綾波「これ、あげるわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさお「か、かがみぃ〜」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 05:38:14.98 ID:DODMqqq20

シンジ「なにこれ?……アヤナミンC?」

綾波「そう、アヤナミンC。赤木博士に作って貰ったの」

シンジ「リツコさんに……で、なんなの、これ?飲み物?」

綾波「そう、飲み物。アヤナミCが豊富に含まれているわ」

シンジ「な、なんなの、アヤナミCって……さっきから疑問が止まらないよ」

綾波「アヤナミCは私から抽出した成分。風邪をひきにくくなる効果がある」

シンジ「それってビタミンCじゃないの?」

綾波「……違うわ」

シンジ「いや、そうだよね?その間的にそうだよね?」

綾波「違うって言ってるじゃない」

シンジ「なら、ちゃんと目を合わせて言ってよ。ほんとはビタミンCなんでしょ?」

綾波「……ビタミンCは今日から、アヤナミCに名前が変わったの」

シンジ「それはいくらなんでも無理があるよ!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 05:39:44.28 ID:DODMqqq20

綾波「とにかく飲んで。大丈夫、体に害はないから」

シンジ「なんで害がないとか念を押すのさ……ちなみに、これにはどんな効果があるの?」

綾波「私に惚れるわ」

シンジ「……え?」

綾波「私に惚れるの」

シンジ「ほ、惚れ薬ってこと?」

綾波「平たく言えばそういうことになるわね」

シンジ「の、飲めないよそんなのっ!ていうか、僕にそんなの飲ませて、どうしようって言うのさ!?」

綾波「奴隷にするわ」

シンジ「余計に飲む気が失せたよっ!ていうか、そんなこと考えてたんだねっ!!」

綾波「でも、性のつくほうよ?」

シンジ「だからって許容する僕ではないよっ!」

綾波「本当に?」

シンジ「……ごめん。僕もほんとは金玉が脳味噌みたいだ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 05:47:16.41 ID:DODMqqq20

シンジ「それで、ほんとに惚れ薬なの?これ」

綾波「正直に言うと、どんな効果があるのか分からないの」

シンジ「そんな不確定要素の塊を、僕に飲ませようとしてるの……?」

綾波「大丈夫、体に害はないから」

シンジ「やめてよっ!なんか余計に不安になるからっ!!」

綾波「赤木博士から、これだけはちゃんと伝えるように言われているから」

シンジ「……これって、リツコさんの実験だったりするの?」

綾波「それも半分」

シンジ「これでもエヴァのパイロットなんだけどな、僕……もう半分は?」

綾波「私の成分を碇くんの礎にしてほしい」

シンジ「でもこれに入ってるの、ビタミンCなんでしょ?」

綾波「……ビタミンCじゃなくて、アヤナミCだって言っているじゃない」

シンジ「綾波って、嘘つくの下手なんだね」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 05:54:12.56 ID:DODMqqq20

綾波「それより、これを見て」

シンジ「なにそれ?……ライト?」

綾波「そう、ブラックライト。これをアヤナミンCに当てると……ほら」

シンジ「おぉ……光ってる」

綾波「どう?おいしそうでしょ?」

シンジ「いやこれを見ても、美味しそうっていう感想は出てこないよ」

綾波「そう……」カチッ プシュッ

シンジ「……どうしてフタを開けたのかな?」

綾波「こうなればもう、無理矢理飲ませるしかないもの。ほら、あーんして」

シンジ「無理矢理のわりに、結構僕の意志を尊重してくれるだね」

綾波「あーんして、碇くん」

シンジ「するわけないだろ……諦めなよ」

綾波「シンジ、あーんしなさい。好き嫌いしてると、大きくなれないわよ」

シンジ「か、母さん……!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 06:17:08.09 ID:DODMqqq20

シンジ「結局のまされてしまった……けぷっ」

綾波「可愛らしいゲップをするのね。それでどう?」

シンジ「まだなにもないよ……このまま、なにもなければいいんだけど」

綾波「それじゃあつまらないわ。せめて、私を押し倒すくらいはしてくれないと」

シンジ「やめてよ、僕の黒歴史をほじくり返すの……謝ったじゃないか」

綾波「謝ってすむなら警察はいらないって、2号機の人が言っていたわ」

シンジ「すんでなかったの!?……まぁ確かに、謝ってすむような問題じゃないもんね……」

綾波「人が人ならエヴァで握り潰していたけど……今回は特別に許可します」

シンジ「それを言うには、髪の色が違いすぎる気がするけど……ありがとう」

綾波「それでどう?そろそろ、アヤナミCが全身へ回りきった頃だけど」

シンジ「まだそれ続けるつもりなんだね、綾な……みいっ!?」ドクンッ

綾波「効果が出始めたようね」

シンジ「な、なにこれ……体が熱い……」ドクンッ ドクンッ

綾波「発熱作用……冬には使えそうね」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 06:37:13.61 ID:DODMqqq20

シンジ「これ…ハァハァ…ビタミンCが…ハァハァ…入ってるんじゃないの……?い、一体なにが……」ドクンッ ドクンッ

綾波「さっきからアヤナミCが入っているって言っているわ」

シンジ「も、もうダメだ……もう我慢出来ない……!うわあぁあぁあぁぁぁああぁあああぁぁああぁあぁああぁ!!!!!!!」ガバッ

綾波「きゃっ!……い、碇くん……?」

シンジ「あ、綾波が悪いんだよ!綾波が僕にあんなものを飲ませるからっ!!」

綾波「お、落ち着いて……」

シンジ「落ち着けるもんかっ!綾波だって、言ってたじゃないか!!」

綾波「確かに言ったけど……でも……」

シンジ「でももへったくれもないよっ!お覚悟ぉおおぉおぉぉぉおおぉおおぉぉお!!!!!!!」

綾波「それはちょっと違う気が……あっ」

シンジ「……綾波だって、ほんとはこうされたかったんだろ?ほら、言ってみなよ」

綾波「そんな……私はそんなこと……ひっ」

シンジ「正直になりなよ……と言っても、こっちは正直みたいだけどね」

綾波「やっ!やめて……そんなとこ汚い……」

シンジ「今からもっと汚いことをするんだ。そんなこと、気にしてちゃいけないよ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 06:51:54.97 ID:DODMqqq20

綾波「ハァ……ハァ……んくっ」

シンジ「あぁああぁぁあぁあぁああぁ……最低だ……ほんとに最低だ、俺って……」

綾波「……碇くん、自分のこと、俺って言うのね」

シンジ「は、はやなみっ!!ごっ、ごごごごめんっ!!ほんと謝ってどうにかなるようなことじゃないけど……ほんとにごめんっ!!」

綾波「……許さないわ」

シンジ「あっ……そ、そうだよね……許されるわけないよね……」

綾波「私以外の人にこんなことをしたら……許さないわ」

シンジ「……えっ?ど、どういうこと?」

綾波「浮気、ダメ、ゼッタイ」

シンジ「許さないってそのことなの……?僕のことは……」

綾波「……今回は特別に許可します」

シンジ「はっ、はやなみぃいいぃいぃいいぃいいいぃいぃい!!!!!!!」ガバッ

綾波「だ、ダメよ今は……まだ痛いから……」

シンジ「大丈夫だよ。痛みもそのうち、快感に変わっていくからさ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 07:14:24.83 ID:DODMqqq20

綾波「ゼェ……ゼェ……あっ、垂れちゃう……」

シンジ「さ、さすがに僕も……もう動けない……」

綾波「碇くん……エヴァに乗ってる時より、凄かった……」

シンジ「綾波だって……聞いたこともないような、大声出してたじゃないか」

綾波「あ、あれは……碇くんがダメなところばっかり……その……」

シンジ「でも、イヤじゃなかったでしょ?」

綾波「……私、ちゃんとやめてって言ったわ」

シンジ「途中から、呂律が回ってなかったじゃないか。聞き取れないよ」

綾波「私、いじわるする人、嫌い……」

シンジ「あはは、ごめんね?今度からは、ちゃんと気を付けるからさ」

綾波「……分かってくれたなら、いい」

シンジ「うん!……にしても、これどうやって掃除したらいいんだろ……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 07:15:25.76 ID:DODMqqq20

綾波「それより、碇くん。ここに、アヤナミンDがあるのだけど」

シンジ「……まだあったんだ。アヤナミンD?」

綾波「違う。ディーじゃなくてデー。アヤナミDが豊富に含まれているわ」

シンジ「それはアヤナミCとはどう違うの?」

綾波「アヤナミDはアヤナミCより強力なアヤナミを持っているの」

シンジ「綾波がなにを言ってるのか、僕には全く分からないよ……」

綾波「……飲む?」

シンジ「……やめておくよ。もし今日飲んだら、多分僕死んじゃうから」

綾波「そう……」

シンジ「また明日、ね?」

綾波「……分かったわ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 07:15:56.87 ID:DODMqqq20

これで終わり

なんかエロくなっちゃった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「うぅ…モンスターボール…!すごい吸い付きだ…!」