碇シンジ「安価から逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「もしも、願いひとつだけ叶うなら」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:38:48.83 ID:lVd7xtCoO

―ミサトマンション

ミサト「シンジくん悪いけど>>3やっといてね、じゃあ私は出勤するから」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:40:53.27 ID:UCcgHFyX0

アスカのオムツの取替え

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:45:46.16 ID:lVd7xtCoO

シンジ「アスカ…」

アスカ「あうあー(^q^)」

アスカは使徒に精神汚染されキチガイになっていた

シンジ「とりあえず言われた通りオムツを取り替えるか」パサッ

シンジ「これはっ!?」

アスカのオムツには>>6がしてあった

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/07(日) 05:47:15.60 ID:FNf4nTEr0

夢精

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:50:55.66 ID:lVd7xtCoO

ベタア

シンジ「これは精子…?」

アスカ「あうあー(^q^)」

シンジ「そんなまさか」

アスカの股間をよく見ると小さなオチンポが生えていた

シンジ「…」

シンジ「とりあえず>>12に相談しよう」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:53:11.49 ID:UCcgHFyX0

エヴァ弐号機

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:57:21.78 ID:lVd7xtCoO

―ネルフ格納庫

シンジ「…ということなんですよ」

弐号機「…」

シンジ「僕何してるんだろう…エヴァに相談したって仕方ないよな…」

アスカ「ままぁー(^q^)」

シンジ「アスカ!?」

アスカは突然弐号機に>>16を始めた

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 06:00:23.30 ID:1rdw1jCT0

マウンティング

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 06:33:51.58 ID:ovusz9/d0

しょうがねーなぁ
俺が続きを書こう

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 06:42:18.55 ID:ovusz9/d0

アスカ「あたしの可愛い弐号機…」パンパンパン

シンジ「何やってるんだよアスカ?!」

アスカ「ハァハァハァ」

シンジ「……」


シンジ(な、なんか僕まで変な気持ちに…)

すると突然シンジは>>22>>25しだした

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/07(日) 06:44:01.97 ID:ihjZue4PO

マヤ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 06:48:03.97 ID:ihjZue4PO

プロポーズとキス

27 名前: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:15) [] 投稿日:2012/10/07(日) 06:55:38.44 ID:Q/nEkfvx0

マヤ「あら、シンジ君じゃない
こんな所で何やってるの?」

シンジ「マヤさん、好きです!
僕と結婚を前提に付き合って下さい!!」

そう言うと、シンジはマヤの柔らかな唇に自分の唇を重ね合わせた

マヤ「?! んっ…ぷはっ」

シンジ「マヤさん、返事を聞かせて貰えますか…?」

マヤ「シンジ君、>>29


アスカ「ふぅ…」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 06:57:04.34 ID:gmx72qvQ0

私ガチレズなの

31 名前: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:15) [] 投稿日:2012/10/07(日) 07:04:12.47 ID:Hq+G48R20

マヤ「シンジ君、ごめんなさい…
私ガチレズなの」

シンジ「えっ」

マヤ「だから気持ちは嬉しいけどあなたの告白には答えられないわ」

シンジ「そんな…」

この後の展開>>33

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 07:04:59.90 ID:n9YUJR0f0

そんなの関係ないよ!って言いながら
マヤの顔面を何度も踏みつける

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 07:12:10.05 ID:IcPjRPUt0

シンジ「そんなの関係ないよ!!」

そういって何度もマヤの顔面を踏みつけるシンジ

マヤ「シ、シンジ君痛いわ
お願いだから止めて…」

シンジ「黙れ!
やめて欲しければ僕の告白を受け入れろっ!!」

この後の展開>>37

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 07:14:13.14 ID:Y4xunL5P0

サードインパクト

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 07:20:37.14 ID:IcPjRPUt0

突然ネルフ本部内に鳴り響くサイレン音

シンジ「何が起こってるんだ?!」

マヤ「…サードインパクトだわ」

シンジ「サードインパクト?!
どうしてサードインパクトが…」

マヤ「原因は>>45よ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 07:28:29.71 ID:ihjZue4PO

シンジ君の足の裏が気持ち良かったから、そして私がシンジ君を愛してしまったから

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 07:32:01.20 ID:IcPjRPUt0

マヤ「原因はシンジ君の足の裏が気持ち良かったから、そして私がシンジ君を愛してしまったからよ」

シンジ「…?」

マヤ「つまり>>50よ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:04:35.19 ID:eKitttpP0

眉毛だけ黒いのはおかしいの

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:14:29.52 ID:IcPjRPUt0

代わりに書きたい奴いたら言ってくれよな


マヤ「眉毛だけ黒いのはおかしいのよ」

シンジ「えっと…つまりどういうことですか?」

マヤ「もう…シンジ君てば物分りが悪いわねっ」

シンジ「す、すみません…」

マヤ「エヴァの登場人物って現実ではあり得ない髪色の子が何人かいるでしょ?」

シンジ「は、はぁ…
確かに居ますけど…そんなメタ発言して大丈夫なんですか?」

マヤ「これは所詮ニートのチラ裏だから問題ないわ
本編で言ったら大問題だけど」

シンジ「なるほど」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:19:01.40 ID:IcPjRPUt0

マヤ「それでね、そんな非現実的な髪色なのに眉毛だけ黒いのは変だと思わない?」

シンジ「言われてみれば変ですね…
でもそれとサードインパクト、なんの関係が?」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:25:03.87 ID:IcPjRPUt0

マヤ「ようはそんな些細なことがサードインパクトの予兆だった、って訳」

マヤ「で、今回のサードインパクトの原因だけど…シンジ君、原因はあなたにあるわ」

シンジ「僕が?!」

マヤ「そうよ、さっきシンジ君は私の顔面を思いっきり踏みつけたわね?」

マヤ「その時、私は気付いてしまったの」

マヤ「自分がドMだってことにね!」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:31:41.90 ID:IcPjRPUt0

マヤ「シンジ君の足の裏は最高だったわ
そして私は直感的に感じたの
私のご主人様はシンジ君、あなたしかいないってことにね」

シンジ「そういうことだったのか…」



俺の貧困な想像力では収集がつかないので
この後の展開>>58頼む

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/07(日) 08:36:51.92 ID:mCreh2110

マリと濃厚セックス

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:40:18.81 ID:IcPjRPUt0

シンジ「サードインパクトが起こったらどうせみんな死ぬんだ…
最後にマリと濃厚セックスしておこう」

シンジ「マリの居場所は多分あそこだな
>>61に行ってみよう」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:46:27.62 ID:gukf8O640

学校屋上

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:54:01.23 ID:NnyHxuE90

ID変わった



シンジ「マリは多分学校の屋上にいるはずだ
行ってみよう」


―――学校屋上

シンジ「あ、いた マリさんだ
今からマリさんとセックスするんだけど…どうやってしよう?」
>>65

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 08:58:00.56 ID:bD51s3820

普通に頼んでみる

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:05:10.22 ID:NnyHxuE90

シンジ「とりあえず無難に頼み込んでみるか」


シンジ「マリさん、頼みたいことがあるんだけど…」

マリ「にゃ?おー、シンジ君
私に頼み事って何かな?」

シンジ「僕とセックスして欲しいんだ」

マリ「えー?シンジ君とセックスー?
流石の私でもそれはちょっとなぁ…」

シンジ「頼むよマリさん
僕にはマリさんとセックスしないといけない理由があるんだ」

マリ「へー、どんな理由だい?少年」

シンジ「それは>>70だよ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:08:46.30 ID:bD51s3820

今やらなきゃみんな死んじゃうんだ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:14:03.90 ID:NnyHxuE90

シンジ「僕とマリさんがセックスしないとみんな死んじゃうんだ」

マリ「…それは本当かい?少年」

シンジ「うん」

マリ「しょうがないにゃあ
分かった、いいよ」

シンジ(やった!適当に言っただけなのにマリさんが了解してくれた)

マリ「で、私はどうすればいいのかな?」

シンジ「まずはマリさんに>>75して貰おう」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:18:00.46 ID:rVDkvwfu0

かめはめ波の練習

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:21:06.50 ID:NnyHxuE90

シンジ「マリさん、まずはかめはめ波の練習をしてもらってもいいかな?」

マリ「かめはめ波?んー、難しいなぁ」ゴゴゴゴゴ

シンジ「」シコシコ


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:21:53.40 ID:NnyHxuE90

シンジ「ふぅ…」


次は>>80しよう

80 名前: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) [] 投稿日:2012/10/07(日) 09:28:38.12 ID:CBy8FMQF0

寝る

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:31:11.91 ID:NnyHxuE90

マリ「シンジ君っ、かめはめ波打てるようになったよーっ!」

シンジ「じゃぁ僕はそろそろ寝るよ
マリさんまたね」

マリ「」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:33:40.76 ID:NnyHxuE90

シンジ「ふあぁ…よく寝た」


さて、この後どうしようか

とりあえず暇だしその辺を歩こう

>>84「あ、シンジっ!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/07(日) 09:37:59.66 ID:ka/T95od0

アスカ

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:41:40.43 ID:NnyHxuE90

アスカ「バカシンジっ!探したわよ!」

シンジ「げっ、アスカ…」

シンジ(アスカは今使徒に精神汚染されて基地外になってるんだよな…)

アスカ「>>88

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:43:20.52 ID:etSf0i7B0

助けて・・・

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:46:27.36 ID:NnyHxuE90

アスカ「シンジ…助けて…」

シンジ「アスカ…?
もしかして泣いてるのか?」

アスカ「シンジぃ…>>91

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/07(日) 09:47:19.90 ID:ihjZue4PO

ハハッ

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:51:01.50 ID:NnyHxuE90

アスカ「シンジぃ…ハハッ」

アスカ「アハハッアハハハハハハッ」

シンジ「」

アスカ「あうあうあー(^q^)」

やっぱりアスカは基地外だった


>>96しよう!

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:51:31.02 ID:EGCqkFT7O

ミサトとセックス

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:56:09.30 ID:NnyHxuE90

シンジ「よし、基地外のアスカは放っておいてミサトさんとセックスしよう」



―――ミサトのマンション

シンジ「ミサトさん、ただいま」

ミサト「お帰りなさいシンジ君
あら?アスカは?」

シンジ「アスカはレイと一緒だよ」

ミサト「レイと? ならいいけど」


さて、どうやってミサトさんとのセックスに持ち込もう?

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:56:58.70 ID:NnyHxuE90

安価忘れたすまん


>>105

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 09:58:25.68 ID:ihjZue4PO

右ストレートでぶっ飛ばす

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:03:27.05 ID:NnyHxuE90

シンジはミサトに右ストレートで殴りかかった…が、あっさり受け止められてしまった

ミサト「シンジ君、これは何の真似かしら?」

シンジ「こ、これは…>>109

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:04:57.27 ID:etSf0i7B0

サンドバックは喋んな

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:09:32.15 ID:NnyHxuE90

シンジ「サンドバッグは喋んな」

ミサト「」

バキッ!


ミサト「クッ…」

ミサトさんは大人しくなった

>>116

116 名前: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) [sage] 投稿日:2012/10/07(日) 10:13:08.57 ID:CBy8FMQF0

うんこを食わせる

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:15:37.58 ID:NnyHxuE90

よし、ミサトさんにうんこを食わせよう

誰のうんこを食わせよう?

>>120

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:16:35.27 ID:etSf0i7B0

ゲンドウ

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:20:42.24 ID:NnyHxuE90

丁度ここに父さんのうんこがあるから父さんのでいいや


シンジ「食えよ」

ミサト「?!」

シンジ「食えって言ってんだよ
分かんないのか?」

ミサトは言われるがままに口にした

ミサト「…オェ」


>>125

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:24:25.84 ID:etSf0i7B0

食ってる最中だけど顔を蹴る

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:29:02.68 ID:NnyHxuE90

シンジはミサトの顔を思いきり蹴りつけた

ドカッ バキッ

ミサト「ゲホ…ゲホゲホっ」

シンジ「食えって言ってるだろ?
そのまま食べ続けろよ」

ミサトはシンジに蹴られながらも懸命にそれを口に含んだ

>>130

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:36:47.49 ID:6PC13BpQ0

いっしょに食べる

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:39:52.39 ID:NnyHxuE90

ぼくも一緒に食べよう


シンジ「」ペチャペチャ

ミサト「」ピチャピチャ


お前ら、ミサトさんを幸せにしてやってくれ
>>136

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:44:58.82 ID:bD51s3820

実は使徒の精神攻撃

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:50:47.22 ID:NnyHxuE90

ミサト(私…なんでこんな事してるんだろ?)

ミサト(こんなの…こんなのシンジ君じゃない
シンジ君はいつもはこんなじゃないのに…そういえば今日のシンジ君は何だか変だわ…)

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:53:11.81 ID:NnyHxuE90

ミサト(シンジ君がおかしいのは、もしかして使徒のせい?)

ミサト(そういえばアスカが使徒に精神汚染された時シンジ君も一緒に出撃してたわよね…もしかして…!)

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:55:05.76 ID:NnyHxuE90

ミサト(そうだわ、きっとシンジ君も精神汚染されてるんだわ)

ミサト(今まで気が付かなかった私が馬鹿だった…)

ミサト(とにかくシンジ君を正気にもどさなきゃ)

ミサト(>>143して戻そう)

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 10:57:01.22 ID:QnYrc1su0

精神世界から逃れる

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 11:02:44.93 ID:NnyHxuE90

ミサト(そうか、ここはシンジ君の精神世界なんだわ)

ミサト(私までいつの間にかシンジ君の精神世界に取り込まれていたのね…)

ミサト(とにかくこの世界から逃れないと)


精神世界からの脱出方法
>>150

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 11:05:02.33 ID:MjVLONvb0

シンジをフルボッコ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 11:11:45.60 ID:NnyHxuE90

ミサト(ま、殴れば戻るかな)

ミサト「」スッ

ミサトはシンジを思いきり殴り付けた

シンジ「?!」

ボコッドスッボゴッ






シンジ「ん…ここは?」

ミサト「気がついたのねシンジ君」

シンジ「ミサトさん…」

ミサト「あなたは使徒に精神汚染されていたのよ
精神世界でのこと覚えてないの?」

シンジ「全く…」


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 11:17:51.13 ID:NnyHxuE90

ミサト「なんにしてもあなたが無事でよかったわ」

シンジ「ミサトさん…迷惑かけてごめんなさい」

ミサト「いいのよ
シンジ君が元に戻っただけで、私は十分よ」


こうしてミサトの力を借りて正気に戻ったシンジは
また以前のように使徒と戦う日々を送るのであった


次回もサービスサービスっ!

-完-

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 11:18:49.80 ID:NnyHxuE90

gdgdでしたが一応完結できました

読んで下さった皆さんありがとうっ!


そして1はどこ行ったんだwww

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/07(日) 11:20:57.81 ID:NnyHxuE90

とりあえず今回のことで安易にssスレは引き継いではいけないということが分かった
安価ssスレたててる人達すごすぎだろ…
とてもじゃないけど自分には出来んw



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:工藤新一「これは……ダイニングメッセージだ!」