ミサト「家に私の居場所がない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ヱヴァ」ミサト「エバー」シンジ「ヴンダー」ミサト「……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 22:48:14.51 ID:QNlYlYPy0

マリオ「あわわわわわわ、わぁ〜」キラーン

トウジ「ほんま委員長は強いなぁ……」

ケンスケ「特にフォックス使わせたら、もう鬼だよね」

ヒカリ「フォックスの銃は、障害物に当たらない限り飛び続けるから。使い勝手がいいの」

ヒカリ「レイガンは、いつも持ってるとは限らないし」

シンジ「そうそう。そのレーザー銃で僕の操作してるキャラも、何度復帰を妨害されたか……」

四人「わはははは」

ミサト「…………」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 22:52:06.06 ID:QNlYlYPy0

シンジ「何とかビリだけは避けれた……」

ケンスケ「一位は……まぁ、確認するまでもないよね」

トウジ「あかん……マリオなんて使い慣れてないキャラにするんやなかった」

ヒカリ「えへへ」

ケンスケ「と言うかシンジ!この試合は、ジャンケンで勝ったシンジが最初にキャラを選べるんだから」

ケンスケ「フォックスを選んで、委員長の戦力を少しは削いでよ!」

シンジ「え……でも僕、フォックスはあんまり使ったことないから」

ミサト「…………」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 22:56:27.92 ID:QNlYlYPy0

トウジ「センセ。それでええんや。あんまり使い慣れてないキャラやと、ワシみたいになる」

ケンスケ「じゃあさ!委員長が一番強いのは確定だから!3VS1でやろうよ」

シンジ「え……それはちょっと」

トウジ「ならワシは委員長について戦う。2VS2なら、やったる」

ヒカリ「え?私は、別にそれでもいいわよ面白そうだし」

ヒカリ(正直、勝つ自信あるから……」

シンジ「うーん……でも3VS1はちょっと弱い者いじめみたいで、嫌かな」

トウジ「ケンスケ。ほんまに、お前は。器が小さいのう」

ケンスケ「そんな〜」

三人「わははは」

ミサト「…………」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:00:28.04 ID:QNlYlYPy0

ミサト「ねぇ……あなた達」

シンジ「何ですか?ミサトさん」

ミサト「飽きない?ゲームばかりで」

シンジ「いえ、全然」

ヒカリ「コンピューターじゃなくて、対人戦だから。飽きは中々来ませんね」

ケンスケ「FPS何かでも。信じられない時間やってる人もいるからねぇ〜うちのクラスにも二人いるし」

トウジ「わしはどうも、軍隊っぽさが強いゲームは好かんな」

シンジ「当時は、好きだよね。スマブラとかのパーティーゲーム」

ヒカリ「私は何でもやるなぁ〜コンピューター相手なら、わざと最弱武器で進んだり」

ケンスケ「ああ……そこまでやっちゃうゲーマーだったんだ委員長って」

四人「わはははは」

ミサト「…………」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:04:41.90 ID:QNlYlYPy0

ミサト「……アスカはどうしたの?」

シンジ「え?」

ミサト「あなた達四人だけじゃなくて。アスカも混ぜてあげなさいよ今、一人ぼっちじゃないの?」

ミサト(私みたいにね。アスカと一緒に、この集まり潰したいわ……)

ケンスケ「あ、惣流なら大丈夫ですよ」

ミサト「え?」

トウジ「あの二人はなぁ……」

ミサト「え?」

ヒカリ「私も……好きではあるけど。ちょっと話の内容がディープっていうか」

ミサト「え??」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:07:48.18 ID:QNlYlYPy0

アスカ「イギリス、マジファック」

レイ「共産主義なんて、潰れればいいのよ」

アスカ「その二つと一緒に、米帝も潰しましょう」

レイ「待ってアスカ。米帝は、生半可な戦力じゃすり潰されるわ」

アスカ「分かってるわ。二正面作戦は、下策ですもの」

レイ「まずは、紅茶の国から潰しましょう」

アスカ「行けーメッサーシュミット!!」

レイ「私は、ティガーの方が好きだわ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:11:45.09 ID:QNlYlYPy0

シンジ「正直……最近のアスカとレイの話には。ついて行けないんです」

トウジ「何やったかなぁ……二人がやっとるパソコンのゲーム」

ヒカリ「ハート・オブ・アイアン」

ケンスケ「え?ちょっと待って、委員長。何でそんなスラスラと名前が出たの?」

ヒカリ「席が近いから」

ケンスケ「……ホント?」

シンジ「何だったかな……ソビエト連邦のジョークの話で昨日は盛り上がってたね」

ヒカリ「アネクドート」

トウジ「そうそう!それや」

ケンスケ「ちょっと待ってよ委員長!」

ヒカリ「私、歴史が好きだから」

ミサト「…………」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:15:59.90 ID:QNlYlYPy0

アスカ「ストゥーカはいっぱい作ってね」

レイ「ええ、分かってるわ。A10の開発に携わった、あのルーデルの乗機だもの」

アスカ「でも、ルーデルとガーデルマンだから、あんな戦果が上げれたって言われちゃいそうだけど」

レイ「それは言っちゃダメ」

レイ「あ、アメリカとソ連が戦争始めたわ」

アスカ「潰しあえー」

レイ「紅茶の国はまだ掛かりそうだから……都合がいいわ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:19:07.90 ID:QNlYlYPy0

シンジ「じゃあ、次の試合行く?」

ヒカリ「で、どうするの?私は3VS1でも構わないわよ」

トウジ「それはあかん!それやったら、わしは委員長に着く」

シンジ「2VS2にしようか。やっぱり3VS1は後味が悪いし」

ケンスケ「委員長なら、3VS1でも勝っちゃいそうだから。ちょうどいいと思うんだけどなぁ」

トウジ「器が小さいのぉ〜」

ケンスケ「僕は勝つ確率を上げようとしてるだけだよ」

四人「わはははは!」

ミサト「……ネルフに行こうかしら。何も無いけど」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:21:54.41 ID:QNlYlYPy0

加持「…………」

加持「…………お」

加持「…………いい採掘場が見つかった」

加持「…………ふふ。もうすぐで、第三新東京市が再現できる」

加持「…………やはり、難易度をピースフルにしてよかった。ゆっくりと、建物が建てれる」

加持「…………何度クリーパーのせいで、拠点を吹っ飛ばされたか」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:26:35.98 ID:QNlYlYPy0

ミサト「やっほー加持」

加持「…………やぁ、ミサト。使徒も来てないのに、仕事熱心だね」

ミサト「貴方もね、挨拶の時ぐらいこっち見なさいよ」

ミサト「何をやってるのか……な…………ぁ」

加持「僕は、不良職員だからね。サボってゲームだよ」

ミサト「…………そう」

加持「マインクラフトって言うゲームなんだが、知ってるかい?」

ミサト「……いえ」

加持「だろうねぇ。シンジ君も、遊びたい盛りなんだから。少しはゲームの情報を入れても良いんじゃないかな」

加持「きっと、話も盛り上がるよ」

ミサト「……そうね。じゃ、私行くわね」

加持「ああ…………たいまつが切れそうだな、作らないと」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:31:28.58 ID:QNlYlYPy0

ミサト「リツコの所にでも、行こうかしら」



ミサト「お邪魔しまーす……」

マヤ「ああ……ドムが」

リツコ「マーカスのこんな取り乱した場面……見たくは無かったわ」

マヤ「借りてた20ドルを返したりして、死亡フラグがガンガンたってはいたんですけどね……」

リツコ「ああ……気持ちが重いわ」

マヤ「コールトレインのイベントと言い……感情移入させますよね」

リツコ「三作全部やってるから、余計にね」

ミサト「お邪魔しました〜……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:36:46.39 ID:QNlYlYPy0

次の日

ミサト「使徒こねぇかなぁ〜」

ケンスケ「委員長!もうフォックス使うの禁止」

ヒカリ「いいわよ〜」

シンジ「それは……ちょっと横暴じゃないかな」

ヒカリ「他にも得意なキャラはいるから」

トウジ「ほんまにええんか?委員長」

ケンスケ「よし!次こそは勝つ!!」



トウジ「そう言っといて、ビリケツやないか」

ケンスケ「…………プリンってあんなに強かったっけ」

シンジ「プリンに吹っ飛ばされるクッパ。シュールだね」

四人「わはははは!」

ミサト「…………」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:40:10.91 ID:QNlYlYPy0

ミサト「シンちゃ〜ん。アスカはぁ?」

シンジ「今日もレイの家でーす」

ヒカリ「今日こそは共産主義に喧嘩を売る!って息巻いてたわね惣流さん」

トウジ「なんか、熱っぽ過ぎてあかんわ、あの空気」

ケンスケ「女の子が軍事方面に明るいのって、魅力的だよなぁ〜」

ヒカリ「私はそうでもないわよ?」

ケンスケ「ははは、またまたぁ」

四人「わはははは!」

ミサト「…………」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:43:00.49 ID:QNlYlYPy0

アスカ「統一!統一!!」

レイ「ついにヨーロッパを………やったわね惣流さん」

アスカ「ええ!やったわね!!」

アスカ「アメリカとソ連は。まだやりあってるわねぇ」

レイ「伊達に二つとも大きくはないわね」

アスカ「この隙に国力を回復させましょう」

レイ「賢明な判断ね」

アスカ「そろそろ冬将軍が強くなるし……今は待ちの姿勢ね」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:46:59.52 ID:QNlYlYPy0

ミサト「と言うわけなのです」

ゲンドウ「良いではないか。シンジはまだ中学二年だ」

ミサト「いえ……それにしてもです。毎日ゲームばかりで」

冬月「友人と一緒なのだろう>ならばまだ良いではないか」

冬月「ここにいる、Civ中毒患者よりは。マシだと思うぞ」

ミサト「え?」

ゲンドウ「先生……今その話は」

冬月「関係あるだろう。昨日は何時間寝た?」

ゲンドウ「…………五時間」

冬月「引く、何時間だ?」

ゲンドウ「五時間寝るつもりでしたが。三時間しか」

冬月「まったく……」

ミサト「失礼しましたぁ……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:52:26.23 ID:QNlYlYPy0

冬月「しかし、CPU相手で何が楽しいんだ」

冬月「限界があるだろう?」

ゲンドウ「いえ、まったく」

冬月「最近、TRPGの集会に来ぬではないか」

ゲンドウ「長いのですよ。1プレイが」

冬月「Civに比べればましだろう」

冬月「大体。開拓ユニットをなぜあんなにも簡単に。捨て駒として利用できるのだ?」

ゲンドウ「クリアの為です」

冬月「NPCにも少しは愛情をかけぬか」


ミサト(あ〜聞きたくはなかったなぁ)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:55:21.39 ID:QNlYlYPy0

休日

ミサト(よくもまぁ……朝からやれるわねぇ)

ミサト(加持君にメールしても、返信が無いし)

ミサト(きっとゲームなんだろうなぁ)


加持「やった……やったぞ……あとは、ネルフ本部のピラミッドだけだ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/12(土) 23:58:00.30 ID:QNlYlYPy0

ケンスケ「あっ!」

トウジ「おー。ファルコンパンチがモロに入りよったな」

ヒカリ「うわー吹っ飛んだわね」

ケンスケ「まだ!復帰でき……」

シンジ「あはは。星になっちゃったね」

四人「わはははは!」

ミサト「…………」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:01:37.37 ID:/1+1sDhU0

レイ「ユーラシア大陸を!」

アスカ「完!全!統!一!」

レイ「昨日からぶっ続けで……何時間くらいたったかしら」

アスカ「昨日の夕方五時からだから……もう19時間にもなるわね」

レイ「うふふ……起床時間は昨日の7時半くらいだから」

アスカ「うふふ……余裕で丸一日以上起きてるわね」

レイ「寝る?」

アスカ「まさか。アメリカ大陸に殴り込むわよ」

レイ「ええ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:04:40.97 ID:/1+1sDhU0

マヤ「先輩、レトロの扱い上手いですねぇ〜」

リツコ「高難度のラッシュなら。レトロの扱いは重要よ?威力は高めだから、指切りで散らさないようにしないと」

マヤ「私は、チェーンソーが気持ちよくて好きなんですけど……あれ殴れないからなぁ」

リツコ「高難度だと、とっさの行動ができないのがネックすぎるわね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:09:18.75 ID:/1+1sDhU0

ゲンドウ「…………」

ゲンドウ「…………くそ、開戦は避けれぬか」

ゲンドウ「まだもう少し、こことは戦いたくなかったが」


ゲンドウ「ふふ……冬月はTRPGの集会に出たから。思う存分Civが出来る」


冬月(勇者役)「GM。では、勇者の攻撃でなくとも、ラスボスを倒すことは可能なのですね?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:14:31.74 ID:/1+1sDhU0

ミサト(使徒こねぇかなぁ〜)

四人「わはははは!」

ミサト(使徒こねぇかなぁ〜)

アスカ「行けー!ジェット戦闘機部隊!!」

レイ「うふふ……もう少しで、機甲部隊が上陸できるわ」

ミサト(使徒こねぇかなぁ〜)

マヤ「あと……一回」

リツコ「やれる物なのね……難易度がインセインでも、ラッシュのクリアは」

ミサト(使徒来ないかなぁ)

加持「…………やはり、ネザーは辛いな」


ミサト「使徒……来ないかなぁ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:16:19.02 ID:/1+1sDhU0

サイレン「ウーウーウー!!!」

ミサト「来たああああ!!!」


PC「」ブツン

アスカ「」

レイ「」

アスカ「ねぇ、レイ。セーブは?」

レイ「五時間前」

アスカ「それって、ユーラシア統一してた?」

レイ「してない」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:18:31.34 ID:/1+1sDhU0

PC「」ブツン

加持「」

加持「停電……だと?」

ゲーム機「」ブツン

リツコ「」

マヤ「」


PC「」ブツン

ゲンドウ「」


冬月(勇者役)「…………すまない。仕事ができた、皆は避難を始めてくれ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:20:49.74 ID:/1+1sDhU0

ゲーム機「」ブツン

シンジ「」

トウジ「なんや……外でヤバい音がなっとるで」

ケンスケ「これは……避難警報だね」

ヒカリ「そんな……私の15連勝が」

ミサト「さぁさぁさぁ、みんな〜避難を開始してねぇ」

シンジ「使徒ですね……」

ミサト「そうそう、だからシンちゃんは早くネルフにいかないと」

シンジ「ごめん、皆…………すぐに終わらせるから!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:24:09.77 ID:/1+1sDhU0

アスカ「早く出しなさいったらぁ!!」

レイ「エヴァ零号機パイロット、準備できてます!早く出撃を!!」

シンジ「ミサトさん!!早く!早く、出撃させてください!!」

リツコ「ミサト、まだなの!?」

ミサト「まだ、少し遠―

ゲンドウ「エヴァ全機、発進!!」

冬月「構わん、やれ!」

マヤ「リフト、上昇開始!!」

ミサト「ちょ!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:29:47.62 ID:/1+1sDhU0

加持「行けぇ!!ぶっ飛ばせぇ!!!」

加持「俺の作品を返しやがれぇ!!」


アスカ「返しなさいよ!私たちの20時間を!!」

レイ「返して!世界制覇の夢を!!」

リツコ・マヤ「「返せ!!最高難易度での、全クリの達成感を!!」

ゲンドウ「返せるものなら、返してみろ!ひと時の休息を!!」

冬月「勇者が世界を守る夢!返せと言っているのだ!!」

シンジ「返せよ!僕達の楽しい時間を!!」

加持「行けー!エヴァンゲリオン!!世界中のゲーマーの怒りを込めて!!」


三機「ウオオオオオ!!!」

使徒「」

世界中のゲーマー「止めだぁ!!!」

ドーン!

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:32:55.33 ID:/1+1sDhU0

レイ「う……ううう……」

アスカ「うわあああん!!」

加持「かける言葉が見つからない……」

シンジ「まさか……あの停電で二人のPCが壊れるなんて」

ゲンドウ「悪夢だな……」

冬月「何とかしてやれんものか……」

マヤ「酷い……」

リツコ「PCとゲーム機の違いはあっても、同じゲーマーとして……心が痛いわ」


ミサト「え?何、この空気。使徒倒してるのに」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:36:30.81 ID:/1+1sDhU0

加持「司令……都合つけれるお金って、どれくらいあります?」

冬月「碇。まさか、何もせんと言うわけではなかろうな?」

シンジ「父さん。お願いだよ」

ゲンドウ「分かっている」


マヤ「先輩、可能なら私もカンパしようと思ってます」

リツコ「大丈夫よ、今帳簿を見て穴を探してるから」


ミサト「ねぇ、シンちゃん。あなたとお父さんって、そんなに仲良かったっけ?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 00:41:55.69 ID:/1+1sDhU0

ゲンドウ「と言うわけだ」

リツコ「個人が持つものじゃないわね、これは」

加持「現状考えられる、最高のスペックを持っている」

シンジ「3Dバリバリのゲームでも、楽にやれるよ!二人とも!!」

レイ「うう……ありがとう、皆」

アスカ「私たち、頑張って……もう一回、世界制覇を目指すわ」

マヤ「それが終わったらで良いですから、FPSとかもやってくださいね」

リツコ「スペックを宝の持ち腐れにしないで頂戴ね」

ゲンドウ「二人は同じゲーマーだ。つまりは、我々の仲間だ」

二人「はい!ありがとうございます!!」

シンジ「良かったね!二人とも!」



ミサト「」

ミサト「ネルフにも私の居場所がない」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの臭スレ