カヲル「シンジくんは僕だけのもの」ボソッ シンジ「え?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「やめてよ・・・」アスカ「うるさいわね、黙ってなさいよ!」

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:53:21.33 ID:guNh/smd0

シンジ「ど、どうしたの?カヲルくん」アセアセ

カヲル「そのままの意味さ。君の全てが欲しいんだよ」フフッ

シンジ「……」

『シンジは私だけのもの』

『碇くんがほしいの』

『私のものにならない?』

シンジ「……」

カヲル「?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:54:56.68 ID:guNh/smd0

シンジ「そんなのいくらカヲルくんでも……できないよ」

シンジ「僕は誰のものでもないんだから……」

シンジ「僕は僕だけのものだよ」

カヲル「ふふ、そうだね」

カヲル「誰も他人を自分のものにするなんてことはできない」

カヲル「僕たちは相手の心に触れることも覗くこともできないんだからね」

シンジ「……」

カヲル「ATフィールドが存在する限り僕達が他者と真に交じり合うことなんてないんだ」

シンジ「そうだね…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:55:36.03 ID:guNh/smd0

カヲル「?」

カヲル「どうしたんだい?元気、少ないね」

シンジ「う、うん。風邪、まだ治ってないのかな?」アハハ

カヲル「何か悩み事をしてるんだね」

シンジ「……すごいなカヲルくん。僕のことなんでもわかるんだね」

カヲル「話してみなよ。少しは楽になるかもしれない」

シンジ「とても馬鹿らしいことだからいいや。こんなことで悩むの僕だけだと思うし……」

カヲル「大丈夫。僕は馬鹿らしいなんて思ったりしないさ」

カヲル「悪いものは全て吐き出す。そうすれば君の心もきっとすっきりするはずだよ」

カヲル「僕が全て受け止めるよ」ニコッ

シンジ「カヲルくん…」モジモジ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:56:35.10 ID:guNh/smd0

数日前

ミサト「それじゃ、行ってくるわね」

シンジ「はい」ケホッ

ミサト「アスカが帰るまで、シンちゃん一人になっちゃうけど」

ミサト「何かあったら、遠慮せずに連絡してきてね」

シンジ「わかりました」

ミサト「ちゃ〜んと、安静にしてるのよ?」

シンジ「ミサトさん」

ミサト「はいはい、そんじゃいってきま〜す♪」

シンジ「いってらっしゃい」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:58:00.40 ID:guNh/smd0

シンジの部屋

シンジ「」ケホッ ケホッ

シンジ「もう少し…寝てよう」

シンジ「」スースー

――


シンジ「」パチッ

シンジ「今、何時だろ」

シンジ「まだ、お昼前か」

シンジ「」

シンジ「静かだな」

シンジ(懐かしいな。ここへ来る前まではこんな静けさ、普通だったのに)

シンジ「」

シンジ「」ケホッ

シンジ「一人になるなんて久しぶりだ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:59:24.49 ID:guNh/smd0

シンジ「」ボーッ

シンジ「まだ、熱引いてないのかな」

シンジ「」

シーン

シンジ「綾波、きっと心配してるだろうなぁ」

シンジ「昨日のデート楽しかったな」フフッ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:01:02.74 ID:guNh/smd0

シンジ「」

シンジ「……父さんのレコーダー」

シンジ「最近は聞かなくなったな」

シンジ(アスカがここに来てから一人になることなんてほとんど無くなったし)

シンジ「アスカがここに来てから……」

シンジ「どうして僕たちはここにいるんだっけ……」

シンジ「なんで三人で暮らしてるんだろう…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:03:29.00 ID:guNh/smd0

シンジ(エヴァに乗るため)

シンジ「使徒を倒すため……」

シンジ「父さんに認められたいから……」

シンジ(でも、そんなこと…もうどうてもいいじゃないか)

シンジ「僕には綾波がいるじゃないか」フフッ

シンジ「アスカだって、真希波だって」

シンジ(みんな僕を必要としてくれるんだ。認めてくれるんだ)

シンジ「それでいいじゃないか……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:05:29.26 ID:guNh/smd0

――


シンジ「だけど……なんだか、変な気持ちで…」

シンジ「自分のことなのに……」エヘヘ

シンジ「何もわからなくて……」

カヲル「僕にはわかるよ。君のその気持ち」

カヲル「終局はもうすぐそこまで来てる」

シンジ「……カヲルくん?」

カヲル「終わりを迎えるのが怖いんだね。シンジくん」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:06:49.30 ID:guNh/smd0

シンジ「終わり……」

カヲル「そう。エヴァや使徒、それにセカンドインパクト…」

カヲル「その全ての因果が今の君たちの関係を築いた」

カヲル「もちろん、僕との出会いもね」ニコッ

シンジ「……」

カヲル「君が生きる今はエヴァによって繋ぎ止められているんだ」

カヲル「同時に、脅威である使徒の存在にもよってね」

シンジ「カヲルくんが何言ってるのか…僕にはわからないよ……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:11:34.61 ID:guNh/smd0

カヲル「最後の使徒を倒したその先」

カヲル「エヴァに乗る必要のなくなった未来」

カヲル「そこに何が待ち受けているのか」

カヲル「君はそれを知らなくて、知りたくて、たまならなく不安なんだよ」フフッ

シンジ「……」

シンジ「…そう、そうかもしれない」

シンジ「カヲルくんの言う通りだよ」

シンジ「ねぇ!?僕はどうなっちゃうの?わからないんだよ…」

シンジ「怖いんだよ!使徒をみんなやっつけちゃったら僕はここにいちゃいけなくなるの!?」

カヲル「シンジくん」

シンジ「…あの時、僕は考えながら部屋でずっと寝こんでたんだ……」

シンジ「気付いたら夕方になってて……」

シンジ「そしたら、アスカが…綾波が、学校のみんながお見舞いに来てくれたんだ」

シンジ「ただの風邪なのに…こんな僕のために」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:15:25.26 ID:guNh/smd0

シンジ「…その時、嬉しいと思ったんだ!ずっとここに居たいと思った……ここに居ていいんだって思ったんだ!」

シンジ「でも、それから……怖くなって」

シンジ「こんな、温もり……今まで感じたことなんかなかったから……」

シンジ「失うのが怖いんだ……ずっとそうだったんだ……今まで」

シンジ「気付いたら何もかもなくなってて」

シンジ「一人ぼっちになってて……」

シンジ「父さんは僕を捨てて……母さんだって死んじゃったし」

シンジ「もう嫌なんだよ……こんな寂しい思いをしなくちゃいけないのは!!」

カヲル「はじめから他人と距離を置けば傷つくこともない」

カヲル「そう思っているのかい?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:16:39.81 ID:guNh/smd0

シンジ「カヲルくんだって言ってたじゃないか」

シンジ「終わりは近いって」

シンジ「だったら、いっそのこと一人でいるほうが楽かもしれないじゃないか」

カヲル「ファーストやセカンドはそう思わないと思うけど」

シンジ「正直…アスカや綾波が何を考えているのか僕にはわからないんだ…」

シンジ「綾波といると暖かくて心地良い…だけど、結局ボクは綾波のことを何も知らない」

シンジ「何も教えちゃくれない……」

カヲル「……僕はいいのかい?」

シンジ「…うん。カヲル君といると落ち着くんだ……」

シンジ「カヲルくんは嘘つかないと思うし、ぼくだって素直で居られるし」

シンジ「アスカや綾波と違って気を使わなくていいし」

カヲル「うれしいな。君にそう言ってもらえて」フフッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:17:46.64 ID:guNh/smd0

学校

レイ「おはよう。碇君」

シンジ「おはよう」

レイ「風邪、まだ治らないの?」

シンジ「ううん、もう治ってるよ」

レイ「そう」

レイ「」

シンジ「」

レイ「ごめんなさい」

シンジ「え?」

レイ「ずっと、碇くんに謝らなくちゃって思ってたの」

シンジ「どうして?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:20:04.42 ID:guNh/smd0

レイ「傘、一本しかなかったんでしょ?」

シンジ「いいよ。気にしなくて」

レイ「でも、碇くんは風邪、引いたから」

シンジ「綾波が雨に濡れなくて済んだ。僕はそれで十分だよ」

レイ「碇くん」

シンジ「……」

レイ(私は碇くんといるとポカポカする。だから碇君にもポカポカしてほしい)

シンジ「」

レイ(だけど、)

シンジ「ごめん、少し一人にしてもらえないかな」

レイ「」コクリッ

レイ(碇くんは私といてもポカポカしてくれない)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:21:16.56 ID:guNh/smd0

レイ「」スタスタ

トウジ「な〜んか、風邪なおってからセンセ暗なったなぁ」

ケンスケ「何かあったのかな」

トウジ「ま、あったんやったら原因は一緒にすんでるアイツしかおらんやろ」

マリ「お姫様」

ヒカリ「まさか!アスカはずっと碇くんの看病してたんでしょ。嫌われるようなことなんか」

アスカ「…ぐぬぬ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:23:35.72 ID:guNh/smd0

アスカ(確かに……コネメガネ達がお見舞いに来た後から)

アスカ(な〜んか、変なのよね……バカシンジ)

アスカ「」スタスタ

アスカ「ちょっと、バカシンジ」

シンジ「なに?」

アスカ「何じゃないわよ!最近のアンタなんかおかしい!」

シンジ「別に……おかしくなんかないよ」

アスカ「おかしいわよ!一緒に住んでる私言うんだから!間違いないわよ」

シンジ「」

アスカ「はぁ……どうしたの?エコヒイキと喧嘩でもした?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:24:19.63 ID:guNh/smd0

シンジ「ほっといてよ。しばらく、一人になりたいんだ」

アスカ「アンタねぇ……これでも、心配してあげんてんのよ?」

マリ「はいはい、お姫様。ここはわんこ君の意思を尊重してあげよ」

アスカ「……バカ」

シンジ「僕は別におかしくなんかないよ」ボソッ

マリ「さぁ、姫行こ」

アスカ「ふん!」スタスタ

シンジ「一緒に住んでるから……何だよ」ボソッ

シンジ「僕のこと……何も知らないくせに」

アスカ「」ピタッ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:25:49.43 ID:guNh/smd0

アスカ「」クルッ

アスカ「」スタスタ

アスカ「」グイッ

シンジ「」

アスカ「…いい加減にしなさいよ。アンタのために心配してやってるんでしょ?」

アスカ「私だけじゃないわよ。ヒカリだってみんな、アンタの事心配してんのよ!」

シンジ「……離してよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:28:02.66 ID:guNh/smd0

アスカ「それに、何よ……何も知らないくせに?」ウルッ

アスカ「アンタのことなんか!知りたくもないわよ!!バカ!!」フンッ

シンジ「」ドテッ

ヒカリ「アスカ!!」

アスカ「」タッタッッタ

アスカ(結局…私は…シンジのこと……何も理解してなかった)タッタッタ

トウジ「偉いこっちゃ……」

レイ「碇くん」スタスタ

シンジ「大丈夫だよ」

マリ「……わんこ君」

マリ「本当にどうしたんだろ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:29:12.56 ID:guNh/smd0

帰り道

マリ「結局、姫は戻ってこなかったね」

ヒカリ「アスカ……大丈夫かな」

トウジ「大丈夫やろ。怒って出ていくことなんか前もあったし」

ヒカリ「鈴原!」

ケンスケ「でも、トウジの言う通りだと思うよ」

マリ「姫は結構プラス思考だからねぇ」

ヒカリ「…でも、心配だわ……」

マリ「心配って言うと、わんこ君も心配だな〜」

トウジ「あぁもう!面倒なやつやで!ほんま!」

レイ「」スタスタ

マリ「あ、あの子。お〜い!!君はわんこ君と帰らないの?」

レイ「碇君、先に帰ったから」スタスタ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:30:32.33 ID:guNh/smd0

カヲル宅

カヲル「やぁ、来ると思ったよ。シンジくん」ニコッ

シンジ「おじゃまします……」

カヲル「今日の君はいつも異常に暗いね」

シンジ「……」

カヲル「学校で何かあったのかい?」

シンジ「ちょっとね……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:33:09.16 ID:guNh/smd0

ミサト宅

アスカ「」

アスカ「もう、そろそろバカシンジのやつが帰ってくるころね」

『僕のこと……何も知らないくせに』

アスカ「アンタだって…私のこと……何も知らないじゃない!!!」ドンッ


ペンペン「……」ブルブル

――


シンジ「つい……カッとなっちゃって」

カヲル「後悔はしてるのかい?」

シンジ「うん……だけど」(アスカを引き止めて謝ることだってできたのに…)

シンジ「このままでもいいかなって」

カヲル「昨日言ってたことだね」

シンジ「うん…このままみんなと距離を置くのには都合がいいよ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:35:52.13 ID:guNh/smd0

ミサト宅

アスカ「遅い……」

ガチャッ

アスカ「」ドキッ

ミサト「たっだいま〜」

アスカ「ちぇ……ミサトか」

ミサト「ただいま。アスカ」

アスカ「おかえり」

ミサト「あら?シンジくんは?」

アスカ「まだ」

ミサト「さては、レイのところかしら」フフッ

アスカ「それはないわ」ボソッ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:36:28.03 ID:guNh/smd0

ミサト「?」

ミサト「なぁに?今日はご機嫌ななめのようだけど?」

アスカ「なんでもないわよ」

ミサト「そう?ならいいけど」

アスカ「……ミサト」

ミサト「なにかしら?」

アスカ「……私の過去、全部知ってるんでしょ?」

ミサト「……」

ミサト「そういう、仕事だから…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:39:36.56 ID:guNh/smd0

アスカ「じゃぁ、バカシンジのことも」

ミサト「えぇ、み〜んな知ってるわ」

アスカ「そう……なら!」

ミサト「教えられないわよ。シンジくんの過去」

アスカ「くっ……」

ミサト「…そんなこと聞いてどうするつもりだったの?」

アスカ「ミサトには関係ない……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:40:23.37 ID:guNh/smd0

ミサト「ま、そんなこと聞くってことはシンジくんと何かあったのね」

アスカ「ふん!」スタスタ

ミサト(シンジくんの過去を知りたいなんて……)

ミサト(何があったのよ……アスカ)

ガチャリッ

シンジ「ただいま」スタスタ

ミサト「シンジくん、おかえりなさい」

シンジ「夕飯、すぐに作ります」スタスタ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:43:15.45 ID:guNh/smd0

ミサト「ねぇ、シンジくん?」

シンジ「なんですか?」

ミサト「アスカと喧嘩でもした?」

シンジ「……いえ、べつに」

ミサト「ほんとー?」コノコノ―

シンジ「はい」

ミサト「なーんか、アスカ機嫌よくないのよね」

シンジ「僕は関係ないですよ」

ミサト(かなり関係あると思うんだけどね……)

ミサト(2人とも相談相手は不要か……)


ミサト(中学生2人が悩んだところで……何になるってぇのよ……)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:44:39.98 ID:guNh/smd0

レイ宅

レイ「今日の碇くん…」

レイ「辛そうに見えた」

レイ「私がいるから?」

レイ「でも、碇くんは私だけのもの」

レイ「何かが碇くんを追い詰めてる」

レイ「私から碇くんを」

レイ「……奪おうとしてる」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:45:27.59 ID:guNh/smd0

次の日

アスカ「……」スタスタ

レイ「」スタスタ

シンジ「」スタスタ

マリ「おぅはっよー!」

シーン

マリ「朝から挨拶無視なんてひどいねー」

マリ「姫ー、わんこ君と仲直りした?」

アスカ「え?」

マリ「したの?してないのー?」

アスカ「……」チラッ

シンジ「」スタスタ

アスカ「そもそもあんなバカに関わんないし」

アスカ「喧嘩なんかしらないわよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:47:15.56 ID:guNh/smd0

マリ(進展なしか……)

マリ「わんこくん!最近、元気ないぞー」ギュッ

シンジ「そう?」

マリ「」チラッ

アスカ レイ「……」ウズウズ

マリ(お二人さんはまだ脈あり)

マリ(やぁっぱ、問題はわんこ君かぁ)

シンジ「そろそろ離してよ」

マリ「あ、ごめんごめん」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:49:19.62 ID:guNh/smd0

NERV本部

ミサト「あぁ…もう!あの子たち!何考えてんのかしら」

リツコ「難しい年頃だから」

ミサト「そんな一言で済ませないでよ」

リツコ「それにしてもシンジくんの過去を知ってどうするつもりだったのかしら」

ミサト「そこが一番引っかかるところなのよね……」

ミサト「触れてはいけないこと」

『……私の過去、知ってるわよね』

ミサト「アスカだってそれは承知してるはずなのに」

リツコ「暗黙の了解ね」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:49:50.10 ID:guNh/smd0

リツコ「シンジくんの過去もアスカの過去も」

リツコ「寂しさと悲しみで溢れてる」

ミサト「類は友を呼ぶって言うけど…」

ミサト「少しは大人を頼りなさいよ!子供なんだからっ!」

リツコ「ふふ」

ミサト「な、なに?」

リツコ「随分と慣れたんじゃない?そういうの」

ミサト「……」

ミサト「割り切ってるだけよ。これも仕事だし」

リツコ「そう?でも、そういうの、あの子たちなら容易に感じとるんじゃない?」

ミサト「見透かされてるのかもね……シンジくんやアスカに」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:51:25.02 ID:guNh/smd0

リツコ「じゃ、相談相手に売って付けの人を呼ぼうかしら」

ミサト「そんなの、うちには居ないわよ」

加持「そうか?俺はいると思うけど」

加持「ここにね」

ミサト「加持くん…」

リツコ「あら、噂をすれば」

加持「久しぶり、りっちゃん」

ミサト「なんの用?」

加持「子供たちの相談相手になってくれってね。りっちゃんから」

ミサト「はぁ……」

加持「そんな顔するなよ。うまくやるさ」

リツコ「期待してるわよ」フフッ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:52:55.71 ID:guNh/smd0

数日後

アスカ「加持さんとでーと♪」

加持「こんなにも、服や水着を買って」

加持「何かあるのか?」

アスカ「それはね」ニヤニヤ

アスカ「」ガサガサ

アスカ「これよ!これ!」バーン!

加持「修学旅行?」

アスカ「そう!沖縄に行くのよ!」

加持「そりゃいいな。楽しんでくるといい」

アスカ「思いっきり遊ぶんだから♪」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:53:57.26 ID:guNh/smd0

――


アスカ「はぁ〜。楽しかったなぁ」

アスカ「やっぱり!加持さんといるのが一番よ!」

加持「そう?」

加持「シンジくんと買い物はしないのかい?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:54:36.88 ID:guNh/smd0

アスカ「しないわよ!あんな奴!」

加持「おかしいな。シンジくんとアスカは仲が良いって聞いてたんだけどな」

アスカ「仲が良い!?ありえないわよ」

加持「キスもしたのに?」

アスカ「なっ////////」カーッ

加持「NERVの中じゃ結構有名でね」

加持「見られたんだって?葛城たちに」

アスカ「もうっ!加持さん!」

加持「悪い悪い」フフッ

加持「それで、シンジくんと、喧嘩でもしたのかい?」

アスカ「うぅ…」モジモジ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:55:53.91 ID:guNh/smd0

―――
――

加持「…なるほどな」

アスカ「私はシンジのことを何も知らないって」シュン

アスカ「確かに……アイツのこと知ろうだなんて思ったこと…今までになかったし」

加持「それで、葛城からシンジくんの過去を聞き出そうとした」

加持「少しでも彼を理解してやりたくて」

アスカ「……ミサトにたのまれたの?」

アスカ「…どうして、過去を知ろうとしたのか聞き出しってこいって」

加持「……」

加持「アイツも心配なんだよ。君たちのことが」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:56:49.85 ID:guNh/smd0

アスカ「ねぇ…どうしたら私はシンジのことを知ることができるの?」

アスカ「加持さんはシンジの過去知ってるの?だったら私に教えてよ!」

加持「……」

加持「確かにシンジくんの生い立ちは彼を知る上で重要なことかもしれない」

アスカ「私だって!辛かったこと!悲しかったこと!ママのことも全部!シンジに知ってもらいたい!」

加持「知らない記憶、他人の記憶を知ることなんて誰にもできない」

アスカ「できるわよ!手紙でもなんでもいい!言葉があるじゃない!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:57:51.62 ID:guNh/smd0

加持「所詮は言葉……」

加持「それ以上の意味は持たない」

加持「アスカが今までに感じてきたことすべてをそのままシンジくんに伝えることなんかできないんだよ」

アスカ「……」

アスカ「それでも……」

加持「アスカ」

アスカ「うぅ…」

加持「過去からシンジくんを探るのは無理だ」

アスカ「じゃあ!どうすればいいのよ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:59:39.86 ID:guNh/smd0

加持「互いに今を生きる」

加持「今をシンジくんと共有し合えば」

加持「自然に彼を理解できるようになるさ」

加持「今まで通りね」

アスカ「……」

加持「出会う前のシンジくんに出会うことはできない」

加持「だけど、今のシンジくんになら」

加持「してやれることがあるだろ?」


>>50
ありがとう。地道にがんばります

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:03:33.55 ID:guNh/smd0

ミサト宅

アスカ「ただいま」(今の私にできること…)

シンジ「おかえり。ミサトさん、今日遅くなるって」

アスカ「そう」

アスカ(それは……)

シンジ「」スタスタ

アスカ「ねぇ、シンジ」

シンジ「」ピタッ

アスカ「何があったのか知らないけど、無理しなくていいわよ」

シンジ「」

アスカ「辛いんなら、ちゃんと相談しなさい。私やミサトにね」

シンジ「うん、ありがと。アスカ」



アスカ「ふぅ……そっとしておくしかないわよね…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:04:31.15 ID:guNh/smd0

NERV本部

リツコ「お疲れ様」

加持「疲れてなんかないさ」

加持「アスカも楽しんでくれたみたいだしよかったよ」

ミサト「で、どうだったの?」

加持「子どもらしい無邪気な悩みだったな」

加持「アスカも大分と変わったもんだよ」

加持「いい方にね」

――


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:05:47.89 ID:guNh/smd0

――


ミサト「過去知って、シンジくんを理解しようとした……」

リツコ「そして、自分の過去をシンジ君に伝え、自分を知って欲しかった」

ミサト「……お互い触れられたくないことだからこそ」

ミサト「あえて晒して本当の自分を知って欲しかったのね……」

リツコ「はぁ……ヘタすればそれは破綻を生むのに」

加持「アスカなりに、素直になりたかったんだろうな」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:07:39.64 ID:guNh/smd0

リツコ「言葉で伝えてもそれは言葉でしかない」

リツコ「シンジくんの本質そのものね」

ミサト「?」

リツコ「人は自分を他者に知って欲しいから言葉を紡ぐ」

リツコ「でも、それだけで全てが相手に伝わるわけではない」

ミサト「心そのものを見せるなんてできないってこと?」

加持「例えば俺がここでスイカが好きだなんて言ったら葛城はそれをどう捉える?」

ミサト「は?まぁ、そうなのって感じかしら」

加持「だが結局の所、俺が本当にスイカが好きかどうかなんか俺にしかわからない」

ミサト「私に嘘ついたってこと?」

加持「その可能性もあるわけだ」

ミサト「なるほどね……」

加持「だから、人はその時の状況、行動をみて発せられた言葉の本当の意味を探る」

リツコ「それでも、真偽を知ることは不可能」

リツコ「人が扱うには言語なんかまだまだ不便なものなの」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:08:53.54 ID:guNh/smd0

加持「シンジくんは誰よりもそこに敏感なんだ」

リツコ「相手の言葉の裏を読もうとする」

リツコ「本当の安らぎを求めてね」

加持「だが、それが不信を産む」

加持「もう諦めてるのかもなしれないな」

加持「他人から理解を得ようとすること相手を理解しようとすることに」

ミサト「シンジくんの生い立ちを考えれば無理ないわ……」

ミサト「家族すら信じることを許されなかったんだから……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:10:12.44 ID:guNh/smd0

サト「私だってそうだった…」

ミサト「父は研究以外に関心がないって思ってた」

ミサト「それなのにあの時……」

ミサト「自分の身を犠牲にして……」

ミサト「私を助けて……」

ミサト「それ以来、誰も信じれなくなった…」

ミサト「もう、わけがわからなくてね……」

加持「葛城…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:11:58.53 ID:guNh/smd0

ミサト「だけど、知らないうちにそんなことも考えなくなった」

ミサト「……シンジくんのそれもきっと時間が解決してくれるでしょうね」

リツコ「……」

ミサト「で、シンジくんとアスカの、喧嘩の原因は?」コホン

加持「あ、えっと、それは……」

ミサト「聞き出せなかったの!?」

加持「ま、まあな」

ミサト「呆れた……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:14:33.60 ID:guNh/smd0

加持「おいおい、それでも収穫は大、そうだろ?」

リツコ「アスカに関してはね」

ミサト「喧嘩の原因がわからないんなら前進できないじゃない!」

加持「きっと、アスカがうまく」

ミサト「だめ!アンタが責任持ってなんとかしなさい!」

加持「はぁ……俺に責任なんてないだろ」

リツコ「ま、責任は保護監督であるミサトにあるわね」

ミサト「うぐ……連帯責任よ!」

加持「参ったな…こりゃ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:16:46.63 ID:guNh/smd0

数日後

アスカ「えぇええええ!!修学旅行っちゃダメ!!?」

ミサト「あら?言ってなかったっけ?」

アスカ「初耳よ!!!」

ミサト「エヴァのパイロットはみ〜んな戦闘待機」

ミサト「あなた達が沖縄に行ってる間に使徒が攻めてきたら大変でしょ?」

アスカ「えぇ!!でもぉぉぅぅぅ!!」

アスカ「ちょっと!シンジ!アンタは修学旅行行けなくてもいいの!?」

シンジ「まぁ、こうなるのはわかってたし」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:19:47.65 ID:guNh/smd0

アスカ「何よ!!水着も買ったのに!」

ミサト「それはちょっち悪いことしたわね」

アスカ「あぁあ、最悪……」チラッ

シンジ「」

アスカ「はぁ」(ま、シンジも行けないんだし……いっか)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:21:09.49 ID:guNh/smd0

次の日

ヒカリ「え?アスカ、修学旅行行けなくなったの?」

アスカ「うん……」

ヒカリ「そ、そうなんだ……」

トウジ「センセもか?」

シンジ「うん」

ケンスケ「そりゃそうさ。エヴァのパイロットなんだもん」

マリ「そうだね〜。仕方がないことだよこれは」

アスカ「……」ショボーン

ヒカリ「うぅ……あ!お土産買ってくるから!」

アスカ「ありがと…ヒカリ」シュンッ

ヒカリ「あはは……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:23:04.57 ID:guNh/smd0

数日後

修学旅行 当日

アスカ「あぁ!バスが!行っちゃう!!」

シンジ「」

レイ「」

マリ「お土産〜!よろしくね〜!」

バス ブロロロロ

アスカ「あぁ……沖縄が…ダイビングがぁ…」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:26:52.10 ID:guNh/smd0

シンジ「ん?」

アスカ「……」

アスカ「え?」

ヒカリ トウジ ケンスケ「」エヘヘ

アスカ「ヒカリ…」

シンジ「トウジ!」

ヒカリ「やっぱり、アスカを置いては行けないかなって」モジモジ

トウジ「そうや!センセを置いてワイらだけで楽しむなんてそんなんできるかいな!!」

シンジ「トウジ……」

ケンスケ「まぁ、トウジは最後まで沖縄に未練があったみたいだけどね」

トウジ「やかましいわ!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:27:36.14 ID:guNh/smd0

シンジ「みんな……」

シンジ(どれだけ遠ざかっても……近づいてきてくれる)

シンジ(みんなを突き放そうとした……こんな僕でも)

シンジ(決して見捨てなんかしない……)

シンジ(カヲルくん……やっぱり、僕はみんなとここに居たいよ…)

シンジ「」ウルウル

シンジ(失うのは怖い……傷つくのが怖い)

シンジ(だけど……)

シンジ(それ以上に今がとても心地良いって感じるんだ)

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:28:39.26 ID:guNh/smd0

シンジ「」グスン

レイ「碇君?」

ケンスケ「碇のやつ!感動して泣いてるのか?」

シンジ「ううん、なんでもないよ」ニコッ

アスカ「シンジ…」

アスカ「」フッ

アスカ(やっと、笑った)

マリ「あっれ〜?何かやけにニヤニヤしてるね?お、ひ、め、さ、ま♪」

アスカ「は?へ?な、なんでもないわよ!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:29:45.68 ID:guNh/smd0

トウジ「で、これからどうするんや?」

ヒカリ「うぅん……どうしよっか」

トウジ「なんや!何も考えてなかったんかいな!!」

ヒカリ「だって!今日決めたことだし!」


加持「お〜い」


アスカ「え?加持さん!!」

ケンスケ「あ!あの人!日本海洋生態系保存研究機構の!」

トウジ「ほんまや!社会見学させてくれた人か」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:32:01.75 ID:guNh/smd0

加持「ありゃ?思ってたより人数多いな」

シンジ「どうしたんですか?加持さん」

加持「葛城からシンジ君達が修学旅行に行けなくなったって聞いてね」

加持「ちょっとしたサプライズを用意したのさ」

アスカ「サプライズ?」

加持「君たちも来るかい?」

トウジ ケンスケ「もちろん!!」

ヒカリ「」コクリッ

加持「よし!じゃぁ、行きますか」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:34:40.99 ID:guNh/smd0

――

日本海洋生態系保存研究機構

シンジ「ここって、前に連れてきてもらったところですよね」

トウジ「またここかいな!!」

ヒカリ「こら!!鈴原!」

ケンスケ「いやいや!なんど見てもすごいよ!!最高だよ!!」

加持「この間のとは少しプランが違うぞ?」

アスカ「何か嫌な記憶が」

加持「あぁ、えっと…もうわかってると思うけど」

加持「入館するまえに…な?」

全員「……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:35:58.53 ID:guNh/smd0

――


チーン

アスカ「もう!何よ!二度もこれを味わうなんて!信じらんない!」

マリ「そう?結構楽しかったじゃん」

アスカ「どこがよ!!」

シンジ「また、水槽を見学させてくれるんですか?」

加持「いや、もっとすごいことを体験させてあげるよ」

シンジ「すごいこと?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:39:29.81 ID:guNh/smd0

加持「スキューバダイビングだよ」

ケンスケ「すごい!この青い海に潜れるの?」

加持「あぁ、沖縄の赤い海とは全然違うぞ?生き物だってたくさん泳いでる」

トウジ「早速!!潜ろうや!!」

ヒカリ「なんだか、怖いなぁ」

アスカ「大丈夫よ!私もいるし!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:41:50.75 ID:guNh/smd0

シンジ「あれって…」

カヲル「」ザパンッ

カヲル「」スイスイ

シンジ「カヲルくん!」

加持「そうそう、あの子は先に着いてたみたいでな」

加持「一緒に潜るといい」

アスカ「な〜んか嫌なのよね。あの新入り」

加持「さぁ、アスカも着替えておいで」

アスカ「は〜い♪」

アスカ「行こ!ヒカリ」

トウジ「センセ!ケンスケ!ワシらも行くで!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:44:03.52 ID:guNh/smd0

――


マリ「久しぶり〜」

加持「よう、無事に入国できたみたいだな」

マリ「まぁね〜」

マリ「…それより、極秘入国って聞いてたのにいきなり、手の平返しちゃってさ」

マリ「何があったの?」

加持「大人の都合ってやつさ」

マリ「こっちはパラシュートで学校の屋上にダイブしたんだけど」

加持「まぁ、いいじゃないか。楽しいだろ?学生生活」

マリ「そりゃもう♪」

加持(突然のゼーレの沈黙……)

加持(奴らはNERVに全てを委ねたのか?)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:46:26.03 ID:guNh/smd0

カヲル「やぁ!シンジくん!」

シンジ「カヲルくん!来てたんだ!」

カヲル「あぁ。ここはいいよ、生命の臭いが漂ってね」

カヲル「生を直で実感できる」

シンジ「臭い?僕はちょっと生臭いなって感じるけど」

カヲル「ふふ、それでいいんだよ」

カヲル「そういえば、彼らは?」

シンジ「僕のクラスメイト。修学旅行、僕達のために休んでくれたんだ」

カヲル「そう。いい友だちを持ったねシンジくん」

シンジ「うん!」

アスカ「見てみて!シンジ!!」

シンジ「?」

アスカ「バックロール!エントリー!」バシャーン

シンジ「あはは……」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:47:13.88 ID:guNh/smd0

レイ「碇君、今日は楽しそう」

シンジ「?」

シンジ「うん、すごく楽しいよ!綾波」ニコッ

レイ「!!」

レイ「///」モジモジ

カヲル「泳いできなよ。シンジくん、それにファースト」

シンジ「カヲルくんはいいの?」

カヲル「僕は君たちが来るまでに結構潜ったからね」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:48:27.45 ID:guNh/smd0

マリ「いいのかな〜?」

アスカ「なにが?」

マリ「わんこ君たち、2人で泳いでるよ?」

アスカ「……」ブクブク

ヒカリ「もう!真希波さん!」

アスカ「」スイスイ

マリ「お?」

ヒカリ「あぁ!真希波さんが煽るから!」

ヒカリ(がんばれ!アスカ!)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:50:03.92 ID:guNh/smd0

シンジ「ぷっは!」ザパァ

シンジ「やっぱり、酸素ボンベ借りてこようかな」

レイ「」

シンジ「でも、こっちの方が泳ぎやすいよね」

レイ「」コクリッ

アスカ「」スイスイ

シンジ「?」

シンジ「どうしたの?アスカ」

アスカ「泳いでるだけ」チャプチャプ

レイ(2人のじゃまをしてる…弐号機の人)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:51:21.78 ID:guNh/smd0

レイ「」ジーッ

アスカ「なに?」チャプッ

レイ「邪魔」

アスカ「ふん!」バシャッ

レイ「きゃっ!」

レイ「……」

レイ「」バシャッ

アスカ「わっ!」

アスカ「……やったわね!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:53:58.68 ID:guNh/smd0

シンジ「まぁまぁ!」

アスカ「」ギロッ

シンジ「な、なに?」チャプッ

アスカ「ふん!」バシャッ

シンジ「ひゃ!!」

シンジ「ちょ、ちょっと!アスカ何すんだよ!」

アスカ「べーっだ!」

シンジ「この!」バシュアッ

アスカ「きゃっ!」バシャッ バシャッ

シンジ「負けるか!」バシャッ

アスカ「ふん!!」バシャッ

キャッキャ ワイワイ

レイ「」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:56:18.18 ID:guNh/smd0

アスカ「いった〜い!目に入った!」

シンジ「え!?」アセアセ

アスカ「うっそ〜!」バシャッ

シンジ「うわっ!!」

シンジ「ひどいよ!アスカ!本気で心配したじゃないか!!」

ハハハ

レイ「」アワアワ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:59:05.93 ID:guNh/smd0

シンジ「?」

レイ「」アワアワ

シンジ「そろそろ上がる?」

レイ「え?」

レイ「」コクリッ

レイ「」チラッ

アスカ「」ガッツポーズ

レイ「……」

レイ「」ギュゥ

シンジ「うわ!綾波!溺れるって!」

アスカ「な!!」

レイ「」プイッ

アスカ「え、エコヒイキのやつ…」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:00:50.02 ID:guNh/smd0

マリ「いやぁ、見てて飽きないね。あの三人」

ヒカリ「」チャプッ


トウジ「なんや〜委員長?もぐらんのか」

ヒカリ「え?ちょっと怖いし。こうやってプカプカ浮いてるほうが」

トウジ「よっ」

ヒカリ「ひゃっ!」バシャッ

トウジ「ワイが底までひっぱたるわ!」

ヒカリ「ちょっと!溺れるって!!」


マリ「お幸せに〜」

ケンスケ「……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:03:17.23 ID:guNh/smd0

加持「すっかり仲直りしてるじゃないかシンジくん」

加持「……俺の出る幕はない、か」

カヲル「彼らは彼ら自身で答えを見つける」

カヲル「人が人であるが故のすれ違い。それをもリリンは愛する」

カヲル「そう思わないかい?」

加持「?」

加持「そうだな」

加持「思う存分悩めばいい。それだって人生の楽しみの一つだからな」




カヲル「僕は君にリリンの未来を託すよ」

カヲル「碇シンジくん」フフッ

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:04:09.75 ID:guNh/smd0



トウジ「よっしゃ!ネズミ花火!3連発や!!」ジリリリリ

ヒカリ「鈴原!!火傷するわよ!!」

マリ「見てみて!姫!!綺麗でしょ!!」ブンブン

アスカ「寄るな!近づくな!!」タッタッタ

加持「どうだ?綺麗だろ?線香花火」

レイ「」コクリッ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:05:07.26 ID:guNh/smd0

シンジ「星空、綺麗だね」ゴロン

カヲル「君に出会うまで気付かなかったよ」

カヲル「星の光がこんなにも綺麗だったなんて」

カヲル「ありがとう。シンジくん」

シンジ「この星の光って昔の光なんだって」

シンジ「地球からとても遠いところにあるから」

シンジ「星から出発してここにたどり着くのに何年もかかるんだ」

カヲル「詳しんだね」フフッ

シンジ「学校で少し習ったんだ」エヘヘ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:07:09.60 ID:guNh/smd0

カヲル「じゃぁ、僕達が今、見ている星空はもう、何年も前のものなんだね」

シンジ「うん」

カヲル「まるで、人の思い出みたいだ。ふふ」

シンジ「そうだね」

加持「お〜い、そこの2人」

シンジ「は〜い、なんですか」

加持「打ち上げ花火上げるから見においで」

シンジ「行こっか、カヲルくん」

カヲル「うん」ニコッ

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:08:01.71 ID:guNh/smd0

数日後

NERV本部

冬月「ゼーレは未だに沈黙を貫いている」

冬月「老人ども…何を考えているんだ」

ゲンドウ「我々のシナリオにとっては好都合だ。問題ない」

冬月「後、二体の使徒を殲滅すれば我々の勝利だな碇」

ゲンドウ「あぁ、使徒殲滅、その先に待つのは我々の悲願」

ゲンドウ「人類の補完だ」ニヤリッ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:11:48.58 ID:guNh/smd0

数日後

冬月「目標は!!?」

青葉「現在、侵攻中です。駒ケ岳防衛線、突破されました!」

マヤ「第1から18番装甲まで損壊!」

日向「18もある特殊装甲を、一瞬に?」

ミサト「今回はかなり手強いわね……」

ゲンドウ「エヴァを全機発進させろ。」

ミサト「エヴァを5機を同時展開させるんですか!?」

冬月「5体のエヴァのATフィールドを持ってしてもあの使徒のATフィールドを破れるか」

冬月「怪しいところだな」

ゲンドウ「我々はいかなる手段を用いてもあの使徒を殲滅せねばならない」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:12:39.79 ID:guNh/smd0

ゼルエル「」ピギュン

ドゴォォォォォオオオ

初号機エントリープラグ内部

シンジ「街が……僕らの街が…」

アスカ『何ぼけっとしてんのよ!!!行くわよ!!!!!!』

シンジ「わかってるよ!!!!これ以上壊されるのは嫌だ!!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:13:42.73 ID:guNh/smd0

ゼルエル「」シュンッ ピギーン

アスカ「なっ!早い!」

ドゴォオン

アスカ「きゃぁあ!!」

シンジ「アスカ!!!!」

ゼルエル「」ピギン

アスカ「ひっ!」

バシュンッ ドガシャーン

ゼルエル「!?」キョロキョロ

マリ「よっしゃ!命中!」

アスカ「遅いわよ!コネメガネ!!真正面から喰らうところだったじゃない」

レイ「大丈夫?碇君?」

シンジ「僕は平気だよ」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:15:52.23 ID:guNh/smd0

カヲル「シンジくん」

シンジ「カヲルくん!」

カヲル「これが君たちの最後の戦いなんだ」

カヲル「その先に何が待ち受けるのか僕もわからない」

シンジ「カヲルくん……」

カヲル「今の日常が全て崩れ去るかもしれない。もしかしたら、君はそれを苦痛に感じるかもしれない」


カヲル「君は……終局の先にある全てを受け入れる覚悟があるかい?」



シンジ「僕は……」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:17:26.24 ID:guNh/smd0

シンジ「失うのは怖い……」

シンジ「今がなくなるのは怖い…」

シンジ「だけど……それでも!ここで使徒に負けて!みんなが死んじゃうのはもっといやだから!!」

シンジ「そんなこと!冗談じゃないって思うから!!僕は!!」

シンジ「何もかも全て受け入れる!!」

カヲル「……それが、君の答えなんだね」

カヲル「シンジくん」

カヲル「」スッ

カヲル「さぁこれを」

NERV本部

冬月「あれは……」

ゲンドウ「カシウスの槍……」

冬月「ゼーレの連中は……何をするつもりなんだ」

ゲンドウ「あれは最後の使徒ではない……何故だ?」

ゲンドウ「老人どもめ……あきらめたか」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:18:20.52 ID:guNh/smd0

カヲル「」タッタッタッタ

カヲル「」ガシッ

ゼルエル「」グググググ

カヲル「さぁ!シンジくん!」

カヲル「動きを止めてる間に!その槍をコアに向かって投げるんだ!」

アスカ「シンジ!!」

シンジ「カヲルくん」

シンジ「うわあああああ!!」ブンッ

ゼルエル「」グサッ

ピキッ

ドゴオオオオオオンン!!!

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:19:33.81 ID:guNh/smd0

シンジ「はぁはぁ……終わった…」

NERV本部

青葉「目標殲滅」

ミサト「い…一撃であの使徒を……」

冬月「碇」

ゲンドウ「シナリオに支障はない…だが、あのゼーレの少年は警戒せねば」

日向「!?」

日向「衛星軌道上に高エネルギー反応!!!!!!」

ミサト「なんですって!!?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:20:44.75 ID:guNh/smd0

青葉「パターンオレンジ!識別不能です!!」

ミサト「なんなの!?一体!!」


カヲル「時が来たね……」

カヲル「さぁ、行こう。リリンの僕達」


日向「マーク6、識別パターンが青に……」

青葉「エヴァシリーズ!!マーク6に続いて上昇開始!」

ゲンドウ「あれは……まさか」

冬月「通りで老人どもが手を引いたわけだ」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:21:55.58 ID:guNh/smd0

シンジ「な、なんだよ!これ!!カヲルくん!!カヲルくん!!??」

カヲル「自らの過ちを認めた創造主が再びこの星へ舞い降りた」

カヲル「彼らは僕らに終わりと始まりをもたらすのさ。シンジくん」


青葉「ターミナルドグマより、上昇する物体を確認!!!!!」

ゲンドウ「リリス……いかん!!!食い止めろ!!なんとしても!」

日向「ダメです!全ての装甲板を突破されました!!!」

冬月「人の手によって拘束された神が開放され去っていく……」

ゲンドウ「新たな生命誕生の道が閉ざされてしまう!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:23:14.67 ID:guNh/smd0

青葉「衛星軌道上の目標!主モニターに移します!」

冬月「アダムとリリス……母なる船、彼らは何を考えているんだ」

ミサト「リツコ!これは一体!!」

リツコ「二種の生命の源がこの星から去っていく……」

リツコ「創造主、第一始祖民族が争いの根源を自ら回収しようとしているの」

ゲンドウ「創造主は我々に人のままでいろと言うのか……」

冬月「それが彼らの下した決断なら……仕方があるまい」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:26:36.66 ID:guNh/smd0

カヲル「シンジくん。君は人が人であることを望むんだね」

シンジ「カヲルくん……わからないよ!!なに言ってるんだよ!カヲルくん!!!」

カヲル「ここでお別れだ。シンジくん」

シンジ「カヲルくん?」

カヲル「旅をするんだ。長い長い道のりのね」

シンジ「いやだよ!行かないで!カヲルくん!」

カヲル「ひとつの星に2つの生命が生きることは許されないんだ」

カヲル「この星は君たちリリンに託すよ」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:29:23.95 ID:guNh/smd0

シンジ「そんなことないよ!!一緒にいようよ!!寂しいよ!カヲルくん!!」ウルウル

カヲル「ありがとう。その気持だけで僕は十分だよシンジくん」ニコッ

シンジ「お別れなんて…悲しいよ……もう二度と会えないなんて!!」シクシク

カヲル「悲しくなんかないさ」

カヲル「君と過ごした思い出はあの時みた星の光のようにずっと僕と君を照らしてくれるから」ニコッ

シンジ「カヲルくん!!」



カヲル「さようなら」




カヲル「碇シンジくん」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:31:23.76 ID:guNh/smd0

青葉「エヴァシリーズ!!消失!」

日向「アダム、リリスも同様です!!」

ミサト「子供たちは!?」

リツコ「わからない……エヴァシリーズと共に消失したのかもしれないわ…」

ミサト「そんな……」

ミサト「シンジくん!!アスカ!!」

ミサト「どうして……」ウルッ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:33:36.13 ID:guNh/smd0

――


アスカ「ここは……」

キョウコ「アスカ、アスカちゃん」

アスカ「ママ…ママなの?」

キョウコ「うん、そうよ」

アスカ「どうして?どうしてママが?」ウルッ

キョウコ「ごめんね。詳しく話してる暇はないの」

アスカ「そんな!またどこかへ行っちゃうの?」ウルウル

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:36:43.26 ID:guNh/smd0

キョウコ「ううん、私はずっとずぅっとアスカの側にいるわ」

アスカ「ほんと!?」

キョウコ「うん!目には見えないけどね」

キョウコ「でも、アスカを見守ってるから」

アスカ「ママぁ」ウルウル

キョウコ「ふふ、随分と大きくなっちゃって」

キョウコ「顔も私に似てきた」フフッ

アスカ「ねぇ、行かないでママ」

キョウコ「また、すぐに会えるわよ」

キョウコ「アスカ」ニコッ

アスカ「ママ…」

アスカ「ママァァ!!!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:38:11.26 ID:guNh/smd0

――


ゲンドウ「……」

ユイ「あなた」

ゲンドウ「!?」

ゲンドウ「ユイ……」

ユイ「体ごとサルベージされてたから」

ユイ「彼らが戻してくれたのね」

ゲンドウ「そうか…すまなかったなユイ」

ユイ「確かに人類の補完は叶わなかった」

ユイ「でも、それだけが人の希望、未来ではないでしょ?」

ゲンドウ「……」

ユイ「初めから、やりなおしましょ。家族三人でね」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「あぁ…そうだな」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:42:54.20 ID:guNh/smd0

タッタッタッタ

ミサト「見つけた!!こっちよ!!」

リツコ「救護班!急いで!!」

タッタッタ タッタタ

シンジ「う……うぅ…」

シンジ「ここは……」

ミサト「シンジくん!!大丈夫!?」

シンジ「ミサトさん…」

シンジ「!?」

シンジ「みんなは!?アスカは!?綾波は!!?」

マリ「いったたたた……み〜んな無事みたいだよ?わんこくん」

ミサト「よかった……本当によかった」

リツコ「一人足りない…」

ミサト「渚くんは!?」キョロキョロ

シンジ「……行ってしまいました」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:46:46.72 ID:guNh/smd0

――


数ヶ月後

ジリリリリリリ

シンジ「う、う〜ん……」ムニャムニャ

シンジ「もうちょっと……寝てよう」ウトウト

アスカ「起きなさい!!!バカシンジ!!!」ガチャッ

シンジ「無理か……」

アスカ「ほら!起きなさいよ!!」コノォ

シンジ「もう!人の部屋に勝手に入らないでよ!アスカ!」

アスカ「おばさまに起こしてきてって言われたのよ!!」

シンジ「わかったよ、起きるよ」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:48:47.93 ID:guNh/smd0

ユイ「おはよう、シンジ」

シンジ「おはよう」ウトウト

アスカ「ほら!さっさと食べる!!」

シンジ「はいはい…」

ユイ「本当にアスカちゃんがいてくれて助かるわ」フフッ

アスカ「いえ、ご好意で居候させてもらってるんだもの。コイツの世話くらいは」

シンジ「世話って」

ピンポーン

アスカ「あぁもう!ほら来た!いつもくるの早いのよ!アイツ!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:53:36.39 ID:guNh/smd0

シンジ アスカ「いってきま〜す!」

ユイ「行ってらっしゃい!」

ユイ「さ、あなたも早く支度してくださいね」

ユイ「学会に発表する内容、まだ全然まとまってないでしょ?」

ゲンドウ「あぁ」

ゲンドウ「人とが人であること、ATフィールドの存在」

ゲンドウ「冬月先生もとんでもないことを考える」

ユイ「そう?ATフィールドの存在を公に発表するなんて」

ユイ「先生らしいじゃない」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:56:51.47 ID:guNh/smd0

学校

登校途中

アスカ「はぁ、あっちいわね〜」

シンジ「今日はこの一週間で一番暑いらしいからね」

アスカ「よっと!」

アスカ「でも、建物の影は涼しいわね」

シンジ「ふふっ、またそれか」

レイ「」

シンジ「綾波はあつくない?」

レイ「」コクリッ

マリ「おはっよ〜!!」

マリ「危うく、寝坊する所だったよ〜」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:00:04.14 ID:guNh/smd0

シンジ「そういえば、綾波と真希波はひとり暮らしだもんね」

シンジ「僕の家、部屋まだ空いてるから来ればいいのに」

マリ「だって!一人暮らしってかっこいいじゃん!!」

シンジ「あはは…綾波は?」

綾波「弐号機の人がいるから……いや」

アスカ「はぁ?何よ!!私はもうパイロットじゃないんだけど!?」

プップー

シンジ「?」

ブロロロ

ミサト「おっはよ〜!久しぶりね!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:03:22.76 ID:guNh/smd0

アスカ「ミサト!」

シンジ「ミサトさん!!」

マリ「あれ?まだ、ここにいんの?」

ミサト「色々と後始末が大変でね〜。」

ミサト「政府がうるさいのよ。全ての情報を開示しろって」

ミサト「それに本部も人口進化研究所ってぇのに変わったでしょ?」

シンジ「あはは…父さんと母さんだね」

ミサト「ま、やることが多くって」

アスカ「いいじゃない。NERVがなくなったらミサトは無職になるでしょ?」

ミサト「痛いとこつくわね…アスカ」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:05:56.38 ID:guNh/smd0

ミサト「そんじゃね!」

シンジ「はい」

アスカ「まったね〜ミサト!」

ミサト「あ、そうだ。シンちゃん!アスカ」

シンジ アスカ「?」

ミサト「実は私、まだあのマンションに済んでるのよ」

ミサト「部屋もそのままにしてあるから……」

ミサト「よかったら、また遊びにおいでね♪ペンペンも会いたがってるわ」

シンジ アスカ「うん!!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:08:45.51 ID:guNh/smd0

NERV本部

加持「丸く収まりそうで何よりだな」

リツコ「人類補完計画の資料は全て抹消したからね」

加持「でも、君はここに残るんだろ?」

リツコ「えぇ、ATフィールドの存在立証に私は必要不可欠な人材だからね」

リツコ「それより、あなたはどうするの?」

加持「俺か?俺は…まぁのんびりとだな」

リツコ「ふふ、なにそれ」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:11:41.60 ID:guNh/smd0

ミサト「さぁ、隠蔽!隠蔽!隠蔽作業よ!!」

リツコ「おはよう、ミサト」

加持「相変わらず、大変そうだな」

ミサト「〜♪」

加持「どうした?何かいいことでもあったのかい?」

ミサト「ちょっちね〜」ニコニコ

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:16:36.43 ID:guNh/smd0

――


加持「そうか、シンジくんたちも晴れて普通の学生にもどれて何よりだよ」

リツコ「で、あの子たちの恋模様はどうなの?」フフッ

ミサト「恋ねぇ、相変わらずよ。何も進展してないわ」フフッ

加持「果たして、本当に恋愛だったのか。怪しいところだな」

ミサト「なにそれ?どういうこと?」

加持「あの子たちはみんな、一人で今まで生きてきた」

リツコ「つらい過去を背負って悲しみを心に染み込ませてね」

加持「そう。そんな彼らが人並みの暖かさを求めて互いに寄り添おうとする」

加持「それって恋なのか?」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:25:22.56 ID:guNh/smd0

ミサト「ただ、寂しかっただけ……そう言いたいの?」

加持「俺はそう感じたね」

ミサト「……」

ミサト「恋は理屈じゃないのよ!」

加持「そ、そうだな」アハハ

リツコ「エヴァや使徒…歪な要因で結びついた子どもたちの関係」

リツコ「その要因の全てが消え失せた今、再び彼らは出会うことができた」

リツコ「例え、今までのそれが恋愛じゃなかったにしても」

リツコ「彼らがこれから本当の恋を見つけるのは時間の問題なんじゃない?」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:28:00.14 ID:guNh/smd0

ミサト「そうね、まだ中学生なんだから」

加持「恋愛に限らず、色々な経験をして立派に成長していくさ」

ミサト「あの子たちの将来が楽しみね」

加持「あぁ」

リツコ「そうね」フフッ

学校

アスカ「おばさまのお弁当ってシンジのより美味しいわ!」

シンジ「嬉しいのか嬉しくないのやら」

レイ「」モグモグ

マリ「私は両方好きだけどね〜」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:30:12.36 ID:guNh/smd0

アスカ「うぐぅ!気に入らない!!なんでアンタらも作ってもらってんのよ」

マリ「居候までしてる姫がいうことじゃ無いじゃん」

アスカ「なっ!」

レイ「恋人だから」

アスカ「ななな!!!」

シンジ「…喧嘩は、よくないよ?」


トウジ「まぁた、始まった」

ケンスケ「やれやれだね」

ヒカリ「頑張れ、アスカ」ボソッ

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:33:55.09 ID:guNh/smd0

アスカ「シンジ!!」

シンジ「なに?」

アスカ「今日の夜はゲームで対戦よ!この間の続き!」

シンジ「えぇ!またぁ?」

レイ「……」ワンワナ

マリ「へー!大胆に一緒に住んでますアピールしてくれるじゃないの!!」

レイ「」ギュッ

シンジ「おわ!綾波!」

レイ「恋人だから」

シンジ「えぇ……」

アスカ「ぐぬぬ…」

マリ「わ〜んこくん!」ギュゥ

シンジ「なんで!?」

マリ「やっぱり、いい匂いだよ!君は!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:35:40.64 ID:guNh/smd0

アスカ「離しなさい!」

レイ「いや」ギュッ

マリ「やだね〜」クンクン

シンジ「///////」

アスカ レイ マリ(だって…)

アスカ(シンジは)

レイ(碇くんは)

マリ(わんこ君は)

アスカ レイ マリ(私だけのものなんだからっ!)




終劇

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:39:31.21 ID:guNh/smd0

最後までみてくれてありがとう!!!

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 23:39:43.58 ID:/35X0DUs0

こういう落ちなら別に綾波とくっつけなくてもよかったんじゃ・・・
マリに迫られたとき綾波に対して負い目感じてるのに
綾波とはアスカのことなんて気にも留めてなかったし

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:42:18.56 ID:guNh/smd0

>>207
いや俺も色々考えたけど
ただ必要としてくれる人、認めてくれる人が欲しかっただけってのを
書くにはどうしても必要だったんだ(´;ω;`)

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:56:36.65 ID:guNh/smd0

ごめんいい忘れてた!
シリーズはこれで完結です
初めから3〜4部で考えてました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョ、キョンくんと喋っちゃった・・・」