アスカ「私が言うと可愛い捨て台詞ランキングぅ!」シンジ「はぁ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「……私のこと、嫌いになったんでしょ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:11:09.07 ID:Fh+5OUgX0

アスカ「第一位!!」

シンジ「・・・」

アスカ「アンタバカぁ?」

シンジ「」イラっ

アスカ「あによ?文句庵野!?」

シンジ「いえ・・・別に」

アスカ「ちっがーう!!」

シンジ「へっ?」

アスカ「そこは」

アスカ「うほぉおおお悶絶モノですぅ!アスカたまぁああああ!!」

アスカ「でしょ!!」

シンジ(なんだこいつ・・・うぜぇ・・・)

アスカ「全く!空気読みなさいよ!!」

シンジ「いや・・・その、ごめん・・・」

アスカ「続きまして・・・」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:17:15.71 ID:Fh+5OUgX0

シンジ(続くんだ・・・)

アスカ「第壱位!!」

アスカ「もうヘビーローテーション!完全に同率ね!!」

アスカ「使用頻度パないわ!」

アスカ「そう!皆さんお気づきの通り!!」

シンジ(誰に向かって言ってるんだろう・・・?)

アスカ「パンパカパーン!!」

アスカ「バカシンジっ!!」

シンジ「呼んだ?」

アスカ「違うわよ!!完全に台詞じゃない!!頭沸いてんの!?」

シンジ「バカだなぁ・・・アスカ、頭は沸かないよ?」

アスカ「ケッ!つまんない男ね!!ノリ悪・・・」

シンジ「えぇーっ・・・」

アスカ「文句の付け様のないブッチギリの同率壱位ね!!」

アスカ「続きまして・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:24:41.03 ID:Fh+5OUgX0

シンジ(もういいよ・・・)

アスカ「惜しくも?優勝したこの言葉!!」

シンジ「優勝が惜しかったら惜しいの基準が崩壊するよ・・・」

アスカ「はぁ・・・?敢えて言わせて貰うわ、アンタバカぁ?」

アスカ「この言葉は、あなたの胸に深く突き刺さる事請け合いね!!」

アスカ「気持ちを込めて言わせて頂きます!!」

アスカ「そう!それは・・・もちろん!」

アスカ「こんちくしょぉおおおおおおおおお!!」

シンジ(うわぁ・・・何て品の無い・・・)

アスカ「鬼気迫る私の迫力に、両腕欠損、頭部切断間違い無しね!!」

シンジ「それ、ダメじゃないか・・・?」

アスカ「捨て台詞的には優勝でしょ!!」

シンジ「気持ちを込めた恨み辛みなんて聞きたくないよ・・・」

アスカ「・・・無視無視!」

アスカ「続きまして・・・」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:29:06.73 ID:Fh+5OUgX0

シンジ(なんだよこの茶番・・・)

アスカ「激動の嵐をかいくぐって見事MVPの栄誉に輝いた!」

アスカ「この言葉!!」

アスカ「きっと、あなたの心を掴んで離さないわね・・・」うんうん

シンジ(一人で頷き始めたよ・・・)

アスカ「そう!それは勿論!!」

アスカ「ホント、バカね・・・」

アスカ「あきれ顔で言うのがポイントね!!」

アスカ「リピートアフタミー!」

シンジ「ホント、バカね・・・」

アスカ「なんですって!!」ごすっ

シンジ「ひぐぁ!」

アスカ「アンタにだけは言われたくない!!」

シンジ「横暴だ・・・」

アスカ「ふぅ・・・出そろった所で、今年の流行語が完成したわ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:35:17.30 ID:Fh+5OUgX0

シンジ「流行語が完成?」

シンジ「アスカってコピーライターにでもなりたいの?」

アスカ「そんなワケないでしょ!天才の私は何でも出来るだけよ!!」

シンジ「自分で天才とか言っちゃう奴・・・」

アスカ「あぁ?」

シンジ「いえ・・・」

アスカ「じゃ、皆さんお待ちかね!今年の流行語候補筆頭は・・・!!」

シンジ(全部トップじゃないと気が済まないんだ・・・)

アスカ「アンタバカぁ!?ホントにバカね!!バカシンジ!!」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「ただの悪口川柳じゃないか・・・」

アスカ「違うわ!!確実に流行るわ!!」

シンジ「どうやって使うんだよ・・・」

アスカ「早くも用法を聞かれたわ!コレは確実に広まるわね・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:40:15.84 ID:Fh+5OUgX0

アスカ「それでは説明を始めるわね!!」

シンジ「よろしくお願いします」

アスカ「まずアンタ!何でも良いからしょうもない事しなさい!!」

シンジ「えーっ・・・既にこのやり取りがしょうもないのに・・・」

シンジ「これ以上なんて無いよ・・・」

アスカ「いいからやれーっ!!」

シンジ「ひいっ!!・・・わかったよ・・・やればいいんでしょ?・・・やれば・・・」ブツブツ

シンジ「じゃ・・・行くよ!」

シンジ「空まで飛んでけパラグライダー!空まで飛んでけパラグライダー!」ぴょんぴょん

アスカ「・・・」

シンジ「だから嫌だってい」

アスカ「ぎゃははははは!!何それ!!おっかしー!!!」けらけら

アスカ「あっ・・・ふっ・・う・・・は・・・腹痛い・・・」

アスカ「死ぬ・・・無理・・・」

シンジ「・・・え?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:47:46.45 ID:Fh+5OUgX0

アスカ「ひぃ・・・ひぃっ!うぇっ・・・あぁ・・・ダメ・・・」

アスカ「笑い過ぎて・・・もう横隔膜がヤバい・・・」

シンジ「・・・何と言う事でしょう」

アスカ「あぁ・・・シンジっ!げほっごほっ!アンタのセンス、疑って悪かったわね!!・・・っひぃ・・・」

シンジ「え?あぁ・・・いや・・・どうも」

アスカ「何よそれ!いつそんなネタ仕入れたのよ!!あぁー!悔しい!!お腹がよじれるぅ・・・」

シンジ「落ち着いて、アスカ・・・」

アスカ「え?あっ!あぁ・・・取り乱して済まなかったわね・・・!!」

シンジ「深呼吸して?」

アスカ「すぅー・・・はぁ・・・」

アスカ「もう!なんて爆弾放り込んで来るのよ!?」

アスカ「笑い過ぎたらおしっこちびるのよ!?知ってんの!?アンタ!!」

シンジ「え?あぁ・・・うん・・・そうだね・・・」

アスカ「全く!用法がお披露目出来ないじゃない!!次はちゃんとしょうもない事しなさいよ!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:52:27.35 ID:Fh+5OUgX0

シンジ「大丈夫、次は上手くスベるよ!」

アスカ「ま、さっきみたいなイレギュラーでは使えないわ!!」

アスカ「はい!どうぞ!!」

シンジ「右足を出して左足出すと・・・」

アスカ「?」

シンジ「歩ける!」

アスカ「・・・」

シンジ「当たり前体操、ちゃんちゃん」

アスカ「当たり前じゃない」

シンジ「そうだよね・・・当たり前だよね?」

アスカ「そうよ」

アスカ「で?早くしょうもないネタとやらを始めなさいよ?」

シンジ「・・・」

アスカ「何?そんなに長考して、私をまた爆笑させようとか考えてるワケ!?」

シンジ「えっ・・・?いや・・・その・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 02:59:50.07 ID:Fh+5OUgX0

シンジ「あはは・・・バ、バレちゃったかなぁ・・・なんつって・・・」

アスカ「もう!アンタの考えくらいお見通し!!全く、早くしてよね!!」

シンジ「・・・うん」

アスカ「ささ、どうぞどうぞ」

シンジ「行きます!!」

シンジ「アイーン!!」

アスカ「・・・」

シンジ(よし!コレは滑った!受けを狙うべきギャグで滑って喜ぶと言うのはおかしな発想だが、滑った!!)ちらっ

アスカ「く・・・」

アスカ「ぷ・・・くく・・・」

シンジ(な・・・ん・・・だと・・・)

アスカ「アンタ、クク・・・私に言わせない気でしょ・・・ぷっ・・・うふふ・・・」

アスカ「何よそれ・・・卑怯よ・・・くく・・・」

シンジ「」

アスカ「ひぃーっ!もうダメ!!抑え切れない!!ぎゃっはっはっはっ!!アンタ天才じゃないの!?」けたけた

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 03:06:34.49 ID:Fh+5OUgX0

シンジ(どうしよう・・・はやくなんとかしないと)

シンジ(永遠に寒いネタを探す作業に陥ってしまう・・・)

アスカ「あぁ・・・ダメ!もれる・・・おしっこ・・・もれちゃふっ!」

シンジ「ちょっ!ダメだよアスカ!!」

アスカ「アンタが悪いんでしょぉおおお・・・あっ・・・!!」

ちょろちょろ

シンジ「えっ?」

アスカ「・・・」カァァ

アスカ「漏れちゃった」てへ

シンジ「」

アスカ「もう・・・責任取りなさいよ?こんな恥ずかしいプレイさせられたの」

アスカ「アンタのせいなんだからっ!」カァァ

アスカ「アンタバカぁ!?ホントにバカね!!バカシンジ!!」

シンジ「え?そう言う用法なの?」

アスカ「そうよ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 03:12:46.72 ID:Fh+5OUgX0

シンジ「え?嘘でしょ?」

アスカ「嘘よ」

シンジ「何だ嘘か・・・ビックリしたよ・・・」

アスカ「とりあえず、汚れたからパンツ脱ぐわ!」ひょいっ

シンジ「うわっ!もう・・・目の前で脱がないでよっ!!」

アスカ「ドキドキした?」

シンジ「しないよ!」

アスカ「おかしいわね?今、スカートの下・・・ノーパンよ?」

アスカ「こうしてスカートをたくし上げると・・・?」すすす

シンジ「だ・・・ダメだよアスカ!!お漏らしは仕方ないにしてもその・・・モロは・・・ちょっ!!」ちらっ

アスカ「ていっ」ひょいっ

シンジ「」べしゃっ

アスカ「顔面にヒット!効果は抜群だ!!」

シンジ「ぱ・・・ん・・・」ガクっ

アスカ「あれ?シンジ!?シンジーっ!?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/15(火) 03:17:56.34 ID:Fh+5OUgX0

シンジ「」

アスカ「もう!脱ぎたておもらしパンツ顔に食らったくらいで大袈裟!!」

シンジ「」

アスカ「おーい!シンジ!?」ゆさゆさ

シンジ「」

アスカ「バカシンジー?」ゆさゆさ

シンジ「」

アスカ「もう!アンタバカぁ?」ゆさゆさ

シンジ「」

アスカ「ホントにバカね!!」ゆさゆさ

シンジ「」

アスカ「嘘・・・」

アスカ「死んでる・・・」

終われ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「僕の超能力がパワーアップしたんです」