シンジ「僕の恋愛相談に乗ってほしいんだ」アスカ「嫌」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:伊401「大切な予定?」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:40:48.64 ID:MtyFNYPN0

シンジ「え、なんで?」

アスカ「嫌だから」

シンジ「頼むよアスカ。アスカしか頼れる人がいないんだ」

アスカ「……」

シンジ「アスカ?」

アスカ「嫌よ」

シンジ「そんな……」

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:43:15.96 ID:MtyFNYPN0

アスカ「あんたが恋愛なんて100年早いわ」

シンジ「な、そんなことないよ!僕だって……」

アスカ「どうせそんな恋実りゃしないわよ、あきらめなさい」

シンジ「僕はまだ何も……」

アスカ「じゃあね、お休み」ガタッ

シンジ「あ、アスカ……」

    ガラッ    ピシャッ



アスカ「……ふ」




アスカ「ふええええええええええええええん!!」

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:45:40.13 ID:MtyFNYPN0

―――翌朝


シンジ「アスカ、おは」

アスカ「……」スタスタスタ

シンジ「ま、待ってよ、朝ごはん……」

アスカ「いらない」

    プシュッ

シンジ「……」

ミサト「おはよぉ〜、あら?アスカは?」

シンジ「朝ごはん、いらないって……」

ミサト「あらそう?どうしたのかしら」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:47:32.37 ID:MtyFNYPN0

ミサト「シンちゃん何か知ってる?」

シンジ「え、いや、特には……」

ミサト「うーん、ま、なんか嫌なことでもあったのかもね。たぶん夜ごろにはケロッっとしてるわよ!」

シンジ「はぁ……」

ミサト「さぁ〜て、朝ごはん朝ごはん♪」

シンジ「……」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:49:55.62 ID:MtyFNYPN0

―――学校

   ぐぎゅるるるるる


アスカ「……」

マリ「姫〜♪そんな元気少なくてどうしたのかにゃ〜?」

アスカ「コネメガネ……」

マリ「なんでもお姉さんに話して御覧なさい?ん?」

アスカ「……う」

マリ「う?」

アスカ「うううううううううううううう……」プルプル

マリ「ひ、姫!?」

アスカ「ううううううううううううう」プルプル

マリ「お、屋上!屋上行こっか!ね!?」アセアセ

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/18(月) 22:52:19.29 ID:MtyFNYPN0

―――屋上

アスカ「ううううううう」

マリ「ふんふん、にゃるほど、わんこ君がー」

アスカ「うううううううううううう」

マリ「昨晩、急に恋愛相談を持ちかけられたと」

アスカ「ううううううう」

マリ「どうしていいか分からなくなってー?」

アスカ「ううう」

マリ「つい冷たいこと言っちゃってそれっきり……と」

アスカ「なんでわかるのよ……」

マリ「にゃんとなくー?」ニャハ

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:53:54.53 ID:MtyFNYPN0

アスカ「朝ごはんも食べてない……」グー

マリ「わんこ君のお弁当まで我慢だにゃー」

アスカ「もらい辛い」

マリ「じゃああたしが」

アスカ「それはダメ」

マリ「にゃは♪」

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 22:57:47.57 ID:MtyFNYPN0

マリ「しかしわんこ君についに好きな人がねー」

アスカ「……!」プルプル

マリ「わ、姫!泣かない泣かない」アセアセ

アスカ「ううううう」プルプル

マリ「ま、まあ相手が誰とかは……」

アスカ「聞いてない」

マリ「にゃるほど……」

マリ(あたしの大事な姫を泣かせるとは……わんこ君、許すまじ!)フー!

マリ「よし姫!あたしに任せんしゃい!」ドン!

アスカ「え?」

マリ「さ、ホームルーム始まるから行こ?」グイッ

アスカ「え、ちょっと」

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:00:40.17 ID:MtyFNYPN0

―――教室


トウジ「お、式波と真希波やないか!来とったんかい」

ヒカリ「おはよう、二人とも」

マリ「おはよーさん!」

アスカ「……おはよ」ドヨン

ヒカリ「……」

トウジ「……」

ケンスケ「な、なんだか機嫌が悪そうだな……」

アスカ「別に……」ガタッ

マリ(姫……)

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:04:33.80 ID:MtyFNYPN0

トウジ「そういや今日はセンセ来とらんな?」

ケンスケ「珍しく式波と二人じゃないと思ったら」

ヒカリ「アスカ、シンジくんは?」

アスカ「知らない……」

ヒカリ「そう……」

トウジ「綾波も休みなところをみると、今日はNERVちゃうか?」

ケンスケ「もしかして二人で……」

アスカ「!」ガタッ

マリ「ま、まああの子はあまり学校に来る子じゃないし!たまたまじゃないかにゃ?」

トウジ「ま、せやな」

アスカ「……」

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:10:08.55 ID:MtyFNYPN0

―――放課後

マリ「結局わんこ君来なかったにゃー……」

アスカ「……」

マリ「ま、お昼は購買でありつけたから良しとするにゃ!」フンス

アスカ「そうね……」

マリ(姫……一日中こんな感じだったにゃ)

マリ「さ、NERV行くよ姫!」

アスカ「行かない……」

マリ「だ、大丈夫だよ!わんこ君に限ってレイに手を出したりなんて」

アスカ「……」

マリ(……ま、無理に引っ張りまわしても逆効果かな)

マリ「……わかった、今日はゆっくり休みなさい!朝言った通りお姉さんに任せて!ね!」

アスカ「……うん、じゃあ」トボトボ

マリ(姫……きっとあたしがかわいい笑顔をとりもどして見せる!)グッ

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:12:36.45 ID:MtyFNYPN0

―――NERV


マリ「さぁ〜って、わんこ君はーっと……」キョロキョロ

マリ「……むむ!?」


シンジ「……」ペチャクチャ
レイ「……」コクコク


マリ(まさか……そんな……!)

シンジ「じゃあまたね、綾波」

レイ「ええ」

マリ(むむう)


14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:15:06.01 ID:MtyFNYPN0

レイ「……」スタスタ

マリ「レ〜イ〜ちゃん!」ニャン

レイ「メガネの人」

マリ「今わんこ君とお話してた?」

レイ「ええ、それが何?」

マリ「いや、どんなこと話してたのかなー、なんつって」

レイ「特に取り留めもない話」

マリ「そ、それってどんな……」

レイ「お味噌汁の作り方……とか」

マリ「!?」

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:18:35.99 ID:MtyFNYPN0

マリ(お味噌汁……!?まさかそれって)



シンジ『綾波の作った味噌汁が毎日飲みたいんだ』

レイ『碇君……』ポカポカ

シンジ『だから僕が手取り足取り教えてあげるよ、味噌汁以外のこともいろいろと……』

レイ『え、碇君、あ、だめ、そんな……』ポカポカ



マリ「ノォォーーーーッ!!」

レイ「」ビクッ

マリ「だ、ダメだよレイちゃん!正々堂々と……じゃない、もう少し中学生なんだから清いお付き合いを……じゃなくて」

レイ「何の話?」

マリ「いや、だから……」

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/02/18(月) 23:21:26.48 ID:MtyFNYPN0

リツコ「あら、マリじゃない」

マリ「!」ドキッ

リツコ「今日はあなたは呼んでいなかったんだけど、何か御用?」

マリ「え、えーっと、いや、もう用は……済んだというか……」

リツコ「そう?じゃあレイ、ちょっといい?」

レイ「はい。用が無いなら、行くわ。それじゃ」スタスタ

マリ「あ……」

マリ(うぬぬ……やはり攻めるべきは本丸だにゃ)フンス

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:23:41.54 ID:MtyFNYPN0

マリ「わんこ君わんこ君……いた!」


シンジ「ええ、じゃあまた」

???「……」スタスタ


マリ(? 誰かと話してた?)

シンジ「さて、と……」

マリ(逃がさん!)

マリ「わんこくーん!」ズドドドドド

シンジ「え、うわ!真希波!?」



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:26:08.43 ID:MtyFNYPN0

マリ「捕まえた!」ガシッ

シンジ「うわ、ちょっと」

マリ「今話してたの、誰!?」

シンジ「え?いや〜、ちょっと、ね」アハハ

マリ(隠すつもりか……まさかあっちが本命?)

マリ(ならば……)

マリ「ね〜ぇわんこ君?」モジモジ

シンジ「な、何かな?」

マリ「わんこ君は最近悩んでることとか無いかにゃ?」

シンジ「悩んでること?」

19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:30:55.87 ID:MtyFNYPN0

マリ「なんでもお姉さんに話してごらんよ〜?」ウリウリ

シンジ「ど、どうしたの真希波、変だよ」

マリ「隠すな隠すな♪」グイグイ

シンジ「何にもないって」

マリ「ホントに?」

シンジ「ほ、ほんとだよ」

マリ「……ふーん」パッ

シンジ「あ、あれ?」

マリ「ならいいんだ。じゃあね」スタスタ

シンジ「う、うん……」

マリ(今日はこれぐらいで勘弁してやろう、わんこ君)

20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:35:28.45 ID:MtyFNYPN0

―――マリのマンション


マリ「今日わんこ君はレイと親しげに会話してはいましたが二人が恋仲であるという決定打には至りませんでした」

マリ「明日からはあたしからわんこ君に恋バナを持ちかけ、流れで深いところまで聞いてみる作戦にします」

マリ「そんな感じで問題ないかにゃ?」

アスカ「……そう」

マリ「レイちゃんの物まね?似てるー!」ケタケタ

アスカ「……」

マリ(シャレになっとらん)

21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:39:09.87 ID:MtyFNYPN0

マリ「家に帰ったらドアの前に座り込んでるから腰が抜けるかと思ったにゃ!」ニャハハ

アスカ「ごめんね……」

マリ(あ、あの姫が素直に謝ってきた……だと……)

マリ「……今日は帰ったら?わんこ君も心配してると」

アスカ「ミサトには伝えてあるから……」

マリ「そ、そう……」

アスカ「それに……家に帰ったら……またバカシンジから……」プルプル

マリ(あ、まずい)

アスカ「ううううう〜〜〜〜」ボロボロ

マリ「うわぁ〜泣かないで姫〜!お〜よしよし」ナデナデ

アスカ「……」グスン

22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:41:17.60 ID:MtyFNYPN0

マリ「ま、明日は学校も休みだしゆっくりするといいにゃ!」

アスカ「……ありがと」

マリ「うんうん、じゃあお休み〜」

アスカ「お休み……」


       パチ
























アスカ「ううううううううううううううう」

マリ「姫〜」オロオロ

23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:43:26.80 ID:MtyFNYPN0

――――――翌朝

―――ミサト宅


シンジ「朝から何か僕に用なの?」

マリ「うむ!」

シンジ「ま、どうぞ。ミサトさんはもう仕事に行っちゃったから誰もいないよ」

マリ「お邪魔するにゃ」

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:47:18.67 ID:MtyFNYPN0

シンジ「あ、そういえば昨日はアスカがマリの家に泊まったんだってね」オチャドゾー

マリ「そだよー」アリガトー

シンジ「よかった、心配してたんだよ。ミサトさん遅かったから帰ってくるまで所在分からなかったんだ」

マリ「!」ピクッ

シンジ「アスカの携帯に掛けてもつながらなかったし……」

マリ「わんこ君」

シンジ「ん?」ズズ

マリ「わんこ君って好きな人、いる?」

シンジ「!?」ブッ

マリ「今日は恋バナしに来たんだにゃ」オオマジメ

シンジ(こ、恋バナ!?どう考えてもそんな雰囲気じゃ……)

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:50:33.32 ID:MtyFNYPN0

シンジ「ど、どうしたの急に?」

マリ「お願い、教えてほしい」ジッ

シンジ「……もしかして」

マリ「?」

シンジ「アスカから、聞いた?」

マリ「!」ドキッ

シンジ「やっぱり……」

マリ「なんで姫に恋愛相談なんかしたんだわんこ君!」フー!

シンジ「え、ええ!?」

マリ「おかげで姫昨日は泣いてて大変だったんだよ!」ドンッ

シンジ「アスカが!?」

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:53:24.01 ID:MtyFNYPN0

マリ「いや、ごめん、そりゃわんこ君にだって好きな人はいるだろうし、その気持ちは尊重するべきだとわかってるにゃ」

シンジ「はぁ……」

マリ「でも、そのー、なんつーか、相手を選んでほしかったと言いますか、なんというか……」ゴニョゴニョ

シンジ「だ、だってアスカじゃなきゃダメなんだもの」

マリ「な、なんで!?なんで姫じゃなきゃダメなのかにゃ!」フー!

シンジ「だって……その……」モジモジ

マリ「どうした!はっきり言え!男だろ!」

シンジ「だって、アスカが好きなんだもん僕は!」

マリ「……」

シンジ「……」

マリ「……は?」







27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/18(月) 23:56:27.69 ID:MtyFNYPN0

マリ「どういうこと?」

シンジ「どういうことって……そういうことだけど」

マリ「いやいやおかしいにゃ、だってなんで好きな人に恋愛相談を持ちかけるのか」

シンジ「加持さんに聞いたんだ」

マリ「リョウジ君?」

シンジ「好きな人のことを知りたいのなら、恋愛相談のふりをして聞き出すと相手の本音がいろいろ探れるって……」

マリ「……」

シンジ「そ、それも恋の駆け引きだ、って……」モジモジ

マリ(あんにゃろ〜……)

28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/19(火) 00:01:18.81 ID:/YzC/gUC0

シンジ「でも実際試したらアスカ不機嫌になっちゃって、どうしようかと思ってたら昨日NERVでまた加持さんに会って……」

マリ(昨日会ってたのはリョウジ君だったのか)

シンジ「それで次はどうしたらいいかってアドバイス聞いてたんだ……でもアスカが帰ってこなくなっちゃって……」シュン

マリ「わんこ君……」

シンジ「もう僕のせいでアスカが帰ってこなくなっちゃったらどうしようかと昨日は不安で不安で……」グスン

マリ「……ねえわんこ君、昨日はリョウジ君からなんてアドバイスもらったの?」

シンジ「え?えーっと……『言葉がうまく伝わらないんならただ抱きしめればいい』……とか」

マリ(はー……あいつは……)


29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/19(火) 00:04:56.94 ID:/YzC/gUC0

マリ「わんこ君、今姫はあたしのマンションにいます」

シンジ「!」

マリ「これカギ。迎えに行ったげて!」

シンジ「マリ……」

マリ「そんでそのバカ……じゃないリョウジ君のアドバイス通り姫を抱きしめてあげなさい!!なんならその先でも……」

シンジ「そ、その先って……//////」

マリ「冗談だにゃ、ほら、早く行く!」

シンジ「は、はい!」 パタパタパタ……






マリ「やれやれ、世話の焼けるお二人さんだにゃ」

30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/19(火) 00:07:11.92 ID:/YzC/gUC0

――――――翌日

―――NERV


アスカ「えへへー/////」ピットリ

シンジ「あ、アスカ!近いって……//////」

アスカ「あによぉー?嫌なのー?」

シンジ「い、嫌じゃないけど……/////」

アスカ「じゃあいいじゃなーい♪」

シンジ「も、もう/////」

アスカ「うふふ//////」

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/19(火) 00:09:26.79 ID:/YzC/gUC0




マリ「……まさかあそこまでべったりするようになるとは」

マリ「ま、TPOを少しは考えてほしいけど……」

マリ「姫が幸せそうでなによりだにゃ♪」









青葉「あの……真希波?」

マリ「にゃ?」

青葉「ちょっと……相談があるんだけど」







終劇

33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/02/19(火) 00:15:23.07 ID:/YzC/gUC0

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のBD/DVD、4月24日発売決定!

みんな買おうね!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「復讐です」元太「ああ…殺してやろう」