シンジ「まさか・・・、使徒?これが使徒ですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「性行為を行うとエバーとのシンクロが安定するようね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 12:58:36.72 ID:PmFQgNGo0

ゲンドウ「そうだ、使徒だ。我々の敵だ。」

シンジ「敵って・・・、これはエヴァじゃないか!」

ゲンドウ「シンジ、これはもうエヴァではない。使徒だ。」

シンジ「そんな・・・、使徒に乗っ取られたのか・・・。

ア、アスカ!パイロットは・・・綾波は!?」

アスカ「ここからじゃわからないわ。でも乗ってたらなんとか助けなきゃ・・・!

(借りもあるしね・・・。)」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:01:34.18 ID:PmFQgNGo0

前日

ネルフ本部女子更衣室

レイ「ねえ。」

アスカ「わっ・・・、急に話しかけないでよ!ビックリしたじゃない!!」

レイ「あなた、明日の3号機のテストパイロット、引き受けるらしいわね。」

アスカ「そ、そうよ。2号機が凍結されるみたいだしね・・・。」

レイ「それ、代わるわ。」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:02:29.13 ID:PmFQgNGo0

アスカ「はあ?あ、あんたは食事会があるじゃない!」

レイ「あなたが出て。テストパイロットは、わたしが引き受ける。」

アスカ「あんたバカァ?あんたが招待した食事会にあんたが出ないなんて、

おかしいじゃない!それにあたしがエヴァに乗りたいから引き受けたのよ!!

あんたの為とかじゃない!勘違いしないで!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:04:33.40 ID:PmFQgNGo0

レイ「あなたが出て。わたしは、あなた名義で招待状を書いたわ。だから、

あなたが出ないほうがおかしい。」

アスカ「えっ・・・。」パッ

アスカ「ホントだ・・・、な、なんで勝手にこんなことするのよ!」

レイ「あなた、料理の練習してた。」

アスカ「それがどう関係あるのよ!!」

レイ「手、見せて。」ガシッ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:06:56.78 ID:PmFQgNGo0

アスカ「な、触らないでよ!!」パシッ

レイ「あなたの方が絆創膏、多いわ。それはあなたの方が練習してる証拠。」

アスカ「そ、そんなこと・・・、あんたには関係ない!!!」

レイ「それにあなた、自分からはこういうこと、言い出さないじゃない。

だから、わたしが代わりに。」

アスカ「余計なお世話よ!!何様のつもり!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:08:44.80 ID:PmFQgNGo0

レイ「とにかく、あなたは食事会に出て。わたしが3号機に乗る。

それに、碇司令には2号機の代わりに、零号機を凍結するように通してあるわ。」

アスカ「何から何まで勝手に・・・!!!いい加減に・・・!!」バッ

レイ「出て。」

アスカ「ひっ・・・。」ゾクッ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:10:21.98 ID:PmFQgNGo0

アスカ「わ、わかったわよ。出ればいいんでしょ、出れば!!

みんな、あたしの料理の上達ぶりに感動すること間違いないわ!!!!」

レイ「じゃ。」プシュ

アスカ「ま、待ち・・なさいよ・・・。行っちゃったか。

(ありがと・・・、エコヒイキ、ううん、レイ・・・。)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:13:18.39 ID:PmFQgNGo0

廊下

レイ「(碇くんは、きっとあなたといる方がポカポカしてくれる。

だから、これでいい。)」タッタッタッ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:15:24.85 ID:PmFQgNGo0

ズン…ズン…ズン

アスカ「(絶対に助けるわよ・・・、レイ・・・。)」

3号機「グオオオオ!!!」バッ

アスカ「!?キャアアアアアア!!!!」

シンジ「アスカ!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:16:37.76 ID:PmFQgNGo0

青葉「エヴァ2号機、第9使徒と接触!」

日向「損傷した模様です!」

ゲンドウ「(レイ・・・。)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:20:06.08 ID:PmFQgNGo0

前日

ネルフ本部司令室

レイ「碇司令。」

ゲンドウ「レイか、どうした?」

レイ「2号機凍結の件と、明日の3号機のテストパイロットの件について、お話があります。」

ゲンドウ「なんだ?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 13:52:34.10 ID:PmFQgNGo0

レイ「2号機の代わりに、零号機を凍結してください。セカンド・チルドレンは、2号機を必要としています。

それと、明日のテストパイロットは、セカンド・チルドレンではなく、わたしがやります。」

ゲンドウ「・・・、ダメだ。」

レイ「お願いします。」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:04:58.69 ID:PmFQgNGo0

ゲンドウ「なぜだ、お前がそこまで言う理由はなんだ?」

レイ「セカンド・チルドレンはエヴァ、いえ、2号機に乗ることで、

そして碇くん・・・、サード・チルドレンといることで喜びを感じ、生きています。

彼女には2号機、彼共に必要であり彼もまた彼女を必要としています。

明日の食事会も、そのことを考え提案しました。」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:08:24.74 ID:PmFQgNGo0

ゲンドウ「そうか・・・、だが私も招待するのはなぜだ。」

レイ「碇くんは碇司令も必要としています。

碇司令と上手くいかないことを彼は日々悲しんでいました。

だから、食事会で少しでも碇司令と碇くんの距離が縮まればいいと思って。」

ゲンドウ「(レイがここまで自分の意見を私に言うとはな。)

・・・、今日は・・・、よく喋るな。」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:18:53.92 ID:PmFQgNGo0

レイ「いけないことですか?」

ゲンドウ「いや、珍しくてな。」

レイ「わたしも少し驚いています。」

ゲンドウ「・・・、本当にそれでいいんだな?」

レイ「はい。」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:21:39.13 ID:PmFQgNGo0

ゲンドウ「では零号機を凍結、そして明日の3号機のテストパイロットはレイに変更とする。

下には私が話を通しておく。行っていいぞ。」

レイ「ありがとうございます、碇司令。では失礼します。」タッタッタッ

ゲンドウ「いや、最後に1つだけ、

普段からこのぐらい喋れ、レイ。無理にとは言わんが。」

レイ「・・・、出来る限りそうしてみます。」プシュ

ゲンドウ「レイ・・・。」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:24:09.89 ID:PmFQgNGo0

シンジ「アスカ!待ってて、今助けに行く!!」ダッ

アスカ「こんのおおおおお!!!!」ガキン

3号機「グオオオオアアアアア!!!!!」ガシッ

アスカ「ぐっ・・・、レ・・・レイを・・・、返しなさいよ!!」ガシッ

ギギギギギ

マヤ「2号機パイロット、生命維持に支障発生!このままでは危険です!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:26:34.26 ID:PmFQgNGo0

ゲンドウ「シンジ、早くしろ!!」

シンジ「分かってるよ!!」ズドドドドド

3号機「グアアアアア!!!」ドーン

アスカ「遅いわよ、バカシンジ!!」

シンジ「アスカ!!まだだ!!!」

3号機「ガアアアアア!!!」バッ

アスカ「うっ!!!」ドーン

ギギギ…バキッ

アスカ「キャアアアアアア・・・・!!!」ガクッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:28:13.36 ID:PmFQgNGo0

青葉「エヴァ2号機、完全に沈黙!パイロットは意識不明!!」

ゲンドウ「シンジ!何をしている!!」

シンジ「綾波が乗ってるんだよ父さん!!下手に攻撃できないんだ!!」

ゲンドウ「っ・・・。(あの時私が許可していなければ・・・。)」

『碇くん・・・。』

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:34:17.44 ID:PmFQgNGo0

シンジ「綾波!?」

『もう、わたしはダメ。』

シンジ「何を言ってるんだよ綾波!!絶対助ける!!!」

『ダメなの、もうこの使徒と共にしか、生きられないの。』

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:36:23.36 ID:PmFQgNGo0

シンジ「助けるんだ!!!うおおおお!!」ダッダッダッ

『あなたはセカンド・・・、いえ、アスカを守ってあげて。

そしてアスカと碇司令と・・・、幸せに・・・。』

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:41:39.73 ID:PmFQgNGo0

シンジ「何言ってるんだよ綾波!!綾波もいないとダメなんだよぉ・・・!!!」

『さあ、わたしから離れて』ガッ

シンジ「離れるもんかっ・・・、っ・・うわあ!!!」ズドーン

『さよなら、アスカ、碇司令、そして・・・シンジ。』

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:47:00.33 ID:PmFQgNGo0

マヤ「第9使徒、ATフィールドを反転!!」

冬月「使徒を抑えこむつもりか!」

ゲンドウ「レイ!よせ!!」

シンジ「綾波ィイイ!!!」

ズドオオオオオオオ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:51:34.18 ID:PmFQgNGo0

シンジ「綾・・・波・・・?」

青葉「目標、消失。」

ゲンドウ「・・・・・。」

冬月「碇・・・。」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:53:15.66 ID:PmFQgNGo0

ゲンドウ「現時刻をもって作戦を終了とする。

第一種警戒態勢へ移行。」

日向「了解・・・、状況イエローへ速やかに移行。」

マヤ「エントリープラグの射出は確認されていません・・・。」グスッ

ゲンドウ「初号機、2号機及び第9使徒の残骸を回収、生存者の確認・救出を急げ。

冬月先生、後を頼みます」タッタッタッ

冬月「ああ・・・。」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 14:57:53.33 ID:PmFQgNGo0

シンジ「綾波は・・・?」

マヤ「シンジくん、言い辛いんだけどね・・・レイは・・・・」グスッ

シンジ「聞きたくない。」

マヤ「え・・・?」

シンジ「聞きたくないよ!!!!

うわああああああ・・・・!!!」ボロボロ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 15:04:55.77 ID:PmFQgNGo0

病室

シンジ「・・・。」

アスカ「・・・んっ。」

シンジ「!?

アスカ?目を覚ましたんだね・・・、良かった・・・。」

アスカ「シンジも無事だったのね・・・、はっ、レイは!?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 15:10:29.10 ID:PmFQgNGo0

シンジ「綾波は・・・、あやな・・うっ・・ううっ・・・。」ポロポロ

アスカ「嘘でしょ・・・?嘘よね・・?ねえ、シンジ・・・?」

シンジ「綾波を・・・救えなかった・・・。」

アスカ「い、いや・・いやああああ!!!」ボロボロ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 15:26:46.54 ID:PmFQgNGo0

アスカ「あたしのせいだ・・・、あたしがあの時意地でも断っておけば・・・。」

シンジ「アスカ・・・、綾波が最後にこう言ったんだ。

『アスカを守ってあげて、そして碇司令とアスカと幸せに・・・』って。」

アスカ「レイ・・・。」

シンジ「これは綾波が僕たちに残した最後の言葉で、最後の約束だと思うんだ。」

アスカ「約束・・・?」グスッ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 15:30:47.41 ID:PmFQgNGo0

シンジ「そう・・約束。だから僕はもう泣かないって決めたんだ。

泣いてたら、アスカを幸せにできないからね。」

アスカ「シンジ・・・。」

シンジ「(綾波・・・、君との約束は必ず守るよ。ありがとう綾波。)」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 15:38:40.93 ID:PmFQgNGo0

セントラルドグマ

ゲンドウ「・・・レイ、おいで。」

アヤナミ レイ「はい、碇司令。」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 15:54:33.37 ID:PmFQgNGo0

予告

綾波レイの死を乗り越え、アスカと共に生きていくことを決意するシンジ

そこに現れた新たなチルドレン

生きていたアヤナミレイ

突如襲撃する第10使徒

上空より飛来するエヴァMark.06

果たしてシンジはこの危機にどう立ち向かうのか

次回 ゲンドウ「待ってくれ!赤木くん!!」オロオロ

さーて、この次もサービスサービスぅ♪

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/02/04(月) 16:01:13.92 ID:PmFQgNGo0

とりあえずこれで終了

初SSだから文がひどいとかは勘弁してくれ

需要あるなら続きもぼちぼち書くよ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【ひぐらし】圭一「雪の日!」