マスオ「あれ?どうしたんですかお義父さん、こんな夜中に」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:消失ハルヒのアフターストーリー

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:38:35.19 ID:qskr/g6o0

波平「ま、マスオくんか……
マスオくんこそこんな夜中に居間に来て、一体何の用だね」

マスオ「僕ですか?いよいよ放送されるゆるゆり二期を見に来たんですよ」

波平「マスオくんもかね!?」

マスオ「お義父さんもですか?」

波平「うむ……実を言うとだな、この日を楽しみにしておったのだ」

マスオ「僕もですよ
ごらく部と生徒会とその家族のゆるくて面白い日常がまた見られると思うと夜も眠れませんでしたよ」

波平「おっそろそろ始まるぞ」

テレビ「ちょっちまっち中学生wwwwww」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:43:39.49 ID:qskr/g6o0

放送後

波平「二期もやはり1話はあかりちゃんが目立っておったな」

マスオ「そうですねぇ
途中から空気になってましたけどね」

波平「ま、それもあかりちゃんらしさだ」

マスオ「そうだ、お義父さんはどの組み合わせが好きですか?」

波平「ワシか!?マスオくんはどうなんだね」

マスオ「僕はですねぇ……やはり鉄板の京結ですね
暴れる京子ちゃんと何だかんだ京子ちゃんのことが放っておけない結衣ちゃんの組み合わせはいいですねぇ」

波平「ふむ……それもありだな
しかし、ワシはやはり西りせだな」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:45:56.64 ID:qskr/g6o0

マスオ「えぇ!?」

波平「りせちゃんと西垣先生はいい組み合わせだと思わんかね?」

マスオ「確かにいいですけど……」

波平「おっと、母さん達にバレるとマズイからそろそろ寝るとするか」

マスオ「そうですね
おやすみなさい、お義父さん」

波平「ああ、おやすみ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:49:22.40 ID:qskr/g6o0

次の週

波平「おはよう、マスオくん」

マスオ「おはようございます、お義父さん」

波平「ちょっちまっち中学生はいい曲だな」

マスオ「そうですねぇ」

波平「ま、ワシはゆりゆらららゆるゆり大事件の方が好きだがな」

マスオ「僕もです」

カツオ「あれ?何やってるの?こんな時間に」

波平「か、カツオ!どうしたのだこんな時間に」

カツオ「トイレだよ
それよりお父さん達こそ何やってるのさ」

波平「そ、それはだな……」

テレビ「ちょっちまっち中学生wwwwww」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:52:00.22 ID:qskr/g6o0

カツオ「あ、これ!」

波平「知っておるのか?」

カツオ「うん、中島が見てるって言ってたよ
ねえ、僕も見ていい?」

波平「何言っておるのだ、子どもが夜更かしなど……」

マスオ「そうだよカツオくん、体にも悪いし……」

カツオ「じゃあこの事母さんや姉さんにばらしてもいいの?」

波平「それは……
くっ、親を脅迫しおって……」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:54:27.79 ID:qskr/g6o0

放送後

カツオ「面白かった!」

マスオ「そうだカツオくん、君はどのカップリングが好きかい?」

カツオ「そうだね……やっぱりひまさくかな!」

波平「ベタなところを突きおったな」

波平「さ、そろそろ寝るぞ」

マスオ「そうですね、おやすみなさい」

カツオ「おやすみ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:59:00.67 ID:qskr/g6o0

次の週の夕方

マスオ「えぇー!?ここに泊まるって言うのかい!?」

ノリスケ「すみません!タイコが実家に帰ってしまって……」

サザエ「しょうがないわねえ……」



カツオ「おはよう!」

波平「ああ、おはよう」

マスオ「おはよう、カツオくん」

ノリスケ「あれ?みんなしてこんな時間に集まってどうしたんですか?」

波平「ノリスケ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 19:59:40.67 ID:qskr/g6o0

ノリスケ「良かったらテレビ貸してもらえませんか?叔父さん
実はゆるゆりが見たくて……」

カツオ「それならちょうどいいね!僕達もゆるゆりを見るんだよ」

波平「こ、これカツオ!」

カツオ「どうせこれ以上隠し通せないじゃないか」

ノリスケ「へえ叔父さん達も!じゃあ僕もお邪魔させてもらおっと」

テレビ「ちょっちまっち中学生wwwwww」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:01:33.61 ID:qskr/g6o0

ノリスケ「いやあ今日も面白かったですねー」

カツオ「そうだノリスケさん、ノリスケさんはどんなカップリングが好みなの?」

ノリスケ「僕はやっぱり櫻りせかなー」

マスオ「えぇ!?そんなマイナーな組み合わせを選んでるって言うのかい!?」

ノリスケ「まあね!」

波平「さ、そろそろ寝るぞ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:03:07.41 ID:qskr/g6o0

次の週

波平「ノリスケ、お前はいつまで居座る気だ?」

ノリスケ「タイコが帰ってくるまでですよ!」

ドンドン!

波平「なんだ?こんな時間に非常識な奴だ」

カツオ「僕が呼んだんだよ!
ちょっと出てくるね」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:04:56.52 ID:qskr/g6o0

甚六「こんな時間にすみません……」

マスオ「君は甚六くんじゃないか!」

甚六「実は家族の目が怖くてゆるゆりが見れなくて……そんな時カツオくんが誘ってくれたんです」

波平「それならしょうがない
ゆっくり見ていってくれ」

甚六「ありがとうございます!」

テレビ「ちょっちまっち中学生wwwwww」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:06:56.80 ID:qskr/g6o0

放送後

波平「そうだ、甚六くんはどんなカップリングが好みかね?」

甚六「僕はあかちなですねー
あの二人の何とも言えぬ関係は見ててハラハラします」

波平「確かにな
そろそろ寝るとするか
甚六くんも家族にバレないように帰るといい」

甚六「お邪魔しました」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:10:17.56 ID:qskr/g6o0

次の週

甚六「またすみません」

波平「気にするな」

ノリスケ「そうですよ」

\ちわー三河屋でーす/

マスオ「こんな時間にかい!?
ちょっと行ってくるよ」

裏口

三郎「すみませんこんな時間に」

マスオ「どうしたんだい?サブちゃん」

三郎「実はテレビが壊れて直るのに二週間ちょいかかるみたいで、テレビを貸してほしいんです」

マスオ「ちなみに、何を見るんだい?」

三郎「ゆるゆりです」

マスオ「ならちょうどいい!僕達も見るところなんだ」

三郎「本当ですか?お邪魔します」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:11:32.33 ID:qskr/g6o0

波平「一体どうしたんだ」

三郎「実はテレビが壊れてしまい……」

波平「そうかそうか、見ていくといい」

三郎「すみません……」

カツオ「おっ、始まるよ!」

テレビ「ちょっちまっち中学生wwwwww」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:14:52.52 ID:qskr/g6o0

放送後

ノリスケ「いやー面白かったですね」

甚六「サブちゃんはどんなカップリングが好みだい?」

三郎「やっぱり綾千ですねー
普段綾乃ちゃんが色々な女の子と絡んで興奮している千歳ちゃんが、実は自分自身が綾乃と絡みたいという願望を奥底に抱えているのかと思うと、ちょっぴり不憫で……是非二人が繋がってほしいと思います」

マスオ「さすがだねサブちゃん、よく見てるよ」

波平「バレんようにそろそろ寝るとするか
サブちゃんも甚六も帰るといい」

甚六、三郎「お世話になりました」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:17:59.02 ID:qskr/g6o0

次の週

甚六、三郎「お邪魔します」

波平「気にするな」

ドンドン

マスオ「僕が見てきますよ」

玄関

裏のおじいちゃん「こんな夜分にすみません……」

マスオ「裏のおじいちゃん!どうしたんですか?」

裏のおじいちゃん「実は家内にゆるゆりというアニメを見ているのがバレてしまいましてな……良ければ磯野さんのお宅のテレビをお貸ししてほしいのですが……」

マスオ「そうですか!さっ、上がってください」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:19:13.49 ID:qskr/g6o0

裏のおじいちゃん「皆さんは……」

カツオ「僕達もゆるゆりを見に来たんだよ!」

裏のおじいちゃん「そうでしたか!
まさかこんなに見てる人がいるとは……」

波平「お、始まるぞ」

テレビ「ちょっちまっち中学生wwwwww」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:22:49.81 ID:qskr/g6o0

次の日

サザエ「ねえ母さん」

フネ「何だい?」

サザエ「最近みんなおかしくない?父さんもマスオさんもカツオも寝不足に見えるんだけど」

フネ「そういえばそうだねぇ」

サザエ「これは何かあるわね……」



お軽「おフネちゃんも同じ違和感を?」

フネ「ええ」

お軽「甚六もどうも最近寝不足みたいで……勉強してるから当たり前ですが、いつもより酷いみたいで……」

サザエ「(これは何かあるわね……)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:26:24.23 ID:qskr/g6o0

サザエ「裏のおばあちゃんもですか?」

裏のおばあちゃん「そうなのよ
最近夜更かししてるみたいだからおかしいと思って私も起きてみたら、ゆるゆりというアニメを見てたんですよ」

サザエ「ゆるゆり?
それはいつやってるの?」

裏のおばあちゃん「確か月曜日の……」

次の週の月曜日

ドンドン

カツオ「はーい!」

伊佐坂「こんな時間にすみません」

カツオ「伊佐坂先生!」

伊佐坂「実はお軽が最近私の夜更かしに気づいていそうでな、磯野さんのテレビを貸してほしいんだ」

カツオ「もしかしてゆるゆりを見てるの?」

伊佐坂「なぜそれを」

カツオ「ならちょうどいいや、さあ上がって!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:30:10.71 ID:qskr/g6o0

波平「伊佐坂先生!」

伊佐坂「すみません磯野さん
それにしてもこんなに集まっているとは……」

ノリスケ「ずいぶん大所帯になりましたねえ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:30:51.22 ID:qskr/g6o0

サザエ「こういうことだったのね!」

マスオ「さ、サザエ!」

タイコ「帰ってみたらこんなことをしてたんですか?」

ノリスケ「タイコ!」

フネ「全く大の大人が……それに子どもまで……」

波平「母さん!」

カツオ「お母さん!」

お軽「恥ずかしいわ……」

伊佐坂「お軽!」

甚六「母さん!」

フネ「とっととテレビを消して寝なさい
皆さんもお帰りになってください」

三郎「は、はい!」

甚六「すみません!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/24(日) 20:33:13.85 ID:qskr/g6o0

波平「すまん母さん!」

カツオ「この通り!」

フネ「全く……しょうがないわね」

波平「え?」

フネ「発売されたら二期のBD-BOX買いましょうか」

波平「母さん……!」

カツオ「ありがとうお母さん!」

フネ「さ、今日は寝なさい」

カツオ「おやすみなさい!」

波平「ああ、おやすみ」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「何か用?」