シンジ「smart2月号・・・?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「バトル…ロワイアル?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 19:42:16.85 ID:zq1veuzS0

シンジ「smart2月号・・?」


シンジ「なんだろコレ。merry X'mas? アスカの字だな・・・」

シンジ「smart2月号? ファッション雑誌じゃないか。
広告が多いな・・・
こういうのって、どこまで本当にかっこいいのか正直よくわからないよね」

ペラペラ・・・

シンジ「実際のところ、同じ服を僕が着たってかっこいいかどうかっていうと、微妙な気もするし・・・」


ペラペラ・・・

シンジ「!?
な・・・なんだコレ!?
ア・・・アスカじゃないか!?」


シンジ「・・・・・・・」じーっ


シンジ「・・・・・・・・・・・・・・」じーっ


シンジ「・・・・・・・・・・・・・・・・・許せない・・・・!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 19:44:36.03 ID:zq1veuzS0

アスカ「えへへ。
そろそろ気づいたころかしら、バカシンジ・・・
今頃悩殺ショットにムラムラきちゃって、
『アスカ! もう我慢できないよ!』
『ば、バカ、順序ってもんがあるでしょ!』
『で、でも、どうしたらいいのか・・』
『キ、キスからよ、キスから・・・』
って、きゃああああ!!!
し、死ぬ! そんな展開になったらアタシたぶん死ぬ!」ジタバタジタバタ


ドタドタドタドタ

アスカ「!
く、来るわね!
よし、平静を装って・・・平常心、平常心・・・」

ドガァン!

アスカ「ドアが吹っ飛んだ!? な、なによ!?」

シンジ「アスカ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 19:46:52.56 ID:zq1veuzS0

シンジ「アスカ!」

アスカ「(きたぁー! あ、あれ? でも、様子が・・・)」

シンジ「これ、どういうこと」

アスカ「な、なんのことぉ?」

シンジ「これだよ! この、雑誌!」

アスカ「へぇー、シンジもファッション雑誌なんて読むんだー」

シンジ「・・・・・・・」ズイッ

アスカ「な、なによ、・・って、あれぇー? これ、アタシねぇー?
あー、こんなカッコしちゃって、ちょっーっと、シンジには刺激が強すぎたかしらね〜」チラッ

シンジ「白々しいんだよ!」ムカッ

アスカ「えっ」

シンジ「なんなのこれは? ねえ、アスカ」

アスカ「えっ・・と・・・な、なに怒ってんのよ、バカシンジ」

シンジ「いいから、答えて」

アスカ「み、見てのとおりよ。あたしが、写ってるんじゃない」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 19:49:17.42 ID:zq1veuzS0

シンジ「・・・・・どうして?」

アスカ「どうして、って・・・だから、なに怒ってんの? せっかく、可愛く・・」

シンジ「可愛いのはわかってるよ!」

アスカ「(!!!!!!!)」

シンジ「そんなの、僕が一番知ってるよ!」

アスカ「(やばい!!!! 鼻血出る!!!!)」

シンジ「僕が聞きたいのは、なんでこんなところにアスカが、こんなかっこして写ってるのかってことだよ!」

アスカ「え、っと・・あの、その。ちょっと、落ち着きなさいよ、シンジ」

シンジ「落ち着いてられるわけないよ! アスカが、僕のアスカが、なんでこんな雑誌に! なんでこんな雑誌に!」

アスカ「(いいい、今、僕のって言った!? 僕のって言った!?)」

シンジ「アスカ、早く答えてよ。アスカが答えてくれなかったら、僕はこのお宝島社って会社に連絡しないといけなくなるよ!」

アスカ「だ、だから、なんで怒ってるか、教えなさいよ! その、我ながら、可愛く、撮れてるって、思ってるんだから!」

シンジ「だから! それがダメなんだろ!」

アスカ「そ、それがダメってどういうことよ?」

シンジ「だから! なんで、せっかく2人きりのクリスマスなのに、こんなのを見せられなくちゃならないんだって聞いてるんだよ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 19:53:50.36 ID:zq1veuzS0

アスカ「(ふ、2人きりのクリスマス・・・えへへ)」

シンジ「アスカ! なにニヤニヤしてんだよ! 僕は、怒ってるんだぞ!」

アスカ「だ、だからっ、なんで、怒ってんのよ? そこを教えてよ!」

シンジ「・・・もういい! アスカのバカ!」

アスカ「ば、バカですって!? アタシに向かって、ずいぶんな言い方じゃない!
(なになに!? いきなりどうしてそうなっちゃうのよ!?)」

シンジ「ちゃんと、答えてよ。どうしてこんな写真撮ったの」

アスカ「・・・NERVのイメージアップのために、美少女パイロットを紹介、って、ミサトが・・・」

シンジ「ミサトさん・・・・!!!! 許せない・・・!!!」

アスカ「その、可愛いかっこしたら、彼氏も喜びますよ、って、カメラマンの人が・・・」

シンジ「カメラマン・・・・!!! まさか、男じゃないだろうね!」

アスカ「スタッフはみんな女の人だったわよ! ・・・え? まさか、あんた・・・」

シンジ「なんで僕以外の人に、こんな恰好みせるんだよ!」

アスカ「!!!!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 19:57:14.80 ID:zq1veuzS0

アスカ「!!!!!」

シンジ「せっかく、今日、告白しようと思ったのに、これじゃ怒りシンジだよ!」

アスカ「ぷっ」

シンジ「笑い事じゃないよ! アスカは考えたことあるの!? 自分が好きな女の子が、こんなカッコで、こんなコンビニで買えるような雑誌に載

って!」

アスカ「・・・シンジ・・・」

シンジ「逆だったらどうなの! アスカは、僕が、たとえばビキニパンツ一枚で、女性誌にのってたらどう思うの!」

アスカ「ヘンタイ?」

シンジ「そういうことじゃないだろっ!」

アスカ「・・ふふ。えへへ」

シンジ「なに照れ笑いしてんだっ! 僕は本気で怒ってるんだぞ、アスカ!」

アスカ「シンジ、あたしのこと、好きなんだ?」

シンジ「当たり前だろっ!」

アスカ「(うわぁ・・ホントにシンジかしら、これ・・・アタシちょっと泣きそう・・・)」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:02:36.04 ID:zq1veuzS0

シンジ「だから、今日、指輪とかも用意して、ちゃんとムードつくって告白しようと思ったんだ!」

アスカ「えへへ。それでそれで?」

シンジ「そしたらこんな・・・! こんなのってないじゃないか! アスカ!」

アスカ「うん。ごめんね、シンジ」テレテレ

シンジ「ごめんねで済んだらNERVはいらないよ! 即刻回収だよ! 全部僕がEVAで焼きつくしてやるんだ!」

アスカ「あー、やばいわ。どうしてもニヤケ顔が治らない」

シンジ「なにニヤケてんだよ!? 僕は今までの人生で、一番怒ってるんだよ!?」

アスカ「あのね、シンジ」

シンジ「なんだよ!」

アスカ「それはね、シンジ専用なの」

シンジ「だからなんだっていう・・・・え?」

アスカ「そんな、セクシーなの、雑誌への掲載をokするわけないでしょ」

シンジ「えっ?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:06:46.22 ID:zq1veuzS0

アスカ「だから、その・・シンジになら、見られても・・・いいかなって、いう、特別仕様なの」

シンジ「・・・じゃあ・・・売ってるのは、こんなに過激じゃないの?」

アスカ「もっと、服着て写ってるに決まってるじゃない////」

シンジ「えっ・・と・・・あ、あれ? 早とちり?」

アスカ「・・・ね、今日、どういう風に、してくれる予定だったのよ?」

シンジ「その・・・一緒に、ご飯食べて・・・その、公園まで、自転車で・・・2人のりして・・」

アスカ「それから?」

シンジ「景色のいい公園で、その・・・告白、を・・・」

アスカ「ふんふん?」

シンジ「もし、okだったら、今日のために用意した指輪を・・」

アスカ「つけてくれるんだ?」

シンジ「の、つもり、だったん、だけど」

アスカ「そのあとは・・?」

シンジ「そ、そのあと?」

アスカ「考えてないわけじゃ、ないんでしょ?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:11:20.44 ID:zq1veuzS0

シンジ「・・あ、アスカと・・・」

アスカ「アタシと?」

シンジ「・・・その、一緒に、ずっと・・」

アスカ「声が小さくなってきたわよ?」

シンジ「アスカと、朝まで、2人で過ごすつもりだったよ!」

アスカ「/////」

シンジ「/////」

アスカ「・・・じゃ、最初から、やりなおそっか?」

シンジ「う、うん。そうだね」

アスカ「・・じゃあ・・・」

シンジ「・・・・・・・・・」

アスカ「・・・・・・・・・」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:16:06.30 ID:zq1veuzS0

シンジ「アスカ。もう、我慢できない」

ギュッ

アスカ「わっ、ちょ、バカ、まだ・・心の準備が・・・!」

シンジ「も、もう、告白しちゃったじゃないか! 僕のバカ!」

アスカ「・・もー・・しょうがないわね、バカシンジ」

シンジ「アスカ。だ、大好きだよ」

アスカ「バカね、あたしのほうが好きだもん」

シンジ「じゃあ、明日は僕のほうが、好きになるね」

アスカ「じゃあ、明後日は、あたしのほうが好きになるわ」

シンジ「えへへ」

アスカ「あはは」

シンジ「・・・アスカ・・」

アスカ「シンジ・・・」



・・・・・・・・・・・・・・

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:18:38.45 ID:zq1veuzS0

後日

アスカ「うわあああ!?!? これ、載せちゃダメだっていったのにぃぃぃぃ!!!!!
制服のショットはどこいったのよ!?
シ、シンジが、怒っちゃう・・・・」


シンジ「・・・・アスカあああああ!!!!!!!
・・やっぱり、僕用のとは、雲泥の差だな・・・
でも、それとこれとは話が別だ!
アスカ! どこにいるの!!!」



おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キモヲタがハルヒの世界に入れたら