キョン「もしもし、ハルヒ今からオナニーするから声を聞かせてくれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「…キョンが寝てる」

ツイート

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 21:28:56.13 ID:kg00Lqis0

ハルヒ「はぁ!? なっ、何バカいってんのよ!!」

キョン「なぁ良いだろハルヒ……。お前の声を聞きながらしたいんだよ」

ハルヒ「良いワケないでしょ!! このエロキョン! バカキョン!」

キョン「ああ……いいぞ、ハルヒ……もっと罵ってくれ……」

ハルヒ「あ、あんたねぇえ! なにしてんのよ! ふざけないでよ!」

キョン「いい……いいぞハルヒ……う、ぐっ……」

ハルヒ「……!!! あんたなんか……古泉くんにでも電話すればいいのよ!!!」

キョン「っなんですとー!? ……っう」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 21:36:39.71 ID:kg00Lqis0

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……ねぇ、聞きたくないんだけど。あんたもしかして、今……」

キョン「ああ……俺も聞かれたくないな……」

ハルヒ「……キョ、キョンが悪いんだからねっ! 変な電話かけてくるからっ!」

キョン「……しょうがないだろ。お前の声が聞きたかったんだから」

ハルヒ「〜〜!! 信じらんない! この変態! ドスケベ!」

キョン「……ああ、さっきの忌まわしき記憶が塗り替えられそうだ……」

ハルヒ「あっ、あんたねぇ!! またやってんの!?」

キョン「……古泉でフィニッシュとかどんな悪夢だ」

ハルヒ「…………ごめん」

キョン「悪いと少しでも思うなら、もっと声聞かせてくれよ」

ハルヒ「……ほんっとにバカなんだから……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 21:44:10.89 ID:kg00Lqis0

キョン「それは手伝ってくれるって事で良いのか?」

ハルヒ「はぁ!? 手伝うってなにを!? 頭おかしいんじゃない!!」

キョン「何って……わかってんだろ? 最初に言ったよな?」

ハルヒ「知らない知らない! バカキョン!! アホキョン!!」

キョン「はは、元気だなハルヒは……」

ハルヒ「何嬉しそうに言ってんのよ……。あんたMなの?」

キョン「さてな。……お前の声を聞きながらなら、どっちでも良いのかもしれんな、ん……」

ハルヒ「……ねぇ、もしかして、ほんとに……してるの?」

キョン「なんだよ……気になるのか?」

ハルヒ「そ、そんな事無いんだから! 誤解しないでよ!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 21:53:12.57 ID:kg00Lqis0

キョン「気にならないと言う割には……電話切らないよな、お前」

ハルヒ「っ! しょ、しょうがないでしょ! 手のかかる雑用係が変な電話かけてくるんだから……」

キョン「変な電話? どんなだよ」

ハルヒ「はぁ!? 何でそんなの聞いてくるのよ! 自分で言ってもう忘れたの!」

キョン「ああ、俺の頭は容量が少なくてな」

ハルヒ「ばっかみたい……」

キョン「だからさ、カシコイ団長さんに教えて貰おうかってな」

ハルヒ「……しんじらんない」

キョン「俺は何をするためにお前の声が聞きたかったんだっけな?」

キョン「なぁ。……教えてくれよハルヒ」

ハルヒ「…………」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 21:57:07.03 ID:kg00Lqis0

ハルヒ「一回したら……男は暫く賢者になるって聞いたわ」

キョン「……ん? ああ、まぁ言いたい事はわかる」

ハルヒ「……その……さっき、してたんじゃ……ないの? まだ……するの?」

キョン「お前が話しててくれたら、な」

ハルヒ「…………」

キョン「それとも、だ。……一緒にする、か?」

ハルヒ「なっ……!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 22:12:20.00 ID:kg00Lqis0

ハルヒ「何を一緒にするっていうのよ!! この変態! ド変態!!!」

キョン「そういうけどさ、お前も興味あるんだろ?」

ハルヒ「ないわよ! あるわけないじゃない!!」

キョン「まぁ、ハルヒが興味ないなら無理んとは言わんさ」

キョン「俺は勝手にやるから、そのまま喋っててくれよ」

ハルヒ「……なによそれ……最低……」

キョン「ほら、そこで黙らない。今からハルヒの声でオナニーするんだからさ」

ハルヒ「は、はっきり言わないでよ! エロキョン!!」

ハルヒ「それに……ついさっき忘れたとか言ったのは何なのよ……」

キョン「はは、お前の口から聞いてみたくなってな」

ハルヒ「……ヘンタイ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 22:17:11.55 ID:kg00Lqis0

キョン「ああ……俺はお前の声を聞いてるとおかしくなるんだよ」

ハルヒ「…………」

キョン「黙るなって。……ああ、まぁ黙ってても良いけどな」

ハルヒ「……さっきから言ってることおかしくない?」

キョン「かもな。でさ、お前も俺と同じようにしてくれないか?」

ハルヒ「はぁ!?」

キョン「俺と同じように……電話しながら触ってみてくれよ」

ハルヒ「……何言ってんのよ……」

キョン「喋りたくないんだろ? 黙ってたら何してるかなんてわからんさ」

ハルヒ「……だ、だって……」

キョン「一緒にしてると思えば……そんなに恥ずかしくないだろ?」

ハルヒ「……何それ……。……恥ずかしいに決まってんじゃない……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 22:28:57.37 ID:kg00Lqis0

キョン「顔見えないし、黙ってりゃわからないって。……な?」

ハルヒ「無茶言わないでよ……」

キョン「……まぁ良いだろ。な?」

ハルヒ「…………サイテー……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 22:29:44.05 ID:kg00Lqis0

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……なぁ、ハルヒ」

ハルヒ「ひゃ……! な、何よ!?」

キョン「ちょっとした確認だ。今どこ触ってた?」

ハルヒ「!? なっ、なんでそんな事聞くのよ!」

キョン「そのほうがお互いに良いだろ? 教えてくれよ」

ハルヒ「…………秘密」

キョン「はは、じゃあ……そうだな。ちょっと想像してみてくれ」

ハルヒ「……何をよ……」

キョン「今お前の体に触れてるその手が、俺のだったら、ってな」

ハルヒ「…………」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/11(金) 22:51:34.67 ID:kg00Lqis0

両想いのつもりで書いてたけど
実はドン引きってのも捨てがたくなってしまった……困った
まぁどちらにしろ所要でちょいと席外します
他に書きたい人がいたらどうぞ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「一度肌を合わせただけで彼女気取りですか」ハルヒ「……」