みくる「キョン君、星を見に行こう!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「わたしが怖い夢見て眠れないから一緒に寝てって言ったら」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:45:44.15 ID:RAoe0M3g0

キョン「わかりました。日にちと時間はどうしますか?」

みくる「ん〜。まだ決めてないです」

キョン「じゃあ、決まったら教えて貰えますか?」

みくる「はい。わかりました!」

ハルヒ「キョン!ちゃんと、エスコートするのよ!」

キョン「わかってるよ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:46:31.41 ID:RAoe0M3g0

古泉「この辺りの穴場をお教えしましょうか?」

みくる「場所はもう決めてあるの!」

古泉「そうですか。わかりました」ニコッ

キョン「どこなんですか?」

みくる「ふふふ。まだ、秘密です!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:47:13.98 ID:RAoe0M3g0

キョン「朝比奈さん」

みくる「はい。」

キョン「ハルヒとは、今日なんですよね?」

みくる「そうですよ。」

ハルヒ「ガールズトークよ!ガールズトーク!!」

キョン「ふ〜ん。」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:47:48.14 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「興味なさそうね!」

キョン「ガールズトークだからな。内容は聞いても教えてくれないだろ?」

ハルヒ「あったり前よ!!」

みくる「ふふふ。」

長門「…ユニーク」

古泉「これはこれは」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:48:28.45 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「星か…キョンには、あんまり似合わないんじゃない?」

キョン「うっせーよ。バカハルヒ!」

ハルヒ「な、なんですってぇえええ!!」

長門「………」パタン

ハルヒ「うっ…。時間ね。じゃあ、今日の団活は終わり!」

キョン「じゃあな!」

ハルヒ「ふんっ!」

キョン「はぁ〜やれやれ…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:49:11.10 ID:RAoe0M3g0

古泉「では、失礼します!」

みくる「キョン君、時間決まったらまた連絡しますね!」

キョン「わかりました。待ってます!」

キョン(それにしても、朝比奈さんと星を見に行くか…)

キョン(何てロマンチックなんだ!!)

キョン(フロイト先生もビックリしておられるだろう!)

キョン(フロイト先生バンザーイ!フロイト先生バンザーイ!)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:58:24.18 ID:RAoe0M3g0

さて、どうしてこんな事になっているかというとだ

いつものどおりのある日の事でもなく、朝比奈さんが突然立ち上がり言ったわけでもない

今は7月も目前に迫っているんだが、
本来なら朝比奈さんは、そろそろ受験勉強or就職活動のシーズンなのである

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 00:59:17.20 ID:RAoe0M3g0

だが、朝比奈さんは未来人…
普通とはかけ離れた存在であり、そんな必要はないかもしれない

未来に帰る時期が近づいてきたのかはわからないが

「突然すいません!みなさん一人一人との思い出が欲しいです!」

とおっしゃった

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:00:13.90 ID:RAoe0M3g0

卒業するから思い出が欲しいのか、未来に帰るから思い出が欲しいのか…

朝比奈さんに聞いていないからわからないが、おそらくはそんなところだろう

長門と古泉の、思い出作りとやらはすでに終わっている

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:01:12.64 ID:RAoe0M3g0

朝比奈さんがおっしゃってすぐに、長門とは食べ歩きの旅に出たようである

二人で団活を休み、土日を利用して出掛けて行った

帰ってきた朝比奈さんと長門に大量のお土産を貰ったが、未だに消化しきれていない

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:02:19.78 ID:RAoe0M3g0

古泉とは、その次の週に一日中買い物に出掛けた

古泉曰く

「流石の僕も疲れました…。女性の買い物は凄いですね…ははは…」

と、次の日に言っていた

どれくらいの規模かは、まったく想像はつかないが、俺の想像を超える事だけはたしかだろう……

恐るべし…朝比奈さん…

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:03:13.56 ID:RAoe0M3g0

そしてハルヒとは

「腹を割って話したい!」

と言ったそうだ

今日の朝に、ハルヒが言っていた

ガールズトークらしいけどな

そのガールズトークとやらは、朝比奈さんの家で行われるみたいだ。

ハルヒは今日、朝比奈さんの家に泊まりにいくみたいである

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:04:22.13 ID:RAoe0M3g0

ちくしょーー!俺も泊まりに行きてぇよ!!
などと思ってはいても、決して叶わない夢なのは…いわずもながである

だが、どうしても願ってしまう俺は、朝比奈さんにご執心なのだろう

朝比奈さんの家に泊まるなんてシチュエーションは、彼女を知っている誰もが夢見るはずである

フロイト先生も夢見るだろうな

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:05:04.60 ID:RAoe0M3g0

長門「………」ジー

キョン「ん?どうした長門」

古泉「では、僕はここで」

キョン「あぁ、じゃあな!」

古泉「はい。また明日の不思議捜索で」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:05:38.62 ID:RAoe0M3g0

長門「………」ジー

キョン「何だ?俺の顔に何かついてるのか?」

長門「………」フルフル

キョン「あぁ、わかった!」

長門「……!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:06:24.65 ID:RAoe0M3g0

キョン「お前も、フロイト先生の良さがわかったって事か?」

長門「………」ジトー

キョン「ち、違うのか…?」

長門「………」コクリ


\シツレイカミマシタ チガウワザトダ カミマミタ ワザトジャナイー /

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:07:03.46 ID:RAoe0M3g0

キョン「……。何かあるなら言えよ」

長門「カレー…」

キョン「カレーが食べたいのか?」

長門「そう…」

キョン「じゃあ、今から行くか?」

長門「………」コクリ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:08:54.57 ID:RAoe0M3g0

そんなわけで、小学生を苛めていた高校生くらいの青年を無視し、俺達はカレーを食べて帰った

カレーを食べた長門が

「…ユニーク」

と、言ったような気がしたが…おそらくはユニークな空耳だろう

きっと、フロイト先生だってそう言うさ

そして、家に着いた俺は、ガールズトークとやらを若干気にしながら眠りについた

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:10:17.20 ID:RAoe0M3g0

ピンポーン

みくる「はーい!」

ガチャ

ハルヒ「来たわよ!みくるちゃん!!」

みくる「待ってましたよ。涼宮さん」

ハルヒ「おっじゃましまーす!」

みくる「はい、どうぞ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:10:54.51 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「スー…ハー…。うん、みくるちゃんの臭いで充満してるわね!」

みくる「な、な、なんですかそれ///や、止めて下さいよ…///」

ハルヒ「いいじゃない別に。減るもんじゃないし」

みくる「い、いや…そういう問題じゃ…」

ハルヒ「じゃあ、さっそくだけど…」

みくる「はい!」

ハルヒ「ガールズトーク…始めっ!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:15:12.10 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「って言っても、あたしってガールズトークとかした事ないわ…」

みくる「そ、そ、そうなんですかー?」

ハルヒ「うん。考えたらする相手なんていないしね」

みくる「ん〜。坂中さんは?」

ハルヒ「そうね…。話したりはするけどって感じかしら?」

みくる「私は鶴屋さんとずっとガールズトークですけどね!」

ハルヒ「鶴ちゃんとならそんな感じになりそうね!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:16:12.61 ID:RAoe0M3g0

〜数時間後〜

ハルヒ「結構話したわね…」

みくる「そうですね。」

ハルヒ「じゃあ…次は…」

みくる「………」ゴクリ

ハルヒ「ズバリ、恋愛ね!」

みくる「れ、れ、恋愛っ!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:16:51.82 ID:RAoe0M3g0

所詮、童貞にはガールズトーク無理でした・・・

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:21:24.99 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「あたし知ってんだからね?」

みくる「ふぇっ?」

ハルヒ「みくるちゃんの好きな人!」

みくる「ふぇええ!!」

ハルヒ「うん。だから…まずは謝るわ!」

みくる「へっ?」

ハルヒ「本当にごめんなさい。」

みくる「な、な、な、何がですかっ!?」

ハルヒ「数えたら…キリがないわね…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:25:31.18 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「いつからか…あたしはみくるちゃんを、見る立場に追いやったのよ…」

みくる「涼宮さん…」

ハルヒ「今になって思うわ…それはダメだったって…」

みくる「そ、そんな…そんな事…」

ハルヒ「あたしのね、恋は終わったのよ…」

みくる「ふぇっ?お、終わった?」

ハルヒ「そうよ、終わったわ」

みくる「ど、ど、どういう事ですかっ!?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:33:29.70 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「みくるちゃん、驚きすぎよ…」

みくる「だ、だ、だって…!」

ハルヒ「ガールズトークだもん!全てぶっちゃけるから安心しなさい!!」

みくる「は、はい…」

ハルヒ「いつからかね、恋を超越したのよ…」

みくる「超…越…だと…」

みくる(フ、フロイト先生もビックリです!)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:44:33.37 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「笑っちゃうでしょ?」

みくる「そんな事は…」

ハルヒ「だからね、離れるつもりはないし、離すつもりもない…ただ…」

みくる「ただ…?」

ハルヒ「この関係から変わる事はないわね。」

みくる「………」

ハルヒ「あたしはね…恋は精神病の一種と思ってたのよ」

みくる「そうなんですか?」

ハルヒ「うん。だからね、自分の中でこれは恋じゃないって否定してたのよ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:52:10.83 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「ある事があってね…」

みくる「ある事…?」

ハルヒ「それで気がついたらこうなってたわ!」

みくる「涼宮さん…」

ハルヒ「だからね、今までのあたし、こんなあたしが言うのもなんだけど…」

みくる「……?」

ハルヒ「キョンを頼むわ!」

みくる「ふ、ふぇっ!?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 01:57:40.73 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「あたしが認めたみくるちゃんだから…」

みくる「私…だから…」

ハルヒ「違うわね…ライバルだったからよ!!」

みくる「っ!!!」

ハルヒ「みくるちゃんも何か抱えているんでしょうね…」

みくる「………」

ハルヒ「でも、SOS団の団員たるもの、ルールなんてね…」

みくる「は、はい…」

ハルヒ「ぶち破りなさい!!他の誰でもない、あたしが許可するわっ!!!」

みくる「うぅ…涼宮しゃん…」ポロポロ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:02:22.18 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「だからね…」ギュー

みくる「はいぃ…」ポロポロ

ハルヒ「今までごめんなさい」

みくる「そんなの…全然…全然…」ポロポロ

ハルヒ「あたしはふたりの幸せを…心の底から願うわ!」ニコッ

みくる「うぅ…涼宮しゃんの…バカ〜…」ポロポロ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:07:38.69 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ(キョン…あんたはきっと幸せになれるわ)

ハルヒ(あたしが保証してあげる…)

ハルヒ(だからね…ちゃんと幸せになりなさいよね!)

ハルヒ(みくるちゃんと幸せになるのよ)

ハルヒ(さようなら…あたしの恋…)

ハルヒ(キョンだけじゃない…みんなが幸せになれる世界…)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:10:33.66 ID:RAoe0M3g0

長門「!!!」

朝倉「世界が…改変されてる…?」

長門「……!」クスッ

朝倉「ん!?長門さん、今笑わなかった?」

長門「………」フルフル

朝倉「そう。ならいいわ」

長門「…ユニーク」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:16:15.37 ID:RAoe0M3g0

古泉「神人が…」

森「な、何がどうなってるのよ!?」

古泉「……!そういう…事ですか…」

森「何かわかったの?古泉」

古泉「アッハッハハハハ!!」

森「はいっ!?」

古泉「涼宮さんっ!やっぱりあなたは最高の人です!!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:21:15.78 ID:RAoe0M3g0

みくる(大)「な、何っ!?時空震…?」

みくる(大)「えっ?何これっ!?」

みくる(大)「……!」

みくる(大)「そういう事か…」

みくる(大)「さすが、SOS団の団長だわ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:25:06.88 ID:RAoe0M3g0

次の日、不思議捜索に行くと、始めて俺は一番のりした

その嬉しさを噛み締めていると、長門がきて、次に朝比奈さんとハルヒ、最後には、古泉がきた

その事には特に触れられる事もなく

喫茶店のお会計は俺がした…

フロイト先生もドン引きである

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:29:28.17 ID:RAoe0M3g0

その日は、くじ引きではなくハルヒが決める事になった

その結果、午前は俺とハルヒ

古泉、長門、朝比奈さんになった。

午後からは、ハルヒと朝比奈さんが変わるだけというものだった

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:33:48.78 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「さてと、今日は行きたい場所があるわ!」

キョン「どこだ?」

ハルヒ「どこだと思う?」

キョン「……?察しがつかんな」

ハルヒ「はぁ〜仕方がないわねぇ〜」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:36:53.23 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「その場所はなんと…東中よっ!!」

キョン「っ!!?」

ハルヒ「まぁ〜いいからさっさと行く!いいわね?」

キョン(おい!おい!東中って…)

キョン(そんな所に行って何をするつもりだよ…)

キョン(ま、まさか…バレたか…)

キョン(いや、それはありえない…だが…)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:41:13.33 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「キョーーン!!何やってんのよ!」

キョン(一体どういう事だ?)

ハルヒ「早くきなさーーい!!」

キョン(何かあれば…あいつらから何かしらの連絡があるはず…)

ハルヒ「早くしろーー!!バカキョーーン!!」

キョン(えぇい!ままよ!!)

キョン「あ、あぁ、今行くよ!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:46:32.74 ID:RAoe0M3g0

〜東中〜

ハルヒ「やっと着いたわね!」

キョン「あ、あぁ…」

ハルヒ「そうそう…ここよ!この校門よ!」

キョン「っ!!?」

ハルヒ「あんたとみくるちゃんと、始めて会った場所になるのかしら?」

キョン「な、な、何言ってん…だよ…?」

ハルヒ「さぁ〜次よ!!」

キョン「お、おい!ハルヒ!!」

ハルヒ「グラウンドに行くんだから早く!!」

キョン(な、何がどうなってやがんだ…?)

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:53:12.17 ID:RAoe0M3g0

〜グラウンド〜

ハルヒ「あんた、覚えてる?」

キョン「な、な、何を…ですか…?」

ハルヒ「ここに、宇宙人のメッセージを描いた事よ!」

キョン「し、知らんなぁ〜…」

ハルヒ「はぁ〜…じゃあ、切り札よ…」

キョン(ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!)

キョン(なんだこれ?意味がわらかない!)

キョン(誰か助けてくれ!!!)

ハルヒ「会いたかったわ…。ジョン…ジョン・スミス!!」

キョン「っ!!?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 02:55:48.12 ID:RAoe0M3g0

キョン「ジョンって…誰ですかー?」

ハルヒ「せいやっ!」

バキッ

キョン「いってぇええ!!何すんだよ!」

ハルヒ「あんたがいつまでもシラを切るからよ!!」

キョン「な、何の事だか…」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:02:13.49 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「まぁ〜いいわ。話があるから聞きなさい!!」

キョン(確実にヤバイな…どうしたものか…)

ハルヒ「ふざけたら…存在を抹消するわ!」

キョン「っ!!?」

ハルヒ「わかった?」

キョン「………」ゴクリ

ハルヒ「返事は?」

キョン「わ、わかった…」

キョン(力を…認識してる…?)

キョン(ジョン・スミスを知ってる時点で、当たり前か…)

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:10:49.97 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「スー…ハー…」

ハルヒ「うん。よし!」パンパン

キョン「………」

ハルヒ「あたしね、ずっとあんたが…キョンが好きだったの!」

キョン「……?」

キョン「好き…?ハルヒが…好き…?」

キョン「えっ!?えっ!?えぇえええ!?」

ハルヒ「驚きすぎよ!本当にバカキョンなんだから!!」

キョン「いや、ちょっと待て!超展開すぎる!!!」

ハルヒ「うっさい!黙れ!!」

キョン「は、はい!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:19:17.79 ID:RAoe0M3g0

キョン(何で急に愛の告白になってんだよ!)

キョン(フロイト先生も超展開すぎてついていけねーよ!)

ハルヒ「それでね、あんたの全てを見たいと思ったわ」

キョン「す、全て…?」

ハルヒ「そうよ!そしたらね…本当に全てが見えたわ!」

キョン「なっ…」

ハルヒ「あんたが今までしてきた事の全てがね!」

キョン「は、ははは…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:25:41.94 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「その時に全部わかったわ!」

キョン「な、何が…?」

ハルヒ「あんたが色々と不思議体験してたのも、有希が宇宙人なのも、古泉君が超能力者なのも、みくるちゃんが未来人なのもね」

キョン「ま、マジか…」

ハルヒ「マジよ!あんたが、ジョン・スミスなのもよ」

キョン「………」

ハルヒ「今までのあんたの記憶が、入ってきたって感じかしら?」

キョン「き、記憶が…」

ハルヒ「まぁ〜だから、黙ってた事は許してあげるわ!今までのあんたの苦労に免じてね!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:29:59.29 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「初めは信じられなかったけどね…」

キョン「……そうだろうな」

ハルヒ「あっ!やっと認めたわね!」

キョン「もう、認めざるおえないだろ?」

ハルヒ「そうね!いつ話そうか迷ってたわ」

キョン「………」

ハルヒ「でも、このタイミングが一番だと思ったの」

キョン「な、なんだそりゃ!?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:34:55.44 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「色々とわかったあたしは、あんたに対しても気持ちが変わったのよ」

キョン「……?」

ハルヒ「恋をね…超越しちゃった」

キョン「超…越…だと…」

ハルヒ「みくるちゃんと同じ反応しない!」

キョン「誰だって同じ反応するだろっ!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:40:14.44 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「まぁ〜そんな訳だから、あんたから離れるつもりはないし、離すつもりもないわっ!」

キョン「そうかい」

ハルヒ「ただ、恋人にはなれないわね…」

キョン「………」

ハルヒ「あんたと同じ気持ちよ!キョン!!」

キョン「……。そうだな!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:51:38.42 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「だからね…あんたは未来人との禁即の恋に燃え上がりなさい!!」

キョン「は、はいっ!?」

ハルヒ「お似合いよ。あんたとみくるちゃん!」

キョン「それは…俺も吝かではないな…」

ハルヒ「本当に素直じゃないわね!」

キョン「すまんな」

ハルヒ「みくるちゃんに今日、告白しなさい!いいわね?」

キョン「……お前が決めるな!と言いたいところだが、わかったよ!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 03:55:21.70 ID:RAoe0M3g0

ハルヒ「あっ!それから、MIKURUフォルダはチクっておいたから!」

キョン「っ!?」

ハルヒ「知らないと思った?」

キョン「い、いや…それは…ま、マジですか…?」

ハルヒ「大マジよ!」

キョン「ははは……」タラタラ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:02:44.01 ID:RAoe0M3g0

そんな訳で、みんなの待つ合流場所に向かった

昼飯は、長門の希望でカレーになった

話していてわかった事だが、昨日世界が改変されてたみたいだった

そしてハルヒの力は殆んどが消失したようだ

改変された世界は、誰もが幸せになれるような世界だそうだ

古泉が言っていた

そして、午後の団活が始まった

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:08:06.29 ID:RAoe0M3g0

〜公園〜

みくる「既定からは外れちゃったけど…良かったなって思えるんです。」

キョン「……そうですね。俺もそう思いますよ」

みくる「キョン君は、少し寂しそうですね?」

キョン「寂しいというか…何と言いますか…」

みくる「……?」

キョン「やっぱり、寂しいですね…。もう、不思議体験は出来ないとなると…」

みくる「ふふふ。そうですね」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:13:02.36 ID:RAoe0M3g0

キョン「七夕に、星を見に行きましょうか?」

みくる「七夕ですか?」

キョン「はい。俺と朝比奈さんが、始めて時間を飛び越えてデートした日です」

みくる「キョン君…」

キョン「そ、その…」

みくる「ん?」

キョン「俺と…恋人になってもらえませんか?」

みくる「えっ!?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:16:46.55 ID:RAoe0M3g0

キョン「俺と禁即なんてルールを破りましょう!必ず幸せにします!」

みくる「………」

キョン「俺はあなたが…好きです!!」

みくる「私も…私も…好きです…!キョン君…」ポロポロ

キョン「朝比奈さん…」ギュー

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:23:44.56 ID:RAoe0M3g0

みくる「嬉しくて…いっぱい泣いちゃいました!」テヘ

キョン「泣き虫ですからね」

みくる「キョン君のいじわるぅ〜」

キョン「ははは。すいません」

みくる「もー。私、嫉妬深いし、わがままだし、いっぱい困らせちゃうよ?」

キョン「朝比奈さんのわがままなら、望むところですよ!」

みくる「キョン君の…バカ…///」

キョン「照れて…かわいいですね!」ニヤニヤ

みくる「か、かわっ///って、もー。またいじめるぅ〜」

キョン「ははは!!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:30:36.95 ID:RAoe0M3g0

みくる「今まで見てるだけだったから、きっと依存しちゃう…」

キョン「朝比奈さん…」

みくる「そんな…そんな私でもいいんですか?」

キョン「離しませんよ!絶対にね!」

みくる「キョン君、あなたを好きになって良かった!」

キョン「俺もです!!」

みくる「あっ、でも!」

キョン「ん?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:39:15.90 ID:RAoe0M3g0

みくる「MIKURUフォルダは、ちゃんと消去して下さいよ?」

キョン「っ!?」

みくる「わかりましたか?」

キョン「あっ…えぇ…その…」アセアセ

みくる「キョン君…返事は!?」ニコッ

キョン「は、はぃい!」

みくる「はい。よろしいです!」

キョン(こえぇー!今の笑顔超こえぇーよ!)

キョン(フロイト先生でもビビりまくるわっ!!)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:45:53.85 ID:RAoe0M3g0

こんなやり取りを繰り返し、午後の活動も終わりまたみんなと合流した

俺と朝比奈さんは付き合った事を報告すると、鶴屋さんが現れた

ハルヒが呼んでたみたいだ

その後に、小さなパーティーが開かれみんなに祝福してもらった

ハルヒが作り出した最後の世界は、みんなにとって最高の世界になると確信した

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:50:17.92 ID:RAoe0M3g0

〜七夕〜


みくる「凄い…綺麗ですね!」

キョン「圧倒されますね!」

みくる「それにしても、鶴屋山って凄いですね…」

キョン「そうですね。まさか鶴屋山とは思いもしませんでしたよ!」

みくる「以前鶴屋さんに、星がよく見えるって聞いてたから」

キョン「そうだったんですか」

キラーン☆ミ

みくる「あっ!流れ星!!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:55:45.88 ID:RAoe0M3g0

キョン「願い事しました?」

みくる「ふふふ。」テヲギュ

キョン「ん?」

みくる「もう、叶ってますよ!」

キョン「みくる…」

みくる「でも、ちゃんとしましたよ!」

キョン「何て願ったんですか?」

みくる「それはね…」

キョン「………」

みくる「IDの数だけ腹筋です!」

キョン「ははは。フロイト先生もビックリだ!」

くぅ〜疲れましたw

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 04:58:02.86 ID:RAoe0M3g0

もう無理。限界ッス!
何でこんな話しになったのかもまたまたわかりませんです。

寝ます…お休み



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「…ばか」