シンジ「父さんってNTRが大好きなんだよね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ニャース「おミャーらを許さないニャ……」ピカチュウ「……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 22:47:20.01 ID:ffSGGMIa0

ゲンドウ「……何を言っているシンジ」

シンジ「冬月」

ゲンドウ「うっ!」

シンジ「僕の本当のお父さん」

ゲンドウ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

ゲンドウ「死ね!死ねぇ冬月ぃィィィィィィ!」

シンジ「ハハハ……父さん、そう言いながらフル勃起じゃないか」

ゲンドウ「ハァ……ハァ……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 22:54:57.16 ID:ffSGGMIa0

ゲンドウ「そんなもの……痩せてまたちょっと太ったオタキングの戯言だ」

シンジ「はい偽りの父さん、この電話に出てみてよ」

ゲンドウ「……誰だ?」

冬月『やぁ碇』

ゲンドウ「……冬月」

冬月『私が今……何をしてると思うかね?』

ゲンドウ「貴様っ!」

冬月『……初号機のコアを……ペロペロと舐めているんだ』

ゲンドウ「がああああああああああああああああああああああああああああああ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 22:59:38.80 ID:ffSGGMIa0

冬月『ペロペロ、ほーらペロペロ』

冬月『ツルツルだぞ、ユイ君の魂が宿っているコアは』

ゲンドウ「貴様ぁ!貴様ぁ!あああああぁぁッ!ユイィィィィィィィ!」

ゲンドウ「ああああっ!ユイユイ!ユイっ!あ……ああっ……あ」

ビクンビクン!

シンジ「あれあれ?父さん?どうしてビクビクしてるのかな?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:05:06.59 ID:ffSGGMIa0

初号機『オオオオオオオオオオオオオオオオオ!』

冬月『ハハハ、どうやら初号機も感じているようだな』

冬月『さて、開いた口に濃厚なキスでもするとしよう』

冬月『おーい、リフトを上げてくれ』

『ウイーン』

ゲンドウ「ハァハァ……冬月……貴様これ以上ユイを汚せばどうなるか……」

冬月『ユイ君も受け入れてくれているよ、お前ではなく私を』

冬月『さて、舌をからめるキスを……』

初号機『オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!』

冬月『え、ちょっと怖い』

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:10:06.41 ID:ffSGGMIa0

シンジ「さあ本当の父さん、このヒゲグラサンをさらなる絶望へ突き落してあげてよ」

冬月『え、うん。さあユイ君、舌を出すんだ』

初号機『オオオオオオオオ!ベロベログチャグチャ!』

冬月『あ、やばいこれ、死ぬ、リフト下げて、早く』

『ウイーン』

冬月『ハハハ!凄いキスだったぞ碇、全身リップサービスだ』

ゲンドウ「ユイイイイイ!お前から!どうしてお前からああああ!」

シンジ「戸籍上の父さん、母さんはもう身も心も、冬月父さんに堕ちたんだよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:15:34.69 ID:ffSGGMIa0

冬月『さあ碇、次はどうすると思うかね?』

ゲンドウ「もう……もうやめてくれ……」

冬月『ここに”大好きな冬月先生の肉棒”とマッキーで書いたエントリープラグがある』

ゲンドウ「あ……あ……」

冬月『これに、私が乗り込んで』

ゲンドウ「……あ……」

冬月『初号機へ……挿入するぞ……』

ゲンドウ「おえええええ!ゲボッゴボォ!ゲロロ!ゲホッ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:22:23.92 ID:ffSGGMIa0

シンジ「とんでもない変態だね、吐きながらも勃起が収まらないなんて」

ゲンドウ「ウェッ……ゲェッ……」

冬月『さあ行くぞ、碇ユイ君……、旧姓六分儀君はしっかりこの音を聞いておくんだぞ』

冬月『ばっくりと開いたプラグ挿入口に』

ゲンドウ「ゴホッ……ゴホッ……」

冬月『私のエントリープラグが……』

ゲンドウ「……ゲフォッ……」

冬月『……入る!』


『ウィーン ガシャ ガッ シュウン』


ゲンドウ「オブゲボゲボゲボロロロロロオオ!」ドピュっ!ドピュっ!

冬月『これはまいった、なんといういやらしい機械的な音だ』

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:27:22.83 ID:ffSGGMIa0

冬月『さあピストン運動だ、エントリープラグが出たり入ったりだ』

ゲンドウ「…………やめろ……やめろ……」

『ギュオン ガッ ウィーン』

冬月『出た』

『ウィーン ガシャ ガッ シュウン』

冬月『入った』


ゲンドウ「……やめろ」


『ギュオン ガッ ウィーン』

冬月『出た』

『ウィーン ガシャ ガッ シュウン』

冬月『入った』


ゲンドウ「やめろっ!やめろぉっ!」

冬月『あ、これ、老体にはきつい、目が回る』

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:29:06.85 ID:ffSGGMIa0

『ギュオン ガッ ウィーン』

冬月『出た』

『ウィーン ガシャ ガッ シュウン』

冬月『入った』

『ギュオン ガッ ウィーン』

冬月『出た』

『ウィーン ガシャ ガッ シュウン』

冬月『入った』


ゲンドウ「ああああああああッ!やめろやめろぉぉ!」

ゲンドウ「ウゲゴボゲボロロゲボゴボボボボゲホッ!」


冬月『ガボゲボゲボゴボロロロボゴボゴボオオオ!』

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:32:46.64 ID:ffSGGMIa0

冬月『吐くほど気持ちいいぞ……旧姓六分儀君』

冬月『さあフィニッシュと行こうか』

ゲンドウ「これ以上……何をする気だ……」

冬月『決まっているだろう』

冬月『シンクロ率……400%だよ』

ゲンドウ「それだけはっ!それだけはやめてくれえっ!」

冬月『フフフ、初号機の中にたっぷりと私の魂を注ぎ込んでやる』

初号機『オオオオオオオオオオオオオオオオオ!』

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:35:47.10 ID:ffSGGMIa0

マヤ「エヴァ初号機!シンクロ率上昇!100……200……」

ゲンドウ「……最後に、最後に教えて下さい……冬月先生」

冬月『なんだ』

ゲンドウ「シンジは本当に、私の子ではないのですか」

シンジ「……父さん」

冬月『やれやれ、困ったやつだな』

冬月『お前は自分の妻とオタキング、どっちを信じるのかね』


初号機『オオオオオオオオオオオオオオオオオ!』

マヤ「エヴァ初号機!シンクロ率400%!」


冬月『一足先に、ユイ君の所へ行くぞ、碇』

冬月『約束の時に、また会おう』

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 23:38:39.73 ID:ffSGGMIa0

僕の本当の父さんかもしれない人は、初号機の中へ消えた。

ヒゲの方の父さんは以前にも増して仕事に励んでる
自分の片腕が消えた辛さなんか見せなかった。

何かが吹っ切れたのかもしれない。

最後のあの人の言葉、約束の時。

その時、三人はどうなるのだろう。
濃厚な3Pなんだろうか。
それともヒゲ父さんは見てるだけの放置プレイなんだろうか。

きっとNTR好きのヒゲ父さんは、放置の方が

気持ちいい気がする。


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:国木田「運命の学園祭?」