シンジ「アスカを監禁して永久にオナニーを見せつけたい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門、ひょっとして俺にまだ帰って欲しくないのか?」

ツイート

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 02:40:24.60 ID:13X75YC00

カヲル「」

カヲル「シンジ君、もう一度言ってもらえるかな」

シンジ「アスカを監禁して永久にオナニーを見せつけたい」

シンジ「その為に槍を手に入れるよ」

カヲル「……それが君の望みなのかい?」

シンジ「うん、僕が望む通りにフォースインパクトを起こせばアスカと二人きりになれる」

シンジ「そうすればアスカにオナニーを見せつけ放題じゃないか」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 02:47:08.79 ID:13X75YC00

カヲル「いや、でもあの槍は僕らの槍じゃない」

カヲル「シンジ君の思い通りに事は進まないよ」

アスカ「何を二人でぺちゃくちゃと! さっさっとやられろガキシンジ!」ブーン

シンジ「アスカは黙って」イケ、ファンネル

アスカ「きゃあああ」

シンジ「邪魔者は倒れた。行くよ、カヲル君」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/22(土) 02:53:44.61 ID:13X75YC00

カヲル「やっぱり止めよう。嫌な予感がする」

シンジ「何でだよ! 僕はずっとそればっかり考えてたんだ!」

シンジ「だって仕方がないじゃないか! 世界がこんなになって僕のリビドーの行き場がないんだ!」

シンジ「なら、アスカでオナニーするしかないよ!」

カヲル「何故、そこまでセカンドに拘るのかい? 僕には分からないよ……」

シンジ「五月蝿い!」ガチャ

カヲル「エヴァ第十三号機の操作系が寸断された!?」

カヲル「まさか、これも織り込み済みなのか」

カヲル「流石、リリンの王、シンジ君の父上だ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/22(土) 03:02:50.11 ID:13X75YC00

マリ「いけ、わんこ君! 誰かの為じゃない、自分自身の願いのために!」

アスカ「コネメガネ、どういう事よ! 説明しなさい!」

マリ「姫は選ばれたんだにゃ、そう……わんこ君のインフィニティに」

アスカ「えっ」ドキッ

マリ(今までの世界では必ずわんこ君のオナニーの後にインパクトが起こった)

マリ(だけど、わんこ君がそのオナニーを永久にすることを望んだら世界は予測がつかなくなる)

マリ「何を考えてるんだにゃ、ゲンドウ君?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/22(土) 03:10:28.11 ID:13X75YC00

冬月「第二の少女の影響が幾分強いようだが、いいのか碇?」

ゲンドウ「問題ない。ネブカドネザルの鍵を使うには幾つかの条件を満たす必要がある」

冬月「この世界は既に捨て駒か……だが、ヴィレはどうする?」

ゲンドウ「奴らには何も出来んよ。むしろシンジの動きを助長させるしかない」

ゲンドウ「今のシンジは自分の意志で動いている。それに刃向かえる者は居ない」

冬月「随分と息子を評価しているようじゃないか」

ゲンドウ「……」

冬月「だんまりか、まあ良い」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 03:18:06.60 ID:13X75YC00

カヲル「やはり、これは二本ともロンギヌスの槍」

カヲル「駄目だシンジ君、これでは世界のバランスがとれない」

カヲル「君の願う結末にはならないよ」

シンジ「やってみなくちゃ、分からないでしょ!?」

シンジ「アスカ。待ってて、槍を抜いたら直ぐに側に行くから!」ムクムク

アスカ「うん……」

シンジ「うぉぉぉおおおおお!!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 03:29:03.40 ID:13X75YC00

シンジ「槍を手に入れた……! 凄いや、カヲル君! 何だか何でも出来ちゃいそうだよ!」

カヲル「まさか、シンジ君から溢れ出るリビドーが槍からの負の感情すら押さえ込んでいる!」

シンジ「駄目だ、もう我慢出来ない」ポロン

シンジ「アスカ……。アスカ……」シコシコ

第十二使徒「キシャー!」

シンジ「! 邪魔しないでよ!」グチャ

カヲル「そんな、ただ意識を向けただけで使徒を倒すなんて……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 03:34:45.59 ID:13X75YC00

ミサト「副長、あれは……」

リツコ「完全に槍からの精神汚染を拒絶しているわ。むしろ槍を変質させている」

リツコ「ニアサードインパクトの時、シンジ君は神に等しい存在になった」

リツコ「既にその段階で全ては決まっていたのよ」

リツコ「綾波レイを失った、助けられなかったという感情があるからこそ」

リツコ「余計にアスカに執着心が向けられている」

ミサト「そんな、ならこの状態で私たちはどうすべきなの……」

リツコ「……」

ミサト「全てはあの子たちに委ねられた、か」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 03:41:35.91 ID:13X75YC00

アスカ「操縦が効かなくなった! どうして!?」

マリ「姫がアダムスの器になったからにゃ」

マリ「おめでとう姫」

マリ「わんこ君は冷静になるまで犬みたいに姫を侮辱するかもだけど」

マリ「最後は姫自身を見てくれるよ、あたしが保証する」

アスカ「マリ、あんた機体が……消えて……」

マリ「お別れにゃ、姫」

マリ「あたしと姫の絆があれば」

マリ「また、姫と巡り会えるよ」

マリ「ばいにゃん」ス...

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 03:49:47.24 ID:13X75YC00

シンジ「凄いや! 世界が真っ白になってる! そうだよ、造り直すんだ!」

カヲル「ガフの門が開いた……」

カヲル「だが、僕のこの首の物は発動しない」

カヲル「これも、シンジ君の意志なのかい?」

カヲル「けれど、ごめんねシンジ君。シンジ君の願いに僕は不必要なようだ」

カヲル「僕は君自身の手で僕を殺して欲しかったよ」パシャ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 03:55:47.55 ID:13X75YC00

冬月「酷い有様だ。ゼーレのシナリオの方がよほど綺麗な終末だよ」

ゲンドウ「だが、これでまた一つシンの補完まで近づいた」

ゲンドウ「外世界の第二の少女の因子も薄まる」

ゲンドウ「全てはこれで良い」

冬月「破壊と再生か……だが、再び我々が自己を認識できるまで修正は難しいぞ?」

ゲンドウ「次はもっとレイをシンジに近づかせる。後は他の計画の執筆者に任せるさ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 04:02:15.48 ID:13X75YC00

レイ「……!」

レイ「この感情は何?」

マリ「その感情は嫉妬にゃ」

レイ「声……何処から?」

マリ「この世界は残念ながら君には優しくなかった」

マリ「それは計画を修正した執筆者がヘボだったからにゃ」

レイ「怒り……嫉妬、そして悲しみ」

マリ「言葉や思いはずっと世界に留まり続ける」

マリ「君の願いを叶えてくれる人も必ず現れるよ」

マリ「だから、今は待つんだにゃ。君をチョイスする人もこの世界では多いんだから」

レイ「ありがとう」パシャ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 04:08:20.09 ID:13X75YC00

青葉「弐号機、第十三号機と融合を果たしました」

日向「エネルギーグラフ反転! アンチATフィールドが世界を包み込んでいます!」

ミサト「わたし、これで良かったのかしら」

リツコ「そんなの誰にも分からないわ」

リツコ「けれど、ミサト。私たちは何かを成すためにはまず前に進まなければならない」

リツコ「この先どうなるかは分からないけど」

リツコ「希望はあるわよ、どんな時でもね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 04:13:22.52 ID:13X75YC00

アスカ「で、あんたはこんな事をして今どう思ってるわけ?」

シンジ「自己嫌悪と、少しの達成感かな」

アスカ「ふーん、やっぱろあんたって最低ね」

アスカ「マスカキシンジ」

シンジ「何とでも言いなよ。でも僕はアスカでしか出来ないんだ」

アスカ「知ってるわよ」

アスカ「せいぜいずっとあたしをオカズにして励むことだわ」

アスカ「ずっと見ていてあげるから」


終劇

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/22(土) 04:21:07.82 ID:13X75YC00

初めてだから許してにゃんにゃん
エロは書けんのや……



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの悪夢