ミサト「シンジ君の総受けフェロモンが半端ない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「大人のキスよ、帰ってきたら続きをしま――」シンジ「嫌だ」

ツイート

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 10:13:55.99 ID:qeBWVqcA0

ミサト「心配しなくても、子供に手出したりしないわよ」

リツコ『ミサト!』

ピ

ミサト「……さてっと」ザバッ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 10:20:02.85 ID:qeBWVqcA0

ミサト『シンジ君、いい?』コンコン

シンジ「……はい」

ガラガラ

ミサト「言い忘れてたけど。あなたは今日、人に褒められる立派なことをしたのよ」

シンジ「……」

ミサト「胸を張っていいわ。だから、ご褒美あげなくちゃね」

シンジ「?」

ミサト「私にしてあげられるのはこのくらいだけど……」ギシッ

シンジ「ミサトさ…………ッ!? な、なんでタオル一枚なんですか。ちゃんと服着てからにしてくださいよ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 10:34:10.61 ID:qeBWVqcA0

ミサト「服着てるのを脱がせる方が好みだった?」

シンジ「か……からかわないで」

ミサト「…」タプン

シンジ「くださ、ぃ。ゴクッ」

ミサト「目を逸らさなくていいのよ。好きなだけ見れば」

ミサト「フフ」ナデナデ

シンジ「あ……」

ミサト「シンジ君、キスしたことはある?」

シンジ「ない、、です」

ミサト「じゃあファーストキスね。ン……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 10:43:48.55 ID:qeBWVqcA0

チュッ

シンジ「ん……ンン!?」

チュプ

レロ チュププ チュパ チュパ ヌリュ…

ミサト「はぁ……こうするのがね、大人のキスよ」

シンジ「」ポー

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 10:52:20.53 ID:qeBWVqcA0

ミサト「びっくりさせちゃったかしら。でも」

シンジ「っっ!?」

ミサト「ちゃんとこっちは反応してるんだから、大丈夫よね?」クニ クニ

シンジ「あ、ぅあっ」

ミサト「人に優しく触られるのって気持ちいいでしょ。ねぇ、シンジ君……私のカラダも、触ってみて」

スルリ

シンジ「!!」

ミサト「ゴメンね。ここ……大きな傷跡があって」

シンジ(お、お、おっぱ、おっぱい、おっぱい。初めて見ちゃった! 女の人のおっぱいっ)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:13:50.53 ID:qeBWVqcA0

シンジ(おっきい、ぷるぷるしてる、すごい……)

ミサト「手、貸して」

シンジ「え。あ、あの、僕、でもっ」

ミサト「いいのよ。私がシンジ君に触られたいと思ってるんだから」

スッ

ミサト「ほら。私が、あなたのこの手で、こうして欲しいの」

ムニュゥ

シンジ「!!!」

ミサト「ン……もう少し指の力抜いて」

シンジ「ごっごめんなさ」

ミサト「フフ、そんなことで謝らなくていいわ。その方がシンジ君の手を動かしやすいってだけ」

ムニッ ムニュ

シンジ「うぁ……!」

シンジ(や、やわらかひ)

ミサト「ン…ンン、ハァ……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:19:41.60 ID:qeBWVqcA0

ミサト「右手も、ちょうだい」グイ

シンジ「あっ」

ムニィィ

シンジ「…ゴクッ」

ミサト「ハァ……ぁっ、ン……ぁ」

ムニュ ムミュムニュ モミモミモミュ

シンジ(ああああ、おっぱい、おっぱいがっ、ミサトさん、ミサトさん!)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:35:02.44 ID:qeBWVqcA0

シンジ(手を重ねて、僕の使っておっぱい、両方のおっぱいあんな揉んで……!)

シンジ(こんな、エッチなのって……っ)

ミサト「は、ァ…そろそろ……自分だけでできる?」

シンジ「え、、、」

ミサト「残念そうね。でも、おっぱい弄るのは続けていいのよ。もっと、シンジ君自身で」

シンジ「……」ドキドキ

ミサト「それとも、私が無理にしないと、もう続けたくない?」

シンジ「そ、そんなこと」

ミサト「なら、シンジ君の口からも聞かせて……触って欲しいのは私のほうだけかどうか」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:38:29.70 ID:qeBWVqcA0

シンジ「ぼ…僕………は。僕も、もっと」

ミサト「弄ってたい?」

シンジ「…!」コクコク

ミサト「どこを?」

シンジ「ミ、ミサトさんの。お、おっぱいを」

ミサト「ふふ。ありがと。いいわよ、気が済むまでシンジ君の好きにして」

ムニュッ

ミサト「あっ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:39:02.51 ID:qeBWVqcA0

ムニ

グニッ ムニ モミュモミュモミュモミュ

モミュモミュモミュモミュ

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

ミサト「ハァ……ぁ、ぁ、可愛い。シンジ君」

シンジ「ミサトさん、ミサトさん!」

ミサト「そのまましてていいわよ……キスしてあげる」

シンジ「んン、ン」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:42:43.39 ID:qeBWVqcA0

チュク ニュルルッ レロレロレロ

チュパ チュパ ンチュル

シンジ(あ、あ、あ、舌が……ぁぁ)

シンジ(おっぱい、おっぱいが……ぁぁぁ、僕、もう)

シンジ「うぅ!」ビュクン! ビュルルルル

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 11:48:44.41 ID:qeBWVqcA0

シンジ「ハー…ハー…」

ミサト「キスとおっぱいだけで漏らしちゃったの?」

シンジ「…」

ミサト「恥ずかしがらなくて大丈夫よ。初めてなんだもの」

シンジ「でも……」

ミサト「それより、パンツの中で出しちゃったから気持ち悪いでしょ? キレイにしてあげるわ」

シンジ「え。だ、大丈夫ですよ、すぐ着替えて」

ズルリ

シンジ「っっ! ミ、ミサトさ」

ミサト「じっとしててね」

レロ〜

シンジ「はあぅっ!?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 14:02:49.42 ID:qeBWVqcA0

シンジ「ミ…サトさ、そんなトコ、舐め……ゃう!」

ペロ レロ〜

チュレロッ レロレロ チュッチュ チュルッ

シンジ「ひっ、ン! ぁぁっ、ぃ、あ」

ミサト「こうやって口でするのはね。フェラチオって言うの」

シンジ「ふぇ……ふぇらちお……?」

ミサト「ええ。あなたの精子全部舐め取って、袋のところも裏も、先っちょも、丸ごとこの唇と舌で可愛がってあげる」

シンジ「まる、、、ごと、、、」

ミサト「はむっ」

シンジ「ンぁッ」

ハムッ ンチュ ンチュパパッ

チュパチュパチュパ レロレロレロレロ

ジュチュルッ

シンジ「ふあ! ああ、あ…っ、ンぅ、あ、あ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 14:15:21.07 ID:qeBWVqcA0

シンジ(気持ちぃ……キモチイイ! ミサトさんのフェ……フェラチオっ)

シンジ(ミサトさんの口……それに、手でもしてくれ、て……うくぁ!)

ミサト「あらかたきれいになってきたわね」

シンジ「ァう、あ、なっ、ならもう! 僕……このままじゃまたっ、ぁく」

ミサト「またイキそう? ン、ガマンしないで、いつでも出しちゃっていいわよ」

シンジ「そ、そんな」

ミサト「あちこち汚さないように、お口の中にね……呑んでてあげるから」

シンジ「のん……?」

ミサト「あーん」

ジュプリュッ

シンジ「!?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 14:19:59.10 ID:qeBWVqcA0

ジュルリ

レルレルレル ヌチュリュリュ

シンジ(く、口の、中でっ、しゃぶられて……!)

ジュルルッ チュパッ レルレルレルジュチュチュチュ

シンジ「ふああっあっ、スゴ……ああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜!!」ビュクク ビュクビュクビュク!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネ夫「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。でもどうかな」