アスカ「え…?ファーストがナルシスホモとキスしてる…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「あたしゃ>>5をするよ」

ツイート

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:03:49.32 ID:WVpS9r120

アスカ「シンジシンジシンジ!!」ドタバタ

シンジ「な、何だよアスカ!?どうしたの!?」

アスカ「いい!?落ち着いて聞いてよ!?ファファ、ファーストとととナナナ」

シンジ「アスカが落ち着いてよ」

アスカ「ふぁ、ファーストとナ、ナルシスホモが……その……///」

シンジ「綾波と……カヲルくんのこと?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:05:44.10 ID:WVpS9r120

アスカ「あの……き、き、き」

シンジ「き?」

アスカ「……キス……してた……///」

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……またまたー」

アスカ「ホントよ!」バシーン

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:07:44.94 ID:WVpS9r120

シンジ「うぅ……」ヒリヒリ

アスカ「あんたあたしが信じられないってーの!?」

シンジ「わ、わかったよ……にわかには信じがたいけど信じるよ……」

アスカ「ハァー、ハァー」

シンジ「興奮しすぎだよアスカ」

アスカ「あんたが落ち着きすぎなのよ!」

シンジ「だって今聞いたばっかりだし……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:10:37.39 ID:WVpS9r120

シンジ「そ、それで、どこで?」

アスカ「え?」

シンジ「その……綾波と、カヲルくんは、えと、どこでしてたのかなって」

シンジ「その、キ、キスを……///」カァァ

アスカ「え……えと、ネルフ出て少し歩いたとこにある公園よ……///」カァァ

シンジ「……アスカ顔赤いよ」

アスカ「あんたもね」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:14:19.03 ID:WVpS9r120

アスカ「いい!?このことは二人だけの秘密よ!」

シンジ「う、うん」

アスカ「ミサトにもリツコにもナイショよ!」

シンジ「う、うん」

アスカ「学校でも誰にも言っちゃだめよ!」

シンジ「わかったよ、でもアスカは委員長に言いそうな」

アスカ「言わないわよ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:15:50.29 ID:WVpS9r120

アスカ「……ふーっ、なんか興奮してのど乾いちゃった」

シンジ「お茶だすよ」

アスカ「ありがと……」

シンジ「……? どうしたの?」

アスカ「あんた、どう思うの」

シンジ「何が?」

アスカ「ファーストがキスしてたって聞いてショックじゃないの!?ついでにホモも」

シンジ「え!?」アセアセ

アスカ「だ、だって……あんた、ファーストの事……」

シンジ「アスカ……?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:18:04.67 ID:WVpS9r120

アスカ「……なんでもない」

シンジ「……」

アスカ「それよりご飯まだ?お腹すいちゃった」

シンジ「あ、うん、すぐ作るよ」

アスカ「うん……あたし、部屋にいるから」

シンジ「できたら呼ぶよ」

アスカ「お願い……」ガラッ

シンジ「……」

シンジ「綾波とカヲルくんが……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:20:47.63 ID:WVpS9r120

ミサト「たっだいまー」

シンジ「おかえりなさいミサトさん」

ミサト「ただいまシンちゃん♪アスカはー?」

シンジ「部屋にいますよ」

ミサト「そう、アスカー帰ったわよー!」

アスカ「おかえりー」

ミサト「どうしたのまたケンカー?仲良くしなきゃだめよー」

シンジ「してませんよ……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:23:40.49 ID:WVpS9r120

翌朝

シンジ・アスカ「「行ってきます」」

ミサト「いってらっしゃーい」

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ(昨日からろくに会話してない……)

シンジ(なんで綾波とカヲルくんのことで僕らがこんな気まずくならなきゃいけないんだよ……)

アスカ「シンジ」

シンジ「ふぇっ!?」

アスカ「なんて声出してんのよ」

シンジ「い、いや、なんでもないよ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:27:33.87 ID:WVpS9r120

アスカ「あたし、決めた」

シンジ「何を?」

アスカ「突き止めるわよ、真相を」

シンジ「え?まさか」

アスカ「そのまさかよ!ファーストとナルシスホモが果たして付き合ってるのかどうか確かめてやるわ!」

シンジ「えーっ!?」

アスカ「あんたも協力しなさい!あたしたちはもう共犯なんだからね!」

シンジ「共犯って……やめようよ、プライバシーの問題だよ」

アスカ「な、なによ!あんた気にならないわけ!?」

シンジ「そ、そりゃあ……気になる、けど……」

アスカ「……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:33:05.69 ID:WVpS9r120

シンジ「……アスカ?」

アスカ「……あんたはナルシスホモを調べなさい。ファーストはあたしが調べるから」

シンジ「し、調べるって、そんな」

アスカ「世間話のつもりで聞き出しなさい、あいつあんたに隠し事なんてしないでしょ」

シンジ「カヲルくんは……まあ確かに……」

アスカ「ファーストもどっちかっていうとあんたのほうが仲いいんだから積極的に聞き出しなさい、ね?」

シンジ「それじゃ結局僕ばっかりじゃないか!」

アスカ「あたしもちゃんとやるから!信用しなさいよ!」

シンジ「で、でもやっぱり」

レイ「おはよう」

シンジ・アスカ「「うわあ!!」」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:35:45.57 ID:WVpS9r120

レイ「どうしたの」

シンジ「な、なんでもないよ!おはよう、綾波」

アスカ「あんた急に現れないでよね!ビックリするじゃない!」

レイ「そう、気を付けるわ」

アスカ「え、ええ……」

シンジ「……」

レイ「……」

アスカ(ほら、シンジ!)ツンツン

シンジ(ええ!?いきなり?)

アスカ(早くしなさいよ!)

シンジ(も、もう……)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:38:52.38 ID:WVpS9r120

シンジ「あ、綾波?」

レイ「なに?」

シンジ「さ、最近どう?」

レイ「どうって、なにが」

シンジ「ほ、ほらー、なんかこう、変わったこととか」

レイ「特にないわ」

シンジ「あ、そう、それならいいんだ」

レイ「ええ……」

シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:42:07.75 ID:WVpS9r120

アスカ(バカシンジ!)ゴスッ

シンジ「げうっ」

レイ「どうしたの?」

シンジ「な、なんでもないよ?」プルプル

レイ「そう」スタスタ

シンジ(な、なにすんだよアスカ!)ヒソヒソ

アスカ(あんたバカァ!?全然聞き出せてないじゃない!使えないわね!)ヒソヒソ

シンジ(じゃ、じゃあアスカが聞いてみてよ!)ヒソヒソ

アスカ(い、いいわよ!やってやろーじゃないの!)

アスカ「あー、ファースト?」

レイ「なに」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:45:50.39 ID:WVpS9r120

アスカ「最近なにかいいことあった?」

レイ「どうして?」

アスカ「別にいいじゃない、ほら、なんかあったでしょ?」

シンジ(強引だなあ)

レイ「特にないわ」

アスカ「嘘ばっかり〜」

レイ「どうしてそんなこと聞くの?」

アスカ「え?」

レイ「私はいつもと変わりないわ」

アスカ「……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:48:53.61 ID:WVpS9r120

シンジ「ほら、無理だったじゃないか」

アスカ「うっさいわね、でもひとつわかったことがあるわ」

シンジ「え、なに?」

アスカ「少なくともファーストはナルシスホモと付き合ってることを隠すつもりよ!」

シンジ「そ、そんなことまだ決まったわけじゃあ」

アスカ「学校についたわ、あたしはこのままファーストの観察を続けるからあんたはホモの取り調べお願いね」

シンジ「取り調べったって……アスカも一緒に」

アスカ「あたしアイツ嫌いだもん」

シンジ「はぁ……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:52:19.84 ID:WVpS9r120

カヲル「おはよう、シンジくん」

シンジ「おはよう、カヲルくん」

カヲル「どうしたんだい?浮かない顔して」

シンジ「そんなことないよ、元気だよ僕は」

カヲル「そうかい?何か、腹に一物を抱えてるような雰囲気だったからさ」

シンジ「あ、いや……」

カヲル「僕にできることがあったら何でも言ってよ、力になるよ」ピトッ

シンジ「ありがとう、カヲルくん……」チラリ

レイ「……」

シンジ(綾波はこっちに目もくれず読書か、気にならないのかな?)

アスカ「……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:55:56.72 ID:WVpS9r120

トウジ「お昼や!あれ、センセどこ行った?」

ケンスケ「授業終わって早々に渚と出て行ったよ?」

トウジ「なんやー、一緒に飯食べよ思ってたのに」

ケンスケ「ま、たまにはいいだろ?」


ヒカリ「アスカー、弁当食べよ?」

アスカ「うん……」

アスカ(そうだ!)

アスカ「ねえヒカリ!ファー……綾波も誘っていい?」

ヒカリ「え?いいけど……」

アスカ「じゃ、呼んでくるね!」ガタッ

アスカ(ヒカリ、力を借りるわよ)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:58:21.02 ID:WVpS9r120

アスカ「ファースト、お昼一緒に食べるわよ!」

レイ「いい」

アスカ(ぐっ……)「え、遠慮しないで」

レイ「一人のほうが、落ち着く」

アスカ(ぐぬぬ……ナルシスホモと一緒に過ごしたりはしないのかしら……)

ヒカリ「綾波さん、たまには一緒に食べましょう」

レイ「でも」

アスカ「いいから!ほら」

レイ「……わかったわ」ガタッ

アスカ(ヒカリ、助かったわ)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:02:24.63 ID:NYU9Uasv0

シンジ「カヲルくん、いいの?」

カヲル「何がだい?」

シンジ「いや、お昼休みを、僕なんかと一緒に過ごして」

カヲル「何を言うんだシンジくん、僕は君と一緒に過ごしたいから君を誘ったんだ」

シンジ「えっ……///」

カヲル「僕なんか、なんて謙遜した言い方しないで、僕は君のことが好きだからいいのさ」

シンジ「カヲルくん……///」

シンジ(いつものカヲルくんだ……やっぱり綾波とキスしてたなんて、アスカの見間違いじゃないのかな)

カヲル「さあ、食べよう?」

シンジ「う、うん///」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:09:27.58 ID:NYU9Uasv0

カヲル「急にそんな話するなんてどうしたんだい?朝からなんかおかしいよ?」モグモグ

シンジ「うん、たまにはカヲルくんも僕以外の人と接してみたくならないのかなーって思って」モグモグ

カヲル「僕の気持ちは伝わらなかったのかい?残念だ」

シンジ「そういうことじゃないよ!でもカヲルくんも僕以外の人に興味持ったりするでしょ?」モグモグ

カヲル「ふふっ、どうかな?」モグモグ

シンジ「例えばトウジとか」

カヲル「彼は面白いね」モグモグ

シンジ「アスカとか」

カヲル「ふふ、彼女とは馬がが合わないような気がするんだ」モグモグ

シンジ「綾波とか」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:12:44.43 ID:NYU9Uasv0

カヲル「」ピクッ

シンジ「」

カヲル「彼女は何考えてるかわからないからね、何を話したらいいのかわからないよ」モグモグ

シンジ「そんなことないよ、綾波も話しかければいろいろ答えてくれることもあるし」モグモグ

カヲル「興味深いね、参考にするよ」

シンジ「うん」モグモグ




シンジ(間違いない……綾波となにかあったんだ)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:19:21.92 ID:NYU9Uasv0

ヒカリ「どうして綾波さん誘ったの?」

アスカ「え?そりゃーあれよ、同じパイロットとして親交を深めようと……」

レイ「……」

アスカ「……」

ヒカリ「そ、そう」

アスカ(うう、気まずい……この状況を打開するには、やはりあれしか)

アスカ(ごめんヒカリ)

アスカ「そ、そういえばヒカリ!彼とどうなったの?」

ヒカリ「ア、アスカ!何よ急に……///」

アスカ「いいから、教えなさいよ!」

ヒカリ「うぅ……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:22:42.36 ID:NYU9Uasv0

レイ「彼?」

アスカ(来た!)

アスカ「おっと、ファーストは知らないんだっけ?ヒカリは実は……」

ヒカリ「あわわわ、やめてよアスカ!」

アスカ「いいじゃなーい教えなさいよ!」

ヒカリ「じ、実は最近―――」

アスカ(あのファーストが恋バナに興味を示した)

アスカ(これはやはり、なにかあるわね)

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:31:15.26 ID:NYU9Uasv0

シンジ(まだ突っ込めるかもしれない)

シンジ「カヲルくん、僕たちの間柄に隠し事は無しだよ」

カヲル「当たり前じゃないか、僕たちは友達だからね」

シンジ「でも、友達以上の存在ってあるだろ?」

カヲル「……!シンジくん、君はまさか」

シンジ「……カヲルくん」

カヲル「僕と友達以上になりたいのかい?嬉しいよ」

シンジ「」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:34:19.70 ID:NYU9Uasv0

ヒカリ「……ということなの」

アスカ「ふーん、順調じゃない」

ヒカリ「ええ……///」

レイ「……」

アスカ(ずっとヒカリのほうを向いて聞いてたわね)

ヒカリ「ア、アスカはどうなの!?いるんでしょ、好きな人」

アスカ「え」

アスカ(これよ、このカウンターがあるからこの手は使いたくなかったのよ)

アスカ「あ、あたしは別にそんな」

レイ「碇くんのこと、どう思ってるの」

アスカ「」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:38:23.58 ID:NYU9Uasv0

シンジ「あ、その、僕は」

カヲル「君のほうからそんなにアプローチしてくれるなんて夢にも思わなかったよ」

シンジ(もし本当に綾波と恋人関係にあるなら)

シンジ(カヲルくんがホモヤリ○ンでもない限り、僕に手を出すことは―――)

シンジ「そ、そうだよカヲルくん、僕は君となら……」

カヲル「シンジくん……///」

シンジ(逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃ……)

シンジ(ああ……なんてことに……)

カヲル「……」

シンジ(ああ……顔が近づいて……)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:46:02.21 ID:NYU9Uasv0

アスカ(ま、まさかファーストから……これは予想外だわ)

アスカ「え、バカシンジ!?はん、あんなのただの同居人よ!いい召使だわ!」

ヒカリ「もう、アスカ!」

アスカ「な、なによ!」チラリ

レイ「……」

アスカ(シンジを召使呼ばわりして反応なし……シンジには興味がないってことかしら)

ヒカリ「そんなことばっか言ってたら、いつか碇くんに愛想つかされるわよ!」

アスカ「あ、あいつにかぎってそんなことないわよ!あいつあたしにゾッコンだもん!」

レイ「……」

アスカ(無反応……ホントにシンジには興味なし!?)

アスカ(よーしそれなら……)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:50:38.08 ID:NYU9Uasv0

アスカ「あたしのタイプはね!もっと大人でダンディな人っていうか」

アスカ「そおーねえー、渚みたいな顔のいいやつとか」チラリ

レイ「……」

アスカ「……」

ヒカリ「え、アスカって渚くんみたいな人好きだったの?意外だわー」

アスカ「え!?いやあの」

アスカ(こうなったらヤケよ!)

アスカ「ほら、なんかミステリアスっていうか、陰のある男ってロマンあるし、それになんたって顔良いし」

アスカ(ひいー、サブイボ出そう)

アスカ「あ、あと」

レイ「……」ボソッ

アスカ「!?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:54:29.61 ID:NYU9Uasv0

アスカ「な、なによファースト、なんか言った?」

レイ「……いいえ」

アスカ「……」

ヒカリ「ア、アスカ?」

アスカ「え?あ、以上よ!ほらファースト!あんたはいないの?彼氏とか理想のタイプとか」

レイ「そんな人はいないわ」

アスカ「あ、そう……」

レイ「……」

ヒカリ「そ、そろそろ戻りましょ」

アスカ「そ、そうね」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:57:45.42 ID:NYU9Uasv0

ヒカリ「また一緒にご飯食べましょうね、綾波さん」

レイ「……ええ」

アスカ「……」

ヒカリ「アスカ?」

アスカ「え、なに?」

ヒカリ「さっきの話、本心じゃないわよね?」

アスカ「う」

ヒカリ「わかってるって、なんのつもりかわからないけど」

アスカ「……ねえヒカリ」

ヒカリ「ん?」

アスカ「さっきあたしがホモ褒めてるとき、ファーストがなんかつぶやいたの聞こえた?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:00:24.10 ID:NYU9Uasv0

ヒカリ「よく聞こえなかったわ、てない、としか」

アスカ「てない?」

ヒカリ「うん、それだけ……」

アスカ「てない……」

ガラッ

シンジ「……」

カヲル「ふふっ」

アスカ「帰ってきた」

ヒカリ「ミステリアスのお帰りよ」

アスカ「ごめん、もうやめて」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:05:51.04 ID:NYU9Uasv0

アスカ「結局一度も話をするどころか顔も合わせなかったわ」

シンジ「……」

アスカ「ねえシンジ、あんたのほうは何か収穫なかったの?」

シンジ「……」

アスカ「シンジ!聞いてるの!?」

シンジ「聞いてるよ」

アスカ「な、何よ落ち着き払って」

シンジ「もういいよアスカ、やめよう」

アスカ「どうしたのよ突然」

シンジ「これ以上探ることなんてないよ」

アスカ「はん、甘いわね!これから二人を尾行するのよ!」

シンジ「帰ろう、アスカ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:07:53.44 ID:NYU9Uasv0

アスカ「あ、あんた逆らう気……」

シンジ「アスカ、帰るよ」

アスカ「……」

シンジ「アスカ」

アスカ「……分かったわよ」シュン




シンジ「ただいま」

アスカ「……ただいま」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:10:49.99 ID:NYU9Uasv0

アスカ「なによつまんなーい!」

アスカ「あんただって知りたかったんでしょ!事の真相を!」

アスカ「なによなによ急にいい子ぶっちゃって、バッカみたい!」

アスカ「……で、なにしてるのよ」

シンジ「部屋の片づけ」

アスカ「何よ、なんで急に」

シンジ「あ、メール」

アスカ「ちょっと」

シンジ「カヲルくんだ、なになに……」

アスカ「……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:14:34.46 ID:NYU9Uasv0

シンジ「アスカ」

アスカ「な、なによ」

シンジ「アスカはカヲルくんのこと好きなの?」

アスカ「ブッ!バッカじゃない!?そんな訳ないじゃない!?」

シンジ「うーん、そうだよね」

アスカ「なに!?あのホモなんてメールしてきたのよ!」

シンジ「それは嘘だってさ……と」

アスカ「答えなさいよ!」

シンジ「すぐわかるよ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:18:29.85 ID:NYU9Uasv0

シンジ「……」ジュー

アスカ「……」

シンジ「……」カチャカチャ

アスカ「……ねえ」

シンジ「ん?」

アスカ「なんなの?これ」

シンジ「何って今日は八宝菜にしようと思って」

アスカ「そうじゃなくて」

シンジ「ん?」

アスカ「お皿4枚用意してるんだけど」

シンジ「うん」

ピンポーン

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:21:41.72 ID:NYU9Uasv0

シンジ「アスカ、出て」

アスカ「はいはい、っと」

シンジ「アスカ!」

アスカ「な、何よ」

シンジ「気をしっかり持ってね」

アスカ「は?」

シンジ「さ、出て」

アスカ「意味わかんない」パタパタ

アスカ「はーい、どちらさまで」

シュイン

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:22:23.27 ID:NYU9Uasv0

カヲル「こんばんは、セカンド」ベッタリ



レイ「こんばんは」ベッタリ








アスカ「」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:25:13.61 ID:NYU9Uasv0

シンジ「いらっしゃい、カヲルくん」

カヲル「お邪魔するよ」ベッタリ

レイ「こんばんは、碇くん」ギュー

シンジ「ようこそ、綾波」

アスカ「」

シンジ「座ってよ」

カヲル「うわ、おいしそう、さすがシンジくんだ」ギュー

レイ「お肉入ってないのね」ギュー

シンジ「もちろん」

アスカ「」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:27:58.48 ID:NYU9Uasv0

シンジ「それでは、いただきます」

カヲル「いただきます」ギュッ

レイ「いただきます」ギュッ

アスカ「」

シンジ「アスカ?」

レイ「セカンド、いただきますは礼儀よ」

アスカ「うるさい!!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:32:04.77 ID:NYU9Uasv0

カヲル「一から説明するよセカンド」

カヲル「君が見た僕たちの姿は真実だ」

カヲル「僕たちは真剣に交際している」

レイ「今まで黙っていてごめんなさい」

シンジ「いや、いいんだ、言いづらいことだもんね」

アスカ「な、なんで……だって学校では」

カヲル「この八宝菜美味しいよ」

シンジ「そう?よかった」

レイ「カヲル、あーん」

カヲル「ありがとうレイ、あーん」

アスカ「人んちでいちゃつくな!」ガンッ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:39:06.94 ID:NYU9Uasv0

カヲル「セカンド、知っての通り僕たちは特別だ」

カヲル「日々エヴァのパイロットとして戦い続け、明日も知らぬ毎日を生きている」

カヲル「特に僕とレイは大人たちの束縛を君たちより強力に受けている」

レイ「今日ここに来るのも大変だったわ」

シンジ「そうだったんだ」

アスカ「いや、それにしたって」

カヲル「僕もレイも一人だったんだ」

カヲル「ネルフに来たとき、初めて同じ孤独を背負ったレイと出会ったんだ」

カヲル「シンジくんとも出会ったけど、彼には家族がいた」

シンジ「カヲルくん……」

カヲル「もちろん君のことも好きだよ?でも、背負うものの空虚さが違ったのさ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:45:57.04 ID:NYU9Uasv0

カヲル「さらに言うと僕は使徒だ」

アスカ「は、はあ!?」

レイ「カヲル!」

シンジ「カヲルくん!」

カヲル「いいんだ、君たちだけには本当のことを知っていて欲しかったんだ」

アスカ「あ、あんたバッカじゃ……」

カヲル「でも、もうそんなことは関係ない」

シンジ「カヲルくん」

カヲル「僕たちは今日、駆け落ちする」

アスカ「」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:50:57.19 ID:NYU9Uasv0

カヲル「使徒でも、エヴァパイロットでもない、ただの子供として、遠いどこかで生きていく」

アスカ「そ、そんなことできるわけ」

カヲル「危険は承知さ、そのためにいろいろ下準備をしてきた」

レイ「今頃はNERVも混乱しているはずよ」

アスカ「な、何をしたのよ」

カヲル「軽くエヴァを……ね」

レイ「ほらMAGIも……アレしちゃったし」

アスカ「やめて聞きたくない」

シンジ「ミサトさんたちから何も連絡ないけど……?」

カヲル「心配しないで、誰も殺しちゃいないさ」

レイ「ただちょっと旅の邪魔をされたくなかっただけ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:54:49.36 ID:NYU9Uasv0

カヲル「今日旅立つのは前々から決めてたことなんだけど……まさかこの日に限って君たちにばれちゃうとはね」

レイ「昨日カヲルがあんな積極的になるから……」

カヲル「ははっ、そうだね」

アスカ「」

シンジ「た、大変だ!」

アスカ「な、何よシンジ」

シンジ「こうしちゃいられないよ!早く二人は出発しないと」

レイ「碇くん」

カヲル「見逃してくれるのかい?僕たちを」

シンジ「当たり前だろ!?僕たちは友達なんだから!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:58:34.81 ID:NYU9Uasv0

カヲル「シンジくん……」

シンジ「ぼ、僕にできることがあったら」

アスカ「待ちなさいよ」

シンジ「アスカ」

アスカ「あんたバカ?目の前にいるのは使徒と裏切り者よ」

シンジ「アスカ!」

アスカ「あたしたちの敵じゃない!早くNERVに連絡しないと」

シンジ「アスカ!」

カヲル「いいんだ、シンジくん」

シンジ「よくない!アスカ、二人は僕たちを信頼してくれてて、今日お別れを言いに来てくれたんだよ!」

カヲル「彼女の言うことは正しい」

シンジ「でも!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:02:38.49 ID:NYU9Uasv0

アスカ「そこを動かないで」

シンジ「アスカ……!」

アスカ「シンジ、あんたも邪魔するなら反逆幇助よ」

カヲル「彼女に討たれるなら、それも本望さ」ギュッ

レイ「私はカヲルと一緒なら、いつでも死ぬ覚悟はできてるわ」ギュッ

シンジ「二人とも……」

アスカ「……」

シンジ「アスカ、やめてよ。二人を見送ってあげよう」

アスカ「……何よ」

アスカ「急に二人は付き合ってるとか、使徒だとか、駆け落ちだとか……」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:07:04.44 ID:NYU9Uasv0

アスカ「そんなこと、なんであたしに言ううのよ……」

アスカ「なんであたしがあんたたちを見逃すとでも思ったのよ……」

アスカ「なんであたしがあんたたちを祝福すると思ったのよ……」ポロポロ

レイ「あなたも、最前線で一緒に戦った仲間だから」

アスカ「……!」

レイ「私たちは仲は悪かったかもしれない、あなたにはよく思われてないかもしれない」

レイ「でも私は果敢に戦うあなたの姿が、ちょっと羨ましかったの」

レイ「私にはないものを持ってる、あなたが」

レイ「だから私はあなたを尊敬しているし、信用するわ」

アスカ「……」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:11:13.66 ID:NYU9Uasv0

カヲル「もう僕たちにはゼーレもサードインパクトも人類補完計画も関係ない」

カヲル「それは無責任かもしれないけど、僕たちには僕たちの幸せを追い求める権利がある、もちろん君たちにも」

カヲル「悩んだ末に僕たちはそう結論を出したんだ」

カヲル「そのための尻拭いは、できるだけやってきたつもりさ」

アスカ「……これからも、背負い続けるわよ」

カヲル「覚悟はしてるさ、でも僕たちは大丈夫さ」

カヲル「ずっと、二人は一緒だから」ギュッ

アスカ「……」

シンジ「アスカ……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:13:08.74 ID:NYU9Uasv0

         キキーーーーーーーーーーーー!!!!

ガチャガチャガチャガチャ

シュイン

ミサト「シンジくん!!アスカ!!!」




ミサト「ハァ……ハァ……」





ミサト「……」





機動隊員「誰もいません!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:15:58.63 ID:NYU9Uasv0

シンジ「ハァ、ハァ」

カヲル「シンジくん……」

シンジ「こっちだ!」

アスカ「大丈夫ファースト!?」

レイ「ええ……」

シンジ「追手は来てないね」

レイ「諜報部の無線システムや監視システムも全て破壊してきたわ」

アスカ「あんた、やるときはやるのね」

カヲル「愛の力さ」

アスカ「……あっそ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:19:08.88 ID:NYU9Uasv0

カヲル「この山に……」ガサゴソ

シンジ「あった!」

アスカ「バ、バイク!?」

レイ「この日のために練習したわ」

カヲル「お別れだ、二人とも」

レイ「誘導してくれてありがとう」

アスカ「全く、言い訳考えるあたしたちの身にもなりなさいよ」

カヲル「この恩は忘れないよ」

シンジ「僕たちも忘れない、カヲルくんと綾波の事」

レイ「私たちも、忘れない」

アスカ「……」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:23:14.03 ID:NYU9Uasv0

レイ「アスカ」

アスカ「な、何よレイ」

レイ「あなたは今日、カヲルの魅力を並べ立ててたけど、あなたは何一つわかってないわ」

アスカ(ああ、わかっ「てない」ね)「どういう意味よ」

レイ「カヲルの本当の魅力は……」

カヲル「無事逃げられたら手紙書くよ」

シンジ「それじゃ場所ばれちゃわない?」

カヲル「おっと、そうだったね」クスクス

レイ「……ああいうところよ」

アスカ「……よくわかんない」

レイ「……そう」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:26:43.65 ID:NYU9Uasv0

レイ「元気でね、アスカ」

アスカ「ええ、レイも」

レイ「あなたにもきっとエヴァに乗らない幸せが見つかるはずよ」

アスカ「どういう意味よ」

レイ「エヴァが必要なくなる世界は必ず来るわ、その時に……」チラッ

アスカ「シンジ……」

レイ「彼と、見つけて」

アスカ「……うん」

シンジ「さあ、そろそろ」

カヲル「ああ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:29:53.56 ID:NYU9Uasv0

カヲル「さよなら、シンジくん、アスカ」ドルルルン

レイ「元気でね」ドルルルン

シンジ「カヲルくんも綾波も、どうか無事で」

アスカ「事故って死んだりしないでよ」

カヲル「ふふっ、そうだね」

レイ「じゃあ、さよなら」

         ブオオオォォォォーーーーーン……………




シンジ「……行っちゃったね」

アスカ「うん……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:33:45.24 ID:NYU9Uasv0

シンジ「今日の昼、カヲルくんに全部打ち明けられたんだ」

アスカ「そうだったの」

シンジ「さすがに駆け落ちの事までは聞いてないけどね」

アスカ「そうね……」

シンジ「あの二人なら大丈夫だよ」

アスカ「そうね、なんか殺しても死ななそうな二人だもんね」

シンジ「あはは、そうだね」

アスカ「それにしてもあの自分の意志のなさそうな二人がこんな行動に出るなんて……ね」

シンジ「羨ましい?」

アスカ「バカ、そんなんじゃなくて、なんか、こう……」



アスカ「ズルい…」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:37:34.35 ID:NYU9Uasv0

シンジ「ズルい?」

アスカ「そうよ、こんな迷惑かけちゃって、自分たちだけ幸せになろうなんて」

アスカ「ズルいわよ、そんなの」

シンジ「……そうだね、ズルいね」

アスカ「ま、そのぶんこれから大変でしょうけど」

シンジ「……うん」

アスカ「……」

シンジ「……帰ろっか」

アスカ「そうね、走り回って山の中歩いてもうドロドロ、お風呂入りたーい!」

シンジ「ミサトさんになんて言い訳しようか」

アスカ「ビール飲ませたらうやむやにしてくれるわよ」

シンジ「まさかー……」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:42:09.66 ID:NYU9Uasv0

その後、僕たちはミサトさんたちから厳しい叱責を受けることになるが、

僕たちは山の中の山菜を取りに行って迷子になっていたと言い張り、結局二人の事を話すことはなかった

混乱時にいなかった責任としてエヴァパイロットを謹慎処分になりかけもしたけど、他にパイロットがいないということで特別に免除された




綾波の言っていたエヴァの必要ない世界は案外早く訪れた

二人の駆け落ち以降使徒が現れることはなくなった

NERVは徐々に縮小され、僕たちもNERVに通うことは少なくなっていった

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:47:41.61 ID:NYU9Uasv0

僕たちは高校卒業とともにミサトさんの下をはなれ、普通に大人になっていった

アスカも日本にとどまり、お互い25になった時結婚した

ちなみにプロポーズは僕からした

すでにエヴァパイロットは解任されたが、今も第3新東京市で暮らしている

そんな中ある新年

「シンジー、年賀状届いてるわよ」

「うん、見せて」

「トウジとヒカリ、元気そうだね」

「ミサトさんの子供大きくなったわね」

「今度また会いに……あれ」

「どうしたのシンジ?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:50:28.40 ID:NYU9Uasv0

「アスカ、これ!!」

「……まあ」



宛名のない年賀状には

見覚えのある白い髪をした二人と、二人によく似たきれいな銀色の髪の子供の写真

そして一言




『あけましておめでとう』






終劇

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:51:09.24 ID:NYU9Uasv0

gdgdすまん
支援感謝





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「えっ・・・僕がボードゲームを好きになった理由ですか?そうですねぇ・・・」