シンジ「お姫様ゲーム?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「授業中、不意に勃起することってありますよね」

ツイート

150 名前:シンジ「お姫様ゲーム?」[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:01:09.81 ID:8ExebvXCP

シンジ「なにそれ」

アスカ「お姫様の言うことを、従者が聞くゲーム」

シンジ「それだけ?」

アスカ「そうだけど」

シンジ「……説明だけ聞くと、まったく楽しくなさそうだね」

アスカ「説明だけだとね」

シンジ「実際は違うの?」

アスカ「ええ」

シンジ「へー」

アスカ「じゃ、始めるわよ」

シンジ「一応聞くけど、僕は……」

アスカ「従者」

シンジ「ああ、うん。そうだろうね」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:05:01.26 ID:8ExebvXCP

アスカ「じゃあ、シンジ」

シンジ「うん」

アスカ「私の肩を揉みなさい」

シンジ「えっと……えっ?」

アスカ「返事は『かしこまりました。お姫様』」

シンジ「そういうことじゃなくて……」

アスカ「ハリー!」

シンジ「わ、分かったよ! かしこまりました、お姫様!」


アスカ「……」

シンジ「……」モミモミ

アスカ「……」

シンジ「……」モミモミ

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:09:02.19 ID:8ExebvXCP

シンジ「アスカ」

アスカ「なによ?」

シンジ「勘違いじゃないと思うけど……これ、楽しくないよ」

アスカ「ウソでしょ!?」

シンジ「驚くとこなんだ」

アスカ「涎を垂らしながら喜ぶのが普通よ」

シンジ「アスカは梅干しかなにかなの?」

アスカ「……しょうがないわね。じゃあ、やめていいわよ」

シンジ「助かった」パッ

アスカ「さて、次の命令はどうしようかしら」

シンジ「ゲームは続行なんだ」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:13:26.57 ID:8ExebvXCP

アスカ「そうね、じゃあ……」

シンジ「?」

アスカ「頭を撫でなさい」

シンジ「ええっ!?」

アスカ「その位置からだと、ちょうど撫でやすいでしょ?」

シンジ「ま、まぁそうだけど」

アスカ「やりなさい」

シンジ「でも、なんのために?」

アスカ「……普段、やらないことをするのは、労力が必要でしょ?」

シンジ「うん」

アスカ「そういうのを敢えてやらせることで、姫側が権力を握ったことを実感するためよ」

シンジ「なる、ほど?」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:17:24.39 ID:8ExebvXCP

シンジ「えっと、じゃあ」

アスカ「ええ」


シンジ「……」ナデナデ

アスカ「……」

シンジ「……」ナデナデ

アスカ「……」


シンジ「ねぇ」

アスカ「……ふあっ」ビクッ

シンジ「えっ」

アスカ「あ、いや……なに?」

シンジ「これは、どうすれば終わりになるの?」

アスカ「どちらかが敗北を認めるまでよ」

シンジ「勝負だったの!?」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:21:53.05 ID:8ExebvXCP

アスカ「当り前よ。人生とは常に、死ぬかくたばるかでしょ」

シンジ「どっちみち死ぬんだ」

アスカ「いいから、撫で続けなさい」

シンジ「あ、うん」


アスカ「……」

シンジ「……」ナデナデ

アスカ「……」

シンジ「……」ナデナデ


アスカ「ちょっと」

シンジ「なに?」

アスカ「左手、持て余してるじゃない」

シンジ「それは……だって、両手で撫でるのなんて、変だろ?」

アスカ「そういう時は、腕をこう……分かるでしょ?」

シンジ「?」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:24:51.65 ID:8ExebvXCP

アスカ「だから……左腕を、私の首に回して」

シンジ「締めればいいの?」

アスカ「んなわけないでしょ!」

シンジ「ええっ」


アスカ「ほら、その……優しく、人形を抱くような感じで」

シンジ「えっと、こう?」ギュッ

アスカ「そう、それよ。そのまま撫でる」

シンジ「……」ナデナデ

アスカ「〜♪」


シンジ「……アスカ、これ、ちょっとマズイ気がするんだけど」

アスカ「なにが?」

シンジ「人が見たら誤解しそうっていうか」

アスカ「誤解〜?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:28:56.76 ID:8ExebvXCP

アスカ「まさか、カップルがイチャついているようにしか見えないとか、そういうこと?」

シンジ「う、うん」

アスカ「やだー! そんなこと考えてたんだ。へんたーい!」

シンジ「ええー……」

アスカ「そんなだから、クラスの女子に、ムッツリってあだ名付けられるのよ」

シンジ「初耳だよ!?」

アスカ「私の裸をシンジが見たことを話した時の、ドン引きっぷりったらなかったわね」

シンジ「完全にアスカのせいじゃないか!!」

アスカ「大丈夫よ。近づかなければ無害っていう結論に至ったから」

シンジ「近づいたら有害なのかよ……」

アスカ「現に、私はこんな目に遭ってるし」

シンジ「アスカがやらせてるんだろ!!」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:33:36.23 ID:8ExebvXCP

アスカ「洗濯の時とか、私の服の匂い、嗅いでるんでしょ」

シンジ「嗅いでないよ」

アスカ「くんかくんか……これがアスカの匂い……はぁはぁ」

シンジ「僕はどんだけ変態なんだよ」

アスカ「くんかく……!? なんだこの加齢臭は! 消え去れ!!」ポイッ

シンジ「ミサトさんに謝れ!」

アスカ「ミサトの名前なんて、出してないんだけど」

シンジ「うっ」

アスカ「へぇー、アンタはミサトから加齢臭がすると思ってるんだ。へぇー、へぇー!」

シンジ「違うよ! ミサトさんは良い匂いがするよ!」

アスカ「なんで知ってんのよ」

シンジ「そ、それは……」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:39:10.60 ID:8ExebvXCP

アスカ「……」

シンジ「……」ナデナデ

アスカ「……」

シンジ「……」ナデナデ


アスカ「ねぇ」

シンジ「―――不可抗力なんだ!」

アスカ「はぁ?」

シンジ「洗濯しようとしたら! どうしても匂いは嗅いじゃうだろ!!」

アスカ「……」

シンジ「服に顔を埋めるとかはしてないけど、近づくだけで、大人の香りが漂うんだ……」

アスカ「……」

シンジ「むしろ僕は被害者だよ。あんな匂いを嗅がされて、おかしなことをしてないだけ善良だよ……」

アスカ「……」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:45:48.97 ID:8ExebvXCP

シンジ「アス」

アスカ「―――第三ゲーム!!」

シンジ「えっ」

アスカ「離して」

シンジ「あ、うん」

アスカ「よし……じゃあ、どうぞ」パッ

シンジ「?」

アスカ「早く来なさいよ」

シンジ「ごめん、どういうこと?」

アスカ「だから、私の胸に飛び込んできなさいって言ってんの!」

シンジ「ええっ!?」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:51:18.85 ID:8ExebvXCP

アスカ「ほら!」

シンジ「流石にそれは……」

アスカ「また逃げるの?」

シンジ「また……?」

アスカ「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」

シンジ「なんでそれをアスカが知ってるんだよ!!」

アスカ「いいから、来いっつってんのよ」ガバッ

シンジ「わっ」


アスカ「……」ギュー

シンジ「……」

アスカ「……」ギュー

シンジ「……」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:54:07.64 ID:8ExebvXCP

アスカ「……で?」

シンジ「え?」

アスカ「どっち?」

シンジ「なにが?」

アスカ「だから! 私とミサト! どっちが良い匂い!?」

シンジ「そ、それは……」

アスカ「私でしょ?」

シンジ「えーと……」

アスカ「私よね!?」ギュー

シンジ「痛い痛い痛い! アスカです、アスカです!!」

アスカ「ふふん、そりゃそうよ。この私が、三十路のおばさんに負けるわけないんだから」

シンジ「頭が爆発するかと思った……」

184 名前:風呂[] 投稿日:2012/12/23(日) 00:59:48.30 ID:8ExebvXCP

ミサト「―――だーれが、三十路のおばさんですってぇ……!?」

アスカ「げっ!」パッ

シンジ「わっ」


ミサト「私は三十路じゃないわよ! まだ29よ!!」

アスカ「変わんないじゃない」

ミサト「変わるわよ! エヴァとエバーくらい違うわ」

アスカ「……?」

ミサト「と、とにかく、私をおばさん扱いしないで!」

アスカ「気にしてたの?」

ミサト「まぁ、うん……」

アスカ「それは……ごめん、ミサト」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:24:50.98 ID:8ExebvXCP

ミサト「それともう一つ、不純異性交遊は禁止です」

アスカ「し、してないわよ!」

ミサト「思いっきり抱き合ってたじゃない」

アスカ「……清純異性交遊よ」

ミサト「ふーん、そういうことしてたのは認めるんだ」

アスカ「それは……」

ミサト「まぁ、ゲーム形式にしたのは、中々いい考えだと思うわ」

アスカ「……! い、いつから覗いてたのよ」

ミサト「『かしこまりました、お姫様』あたりから」

アスカ「ほとんど初めっからじゃないのよ!!」

ミサト「おほほ」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:29:01.87 ID:8ExebvXCP

ミサト「というか二人とも、お風呂まだでしょ。早く入っちゃいなさい」

アスカ「あ、うん」

ミサト「……二人で入るのも、今なら許可するわよ?」

アスカ「ミサト!」

ミサト「はいはい、もう言わなーい」

アスカ「ったく……」


アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「一緒に入る?」

シンジ「……遠慮しとく」

アスカ「そう」スタスタ

シンジ(え、え?)

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:34:21.25 ID:8ExebvXCP

―――翌日


アスカ「ただいまー」

シンジ「おかえり、アスカ」

アスカ「なにしてんの?」

シンジ「映画見てる」

アスカ「ふーん……私も見る」

シンジ「どうぞ」

アスカ「よいしょっと」ポスッ

シンジ「わっ」

アスカ「ふぅ」

シンジ「なんで、わざわざ僕の上に座るの?」

アスカ「アンタがここで見てたってことは、ここが一番映画を見やすい場所じゃない」

シンジ「えーっと」

アスカ「さっすが私! 天才的!」

シンジ「うーん……」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:39:41.54 ID:8ExebvXCP

シンジ「あと、痺れそうなんだけど」

アスカ「羽のように軽い私が乗ってるだけなのに?」

シンジ「羽のように軽いアスカが乗ってるだけなんだけどね」

アスカ「しょうがないわね……じゃあ、一旦どくわ」

シンジ「一旦?」

アスカ「んで、体育座り」

シンジ「こう?」

アスカ「で、ちょっと足を開いて」

シンジ「うん」

アスカ「私が間に入れば、完成」ポスッ

シンジ「……」

アスカ「これで、痺れない」

シンジ「あのさ」

アスカ「……」ギロッ

シンジ「ごめん、なんでもない」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:44:25.02 ID:8ExebvXCP

シンジ「……」クンクン

アスカ「なに?」

シンジ「そういえば、今日は体育あったなーって」

アスカ「……!」ガバッ

シンジ「え?」

アスカ「……」

シンジ「どうしたの?」

アスカ「私、汗臭い?」

シンジ「そんなことないけど」

アスカ「でも」

シンジ「……あ! ごめん、たしかにいつもと匂いが違うなって思ったけど、別に汗臭いってわけじゃないよ!」

アスカ「……」

シンジ「むしろ、なんかいつもより良い感じだなって思うくらいで」

アスカ「……」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:50:36.65 ID:8ExebvXCP

アスカ「ダメ」

シンジ「えっ」

アスカ「シャワー浴びてくる」

シンジ「わざわざ?」

アスカ「技もパワーもへったくれもないのよ!」

シンジ「意味分かんないよ……」

アスカ「ふんっ!」スタスタ


シンジ(そもそも、僕を座椅子代わりにしなきゃいいんじゃないのかな……)

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 01:56:09.03 ID:8ExebvXCP

―――数十分後


アスカ「シャワー浴びたてアスカ様」

シンジ「はぁ、どうも」

アスカ「特技は水飛沫スプラッシュ」プルプル

シンジ「わっ! やめてよ!」

アスカ「拭いて」

シンジ「分かったから、こっちきてよ……」

アスカ「ドライヤーもね?」

シンジ「はいはい」

アスカ「あ、お姫様ゲーム!」

シンジ「忘れてるくらいなら、言わなくていいよ」

アスカ「お姫様ゲーム!」

シンジ「……かしこまりました、お姫様」

アスカ「よし」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:02:17.91 ID:8ExebvXCP

アスカ「知ってる?」

シンジ「なにを?」

アスカ「女性にとって、髪の毛を触らせるのは、体を触らせることより抵抗があることなんだって」

シンジ「へぇ」

アスカ「個人差もあるみたいだけど」

シンジ「ふーん」

アスカ「良かったわね」

シンジ「なにが?」

アスカ「……話聞いてなかったの?」

シンジ「えーと……髪の毛より、体を触って欲しいってこと?」

アスカ「ヘンタイ! エッチ! スケベ!」ゲシゲシ

シンジ「わっ! なんだよ、なんなんだよ!!」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:09:17.51 ID:8ExebvXCP

アスカ「はぁ……スケベシンジがここまでスケベなスケベだと思わなかったわ」

シンジ「スケベがゲシュタルト崩壊しそうだね」

アスカ「まぁいいわ、それより、この映画ってなんて映画?」

シンジ「バタフライ・エフェクト」

アスカ「どんな映画?」

シンジ「過去をやり直せる能力を持った主人公が、色んな人を救うために、過去へ飛ぶ映画」

アスカ「ふーん、で、オチは?」

シンジ「……オチを聞いちゃうの?」

アスカ「うん」

シンジ「それはダメだよ。どうせなら、最後まで一緒に見ようよ」

アスカ「でも、途中からだしー」

シンジ「なら、最初っから見よう。いいでしょ?」

アスカ「まぁ、それなら」

シンジ「じゃあ、巻戻しっと」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:13:34.83 ID:8ExebvXCP

―――数時間後


シンジ「……っていう、話なんだけど」

アスカ「なんか、スッキリしないわね」

シンジ「そうかなぁ」

アスカ「マルチエンディングじゃなかったら、イライラして、バカシンジに一発芸でもさせてるところよ」

シンジ「製作者のみなさん、本当にありがとうございます……」

アスカ「でも、過去をやり直せるっていいわね」

シンジ「アスカはなにかやり直したいことがあるの?」

アスカ「……ペンペンに驚かないようにしたい」

シンジ「それは……まぁ、うん……」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:21:07.04 ID:8ExebvXCP

アスカ「アンタはなにかあるの?」

シンジ「そうだなぁ……」

アスカ「?」

シンジ「いっぱいあり過ぎて、答えられない」

アスカ「うわっ、もっと、今を懸命に生きなさいよ」

シンジ「でも、やっぱり変えないままがいいかも」

アスカ「どうして?」

シンジ「バタフライエフェクトで、アスカに会えなくなったら嫌だし」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「それ言ったら、私が喜ぶと思ったでしょ?」

シンジ「うん、ごめん、かなり……」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:26:42.70 ID:8ExebvXCP

アスカ「私を喜ばせたいんだったら、そうね……」

シンジ「うん」

アスカ「今月からお小遣い全て献上します、とか」

シンジ「もはや台詞じゃないよね」

アスカ「ご主人様の靴を舐めるのだけが生きがいです、とか」

シンジ「僕が望んでる関係と違うよ……」

アスカ「望んでる関係って?」

シンジ「えっ」

アスカ「ん?」

シンジ「……そこで聞くのは卑怯じゃないかな」

アスカ「私を喜ばせたいんでしょ?」

シンジ「……」

アスカ「ほらほら」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:30:42.49 ID:8ExebvXCP

シンジ「望んでいるのは……こう、学校の帰り道で手をつなぐような……その……」

アスカ「へー?」

シンジ「……もう勘弁してよ! お願い!」

アスカ「スケベシンジは手を繋ぐのをお望みなんだ?」

シンジ「スケベじゃないよ、むしろ純情だろ!」

アスカ「手、繋いであげても良いわよ」

シンジ「……ほんと?」

アスカ「一回1000円で」

シンジ「高いよ!」

アスカ「恋人繋ぎなら1500円」

シンジ「あ、それもありなんだ……やらないけど!」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:35:27.23 ID:8ExebvXCP

アスカ「じゃ、手を出して」

シンジ「え?」

アスカ「いいから」

シンジ「あ、うん」

アスカ「こんなのが嬉しいんだ」ギュッ

シンジ「まぁ、その……そうだね」

アスカ「私は頭を撫でられる方が……」

シンジ「ん?」

アスカ「……今のは、聞かなかったことにして」

シンジ「わ、分かった」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:37:44.95 ID:8ExebvXCP

シンジ「アスカの手は温かいね」

アスカ「……」

シンジ「アスカ?」

アスカ「心が温かい人は手が冷たくて、その逆もまた然りなんだって」

シンジ「へー」

アスカ「傷つくわ……」

シンジ「……!? 理不尽すぎるだろ!」

アスカ「何気ない一言で傷つく人もいるのよ。覚えておきなさい」

シンジ「いや、そうじゃなくて」

アスカ「言い訳しない!」

シンジ「は、はい」

アスカ「よろしい」

シンジ「なんで僕が怒られてるんだよ……」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:41:11.94 ID:8ExebvXCP

ミサト「―――アンタ達って、私がいない時、いっつもそんなことしてんの?」

アスカ「げっ、ミサト!?」

シンジ「わっ」


ミサト「ムカツクわね、こっちは頑張って仕事してるっちゅーのに」

アスカ「別に、いつもじゃないわ」

ミサト「そうなの?」

アスカ「週に六回くらい」

ミサト「ほぼ毎日じゃないのよ!」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:54:27.28 ID:8ExebvXCP

ミサト「学校でもそんな感じなの?」

アスカ「まさか、学校のみんなに知られるくらいなら、死ぬわよ」

ミサト「そんなに嫌なの?」

アスカ「流石に、この歳で殺人の罪を背負うのはちょっと嫌だけど」

シンジ「死ぬの僕だったの!?」


ミサト「そういえば、外で二人がイチャついてるの、見たことないわね」

アスカ「別にイチャついてないし」

ミサト「今さらそこを否定するの?」

アスカ「イチャついてない!」

ミサト「じゃあ、もうそれでいいわよ。面倒臭いわね」

アスカ「面倒臭くない!」

シンジ(いや、アスカはそうとう面倒臭いよ)

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 02:58:56.37 ID:8ExebvXCP

ミサト「内と外の使い分け、しっかりしてるのね」

シンジ「その代わり、外のアスカの相手をするのは辛くって」

アスカ「バカシンジ!」

シンジ「ご、ごめんなさい」


アスカ「ったく……でも、ミサトだってそうでしょ?」

ミサト「え?」

アスカ「公私の使い分け、しっかりしてるじゃない」

ミサト「そ、そうかしら?」

アスカ「家ではダメ人間の見本みたいな生活してるのに」

ミサト「私の評価って、そんなに低かったのね……」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 03:04:43.00 ID:8ExebvXCP

アスカ「私も、それを見習ってるの」

ミサト「あらあら、保護者として少しは影響与えてるのね!」

シンジ「ミサトさんがちゃんとした大人なら、アスカももっと……」

ミサト「シンジくーん? なにか言ったかな―?」

シンジ「い、いえ。別になにも!」


アスカ「ちょっと、バカシンジを怯えさせないでよ」

ミサト「え?」

アスカ「すぐ止まるんだから、こいつの心臓」

シンジ「そんなノミの心臓してないよ!」


ミサト(仲良いわねぇ……)

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:05:47.29 ID:8ExebvXCP

―――翌日


シンジ「あ、おかえり、アスカ」

アスカ「……」

シンジ「あのさ、実は……」

アスカ「―――シンジ」

シンジ「ん?」

アスカ「お姫様ゲーム」

シンジ「えっ」

アスカ「今から『ドーン』するから、耐えなさい」

シンジ「『ドーン』ってなに?」

アスカ「行くわよ」

シンジ「え、だから『ドーン』って……」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:11:39.30 ID:8ExebvXCP

アスカ「ドーン!!」バッ

シンジ「う、うわっ!」


ドッシャーン!!


シンジ「……いてて」

アスカ「ちょっと、耐えろって言ったでしょ」

シンジ「いきなり飛びかかられて、耐えられるわけないだろ!」

アスカ「長州力なら耐えられるわ」

シンジ「できるかもしれないけど!」

アスカ「同じプロレスラーでしょ?」

シンジ「いつ僕がレスラーになったんだよ!」

アスカ「三日前」

シンジ「最近だね!」

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:14:10.11 ID:8ExebvXCP

アスカ「おっひめ様ゲ〜ム」

シンジ「い、いや、今はマズいよ」

アスカ「頭撫ぜる―」

シンジ「だ、だからね、アスカ」

アスカ「お姫様だっこー」

シンジ「アスカ!」

アスカ「そのまま宇宙へ飛ぶー」

シンジ「出来たとしてもやらないよ!」

アスカ「……なによ、さっきから文句ばっかり」

シンジ「文句じゃなくて、あの」

アスカ「?」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:16:43.24 ID:8ExebvXCP

ヒカリ「―――あ、その、えーと」

トウジ「お邪魔……させてもらっとるわ」


シンジ「あ、あのね、さっき来たんだ」

アスカ「……」

シンジ「アスカと僕に、話があるみたいで」

アスカ「……」

シンジ「『ドーン』の前に、僕は二人のことを話そうとしたんだよ、本当だからね?」

アスカ「……」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:22:01.59 ID:8ExebvXCP

アスカ「ふぅ」スッ

アスカ「―――いらっしゃい、ヒカリ、鈴原」

ヒカリ「う、うん」

トウジ「お、おう」

アスカ「もてなしの準備をするから、ちょっと待っててね」スタスタ


ヒカリ「……」

トウジ「……」

シンジ「……」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:25:45.44 ID:8ExebvXCP

アスカ「お待たせ」

ヒカリ「!」

トウジ「!」

シンジ「!」

アスカ「やっぱり、もてなしと言ったら、これよね」


キラーン


シンジ「包丁!?」

アスカ「アンタたちを殺して、私も死ぬわ」

シンジ「スプラッタ宣言!?」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:28:42.74 ID:8ExebvXCP

ヒカリ「落ち着いて、アスカ!」

アスカ「ありがとうヒカリ。私、あなたに会えて良かった」

ヒカリ「遺言を残さないで!」


シンジ「あ、アスカ!」

アスカ「……最初の犠牲はアンタ?」

シンジ「違うよ!」

アスカ「じゃあ、なによ」

シンジ「ほ、ほら、二人が僕たちに話があるって言っただろ?」

アスカ「……ああ」

シンジ「トウジ!」


トウジ「お、おう」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:30:38.61 ID:8ExebvXCP

ヒカリ「あ、あのー、私たち」

トウジ「正式に付き合うことになってな」

アスカ「へ?」


ヒカリ「流石にまだみんなに言う気にはならないんだけど、二人には言っておこうかなって」

アスカ「……そうなんだ、へー」

ヒカリ「う、うん。それだけ、それだけだから……」

トウジ「ワシらはお邪魔? させてもらうわ」

ヒカリ「じゃあ……」

トウジ「ほんならな!」ソソクサ


ガチャ

バタン


アスカ「……」

シンジ(うまく逃げたなぁ)

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:34:36.05 ID:8ExebvXCP

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「アスカ」

アスカ「ん?」

シンジ「とりあえず、その手に持ってるやつ……」

アスカ「刺す?」

シンジ「置くんだよ!」

アスカ「冗談に決まってるでしょ、まったく」コトッ

シンジ「マジな目してたじゃないか……」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:38:39.74 ID:8ExebvXCP

シンジ「でも、あの二人もとうとうかぁ」

アスカ「そうね」

シンジ「……どうする?」

アスカ「なにが?」

シンジ「いや、だから、僕たちも……」

アスカ「?」

シンジ「……分かってないふりしてる?」

アスカ「ぜんぜん?」

シンジ「ホントかなぁ」

アスカ「……アンタばかぁ?」

シンジ「えっ」

アスカ「男から言うものだから……してるんでしょ?」

シンジ「!」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:42:49.41 ID:8ExebvXCP

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「ア、アスカ!」

アスカ「……」

シンジ「ぼ、僕と―――」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:44:27.96 ID:8ExebvXCP

エピローグ


シンジ「お待たせ」

アスカ「……」

トウジ「おう、センセ。今日はよろしゅうな」

シンジ「うん」

アスカ「……」


ヒカリ「……碇君、碇君」ヒソッ

シンジ「なに?」

ヒカリ「なんで、アスカはムスッとしてるの?」

シンジ「あー……外であんまり遊んだりしないから」

ヒカリ「照れてるの?」

シンジ「たぶん……」

ヒカリ「ふふっ、そっか」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:45:36.52 ID:8ExebvXCP

ヒカリ「じゃあ、いこっか」

トウジ「おう」

ヒカリ「鈴原」

トウジ「ん? ああ」ギュッ

ヒカリ「えへへ」ギュッ


シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:47:11.20 ID:8ExebvXCP

アスカ「よくもまぁ、公共の場であんなことを」

シンジ「そうだね……」

アスカ「なに?」

シンジ「あ、いや、別に」

アスカ「?」

シンジ「……」

アスカ「ああ、そういえば前に」
アスカ「……しょうがないわね」

シンジ「アスカ?」

アスカ「お姫様ゲーム」

シンジ「えっ?」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:48:11.21 ID:8ExebvXCP

アスカ「手、出して」

シンジ「!」

アスカ「……」

シンジ「かしこまりました。お姫様」







終劇

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/23(日) 13:49:53.95 ID:8ExebvXCP

もうこれでシンジ×アスカはお腹いっぱいやでほんま。

なんか自己欲求を満たすスレになってるから、続けてこの前投下中に過疎過ぎて落ちたSS投下するわ。
つまり内容はご察しな上、四時までに投下し終えないといけないから、さるったら途中から携帯で投下する。
というか現時点で捕まってるんで、すぐ携帯に移ると思う。

では。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネ夫「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。でもどうかな」