宿題やる気起こらないから、らき☆すたのエロゲ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:出木杉「0点って良いなぁ。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:35:23.41 ID:CldCN1Yf0

/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|

今日から夏休み・・・特にすることも無いから(宿題はある)その辺をぶらついてるとクラスの泉とばったり出会った。

こなた「おや? おはよう〜!」

1、おはよ〜
2、何してるの?
3、ヲタクの泉じゃんワロスwww

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:35:45.20 ID:vg2jNaHg0



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:36:07.20 ID:uTWeLt1q0

3

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:38:30.07 ID:CldCN1Yf0

   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!

俺「ヲタクの泉じゃんwwwワロスwww」

俺は指をさしながら笑った。

こなた「お、覚えててくれたんだ〜うれしいな☆」

1、当たり前だろ
2、俺の事は覚えてる?
3、ところでちゃんと髪の毛洗ってんの?www

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:39:06.96 ID:vg2jNaHg0



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:39:29.08 ID:uTWeLt1q0



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:39:52.37 ID:ICFMXyqq0



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:40:33.15 ID:Z3lT8e/z0

3333333333333

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:41:26.73 ID:CldCN1Yf0

  |:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:|
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'

こなた「洗ってるよ!失礼な〜」

こなたは少し顔をしかめた。ちょっとからかいすぎたかな・・・?

俺「ゴメンゴメン、だってさ・・・」

1、洗うの大変かな?と思って、どうやって手入れしてるの?
2、俺長い髪の毛好きなんだよね
3、ちょっとにおうんだよね・・・

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:41:43.03 ID:Z3lT8e/z0

33333333333333333333

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:42:36.83 ID:vg2jNaHg0



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:43:18.38 ID:ICFMXyqq0

3しかねえwwwwwwwwww

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:45:16.59 ID:CldCN1Yf0

          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l

俺「ちょっとにおうんだよね・・・」
こなた「・・・」
あれ、ピクリとも動かない・・・これは、相当怒ってるようですな・・・
フォローしないと!!
俺「ほら、折角綺麗な髪の毛なんだしさ・・・ね?洗わないと・・・ははは」
こなた「・・・」

1、無意味に微笑む
2、宿題やったか聞く
3、髪の毛の匂いについて追求する

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:45:39.14 ID:Z3lT8e/z0



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:46:27.01 ID:DTNilOsC0

>>1-2が見えないけど3

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:46:44.25 ID:ICFMXyqq0



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:46:47.06 ID:lRLGXwff0

3

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:47:13.13 ID:vg2jNaHg0




と見せかけて3

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:50:51.85 ID:CldCN1Yf0

          ____
        /::::___:`ヽ.
       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|

こなた「私もう帰るね・・・」

こなたが背中を向けて歩き出す。
しかし、朝っぱらからこんな悪臭を嗅がされて俺も腹に据えかねていた。

俺「ちょ待てよ!!」
こなた「・・・何?何か用?」
俺「お前の髪の毛の匂いで不愉快な思いをしたんだ、謝れよ!!!」
こなた「・・・」
俺「・・・」
こなた「・・・はいはい、ごめんね・・・じゃ」

1、今更機嫌を取る
2、不愉快だ、と公園から去る
3、賠償金はどうした?

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:51:32.50 ID:Z3lT8e/z0



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:52:02.77 ID:aL6aAYoBO



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:52:11.93 ID:oc84zTVP0

これはひどいwwwwwwwwwww




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:52:12.54 ID:vg2jNaHg0



と見せかけて3

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:53:00.35 ID:lRLGXwff0

こなたカワイソスwww



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:53:03.52 ID:4OVoZ39e0

1

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:54:26.76 ID:gK5dq6iz0

そんなこなたを慰めてやる俺の妄想が同時進行

3

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:54:34.80 ID:J58azarZ0

3

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:55:57.55 ID:nPNFRot20



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 18:56:46.60 ID:DTNilOsC0



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 18:57:51.20 ID:CldCN1Yf0

    /: :/: : : : : : : :/´,イ: :/ |: | : : : /、:l: : : : :ヾヽ : \
   ,': :/: : :/: : : : :/: :/ l: / |:/: : : ∧:`!: : : : : :ヽ \ ヽ
  //: : / : : : : /: /  |/   !' : : / ヽ |: : : : : : :ヽ \!
 / : / : : l : : : : /-/― 'T   !: : :/ __  '.!、 : : :|: : :ハ
./:,.イ: : : ,!: : : : /,イl_   l  /: / /. `ア'l: : : :! : : :l
.!/ |: : :/:|: : : :/:!  r'、__,ノ! //   r'、 ,.lト、! : : l ヽ: :|
|'  ,! : /,r|: : :/: :|  ゝ--‐'/'      !、´,/!: |: : /  ',: !
| 「:|: /::! l: : :!: : :l              `・|: !l: /   l/
  l::!/:::::ヽ|: :!: : : :!        △   ,ノ l |/
  ヽ::::::::::::∨|: : : :ト , ____ , < : |
   ヽ:::::::::/l: : : :|:.:.:\ .|ヽ::::::::〈: |l: : : ,!

俺「『じゃ』、じゃねぇよ!!」
こなた「何さ、もう謝ったでしょ・・・」
俺「謝って済むなら警察いらねーんだよっ!!」
こなた「どうしろって言うのさ・・・」
俺「賠償を要求する!!」
こなた「お金?」
俺「そうだ、てか臭いから近寄るなよ!!賠償金追加するぞ?」
こなた「・・・そっちが寄って来たんでしょ?」
俺「とっとと払えよ!くせぇ・・・」

こなたは財布を投げてよこした。
こなた「もう二度と私に話しかけないで」
俺「・・・」

1、財布を拾う
2、謝る
3、財布の渡し方がなってない!

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:01:32.30 ID:CldCN1Yf0

判定が微妙なので安価にしますね
>>55

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:03:54.94 ID:lRLGXwff0

2

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:09:05.35 ID:CldCN1Yf0

      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/

と、ここで急に罪悪感が湧いてきた。
いくら髪の毛が臭くても、賠償金まで払わせる事は無かったかな・・・
俺「・・・やっぱ金はいいや・・・泉、これ返すな?」
こなた「・・・」
俺「・・・なんだよ、まだ怒ってんの?ゴメンゴメンって」
こなた「・・・」
俺「うーん、喋らないな・・・」
仕方が無いので、俺は泉のスカートのポケットに財布を無理やり押し込んだ。
こなた「・・・やっ!!」
泉が無理やり俺の手を払いのける。
俺「何だよ・・・」

1、もうちょっと謝っておこう
2、話題を変える(変えようも無いだろうが・・・)
3、人が下手に出れば付け上がって・・・

>>70

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 19:10:52.56 ID:0UeBhrhS0



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:14:30.68 ID:CldCN1Yf0

       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|

俺「何だよ・・・」
仕方ない・・・もうちょっと謝っておくか・・・
俺「泉、ごめんな?俺の事殴って良いから・・・」
ここまで譲歩すれば何とか機嫌直すだろ
こなた「殴る価値も無い・・・(ボソッ・・・)」
俺「そーかい、勝手にしな!!帰れ糞が・・・」

こなたは暗い表情のまま公園から立ち去った。
ダメだ、ヲタクって奴は頑固だよな・・・
さてこれからどうしようかな・・・

フリー安価>>80

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:15:24.42 ID:sTvJHgG90

家に押しかけセクロス要求

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:16:20.53 ID:FfgP8yEu0

>>77

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:16:44.99 ID:CldCN1Yf0

>>80
誰の家に行きますか?
>>85

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:17:38.69 ID:vg2jNaHg0

柊家

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:22:54.49 ID:CldCN1Yf0

            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|

柊家はここから自転車で20分程度の鷲宮にある。
・・・お、あれが柊家の鷲宮神社か・・・
ただセックスを要求しても絶対無理だろうし、ここは策を弄するか。

かがみ「はーい、どちら様?」
俺「あ、どうも〜出張ホストクラブのものですが・・・つかささんいませんか?」
かがみ「ホ、ホスト!?」
俺「はい、今日こちらでお約束になっていますが・・・」
かがみ「すみません、つかさ今出かけてて・・・」

1、困りましたね、どうしましょうか?
2、ちょっと上げてもらえます?
3、じゃあ出直しますね〜

>>95

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 19:25:03.67 ID:y2FfqcUQO

3

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:28:36.81 ID:CldCN1Yf0

                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ

さすがにここまで行くと犯罪かな・・・まだ学生でいたいしな・・・
俺「そうですか、じゃあ出直しますね〜」
かがみ「あ、あの・・・本当すみません・・・」
俺「いえいえ、お客様の我侭でも何でも受け入れるのがホストの仕事ですから」
かがみ「よく言って聞かせておきますんで・・・すみません・・・」

俺は笑いながらその場を去った。
かがみは何度も頭を下げていた。

さて、これからどうしようかな・・・
フリー安価>>105

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:31:09.03 ID:lRLGXwff0

こなたん家行って謝罪

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:35:34.46 ID:CldCN1Yf0

        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l

俺「そういえば、泉自殺とか不登校にならないかな・・・」
ヲタクは精神が弱いと聞く。これで何か不幸になったら流石に後味が悪い。
よし、いっちょ謝りに行くか。
泉家のインターホンを押すと、目を真っ赤に晴らしたこなたが出てきた。
こなた「はい・・・あ・・・」
俺「よう!何で泣いてるの?」
こなた「帰って・・・」
俺「いや、もしかして俺のせい?ゴメンね〜」
こなた「帰ってよ!!!」

1、家に入れてもらう
2、玄関の前で土下座する
3、しぶしぶ帰る

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:36:24.96 ID:CldCN1Yf0

安価なら>>115

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 19:37:18.19 ID:UWR0+UoI0



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:41:11.72 ID:CldCN1Yf0

       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|

俺「マジですまんかった・・・この通り」
俺は泉家の玄関先で土下座した。こうなりゃ最終手段だ。
こなた「・・・」
俺「土下座です!!」
こなた「・・・1時間後に見に来て、まだいたら警察呼びますから」
バダン!!
こなたは無表情のまま玄関のドアを閉めた。
どうやら俺は越えちゃいけない一線を越えてしまったらしい。
髪の毛メンドクサイから切ってないだけなんだろ・・・何だよ、アホか・・・

さてこれからどうしよう?
フリー安価>>130

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:43:34.20 ID:T1JZ+yAB0

おっぱいもみもみ

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:48:14.46 ID:CldCN1Yf0

       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|

俺「・・・アイツ性欲が溜まっておかしくなってるんじゃないのかな?」
そう考えれば、なぜ頭が匂うのかも納得がいく。
性ホルモンの影響だ!!
俺「よっしゃ!ここは罪滅ぼしに、あいつの性欲処理をしてやるか・・・」
俺は黙って泉家の玄関のドアを開けた。
俺「そーっと、そーっと・・・」
泉は居間のソファーで横になっている。疲れて眠ったみたいだ。
俺「おっぱい揉み放題だな・・・ヒョヒョヒョ・・・」
俺は服の上から泉の胸を揉んだ。
・・・と、泉がこちらを怯えた表情で見つめていた。

フリー安価>>140

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:51:00.68 ID:vg2jNaHg0

髪の毛の臭さに気が動転
気づいたらこなたの毛を全部刈っていた

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:55:46.11 ID:CldCN1Yf0

〜エピローグ〜

気がついたら、ここにいた。
もう何日もろくな物を食べていない。
・・・知らなかった。
こんな世間の掃き溜めのようなところでも犯した罪で扱いは変わるようだ。

俺の同室には、親の義理のために戦ったヤクザ、娘の敵をうった父親がいる。
それだけで俺に回ってくる飯はもうない。
看守が俺にかけた言葉は一言。
「最低だな、レイプ魔の中でもお前みたいなゲロ野郎は初めてだよ・・・」
そうして気づけば、ここで囚人どものストレスの掃き溜めになっている。

ははは、馬鹿かお前ら。
俺は勝ったんだ。
・・・俺の手にはしっかりと泉から刈り取った毛が握られていた。ざまぁない。

〜BAD END〜

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:56:47.09 ID:CldCN1Yf0

もう無理なので終わらせちゃいました。
書いてる途中で既に心が痛かったです・・・。

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:57:42.70 ID:CldCN1Yf0

/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|

今日から夏休み・・・特にすることも無いから(宿題はある)その辺をぶらついてるとクラスの泉とばったり出会った。

こなた「おや? おはよう〜!」

1、おはよ〜
2、何してるの?
3、ヲタクの泉じゃんワロスwww
>>160

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 19:59:15.57 ID:2jc4TpGj0

3

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 19:59:44.64 ID:CldCN1Yf0

   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!

俺「ヲタクの泉じゃんwwwワロスwww」

俺は指をさしながら笑った。

こなた「お、覚えててくれたんだ〜うれしいな☆」

1、当たり前だろ
2、俺の事は覚えてる?
3、ところでちゃんと髪の毛洗ってんの?www
>>170

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:00:30.54 ID:vg2jNaHg0



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:04:27.97 ID:CldCN1Yf0

/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|

俺「当たり前だろ!」
こなた「クラスではあんまり喋らないけど、私の事チェックしてくれてたんだねー、ふふ」
俺「そ、それは・・・お前はヲタクで有名だし・・・」
こなた「俺くんだって、○○で有名じゃん?実は前から話てみたいと思ってたのだよー」

○○に当てはまる言葉は?
フリー安価>>180

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:05:46.20 ID:T1JZ+yAB0

包茎

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:09:49.72 ID:CldCN1Yf0

         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Y : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
         /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
      /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧

俺「包茎って、誰がそんな話してたんだよ・・・」
こなたはクスクス笑いながら言った。
こなた「有名だよ〜!2年の頃から、包茎の代名詞みたいに使われてるよ?」
俺「マジで?気づかなかった・・・」
マジかよ?誰が言ったんだ?・・・心当たりはない・・・
こなた「体を張って笑いに生きるなんて中々出来ないよ?」
俺「はは・・・そ、そうかな・・・はは」
こなた「ん?なんか元気ないけど、どうしたの?」

1、いや包茎って事気にしてるからさ・・・
2、イジメじゃん、これ・・・ひどいよ
3、そんなことないよ?

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:10:15.27 ID:CldCN1Yf0

安価なら>>200

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:10:55.33 ID:MpEPUBxT0



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:15:18.22 ID:CldCN1Yf0

              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l

こなた「そう?思い過ごしなら良いけど・・・やっぱり俺くんって面白い人だったんだね〜」
俺「そ、そうかな・・・?」
こなた「うん、私もヲタクって事でさ、少し自分をネタにしてるところあるけど、
    俺くんは突き抜けてるよねぇ!すごいよ!!」
もういいや、なるようになれ!!
俺「そうかな?で、でも、じ、実際は包茎じゃないんだぜ、はは」
こなた「ホント?私は実際ヲタクだけどねーw」
俺「な、何なら・・・確認してみるか?とか・・・」
こなた「え、やだよー、あはは」

1、ははは、冗談冗談
2、しかし女子でも包茎とかきわどい事話すんだなー
3、無理やりでも確認させる

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:16:07.94 ID:CldCN1Yf0

安価なら>>220

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:16:49.51 ID:El3QU7gP0

2222222222

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:23:13.40 ID:CldCN1Yf0

    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
こなた「俺くん、女の子に幻想持ちすぎだよ〜」
俺「そ、そうか?でも女子が猥談してる姿とか想像つかないんだが・・・」
こなた「ん〜、じゃあこれ見てみる?」

泉から渡されたのは同人誌って奴だった。女の裸やセックスのシーンが載っている。
俺「エロ本?」
こなた「ん〜平たく言うとそうだね、ふふ」
俺はふいにこれを使って泉がヤってる所を想像してしまった。
こなた「あ〜変な想像しないでよね!」
俺「してねぇよ!」
こなた「私は読むだけなんだから・・・本当だよ?」

1、本当かな〜?
2、俺もエロ本持ってるけど、読むだけだよ?
3、オナニーの見せ合いっこしようよ! >>235

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/01(金) 20:24:57.04 ID:LtLW7bqI0

2

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:30:19.57 ID:CldCN1Yf0

        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
こなた「むぅ〜そう来ましたか〜」
俺「ふふふ、泉と一緒だよ」
こなた「俺くん中々策士よのぉ・・・ふふふ」
破れかぶれだったが泉がなにやら上機嫌なのでよしとする。

俺「ところで泉こんな所で何してるの?」
こなた「あ〜実は家の中にいても暇だから友達の家に遊びに行こうとした所だったんだけど・・・」
俺「お、いいな〜」
こなた「もし良かったら俺くんも来る?」

1、お、行く行く〜
2、いや今日ジャンプの発売日だから立ち読みするわ
>>250

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:31:03.39 ID:LqIy+ZMA0



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:38:11.45 ID:CldCN1Yf0

    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |.   、'|   ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l  r '  i !    | |   /`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!  !ヽ-'/       l:!    !_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ,' / : l : :!
         ヽ:| | |: :!               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__          ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 ___  `ー'        ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / /´.,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :

果たして泉の言う友達の家とは、柊家だった。
柊は双子らしいが姉とは殆ど面識が無い。

家に入ると、少女特有の甘い香りが広がっていた。それに畳のにおい。
活発そうな姉と、男子の中では空気と呼ばれている妹。そして泉。
3人はゲームで楽しく遊んでいる。
俺はといえば、テーブルで独りケーキを食べている。

さてこれからどうしようか?
1、ゲームに混ざる
2、庭を見に行く
3、柊の部屋こっそり見ちゃおうかな?

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:38:40.76 ID:CldCN1Yf0

安価なら>>265

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:40:14.15 ID:MpEPUBxT0



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:48:37.65 ID:CldCN1Yf0

       ,. '´:  . : : : : : i: : : : : : : : :ヽ.   :',: : :.丶: : : : :.\
     ,. '´ ,'       イ:.∧:.ヽ: : : : : : :.',: : : . .:',=-: :}:::: : :|: : : ヽ
   _,. '´-‐'7  . . : : : : :/|:.l ヽ: :l\‐- 、: :.',: : : : :.!: : :.`、::: :lミ、: :.}/^i
.   ̄    /: : : : :i: : : : l, |:.|   \! \: : : : ',: : : : .!: :.〃}::: :l }: :/ イ
       /: : :./: :!: : :./| l:|     ヽ  \: : :.',: : :l:.|: ://:|::::/ノ‐'´ノ/
      /: : /{: : |: : : : | l:l       r勿示ミ、',: :.!:.|彡':::!:/´   ィ_
      l: :/ !: : l: :.l: :.lxィキ       !::fr..:ト、!: ト.:ト、::::从 ,. ' ´ `i
      |/   |: : :!: ヽ.:{ 代..ヽ     代.じ:| |: l´ヘ Y  ノ'´     |
        |: : : ',: :.ト〈{:::じi|      辷ソ  !/ }} ノ /        l._
           l: : : ∧:.い弋ソ  .     xxx ,.ァ '   {           }
         l: : / ヾヽ}xxx   __,.    ∠、    l           l
            !: :l     ヽ、.__     ,. ィ〃: : y'⌒ヽ、!           |
         ヽ{         ,.`「¨刀´   /: : /     >、       l
                ノ ノ: : :l   /: /    ,. '´ .::rヽ、     ヽ
俺「泉〜俺もゲームに入れてくれ」
こなた「おぉいいよ〜今終わったところだから〜」

なんだ、スマブラじゃないか。これなら俺もやったことがある。
というか、スマブラちょっとは腕に自信がありますよ?
泉の隣に座ると、柊の姉がボソッと「包茎」とこちらを見て言った。
お〜悪そうな顔してるな・・・。

つかさ「お姉ちゃん、もう・・・ゴメンネ、俺くん・・・」
柊は申し訳なさそうに謝った。
さてと、2vs2マッチだ誰と組もうか?

1、こなた
2、かがみ
3、つかさ >>285

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:50:45.01 ID:k4LkE6mc0

と見せかけて1

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:55:23.63 ID:CldCN1Yf0

         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ 、  f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |  >   辻_ノ_,.  イ  |
.        /   ト、  ヽ、 |/: :| ` T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   l

結果は俺たちの圧勝だった。やる前からわかってた事だ。
つかさ「俺くん、本当に強いね〜びっくりしたよ」
かがみ「あ〜、もう包茎強すぎ!!」

柊姉は俺の包茎とか呼んでるが・・・この場で見せてやろうか?
さて楽しかったゲームも終わり、辺りは夕焼け。そろそろ帰ることとなった。
当然ながら泉と俺は一緒に帰る・・・。
泉この後予定あるのかな?

1、夕飯に誘う
2、映画に誘う
3、そのままさようなら

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:56:14.41 ID:CldCN1Yf0

安価なら>>305

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 20:57:46.01 ID:/GUz4ZeZ0



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:01:32.35 ID:CldCN1Yf0

        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l

俺「あ、あのさ・・・泉・・・映画でもいかね?」
柊家から出てすぐ俺は泉に言った。
もちろんダメ元だが、今日は雰囲気もいいし行ける気もする。

こなた「うーん・・・そうだなぁ・・・」
泉はしばらく悩んだ後、いいよ、とOKを出してくれた。
こなた「でも見たい映画があるから、それでいいよね?」



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:06:03.28 ID:CldCN1Yf0

  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |.   、'|   ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l  r '  i !    | |   /`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!  !ヽ-'/       l:!    !_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ,' / : l : :!
         ヽ:| | |: :!               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__          ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 ___  `ー'        ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / /´.,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :

俺「でも意外だな、フランス映画なんて・・・」
泉が希望したのは、男女の愛について考えられたアンニュイな感じのフランス映画だった。
俺「てっきりヲタクって言うからさ、もっとアニメとか見るのかと思ってたよ・・・」

泉はしばらく、んーと考えた後、
こなた「私は私だからね〜」といった。

確かに、今日ここで話すまでは泉がヲタクって事意外何も知らなかった。
俺「泉ってもっと話すときっと面白いんだろうな・・・」
俺がボソッと呟くと泉はうれしそうにこちらを見た。



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:07:52.34 ID:CldCN1Yf0

          ____
        /::::___:`ヽ.
       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|

さて、泉は映画を見ている。

1、手をつなぐ
2、服のすそにちょっと触ってみる
3、何もしない

安価なら>>320

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:08:46.23 ID:deICOS9k0

1

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:15:37.01 ID:CldCN1Yf0

.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
映画館のにおいと共に、泉の甘い匂いが伝わってくる。
隣の席だ、それはそうだろう。
手をつないでも大丈夫かな・・・?
やべ・・・手汗かいてきた。
あれ?俺が服のすそで手を拭っている間に、泉は両腕を組んでしまった・・・。

映画が終わって帰り道泉が言った。
こなた「今度やるときはもっとさり気なくね?ふふ」
俺「ははは、バレてたか・・・」
さて、もう10時だ。これからどうしよう?

1、帰る
2、一緒に夕食
3、アニメイトなんか喜ぶんじゃないのか? >>335

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:17:36.94 ID:/GUz4ZeZ0



344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:21:09.92 ID:CldCN1Yf0

    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ

俺「泉、まだ時間あるならアニメイトって所に連れて行ってくれ!」
しつこいと思われたらどうしよう・・・と思いつつ、俺は泉に頼んだ。
アニメイトならヲタクの泉は喜んで案内してくれる、と思ったからだ。

こなた「え〜・・・」
俺「ダメか?」
こなた「ダメだよ〜」
俺「・・・わかった・・・」
当てが外れたか?今日はこれでお開きか・・・

こなた「でも、その代わり、もっと良いところに連れて行ってあげる」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:25:50.77 ID:CldCN1Yf0

     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|

俺「泉、これってキセル乗車なんじゃ・・・」
泉に誘われて130円の切符を買った。
俺たちは鈍行列車に乗って千葉の内房線を下っている。

こなた「いいから、いいから・・・」
この時間下りの鈍行に客は少なく、四人がけの席に俺たちしかいない。
もうすぐ終電もなくなるよな・・・東京に帰れるのだろうか。
泉はさっきからじっと窓の外を見ている。



373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:31:49.23 ID:CldCN1Yf0

                , -‐_二ニ. ─.-.、_,、_ ‖
               / ̄/: : : ,-:‐: : : ,:,: : : : ̄:`:‐. 、
                   /: : : :, : : : : : //l: : : :ハ: : : : : `: 、
                  /: : //: : : :// /l| l: : : :ハ:ヘ: : : : : : `、
              /://,: : : ://フ´l|│: : :| `ヾ、l: : : : : : : ヽ
              /´/ /: : : : :l /  │ l : : :l  ヽヽ: : : : : : : l
                (' /  l: : /: : :l l≡≡` ヽ: :l_  ヽゝ: : : : : : l
                ヽ   l:/ l: :,─-、     ヽ:.l ̄ミ≡' :、 : : : : :l
               ヽ  lハ/:`┬‐'   ┌‐-、ヾ  ,─、: : :_: : : :/       , -‐ ´
              ヽ   /: : : >、.   l   l  `─:': :/ l: : /   , -‐ ´
              /、_/: : :/〉巛` 、_ゝ_ノ  //: : :/_ノ:_/_,-‐´
            /: : : :/: : //´ 巛  /  ̄ フ ̄/: :///
         , ‐:´: : : : : : : : ハ l  、巛 l  / //: ://            , -‐ ´
      , -:´,-ァ: : : /: /: : : : >l   ゞl. /==彡: //          , -‐ ´
  _, -‐ニ '´/: : /: : : : : : / ̄ ̄`‐-、ゝ'彡'' ̄/: //   /_ -─  ̄
==‐' ̄ /: : : ,´,‐、──ノ    _ -‐'7\、_//'   /: :l
/  ,‐´: : : :// /`フ─‐ ´ ̄ _ノ /  〉/   /: : : :|
こなた「俺くん、この駅人がいないから簡単に穴から抜けられるんだよ?」
ふと、無人駅で降りた俺たちは、フェンスにあいた穴から外にでた。
リーンリーン、と、夏の虫の鳴き声が聞こえる。

こなた「俺くん、こっちこっち・・・」
こなたに誘われるまま、駅の近くにある山林に入る。辺りに民家は無い。
月の明かりを頼りに林を抜けると、そこは海岸だった。

俺「うわ・・・これ・・・嘘みたい・・・」
真っ暗な海に月が映って、まるで二つの次があるようだ。
辺りは車の騒音も聞こえず、まるで俺と泉しかいないかのようだ。


387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:36:48.58 ID:CldCN1Yf0

  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |

こなた「いい景色でしょ・・・?」
俺「あぁ・・・びっくりした・・・」
こなた「ここ、昔お父さんと見つけた取って置きの景色なんだ」

泉曰く・・
ここは昔お父さんとお母さんのデートスポットで、小さい頃によく車で連れてこられたそうだ。

俺「でも、そんなとっておきの場所教えてもらって・・・何か悪いな・・・ありがとう」
泉は首を振った。
こなた「ううん、いいんだ・・・」
そして、覚悟を決めたようにこう言った。
こなた「ここには、ずっと好きな人と来たかったから・・・」



402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:40:49.35 ID:CldCN1Yf0

                , -‐_二ニ. ─.-.、_,、_ ‖
               / ̄/: : : ,-:‐: : : ,:,: : : : ̄:`:‐. 、
                   /: : : :, : : : : : //l: : : :ハ: : : : : `: 、
                  /: : //: : : :// /l| l: : : :ハ:ヘ: : : : : : `、
              /://,: : : ://フ´l|│: : :| `ヾ、l: : : : : : : ヽ
              /´/ /: : : : :l /  │ l : : :l  ヽヽ: : : : : : : l
                (' /  l: : /: : :l l≡≡` ヽ: :l_  ヽゝ: : : : : : l
                ヽ   l:/ l: :,─-、     ヽ:.l ̄ミ≡' :、 : : : : :l
               ヽ  lハ/:`┬‐'   ┌‐-、ヾ  ,─、: : :_: : : :/       , -‐ ´
              ヽ   /: : : >、.   l   l  `─:': :/ l: : /   , -‐ ´
              /、_/: : :/〉巛` 、_ゝ_ノ  //: : :/_ノ:_/_,-‐´
            /: : : :/: : //´ 巛  /  ̄ フ ̄/: :///
         , ‐:´: : : : : : : : ハ l  、巛 l  / //: ://            , -‐ ´
      , -:´,-ァ: : : /: /: : : : >l   ゞl. /==彡: //          , -‐ ´
  _, -‐ニ '´/: : /: : : : : : / ̄ ̄`‐-、ゝ'彡'' ̄/: //   /_ -─  ̄
==‐' ̄ /: : : ,´,‐、──ノ    _ -‐'7\、_//'   /: :l
/  ,‐´: : : :// /`フ─‐ ´ ̄ _ノ /  〉/   /: : : :|

こなた「・・・」
俺「・・・えと・・・えーっと・・・」

ヤバイ、頭が混乱する!
今日初めて泉と話して、俺が包茎で、・・・えっと何だっけ!

こなた「あ、俺くん!そろそろ終電だよ! 駅に忍び込まないと!!」

しかし、このタイミングで答えなければ男がすたる。
フリー安価>>420

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:42:28.28 ID:wDkA1+nH0

ところでお前すっげえ臭いんだけど

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:48:07.52 ID:CldCN1Yf0

       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
     |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|

その時俺は不意に違和感に気がついた。
潮の匂いかと思ったらちょっと違う。もしかして・・・。

俺「ところでお前スッゲー臭いんだけど・・・」
こなた「え?景色のこと・・・?」
俺「いやいや、汗かいたんじゃない?俺においには敏感なんだ・・・」

不愉快なものが体中から湧き上がってくる。
こなた「ご、ゴメン・・・今日は運動しすぎちゃったかな・・・それよりほら、電車・・・」

フリー安価>>510

510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:50:38.64 ID:fgt+0wE60

ごめん、素直になれなくて・・・お前の事が好きだ!!

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 21:56:32.72 ID:CldCN1Yf0

.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!

こなたの体臭かと思ったら、どうやら隣に転がってるカラスの死臭みたいだ。
そりゃそうだよな・・・人間からあんな匂いが出るはず無い。
テレ隠しもあったし・・・。

俺「あぁ違うんだって!待ってくれよ・・・」
こなた「電車・・・後、10分、OK?」
俺「臭いとか言って悪かったな・・・照れ隠しなんだよ・・・っっ///!!」
こなた「ちょっと!時間が!!後で聞くね!!」
俺「明日用事あるの?」
こなた「な、無いけど・・・」

俺はこなたを後ろから抱きしめた。
俺「じゃあちょっと、ここにいてくれ・・・」
こなた「ひぁ・・・っ・・・」



576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:02:08.35 ID:CldCN1Yf0

       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
俺「ごめん、素直になれなくて・・・お前の事が好きだ!!」
こなた「・・・本当?」
俺「本当だ・・・」

ヤバイ・・さっきから手が震えている・・・。
何でだ・・・わからない。

こなた「じゃあお嫁さんにしてくれるの?」
俺「それは・・・」
こなた「ふふふ、じゃあ今日は電車に乗ろっ?」
俺「っ〜〜〜////」
ヤバイ、こなた可愛すぎるんだが・・・。
帰り道俺とこなたはずっと手をつないで電車に乗った。

1、エロ有END
2、エロ無ドキドキ間20%増量END >>601

601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:03:34.85 ID:WY20jLqZ0



628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:07:35.92 ID:CldCN1Yf0

〜エピローグ〜
こなたと付き合ってから1週間、デートはいつも喫茶店でお互いの事を話している。
こなたは俺のいう事に興味を持ってくれるし、俺はこなたに興味がある。
だから何時間でも会話が続く。
それから、コロコロ変わるこなたの表情を見てるのも面白い。
こなたも同じ事を思っているらしく、喫茶店で10分見詰め合うなんて日常茶飯事だ。
・・・て、あれ?もうバカップル入っちゃってるかな・・・?

今日のデートは珍しく、こなたが秋葉原を指定してきた。
こなた「アニメイトと言うものがどんな所か教えてあげるよ・・・」
とのことだが、果てさて・・・



635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:12:28.05 ID:CldCN1Yf0

           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Y : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |

こなた「おぉ俺くん良く来たね〜」
今日のこなたはいつもの甘い雰囲気が無くなって、なにやら臨戦態勢だ。
俺「ところでアニメイトで何するの?」
こなた「買いたい本があってね〜」

有無を言わさずこなたは俺をアニメイトに連れて行った。
中は意外と普通のビルでビニールのかかった本が大量においてある。
・・・これが同人誌って奴か。
こなたは大量の同人誌を詰め込んで、レジへ持っていった。

俺「おいおい、そんなに買ってどうするんだよ・・・」
こなた「いいからいいから・・・」



647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:17:29.65 ID:CldCN1Yf0

  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
同人誌を買った後、俺たちはカラオケに移動した。
密室で二人・・・。これは・・・もしや・・・。
と、こなたが潤んだ目でこちらを見てきた。

こなた「俺くん、お願いがあるんだけど・・・」
俺「な、な、何・・・」
こなた「昔から同人誌買うたびに、こんなシチュエーションいいな〜とおもうのがあったんだけど・・・」
俺「うん」
こなた「彼氏ができたら、やってもらおうと思ってて・・・」

それから、俺たちは二人で同人誌を朗読した。
ここには書けないくらいの甘い台詞がびっしり並んであって、俺は恥ずかしさで死にそうになった。
ふと、こなたを見ると満足そうに同人誌を読んでいる。
ま、いっか・・・こなたが楽しいなら、それはそれで・・・。

〜fin〜

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:19:16.21 ID:CldCN1Yf0

ごめんなさい、ごめんなさい・・・
これが限界でした・・・

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:22:40.37 ID:CldCN1Yf0

わかったわ!もう!仕方ないわね・・・
じゃあエロの場合ちゃんと書いてあげるわよ!///
・・・べ、別にあんた達のためなんかじゃないんだからね!!

と言うわけで書きます

684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:24:06.17 ID:CldCN1Yf0

/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|

今日から夏休み・・・特にすることも無いから(宿題はある)その辺をぶらついてるとクラスの泉とばったり出会った。

こなた「おや? おはよう〜!」

1、おはよ〜
2、何してるの?
3、ヲタクの泉じゃんワロスwww

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:24:48.05 ID:CldCN1Yf0

あ、安価ですね>>700

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:25:10.77 ID:IIn4qtrj0



707 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:28:01.02 ID:CldCN1Yf0

   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!

俺「おう、何してるの?」
こなた「ん?ちょっと散歩♪」
俺「ふーん・・・」

こなたがじっとこちらを見ている。
俺「ん・・・何?」
こなた「いや、暇なのかなって・・・ふふ」

フリー安価>>720

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:29:53.40 ID:wDkA1+nH0

暇っちゃあ暇だなw。ちょっと子宮見せろよ!!と押し倒す

736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:34:40.57 ID:CldCN1Yf0

          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
のほほんとした泉を見ていると、急に暴力的な衝動が湧いてきた。
俺「暇っちゃあ暇だなw。ちょっと子宮見せろよ!!」
こなた「しきゅう?」
俺はこなたに覆いかぶさる。
非力な彼女の事、男の力にはかなわない。
こなた「いたぁ!!ちょっと、やめ、やめて・・・!!」
俺は勢いよくこなたのパンツを剥いだ。まだ無毛の割れ目には、子宮は見えない・・・。
こなた「いやぁ!!いやっ!!!」
・・・そうだ、子宮って腹の中にあるんだよな。
あぁ、気づかなかった。



755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:39:19.61 ID:CldCN1Yf0

こなた「ふぐぅ・・・が・・・」
小さな少女から出たと思われない叫び声が公園に響いた。
刃物でもあればもっとマシな叫びになったのだろうが。
あいにく持っているのはとがった石だけ。
それを力に任せて思いっきり、泉の柔肌に押し付け、引き裂く。
こなた「イダイ・・・イダイヨォ・・・グァ・・・」
泉は目に涙をためながら必死で痛みに耐えている。
俺「この腹筋って奴は意外と硬いんだな、くっ・・・」
まだ子宮は見えない。
手も服も、そして地面も血で染まっている。
人間は血液のポンプだと言った奴がいたが、中々どうして的を得ているじゃないか。

フリー安価>>770

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:41:47.75 ID:rJLZWBb/0

なんだ夢か…

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/01(金) 22:44:27.70 ID:CldCN1Yf0

俺「あれ?夢か・・・」

気がつけばパソコンの前で何時間も眠っていた。
あさって締め切りの論文もまだ書き終わってない。
それどころが授業の宿題レポート提出まで、後2時間を切っている。

「まぁいいさ、これもこれでいい逃避になる・・・」
俺は再びパソコンをつけvipに向かった。

fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レッド「…サト…シ?」