力たるやN2高空爆雷の乱れ撃ちのごとしである。
世の男性諸君が熱烈に萌えたぎっているようだ。

何を隠そう僕もその内の一人なのである。



アスカ「バカシンジ!今夜はハンバーグにしなさいよね!ガーリックソースよ!ガーリックソース!」ピコピコフリフリ

シンジ「わかったよ〜任せといてよ」ニヘラ

アスカ「いちいちニヤケんなっつーの!!」ドカッ!

シンジ「痛いよアスカ〜」

アスカ「ふん!」ピコフリ



57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 17:20:36.29 ID:vy+WsSKDO

アスカ「ご飯できたら呼びなさいよ!後あんたのマンガ借りるからね!」スタスタ

ガラッ

アスカ「え〜と、どこかしら」キョロキョロ

アスカ「あったあった…」ペラッ

アスカ「…………」ペラッ

〜〜〜〜〜〜〜〜

アスカ「あんまし面白くなかった」バサッ



アスカ「ん?…この写真」

アスカ「ちゃんと飾ってたんだ…」フリフリ

アスカ「ホント…バカね…」ニコッ



シンジ「ミサトさーん!アスカー!ご飯できたよ〜」

ミサト「は〜い」
アスカ「今行く〜!」フリフリ



「「「いただきまーす♪」」」



おしまい

60 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 18:06:59.77 ID:vy+WsSKDO

猫のままの案も有ったんだけど、
しんみり終わっちゃいそうだったので止めたんだよ。
猫耳にして明るく終わりたかった。

61 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/26(火) 18:32:52.54 ID:NKa2YBhg0

いや、こう考えればいい

猫のままのエンディングも書けばいいさ

62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/26(火) 18:52:59.05 ID:vy+WsSKDO

くっ…なん…だと…
わかった、ちと待ってくれ。

64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 19:07:22.87 ID:vy+WsSKDO

おまけ
━━━アスカ人化作戦失敗の場合━━━


リツコ「おかしいわ…プラグ深度がマイナスのまま変化がないわ…」

ミサト「どう言うこと!?」

リツコ「アスカが…人に戻りたいと願っていないんだわ…」

ミサト「そ、そんな…どうして?」

〜〜〜〜〜〜〜〜

コポコポ…

猫アスカ「……」ピクッ…

シンジ〈アスカ!ご飯だよ♪〉

猫アスカ「ニャ…」

シンジ〈アスカ〜お風呂に入れてあげるよ!〉

猫アスカ「ニャウ…」

シンジ〈ほら、ブラッシングしてあげるよ!〉

猫アスカ「ニャオ…」

シンジ〈おいでアスカ、よしよしいい子だね♪ナデナデ〉

猫アスカ「ニャァァ…」

シンジ〈アスカは可愛いなぁ〜ずっと一緒に居たいや♪ニコニコ〉

猫アスカ「フニャア〜!」




66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 19:22:45.44 ID:vy+WsSKDO

リツコ「やめなさいアスカ!!人に戻れなくなる!!」

ミサト「行きなさいアスカ!誰かの為じゃない!あなた自身の願いの為に!!」

リツコ「ミサト!?何を言ってるの、正気!?」

ミサト「アスカは…シンジ君との暖かい日々を求めているんだわ!猫のままの方が良いと判断したのよ!」

リツコ「それじゃパイロットが不足するわ!」

ミサト「構わないわ!バックアップが居るもの!」

リツコ「それもそうね」


シンジ「アスカ!アスカはどうなったんですか!?」

リツコ「人化は失敗よ、アスカは猫のままになるわ」

シンジ「そ、そんな!?」

68 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 20:08:25.62 ID:vy+WsSKDO

アスカは人に戻る事を拒んだ、
猫のまま僕と生きることを選んだ。
僕も本当はそうなる事を望んでいたのかもしれない。
〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「アスカ、今日はお客さんが来るよ」

猫アスカ「ニャア?」


ピンポーン

シンジ「やあ、いらっしゃい」

マリ「こんばんにゃ〜♪」

猫アスカ「ニャッ!」ビクッ

マリ「あ〜あ、姫ホントに猫になっちゃったんだにゃ…」ニクキュウグリグリ

猫アスカ「フニャア〜ア〜!」イヤイヤ

シンジ「マリさんがアスカの代わりに弐号機のパイロットになったんだよー」

マリ「そーゆーことにゃ!弐号機はあたしにまっかせなさ〜い♪」ボヨン

猫アスカ「ニャア〜フニャア〜…」

シンジ「よりによってコネメガネが来るとはって…二人は知り合いだったの?」

マリ「ま〜その〜あれだ!その辺はややこしいから秘密にするにゃ♪」

マリ「って、わんこ君って猫語が解るんだ?」

シンジ「いや、他の猫はわからないけど、なぜかアスカのだけわかるんだよ」

マリ「ふ〜ん……愛の力かにゃ?」ニヨニヨ

75 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/27(水) 08:25:54.49 ID:AuMnTOTDO

シンジ「あ、愛の力とか…そんなんじゃ無いよ//」

猫アスカ「…//」バシッ!バシッ!

マリ「にゃ!猫パンチ!?」

猫アスカ「…」ゲシッ!ゲシッ!

マリ「今度は猫キック!?」

猫アスカ「フンッ!」

マリ「そんな攻撃でぇ、わたしを沈黙させる事は…出来ないにゃー♪」ガバッ!

猫アスカ「フギャー!」ジタバタ

マリ「逃げんなぁぁぁ!!」

猫アスカ「シャー!」ガブッ!

マリ「にゃー!いったーい!」

マリ「…でもぉ…面白いから…イイ!!」ガバァッ!

ナデサセロー!
フギャアアア!ゲシッゲシッ!

シンジ「何だか楽しそうだな」フフッ


シンジ「あ、そうだマリさん、夕食たべてく?」


マリ「にゃっ!食べる!」カイグリカイグリ

猫アスカ「ブニャァ〜」ゲシッゲシッ!

77 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/27(水) 11:06:33.35 ID:AuMnTOTDO

〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「さ、食べてよ!」ドンッ

マリ「おお〜♪これがウワサの手作りハンバーグ…」

シンジ「どこのウワサだよ…」

マリ「んにゃ、生前に姫が美味い美味いと自慢しくさっt」バシッ!猫アスカ「ウニャニャ!!」ゲシッ!

シンジ「まだ生きとるわ!だって」

〜〜〜〜〜〜〜〜

マリ「あ〜美味かったにゃ〜♪」

マリ「いつもこんな美味しいもの、食べれる姫が羨ましいにゃ〜」

猫アスカ「ニャッ♪」



78 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/27(水) 12:56:26.34 ID:AuMnTOTDO

マリ「すっかりご馳走になっちゃった♪ありがとねん」ギュウ〜

シンジ「うわっぷ!何を!///(胸が!胸が!)」

猫アスカ「ウニャー!」バッ!ビシッ!

シンジ「痛っ!なんで僕が…」ヒリヒリ


マリ「そろそろ帰るにゃ!」

シンジ「あ、うん…またね」

猫アスカ「ウニャ…ニャア〜」

マリ「わかってるって、任しときな!お ひ め さ まっ!」

マリ「じゃ〜ね〜」フリフリ
〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「なんかマリさんも、アスカの言うこと解ってるみたいな……」

シンジ「まあいいか」

シンジ「さ、お風呂にしようかアスカ!」

猫アスカ「ニャア♪」






弐号機の事  頼んだわよ コネメガネ…






おしまい

81 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/27(水) 18:01:16.56 ID:AuMnTOTDO

いや、これはもうここで完結にしまふ。
ご清読ありがとうございました(*_ _)ペコリ

83 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/27(水) 20:54:37.04 ID:AuMnTOTDO

あ〜
テレビ版のミサトさんより、
新劇のミサトさんの声がそそるなぁ…
やっぱ女は40過ぎが良いよな〜色々と…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「長門さんが笑って写ってる写真も一枚くらいはあるはずです」