レイ「ここはLCLの海」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「セックスしないと大変なことになる」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 16:57:46.29 ID:UqgUl4JJ0

レイ「成り行きとご都合主義で、まるっと治まる便利な世界」

シンジ「……」

レイ「基本的にどこまでも曖昧で適当な世界。理論もへったくれもない脆弱な世界」

シンジ「……ああ、それで綾波はボンテージ姿なんだ」


レイ「すべてがひとつになっているだけよ」パシィン!

ゲンドウ「ブヒィィ!!」ビクビクンッ

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 16:59:09.80 ID:UqgUl4JJ0

レイ「…おどろいた?」

ゲンドウ「…ふぃんひ(シンジ)」フゴッ

シンジ「ボンテージ姿の同級生がギャグボールくわえた半裸の中年に鞭入れてれば普通は驚くよ」

ゲンドウ「……」

シンジ「しかも父さんかよ」

レイ「ぽかぽかするの」バシィッ!

ゲンドウ「オホホォオ!」ビクンッ!


シンジ「なんだよ、この… まるで堕落したオッサンは!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:02:04.24 ID:UqgUl4JJ0

レイ「あなたが望めば、再びATフィールドが全ての人々を引き離すわ」

レイ「また、他人の恐怖が始まるのよ」

シンジ「こんなのと一緒になりたいとか望んだ覚えないんですけど…」

ゲンドウ「おほふぁふぃはふぇ、ふぃんひ (大人になれ、シンジ)」フゴッ

レイ「……」ビシィッ!

ゲンドウ「ォフゥウウンッ!」ビクーン!


シンジ「僕は… 大人が何なのか解りたくありません」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:04:38.97 ID:UqgUl4JJ0

レイ「またそうやって、嫌なことから逃げるのね」

シンジ「嫌なことから逃げて何が悪いんだよっ」

レイ「お父さんの性癖を解ろうとしたの?」

シンジ「何で解らないといけないのさ!?」

レイ「……」

シンジ「……」


ゲンドウ「……」フゴーッ!

シンジ「マダオは黙ってろよ!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:07:49.79 ID:UqgUl4JJ0

レイ「…じゃあ、さっそく補完キャンセル」パチンッ

スポットライト点灯

アスカ「またウジウジしてんの?あんたバカぁ?」

シンジ「あ、アスカ!?」

レイ「あなたもポカポカ…する?」

アスカ「ふんっ、そんな不愉快な行為から何が生まれるっての?」

レイ「そう…」

ゲンドウ「ふぉはへひはひふふぉーひは(お前には失望した)」フゴッ

シンジ「良かった… アスカはまともry

アスカ「本当にぽかぽかするってのは、こうよ!」ダキッ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:09:34.20 ID:UqgUl4JJ0

シンジ「え?」

アスカ「んん〜シンジぃ」スリスリ

シンジ「抱き付いてスリスリ…だと……?」

レイ「再構成するついでに碇くんへのツンを無くしておいたわ」

シンジ「そんなのアスカじゃないよっ… 炭酸の抜けたコーラだよっ!」

アスカ「シンジぃ、他の女と話しちゃだめ」ギュッ

シンジ「えっと…あ、アスカ!?ちょっと離れ…」

アスカ「大好き」ボソッ

シンジ「」

レイ「……」イラッ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:13:56.35 ID:UqgUl4JJ0

シンジ「あ、アスカ何言って…」

アスカ「他の奴と一緒になるなんてまっぴら」

アスカ「でも、シンジとならひとつになりたい」チュッ

シンジ「」ボンッ プスー

アスカ「あんたが全部あたしのモノにならないなら」

アスカ「あたし何も要らない」

シンジ「綾波、やっぱり補完…」

レイ「もう止まらないわ」

シンジ「畜生っ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:20:06.52 ID:UqgUl4JJ0

アスカ「あたしとひとつになりたい?」

シンジ「あ、あしゅかぁ」ハアッハアッ

レイ「……」パチンッ


スポットライト点灯


カヲル「待ちなよシンジくん」

シンジ「か、カヲルくん…!」

アスカ「出たわね、ド淫乱ホモ野郎!」

シンジ「カヲルくん」

カヲル「ふふ、何だいシンジくん」


シンジ「…なんで全裸なのさ」

カヲル「全裸はリリンの文化の極みだよ」ボロンッ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:25:34.40 ID:UqgUl4JJ0

カヲル「再びATフィールドが、君と他人を傷付けてもいいのかい?」ブルンッ

シンジ「むしろATフィールドがあってくれて助かったって言うか…」

カヲル「そうかい」ブルンッ!

シンジ「うわっなんか飛んできた」

アスカ「あたしのシンジに何すんのよ!」

カヲル「ふふっ」ブルンッブルンッ

アスカ「粗末なもんを振りながら近づくなぁ!」ヒィイ

シンジ「何だこれ…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:36:06.17 ID:UqgUl4JJ0

カヲル「今度こそ君を幸せにしてあげるよ♂」

アスカ「シンジに触るな!」ダキッ

シンジ「うわっ!?」

レイ「だいしゅきホールド… 素敵」パシーンッ!

ゲンドウ「フゴォホォオオ!!」ビクンッビクンッ

カヲル「困ったな、これじゃあシンジくんを幸せにシてあげられないよ」

シンジ「何を言ってるのか分からないよ!カヲルくん!!」


スポットライト点灯


ミサト「待ちなさいそこのホモ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:41:50.57 ID:UqgUl4JJ0

シンジ「ミサトさん!無事だったんですか!?」

ミサト「ええ、大丈夫よシンジくん。本当は死んでるけど」

シンジ「えっ」

ミサト「えっ」

アスカ「何しに来たのよミサト!あんたもあたしからシンジを奪うつもり!?」ギューッ

シンジ「あ、アスカっ 胸が!」

ミサト「そんなわけないでしょ」キリッ

ミサト「保護者として、ホモにシンジくんの初めては奪わせない」キリッ

ミサト「アスカとシンちゃんは、私が守るわ」キリッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:46:59.07 ID:UqgUl4JJ0

シンジ「み、ミサトさん!」ジーン

カヲル「でもきっと僕の方がシンジくんを幸せにしてあげられるよ?」

ミサト「なんですって?」

シンジ「あれ?ミサトさん?」

レイ「そこの犬っコロはいっぺんブチ抜かないと解らないわ」

ミサト「……」

シンジ「……」



ミサト「シンジくん、アスカなんて捨てていっぺん掘られなさい!」

シンジ「ブレすぎですよミサトさん!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:52:01.41 ID:UqgUl4JJ0

ミサト「それもそうね、やっぱり守るわ!」キリッ

レイ「相変わらずブレるのね」

カヲル「困ったなぁ」

レイ「…ぽかぽか、する?」

カヲル「お願いできるかい?」

レイ「希望なのよ、誰かと解り合えるかもしれないという事の」パシィン!

カヲル「おっほ… 好きだという、言葉と共にね」ビクンッ


シンジ「補完否定した途端これかよ!」

シンジ「誰か助けてよ!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 17:55:03.36 ID:UqgUl4JJ0

スポットライト点灯

冬月「……」

シンジ「……」

冬月「……何かね」

シンジ「……」


シンジ「…なんで女装してるんですか」

冬月「趣味だ」



シンジ「救いは無いのかっ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:00:56.87 ID:UqgUl4JJ0

スポットライト点灯

リツコ「ふふふ…」

マヤ「せんぱぁい…」イチャイチャ

シンジ「……」

リツコ「あら、シンジくん」

シンジ「リツコさんも… なんて言うか、復活的な?」

リツコ「ええ、ご都合主義的なアレで」

マヤ「せんぱぁい…」

レイ「二人はレズレズにしてみたわ」

ゲンドウ「フゴッ」

シンジ「うわぁ…」

アスカ「……」ムッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:04:27.30 ID:UqgUl4JJ0

アスカ「汚いっシンジは見ちゃだめっ!」

シンジ「うわっちょっとアスカ!」

リツコ「あら、お熱いわねぇ」

マヤ「せんぱぁい…私達も…」

リツコ「ええ、でもその前に」スタスタ



リツコ「……」

ゲンドウ「フゴッ!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:10:22.02 ID:UqgUl4JJ0

リツコ「あっちでは、お世話になりました」フフッ

ゲンドウ「ふぁ、ふぁはひふぁはへ(あ、赤木博士)…」

リツコ「……さあ」ガッシ

ゲンドウ「ふぉぉ(レイ)ー!!」

レイ「……」

リツコ「……」

レイ「…ぐっどらっく」グッ




ゲンドウ「ふぉごほぉぉお(なぜだレイぃ)ー!!」

リツコ「さあ、私達と一緒になりましょう?」ズルズルズル

ガポッ

ゲンドウ「すまなかったな、シンジ」

ズルズルズル

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:16:33.79 ID:UqgUl4JJ0

アスカ「私だけ見て、シンジぃ」グリグリ

シンジ (ふ、ふぉぉお!!)

シンジ (父さんが何か言ってたけど… 正直どうでもいいっ!)

アスカ「シンジぃ」チュッチュッ

シンジ (あっ…)

シンジ (下品な話なんですが…)

シンジ (勃起…しちゃいましてね…)

シンジ (綾波のボンテージに… アスカの胸圧にっ… えっと、カヲルくんのアレに…)

シンジ (ま、まずいよ!早く補完キャンセル始まってよ!)


スポットライト点灯

加持「おっと、お邪魔だったかな?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:20:32.30 ID:UqgUl4JJ0

シンジ「か、加持さんの声っ!」

シンジ「ネルフ唯一の常識人!」

アスカ「なんだ加持さんか…」

ミサト「加持ぃ」キュンッ

レイ「…」

カヲル「おっとこれは…」

シンジ「か、加持さ…」




加持「よっ」ボロンッ

シンジ「うわぁぁあああああ!!全裸ぁぁぁああああああ!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:24:33.17 ID:UqgUl4JJ0

加持「かわいいだろ?俺の趣味さ♂」

カヲル「かわいいね♂」

レイ「言いたいのはそれだけ?この短小野郎」ニコッ

加持「男を掘る、ホモを育てるってのはいいぞ」

加持「いろんな事が見えるし分かってくる」

加持「楽しいこと♂とかな」ニヤッ


シンジ「うわぁぁあああ!!あはぁぁああああああああ!!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:28:30.80 ID:UqgUl4JJ0

加持「急造品で誠にすまない」ズボッ

カヲル「アッー!ガフの扉が開くぅっ!!」ビクンッビクンッ

レイ「ぽかぽかする」パシーンッ!パシーンッ!

ミサト「ホモは駄目よ!やっぱり駄目じゃないわ!」

冬月「素晴らしい」

アスカ「私とひとつになりたい?」

シンジ「うわぁぁあああ!!うわぁぁあああ!!うわぁぁあああああはああ!!」







日音

車云

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:29:55.38 ID:UqgUl4JJ0

冬月「残らんだろうが夕飯だな、六分儀」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:43:21.76 ID:UqgUl4JJ0

巨大綾波「ひゅー」クパァプシャー!

初号機「ウホーー!」ベチャア

黒い月「オロロロロロ」ドベドベドベ

ドパーン

巨大綾波「プゲラ」ブチブチブチ

エヴァシリーズ「ひょえー」シュイーン

ヒューンドドーン

ズーン

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:50:23.29 ID:UqgUl4JJ0

カヲル「現実は知らないところに、夢は現実の中に」

レイ「そして、真実は心の中に」

加持「人の心が、自分自身のカタチを作り出しているからね」

ミサト「そして新たなイメージが、その人の心も形も変えてゆくわ」

リツコ「イメージが、想像する力が、自分達の未来を、時の流れを作り出しているの」

ゲンドウ「ただ人は、自分自身の意思で動かなければ何も変わらない」

マヤ「だから見失った自分は、自分の力で取り戻すのよ」

冬月「たとえ自分の言葉を失っても、他人の言葉に取り込まれても」

アスカ「自らの心で自分自身をイメージ出来れば、誰もがヒトの形に戻れるわ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 18:55:03.90 ID:UqgUl4JJ0

大丈夫よ

全ての変態には復元しようとする力がある

生きてイこうとする心がある

生きてイこうと思えば、どこだって天国になるわ

だって生きているんですもの

幸せになるチャンスは、どこにでもあるわ


ホモとレズと変態がある限り…




大丈夫

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 19:00:33.09 ID:UqgUl4JJ0

チャポーン


ユイ「もうイくのね?」

シンジ「変態に囲まれて、これからどうするのか、多分一生悩み続ける」

シンジ「でもそれも、当たり前のことだって事に気付くだけなんだ」

シンジ「僕が常識人でいるために…」




シンジ「でも母さんは…」

シンジ「母さんはボンテージ姿でどうするの…?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 19:09:01.99 ID:UqgUl4JJ0

…………

冬月「人が変態に似せてエヴァを創る。それが真の目的かね?」

ユイ「はい…」パシンッ!

冬月「おふっ」ビクーンッ

ユイ「変態はこの星では生きられません」ベシッ!

冬月「うぅんっ」ビクンッ

ユイ「でもエヴァなら無限にイけます、その中に宿る変態の魂と共に」バチインッ!

冬月「あぁぁっ!」ビビクーンッ!!

ユイ「たとえ50億年経って、レズも、ホモも、ノンケさえ無くしても残りますわ」ビシイッ!

冬月「あひっあひぃい!」ビクンッビクーンッ!!

ユイ「たった一人でもイけるなら… とても寂しいけど、生きてイけるなら」

冬月「変態の生きた証は永遠に残るか」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 19:14:07.17 ID:UqgUl4JJ0

マジかよ…… 母さん………












.

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 19:16:04.98 ID:UqgUl4JJ0

ザザーン


シンジ「……」

アスカ「……」














アスカ「気持ち悪い…」←つわり




終劇

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 19:17:22.19 ID:UqgUl4JJ0

何だこれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:池上彰「すばらしい動きですねぇ」 岩尾「せんせーこそ強いやん」