ハルヒ「何よキョン・・・随分元気そうじゃない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:金剛「ノォー!提督の誕生日ケーキがなくなってマース!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:30:17.52 ID:Xb7EVCre0

キョン「ふんふんふん♪」
ハルヒ「ねぇキョン!聞いてんの?」
キョン「ふっ、ハルヒ君、僕は優雅にランチを食べているのさ。
    話なら後にしたまえ」
ハルヒ(今日のキョンは何処か変だわ・・・)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:36:54.42 ID:Xb7EVCre0

〜部活で〜
みくる「最近何かあったんですか?」
キョン「ふむふむ?一体何のことですかな?」
みくる「・・・いや、最近キョン君元気そうだねって思って」
キョン「おやおやおや。これは驚いた。ばれてしまいましたか。
    実は良いことがありましてね」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:38:03.68 ID:Xb7EVCre0

キョン「ふんふんふん♪実はかくかくじかじかで・・・」

みくる「文通ですか」
キョン「ええ、実は一週間程前に手紙が来ましてね」
みくる「相手はどんな方なんですか?」
キョン「毎回丁寧語で返してくるんですよ。それも僕っ娘で。きっと上品な人なんでしょうね」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:40:31.41 ID:Xb7EVCre0

ハルヒ「ちょっとキョン!私に隠れて文通とはどういうことよ!」
キョン「ほっほっほ。ハルヒ君、君は恋愛に興味がないのだろう?」
ハルヒ「・・・はぁ。もういいわよ!」
キョン「まぁ今日も手紙が来たし、皆さんにお見せしよう」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:42:24.60 ID:Xb7EVCre0

ハルヒ「むー、キョンはこういう人が好きな訳?」

手紙「今日もあなたのことを見ていました。
    よーく見ると首の黒子から毛が生えているんですね。
    あなたの笑顔をもっと見せていただきたいです」

みくる「失礼ですけど・・・気持ち悪いですね。ストーカーですか?」
キョン「おいおいおい。みくるさんちょっと何を言ってるんですか?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:43:34.82 ID:Xb7EVCre0

キョン「後で返信しておこう」
みくる「そんな人に関わらない方が良いですよ。きっとストーカーですよ」
キョン「どひょー。僕を笑わせる気ですか?男をストーカーして
    どうするんですか」
みくる「・・・その手の者なのかもしれないじゃないですかっ」
キョン「ホモってことかい?古泉さんはそんな方じゃありませんよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:46:35.22 ID:Xb7EVCre0

みくる「一体何者なんでしょうね。古泉さんって」
長門「おそらく私たちと同じ普通の人間とは異なる存在・・・」
みくる「仲間ということで、いいんですよね?」
長門「コクッ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:48:28.53 ID:Xb7EVCre0

ハルヒ「そっ・・・そんなに気になるなら会えばいいじゃない」
キョン「むおおお。いくら何でも心の準備って奴がだな」
ハルヒ「SOS団の部員が困っているんだもの。手伝ってあげるわよ」
キョン「何?本当か、ハルヒ」
ハルヒ(馬鹿キョン・・・)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:50:49.58 ID:Xb7EVCre0

古泉「キョン君に早く会えないものですかねぇ・・・」
古泉は休み時間空中にため息を吹きかけた。
古泉(涼宮さんがキョン君に恋をしている・・・これはちょっとした
    恐怖ですよ・・・)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:53:02.25 ID:Xb7EVCre0

〜次ぎの日の朝〜
ハルヒ「良い?緊張しても早く喋りすぎたりしちゃだめ」
キョン「あうあうあう・・・」
ハルヒ(あー、駄目だこいつ・・・震えてるようね)
キョン「カクカク・・・俺ならららだいいいじょうううぶだハルヒ・・・」
ハルヒ「はぁ・・・仕方ないわね。教室に着くまで私が手を握っててやるわよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:55:03.48 ID:Xb7EVCre0

キョン「付いたか・・・」
〜1年9組〜
ハルヒ「9組ってたしか特進クラスじゃない」
キョン「きっと頭良いんだろうな」
ハルヒ「かもね」
    (無論私程じゃないだろうという確固たる自信はあるけどね)


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:55:46.19 ID:Xb7EVCre0

キョン「じゃ、行ってくる」
ハルヒ「さっ、さっさと扉を開けなさいよ・・・」
キョン「・・・」
キョンはハルヒの顔を見る。
ハルヒ「なっ・・・何よ・・・///」
キョン「今まで・・・ありがとな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:58:19.43 ID:Xb7EVCre0

ハルヒ「私はただ別に・・・キョンのことが気に・」
キョン「さて、教室入るか」
ハルヒ「無視するんかーい」
ガラガガラガラ・・・

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 22:59:43.74 ID:Xb7EVCre0

キョン(扉を抜けると男が目の前でM字開脚をしている男がいた・・・)
古泉「Welcome。全く全裸で待ってて凍えそうでしたよ」
キョン(・・・状況がつかめない・・・)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 23:02:05.63 ID:Xb7EVCre0

キョン「こんなの見せられて正気いられる奴はいねぇ・・・」
古泉「おや、興奮していただけましたか?」
キョン「いや、吐き気がしそうだ」
古泉「まぁそんなこと仰らずに。こういうのは初めてですか?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 23:03:34.87 ID:Xb7EVCre0

キョン「ハルヒ!助けてくれ!」
古泉「だめだめだめだめ。僕の性癖は誰にも知られてはいけないんだから」
キョン「ひゃっ・・・そんなところ触るな!」
古泉「いやぁ、実に美味しそうですね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 23:06:54.75 ID:Xb7EVCre0

古泉「ちゅぱちゅぱ・・・」
キョン「あんっ・・・」
古泉「ふふっ・・・感じているようですね。ではこんなのはどうでしょう?」
キョン「止めろ古泉・・・俺のイチモツが古泉の股間に入るウッゥゥゥゥ!!」
古泉「むもっふ。んもっふ」
キョン「おおおお・・・体を揺らすな・・・出るウッゥゥゥゥゥゥ!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 23:07:52.40 ID:Xb7EVCre0

〜その夜〜
キョン「うむ・・・今日は散々だったな・・・」
妹「キョン君おかえり。顔ビショビショだよ・・・?」
キョン「あぁただいま」
妹「イカでも食べたの?」
キョン「いや、どちらかというと喰われたんだが」

キョン(本でも読むか・・・)
キョン(・・・午前7時公園にて)
キョン「また古泉の奴・・・ビリビリッ・・・」
長門「・・・今日も来ない・・・」

〜翌日〜
古泉「とゅりーっす」
キョン「おいハルヒ!あんな奴SOS団に入れて良いのか?」
ハルヒ「五月蠅いわね!この時期に転校生なんて不思議じゃない」
古泉「不思議な古泉ちゃん参上!」
キョン「あうー。分かったよもう・・・」


キョンは服を脱ぎ始める・・・
ハルヒ「ちょっとあんた何してるのよ・・・?」
キョン「よし、古泉。入れて良いのは一発だけだからな!」
古泉「んもっふ!」ドピュッ・・・

こうして男たちの厚い友情が芽生えたのだった。  〜完〜

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 23:13:45.04 ID:Xb7EVCre0

見てくださった方々有難う御座いました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:比叡「気合い!入れて!イキます!」パンパン 金剛「あんっ///」ビクンッ